ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IQ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

神童が凡人になる残酷な理由

皆さんも、1人くらいは、こんな人に心当たりがあると思う。
小学校の時、とても勉強が出来たのに、中学や高校では、さっぱりになってしまった子だ。
たとえば、私の友人に、こんな子(男子)がいた。
小学生の時は大変な秀才で、主要科目では常にオール5だった。
そんな彼は、小学校の集合写真では、まさに自信満々のキメ顔で写っていた。
彼の成績は、中学入学時は、まだ、「それなり」レベルだったが、以降は下降する一方で、高校は進学校とも言えない学校に入り、それからFラン大学(偏差値がFランクの大学の俗称)に近い私立に入った。

女子では、そんな子はかなりいたように思う。
そういった子は、一般的にも一定数いるらしい。
そのカラクリはこうであるようだ。
こんな子達は、生まれつきのIQ(知能指数)は高くない。
だが、幼い子供は、訓練すればIQが向上し、高い能力を発揮する。
このことは、明確な実証があり、また、成果が出易いこともあり、それが幼児教育ブームを起こした。
しかし、親も教育者も重要なことを見落としていた。
そうやって、子供の時にIQが上がっても、中学生とか高校生になる頃には、生まれつきのIQに戻るらしい。
そんな経緯がある子供は不幸な場合が多い。
なまじ優等生だったことがあるため、本人もプライドが高いのに、勉強が難しいことに愕然とする。
そして、もっと問題は親で、成績が落ちた原因を「本人の努力が足りない」としか思えず、さらに勉強させたり、「怠けているんでしょう?」と叱責する。これは悲劇だ。単に、本人の能力が足りないだけなのに。

私の友人だった、その「元秀才」の母親は、私が彼の家に遊びに行くと、
「友達が悪いのね。こんな馬鹿と付き合っているから駄目になったのね」
と私の前で遠慮なく大きな声で言い放った。
まあ、確かに私は馬鹿だが、息子の成績低下はあなたのIQが遺伝したからと思う。
こんな非常識な人間のIQが高いはずがない。

こんな男性もいた。
私が勤めていた会社の後輩である。
彼は、日本屈指の難関私立中学に入学し、その高等部を何とか卒業したが、2流の大学に入った。
彼は、自分は頭が良いと思っているようで、人にものを教わることを嫌ったが、仕方なく私に尋ねてきた内容があまりに簡単なことだったことが印象的だった。
彼は、一応謙虚を装っていたが、常に自分が正しいというスタンスで独断で間違ったことをやるので、上司に問題視されるだけでなく、他の社員から嫌われ、結局会社を辞めていった。
彼が好きな会話は、中学校でやるような学問の話だった。
彼もまた、小学生の時に贅沢な幼児教育を受けてIQが一時的に上がり、それが中学受験までは続いたが、その後、やはり生まれつきのIQに戻ったのだろう。

ちなみに私は生まれつきのIQが低く、小学生の時、優等生の友達(男子)の教育熱心な母親は、彼に私とは付き合わないように言ったらしい。
彼は友達ではあり続けたが、だんだん私を見下すようになっていった。
私はそのまま普通の中学に入り、相変わらず馬鹿だったが、『エリート』という漫画を読み、人間の潜在能力が極めて高いことを知った。
それで、独自にであったが、能力を開発することを行い続け、こんなに賢くなった(アホだ 笑)。
まあ、私のことはともかく、確かにIQは先天的にほとんど決まるが、おそらく、潜在的な脳の性能は、誰でも天才級、あるいは、それ以上と思う。
そこで、幼児教育とか脳トレみたいなものではなく、本質的な能力を引き出す努力をすべきと思うし、それは、おそらく楽しい努力である。
今回のご紹介の本(3作品)は、是非、読まれることをお薦めする。

天然の美
AIアート842
「天然の美」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)日本人の9割が知らない遺伝の真実(安藤寿康 )
(2)言ってはいけない―残酷すぎる真実―(橘玲)
(3)エリート(1)(平井和正、桑田次郎)

自分は頭が良くないと認める勇気

私は小学5年生の時、クラスメイト全員のIQ(知能指数)を知る機会があり、IQと成績がピッタリ一致することに気付き衝撃を感じた。
IQについて、「人間の本当の優秀さを示さない」「単にIQテストが得意かどうかを示すだけ」みたいに軽く言う人がいるが、私のような体験をすると、そうではないことは明白だ。
IQが分かると、その子のキャラクターが完全に理解出来た。
優等生は全員IQ120以上で、130以上は「賢いなあ」と思わせる子だった。
100から110だと、馬鹿ではないが、張り切った時だけそこそこ出来るという程度。
90から100は、頑張っても低空飛行で、言動にも冴えたところがない。
80未満は勉強ということに関しては、明らかに劣等生で、これは努力してどうなるものでもないとはっきり感じた。
ちょっと面白いのが110から120で、それほど賢くはないが、地味にそこそこ良い成績を取り、授業中、教師に指名されると、何だかんだ言いながら正解を言う場合が多い。
一説では、IQ110から120が、最も社会でうまくやれ、そこそこの規模で成功する可能性が高いと言うが、このクラスのIQの者は、努力すればそこそこの成果を出せるが、怠けると全く駄目で、良い想いをするためには頑張らないといけないことが分かり、自助努力をして引き締まった人間になる場合が多いのだと思う。

『サザエさん』というアニメの磯野一家のキャラクターは不自然だ。
カツオが試験で悪い点を取って怒られる場面が昔はよくあったが、怒られたってIQが低いと良い点は取れない。
カツオはすぐに遊びに行くことが勉強が出来ない理由のように思わせているが、IQが低いと勉強に興味がないのは自然で仕方がない。
ところが、カツオの父親の波平は、少なくとも原作では京大卒で、カツオだってIQは高いはずで、実際、カツオは頭の回転が速いことが一貫した設定である。
つまり、カツオの設定はおかしいのである。

ただし、これが世の中の大誤解なのだが、IQは固定されたものではない。
限度はあるかもしれないが、かなり伸ばすことは可能と思える。
しかし、特に子供は、良い環境にないとIQを伸ばすことが出来ない。子供は自分ではどうにもならないのだ。
だが、IQが低い親は、たとえば「男の子は外で元気に野球みたいなことをするのが良い」と思い込んでいて、息子が家の中で本を読んでいたら、その母親は、それが悪いと思うよりも嫌だと感じ、「外に出て遊びなさい」と強要し、息子がIQを伸ばす機会を奪ってしまう。
ところで、現代は、子供は親を見習ってスマートフォンばかり見ていることが多く、ほぼ明らかであるが、スマートフォンの過度の使用は確実に頭を悪くする。これによって、IQが高い子も低い子も、多くが、IQが低くなるのだと思う。

面白いのはUFO研究家で名高い矢追純一さんの場合で、矢追さんが子供の時、母親は矢追さんが家で勉強したり本を読むことを決して許さなかったが、母親は、矢追さんが、試験はいつも百点、通信簿はオール5でないと許さず、矢追さんの成績はほぼその通りだった。
ただし、これにはカラクリがあり、矢追さんの父親は天才的に優秀な人で、矢追さんもIQが高いに違いないのだ。
つまり、誰でも矢追さんのように出来るわけではない。

有名な知識人は、一流の大学に入っている人が多い。
インフルエンサーと言われる堀江貴文さんや成田悠輔さんは東大で、有名IT事業家の川上量生さんは京大、人気国会議員の原口一博さん、米山隆一さんは東大で、特に、米山隆一さんは親しみやすいキャラクターながら医師、医学博士、弁護士である。
個人的偏見かもしれないが、どこかお馬鹿に見える深田萌絵さん(ITビジネスアナリストを自称)も早稲田(25歳で入学)だ。
IQ110以下の普通の人は、死ぬほど努力したって彼らのようにはなれないのは、いくら野球が好きでも大谷翔平さんになれないのと同じような理屈だ。

よって、特に子供はそうだが、大人もIQを高くする(この言い方が嫌なら頭を良くする)努力をした方が良い。
IQ90とか100とかのまま頑張っても、辛いだけで成果は少ないと思う。
とはいえ、脳トレみたいな世の中で出回っているものは、ひょっとしたらIQ110程度までは伸ばせるかもしれないが、子供だましであると思う。
そうではなく、知的好奇心を持つよう導く優れた方法論が必要である。
ただし、支配者層は国民が馬鹿であることを望むので、難しい面はある。
大人の場合で言えば、まずは、自分の頭を良くすることに興味を持つことが必要だと思う。そう思わない限り、頭が良くなることはないと思う。
だが、馬鹿ほど、自分は頭が良いと思っている。だから、馬鹿は馬鹿と言われたら激しく怒る。
そこで、自分は努力したって東大に行けないことを認めると良いと思う。
東大に入ったからといって、人間として優秀ということはないが、地頭が良いのは間違いない。
まずは、自分は頭が良くないことを認めないと始まらない。私はそう思う。

夕暮れ
AIアート797
「夕暮れ」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)頭脳がよくなる! (ウィン・ウェンガー)
(2)アインシュタイン・ファクター(リチャード・ポー、ウィン・ウェンガー)
(3)新装版 ヤオイズム(矢追純一)
(4)新装版 神経言語プログラミング(リチャード・バンドラー)
(5)皇帝の新しい心(ロジャー・ペンローズ)

IQと引き寄せ力を高くするには

IQ(知能指数)は、同じ1人の人間でも、心が極めて平静な時と、怒ったり、恨んだり、クヨクヨしたりで心が乱れている時では50から100近くまで違っていても不思議はない。
極めて聡明で、IQ140という人でも、逆上したら幼稚園児並のことを言ったりしたりするのをご存じの方は多いと思う。
そんな時、このIQ140の人間は、IQが50以下にまで、つまり、90以上もダウンしているのかもしれない。
逆に、IQ80で、頭が悪いと思われている人間が、死に際に、まるで賢者のように優れたことを語るという例もある。
これは、死を覚悟して、徹底的に心が静かになることで、IQが極端に高くなったのだと考えられる。
あるいは、幼い子供が、病気で死ぬ直前、賢い大人でも言えないような感動的なことを言ったという話もあるが、これは、死を覚悟した子供が、病気で精神が鍛えられていたり、また、その子が持っていた宗教的な観念などの影響で心が極端に静かになった結果、高度な知性を持ったのだと推測する。

つまり、高IQ者というのは、単に心が静かな者で、常に高IQであるということは、その者は心を静かにする方法を知っているというだけのことである。
一方、低IQ者は、いつも心が乱れ、揺れ動いており、心を落ち着かせる方法を知らない者なのである。
成田悠輔さんという、人気者の経済学者をご存じの方も多いと思う。
東大を首席で卒業し、MITで博士号を取り、イエール大学で助教授を務めているという天才のようだが、彼は話が面白いので、砕けた討論番組などでも人気者のようだ。
成田さんが、怒ったり、イライラするどころか、動揺する様子すら見たことがある者はおるまい。
いつもヘラヘラと愉快そうな笑顔を浮かべ、何かを主張しても、熱弁を振るうという感じではなく、まるで原稿を読んでいるようだ。
つまり、いつも徹底的に心が静かなのであり、典型的な天才の姿と思う。
ただ、最上級の心の静かさに達する能力がないと、画期的な成果を出すほどにはなれないが、成田さんがその域にまで達しているかは疑問だ。
堀江貴文さんは、怒っているように見えることはあっても、すぐに平静に戻るのは、やはり、頭が良いのだろう。
ひろゆきさんも、何を言われても、決して色をなすことがないのは、やはり賢い人であることを感じるが、彼の場合は、成田さんに比べると、まだ少しは動揺を感じることがあるように見える。それでも、なんとか意志の力で抑えることが出来ているが、もっと動揺を消せるようになれば、もっと賢くなると思う。

心を平静にするには、とにかく深呼吸だ。
よく深呼吸をすることだ。
また、普段から、深い、ゆっくりとした呼吸をし、それに慣れるほど平時のIQが高くなり、何をやってもうまくいく。
だが、それだけでは、弱いところを突かれた時・・・いわゆる「地雷を踏んだ時」に心が大きく乱れ、たちまち低IQ状態になる。
そんなことが起こらないような人間にするにはどうしたら良いかは、フロイトも頑張ったようだが、うまくいかなかったのだと思う。
その後、ダイアネティックスやNLPなど、いろんな手法が考えられ、一定の効果はあったのかもしれないが、私は、あまりうまくいってはいないと思う(だが、非常に参考にはなった)。
ラマナ・マハルシは、究極の完成に達するには心を消すしかないと言い、そのためには「私は誰か?」と問うことが重要だと言ったが、彼のタミール語の教えが、どのくらいうまく世界に伝わったかは不明だ。
誰でも出来る方法としては、私は、深呼吸の他には、マントラを根気強く唱えるか、薄目をすることだと思う。
これらについては普段から説明しているが、ますます良い説明が出来るだろうと思う。
また、高IQになることに興味がなくても、心が静かであれば引き寄せ力が強くなる。
心の活動力をXとし、引き寄せ力をYとすれば、Y=1/Xであり、Xが0に近付くほどYは無限大に近付く。グラフにすれば漸近線と呼ばれるものになる。

フェアリー・テイル
AIアート704
「フェアリー・テイル」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)ラマナ・マハルシの教え(山尾三省翻訳)
(2)人生を思うように変える呼吸法(パム・グラウト)
(3)密教の聖なる呪文: 諸尊・真言・印・種字
(4)新装版 神経言語プログラミング(リチャード・バンドラー)
(5)ダイアネティックス~心の健康のための現代科学(L.ロン.ハバード)
(6)弓と禅(オイゲン・ヘリゲル)
(7)その望みは宇宙がかなえてくれる(ベルベル・モーア )

IQは気分で大きく変化する

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘は、実際にあったらしいという話はあるが、決闘の本当の内容は分からないのだと思う。
映画やテレビドラマで描かれたこの決闘は、吉川英治の小説の通りで、それが日本人が持つ、この決闘のイメージになっているのだろう。
だが、吉川英治の小説『宮本武蔵』はあくまで創作である。
その吉川英治の小説による武蔵と小次郎の決闘は、よく知られているように、武蔵は決められた試合の時刻に大きく遅れてやって来て、舟の櫂(かい)で小次郎の頭部を一撃して勝った。
これが、吉川英治の創作だとしても、武蔵のポリシーが現れた勝ち方であり、我々も学ぶことが多い。
武蔵は、60歳の時に書いた著書『五輪書』の中で、戦いに勝つ方法として「相手をムカつかせる」ことを重視している。
「ムカつかせる」とは、怒らせる、イライラさせるなど、要は相手に不快感を感じさせることだ。
人間はムカつくほど、つまり、不快感を感じるほど能力が落ちるのである。

たとえば、IQテストを受けた結果、「俺はIQ130だ」と言う人間がいたとする。
実際、その人がそのIQテストを受けた時に発揮したIQは130で、なかなか優秀である。
しかし、この人が、怒り狂った状態でIQテストを受けたら、70とか80、あるいは、それ以下の成績になっても不思議はない。
人間の他の能力も同じようなものである。
そして、人間の実力には、意外なほどIQが関係している。
IQが低い状態では、何をやっても実力を発揮出来ないのである。

遅れてやって来た武蔵に対し、小次郎は刀を抜くと、刀の鞘を投げ捨てるほど怒ってエキサイトしていた。
この時、小次郎のIQは普段より、30から50は下がっていたかもしれない。
そんな小次郎を見て、武蔵が「小次郎破れたり」と断じたのは、実に的確で、さすが吉川英治は一流の作家であると思う。

「俺のIQは高い」と言ったり思っている者がいたとしても、それは、割と平静な時のIQテストの成績である。
そんな者も、怒ったり、クヨクヨしている時は、ひどく低いIQになっている。
逆に、IQテストの時は緊張したり、不快さを感じて、低いIQだと診断された者も、心が澄み切り、不動心になれば天才級のIQになる可能性があるのである。
よって、我々は、心を静かにしなければならない。
そのためには、思考を消さなくてならない。分かり易い言い方では、頭の中のおしゃべりをやめることである。
そのためには、深呼吸、マントラ、薄目が役に立つだろう。
そして、IQが高い状態では引き寄せも起こし易いのである。
逆に、いつもIQが低い者には、引き寄せは難しいのである。

尚、『宮本武蔵』は、個人的には、吉川英治版より司馬遼太郎版をお奨めする。

赤いチューリップ
AIアート698
「赤いチューリップ」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
(1)宮本武蔵「五輪書」 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)
(2)五輪書 (講談社学術文庫)
(3)宮本武蔵 全8巻合本完全版(吉川英治)
(4)宮本武蔵(司馬遼太郎)
(5)真説宮本武蔵(司馬遼太郎)

頭が悪い人間への福音

「境界知能」という言葉をご存じだろうか?
普通の人間のIQ(知能指数)は、85から114の間とされ、IQ69以下を知的障害とするようだ。
すると、IQ70から84の人間は、普通ではないが知的障害でもないという微妙な位置付けとなるが、やはり知的能力が低く、学校や社会への適応が難しいと考えられる。
境界知能の人間の割合は14%とされ、たとえば35人のクラスであれば5人、45人のクラスで6人いることになる。

高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥さん(医学博士)のYouTube動画で見たが、彼の知り合いの医師から聞くところでは、境界知能の患者が多いということで、その理由は、簡単に言えば、IQが低いと自分の健康に自分で注意をする能力がないからであると考えられる。
IQが高いと、「酒はほどほどにしよう」「身体に良く栄養のあるものを食べよう」「運動しよう」と考えるが、IQが低いと、酒を好きなだけ飲み、美味しいもの(好きなもの)ばかり食べ、お菓子も好きなだけ食べる傾向が強い。また、面倒だからという理由で運動をしないし、歯も磨かないという場合が多くなるようである。
私はこれを「IQが高い者は節制が出来、IQが低い者は節制が出来ない」と表現することにしている。
少し前、私が迷惑行為を注意した男性は、いい年(50歳くらい)なのに、逆切れしてきて「なんどわれ、ぶち殺したろか」と凄んできたが、私は、これはIQが低いやつに関わってしまったと思ったが、その男の歯が茶色でボロボロだったのを印象深く憶えている。

IQは、訓練をすれば伸びる可能性があるかもしれないが、そうでなければ、遺伝で決まると思われる。
私の考えでは、境界知能の場合がまさに当てはまるが、IQが低い者は、子供の時にしっかり躾けて強制的に節制するよう育てないといけない。なぜなら、自分で考えて節制することは無理だからだ。
実際、IQは低そうだが、厳しく節制する男性を知っているが、彼は腕の良い職人の息子で、その家では、代々、子供の躾けの掟があるようで、それを守っているから職人の家系として繁栄しているのだと思われた。
だが、機械やコンピューター、そして、今後はAIの発達で、あらゆる分野で職人の仕事がなくなりつつあり、その男性も一般のサラリーマンになっていた。
高須幹弥さんも言われていたが、IT社会になるほど、境界知能の者は生き難くなると思われる。
堀江貴文さんなどは、頭が悪い者は働かない社会が良いとよく言っているが、理屈ではそうなるかもしれない。

映画『フォレスト・ガンプ』は実話ではないが、モデルになった人物はいたとされる。
主人公のフォレスト・ガンプはIQが70で、当時のアメリカではIQ74以下は知的障害として、普通の学校に行けなかった。
だが、フォレストの母親は「たった5足りないだけ」と主張し、結局、フォレストは普通学校に通うようになる。
フォレストは、頭は悪いが、アメリカンフットボールの能力で大学に進み、大学アメフトのヒーローになり、一度も講義に出ないまま修士にまでなる。軍隊でも活躍して勲章を授与され、さらに、事業で成功し億万長者になる。
フォレストはIQは低いが、どこか賢く、まるで賢者のようなところがある。
そんなことは夢物語であるかというと、そうでもないように思える。
人間の脳は驚異の性能を持っており、また、大部分の能力は使われていないと言われる。
そうであれば、一般的な能力の部分の働きが悪くても、他の人間が使っていない部分を使えば、秀でる可能性もあるかもしれない。

また、三島由紀夫や太宰治がそうであったと思うが、特殊な方法で能力を発達させる人もいる。
彼らの場合は赤ん坊の時に母親から離されたことが原因と思われるが、他の原因の場合も含め、一般的な脳機能を十分に発達させなかった者が、偶然や自分の努力で自分を教育し、普通の人にない能力を開発した人がいる。
そんな人は、個性的で、場合によっては社会に適応出来ない部分もあるが、能力を発揮出来れば、大きなことが出来る。
フォレスト・ガンプもそんな人間であったかもしれない。
実は私も、子供の時はIQが低かったが、ある時期から自分の能力を磨くことに執念を燃やし、うまくいった部分もあったと思う。だが、IQが低い人間の我流であったのだから、どこかいびつになってしまった感は否めない。
レベルが違うにしろ三島や太宰も、やはり、天才である反面、欠点も大きいのだと思う。

深い森のフェアリー
AIアート615
「深い森のフェアリー」
Kay


尚、私の場合、IQが低かった時の方が、強烈な引き寄せが出来たし、今でも、IQ的思考がない時の方が引き寄せはうまくいく。
ただし、IQが低い者特有の節制のなさは、引き寄せの障害になる。これも経験上、そうであると言える。
つまり、知性、本能、どちらがヒートアップしても駄目である。
深呼吸や「私は私」のマントラは、そのいずれも沈めることもあって、高IQの者、低IQの者の双方に重要なのである。

◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
(1)フォレスト・ガンプ 一期一会 デジタル・リマスター版 [Blu-ray]
(2)ガンピズム―フォレスト・ガンプの生きる知恵。
(3)境界知能の子どもたち 「IQ70以上85未満」の生きづらさ
(4)苫米地式 聴くだけで脳が生まれ変わるCDブック(苫米地英人)
(5)神さまの周波数とシンクロする方法(志賀一雅)
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード