ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

E.E.スミス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

潜在意識に瞬間でメッセージを送る言葉

本を読んでいる時、その本の中の、普通に考えたら、どうでもいいような言葉が、強く心に響き、忘れられないことがある。
私の場合、こんなものがあった。
E.E.スミスの、大長編SF小説『レンズマン・シリーズ』の第1巻『銀河パトロール隊』(1937)の中のものだ。
レンズマンとは、各惑星の中で最も優秀な若者だけがなることが出来る、最高級の戦士の名称だ。
レンズマン養成校で高度な訓練を受け、厳しい最終試験に合格すると、宇宙最古の生命体であるアリシア星人から特殊なレンズを与えられ、レンズマンとなる。
レンズマン養成校を首席で卒業した、レンズマンの中でも特に優秀なレンズマンであるキニスンは、困難な任務で高い実績を残し、上級のレンズマンであるグレー・レンズマンに昇格する。
グレー・レンズマンは、全宇宙の全人類の憧れの的である。
若きキニスンが、宿舎の自分の部屋で、初めてグレー・レンズマンの制服を着た時、鏡に映った自分の姿を見て、彼が口の中でつぶやいた言葉・・・それが、私が忘れ得ぬことになる言葉だった。
それは、
「なんて格好いいんだ!」
である。
それで、キニスンの素晴らしい姿のイメージが頭の中で広がったのだ。

この小説とは関係ないが、この「なんて〇〇だ」という表現は、潜在意識に強く印象付けられるらしい。
超優秀なキニスンは、誰よりも潜在意識の力を活用しているはずだ。
そして、彼が潜在意識を活用出来る鍵は、この「なんて〇〇なんだ」という言葉の使い方にあるのではないか?
作者のE.E.スミスは「スペースオペラの父」と呼ばれる偉大な作家だが、実に、社会人人生を肉体労働者から始め、それから大学に入学し、ついに、化学工学の博士号を取得している。
キニスンが、自分の姿を「なんて格好いいんだ!(How cool!)」と言ったのはナルシストっぽい感じもするが、キニスンは、いつも、このような言葉で潜在意識をプラス化していたから優秀であることを、スミスは無意識に考えていたのだと思うのだ。
キニスンは、例えば、「なんて幸運なんだ!」「なんて嬉しいんだ!」「なんて良いショットなんだ!」と言うクセがあるに違いない(と勝手に思う)。

我々も、この言葉を大いに使うべきではないだろうか?
自分のことについて、事実や客観的評価に関係なく、
「なんて格好いいんだ!」
「なんて可愛いんだろう!」
「なんて豊かなんだ!」
「なんて幸運なんだ!」
「なんて優秀なんだ!」
もう何でもいいから、「なんて〇〇だ」で褒めちぎるのだ。
すると、やすやすと潜在意識にこの言葉が入り込んで定着し、潜在意識は、嫌でも、その通りの現実を創り上げるのである。
と思ったら、なんと、YOKOさんという人気YouTuberの著書『「全自動」であらゆる願いが叶う方法 潜在意識がみるみる書き換わる』に、ほぼ同じことが書かれていた(レンズマンの引用はないが)。
YOKOさんは、若い綺麗なお姉さんだと思ったら、10歳の子持ちだそうだ。
全部は読んでいないが、引き寄せの本としては実践し易いものだと思う。








家畜化されないためには真言を唱えよ

何度も言って恐縮だが、私は、最近やたら沢山の本を出している、スピリチュアル界の大スターである、理論物理学者の保江邦夫(やすえくにお)氏が大嫌いである。
それで、今日も、1時間ばかし、彼のYouTube動画を見ていたのだが(笑)、なかなか良いことを言っている。
だが、やはり、彼が言うことは実践し難いと思う。
なんだかんだ言って、彼は、たまたまいい大学、大学院を出て、若くして物理学の博士号を取り、スイスの大学で長く講師をしてフランス語も上手く、日本に帰ってきたら、どこかの女子大の教授になり、おそらくは高給を取って、定年退官の折には退職金もたっぷり、武道家としても良い地位にいる。
それだけやれば、世界中に友達も多く、いろんな情報が入って来るし、活動範囲も広がり、さらにガッポリ(笑)。
まあ、私が彼を嫌いな理由は、そんなところにはある(笑)。
いや、それよりも、やはり、彼には、「偉大なり俺」の雰囲気を感じるところで、それでいながら、自我を消す訓練が進んでいるようなことを言うところだ。

ただ、今日見た動画は、なかなか良いことを言っていて、勉強になった。
しかし、やはり、「ではどうしたら良い」という部分で、曖昧で抽象的で、出来もしないことを言うのだ。
例えば。「徳を積んで下さい」なんてね(笑)。

別に見なくていいが(笑)、私が見たのは、これに続く、延々十数本の動画だ。
【YouTube】保江邦夫 先生 祈りを捨て 街に出よ!!『2020 新春おとしだま特別企画』 <#1>

彼の話はなってないので(笑)、私が分かり易く言おう。
地球上の生物は、喩えて言えば、1つのマンションに住んでいる住民のようなものだ。
進化した生物ほど上の階に居て、我々人間は屋上に居る。
その屋上にいる人間だけが、空、天・・・つまり、神が見える。
我々より1階下だけのチンパンジーだって、天井しか見えない・・・つまり、神は見えないのだ。
つまり、人間だけが、神を見る特権を持っているのである。
そして、顔を上げさえすれば神を見ることが出来るので、実際に顔を上げて神を見る人は、そこそこはいたのだ。
ところが・・・
今は、誰も神を見なくなってしまった。
なぜか?
それは、人間が居る天井がないはずの屋上に、天井が出来てしまったのだ。
その天井を作ったのは誰か?
保江氏はグーグルだと言うが、まあ、ビッグテック、あるいは、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)だと思えば良いだろう。当然、マイクロソフトやツイッターも入る。
我々は、今は、神を見る代わりに、スマホで、ビッグテックのサービス・・・検索、マップ、SNS、通販サイトを見るようになり、神を見なくなり、神を見ることを忘れてしまったのだ。
このままでは、犬や猫や牛や馬や鳥や魚が人間に支配され、あるいは、食べられ、人間にとっての害虫が人間に駆除されたように、我々はビッグテックに支配され、駆除される・・・いや、もうかなりされていると言うべきだろう。
食べられはしないとは思うが、一部、陰謀論ではDSと結託する宇宙人には人間を食べる(血を飲む)宇宙人もおり、これは、映画『インデペンデンス・デイ2016』でも描かれている。

まあ、実際は、テレビを見るようになってから、かなりその傾向(神を見ずにテレビを見る)はあったし、現在もマスコミは強い。
そして、マスコミやビッグテックを操る、さらに上位の黒幕がいるのだろうが、そこらは、当然、保江氏はよくご存じと思う。

いずれにしろ、神を見なくなった人間は、どんどん惨めになっていく。
ではどうすればいいかと言うと、保江氏はもったいぶって、引き伸ばしながら話すので、もういいやと思い見てないが(笑)、言ったとしても、我々に実践不能な難しいことを言うのだろう。
だが、解決は簡単だ。
私がいつも言うように、真言を唱えれば良い。
真言を唱えれば、ビッグテックやDS(闇の権力者)が作った天井など見透かし、我々は神や仏を見ることが出来る。
こちらが見れば、神や仏も我々を見てくれるし、こちらが想えば、神や仏も我々を思ってくれる。
このあたりは、法然の『選択本願念仏集』に書かれている通りである。
真言に関する細かい説明は省くが(今朝も随分ややこしいことを書いてしまった)、真言さえ唱えれば、ビッグテックもDSも恐るるに足りない。
ひょっとしたら、陰謀論者が言うように、DSには宇宙人が関わっているかもしれないが、神仏とされる高位の宇宙存在のレベルはけた違いである。
このあたりを象徴的で良ければ、知りたければ、E.E.スミスの伝説的なSF『レンズマン』シリーズ(DSを宇宙的規模で描いている)の、アリシア星人を見れば良い。このアリシア星人は宇宙最高の存在である。
『レンズマン』シリーズでは、アリシア星人と接触出来るのは、レンズマンという宇宙のエリートだけだが、真言を唱えれば、誰でも接触・・・少なくとも、神仏の方では気にかけてくれるのである。
「徳を積め」などと言われても、親鸞が言うように、そんなことは思うようには出来ない。
そして、親鸞が言ったように、念仏(真言も同じ)以上の徳はないのである。








最も進化した宇宙人の言葉

E.E.スミスの世界的なSF小説である『レンズマン』シリーズで、宇宙で最も精神的に進化したアリシア人が、正確には覚えていないが、「石ころ1つにでも、何千年も意識を集中すれば至高の領域に達する」と述べていたのが印象的だ。
実際には、このような言葉でなかっただろうが、私の直観は、この通りだと感じているのである。
ただし、だからといって、本当に石ころに、毎日集中する修行をしなければならない訳ではない。
アリシア人が本当に存在しても、きっとそんなことはしなかっただろうし、釈迦もイエスもやっていない。

我々の無意識は何千年も前から存在し、何千年も後にも存在する。
正確には、無限の過去や無限の未来に存在する。
しかし、本当のことを言えば、無意識には時間がないのだ。
無意識に対し、意識とは時空の囲いみたいなもので、今、ここにあることしか分からない。
インターネットの向うにあることだって、今、ここにある映像として認識するだけなのだ。
その意識をどんどん希薄にしていくと、時空の囲いが壊れていき、意識は、無意識の中にどんどん広がっていく。
そうすれば、時間や空間の制約も少なくなっていく。

そこらにある石ころだって、何百年、何千年と、だいたい同じような形だったのだし、これから何百年、何千年と、同じような状態であり続ける。
何千万年、何億年も昔や未来では、かなり様態が違うとしても、やはり、何らかの物質として存在したし、また、存在し続ける。
意識が希薄になれば、石ころを見ると、そんなことが感じられるのである。
目の前の石ころが、目に見えている石ころでなくなれば、我々はもう、これまで普通に考えていた意味での人間ではないのだ。

呼吸をひたすら微かにしていけば、意識は無意識の中にどこまでも広がっていき、3次元世界は消えてしまうが、それが本当の世界なのである。
世界が何で織り成されているかが分かるし、世界の根本原因も分かる。
古代の聖者もそんなことを言ったかもしれないが、彼らは、別にそれを、もったいぶった言葉で、重々しく言ったのではなく、気楽に、当たり前のこととして言ったのだ。
ただ、それを聞いた者が、ひどく感激してしまって、言葉を飾り、その後の人達が、さらに難しい言葉で権威を持たせ、実質は完全に失われてしまったのだ。
それで、誰にも理解し難いことになってしまった。
しかし、実際は、呼吸を微かにしていけば、誰にでも分かることだ。

呼吸を微かにし、時空を超えた精神になってしまえば、色々面白いことがあるだろう。
最初のうちは、意識が戻った時に何も覚えていないが、夢を見ていたような印象は残る。
しかし、たゆまず呼吸を微かにすれば、やがて覚えていられるようになる。
時空と、その中の物質の支配の方法も分かるようになるだろう。
アリシア人が言ったのは、そんな簡単なことであると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード