ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

黒住宗忠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

彼女にしようとするな。既に彼女であると知れ

江戸末期の神道家、黒住宗忠は「天照大神にまるごと任せれば嬉しいことばかりになる」と言い、親鸞は「阿弥陀如来に全て任せれば悪いことは消え、いいことばかりになる」と言った。
もちろん、天照大神と阿弥陀如来は、宗教的には違っても、異なるものではなく、今日流に言えば広義(広い意味)では潜在意識のことである。
インドの聖者ラマナ・マハルシも同じことを言っている。
「神の至高の力がすべてのものごとを動かしているというのに、なぜわれわれはその力に身をまかせず、何をどうすべきか、どうすべきではないかと思い悩むのだろう」
この神も、やはり潜在意識のことである。
荘子は、全く同じことを非常に簡潔に言った。
「いっさいをなりゆきにまかせよ」

このことは、たとえて言えばこんなものだ。
私がある映画で見たものだ。
まだ若い金持ちの紳士が高級レストランに入る。
紳士の目つきや立ち居振る舞いは、特に上品ぶっているわけではないが尊ぶべき人であることを現しており、スタッフは特に丁重に対応する。
普通、金持ちは、オーダーの際、細かい注文を付ける。
ところが、注文を聞かれた紳士は、ごく大雑把な注文の後こう言う。
「まかせるよ」
スタッフは、うやうやしく頷いて下がる。
紳士はスタッフにまかせたというより、状況にまかせた・・・つまり、なりゆきにまかせたのだ。
私は、実際に、そんなものを見たことがある。
政木和三さんとレストランに昼食に行った時のことだ。
そこは、政木さんが度々昼食を取るレストランだった。
政木さんは私にこう言った。
「私はね、ここで一度もオーダーしたことはないのですよ。黙って座っていれば、ちょうどいいものを作ってきてくれるのです」
実際、身体に良さそうな適度な量の美味しい昼食が出てきたのだった。
※その映画のような話が『マスターの教え』の中にもある。

この政木さんのようにやれば良いのである。
いちいち何かを願わなくても、潜在意識は、ちょうど良いものを与えてくれるのである。
何かを望めば、もう叶っているのであり、それをいちいち「これを下さい」と言わなくても良いのである。

放恣の空
AIアート666
「放恣の空」
Kay


まあ、ここまでは、言う人はいくらかいる。
だが、ここで大問題だと思ってしまうのは、「どうすれば潜在意識にまかせることが出来るか」「どうすればなりゆきにまかせられるか」だろう。
これに関し、インドの聖者の教えを変な日本語に訳してしまう人がいる。
「あろうとするな。ありなさい」
無茶苦茶な訳だ(笑)。
もっとマシな訳は、
「あろうとするな。あるのだから」
だ。
まかせることも同じで、
「まかせようとするな。もうまかせているのだから」
になる。
私は思いあたらないが、『マトリックス』で、モーフィアスがネオに、
「速く動こうとするな。速く動けると知れ」
と言ったらしい。
なら、やはり、
「まかせようとするな。まかせていると知れ」
である。
少しレベルを下げればこうだ。
「あの娘を彼女にしようとするな。もう彼女になっていると知れ」

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)いのちの教え―黒住宗忠に学ぶ自然体の生き方
(2)三帖和讃(現代語版)※親鸞の『現世利益和讃』収録
(3)ラマナ・マハルシの教え
(4)奇跡の実現―欲望を捨てれば不可能が可能になる(政木和三)
(5)マスターの教え

人間の面白くも意外な存在意義

ある著名な神道家が著書に、人間の存在理由について、「神様を褒め讃えるため」と書かれていた。
つまり、神様は褒め讃えて欲しいので、自分達を褒め讃えてくれる存在として人間を作ったという主張だ。
同意出来る人はそれで良いが、まあ、あまり納得出来ないのではないだろうか?
だが、「そういうふうに見える」という意味では、なかなかいい線をいっていると思う。

もし、人間がいなくても、宇宙や自然はこのようであるかと言えば、多くの人は「当たり前じゃないか」と言うだろう。
しかし、もし、人間がいなかったら、こんな素晴らしい宇宙や自然が存在することは、もったいないにもほどがある。
それで、詳しい話は飛ばすが、人間がいなければ宇宙は存在しないという論があり、科学的にもかなりの支持を得ている。
とりあえず、人間がいるから宇宙があるとする。
それなら、宇宙大自然を神様の現れとすれば、上の神道家の話は、一面的には正しいと言える。

神様が人間に褒め讃えて欲しいなら、人間にとって楽しい世界を作るはずだ。
そして、実際そうである。
しかし、人間は自分勝手に「あれが欲しい、これが欲しい」と考えるようになった。
だが、人間の頭なんてたかが知れているので、自分では素晴らしいと思っているものは実際は下らないものなのだ。
たとえば、お金とか、高級車とか、偉い身分とかだ。
だが、人間の足りない頭でどんどん考えるので、ますます下らないものが欲しくなり、本当に素晴らしいものが分からくなってしまった。
だから、『星の王子さま』でも、「本当に大切なものは目に見えない」なんて書かれることになってしまったのだ。
神様の方でも、人間に褒められるよう、ある程度のリクエストには応えるが、それに伴って世界は歪み、神様も、本当に良いものを見てくれないので、やる気をなくしてしまった(笑)。
今の世界が、そんな状態だ。
だから、人間が自分で何も考えず、本当に素晴らしいものが何か知っている神様にまかせれば、世界は良いものだらけになるのである。

寝る子
AIアート423
「寝る子」
Kay


深呼吸をしたり、他に良い方法があればそれで思考を消し、神様にまかせてしまえば幸福になれる。
江戸末期の神道家で、イエスにも匹敵する力を見せた黒住宗忠は、これを「まること(丸ごと)」の教えとして、神様に丸ごとまかせてしまうよう教えたのである。
矢追純一さんが「僕は頭が悪いので、考えることを放棄した」というのは、人間として最も賢い選択なのだと思う。
ソクラテスは「私は自分に知恵がないことを知っているが、それを知っているのは私だけだった。だから私は一番知恵がある」と言ったように、知恵のない頭で考えることをやめることが一番の知恵である。
そして、それによって神の知恵が現れ、望まずとも良いものをこれでもかと与えられ、楽しませてくれるのである。








なぜ悪人は案外正しいのか?

志賀一雅博士の「よかった・ありがとう」呼吸の原理により、引き寄せの全ての謎が解けると、世間にある引き寄せ(「成功」とか「幸福」と表現されることも多いが)のほとんどが片手落ちであることも分かった。
YoiTubeでエックハルト・トールやブルース・リプトンといった引き寄せの巨匠のような人達の引き寄せの講義を見ると、非常に曖昧で、結局何をすれば良いのか分からないし、肝心なことが示されていないように思う。彼ら自身は分かっているのかもしれないが、西洋的価値観の中で生きている彼らは、うまく表現出来ないのかもしれない。

最も重要なことは、最近書いているように、「快感から喜びの表現」で、これにより、脳と宇宙が共鳴する。
まあ、このあたりの原理は全部すっ飛ばして「よかった・ありがとう」呼吸をすれば良いのだが、多くの人は、片手落ちである有名人の教えに乗せられて時間を何十年も無駄にする。
(スピリチュアルな有名人に比べ、志賀博士はあまり知られていない)

世の中では、「ツイてる」「幸せだ」といったプラスの言葉とか天国言葉というものを唱えれば幸福になると教えている人が人気があったりするが、それで成功した人は本当はいないと思う。
「ツイてる」と言えばつく(幸運に恵まれる)と言うが、それはない。そもそも、「ツイてる」と唱え続けることは無理があり、心が歪んでくると思う。
そんな無理を続けられる人であれば、他を蹴落として自分だけ金持ちになることも出来るのかもしれない。しかし、本人の心は本当は悲惨であるはずだ。でなければ、あんな芝居がかったセミナーをしたりはしない。

江戸末期の神道家、黒住宗忠が、とても洞察あることを言っていた。
それは「悪人は案外、良いところがある」である。
ただ、これを、「悪人は明るいから」と、誤った解釈をしていた書籍があった。
宗教家の五井昌久氏も「小善人になるくらいなら大悪人になれ」と言われたらしく、これは知恵ある言葉であるが、正しく解釈出来る人が滅多にいない。
悪人というのは、強引に欲しいものを奪って大いに快感を感じ、そして、喜びの雄叫びを上げる。
これはまさに、成功の黄金式である「快感から喜びの表現」に見事に倣っている。
そして、大陸の狩猟民族においては、この「強奪→快感→雄叫び」は全く正しいことで、弱い者から食べ物を奪い取って自分が生きるという弱肉強食の法則は、今の資本主義社会そのものだ。
ただ、弱肉強食が有効なのは物質次元だけであり、力があれば、若い間は確かに、数パーセントの幸せは得られる。
だが、人間の魂は、物質次元の力よりはるかに大きな・・・分かり易い表現をすれば、数千倍とか数万倍の力を持っている(実際はそれよりはるかに大きいと思うが)。
物質次元、資本主義次元に囚われると、極めてチャチなものしか得られず、歳を取ると惨めになり、死ぬ時に後悔する。どんな金持ちであっても・・・いや、金持ちであるほどだ。
いきなり全部言っても混乱するかもしれないので、徐々にIQを高めながら理解していただければと思う。

波の音
AIアート322
「波の音」
Kay


そのため(IQを上げるため)にも、とりあえず、「よかった・ありがとう」呼吸をすると良い。
「富がある・幸せだ」呼吸が合うなら、それで良い。
「よかった」と思いながら息を吸い、「ありがとう」と思いながら息を吐くのである。
「富がある」と思いながら息を吸い、「幸せだ」と思いながら息を吐くのである。
ちなみに、息を吸うだけで快感なのであるから、呼吸がいかに大切かが分かる。








いきなり「ありがとう」が不自然な理由

巷では、「ありがとう」を1万回とか10万回唱えると奇跡が起こるという話があり、実際に起きたと言う人がいるのだから、否定はしないが、普通は難しいかもしれない。

観世音菩薩について、こんなお話がある。
砂漠で迷って乾いている人に対し、仏教の教えを垂れるのは適切ではない。
観世音菩薩は、まずは水を一杯与えてから教えを授ける。
だから、観世音菩薩は恵みの菩薩と言われる。

これと同じで、ありがたくもないのに「ありがとう」と言うのは、高貴ではあっても、無理があるし続かない。
そして、これが科学的(脳科学)にも問題があることが、志賀一雅博士の著書を見ても分かる。
「ありがとう」と喜びを表現するのは、A9神経が刺激された時だが、A9神経が刺激されるのは、A10神経が活性化した時だ。
A10神経が活性化するには「快感」が必要である。
観世音菩薩の例で言えば、

乾いている人に、水を一杯与える
→乾いた人は快感を感じ、A10神経が活性化する
→A10神経が活性化すると、A9神経が刺激され、「ありがとう」と自然に喜びを表現する。

である。
闇雲に「ありがとう」と唱えるのは無理があって辛い。

ところが、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠は、「口先でも良いから、ありがたいと言え」と教えている。
だが、宗忠に直接接した人のこんな話がある。
「宗忠公は、朝、雨戸を開け、朝日を顔に受けると、『ありがたい』と言った」
誰にとっても朝日は良いもので、それを見ると快感を感じる可能性が高いが、特に、宗忠にとっては、太陽は天照大御神であり、その有難さは途方もなく大きい。
つまり、十分に宗忠のA10神経が活性化し、A9神経が刺激され、ごくごく自然に「ありがたい」と言ったのである。

そして、別に何もなくても、快感を感じるのは簡単だ。
志賀一雅博士の「よかった・ありがとう」呼吸の通り、「よかった」と思うことで快感を感じるのである。
だから、いきなり「ありがとう」ではなく、まず「よかった」なのである。

妖精の森
AIアート321
「妖精の森」
Kay


これは、昨日も書いたが、いろいろ応用出来る。
◆快感を作る言葉
「お金がある」「富がある」「成功している」「健康だ」「結婚している」
◆喜びを表現する言葉
「ありがとう」「ありがたい」「幸せだ」「嬉しい」「万歳」

よって、汎用的には、
息を吸いながら「よかった」と思い、息を吐きながら「ありがとう」で、実は、これで万能なのだと思う。
しかし、お金を引き寄せたい気持ちが強いなら、
息を吸いながら「お金がある」と思い、息を吐きながら「幸せだ」でも良いのであると思う。








仙人になった青年の話の真意

江戸末期の神道家、黒住宗忠が好んで話したという、仙人になった青年の話は、簡単だが奥深い。
こんな話だ。
仙人になりたい青年がいた。
すると、商人だったか地主だったか忘れたが、ある旦那がその青年に、只働きをしてくれたら、仙人になる方法を教えてやると言った。
青年はそれを信じ、何年も只働きをし、「そろそろ教えてくれ」と旦那に言った。
旦那は、仙人になる方法など知らず、青年を騙しただけだったが、もう青年を始末しないと面倒だと思った。
そこで旦那は、「では教えてやる」と言って、青年に高い木に登るよう命じた。
青年が言われた通り高い木に登ると、旦那は、次は枝にぶら下がれと言う。
青年は枝にぶら下がった。
なかなか恐ろしい光景である。
そして、旦那は青年に、手を離せと言う。
青年が手を離すと、青年は仙人になって飛んで行った。

黒住宗忠は、この話の意味を説明していないかもしれない。
それで、解説者らは、青年の疑うことのない信念が青年を仙人にしたというが、そんな阿呆な話があるはずがない(笑)。
この話の意味はこうである。
青年は、何年も旦那の下で只働きをすることで、思考を消す修行をしたのである。
そして、ぶら下がっていた木の枝から手を離したというのは、最後の思考を消したということである。
このお話で、命を捨てることに象徴された最後の思考とは、私という想いである。
それを消すことで、全知全能になる。
ラマナ・マハルシが言う「私は誰か?」と問うことで、最後の思考である「私」を消滅させるとは、こういう意味である。

神話からの帰還
AIアート229
「神話からの帰還」
Kay


ミヒャエル・エンデが話したことだったかもしれないが、アインシュタインを皮肉ったこんな話がある。
アインシュタインが、崖で木の根っこを掴んでぶら下がり、絶体絶命の状態になった。
アインシュタインが「助けてくれ!」と叫ぶと、天から神の声がした。
「手を離せば助けてやる」
だが、アインシュタインには手を離すことが出来なかった。
アインシュタインは危険な冒険をして思考を消し続けたが、最後の思考を消すことが出来なかったのである。
彼は、インドの詩聖タゴールが言う「見ていない時は月は存在していない」ことを信じることが出来なかった。

我々は、思考を消すことで神のようになるが、ほとんどの者はそれを信じない。
思考を消すには、ラマナ・マハルシが言うように「私は誰か?」と自分に問うか、常に微かな呼吸をすれば良い。
あるいは、昨夜も書いたが、一気に思考を消すのではなく、「お金がある」、「神様の奇跡が起こる」、あるいは、「トホカミエミタメ」などと心で唱えるごとに、呼吸を微かにすることで順を追って進歩するという手もある。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード