ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

魂の声

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

相手の心に入り込むには

「魂の声」に従っていれば間違いない。
「魂の声」と同じことを「心の声」と言う者もいて、それでも別に良いのだが、問題もある。つまり、心理学や精神分析学では、心は自我のことを指すが、自我の声に従うことは最悪だ。
具体的に言うと、

・十分食べたのに、もっと食べたいと思った時、「食べろ」と言うのが心(自我)の声、「我慢しろ」と言うのが魂の声。
・教師が生徒を脅して猥褻なことをしたいと思った時、「やっちまえ」と言うのが心(自我)の声、「やってはならない」と言うのが魂の声。
・誰も見ていないので、ズルをしたら得をする時、「構うもんか。やっちゃえ」と言うのが心(自我)の声、「すべきでない」と言うのが魂の声。

だ。
それなら、魂の声とは、実際は何だろう?
「所詮、知識や経験が脳内で熟成されて出来た思考パターン」という考え方があり、これはフロイト的と言え、「魂の声」といったものを、フロイトは「超自我」と名付けた。
一方、「全人類、万物、あるいは、神につながる精神」みたいなものを魂と呼ぶ考え方もあり、こちらはユング的と言える。
もっと簡単に言えば、「魂はない」と言うのがフロイトで、「魂はある」と言うのがユングだと考えて良いと思う。
フロイトもユングも、自分の方が正しいということを、いろんな言い方で主張するが、傾向として、フロイトは権威的で、ユングは神秘的だった。
どっちが正しいとも言えないと思う。

まあ、「魂の声」は間違いがないのだから、超自我だろうが、霊だろうが構わないと言えば構わない。
これをはっきりさせようと思ったら、霊的な意味での魂が存在するかしないかという問題になるが、これは分からないと言うしかない。
短絡的な理屈で、魂はあるとか、魂はないと言う者が多いが、そんな者は思考が浅く、きっとIQも低い。

「世界=漫画」理論で言えば、個々の心は作者の心の一部であり、個々の魂は作者の魂に通じる道だ。
ただ、この世界という漫画の作者は、我々を超えており、その精神構造がどうなっているのかは分からない。
だから、例えば、作者は魂だけの存在かもしれず、作者においては、「心=魂」となるのかもしれない。
そして、我々はいつでも、作者の心につながることが出来、それが魂の声を聞くことだ。

我々だって、漫画や小説を書いていたら、登場人物の心が、作者である自分の心の中に入り込んで来ることを感じる。
それと似たことが、我々と、この世界という漫画(別に小説でも良いが)の作者との関係についても言えるのである。

私は、ある優秀な国際コンサルタントから、交渉のコツとは、相手の心の中に入り込むことであると言われたことがある。
自分の心も、交渉相手の心も、この世界という漫画の作者の心の一部であるのだから、要は、作者の心の中に入り込めば良いのである。
具体的に、どうやれば相手の心に入り込めるのかというと、これを言うのは難しい。
しかし、相手の心に入り込めないようになる方法なら簡単だ。相手を嫌えば良いのである。
つまり、嫌っている限り、相手の心に入り込めず、相手を動かせない。
とはいえ、「好きになったフリ」をしたって全然駄目である。
出来ることと言えば、嫌うのを止めること・・・相手の嫌いな点について考えるのを止めることだ。

幼児が、自分の右手の指を使って家族ごっこをしている。
親指がお父さんで、人差し指がお母さん、中指がお兄さんで、薬指がお姉さん、小指が赤ちゃんだ。
その幼児は、お父さんやお母さん、あるいは、お兄さん、お姉さん、赤ちゃんの役割を切り替えながら一人五役で会話する。
この時、お姉さんがお父さんを嫌うと、お姉さんとお父さんの心に断絶が生まれ、距離が出来たように感じるが、嫌うことをやめると距離が縮まる。
我々がやっていることもこれと同じで、お父さんやお姉さんは、自分が幼児の右手の指だということが分からないのである。








彼女に知られず、俺が盾になって死んでやる

ここで、腕振り運動とか、プログラミングの勉強の仕方などを書いているが、せっかくそれをやっていただいても、さっぱり実力が得られない人がいる。
そんな人の特徴は、「愚直でない」と言うことだ。
つまり、「コスパの高いことしかしたくない」という人だと思う。
もちろん、愚直なだけなのは、視野が狭く、ものが見えていないということなので、愚直過ぎるのも良くないが、自分のことに関し、「得だけしたい」「損は絶対したくない」と思っている者は、何をやっても、実力を得ることはない。

達磨さんの愛称で知られる達磨は、5~6世紀に実在したと言われる徳の高い僧だったが、どこかの王様が達磨に尋ねたらしい。
「私は、寺をいくつも建て、沢山の僧侶の生活を支援し、また、自ら経を読み、写経も沢山行った。さて、私には、どんな功徳があろうか?」
功徳とは、お恵み、御利益という意味で、早い話が、この王様は、「仏教に対し、良いことをいっぱいした私は、どれほどの得をするか?」と尋ねたのだ。
これに対し、達磨は、「功徳などない」と答えた。
まあ、「そんなものねーよ、バーカ」って感じであろう。

この王様は愚直でない。自分のことに関し、コスパを重要視し、得を望み、損はしたくないと思っている。
つまり、コスパが高いと思ったから、寺を建てたり、写経をしたのだ。
王様の器とはほど遠い、浅ましい、卑しい人間だ。
私とちっとも変わらん(笑)。

腕振り運動は、こんな汚らわしい王様から離れ、愚直になる方法なのだ。
私に、「腕振り運動でどんな成果がありましたか?」と聞く人がいる。
それに対しては、私は、「元々、成果など期待しておりません。無駄な努力をしようと思っているだけです」と答える。
毎日、腕振り運動を1万回もする時間があったら、楽しいこと、儲かることが出来ると思うが、それを捨てて、何も得られないことが前提の無駄な努力をするところがいいんだ(笑)。
まあ、本当は、「ちょっとは良いことないかなー」と思うが(笑)、あくまでちょっとで、ないならないで仕方がないと思ってはいる。
丁度、私がプログラミングの勉強をしていた時も、ちょっとは「これで良い思いが出来ないかな」と思っていただろうが、あくまでちょっとだ。
また、プログラミングの勉強が、そんなに楽しいわけではなかったが、ちょっとロマンみたいなものを感じたので、毎晩、2時、3時までやってたのだと思う。

だいたい、下心で女の子に優しくするやつって、本当に素晴らしい女の子と付き合えない。
そうではなく、「彼女に知られず、俺が盾になって死んでやる」と思っているやつが・・・まあ、本当に感謝もされずに死ぬかもしれないが(笑)、それでも、魂は喜ぶだろう。
つまり、結論は、「魂の声に従う」ってことだ。








当たり前にやれば願いは叶う

人間は誰でも、どんな願いでも叶えることが出来る力を持っている。
そして、本来、その力の使い方を教わる必要はない。
誰でも、すぐに使えるのだ。

ではなぜ、願いを叶えることが出来ないのかというと、1つには、出来ないと思い込まされているからだ。
そりゃ、権力側としては、奴隷が自分に奴隷以上のことが出来る能力があると知ったら、奴隷状態にしておけないので当然だ。
だが、昔はともかく、今は権力側も、世界を創造する方法を忘れているので、支配の仕方が力づくで乱暴になっている。
そもそも、リーダーとは言えない権力者に世界を創造する力はないのである。

願いを叶えるなんて簡単なことで、ただ、当たり前にやれば良い。
敢えて言えば、自分が願いを叶える力を持っていることを忘れてしまった大衆に、イエスが言ったことを覚えておくと良い。
それは、「願いは叶ったと思えば叶う」である。
難しい解釈など、一切不要だ。
あくまで、当たり前にやれば良いのだ。
だが、当たり前に出来ない人を騙せばお金が儲かるので、そんなことをする人が沢山いるが、騙す者も、願いの叶え方を知らないのである。知ってたら、騙す必要なんてないからね。

「当たり前にやるとはどういうことか?」と聞かれる時代になった。
どういうことかというと、こういうことだ。
男性の場合で恐縮だが、混んだ電車で、可愛い女の子が密着してきて、自分の手のすぐ近くに、その女の子のお尻がある。
触りたいと思っても触らない理由はと尋ねると、
「捕まるから」
という、信じ難い答をする人が多くなった。
ほんの少しマシな答が、
「私は紳士だから」「私は立派な人間だから」
である。
実際、JRのポスターで、痴漢行為について、「それ、犯罪です」と書き、だから痴漢をするなと訴えるのは、「捕まるから触らない」と言うのと同じだ。
まあ、JRが堕落しているのではなく、堕落した大衆のために作ったポスターかもしれないが。

「女の子が苦しむから」というのは、大人の解答で大変よろしい。
いくら何でも、中学生になれば、その程度の認識はあるはずだ。
だが、そんなことを考えるまでもなく、触りたいと思っても、魂が「だめだ」って言うだろう。
魂の声を聴くことが、当たり前にやるってことだ。
魂って、当たり前のことしか言わないのだから。








本当の老害とは

グーグル日本語辞書によれば、「老害」とは、「自分が老いたのに気づかず(気をとめず)、まわりの若手の活躍を妨げて生ずる害悪。」と定義されている。
もっと具体的に言えば、70代、80代になって、時代についていけてないのに、政策を決定するような立場の政治家や、経営に大きな影響を与える企業の重要ポストにいる人達のことを指す場合が多いと思う。
今の話ではないかもしれないが、デジタル庁の幹部(トップだったかもしれない)がパソコンを使えなかったり、スマートフォンを持っていなかったということがあったらしいが、これは老害の典型だろう。
まあ、昔は、偉い人が電子メールを受け取ると、秘書や担当の人が、それを印刷して、その偉い人に渡すというのが普通だったが(返事も、偉い人が口で言って部下が返信する)、今でもあるかもしれない。
だが、老害と言われる偉い人達だって、
「LINEでちゃらちゃらした対話やプレイステーションのゲームをやってるというだけで俺たちより立派と言えるのか?」
と言い返すかもしれないし、確かにその通りだ。
しかし、さすがに、パソコンもスマートフォンも使えない、よってメールもSNSも使えないというのではお話にならないだろう。尚、この場合のSNSはLINEやTwitterのような一般向けSNSも入るが、それより、ビジネス用SNSが重要なことが多い。企業や組織では、メールを使わず、コミュニケーションを社内や組織専用のSNSを使うことが増えていることは、若い人でも知らない人も多いので、そんな若者は他を「老害」と蔑む資格はないかもしれない。
学校の中で専用SNSを使うところが少ないのは、教育関係では確かに老害の人達が多いからだろう。
ずっと前から校内専用SNSを活用している角川ドワンゴ学園 N高等学校・S高等学校などは、別に大したものではなく普通でしかないのだが、それを進んでいると思ったら、年配者だけでなく、歳は若くてもそろそろ老害かもしれない。

最近では、AIや、ディープラーニングとか機械学習が分からないと「古い」と言われることもあると思うが、これらの言葉を使う人でも、ちゃんと理解していないばかりか、変な勘違いをしている人が、やはり年寄りでなくても多く、下手な年配者より害がある場合もあるかもしれない。言葉を知っているだけでマシとはいえず、むしろ、知ったかぶりの方が困ることが多いからだ。

「老害」という言葉が必要かどうかは分からない。
害に、老も若もない。
ただ、権力や影響力がある老人がのさばっていることによる害が目立つのは確かである。
とはいえ、若くても悪い影響力がある人もいる。SNSで盛んに老害を訴える若いインフルエンサーがそうかもしれない。
年齢に関係なく、そういった人も「老害」とすれば、「老害」とはつまり、悪い影響力を持つ人や、その影響力のことである。
では、「老害」の人とは、本当はどんな人なのかというと、「魂の声」を聞かない人のことなのである。
そして、歳を取った偉い人の多くは、己惚れて自分の頭の考えに絶対的価値を置くので、その考えとは全く違う場合が圧倒的な「魂の声」が聞こえないのである。
それが、老人による老害が目立つ理由である。
だが、年齢的には若くても、周りがチヤホヤすることなどで自分の考えが優れていると己惚れると「魂の声」は聞こえないので、そんな「若い者」に影響力があるとやっぱり老害なのである。
逆に、たとえ現代テクノロジーに縁がなくても、「魂の声」を聞ける人は世の宝である。そんな人は、自分が新しいものが分からなくても、新しいものを頭ごなしに否定しないし、機会があれば、必要な新しいもの(新しければ何でも良いわけではない)に取り組もうとするだろう。
「魂の声」は、高慢な者、欲張りな者には聞こえない。
イエスですら、「私を正しい者と言うのか?正しい方は神だけである」と言ったのである。
まあ、「老齢でない老害の者」の中には、イエスは詐欺師だと言う者もいるようであるが。
昔から「馬鹿と言う者が馬鹿」と言うように「老害と言う者が老害」の場合もあることをお忘れなく。

本文とは関係ないが、昨日、私は腕振り運動を3600回行った。しばらく、腕振り運動キャンペーン実施中である(笑)。








コスパなど無視して成功した人達

成功した人の若い時の話は、とても興味深い。
そんな話は、伝記作家が書いたものにも良さがあるが、やっぱり自伝(自叙伝)が良いと思う。
というのは、客観的事実よりも、本人がどう感じ、何を考えたのかを、本人が語ったこととして知りたいからだ。
もちろん、本人が書いたと言っても、記憶違いや脚色、さらには、嘘というか、出版社による改ざんみたいなものもあるかもしれないが、それは問題ない。そんな表向きなことではなく、魂で感じるような深い部分に興味があるからだ。
また、本全体が自伝である必要はなく、彼らが書いた何かの本の中に、若い時の重要なエピソードが入っていれば、それで十分だ。
例えば、スティーブ・ジョブズであれば、有名なスタンフォード大学での卒業式での講演の中で語られたもので十分なのである。
つまり、若い時の「回想」で良いのだ。

私が好きな自叙伝や若い時の回想録としては、アンデルセン、工学博士の関英男さん、アップル共同創業者のスティーブ・ジョブズ、それに、歌手で声優の水樹奈々さんのものがある。
それで別に、これらの人達の成功の秘訣を解明しようとは思わなかったが、明白な共通点があると思った。
それは、これらの人達が、「魂の声」を聞く人達であったということだ。
彼らだって、若い頃は、特に卓越しておらず、普通だったのだ。
しかし、彼らは、他の人々と違い、権威や世間の声ではなく、魂の声に従ったのだ。
彼らが、どんな魂の声を聞いたのかは分からない。そんなことは、まず書かれてはいない。
しかし、彼らが魂の声に従ったのだということは分かるのである。
なぜなら、大切な時に、彼らは、理屈に合った行動、まして、コスパの高い行動なんかせず、ある意味、不可解な行動をしているからだ。
そして、重要なことは、彼らはなぜ、魂の声を聞くことが出来たかだ。
それに関して、上に挙げた、どの人のものを読んでも、あまりにも面白いが、説明は難しいと思う。
そこで、簡単なことだけ述べてみよう。
スティーブ・ジョブズのことだ。
彼は、生まれてすぐ里親に出された。
スティーブを産んだ母親は、経済的にスティーブを育てることが出来ず、里親に預けることにした。
しかし、里親の申し出をしてきた夫婦が気に入らず、息子を渡したくはなかった。
というのは、この夫婦は両方共、大学を出ておらず、父親にいたっては高校も出ていなかったからだ。
しかし、他に里親の申し出がなく、スティーブを大学に行かせることを条件に、仕方なく、スティーブの母親は、この夫婦に息子を渡した。
やがて、スティーブ・ジョブズは名門リード大学に入ったが、彼は、それが間違いだったと気付く。
その理由を、ジョブズは、スタンフォード大学の卒業式の講演でも言ったが、それは「学費がスタンフォード大学並に高かった」からだった(会場、爆笑)。
アメリカの私立大学の学費はバカ高い。今なら、リード大学の学費は年間600万円以上と思うし、ジョブズは寮に入っていたので、合わせると、今なら年間で800万円はかかるのではないかと思う。
ジョブズの里親はただの労働者で、このまま彼が大学に行けば、彼の里親が一生をかけて作った貯えが、彼の学費で消えてしまうのである。
ジョブズは大学を辞め、当然、寮の部屋も失ったが、友達の寮の部屋に転がり込み、違法だが、リード大学の興味のある講義に出ていた。
ジョブズは、大学で(違法に)学んだことが、後に、アップルでマッキントッシュパソコンを開発した時に役立ったと言いつつ、その時(違法受講していた時)は、それが何の役に立つのか、全く分からなかったはずだ。
ジョブズは、「今やっていることが、将来、何かにつながると信じるしかないのだ」と言う。
だが、ジョブズは、重要なことを敢えて言わなかったのかもしれない。
ジョブズは、魂の声に従って大学をやめ、ある特定の講義(カリグラフィーだが)を、違法にでも受けたのだ。
だから、それは、未来の点につながったのだ。

上に挙げた人達もまた、魂の声に従って行動したから、その時の点が未来の点につながったのだ。
だが、権威、世間の声、テレビ、コスパに従って動く者は、未来の点につながる今の点を掴めないかもしれない。
上の人達は、皆、意図的ではないかもしれないが、反権威、脱世間で、テレビをあまり見ず、コスパにこだわらなかった。
「コスパ、悪くね?」と言われても、魂の声に従った方が良いのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード