ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

腕振り運動

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

自然動物的な運動

世界トップのスポーツ選手の中にも筋トレをしない人がいて、その中の1人が「トラやライオンは筋トレなんかしない」と言っていた。
それで言えば、トラやライオンはジョギングもストレッチもしない。
短距離走で最速のチータはダッシュ(短距離競争)の練習をしない。
つまり、自然界において、人間のトレーニングの多くは不自然である。
だが、言うまでもなく、トラやライオンはもちろん、多くの動物は、最も強い人間よりずっと強い。
これは、トラやライオンが強いのは単に遺伝子の問題で、言い換えれば、生まれつき強いだけである。

だが、我々は見逃しているのではないかと思う。
トラやライオンは遺伝子的に強いし、筋トレみたいなことはしないが、鍛錬を全くやっていないわけではないと思う。
あくまで分かり易い例として言うのだが、猫の爪研ぎなんかがそうで、猫は別に、本当に爪を研いでいるわけではなく、ストレス解消のためにやっているなど、いくつかの理由が推測されている。
実際にストレス解消のためかもしれないが、それが運動も兼ねているのかもしれない。
他にも、ペットを飼っている人は、ペットが不可解な動作をするのを見ていても注意を払わないのだと思うし、ペットが、飼い主が知らない間にあちこちに毛を落としていることがあり、人の視線のないところで何かの運動をしているのかもしれない。
いずれにしろ、動物は、何らかの運動を本能的にするのである。
一方、人間は、意識的に運動しなければ、全く運動をせず、身体が機能低下し、そのまま老化すると、極端に動けなくなる。
しかし、動物は死ぬまでかなり動ける(飼われている動物は人間的になるかもしれない)。
また、動物は老齢になっても、見かけは若い時と極端には変わらないというのも、不断の運動をしているからではないかと思う。

人間だって、本能的な運動をするのかもしれない。
その一例が貧乏ゆすりで、これは一般に良いイメージはないが、案外に偉大なスポーツ選手や元スポーツ選手がよく貧乏ゆすりをするという話はある。
中国には易筋行といって、動物の動きを真似た運動で根本的な健康を増進する方法がある。
腕振り運動(スワイショウ。せい手)も、易筋行からきているらしい。
腕振り運動も、本や動画でよく見る、スポーツトレーニング的な大きな動きのものは、やっていて疲れるし気持ち良くないが、力を抜いてコンパクトにやると、非常に気持ち良くてクセになるし、健康が増進したり、身体が強くなるのを感じる。
自然運動として極めて優れているのが、大東流合気柔術の達人、佐川幸義が考案した佐川幸義流四股だ。
相撲の四股と違い、トレーニングという感じは全くせず、「足踏み」と言うのが正しい。
ただし、学校で教わる足踏みと違い、足を少し横に開いて、腕を振らずに足踏みを行う。
現代的なスポーツの観点からは、あまり効果があるとは思われない運動であるが、恐ろしく強くなる。
そして、正しくやれば、非常に気持ち良く、私は、暇があればすぐに立ち上がって、これを自然に行う。

野の花
AIアート587
「野の花」
Kay


これは考察中であるが、口ぐせとかアファーメーションの中には、人間特有の心の自然運動と思われるものがある。
これによって、精神が自然に鍛えられ、頭が良くなったり、超能力や引き寄せの力が高まる。
そして、これも、身体の運動の場合と同様、人工的で不自然な言葉は、精神の力を高めない。
どんな言葉が良いのかははっきりしないが、「幸せだ」「ありがたい」などがそうではないかと思う。
ポイントは、楽で気持ち良く続けられる言葉で、ストレスを感じるようなものは全く駄目だ。
要は、有難さや幸せを感じる言葉が良く、たとえば「お金がある」「モテる」みたいなものは条件に合うように思う。
本来は「ありがたい」「しあわせだ」などが良いのだろうが、なかなかそう思えない場合は無理にそう言わず「お金がある」「モテる」と言えば良いのではと思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
・佐川幸義流四股関連
(1)佐川幸義 神業の合気
(2)四股鍛錬で作る達人
(3)月刊 秘伝 2022年 03月号 [雑誌]
・腕振り運動
(1)超訳甩手功(スワイショウ、うで振り)
・口ぐせ、アファーメーション関連
(1)斎藤一人の絶対成功する千回の法則
(2)いのちの教え―黒住宗忠に学ぶ自然体の生き方
・その他お奨め
(1)信念の魔術(C・M・ブリストル)
(2)神さまの周波数とシンクロする方法(志賀一雅)
(3)苫米地式 聴くだけで脳が生まれ変わるCDブック(苫米地英人)
(4)人生を思うように変える呼吸法(パム・グラウト)

効果はいつ実感できるのか?

ピアノや電子オルガン(ヤマハエレクローンが多いと思う)をそこそこ弾ける子供がいるが、どうやって弾けるようになったかと言うと、「レッスンをさせられた」からで、自主的に独習したなんて子供はまずいない。
なぜそうなるのかというと、ピアノ等は難しく、長い期間のレッスンが必要で、特にやっている本人には上達が実感し難いので、それなりに強制されない限り続かないからだ。

一方、ギターは、それほど易しくないとはいえ、「そこそこ聴かせられる」程度の腕前は比較的容易に得られる。
私も中学1年生の時に、アコースティックギター(エレキでないギター)の中でもナイロン弦のクラシックギターをそこそこ演奏出来るようになった。
また、あまり楽器を演奏しそうにないタイプの従兄は、ギターを大学時代にやはり独習し、かなりの腕前で演奏出来た。
世界的プログラマーでコンピューター科学者(ハーバード博士)のポール・グレアムの本で見た覚えがあるが、高校時代の男子は、ギターが弾ければモテると思うと、情熱を注ぎ込んで練習し、あっという間に上達するものらしい。
まあ、私も、モテようという下心はあったように思うし、従兄も、あそこまで上達するからには、それがかなりあったことは推測出来るのである。

ところで、運動・スポーツも、短期間の成果を実感し難く、うまくやらないと長続きしない。
しかし、運動は、自覚しないのに力がついているという場合がよくある。
『灼眼のシャナ』(小説・漫画・アニメ)で、高校1年生の坂井悠二は、ヒロインのシャナ(見かけは11歳位の美少女だが超人)に頼んで毎日訓練してもらっていたが、悠二本人には強くなっているという自覚はない。しかし、彼をライバル視するクラスメイトの池速人は、パレードで長距離を歩いたり、学校の掃除で重いごみ袋を運ぶ時の悠二の体力に気付き驚く。
私も、小学4年生の時、従兄(上で話した従兄と同一人物で大学レスリング部主将)に腕立て伏せなどのトレーニングのやり方を教わり、あまり真面目にやったわけではないが、5年生の時、喧嘩で取っ組み合った時など、自分が圧倒的に強いことに驚いたものだった。ちなみに、私は、身長は高い方だったが痩せてひょろひょろしていた。

さて、腕振り運動や佐川幸義流四股はどうかというと、これはなかなか面白いと思う。
自分で有難味を感じるとか、ビックリするような成果となると、どちらかというとピアノに近く、なかなか自覚出来ない。
しかし、自覚できないながら確実な成果が出ているという点は、やはり運動である。
だが、ご存じの通り、これらはただの運動ではなく、もっと深い意味とか効果がある。
言ってみれば、身体全体を作り変えるようなもので、たとえて言うなら、ただの人間の身体から仙人や天狗や妖精の身体になるようなものだ。いや、本来の素晴らしい人間の身体に戻ると言う方が正しいかもしれない。
正直、私は、腕振り運動に関しては20年ほどやっても、成果は客観的には分かるが、自覚はあまりないのである。
佐川幸義流四股(足踏み四股)は、5年ほどやっているが、強い成果の自覚はわりと最近感じるようになった。とはいえ、こちらは、始めて間もない頃でも、他者が見た成果や、冷静に客観的に見た時の成果は、分かり易く、かなり凄い。

そして、深呼吸やアファーメーション、あるいは、念仏やマントラといったものの成果も、自覚は弱いのではないかと思う。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジにある西洋人が、
「私のような西洋人がオームのようなマントラを唱えて効果がありますか?」
と尋ねたら、マハラジは「驚くべき効果がある」と言ったが、そうであるにしても、やはり実感は得難いと思う。
科学的にも成果は確実と思われる志賀一雅博士の「よかった・ありがとう呼吸」は、安眠という点では成果をすぐに感じる場合が多いが、その他の驚くべき効果については、やはり実感し難いかもしれない。

私の知人の金持ちの「金があるからな」「儲かってしゃーない」という口ぐせは彼の祖父の真似らしいが、ひょっとしたら、彼はいまだ、その口ぐせの効果に気付いていないかもしれない。
と言うのは、彼はよく「金を稼ぐのは簡単なんだ」と言うが、自分がなぜ稼げるのかについては、それほど分かっているわけではなく、ある程度は自分で不思議がっているのである。
YouTube動画で見た「お金がある」という口ぐせで金持ちになった人は、振り返れば、その口ぐせの影響(ケチらなくなった)は2~3週間であったように思うというが、お金が入るようになったのは2か月後くらいというのは、後で気付いたのだと思う。
そして、そういった程度の自覚の場合、普通の人だと続かず、結局、大きな成果を得られず仕舞になるのだと思う。

ふわり
AIアート563
「ふわり」
Kay


腕振り運動、佐川幸義流四股、深呼吸、アファーメーション、マントラ、口ぐせの成果は、なかなか実感出来ないかもしれない。
しかし、注意深くしていれば、何かを感じると思う。
そうでなくても、効果は確実と思うので、たゆまず、根気強く続けるべきと思う。それを努力というなら、そんな努力は大切だ。
腕振り運動を普及させた関英男博士も著書に「根気強く続けることが大切」と書かれていたと思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
(1)神さまの周波数とシンクロする方法(志賀一雅)
(2)ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち(ポール・グレアム)
(3)佐川幸義 神業の合気
(4)月刊 秘伝 2022年 03月号 [雑誌] ※佐川幸義流四股の記述あり
(5)人生を思うように変える呼吸法
(6)苫米地式 聴くだけで脳が生まれ変わるCDブック(苫米地英人)
(7)アイ・アム・ザット 私は在る(ニサルガダッタ・マハラジとの対話)
(8)灼眼のシャナ (電撃文庫)
(9)灼眼のシャナ Amazon Prime Video
(10)超訳甩手功(スワイショウ、うで振り)

本当の我流こそ王道

昨日、ご紹介した、日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)のYouTube動画『四股1000』の、足踏み四股(基本は佐川幸義流四股)について、
「自分が思っていたのと違う」
「自分のやり方と違う」
といったご意見を、このブログのコメントやX(旧ツイッター)の返信でいただいた。
これは、違っていて良いと思う。
四股に決まった1つのやり方などというものはない。
それは、このブログでも重要なものとして何度も取り上げている、腕振り運動や深呼吸も同じで、自分が好きなようにやれば良いのである。
決まりがあるとすれば、ただ、「楽で気持ちよい」ことで、それによって、長時間でも続けられ、生涯に渡ってやれることが大切なのである。

そりゃ、大相撲の四股や、野球のバッティングや、ボクシングのパンチングなら、ある程度の決まったやり方もあるかもしれないが、大相撲の四股だって、力士によってかなりスタイルが違うし、野球のバッティングでも、イチローの振り子打法のように常識外れなやり方で成功した人もいる。
まして、足踏み四股や腕振り運動や深呼吸は、大抵、どんなやり方でも害はないので、多少間違っていても問題ない。
あえて注意すれば、力んで無理をしないということくらいだ。
だから、苦しい、シンドイ、辛い、気持ち悪いなどと思ったら、ちょっと工夫した方が良い。
まあ、実際は、多少シンドイやり方を続けた末に改善されることも多い。
早く改善されるよう、心を柔らかくし、これまでのやり方とか、偉い人や有名な人のやり方に固執しないことが大切だ。

絶景
AIアート515「絶景」Kay


腕立て伏せやスクワットは、やりたくなければしなくて良いが、好きでやりたいならすれば良い。
私も、腕立て伏せは好きだ。
そして、腕立て伏せなども、やっぱり好きなようにやれば良いが、やはり、無理なやり方をしないことだ。
無理がないとは、四股などの場合と全く同じで、楽で気持ちよい、身体を痛めることがないやり方だ。
私は十年ちょっと前、無理な腕立て伏せを2年ほどやって、腕や肩を痛めてしまった。
まあ、それはそれで良い教訓であった。
深呼吸の場合は、無理なやり方だと、少し害が出易い。
だから、深呼吸とは「気持ちいい範囲で息を大きく吸う」という程度のものと思えば良い。
政木和三さんは、小学5年生の時、運よく超人になれたが、少々無理な深呼吸をしていた。
自己責任で少しくらい無理をするのも個人の勝手であるが、出来れば、あまり無理をせず、注意しながらやって欲しい。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
()この世に不可能はない―生命体の無限の力
()月刊 秘伝 2022年 03月号 [雑誌]
()佐川幸義 神業の合気
()四股鍛錬で作る達人
()超訳甩手功(スワイショウ、うで振り)

人に教わろうとするな

「ルールは破るためにある」なんてことを言った人がいたと思う。
そこまででなくても、「破ってもいいルールがある」とか「破った方がいいルールもある」と言う人は少なくないかもしれない。
しかし、ルールとは決して破ってはならないものであり、破っていいようなものをルールとは言わない。

陸上競技の競争や競歩にはルールがあるが、トレーニングや趣味的な運動のジョギングやウォーキングにルールはない。まあ、人に迷惑をかけないようにやるというルールはあるが、それはジョギングやウォーキングのルールではなく、法的、マナー的なルールだ。
つまり、法律やマナーなど、ルールとして守るべきことを守っている限り、好きなように走って歩けば良い。
だが、「こういうふうにウォーキングすべし」「ジョギングはこうやらなければならない」と言う人が必ずいる。
スポーツの経験の長い人、あるいはプロスポーツ選手であったり、スポーツの研究者、あるいは、自称研究者に多いように思う。
確かに、彼らの主張には傾聴に値するものもあり、それはそれで参考にすれば良いが、やはり、それはルールではなく、従うかどうかは各自の自由だ。
しかし、商売で指導をする者は、どうしても、沢山の人に彼らの流儀をルールとして守ってもらう必要があるのだ。

「いや、筋トレでは、指導者の指導の通りにやらないと身体を痛める。筋トレ指導はルールに等しい」と、筋トレで儲けている人を喜ばせる主張もあるが、普通の人が、身体を壊すような負荷の大きな筋トレをすることが間違っているのである。
日常や仕事での作業にも、やり方がまずければ身体を壊すものもあるが、身体に悪い動作は、身体が辛く感じるので、そうならないよう自分で工夫すれば良いのである。親切な人が「こうやった方がいいよ」と教えてくれることもあるし、あるいは、先輩に「こんな時はどうすればいいですか」と尋ねることもある。しかし、先輩が「こうやらないといけないじゃないか」と流儀を押し付けるのは良くない場合が多い。
そして、基本、教えてもらわなくても、自分で自分を守る意思が必要である。

私も以前、腕振り運動や佐川幸義流四股、あるいは、腕立て伏せやスクワット、そして、深呼吸のやり方を事細かに書いたことがあるが、それらはあくまで参考で、取り入れたい部分があれば取り入れれば良いだけである。
人によっては、悪いやり方で行う場合があり、10年20年経って、やっと悪いことに気付く場合もあるかもしれない。
しかし、全部が悪いということはないだろうし、悪い部分は自分で気付いて自分で修正しなくてはならない。
しばらくやっていたら、自然に悪いところが分かって来るし、もっと良いやり方も閃くものである。
私は、腕振り運動にしろ、腕立て伏せにしろ、深呼吸にしろ、いろんな人のやり方を参考に、良いところを取り入れ、試行錯誤してきたし、今も試行錯誤しているし、今後も試行錯誤するだろう。
しかし、長くやっていたら、それなりに納得出来る形になった。だが、まだ改良の余地はいくらでもある。
そして、「この人の言う通りにやれば間違いない」というものは見たことがなく、自分にとっては自分のやり方が一番であると思う。
自分のやり方には、自分の身体の変化により変わる部分も多いので、まさに、自分で工夫することが必要だ。

日本人・・・と言うより、おそらく教育が普及した文明国の傾向だろうが、人に事細かに教えてもらいたがる人が多過ぎる。
そして、その傾向は特に日本人に強いと思う。
パソコンやスマートフォンの使い方を教室で教わりたがる人をよく見たが、そんな人達は、あまり良い使い方が出来るようにならないと思う。これらは、自分が良いと思う使い方をすること、自分で工夫することが必要だからだ。
ワードやエクセルを教室で教えるだの、まして、会社の研修で教えるなどは、馬鹿馬鹿しいのでやめて欲しいと私は思う。
もちろん、パソコンやスマートフォン、あるいは、ワードやエクセルにも、ルール的な守るべきことはある。それらは少ないのだが、そういったルールは教室で教わった人ほど守っていない。教室では、表向きの作業を教えるのが精いっぱいなのだが、生徒の方は教室で教わったことが全てと思っているから始末が悪いのである。

プログラミングを教わろうなんて者に見込みはない(超高度なプログラミングならあるかもしれないが)。
プログラミングを本でマスター出来ないなら、素質はない。
プログラマーと名乗りながら、「なんじゃこいつ」と言いたいレベルの能力の者をよく見たが、そんな者はやはり教室や研修で勉強したらしい。

かくれんぼ
AIアート472
「かくれんぼ」
Kay


アメリカの偉大な作家カート・ヴォネガットは、「この星のルールは1つ。人に優しくしろ」と言ったが、これは準ルールくらいには認めても良い。従うことに賛成する気持ちはあるが、やはり、各自の自由だ。
深呼吸は、「深呼吸をしろ」と言われたら子供でも出来る。
そして、深呼吸のルールはただ1つで「気持ちいい」ことだけだ。
気持ちいい深呼吸のメリットは想像を超えている。
そりゃそうだ。神に近付くのだからだ。

尚、腕振り運動や佐川幸義流四股は、以下の書籍が参考になる。しかし、後は自分で工夫するしかない。








学校とNHKがこれさえやっていたら

私は、志賀一雅博士の「よかった・ありがとう」呼吸を学校で教えないことや、NHKが毎朝放送しないことで、この国は駄目だなあと思う。
まあ、半分冗談だが(つまり、半分は本気で、本当は全然本気だ)。
この呼吸法を志賀博士が松下幸之助に教えてから、少なくとも40年以上になるのに。
もし、学校とNHKが、これを国民に教えていたら、日本が今のような悲惨な状況になることはなかっただろう。
日本を立て直すために、善意ではあるのだろうが、有名な人達が、出来もしないとてつもなく難しいことを言う。しかも、その趣旨は「自分の頭で考えろ」であるから、根本的に間違っているのである。

もう1つ言えば、学校とNHKが、腕振り運動(スワイソウ)と佐川幸義流四股を教えないことも残念だ。
学校とNHKはラジオ体操を教えていて、ラジオ体操の最後は深呼吸で締めるので、これも悪くはなく、少しは日本人の向上に役立ったかもしれない。
しかし、「よかった・ありがとう呼吸」、腕振り運動、佐川幸義流四股を教えていたら、日本は超能力人種・天才人種の国になっていたかもしれない。

陽だまり
AIアート429
「陽だまり」
Kay


『弓と禅』に登場する、弓聖と称される阿波研造も、あの呼吸法を広く知らせて欲しかったとは思う。
「天人女史」松木草垣も、あの万能の臍呼吸を、門下の人達だけでなく、もっと広く教えて欲しかった。
幸い、私は、これらの全てやその他の多くの優れた呼吸法から「神の圧力呼吸法」を作ったが、それらの呼吸法を知っていれば修得し易いと思う。
これこそまさに、現代の魔法の力を引き出す最も簡単な手法だと私は思う。
とにかく、深呼吸すること・・・なるべく多くの時間で深く呼吸し、沢山の酸素を取り入れることを忘れなければ、まず負けることはないだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード