ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

能力開発

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

友達が多いやつは能力がない理由

世の中でうまくやっていくのに必須のスキルは、他人と仲良くやっていけることだ。
これはもう絶対に否定出来ず、自分の子供を、人付き合いの出来ない人間に育ててしまう親ほど、愚かで断罪されるべき者はいないが、その責任すら全く問われない。

ところが、人付き合いの上手い人間の中には、高い能力を持たない者が往々にして多い。
人付き合いは抜群に上手いが、恐ろしく何も出来ない馬鹿という者も時たまいるほどだ。
逆に、人付き合いが苦手な者の中には、能力が高い者がよくいるし、全く人付き合いは出来ない天才もいる。
極端に言えば、画家のサルバドール・ダリや、ピアニストのグレン・グールドらは、一流のプロが決して少なくはない世界で世界一というほどの天才だったが、他人と上手くやっていこうなどとは全く思っていなかった。
しかし、ダリやグールドのように生きられる人間はいない。

ただ、天才とは言えないかもしれないが、人付き合いの下手な者の中に、能力が高い人間はいるものである。
そりゃ、人付き合いはエネルギーが要るが、そのエネルギー、そして、人付き合いに必要なかなりの時間が余るのだから、それを能力の向上に当てれば、そりゃ優秀にもなる。
問題は、人付き合いが駄目なので、その折角の能力を生かせない危険が大きいことだ。

人付き合いより能力を優先せよとは、なかなか言えないと思う。
それが達成出来ても、楽しく生きられる可能性は、そんなに高くはない。
人類の6割はプログラミングをマスターする能力がないと言われる。
私も、本当かもしれないと思う。
昔、パソコンの黎明期、パソコンで使えるプログラミング言語はBASICしかなく、また、当時のパソコンはBASICでプログラミングをする以外に、実用的に出来ることは何もなかったが、BASICプログラミングを十分にマスター出来る者は百人に一人とか言われた。
だが、それは、外国語の習得と同じで、単に時間がかかるというだけのことで、根本的な頭の良さが求められる訳ではない。
だから、友達がいなくて、趣味もなく、時間が余っている者がプログラミングをマスター出来るというだけのことだ。
言ってみれば、人類の6割は、人付き合いや趣味に忙しくて、プログラミングなどやっていられないのである。
もちろん、私も暇だったからプログラミングをマスター出来たのだ。

みきとPさんの人気曲『いーあるふぁんくらぶ』では、中国語のレッスンに励む女の子が、「リア友は少し減ったけど」と歌うが、外国語もプログラミングも、高度な習得には、「少し減る」程度で済まない。友達など全く顧みず、外国語オタク、プログラミングオタクになる必要がある。
そこまで行かなくても、パソコンに詳しい者というのは、友達が少なくて暇だからそうなったという場合が多いと思う。
(ところで、「リア友」って、中国語で、「三次元的盟友」なのだろうか・・・面白い)

せっかく、音楽や絵の才能があるのに、友達が多くて、その付き合いに時間とエネルギー、そして、金を注いでしまって、プロになるスキルを持てないという者が多い。
ひょっとしたら、人間は、何らかの分野で人に抜きん出ることが出来るかもしれないが、それにはやっぱり暇が必要なのである。
最近、このブログであまり話題にしないが、会社の中に、何をやってもまるで駄目な、まるで駄目男がいるが、不幸なことに、職場に中に、飲み会や遊びに、まるで駄目男を誘う「親切な」者がいるのだと分かった。なるほそ、まるで駄目男が進歩しない訳だ。私は完全に見捨てている。

最初、人付き合いが一番大切と言っておいて、何だか、下らない人付き合いなんかやめて能力を磨けと言いたい雰囲気になってきた。
選ぶのは自分だ。
だが、どうしても他人と仲良く出来ない者の選択肢は1つ。
下らないことに時間とエネルギーとお金を注がずに、自分を高めるために、それをたっぷりと使うことだ。
それで上手くいくとは限らない。
むしろ、能力はあるのに浮かばれない者の方が多いかもしれない。
ただ、そこは、天才でない限りだが、謙虚さがあるかどうかだけの差と思う。
上には上がいるし、一人の力なんて大したものではない。
それを忘れなければ、そう不幸にはならないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

微かな呼吸の芸術的解説

自分で言うのもおかしいが、保存版というほど良いことが書けたので、後でPDF化して持ち歩こうと思っている。
確かに、書いたのは私ではなく、私の内にいる神、あるいは、阿弥陀如来だろう。

人間が潜在的に持つ恐るべき能力を解放し、運を引き寄せ、自由自在にこの世界を闊歩する方法の最終テクノロジー(知識の実用化)が、「微かな呼吸」である。
他の、あらゆる優れた行を行う場合も、「微かな呼吸」を取り入れることで、威力は無限倍化する。
優れた行には、このブログでよく取り上げるものでは、呪文、念仏、腕振り運動、あるいは、スクワットや腕立て伏せのような運動がある。

ところで、「微かな呼吸」のやり方が分からないという方がよくいるようだ。
だが、別に、何も難しくない。
文字通り、微かな呼吸であり、微かとは、「微かな物音」、「微かな記憶」といった用法の通り、「やっと感じ取れる程度であるさま。はっきりとは認められないさま」という意味である。
「微細」、「微少」といいう言葉は、「微」と似た、「細」や「少」という言葉を付けているが、「微か」一語と意味はほとんど変わらない。
「微細な変化」も「微かな変化」も、同じような意味だし、「微少な量」も「微かな量」も、ほとんど同じである。

ところで、「微笑」という言葉によく表れているが、これが「びしょう」とも「ほほえみ」とも読めるように、「微」は、単に、小さい、少ない、弱いというだけでなく、「エレガント」、「洗練」、「デリカシー」といったものを感じるのである。
アラン・パーカーの小説で、映画化もされた『小さな恋のメロディ』(原題は『Melody』)で、11歳のダニーは、「デリカシー」が、同い年の憧れの美少女メロディの代名詞だと言ったように、デリカシーもまた、単に、微細、微少というだけでなく、情緒的な意味合いがある。
だから、情緒的に言えば、「微かな呼吸」とは、最も美しい天使のような少女の呼吸である。
「絵に描かれたような美少女」という言い方があるが、そこには、「息をしていないような少女」のというニュアンスがある。
微かな呼吸とは、まるで息をしていないかのような呼吸だ。
天使になったつもりで呼吸すれば、それが微かな呼吸である。

今度はちょっと気持ち悪いかもしれないお話をするがお許し願いたい。
ナチス収容所から脱走する方法として、処刑された人々の死体の中に、死んだふりをして紛れ込み、収容所の外に運び出されるという手段を使って生き延びた人々がいた。
死体のふりをするには、目を閉じ、動かないことはもちろん、息をしていないふりをしなくてはならない。
しかし、数十秒ならともかく、場合によっては、何分も何十分もそうしなければならないので、息を止めている訳にはいかない。
そんな時の、息をしていないかのような呼吸が、微かな呼吸であるとも言えるだろう。
そして、死人になり切った時、人間は自由自在なのである。
ただし、我々は生きているのであり、死のギリギリを狙うのである。
それが最高に生きることになる。
「生きながら死人となりてなりはてて 思いのままにするわざぞよき」(至道無難。江戸時代の禅僧)









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

学校優等生は能力を消すための実験動物

能力開発に対する人々の関心は高いが、そんな人達が、ことごとに能力を消す方法ばかりやっているし、やらされている。
その意味が分かるだろうか?

能力を高める方法は、根本的にはただ1つで、それは、「予期(予想)せぬ出来事に対処する」ことだ。
だが、誰もが、予期できることばかりやろうとする。
学校でそんなことばかりやるよう「調教」されたからである。
予期できないことを恐れ、そんなものから逃げるよう躾けられてしまっているのである。
学校では、こんなことを言うのではないか?
「今日の数学の問題、予想外だったなあ」
誰かがそう言うと、みんなが同調する。
高校の数学の問題に、小学校の理科の問題でも出たってのかい?
いや、それですら、大して予想外とは言えない。
数学の試験が始まったと思ったら、生徒達は1人ずつ単独でアマゾンのジャングルに連れていかれて、そこで一ヶ月間放置され、生き延びられるかどうかがテストである・・・こんな感じなら、生徒達の能力も「少しは」高まるだろう。
ピアノコンクールに出場したら、言葉も通じないどこか外国の低所得者層ばかりの町に住まいが用意され、ピアノ教室を開いて、自分で生徒を勧誘して食べているかどうか試される・・・こうであったら、世界の芸術レベルも上がるかもしれない。
このレベルでなんとか「予想外」と言えるのだ。
ところが、学習塾や予備校では、「受験予想問題」なんてものを生徒に教え、それがまあ、見事に当ってしまう。それほどまでに予想内のことばかりやらされた生徒達が、たとえ受験に合格し、良い学校を出ても、飼育された動物が野生で生きていけないのと同じで、社会に出ても決まりきったことしかできないし、それどころか、学校の中だけでしかやっていけないようになってしまい、一生ニートになったりするのだ。そんな者達が、今はいっぱいいる。

会社では、「あの部長が急に退職するなんて予想外だなあ」と、馬鹿なことを言ったりする。
その程度は、DeNAが巨人に勝つのと同じくらいありふれたことだ。
5位の選手が3位の選手を差し置いてオリンピック代表に選ばれたって何の意外性もない。
総理大臣が靖国神社に参拝したことを、予想外とか予想内なんて言うのは、哀れなほど世間に飼い慣らされた肥満したネズミのようなものではないだろうか?
昨日まで教育会社だったのが、今日からは麻薬密造会社になったってくらいで、ちょっぴり「予想外」と言うのだ。
本当に能力のある者から見れば、その程度は、愉快とは思うかもしれないが、驚くようなことでは全くない。

通勤電車に乗っていて、どこかの駅についたら、マシンガンを持った大勢のテロリスト達が現れたとしたら、私なら、「うむ、来たか」くらいに思うだろう。
その程度で驚いたりはしない。
だが、他の人達はと見ると・・・いや、予想外、予想内という以前に、スマートフォンに集中してたり、間抜けな顔で眠りこけ、あるいは、悪臭を撒き散らしてパンを食べることに夢中で気付きもしないうちに撃ち殺されるのだ。
私は、逃走方法を冷静に考えるだろう。
もし、本当に予期せぬことだったら、考えても仕方がないので、考える前に直観で動くだろう。
それでうまくいくかどうかは全く分からない。しかし、他の者たちに比べ、緊急事態を切り抜ける可能性は10%でも高くなるかもしれない。
たとえうまくいかなくても、納得して死ぬのである。

能力を高め、好ましい成果を得たいなら、注意深くあることだ。
感覚を澄み渡らせ、眠り込まないことだ。
そうして、災厄に備え、好機を待つ。
本当に注意力が鋭敏になっているなら、何が起こったとしても、心は驚いたり躍動したりするかもしれないが、静かな精神もそこにあるのである。
常日頃、こうあることを自己開発というのである。
世間で言う、あるいは、書籍に書かれている自己開発、能力開発は全て嘘か間違いであり、何の価値もない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード