ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

生命エネルギー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ゴジラや宇宙人に真っ先に殺されない方法

宇宙人や怪獣が攻めて来た時に、真っ先に殺されてしまう雑魚キャラではいけない。
宇宙人や怪獣が倒された時、人々は歓喜し、ヒーローがチヤホヤされるが、逃げまどいながら、あるいは、訳が分からないまま殺された「その他大勢」の人達のことは完全に忘れられている。
『スター・ウォーズ』の第1作の最後で、ルークがレイア姫から勲章をもらいニタニタしていたのを見ていた私の違和感は半端なかった。
「お前ら、喪に服せよ」であるが、所詮、雑魚キャラ(モブキャラ)はどうでも良いのである。

では、どうすれば雑魚キャラにならずに済むのかというと、諦めが悪かったり、生きることへの執着が強くあることで、まあ、「何があっても生き抜いてやる」と思うことだ。
そんな者は、「意思が強い」と言われるが、要は強い人間なのである。
また、強い人間、意思が強い人間のことを「生命エネルギーが強い人間」と言う。
そして、生命エネルギーが強い人間は望みのものを引き寄せる。
一方、影の薄い、生命エネルギーが弱い人間は、良いものを何も引き寄せない。

生命エネルギーを高める方法は3つが知られている。
1つは、林悦道さんの『誰でも勝てる!完全「ケンカ」マニュアル』に書かかれているこんな話が参考になる。
戦争中、敵の軍艦の魚雷攻撃で沈没させられ、木材等に掴まって漂流したら、皆、サメの恐怖などで一晩持たずに死んでしまうが、そんな状況に5回も遭いながら生き延びた男がいいた。彼は酒が大好きで、漂流しながら、絶対に陸に戻って酒を飲んでやると思い続けたらしい。
この強烈な欲望が生命エネルギーを高める。
2つ目は、強い第2生命体を持つことだが、これは少し分かり難いかもしれない。
政木和三さんが、彼と親しかったアントニオ猪木さんはヘラクレスの生命体(戦闘神的に強い生命体)が付いていると言っていたが、プロレスはショーとは言え、猪木さんは2度は真剣勝負をしたと言われ、特にパキスタンでアクラム・ペールワンと戦った時は、試合直前に「これは真剣勝負」と通達され、「ではやろう」と応じ、汚い手を使ってでも勝利したのは格闘家としての実力だけではなく、並外れた生命エネルギーがなくては出来ることではない。
政木さんは、強い生命体をつけるには、神様に強い生命体をつけてくれるよう頼むことだと言うが、真面目に祈らないと、強いが動物霊のようなものが付き、欲望は叶えるが、後で悲惨なことになるかもしれない。
3つ目は、奴隷にならないこと、権力にすがらないことだ。
簡単に言えば、サラリーマンにならないことで、もっと根本的には安定を求めないことだ。
こう言うと、根性論的、英雄論的に聞こえるかもしれないが、それは、自分が世界から切り離された個人だと誤解していることから来る。
木の葉が散るのは当たり前で、木が生きていれば良いのだが、人々は自分が木の葉だと思っており、木という生命の一部であることが分かっていない。
たとえて言えば、自分が木の一部と知っている木の葉は散らないし、散っても超人的な木の葉になる。
そんな木の葉は、木についている時でも、自分が木に茂る木の葉としての安定を求めていない。

だが、結局はどれも、思考を消すことで自然に導かれる。
これは、悟りを開くということではあるのだが、悟りは段階的なものであり、誰でも強い人間になるレベルに悟るのは、そう難しくはない。
そのためには、今この瞬間を意識する今今メソッドをやれば良いが、イチローの高校選手へのアドバイスのように「ちゃんと」やらないといけないのである。
コスパ重視の人間は、「ちゃんと」やることを避けようとする。
急がば回れと言われるように、最悪のコスパを敢えて選ぶ者だけが勝てるのである。

白百合が咲く頃
AIアート871
「白百合が咲く頃」
kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)誰でも勝てる!完全「ケンカ」マニュアル(林悦道)
(2)奇跡の実現(政木和三)
(3)さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)

生命エネルギーの奇跡の力

生命とは何かを科学的に説明しようとしても、すぐに行き詰る。
「生命と人工生命に違いはなくなる」という話は昔からあり、現在はそれがさらに信憑性を増しているように言われる。
しかし、科学的にどうというより、(生命と人工生命の)違いは直観として感じると思う。
そして、実際に違う。
明らかな違いとして、生命は一度失うと戻らないということだ。
面白いことに、科学では一度失うと戻らないものを作ることが出来ない。
言うなれば、失敗しないことを失敗する(=常に成功する)ことは出来ない。
「失敗は成功の母」とか言う。
しかし、実際は「失敗=成功」なのである。
ミスター・スポック(『スター・トレック』に登場するバルカン星人)は、「To Error Is Human(失敗するのが人間だ)」と否定的な意味で言ったが、これほど肯定的な事実はない。
つまり、人間は失敗するからいいんだ。
もし、バルカン星人は失敗しないなら、バルカン星人は地球人に完全に劣るのである。

生命力こそ、引き寄せのエネルギーでもある。
生命力は全知全能を隠し持っている。
そして、面白いことに、生命を捨てる気になるほど大きな生命力を発揮する。
いわゆる「死に物狂いの力」である。

今でもAmazon Videoで見ることが出来るが、『紅三四郎』(1969)というアニメがある。
紅三四郎という名の若い武道家が、ある時、全身をがっちりロープで縛られ、そこに、巨大な刃物が振り子状に動きながら迫ってくる。
万事休すである。
しかし、刃物が三四郎を切断したはずが、三四郎はロープから解放され、無事であった。
ところが、三四郎は、なぜ自分が助かったのか分からない。誰かが助けてくれたのではなかった。
そんな三四郎に武道の達人が言う。
「それが死の刹那の力だ」(実際のセリフは憶えていないが、だいたいこんな感じ)
これが真実に感じるなら、なかなか見込みがある(笑)。

『サイボーグ009 完結編 GOD'S WAR』にも、こんな話がある。
サイボーグ009こと島村丈が女神と戦った時のことだ。
相手は神だ。009がサイボーグとしてどれほど優秀でも、どうしたって勝ち目はない。戦いにすらならない。
009が神に勝つよりは、ハエが宇宙船を止める方が、まだ可能性があるほどだ。
ところが、一瞬、009は女神を慌てさせる。
これが生命の力である。

では、生命の力を使うにはどうすれば良いか?
無意識に入れば良い。
この無意識とは、意識はあるが心(思考と言っても良い)が消えた状態のことだ。
アメリカの精神科医ミルトン・エリクソンは、いつでも無意識に入れたし、患者を無意識に入れることが出来た。
だから、「魔法を使って治している」と言われるほど、自在に精神疾患を治せた。
道元は、「仏道とは、自覚を持ったまま自己を忘れること」と言ったが、まさにこれが無意識に入ることだ。
道元の『正法眼蔵』の、『現成公案』だけでも読むと良いだろう。

髪に絡みつく花
AIアート838
「髪に絡みつく花」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
(1)サイボーグ009 完結編 2012 009 conclusion GOD'S WAR I first
(2)私の声はあなたとともに ~ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー~
(3)現代訳 正法眼蔵(禅文化学院)
(4)正法眼蔵(ひろさちや翻訳)
(5)紅三四郎 ※Amazon Prime Video dアニメストア

願いを叶える生命エネルギー

私が子供の時に、あり得ない奇跡を起こした時は、知識やテクニックなんてものは全く関係なく、ただ、「どうしても欲しい」「どうしても叶って欲しい」という熱情だけで結果を引き寄せたと思う。
つまり、欲しいものに対し、素直、正直、遠慮がないということだし、何があっても諦めない不屈の心があったのだと思う。
そういえば、あるお坊様の本に、「欲しいと素直に思うことが大事だが、大人になるとそれが出来なくなる」といったことが書かれていたと思う。
もっとも、欲しがるべきものでなければ我慢する分別は大切で、それが出来ない危ない大人(かなりの年配者にもいそうだ)が多くなっているが、逆に、諦めなくて良いことを諦めてしまっている者は、大人に限らず、子供にも増えているに違いない。
どうも、あまり良くない世の中になっているのだと思う。

子供が一途に欲しいと思う気持ちは「勢い」とも言える。
心のエネルギーを最大に高めないといけないが、それは、単なる興奮を超えて神懸かった状態が理想的なのだと思う。
だが、私の場合もそうだったが、そこまででなくても、「集中され、活性化された意識の状態」であれば良い。
それでも、私も、望みが叶うまでは、他のことはどうでも良い状態であったとは思う。
時には、願いは叶うまでに時間がかかることもあったが、その間は、その願いについて本当によく考えていたと思う。
ところが、大学生は、卒業する頃には、就職したいと思うだろうが、そんな時に、美味しいものが食べたいとか、デートがしたいと思っているようでは、やはり、集中力が足りないのではないかと思う。
あるいは、「プログラミングをマスターしたいが、うまくいかない」という人の話を聞くと、やはり、意識の割当量が少な過ぎると感じる。
別に、凄い努力をする必要はないが、情熱とか思い入れが足りなさ過ぎるのである。
実際、命を懸けてやれば叶わないことはないが、そこまででなくても、それなりに集中しなくては駄目だし、それが出来ないなら、不向きであるのだから、目標を変えた方が良い。
世の中には、やりがいのある目標など、いくらでもある。

また、戦争中の「欲しがりません、勝つまでは」のように、押し付けられた目標では、それほどのエネルギーを得られないのでうまくいかないが、現代は、日本を含めた多くの国で、権力者の都合の良い偽の目標を、自分の目標として押し付けらfれることに慣れてしまい、自分が本当に欲しいものが何か分からない人が多い。
たとえ自分では「私はこれが欲しいのだ」と思い込んでいても、実はそれは外部から植え付けられた奴隷の目標である場合が多いのである。

それで思い出すのが、戦争中、乗っていた船が何度も米軍の爆撃を受けて沈められ、大海原で漂流中に仲間達が、体力というよりは気力が途切れて皆死んでしまった中で、5回も生き残った男の話だ。
この男は大変な酒好きで、果てのない真っ暗な冷たい海で疲労困憊(ひろうこんぱい)し、鮫の襲撃を受けながらも、岡に上がって酒を飲むことを一途に考え続けていたらしい。
この「どうしても酒が飲みたい」という熱情こそが、奇跡を起こす原動力である。
(このエピソードは、『誰でも勝てる!完全「ケンカ」マニュアル』にある)
このような生命エネルギーを与える有力な手段が、地球のどんな場所にもある、祭という行事であるが、このことは、芸術家の岡本太郎氏や精神分析学者の岸田秀氏らも著書で指摘している。
まあ、ミク廃の人が、年に一度(あるいは二度)のマジカルミライ(初音ミクさんの企画展とライブコンサート)で生きるエネルギーを得るようなものだ(笑)。

生命エネルギーを得る方法にはいろいろあるが、イギリスの作家コリン・ウィルソンが生涯をかけて研究したテーマはそれだった。
そして、そのエネルギーを使えば、願いも叶うのである。
長くなったので、具体的には、おいおい語ろうと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード