ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

母原病

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

死ぬまでやれること

子供の時、他の子達は何でも出来て自信があるように見えるのに、自分は他の子達が出来ることが何も出来ず全く自信がない。
そんな子供がいるもので、それは大人になっても続く。
そして、そんな子供になる原因は、多くは母親にあり、そんな無能で何も出来ない子供や大人は母原病(精神医学的な考え方の1つ)であると言えると思う。
「大人になってもママのせいにしちゃいけない」
とよく言われるが、その通りで、母原病であっても、母親を責めてどうなるものでもない。
その母親自体も母原病なのだろう。

無能で自信のない大人になると、多くはひきこもりになる。
ひきこもりの手っ取り早い治し方は、母親から離して自活させることだ。
腹が減るのは辛いから、自分が出来ることで食べていくようになり、出来るだけ楽に食べられるよう工夫することで能力を伸ばしていける。

なぜ、こんなことを考えたのかというと、昨日、ある母原病の典型みたいな人(女性)の問題に、有名な社会学者の上野千鶴子(社会学博士)がコメントした有料記事があったが、お金を出してまで見る気はないので、自分でいろいろ考えたからだろう。
上野千鶴子はいろいろ悪評も聞くが、私は彼女が2019年の東大の入学式で、学生達に「君達がここにいられるのは、君達が偉いのではなく、単に君達が恵まれていたからだ」みたいなことを言われていたのが気に入り、私は著書(『楽しいAI体験から始める機械学習(技術評論社)』のコラムで書いたことがあった。
東大生は、親の年収は平均で一千万円を超え、また、勉強好きに育てられ、勉強の仕方も教わることが出来たのだ。
尚、上に挙げた母原病の女性は高学歴で、そんな人でも母原病の場合もあるというケースであった。
確かに、東大生にだって、いろいろ問題や悩みはあるのだろう。

ともかく、人間は力を持たなくてはならない。
その秘訣を私は、大東流合気柔術の達人、佐川幸義の四股に見た。
佐川流四股は、よくここで書いているので、その内容は省くが、ほとんど足踏みという軽い運動でありながら恐るべき効果がある秘法だ。
佐川は、2人の弟子にそれぞれこう言ったらしい。
高校生の弟子に対しては「私なら寝ないで踏む」だ。
そして、東大卒の数学者(博士)の弟子(後に高弟になった)に対しては「私なら踏みながら死ねる」だった。
面白いことに、佐川がこの弟子達にこう言った時、この2人に佐川流四股を教えていなかったので、2人共、相撲の四股を踏んでいたらしい。
いずれにしろ「寝ないでやる」「死ぬまでやる」が肝心だ。
そして、そのためには、「寝ずにやれる」「死ぬまでやれる」ことが必要で、それには、「楽で気持ちいい」ことでなければならない。
その意味で、私がここで勧めている代表的なものが、志賀一雅博士の「よかった・ありがとう呼吸」や、簡単な言葉のアファーメーションである。
どうも我々はラストチャンスであるようだ。
他に適当な方法がない場合、寝ないのは良くないが、何かを死ぬまでやる覚悟でやらないといけないと思う。
そして、死ぬまでやる感覚を掴むのに、佐川流四股や腕振り運動(スワイショウ。甩手(せいしゅ))は良い訓練で、私も毎日2千回くらいは佐川流四股や腕振り運動をしている。これらは、健康やダイエット効果も凄いと思うので、やはりお奨めである。

春は来る
AIアート589
「春は来る」
Kay


そういえば、今日は元旦で、世間ではお正月と言うらしい。
お正月の挨拶は「あけましておめでとう」だが、世間の人は、これを言うと何か義務を果たしたように感じるのだろう。
私なら「死ぬまでやる」と改めて思う方が良いと思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
・佐川幸義流四股関連
(1)佐川幸義 神業の合気
(2)四股鍛錬で作る達人
(3)月刊 秘伝 2022年 03月号 [雑誌]
・腕振り運動
(1)超訳甩手功(スワイショウ、うで振り)
・口ぐせ、アファーメーション、深呼吸
(1)斎藤一人の絶対成功する千回の法則
(2)いのちの教え―黒住宗忠に学ぶ自然体の生き方
(3)信念の魔術(C・M・ブリストル)
(4)神さまの周波数とシンクロする方法(志賀一雅)
(5)人生を思うように変える呼吸法(パム・グラウト)
・その他
(1)楽しいAI体験から始める機械学習(Kay & Mr.Φ)

親の呪い

詳細は関係ないので省くが、昔、私は、他の2人と3人で、元トラックドライバーだった一流セールスマンに、潜在意識の力に関する話を1時間ほど聞いたことがある。
話を聞いた3人のうち1人が、深い精神的問題を抱えていたのだが、その人物は、このような話に強い抵抗があるらしく、終始、険しい仏頂面を崩さず、度々、セールスマンの話に異議を唱えた。
セールスマンの話は、潜在意識に関する、割と基礎的な話だったが、柔らかな口調で、丁寧な、とても良い話だったと思う。
だが、全く話が弾まずに別れたが、その精神問題を抱えた人物が、別れ際に、セールスマンにこう言った。
「あなたのお話に同意出来るところは、ほとんどなかった。だが、ただ1つ、非常に共感したところがありました。それは、子供が小さい時に、母親に、『お前は駄目な子だ』と言われ続けたら、悪い影響が強く残るというところです」
そう言った彼の表情は、相変わらず硬く険しかったが、その語調が丁寧で穏やかだったのを、私は極めて印象深く覚えている。
つまり、この人は、幼い時、母親に貶され続けてきたのだということが容易に想像出来た。
その後、この人物がどうなったか、私は知らない。

幼い時、親、特に母親に、歪んだ観念、マイナスの観念を植え付けられた人間は不幸で、その影響を払拭することは本当に難しいと思う。
ところが、まるで趣味のように、自分の子供を貶す親は多い。
子供の欠点や失敗を見つけると、「お前は本当に駄目なやつだな」「ほらまた失敗した。本当にお前にグズで馬鹿だ」と言わずにいられないのだ。
また、子供が休んでいると怒らずにいられない親も多い。
そんな親は、子供がいつも、「頑張っている」様子を見せていないと機嫌が悪いのだ。
「また怠けているの?お母さんはこんなに忙しいのに、お前は本当に楽でいいわね」
「いつもぼーっとして、少しは頑張ったらどう?そんなんじゃ、ロクな人間になれないわよ」
といった感じなのだが、日本では、大半の家庭がそうで、特に、親の知的レベルが低いほど、このような傾向が高いと推測出来る。

そういった子供を貶める言葉を趣味のように言う親に育てられた人間が、「まるで駄目男」「まるで駄目女」になるのである。
そして、一見、駄目な人間ではなくても、自分の力を信用出来ず、また、考えられないようなつまらない失敗を繰り返す人間もそうなのではないかと思う。
時には、見るからに優秀で、弁舌も爽やかで有能そうで、確かに優れた能力を見せることもあるが、肝心なところで粘りがなかったり、諦め癖があったりで、大きな成果をだせないばかりか、つまらない失敗を繰り返すという者も、その「常に沈む」原因は、やはり、子供時代の親の態度にある場合が多い・・・というか、それ以外に考えられないと思うほどだ。
尚、親に貶されてきた人間は、学校でも、自分を蔑んだり、冷淡に接してくる教師、あるいは、先輩を引き寄せやすい。

もちろん、私もバリバリそうなのだが(笑)、全く思い当たらない者というのは、そういないと思う。
しかし、だからといって、自分の不幸を嘆いたり、親を恨んではならない。そんなことには全く意味がないばかりか、さらに事態を悪くするだけだ。

そういった親の悪い影響を、アファーメーション(肯定的な断言)で矯正出来たという話もある。
多い例で言えば、親から「お前は駄目だ、人並のことは出来ない」とか「汗水垂らして働かないとお金は稼げない。お前のような怠け者は大きなお金を持てない」と言われて、それが根深い観念になっている者が、「私は優秀だ」、「なぜだか分からないが、お金がどんどん入ってくる」などとアファーメーションを行うと、優秀になったり、楽にお金が入ってくるようになったという話が実際にある。
だが、そのようなアファーメーションに対しては、古い観念の抵抗が強く、心が葛藤を起こすので、アファーメーションを続けることが難しい。
それでも頑張って唱え続ければ勝利出来るという話もあるが、心が傷付き、良くない結果になる恐れもある。

大切なことはやはり、余計なことを考えないことだ。
全く考えるのを止め、想念を消すくらいの気持ちが必要と思う。
心配しなくても、余計なことを考えなければ、必要なことは最小限のエネルギーで、ほとんど自動的に考えることが出来る。
試験でも仕事でも、考えれば考えるほどミスをするものだということはご存じと思う。
「注意深さが足りない」ことがミスの原因ではない。
考えに考えた末、注意に注意を重ねた末に、大きなポカをするものだ。
ミスを防ぎたかったら、何度もチェックを行うことだ。
よく、「3度目のチェックでミスが見つかる場合が多い」とか言われるが、何回目かは関係がない。
たまたま、余計なことを考えずにチェックした時にミスが見つかるのだ。

短いアファーメーションを、気楽に、あるいは、肯定的な情熱を持って行うと、良い結果が出る。
熱心であっても、必死、悲壮、焦燥(しょうそう。焦ること)があると、心が葛藤し、マイナスの効果が出易い。
まずは感情を込めず、淡々と、「私は優秀だ」「金がある」「俺はモテモテだ」「モテて仕方がない」といった簡単なアファーメーションを、常に言い続けるのだ。
そうすると、やがて、このアファーメーションが楽しくなり、そうすれば、良い意味で情熱的に唱えられるようにもなる。
そして、これだけで、実際にモテモテになったり、何もしないのに大金が入ってきたりするようになるのである。
それが潜在意識の力なのだからだ。








母原病

昔の、あるとても印象深い話を思い出した。
私の知人に、ある世界的な能力開発プログラムのセールスマンがいる。
そのセールスマン氏は、ある年のセールスコンテストでは、世界中に拠点のある、そのセールス組織の一部門で世界一になったほどの人だった。
そのセールスマン氏が、ある男性T氏に、その能力開発プログラムのセールスをする様子を私は見ていた。
実は、T氏は、やや強引に、その場所である喫茶店に呼び出されたのであり、最初から不快感丸出しの不機嫌で険悪な表情をしていた。そんなT氏に、セールスマン氏がセールスをするのである。
セールスマン氏は、商品である能力開発プログラムに関する説明はほとんどせず、人間というもの、人間の能力というものについて分かり易い話をし、私は、とても面白く聞いていた。
しかし、T氏は、最後まで険悪な表情を全く止めないまま終わってしまった。
セールスは失敗し、セールスマン氏はT氏に「今日はお話を聞いていただき、ありがとうございます」と挨拶をし、T氏、T氏の友人、セールスマン氏、そして、私は喫茶店を出た。
ところが、別れ際、T氏は不意に短い話をした。
T氏はセールスマン氏に、
「私は、あなたの話には、ほとんど納得出来る部分がなかった。しかし、ただ1つ、あなたの話で、母親が幼い子供に『お前は駄目な子だ。大した者になどならない』と言うことが、子供の一生に大きな悪い影響を与えるというところにだけは共感した」
と述べ、セールスマン氏は、「そうですか。ありがとうございます」と礼を言って、我々は別れた。
母親が無思慮に、子供にネガティブな言葉を言えば、子供に悪い影響があるということは、私には常識だったが、そのことをあまり認識していない人も多いのだと思った。
そして、私は気付いたのだ。
T氏がまさに、幼い時、思慮に欠ける母親に、ネガティブな言葉を沢山浴びせられて育ったに違いない。
T氏が深い悩みごとを抱えているらしいことは、私はT氏の友人から聞いていた。
おそらく、T氏は、その時だけでなく、ずっと悩みを抱えているのだ。
幼い時に、母親に、母親が子供に言ってはならない破壊的な言葉を、おそらく、日常的に言われ続けていた時からね。

ただ、大なり小なり、ほとんどの者が、母親、もしくは、幼い時に身近にいた大人から、自分jの能力や存在意義を否定される言葉を刷り込まれている。
そして、脳科学の研究によれば、そんな言葉が、頭の中で、1分間に何百回も再現されているのである。
だから、我々は、それを打ち消す言葉を自分にかけてあげないといけない。
その救いの言葉は、母親が言ったようなレベルのものではなく、もっと高貴な言葉である必要がある。
でないと、どうしても、母親の言葉の方が強いからだ。
いくら自分で「私は頭が良い」と自分に言い聞かせても、母親が幼い自分に「お前は頭が悪い馬鹿な子だよ」と言った言葉の威力の方が大きいのだ。
T氏がセールスしていた、その世界的能力開発プログラムでも、そのための優れたアファーメーション(肯定的断言)を教えていたが、次の聖書の言葉も、アファーメーションに採用されていた。
それは、「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」である。
この言葉は、世界的ベストセラー書『積極的考え方で成功する』で、著者ノーマン・ヴィンセント・ピールが、全てがうまくいかず、すっかり自信を失くして苦しんでいた中年の男に教え、その男を立ち直らせた言葉だった。この八方ふさがりの中年男もまた、幼い時、母親に、ネガティブな暗示をかけられていたのである。
あなたも、
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」
「神が私の味方であるなら、誰が私に敵対出来ようか」
などを唱え、心に注がれた毒を消すべきかもしれない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード