ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

政木和三

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

目標は立てない

普通の人は、具体的な目標を持たない方が良いのかもしれない。
普通の人は、本気で世のため人のための目標を立てたりしない。
それならば、普通の人は、目標は持たない方が良いように思える。
たとえば、画家になった人というのは、画家になることを目標に絵を描いてきたのではなく、単に好きで絵を描いていたら、結果的に画家になったのだと思う。
私も、他の仕事をしながらプログラミングをやっていた時は、まさかそれが仕事になるとは思わなかったのだ。
とはいえ、当時、「趣味は?」と聞かれたら「プログラミング」と答えることはなかったはずだが、毎日、深夜2時、3時までプログラミングをしていたのである。まあ、何かにとり憑かれていたのかもしれない(笑)。

学習塾で、「〇〇校合格やるぞ!」「おー!!」とかやっているのを見ると、個人的には本当に異様に(正直、不気味に)感じる。
子供とはいえ、魂が、本当にその学校に入ると選択していたら、何も言われなくても勝手に勉強するだろう。
魂の意志に反し、無理矢理受験勉強をさせたら、心がどんどん歪んでいくのだと思う。

私が敬愛する矢追純一さんは「着地点だけ決めればいい」といったことを本に書いていたが、これは目標を決めるというのとは違うと思うようになった。
彼が目標らしきものを設定したのは、大学受験の時で、東京大学法学部か中央大学法学部(法学部の名門)に入るつもりだったが、受験勉強はほとんどやらなかったのだから、やはり、一般に言う目標設定とは違うと思う。
矢追さんの言う「着地点を決める」とは、この場合で言えば、「合格と決める」ということと思う。
矢追さんは、東大の方は、受験科目も多く、あまりその気でなかったような気もするが、中央大は合格と決めていたのだから、受験の後、合否など全く気にならず旅行に行ってしまい、帰宅したら合格通知が来ていて、初めて合格と分かったらしい。
私は普通の公立高校に行くつもりだったが、勉強が出来なかったので、内申書的に行ける公立高校がなく、仕方なく私立の進学校の高等部を受けた。しかし、受験勉強は全くやらなかったが、当たり前に合格した。
大学受験の時は、数学と物理の参考書が面白かったので読んではいたが、受験勉強は全くやらず、自主的に模試を受けたことも全くなかったが、地元の公立大学には入れた。
矢追さんと似たようなところがあると思う。

私は、引き寄せの本を試す意味で、お金の目標を立てたことはあるが、それでうまくいった試しは全くない。
(SMIという高価な、目標設定にこだわる自己開発プログラムを熱心に使っていたこともあったが、全く駄目だった)
矢追さんとなると、収入や預金に全く無頓着で、家や美術品を買っても支払いが行われたことで、預金がちゃんとあったのだと分かったらしい。私はそこまでは出来ず、預金額くらいは知っているが・・・いや、そろそろ矢追さんに似てきたような気もする(笑)。

上のように考えると、普通の人は、あまり目標など立てず、今今メソッドなどで、思考を消すことをやれば、必要なものは得られるのではないかと思う。
せいぜい、政木和三さんに教わったように、「お金なんか欲しくないけど、入って来るものは仕方がない」「女なんかいらないけど、来るものは仕方がない」と思えば良いのではないだろうか?
ただ、それも下心ありありで言って(思って)いれば、やはり目標になってしまう。
政木さんも「欲望をぽーんと放り出せばうまくいく」と言われていたが、それなら、最初から目標を立てない方が良い。
確かに、政木さんは「目標を立てるなら、一生かかっても達成出来そうにない目標を立てろ」と言っておられたが、これは「大望を持て」という意味ではなく、実は「目標を立てるな」ということなのだと思うようになった。
「目標一兆円」くらいでどうだろう?百兆でもいいぞ(笑 イーロン・マスク超えだ)。

◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
(1)新装版 ヤオイズム(矢追純一)
(2)矢追純一は宇宙人だった!?(矢追純一)
(3)未来への発想法(政木和三)
(4)精神エネルギー(政木和三)

幽玄さ
AIアート930
「幽玄さ」
Kay

「退けサタン」とは

「人生の目的は魂を磨くことです」とドヤ顔(得意顔、自慢顔)で言う「先生」がよくいる。
そんな「先生」の言いたいことは、「俺はお前らより魂が磨かれている」なんだろう。
彼に話をさせれば、自分語り(自分の話)が延々続く。
つまり、「魂が磨かれた俺様」の物語をするのが楽しいのだろう。
だが、魂は元々清らかなもので、穢れようがない。
自分語りを延々とする者とは、清らかな魂を自我が覆い隠しているような者だろう。

思考を消せば、魂の輝きがそのまま出てくるのだと思う。
そこで「思考を消すための思考だけが許される」といったややこしいことを言う者がいる。
思考するのは自我なのだから、自我を消せば良い。
しかし、ラメッシ・バルセカールは、最高の聖者と言われるラマナ・マハルシだって自我はあると指摘するが、その通りと思う。
そのバルセカールは、自分の師のニサルガダッタ・マハラジについても、やはり自我はあり、自我として現れる人間性に関しては、師も普通の人と変わらないと言う。これも良い指摘と思う。つまり、聖者もただの人だ。
だが、バルセカールは、師についてこうも言う。
「師は怒りっぽかった。しかし、怒った次の瞬間には機嫌が良くなっている」
どうも、ここらへんに鍵があるのだろう。

釈迦も、悟りを開いた人も、普通の人と変わらないと述べている。
釈迦は、思考が起こることを「矢を受ける」ことといい、やはり、ダメージであると言う。
だが、「悟りを開いた人は、第二の矢を受けない」と言う。
つまり、殴られたら、やっぱり怒る(第一の矢を受ける)が、「仕返ししてやる」とか「こいつは馬鹿か(と見下す)」といった余計な思考(第二、第三の矢を受ける)をしないということだろう。
しかし、これは、後世の人が釈迦の言葉として書いたものだろうと思う。
釈迦の言葉としてはややこし過ぎる。
ただ、釈迦は「悟りを開いた人も普通の人と変わらない」とは述べたと思う。

スコットランドの聖者マード・マクドナルド・ベインが、ややマシなことを言っている。
イエスが言った「汝破れたり、わが後方(しりえ)に退けサタン」と言ったサタンが自我なのだと。
イエスは、サタン(自我)に「下がれ」とは言ったが「消えろ」とは言っていない。
世間では奇人変人と言われるジョージ・アダムスキーだって、「自我を意識(魂)の上の置かず、下に置くことです」と、同じことを言っている。彼を奇人変人と言う人は、自我を魂より上位に置いているのだと思われる。
では、どうすれば、自我を下がらせることが出来るのかと言うと、ベインは「自我は正体を見破られると退く」と、またややこしいことを言う(笑)。
確かにそうなんだろうけど、そんな曖昧なことを言われても、何をすればいいのか分からないのだ。
まあ、ベインの場合は、生命が危機一髪になるようなことばかりして自我を追い込んで黙らせてしまったように思える。
また、サルトルだって、銃弾飛び交う紛争地を散歩したら、悟りを開いたような気分に少しなったと言うが、それはちょっと・・・だ。
コリン・ウィルソンは、ロシアン・ルーレットにそんな効果があるとも言っていたが、なるほどである(笑)。
これらは、実践は無理でも、ヒントにはなる。

つまり、自我が嫌がることを敢えてやれば良い。
ただし、凄く嫌なことをやる苦行は続かないし、ストレスになって太る(笑)。
だから、政木和三さんが言うように、
「私はお金なんてちっとも欲しくない。だが入って来るものは仕方ない」
「私は女なんていらない。だが百人も来てしまう」
と大ぼらを吹くか、岡本太郎のように、
「嫌われたっていい、いや、嫌われないといけない」
「認められなくなっていい、いや、認められてたまるか」
と、さわやかに自我を叩くことである。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)解脱の真理(マード・マクドナルド・ベイン)
(2)岡本太郎の遊ぶ心(岡本敏子)
(3)奇跡の実現(政木和三)
(4)右脳の冒険(コリン・ウィルソン)
(5)誰がかまうもんか?!(ラメッシ・バルセカール)
花は咲く
AIアート907
「花は咲く」
Kay

第三の引き寄せのまじない

これまで、普通の引き寄せのまじないと、政木和三流の高次の引き寄せのまじないとをご紹介したが、さらに超越的な引き寄せのまじないがある。
それをご紹介する。

普通の引き寄せのまじないの最も良い形は、
「私は金持ちだ」
だ。
「私は」に続く言葉には全宇宙のエネルギーが注がれるからだ。
ただし、自我とか思考があってはうまくいかないので、次の3つの状態で唱えることが推奨されている。
(1)眠る前のうとうとした状態
(2)目覚めたばかりのぼんやりした状態
(3)瞑想状態
他には、呼吸をコントロールしながら行う方法があるが、今回は説明は省く(何度か説明した)。

政木和三流の高次の引き寄せのまじないは、
「私はお金なんか欲しくない」
で、虎哉宗乙(こさい そういつ)流と言っても良いだろう。
堂々とホラを吹けば良いわけだ。
これだけでは抵抗が大きい場合は、
「私はお金なんか欲しくない。しかし、入って来るものは仕方がない」
とでも言えば良い。

そして、さらにすごい超越的なまじないがあり、これは岡本太郎流と言える。
それは、
「お金なんてなくていい。いや、あってたまるか」
「お金なんてなくていい。いや、あってはならない」
で、名刀の切れ味だ。
実際、この名刀を得た者は無敵である。
「嫌われていい。いや、嫌われないといけない」
「売れなくていい。いや、売れてたまるか」

解説しようと思えば、本一冊書いても足りないが、理屈ではなく、これが良いとピンとくるはずなのだ。
そうでなくても、この名刀は、振ればよく切れるので、無理に振るのも手であるが、無理に振ること自体が、魂の声が届いている証拠である。

青空の欠片
AIアート904
「青空の欠片」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)自分の中に毒を持て(岡本太郎)
(2)岡本太郎の遊ぶ心 (岡本敏子)
(3)強く生きる言葉(岡本太郎他)
(4)驚異の超科学が実証された(政木和三)
(5)この世に不可能はない(政木和三)
(6)精神エネルギー(政木和三)

嘘をつくなホラを吹け

私が政木和三さんから教えてもらった引き寄せ法は、つくづく精度が高いものだと思う。少なくとも普通の人にとっては。
それが最近、ようやく分かってきた。
そのやり方は、単純に言えば、
「私はお金なんてちっとも欲しくない」
と宣言することであるが、「お金は欲しくない」とは言っても、お金がないと言っているわけではない。
そこまで含めて言うなら、
「私はお金なんてちっとも欲しくない。でも入ってくるものは仕方がない」
となる。
お金がないどころか、あること前提、あること当然である。
なぜこんな言い方をするのか?
それは、言葉を話すのは、自我(=心=左脳=小我)という、力のない存在で、そんなケチなやつが、普通に「お金が入ってくる」と言ってもお金は入ってこないからだ。
だから本当は、自我でアファーメーション(肯定的確言)をしたら、その反対になる。
よって、西洋の自己実現プログラムで勧めるアファーメーションは、普通の人がやっても効果はなかった。
それでいて、そんな自己実現プログラム、成功プログラムが流行ったのは、ひょっとしたら闇の支配者の策略だったのかもしれないと思うほどだ。つまり、一般人を弱くして奴隷にするために、これらのプログラムを普及させたのだと思えてしまうのだ。

確かに、自我を消して「お金がある」とか「私は金持ちだ」と言えば引き寄せは起こる。
しかし、自我を消してそう言う人は、まあ滅多にいない。
だから、これらの言葉を唱えるなら、思考が麻痺するほど数多く言うか、呼吸を停止して自我とか思考を消して言わないといけない。
自我は飽き易いので、「お金がある」とずっと言っていれば、自我はこれを認識しなくなり、潜在意識に「お金がある」と伝わる。
だから、本当に数多く唱えた人は皆金持ちになっているが、1日10分も唱えられない人には逆効果になりかねない(ただし、逆効果になるののは、よほどのマイナス観念がある人)。

「私はお金なんてちっとも欲しくない」と言う時は、息を消して無我で唱えるのではなく、普通に堂々と言えば良い。
言ってるのは自我だ。
自我が言うことは嘘かもしれないものだが、この場合は嘘に決まっている。お金が欲しくない人間はいない。
昔の流行歌で言う「嫌よ嫌よもいいのうち」だ。

つまり、簡単に言えばだ。
堂々と嘘をつけば叶うのだ。
ただ、ここだけ少しややこしいが、「やせ我慢的嘘」でないといけない。
「お金が嫌い」は言い過ぎだし、ひょっとしたら本当の場合もある。
だから、「お金は欲しくない」「お金はそんなに沢山はいらない」とやせ我慢の嘘を言うのだ。
「女子高生は嫌いだ」と言えば、本当は好きでもちっとも寄って来ない。
しかし、「女子高生なんていらないね」と言ってる者って、女子高生のガールフレンドがいっぱいいる。
『ローム太霊講話集』でも、古代の太霊ロームは人間の弟子達に「やせ我慢」をするよう教えている。
昨日もご紹介した、虎哉宗乙の言葉
「痛ければ痛くないと言え 悲しければ笑え 暑ければ寒いと言え」
は、まさにやせ我慢の実践である。

これを究極に進めたものが、五島勉さんの『死活の書』だ。
だが、本当の本当のものは、なかなか分からない。
だから、世間の引き寄せは、せいぜがおこぼれなのであり、なんとか、そのおこぼれにあずかろうとするのである。
「引き寄せで叶った」と言う人も時々いるが、ほとんどが「おこぼれにあずかった」という意味だろう。
それは、福音書で言う、人間が食事をする時にこぼすパン屑をもらう犬のようなものだ。
だが、イエスは、この犬を褒めたのだ。まだマシだからだ。
しかし、我々は犬をやめよう。
「お金なんてちっとも欲しくない。しかし、入ってくるものは仕方がない」
「女(男)なんてちっとも欲しくない。しかし、百人も来てしまうのは仕方がない」

嘘を言う者は下げられる(駄目になる)。
しかし、ホラ(ホラ貝が鳴るように堂々と言う嘘)を吹く者は上げられる(願いが叶う)。

花の空気
AIアート901
「花の空気」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)ノストラダムスの超法則死活の書(五島勉)
(2)精神エネルギー(政木和三)
(3)驚異の超科学が実証された(政木和三)
(4)ローム太霊講話集
(5)新約聖書 福音書(塚本 虎二。岩波文庫)

政木和三さんの味わうべき貴重な教え

子供の時、大抵の人が教わる真理は「馬鹿と言う者が馬鹿」だ。
とても良い教えであるが、ほとんどの人が忘れる。
そして、もう1つ、選ばれた子供なら教わる教えがある。
それは、虎哉宗乙(こさい そういつ。1530~1611。戦国時代から江戸時代にかけての僧。伊達政宗の師として有名)の、

「痛ければ痛くないと言え 悲しければ笑え 暑ければ寒いと言え」

だ。
これは、人類最高の教えであると思う。
アメリカの有名な心理学者ウィリアム・ジェームズは、
「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」
と素晴らしいことを言ったが、少し足りない。
笑うだけでは駄目だ。悲しい時に笑うから幸せになるのだ。

私はこれを、もっと良い形で、政木和三さんに直接教わった。
誰だってお金は欲しいし、男ならいい女が、女ならいい男が欲しい。
そこでだ。
「私はお金なんてちっとも欲しくない」
「私は女(男)なんてちっとも欲しくない」
と言えば(声でも心でも)、あら不思議、お金や女(男)がやって来る。
政木さんは、このことを特に熱心に教えてくれた。
私のオツムでは、このくらいしか分からないと思われたのかもしれない。
「私はお金なんかちっとも欲しくない。でも入って来るものは仕方がない」
「私はお金なんかちっとも欲しくない。でもどんどん入って来るから1億円も納税しなくちゃいけない」
「私は女なんてちっとも欲しくない。でも来るものは仕方がない」
「私は女なんてちっとも欲しくない。でも若い娘が百人は来てしまう」
特に後半は、政木さんが隣の席の奥さんに気をつけながら小声で私に教えてくれた貴重な教えである(笑)。
心して味わうように(笑)。

幻の季節
AIアート900
「幻の季節」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)「奥州の竜」 伊達政宗(佐藤貴浩)
(2)W・ジェイムズ著作集6 ~多元的宇宙~
(3)プラグマティズム(ウィリアム・ジェームズ)
(4)精神エネルギー(政木和三)
(5)驚異の超科学が実証された(政木和三)
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード