ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

悟り

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

専門的特技の獲得に失敗したら

今朝、権力者の奴隷にならないためにも、必ず、専門的特技を持たなければならないと書いた。
確かにこれが大前提で、専門的特技を持つという心構えを持つことは大切だと思う。
ただし、これには大きな落とし穴があるが、お気づきの方もいるだろう。
それは、何かの高度な専門家になっても、それを機械が出来るようになってしまい、能力を発揮する機会を失くすことだ。
特に、昨今は、AIが人間の多くの仕事を奪うと言われている。
しかし、これに関しては、人間が本当に1万時間かけて得た能力に匹敵することは、機械やAIには出来ないと思う。
つまり、機械やAIに出来ることは、そこそこのことまでで、しかも、人間にとって、あまりやりたくないことだ。
だから、大いに機械やAIに、人間の仕事を奪って欲しいと思うのである。

だが、もう1つ、これは確かに存在する問題がある。
それは、「1万時間をかけてプロの能力を得たが、あまり大した能力とは言えない」ということだ。
たとえば、1万時間をかけ、プロフェッショナルなプログラミングの能力を獲得したが、それほどの能力にはならなかったので、プログラミングの仕事が面白くなかったり、しんどいと感じるといったことだ。
実は、これは割とあることで、「いったい私は何のために今まで頑張ってきたのだろう」と本当に落胆することになる。
早い話が、本当に好きなことをしなければならないということだ。
イチローが子供達に、「早く自分の好きなことを見つけて下さい」と言い、セベ・バレステロスが「父が私に、何でもいいから好きになれ、好きになったら強くなれと言った」と言うが、慌てて何かを好きと誤解したら悲劇だ。

しかし、実際には、本当に好きなものはそうそうは見つからない。
後で考えたら、格闘家になれば良かったとか、役者になれば良かったなんて思うことがあるかもしれず、それは案外正解なのだが、今からでは遅いという場合もあるし、特に40歳とか50歳を超えたら、今からではもうどうにもならない。
よって、人生詰み、ジ・エンドである。
だが、自分が格闘家になった世界や役者になった世界は存在する。
パラレルワールド(並行世界)のことだ。
ところが、我々は、何らかの方法で意図的に、好むパラレルワールドに移動する能力を制限されている。これは間違いないと思う。
その説の1つが、ローレンス・スペンサーの『エイリアン・インタビュー』に描かれたマインドコントロール装置だ。
他にも説があるが、形が違うだけで、どれも同じことだ。
しかし、いずれにしても、悟りを開けば、あらゆる制限を解除することが出来る。
よって、我々が1万時間をかけるべきは悟りを開くことだが、悟りの世界の中では時間は存在しないので、一瞬で悟りを開く人もいる。
ちなみに、悟りを開くための決まった方法はない。
何でも良いのだ。
努力したければすれば良いし、嫌ならしなければ良い。
だが、努力は長続きしない。まあ、克己、忍耐もだが。見返りがあるうちは頑張れるが、本当の目的はケチな地上の見返りではない。
そんなわけで、悟りを開こうではないか。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)
(2)エイリアン・インタビュー(ローレンス・スペンサー)
(3)パラレルワールド(ミチオ・カク) ※おそらくだが、IQ115位以上でないと理解出来ない
(4)隠れていた宇宙(上)(ブライアン・グリーン)
(5)思考が物質に変わる時(ドーソン・チャーチ)

雛人形
AIアート1012
「雛人形」
Kay

争いを解決する唯一の方法

論破することが素晴らしいことのように思う人が多いかもしれないが、論破でものごとが解決することはない。
なぜなら、論破された方が論破した方の意見に従うことはほとんどなく、争いがエスカレートして続くだけだからだ。
そもそも、論争で解決する問題は、ほぼない。
いくら論争しても、両者共、意見を変えることは滅多にない(全くないかもしれない)。

では、どうすれば良いかというと、知的な方法として最上なのは、ロシアのプーチン大統領が言った「相手への尊重と妥協」だ。
本当は、妥協だけで良いのだが、相手を尊重する意志がないと、良い妥協が出来ない。
だが、プーチンには悪いが、やはりこれは有効な方法ではなく、また、有効でないことは超優秀なプーチンが知らないわけがない。
なぜなら、誰も敵を尊重しないし、双方がギリギリ納得する妥協ポイント・・・いわゆる「落としどころ」を見つけることは、敵対する間柄では、ほとんど不可能だからだ。
そもそもが、争いとは、相手への尊重と妥協の両方がないところに発生するものだ。

知的には最上のプーチンの方法が駄目なら、知的には何も解決しないということだ。
それで、知的かどうかは別にすれば、良い・・・というか、唯一の方法は、「温かい思いやりの気持ちを持つ」しかない。
アニメ『エイトマン』の最終回は原作者の平井和正さんが自ら脚本を書いたが、その中で、スーパーロボットであるエイトマンを作った天才科学者の谷博士は、「相手への温かい思いやりの心を持つことだけが人類が生き延びる唯一の道であると私は信じる」と言い、それは正しいと思うが、厄介な問題がある。
温かい思いやりの気持ちを持つには、相手を自分と同じ人間と認識しなければならないことだ。
しかし、「育ち、教育、宗教、環境が異なれば、全く理解出来ない異なった人間になる」という考え方が一般的で、実際、そのように感じることが多いだろう。
中島敦の『名人伝』に、昔、どこかの王国では、臣下が自分の子供を塩焼きにして王様に献上することが優れた行いと見なされたことを例にし、昔の人の行いを表面的に判断してはならないといった意味のことを書いていたことは、その(同じ人間とは思えないほど異なる人間がいることの)極端な例と言えるだろう。

つまり、知的にも感情・情緒的にも問題が解決出来ないことが分かった。
では、もうどうしようもないのか?
そうではない。
なんとかなる道がある。
しかし、これは今の普通の人には理解し難いと思う。
それは、知的、感情・情緒的に解決出来ないなら、知性、感情・情緒を消し去ってしまうとどうだろうというものだ。
そして、実際、それであらゆる問題が解決出来る。
つまり、知性、感情・情緒が起こる基である、思考、心、自我といったもの(これらは根本的には同じである)を消してしまえば良いのである。
まあ、正確には、消すと言うよりは、勝手に活動しないようにすれば良い・・・分かり易い言い方をするなら、自動思考とか頭の中のおしゃべりを消してしまえば良いのである。
そして、他に人類が生き延びる方法はない。
他の人が心を消すのを待つ必要はない。
さっさと自分が心を消してしまえば、魂の全知全能の力が発揮されるのだから、問題はなくなる。
敢えて難を言えば、そんなことを信じられない人が大半ということであるし、誰も、それを信じさせることも出来ないことだ。
心を消す方法はいつも書いているので省くが、そもそもやり方は簡単・・・というか、特に決まった方法はない。
まあ、個人的なお薦めはと聞かれたら、今今メソッド(今この瞬間に集中する)かなとは思うが。
訓練としては、私は佐川幸義流四股が気に入っている。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)人生が楽になる 超シンプルなさとり方(エックハルト・トール)
(2)李陵・山月記(中島敦)※『名人伝』収録
(3)佐川幸義 神業の合気(「月刊秘伝」編集部)※佐川流四股解説あり
(4)月刊 秘伝 2022年 03月号 [雑誌] ※佐川流四股解説あり
(5)四股鍛錬で作る達人 ※佐川流四股解説あり
(6)超訳甩手功(スワイショウ、うで振り)
(7)弓と禅(オイゲン・ヘリゲル)
(8)左脳さん、右脳さん。(ネドじゅん)
(9)プーチン(上) ~生誕から大統領就任まで~

物陰と桔梗
AIアート1002
「物陰と桔梗」
Kay

悟りを開かずにいられるはずがない

ごく一部でブームになるが、社会全体ではタブー視されることに、人間は平等では「全くない」ということがある。
それは、「どんな家に生まれたか」といった問題ではない。
「恵まれた環境に生まれたら得だ」ということなら誰でも知っている。
そうではなく、生まれつきの能力の問題だ。
「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」というのは大嘘であり、実際は、「天は人の上に人を作り、人の下に人を作る」である。
しかし、最初に述べた通り、このことは病的なまでにタブー視される。

人には生まれつきの能力の差があるということは、私が長年調査したり、直接見聞きしたことの中で、例外はただの一件もなかった。
私の場合は、小学5年生の時、愚かな担任教師の愚かな行いのために、私は、クラスメイト全員のIQ(知能指数)テストの成績を見たが、それが勉強の成績とピッタリ一致していたことに衝撃を受けた。
IQは基本的に先天的に決まっているが、子供の頃は速く成長させれば、一時的に高いIQを持つことがある。しかし、大人になれば、先天的に持っているIQの数値になる。
英才教育というものは、子供の頭脳を速く成長させ、小学生のうちは高いIQになり、勉強も出来るので、優秀な人間になったと誤解されるが、中学あたりには成長が止まるのに、他の子供は成長を続けるので、自分がどんどん無能になっていくことを感じる。そんな人を何人も見たが、彼らは中学以降は惨めだ。小学校の時から中学入学頃までに味わった優越感を忘れられないのに、現実には自分は凡人で、努力をしなければ下位になってしまう。本当に優秀な人は、努力しなくても、勉強も仕事もかなり出来る。

ところで、気付かれ難いこととして、「優秀な者同士の争い」がある。
たとえば、IQが高い人間しか入れない東大にだって歴然としたカーストがあり、能力が低い者は高い者にどうやっても勝てない。
そして、能力が高い者同士の争いはし烈だ。それは競馬の競走馬のようだ。
つまり、世間では超優秀と言われる者も競馬の競走馬のようなもので、競馬の主催者になれるのは、さらにランクが高い優秀な者というわけだ。

タイムリープして子供の時に戻っても、いい思いが出来るのはやはり、せいぜい、中学生の最初のあたりまでだ。
特に若いうちは、大人の経験よりも、記憶力や計算力といった純粋な知的能力がモノを言うからだ。

では、生まれつきの能力が低い者には、何の夢もないのかというと、一般的にはその通りだ。
しかし、悟りを開けば・・・つまり、起きていても、思考が消えている(思考が自動的に起こらない)状態になれば、世間で言う優秀を超越した優秀さを得る。
勉強が出来るようになるというのではなく、勉強する必要がなくなる。まあ、本当に必要な勉強なら出来るようになると思う。
「優秀な人間には、優秀な専門家と優秀な専門家を使う人間という2種類がある」と言うことがあるが、悟りを開いた人間は、優秀な専門家を使う人間を使うことが出来る。
おそらく、悟りを開くと、一般的な意味でも、ある程度は優秀になると思う。
つまり、悟りに近付くほどIQも上がっていくと思われる。
それで、瞑想のようなことをすべきなのだが、瞑想の本とか瞑想セミナーといったものは全部有害だと思う。
瞑想なんて、1ページで説明出来ないはずがないし、早い話が、自分の呼吸を意識するだけで良い。細かいことは自分で工夫すれば良い。最初は下手でも、だんだん良くなっていくだろう。
瞑想について説明すればするほど、される側にとっては有害だ。
TM(超越瞑想)なんて、有効ではあるが、それをビジネスにしたことで有害さを一杯持ってしまったのだと思う。
本来は、タダで教えるべき簡単なものだ。
まあ、他にやり方はいくらでもあるので、個人的には関わらないことをお薦めする。

そういうわけで、やるべきことは悟りを開くことだけであることが分かると思う。
後は自然についてくるだろう。
ただ、一般人に悟りを開かせない働きかけは半端ない。
つまり・・・悟りを開くことが絶対に必要だということだ。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)
(2)引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
(3)右脳の冒険(コリン・ウィルソン)
(4)私の声はあなたとともに ~ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー~
(5)自己信頼(ラルフ・ウォルドー・エマソン)

救いの御子
AIアート993
「救いの御子」
Kay

日常で悟りを開いた人達

悟りを開かないと、苦しくて、辛くて、惨めなままだ。
悟りを開くとは、目が覚めているのに、頭の中のおしゃべりがないことだ。
どうすれば悟りを開けるのかというと、何でもいいから集中すれば良い。
いつまで集中するのかというと、悟りを開くまでずっとだ。
だから、飽きずに集中出来ることに集中しなくてはならない。
いくらロックが好きでも、続けて100時間も聴かないうちに飽きてしまうだろう。
だが、ボリュームを非常に小さくして聴けば、案外に長く聴けるものだ。しかし、そんな聴き方は好きでないらしい。
それで、よく薦められる方法が、自分の呼吸を意識することだ。
まあ、これも、わずか数十分もしないうちに飽きてしまう人が多いようだ。

念仏も集中の行だが、岡田虎二郎がこう言ったらしい。
「生活しながら念仏するのではいけない。念仏しながら生活しなくてはならない」
岡田虎二郎が薦めたことの1つが、腹に力を込めることだった。もちろん、起きている間ずっとだ。
また、ある『スター・ウォーズ』のファンが、こんなことを言っていた。
「起きている時間の全てをスター・ウォーズのために捧げている」
本当なら、悟りを開くだろう。

私は、プログラミングの修行をしていた頃、1日中プログラミングのことを考えていた。
他のことを考えることはなかったのかというと、あった(笑)。
しかし、ほとんどプログラミングのことを考えていたら、そうでない時も、心の深い部分でプログラミングのことを考えているものだ。
けれども、1年もしないうちに、別のことを考えるウェイトが大きくなり、せいぜいが超能力者になるに留まった(笑)。

昔はたまにいたらしいが、熱心な宗教の信者には神様のことばかり考えている人がいて、そんな人は本当に悟りを開いてしまった。
おかしなことに、ラマナ・マハルシという聖者は、アルナチャラという山のことばかり考え、16歳で悟りを開いてしまった。
誰が言ったのか忘れたが、ある国では、二千年ほど前は皆、幽霊のことばかり考え、その傾向が強い者は大魔術師になったということだ。
H.G.ウェルズは、かなり見込みがあったのに、コリン・ウィルソンによれば、ウェルズは性欲が強過ぎて、女に意識が奪われることが多く、駄目だったようだ。いくら好きでも、女に集中出来る時間なんて知れている。

私が知っている、ある特異な人物は、夕焼けの風景のイメージにずっと集中していたら、悟りを開いてしまった。
ラマナ・マハルシに近いように思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)ラマナ・マハルシとの対話 第1巻
(2)超越意識の探求 ~自己実現のための意識獲得法~(コリン・ウィルソン)
(3)岡田式静坐の道(柳田誠二郎)
(4)さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)

自然の声
AIアート980
『自然の声』
Kay

働かなくてもいい人

ラマナ・マハルシは、「世界平和のために、あなたが出来ることは何ですか?」と質問された時、即座に「真我の実現」と答えた。
真我の実現とは、悟りを開くことと同じで、言葉で表現することは難しいし、非常に多様な言い方が出来てしまうが、単純に言えば、自我が魂に逆らわない状態になることと思う。
上記の応答の意味は、マハルシ個人のことではなく、人間が世界平和に貢献するために唯一出来ることが真我の実現であるという意味だ。
もちろん、世界中には現実的手段で世界平和に貢献する大勢の人々・・・政治家、事業家、医者、科学者、教育家、軍人、作家、技術者、配送者、その他あらゆる活動をする人々がいる。
ラマナ・マハルシは、こういった世間的活動には従事しなかったが、真我を実現した人にも、こういった活動をする人はいるし、むしろ、それが一般的だと思う。そして、真我を実現した人の活動は非常に効果的である場合が多い。
だが、真我を実現した人は、現実でいかに大きな成果を上げているように見えても、本人は何もしたとは思っていない。
つまり、何もしていないのと同じなのである。
このことを、マハルシはこう言っている。
「ある事業家は大きな事業を成し遂げつつある。しかし、彼は何もしていない。国の財務長官は最大の責任感を持って仕事をしている。しかし、彼は何もしていない」
真我を実現していようがいまいが、やる運命になっていることはやることになる。
ただ、真我を実現した人とそうでない人との違いは、真我を実現していない人は、自分がそれをやっていると思っているが、真我を実現している人は、自分は何もしていないことを知っていることだ。

真我を実現するには、学校でいろいろなことをしたり、仕事に熱心に打ち込んでいろいろな経験をしながら修行を行うことが効率が高い。
とはいえ、必ずしも一般的な社会活動が必要とは限らない。
マハルシは、学校ではスポーツに打ち込んだりしていたが、16歳でほとんど真我を実現してしまった。これは、一部で言われるような、前世での修行の成果とか素質といったことではなく、そういう運命であっただけだ。
我々も、何かをする運命から逃れることは出来ないが、たゆまず修行を行えば運命を超えることもあると思う。
修行と言っても、宗教的な苦行や荒行みたいものは必要ない(したければすれば良いが)。単に、真我を実現するための修行であればよく、それは実は何でも良い。
座禅を組みたければ組めば良いし、念仏を唱えたければ唱えれば良い。
キーワードはただ1つで、それは、
「死ぬまでやる」
であるが、「やりながら死ねる」でも良いと思う。

真我の実現レベルが上がると、RPGゲームでレベルやスキルが上がるのと同じで、人生が楽になる。おそらくは、セレンディピティが起こり、引き寄せがうまくなったように見える。
しかし、真の目的はあくまで真我の実現であり、成功の快楽で自我が強くなると、真我の実現から遠ざかり、現実の方も不幸になっていく。
ある程度、真我の実現に近付くと、人からは不幸に見えていても、本人は幸福である。まあ、普通は、真我の実現に近付けば、外的にもそれなりに恵まれ、途方もなく成功する場合もあるが、それも単に運命による。
いずれにしろ、真我を実現してしまえば、どちらでも良いことである。

RPGゲームでは、敵を倒したり、クエスト(課題)をこなすとレベルが上がる。
現実というゲームも同じで、勉強、スポーツ、仕事、恋愛などを真剣に行うことで真我実現に近付く・・・つまり、真我実現レベルが上がる。
特に、様々な不幸に遭った時(たとえば病気になる)、それにうまく対応するとレベルが大きく上がる。
だが、効率は悪いながら、ゲームで地味なレベルアップ作業を行うように、現実で地味に修行をすると、やはりレベルが上がる。
効率が悪くても、常に行えば、大きな成果になる。
勉強や仕事が、かえってレベルを落とすこともあることを考えれば、修行は着実な方法だ。
そんな修行の中で、今今メソッド(今この瞬間に集中する)は効果が高いと思う。
私は、現実では人並よりは多くのことをやってきたと思うが、それと比べても今今メソッドの効果は高いと思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)ラマナ・マハルシとの対話 第1巻
(2)ラマナ・マハルシの教え(ラマナ・マハルシ。山尾三省)
(3)さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)
(4)パワーかフォースか(デヴィッド・R・ホーキンズ )
(5)<わたし> (デヴィッド・R・ホーキンズ)
(6)セレンディピティ~思いがけない発見・発明のドラマ~(ロイストン・M・ロバーツ)
(7)左脳さん、右脳さん。(ネドじゅん)

レプティリアン
AIアート972
「レプティリアン」
Kay

プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード