ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

志賀一雅

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

お金持ちの超呪文

とにかく、脳に沢山酸素を送って脳細胞を活性化させ、また、ダイエットのために脂肪を燃やす燃料である酸素を取り入れるために深呼吸をすべきと思う。
だが、やってみたところ、こんなに気持ちいい深呼吸をすることをなかなか思い出せず、十分な深呼吸が出来ない。
やはり、深呼吸は言葉と組み合わせた方がやり易いかもしれない。
合氣道家の藤平光一さんは、「トホカミエミタメ」と大声で長時間唱えることで、難病を治しただけでなく超人化したのだと思うが、この行の本当の効果は深呼吸の効果でしかなかったと私は確信している。
政木和三さんは、まさに、深呼吸で超人化したことを明かしている。
政木さんは、本当に深呼吸だけで超人化したが、彼の場合は、吃音を治したいという切実な思いがあったから続いたのだと思う。

そこで、やはり、志賀一雅博士の「よかった・ありがとう呼吸」のように、シンプルで透明な言葉と組み合わせるのが最も良いと実感する。
志賀博士の、この言葉は、志賀博士の長年の脳科学の研究の成果であるから軽んじてはならず、基本はこのままやるべきである。
しかし、よかった(喜びの気付き)、ありがとう(喜びの表現)であるという原則を満たせば、原理的には何でも良い。
加えて、苫米地英人さんが言うように、情感を表す言葉は良い作用があるので、それを喜びの表現にすれば効果的だ。
ややこしい説明はさておき、私の知人の金持ちは凡人なので、彼の口ぐせが分かり易いので利用しよう。
彼の口ぐせは「金があるからな」である(笑)。
もちろん、この口ぐせを唱えるだけでもOKだ。
だが、より楽しく行えるようにするために、「吸う時の言葉」「吐く時の言葉」として、
「お金がある(からな)」「気分がいい」
「お金がある(からな)」「心安らかだ」
「お金がある(からな)」「心強い」
「お金がある(からな)」「すがすがしい」
※(からな)はあってもなくても良い。自分が気持ち良いと思う方でどうぞ。
など、好きな言葉を使えば良い。
ちょっと下品で高尚さに欠ける気もするが、金持ちって、いつも気取っているわけではないし、本当に下品ではいけないが、どこか砕けたところがないと人望が得られない。
それに、上にあげたような言葉は、むしろ清浄と思えるほどだ。
そんなわけで参考までに。

花がある庭
AIアート562
「花がある庭」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
(1)神さまの周波数とシンクロする方法(志賀一雅)
(2)氣の威力(藤平光一)
(3)人生を思うように変える呼吸法
(4)苫米地式 聴くだけで脳が生まれ変わるCDブック(苫米地英人)
(5)この世に不可能はない―生命体の無限の力(政木和三)

クーエの自己暗示を圧倒する「よかった・ありがとう呼吸」

自己暗示の言葉として、世界で最も実績と評価があるのは、エミール・クーエのものではないかと思う。
ただし、フランス語と英語において。
実際、クーエの自己暗示の効果は凄いものらしく、極端な例なのかもしれないが、歩くことも出来ずにクーエの治療院に担ぎ込まれた人が、10分後には元気に走り回っていたという話があり、その他にも、クーエの自己暗示に関する驚くべきエピソードが沢山ある。

クーエの自己暗示の言葉は当然ながらシンプルなものだが、フランス人のクーエは、フランス語としてリズムや語感等をよく考えて最も効果が上がる形にしたのだろうし、英語化する際にも、クーエ自身が関り、慎重に検討したということである。
だが、日本語版に関してはそうではない。
間違いなく、日本語版も、翻訳者らがよく考えて翻訳したのだとは思うが、私個人的には、どれもひどい出来と思う。
私が憶えているものでは、
「毎日、あらゆる面で、私はますます良くなっていく」
だが、「毎日」「あらゆる面で」「私は」の並びが憶えられないのは、この並びが自然でないと感じるからだろう。
だいたい「あらゆる面」なんて言葉は、普段使わない形式ばった不自然な言い方だと思う。

ただし、言葉の意味としての「あらゆる面」は、さすがクーエという素晴らしいものだ。
というのは、特定の目的を設定せず「あらゆる面」とすることで、いかなる目的にも使える万能暗示となっているのだが、実は、単に「どんな目的でも使えるから良い」というのではなく、この方が潜在意識(あるいは無意識)を働かせ易い・・・いや、こうでないと潜在意識が力を発揮することが出来ないのである。
どういうことかというと、目的も潜在意識にまかせないと駄目なのだ。
そうではなく、「癌が治る」「1000万円が手に入る」「A子さんを彼女にする」などといった具体的目標を持ち込むと、潜在意識の働きを制限してしまうのである。
これには、クーエもはっきりとは気付いていなかったと思うのだ。
だが、クーエは経験上、個別目標暗示より万能暗示の方が効果があると知っていたのだと思う。

クーエの自己暗示を参考に作られた、「私はお金持ちになりつつある」といった、自己暗示、あるいは、アファーメーションには良いところもあるのかもしれないが、これは潜在意識に目標をまかせていないという点でマイナスである。

こういったことを考えると、志賀一雅博士の「よかった・ありがとう呼吸」の素晴らしさに、私は感激する。
(「よかった・ありがとう呼吸」とは、「よかった」と思いながら息を吸い、「ありがとう」と思いながら息を吐く呼吸法)
「よかった」では、具体的に何が良いかは潜在意識にまかせている。この点がまず良い。
そして「よくなりつつある」ではなく「よかった」と断定形、あるいは、過去完了形で言うのがやはり良い。
これは、多くの研究成果や優秀な人達の見解により、それに、感覚的・直観的にも正しいと私は確信している。
その上、「ありがとう」で、「よかった」が(何がよかったのかは分からないが)既に成ったことを自然に強調しているのである。
イエスの「願いは叶ったと思えば叶う」を自然に実現しているのだ。
さらに、「よかった」「ありがとう」の並びは、長年、脳や脳波を研究した志賀博士による論理的に適切な並びなのである。
言葉としても完璧であるのに、深呼吸という重要なものを取り込んだことが、圧倒的な効果をもたらし、これはクーエの自己暗示と比較にならない有利さがあると思うのである。
こんないいもの、学校で教えないなんて、個人的には本当におかしなことと思う。

古い家の新しさ
AIアート557
「古い家の新しさ」
Kay


私も「よかった・ありがとう呼吸」は行っているが、普段は、主に唱え易いという理由で、「叶った・幸せだ呼吸」にしている。
唱え易い理由を書くと長くなるから書かないが、この「叶った」も、特定の目標を指さない万能型で、潜在意識が最も良い目標を叶えてくれることを期待し信頼しているところが非常に良い。
「ありがとう」は良い言葉だが、これは少し微妙なところがある言葉だ。
感謝する対象が曖昧で、これを「あらゆるものに対する感謝」と言う人もいれば、「神に感謝をささげている」と言う人もいる。
さらに異なる意見もある。
そんなこともあって、私はちょっとひっかかりを感じ、「ありがとう」より「ありがたい」が好きである。
「ありがとう」は、「誰に対して」という意識が生じるが、「ありがたい」にはそれがないから迷いがないのである。
それで言えば、私的には「よかった・ありがたい呼吸」になるが、それでも全く構わないと思う。
しかし、さらに私的には「叶った・幸せだ呼吸」の方が落ち着くので、これを採用しているのである。
「感謝が大事」と言うなら、むしろ、「叶った」「幸せだ」と思えば、自然に感謝が湧くのであり、その方が良いと思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)神さまの周波数とシンクロする方法 人生を変える奇跡の呼吸法(志賀一雅)
(2)自己暗示(C.H.ブルックス 、エミール・クーエ)
(3)瞑想と潜在能力―"直観瞑想"で眠れる才能を呼び醒ます(中山正和)
(4)あなたも金持ちになれる(ジョセフ・マーフィー)

引き寄せ力を数倍化する深呼吸

深呼吸ほど大切なものはないが、深呼吸をすることを思い出すのは難しいなあと思う。
当時のアメリカの大スター(歌手、女優)だったジュディ・ガーランドが「私が忘れていたら呼吸することを思い出させて」と言ったという話があるが、分かる気がするのである。
ガーランドの言う「呼吸する」は「しっかり呼吸する」という意味で、「深い呼吸をする」という意味・・・つまり、深呼吸することであることは確かと思う。
だが、自分の深呼吸ですら忘れ勝ちなのに、他人の深呼吸に気付いてあげられるわけがないと思う。
よって、ガーランドも深呼吸を忘れ、人生の後半は悲惨なものになったのだと思う。

確実な方法は、少なくとも朝晩1回ずつ、決まった時間に1分でいいから(せめて30秒)深呼吸をすることで、それで引き寄せの力は数倍になるが、これですら忘れ勝ちになるかもしれない。
しかし、逆に言えば、朝晩1分の深呼吸を忘れなければ引き寄せの力は数倍になるほどありがたいものである。
ラジオ体操の習慣でもあれば、少しは深呼吸をするし、それは良いことであるが、あれだけではあまりにも足りない。
ビタミンC同様、本当に必要なものを少ししか得ようとしないのは、これも闇の勢力の陰謀ではないかと思うほどである。
深呼吸自体は非常に気持ちが良いので、本来は思い出し易いはずであるが、現代社会には、もっと刺激的な快楽が沢山あるので、深呼吸をなかなか思い出さないのである。

深呼吸をすれば、先ほども述べた通り、引き寄せの力が数倍になるだけでなく、IQが上がり、若返り、楽にダイエットが出来るのだから、やらない手はない。
1分で引き寄せの力が数倍であるが、10分であればさらに驚くほど大きくなると思う。
瞑想という形で深呼吸をする人もいるのだろうが、それこそ、瞑想をする人は少ないし、大抵の瞑想はややこし過ぎ、肝心の深呼吸が出来ていないことが多いし、長続きする人も滅多にいない。
それに、瞑想の中には、本来なら上級者向けの手法を初心者にやらせ、むしろ、呼吸を減らす方向に導くものが多い。
現在、少しは知られているマインドフルネスの多くや、昔からある超越瞑想(TM)もそうで、下手したら逆効果になりかねない。
大切なことは多量の酸素を取り込むことである。
そこにいけば、世界的な能力開発指導者(コーチとかトレーナーと言いらしいが、私はそんな業界用語はあまり好きではない)のトニー(アンソニー)・ロビンズは深呼吸を重要視している。ただ、私が思うに、彼のはやり過ぎだ(よって普通の人は続かない)。

だが、続きやすい深呼吸として、志賀一雅博士の「よかった・ありがとう呼吸」がある。
(「よかった」と思いながら息を吸い、「ありがとう」と思いながら息を吐く)
これがなぜ続き易く、効果があるのかについては、志賀博士の著書『神さまの周波数とシンクロする方法 人生を変える奇跡の呼吸法』に科学的・論理的に説明されている。
それに、これを就寝時にやるとよく眠れる。
半世紀以上前、志賀博士は松下幸之助にこの呼吸法を教え、不眠に悩んでいた松下幸之助だが、これでよく眠れるようになったと志賀博士に感謝したという。
普段でも、「よかった・ありがとう呼吸」は思い出し易い。
この呼吸法で引き寄せ力も確実に上がると思うが、深呼吸の中でも、特に(引き寄せ力が)上がり易い呼吸法だと思う。

ところで、「よかった・ありがとう呼吸」の「よかった」の部分は喜びを感じる言葉、「ありがとう」は喜びを表現する言葉の代表なのである。
ちょうど、赤ん坊に微笑みかけると、赤ん坊が喜びを感じ、「きゃっきゃっ」と笑って喜びを表現するようなものである。
だから、たとえば、「豊かだ・万歳」呼吸でも良いと思うし、これなら、引き寄せ的には特に経済的な効果があると思う。
だが、やはり1つの究極形が「よかった・ありがとう呼吸」である。
とはいえ、1つの別の究極形を提示するなら「叶った・幸せだ呼吸」で、あらゆる引き寄せに効果が高い。
さらに深化した形として「叶った・安らかだ呼吸」がある。

花がある部屋
AIアート553
「花がある部屋」
Kay


オイゲン・ヘリゲルの名著『弓と禅』には、弓聖と呼ばれた弓道の達人、阿波研造の深呼吸が書かれており、別に難しい呼吸法ではないが、これで超人への道が開かれると思う。しかし、一般に、これが長続きする人は、あまりいないと思う。
また、呼吸の仕方自体の細かい注意がW.E.バトラーの『魔法修行―カバラの秘法伝授』に書かれているが、出来れば参考にして欲しいとは思う(ただ、「よかった・ありがとう呼吸」では、その注意は必要としない)。

◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
(1)神さまの周波数とシンクロする方法 人生を変える奇跡の呼吸法(志賀一雅)
(2)人生を思うように変える呼吸法
(3)弓と禅
(4)魔法修行―カバラの秘法伝授

やばいテクニック

インドの聖者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギにしろ、イギリスの作家コリン・ウィルソンにしろ、チェコ出身のアメリカの発明家イツァク・ベントフにしろ、超越意識、純粋意識、あるいは、変性意識といった状態になるための手法を教えようとした。
それが、超能力状態、引き寄せ状態、神状態、魔法使い状態だからだ。
しかし、彼らの話や手法は、複雑だったり、抽象的だったりで、結局、誰も理解出来ない。
なぜそんなことになるのかというと、彼らが使う言葉の多くが、しっかりと定義されていないからだ。
アメリカの作家L.ロン.ハバードは教育に関するベストセラーも多く書いているが、彼の一環した主張は、学習においては、まず言葉の意味をはっきりさせることだが、日本を含む学校や、多くの教育・学習では、それが出来ていないことが大きな欠点である。
ハバードは世間では詐欺師、変人扱いされているが、彼の本は有名なところでは俳優のトム・クルーズや、事業家の稲森和夫らが推薦の言葉を書いており、世界中の著名人に多くの支持者がいる。まあ、かと言ってハバードの全てが正しいとは限らないが、どう見ても良いことも言っているのである。

それで、話を戻すが、超越意識、純粋意識、変性意識といったものも定義が難しいが、とりあえず「神様になった状態の意識」としておく。
で、そのために、いろんな人がいろんなことを言うので混乱する。
だが、志賀一雅博士が教えた「よかった・ありがとう呼吸」が今のところ最高解の1つと思う。
志賀博士は半世紀も前にこれを松下幸之助に教えたというのに、この呼吸法をしっかりと普及させることが出来なかったのだと思う。
なぜこの呼吸法を世の中に根付かせることが出来なかったのかというと、多分、これを重視し過ぎると、誰も商売が出来なくなるからだと思う。世の中にそんなことは沢山ある。
これさえあれば、他の、商売になるものが全部不要になるからだ。
政木和三さんも、「これだけ」の意味でパラメモリという装置を作ったが、多分、これが効果があった人は少なかったと思う。ただし、効果がある人には素晴らしいものだ。私の知り合いの子供も、これ(の新型機)を与えたところ、成績がビリ近い成績から、あっという間に優秀になった。

「よかった・ありがとう呼吸」は、「よかった」と思いながら息を吸い、「ありがとう」と思いながら息を吐くのだが、こんな簡単なことが、絶望的なまでに伝わらないし、伝わっても、ほとんどの人がやらない。面白い・・・と言ってはならないのだろうが、面白いものである。
おそらく、学校やテレビで洗脳されている頭には受け入れ難いのだろうと思う。
別に損はしないのでやれば良いのにと思うが、やらないものは仕方がない。

それで、何度か書いたが、幼い時から、天使やタイムリーパー(あるいは宇宙人)と付き合いのある私が教わったのは「新たな目で見る」ことだった。
伝わる人には「新たな目で見る」と言っただけで「なるほど!」と分かる。
私が憶えているのは、中学1年生の時、友達の家で、暇だったから、そこにあったテレビの台を(何でもよかったのだが)「新たな目」で見たら「やばい!やばい!」と思ったことだった。神様になってしまうのだからだ。
「新たな目で見る」とは、頭をぼーっとさせて見ることで、薄目で見るとうまくいくことが多い。
とはいえ、こんな説明でうまくいくかどうか、私には分からない。
あるいは、「初めて見るように見る」ことで、これが一番良い説明と思う。
美人は3日見たら飽きるというが、初めて見るように見ることが出来たら再び感動するはずだ。

花を抱く
AIアート543
「花を抱く」
Kay


新たな目で見る最高テクニックはこうだ。
尚、やればこの世から消えることがある。
まあ、そんなことは滅多にないとは思うが(つまり、滅多にならある)、やるなら注意してやって欲しい。
今この瞬間に夢の世界に入ったと思うことだ。
そして、実際そうなのだ。
たとえば、居間のテレビは、昨日も一昨日も、さらに数年前から見ていると思っているかもしれないが、そんなのは記憶の捏造だ。
今、初めて見たというのが本当だ。
そう思って見ることが、新たな目で見ることだ。
やばくならないために、ここまでとする。いや、もう十分やばいが。

◆当記事と関連すると思われる書籍・メディアのご案内◆
(1)神さまの周波数とシンクロする方法(志賀一雅)
(2)超越瞑想[普及版]――存在の科学と生きる技術
(3)ベントフ氏の超意識の物理学入門
(4)ダイアネティックス 心の健康のための現代科学
(5)基礎からわかる勉強の技術(L.ロン.ハバード)
(6)超越意識の探求―自己実現のための意識獲得法(コリン・ウィルソン)
(7)驚異の超科学が実証された―精神エネルギーの奇跡・その真実(政木和三)

深呼吸の凄さが分かる話

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』の主人公である少年ジョバンニは、あまり幸福な状態ではなく、辛い日々を送っていたと言って良いだろう。
消息の知れない父。母は病気でほとんど寝ている。経済的に貧しく、ジョバンニは放課後は長時間働かなければならず、唯一の友達であるカンパネルラとも以前のように遊べない。そして、学校ではザネリといういじめっ子の標的にされる。
そのジョバンニが、銀河鉄道でカンパネルラと共に旅をし、いろんな人に会う中で、幸せとは何かについて解答を見出す。
それは、人が幸せになることをすることだった。
人が幸せになることをすると言ったら少し抽象的なので、もっと簡単に言えば、人に親切にすることと言って良いと思う。
そして、それは科学的に正しいことが分かっている。
やや身も蓋もないが、人に親切にすると脳内にオキシトシンという快楽物質が分泌され、快感を感じるのである。幸福感とは言ってしまえば快感だ。オキシトシンは、猫を撫でたり、好きな人と見つめあっても出るが、やはり、それらのことが幸福感を感じさせることが分かる。

だが、ジョバンニの解答が究極の答ではない。
オキシトシンは、人に親切にしたり、猫に触ったりして分泌される、いわば、他者とのつながりで出る脳内快感物質で、これはこれで良いものだが、もっと深い幸福感は「やすらぎ」で、それを感じさせる脳内物質はセロトニンだ。
ただ、今の世の中では、成功、達成、勝利によって感じる快感を求める人が多く、それをもたらす脳内物質はドーパミンだ。なぜ、ドーパミンによって感じる快感を求めるのかというと、それが強烈だからだ。しかし、実際は、成功の快感より、つながりの快感が優り、つながりの快感よりやすらぎの快感が優る。
だから、いくら成功してお金があっても、他者とのつながりややすらぎがなければ、惨めさを感じ不幸なのである。
これを簡単に示すと、

やすらぎ(セロトニン)>つながり(オキシトシン)>成功(ドーパミン)

である。
やすらぎや成功と縁遠いジョバンニが、唯一得られる「つながり」を求めたのは当然である。

ところで、脳内物質の観点から論じられることはあまりないが、引き寄せが起こるのはやすらぎ状態であることは、広く知られていて(引き寄せにおいては)常識的と言って良い。
そして、深呼吸がやすらぎの脳内物質であるセロトニンを分泌させることが分かっているので、深呼吸は最高の快感であると共に、引き寄せ状態に導くのである。
もう、なぜ深呼吸をしないのか理解不能であることが分かると思う。

目覚めの無思考
AIアート498
「目覚めの無思考」
Kay


尚、志賀一雅博士の「よかった・ありがとう呼吸」は、実に、セロトニン、オキシトシン、ドーパミン全てを出す。
「よかった」と思うこと(成功)でドーパミンが、「ありがとう」と思うこと(つながり)でオキシトシン、そして、この呼吸は深呼吸なのでセロトニンが出る。
こんないいもの、学校で教えないなんて、全くひどい話であると思う。
ただ、深呼吸には、オキシトシンといった脳内物質だけではない多くの、そして高度な効果があり、深呼吸のみに集中して行うことにも大きな意味がある。

◆当記事と関連する書籍・メディアのご案内◆
(1)銀河鉄道の夜
(2)精神科医が教える ストレスフリー超大全
(3)神さまの周波数とシンクロする方法(志賀一雅著)
(4)冨田勲イーハトーヴ交響曲(Blu-ray 初音ミク出演)
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード