ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

引き寄せ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

悪の宇宙人の精神支配装置から脱した人達

一応「ドメイン」と呼称する宇宙連合に属す宇宙人へのインタビューが綴られた『エイリアン インタビュー』は、本物か偽物かは分からないが、その内容が、この世界の複雑なものごとをあまりにうまく説明してしまえることや、聖典・聖人の言葉に統一性を与えるヒントになることから、少なくとも、何らかの真理が含まれていることは間違いないと私は思う。
その内容の中で我々にとって重要なことが、「ドメイン」と敵対関係にある「旧帝国」グループの宇宙人により、地球人類の魂に致命的な悪影響を与える装置が、太古の昔に地球に設置され、今も稼働し続けていることだ。
この装置の効果は、我々の記憶(今生での誕生以前)を消し、偽の記憶を与えることで、これにより、我々は大切な精神的能力を失ってしまっている。たとえば、魂が肉体から自由に離れる能力や、おそらく、超能力や引き寄せの力もである。

「ドメイン」に相応しい知恵は、ヴェーダ(古代インド哲学)、老子、仏陀(釈迦)、ゾロアスター教に遺っているというが、確かに、これらの知恵は人類を超えている。
老子は、旧帝国宇宙人のあの装置の影響を脱した人であったらしい。
つまり、そんなことをすることが可能であるということだ。
元々、あの装置は思考に反応するので、無になれば、装置の影響を免れると思われる。
これは、古代から、あらゆる聖者、あるいは聖典が「無になれば不可能はない」と言っていることと一致する。
それと、装置の影響を脱した人間のフリをする・・・そんな人間らしく振る舞うことも、装置の影響を脱するために有効と思う。
装置があるに関わらず、人間は、振舞った通りの人になる性質がある。
引き寄せでは「我々は自分が思う通りの人になる」と言われるが、我々は、あの装置で「思う能力」が損なわれているので、この言葉はあまり有益とは言えない。
そうではなく、「我々はフリをした通りの人になる」のである。

卓越した人物は、旧帝国の装置の影響を大きく無効にした人であると思われる。
特に事業家や発明家はそうである。
優れた発明家は、前世の記憶を取り戻し、既にドメインが発明したものを再現したのである。
これは、政木和三さんが度々言っていたことと同じである。
政木さんは、子供の時、1分で1回の呼吸が出来るようになることで、過去生の記憶を取り戻した。
これは偶然に、呼吸数が少ない優良な宇宙人のフリをしたことになるのだと思う。
(尚、『エイリアンインタビュー』の宇宙人は人工の身体を持っていたので、呼吸はしないかもしれない)
イーロン・マスクは、少年時代、『銀河ヒッチハイクガイド』などのSFを読み、人類救済の使命を持ったらしいが、SFの登場人物になり切った・・・つまり、その登場人物のフリをしたことで、彼は装置の影響を免れたのかもしれないが、再び偽の記憶を植え付けられた可能性もある。
小説、あるいは、漫画の作者などは、装置の影響を消すことが出来た人が多いのではと思う。
ただ、逆に、装置に偽の記憶を植え付けられ、その記憶によって書かれたものが大ヒットすることも多いので注意しないといけない。
喧噪を起こすだけの大ヒットをする作品は、ほとんどが、偽記憶によって書かれたものであると思う。
悪い方の作品名を上げても良いが、好きな人も多いだろうから控える。
しかし、見ていると心が重くなることから完全に分かるのである。

『ヒマラヤ聖者の生活探求』の大師達は、装置の影響を免れた人類と言うより、装置の危険を承知の上で、地球人の肉体に入ったドメインの宇宙人である可能性もあると思う。
ヒマラヤ山脈には、ドメインの基地があり、そこは、元々、旧帝国の基地があったのを、旧帝国を撃退して作った基地であったらしいので。
そもそも、ヒマラヤの大師達は人間として好ましいので、彼らのフリをすることは良いことと思う。








下種のフリをすれば下種、キリストのフリをすればキリスト

世俗のことに感心がない人は知らないかもしれないが、最近、回転寿司店スシローで、若い男が、醤油の注ぎ口や新しい湯飲みを舐めたり、寿司のネタに舐めた指を付けたりの迷惑行為をした動画がSNSで拡散され、話題になっている。
犯人らしい男の顔が映っている動画を見たが、十代と思われる、それなりにきれいな男で、普通に見たら好感を感じるかもしれない。

ところで、最近、このブログで、人間は、振舞った通りの人間になるので、金持ちになりたいなら金持ちらしく振る舞い、美人になりたいなら美人らしい振る舞いや態度をすることの重要性について書いている。
では、上の若い男について適用するとどうなるのか?
彼は、元々、それほど悪い青年ではないかもしれない。
しかし、下種な人間の振る舞いをしてしまった。
よって、下種な人間になってしまったのである。
その振る舞いは、すっかり板についていたので、他にも、下種な振る舞いを習慣にしてしまっているのだと思える。
つまり、彼はもう、下種な人間になってしまっており、下種な人間として、下種な人間に相応しい場所と境遇で、下種な人間の扱いを受ける人生が待っているだけである。
振る舞いとは、これほど恐ろしいものなのである。

このようなことについて、やはり、仏教学者のひろさちや氏が『徒然草』をうまく引用している。
『徒然草』には、気狂いのフリをすれば、すなわち、気狂いであると書かれている。
狂った人間のように奇声を上げたり、モラルに反し常軌を逸した行いをすれば、「これは狂人のマネなんです。私はまともな人間ですよ」と言っても通用するわけがない。
ひろさちや氏は、もっと分かり易く、殺人を例にしている。
人殺しのマネをして実際に人を殺したら、精神異常でもない限り、何をどう言おうが人殺しで、「いや、これは人殺しのマネなんです」と言っても何の意味もないだろう。
そして、ひろさちや氏は、
「狂人のフリをすれば狂人。仏陀のフリをすれば仏陀」
と言っている。
良いことでも悪いことでも、フリというのは、これほどの力があることに気付いている者は少ない。

フリ、態度を、くれぐれも軽く考えてはならない。
我々は愚か者のフリをしてはならない。
下等な人間の態度を、決してしてはならない。
自分がなりたい人間のフリをするのである。

風呂に入る時も、キリストになりたいならキリストのように風呂に入らないといけない(笑)。いや、笑いごとではない。
可愛い女の子に(同意の上で)エッチなことをする時も、ブッダになりたいなら、ブッダのようにエッチなことをしなければならないのである。

私は、腕振り運動をする時、大師(『ヒマラヤ聖者の生活探求』に登場する解脱者。英語ではマスター)のつもりで腕振り運動をするようにしようと思う。
同じく、大師のように四股を踏み、大師のようにコンビニレジで支払いをしよう。
ぼーっとする時も、大師のようにぼーっとしよう。
フリをした時、全てが決まるのである。








金持ちらしさ、ブッダらしさ、モテ男らしさ

昨日書いたが、引き寄せの最も簡単で最高の奥義は「らしくする」だけである。
「なったフリをする」「なったように振舞う」「なった態度をする」と言っても良い。
さらに言ってみれば「真似をする」ということだ。

だが、誤解し易い点があるので、それについて述べる。
金持ちになるのに、金持ちのフリをしようとして、「金持ちはどんなことをするだろうか?」と考えてしまうと難しくなる。
「金持ちなら高級車を買うだろうなあ」とか、「大金をポンと寄付するだろうなあ」とか思っても、そんなフリをしたり、そんな振る舞いは出来ない。
そうではないのだ。

このことについて、仏教学者のひろさちや氏の『空海入門』にうまく書かれている。
「ブッダ(仏陀。仏。悟りを開いた人。たとえば釈迦)になるにはブッダの真似をすれば良い」のであるが、それはただ「ブッダらしくする」ことである。
ブッダらしく話し、ブッダらしく飯を食い、ブッダらしく糞をする。
何も特別なことをする必要はない。
言うなれば、日常全て「気分はブッダ」である。
そして、ひろさちや氏は、空海はそうやったのでブッダになれたのだと言う。
修行してブッダになったのではない。
いきなりブッダになったのだ。
ブッダらしく飯を食い、やったかどうかは知らないが、ブッダらしくナンパしてね。
だから、遣唐使団の船に乗り、唐(中国)に渡った時も、すでに気分はブッダなので、沈んで当たり前のような当時の船に乗りながらも、
「ブッダが乗った船が沈むわけがないじゃないか」
と超然とし、他の遣唐使達が「着けるだろうか?」と心配する中、「次はインドに行こうかなあ」と悠然としていたのである(あくまでひろさちや氏の想像であるが)。

同じように、金持ちになりたいなら、もう金持ちなのである。
日常全て、金持ちらしくいくのである。
自分が考える金持ちの態度で構わない・・・いや、自分流でないといけない。
金持ちの気分で猫を撫で、金持ちの気分で駅の改札を通り、金持ちの気分で靴を履き、金持ちの気分でコーヒーを飲むのだ。
その中でも大切なことは、金持ちらしい表情をし、金持ちらしいポーズを決めることだ。
くどいが、人が見て金持ちらしいようにするのでは断じてない。
自分がそう感じることが大事なのである。
それはきっと、穏やかな表情であり、さりげないが気品あるポーズに違いない・・・といったように考えるのだ。
そして、最も重要なことは、「金持ちらしい呼吸をする」ことである。
全ての奥義中の奥義はこれである。
美人になるなら美人の呼吸。
総理大臣になるなら総理大臣の呼吸。
美少女の彼氏になるなら美少女の彼氏の呼吸。
一億円当てるなら一億円当てる者の呼吸。
それがどんな呼吸であるかは分かるはずなのだ。
真面目にやればすぐに分かるようになると思う。








「らしく」するだけ

引き寄せの方法は1つに集約され、それさえあれば他は忘れても構わない。
私は、『エイリアンインタビュー』を読むことで、結果として魂の波動周波数が上がり、宇宙的規模で考えるようになれば、普通に言う引き寄せなど、その程度の簡単なことだと分かった。
そのやり方とは「らしくする」だけである。
「フリをする」「その態度を取る」「そのように振る舞う」など、言い方はいろいろで、好きなように言えば良い。
金持ちになりたければ、金持ちらしくすれば良いのであり、美人になりたければ、美人の態度をすれば良いのである。

そうであるように振る舞うことが最も効果があることは、宇宙人バシャールもそう言っていたと思うが、あのインドの聖者ニサルガダッタ・マハラジすら、そう言っていたのである。
マハラジの場合、「そのように振る舞う」ことは、体験することだと述べ、体験が最も大事だと言っていたが、なるほど、金持ちのフリをすることは金持ちを体験することである。

「自分は引きこもりだから、振る舞いに行くことが出来ない」と言う者がいるかもしれないが、別にどこにも行かなくても、部屋の中で1人で振舞えば良いのであり、想像の中で振舞っても良いのである。
宇宙的規模で考えれば、百人の中で振舞うのも1人で振舞うのも何の違いもない。
そして、想像世界は現実世界と何の違いもない。
どうしても百人の中で振舞いたければ、想像の中でやれば良い。

「らしくする」とは、表情、ポーズ、行為、言葉において、ターゲット(なりたい人物)がやると思うようにやるのである。
誰かの振る舞いを参考にしたいなら、下手なドラマや映画やアニメより、文学や戯曲の傑作の方が良いが、別に何も参考にする必要もない。
あなたは既に知っているのだ。
あなたは知らないことはない。
そして、実は、最も重要な振る舞いは呼吸で、次が、表情、その次がポーズだ。
恒久的な金持ちの呼吸はどうか、表情はどうか、ポーズはどうか?
考えるのではなく、思い出すのである。
「思い出す」がピンとこないなら、感じるでも良い。
どこかで聞いた「考えるな、感じろ」であるが、やはり、本当は、「考えるな、思い出せ」なのである。
面倒なら、どれか1つで良いが、最も効果があるのは呼吸である。
賢くなりたいなら、賢い人間らしい呼吸をしなければならない。








神らしく振る舞う

第二次世界大戦当時、日本人を観察していたある西洋人が、
「日本人は個人では優しくて親切なのに、集団になると残虐になる」
と日本人を評価していたが、集団だと残虐になるのは、どの国でも同じと思う。
また、日本人が個人では善い人なのも、本当に人間性が善いのではなく、庶民は個人では力がないので、多くの庶民は保身のために親切に振る舞うだけで、これも、特に国による違いはないだろう。
ただ、日本人は、個人では特に無力感が強いので、個人では善良に見えるのではないかと思う。

つまり、人間は、どんな民族も、個人であろうが集団であろうが、邪悪なのである。
それで、なぜそうなのか、私は本当に疑問であったが、精神性を低下させる・・・「魂の波動(の周波数)を下げる装置」が、ある宇宙人グループにより設置・稼働しているからという説が、一見突飛ながら、あまりに、あらゆることに説明がついてしまうのである。
その装置は、直接には、人類の記憶を消し、偽の記憶を植え付けるのだが、その偽の記憶が、人類の魂の波動を落とすのである。

その悪の宇宙人が恐れることは、我々が記憶を取り戻すことである。
記憶を取り戻せば、つまり、偽の記憶を捨て、正しい記憶を回復すれば、我々は、強く賢くなる。
それは想像を超えて。

我々は、自分は寿命が短く無力な個人だという偽の記憶を持っている。
しかし、本当は神なのである。
神と言ったら、偽りの記憶により、歪んだ観念を持っている者が多いので、「神のようなもの」と考えても良いが、とにかく、神である。
仏教では仏と言うが、神も仏も同じである。
それで、我々のやるべきことは、自分が神であることを思い出すことだけである。
人間は今でも、そこそこの引き寄せの力を持っており、金持ちになりたければ金持ちとして振る舞い、美人になりたければ美人として振る舞うことが引き寄せの方法である。
それと同じで、我々は神として振る舞うことで神になる。
神になることは、金持ちになることより難しいかというと、元々が神なのであるから、「なる」必要はなく、単に思い出すだけなのであるから、易しいのである。
では、神として振る舞うとはどういうことか?
神の振る舞いとはどんなものか?
それは「超然」である。
神は超然としている。
超然とは辞書の意味では「物事にこだわらず平然としていること」であるが、その性質が特に強いことである。

超然とするとは、どういうことか?
そんなことが全く分からない馬鹿はいまい。
言い換えれば、全く分からないなら馬鹿である。
まずは馬鹿をやめることだ。
神なのだから。
しかし、一般人は、何でも誰かが答を知っていると思っていて、自分はそれを聞く権利があると思っている。
それが、あの装置で魂の波動を下げられている者の特徴である。

1つ言えば、最も易しいのは、超然とした者の呼吸をすることだ。
それは、ゆったりとし、安定しているに違いない。
逆に言えば、超然とした者らしい呼吸をせずに超然とすることは絶対に出来ない。
こんなふうに考えると良いだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード