ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

呼吸法

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

「らしく」する

引き寄せの分野だけでなく、優秀なコーチ達は「現実より態度が重要」と言うが、その通りと思う。
ところで、ノーマン・ヴィンセント・ピールが代表的だと思うが、彼の世界的ロングセラーである『積極的考え方の力』にあるように、積極的な考え方が重要であると考える人が多いし、これを「プラス思考」と呼ぶ人もいる。
しかし、積極的な考え方やプラス思考よりも態度が重要なのだ。
無理にプラス思考をすることには何の力もなく、それどころか害が大きいと言う人もいるほどである。
だが、態度が自然に、それに応じた考え方を作り、さらには、現実を作るのである。

この態度について、昔、仏教学者のひろさちやさんは、「真似をすること」と言い、仏陀になりたいなら、あらゆることで仏陀を真似る・・・難しいことでなくてもいいから、たとえば、仏陀らしくメシを食い、仏陀らしくクソをすればいいといった説明をした。良い説明と思う。
また、バシャールは、態度について、「演じる」ことだと言ったが、これも仏陀になることで言えば「仏陀を演じる」となるのだと思う。

しかし、真似をすると言っても演じると言っても構わないが、最も重要な真似、あるいは、演技は、呼吸と表情だ。
つまり、最も重要な態度は、呼吸と表情で作るのである。
仏陀らしい呼吸をし、仏陀らしい表情をすればすなわち仏陀である。
どんな呼吸が仏陀らしく、どんな表情が仏陀らしいかは自分の思うようで構わない。
仏陀らしい呼吸とは、静かでゆったりとした深い呼吸に違いないし、仏陀らしい表情とは、穏やかで慈悲に満ち、柔らかな微笑みをたたえていても良いと思う。

まあ、仏陀になりたいと思う人は少ないかもしれないが、お金持ちになりたければ、呼吸はなかなか分からないが、表情であれば、お金持ちの表情を今はいくらでも見ることが出来る。
呼吸は分からないとはいえ、優れた人間の呼吸は、ゆったりと深いに決まっているので、むしろ真似は容易い。
お金持ちらしい呼吸をし、お金持ちらしい表情をすれば、引き寄せで言うところのお金持ちの周波数、お金持ちの磁力が発生する。
逆に、いかなる引き寄せのテクニックを駆使したところで、呼吸と表情が悪ければ、全く効果はないだろう。

育つフェアリー
AIアート625
「育つフェアリー」
Kay


そもそも、引き寄せのテクニックは、良い呼吸と良い表情に至るためにするようなもので、それなら、最初から、呼吸と表情に注力すれば良いのである。
美人美男になりたければ、呼吸の方はやはり静かでゆったりとした呼吸に決まっているので、理想の美男美女の表情を真似れば良い。
それが美人美男の態度となり、周波数となり、そんなパラレルワールドを引き寄せる。
タイムリーパー(精神だけ過去に戻り、過去の自分と一体化した人)になりたければ、タイムリーパーらしい呼吸と表情をすれば良いのである。
呼吸と表情で、なりたい人間の態度を作る・・・つまり「らしくする」ことが大切と思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)バシャール(BASHAR)3 単行本
(2)バシャール・ペーパーバック3
(3)空海入門・ペーパーバック(ひろさちや)
(4)空海入門 (ひろさちや。中公文庫)
(5)積極的考え方の力(ノーマン・ヴィンセント・ピール)
(6)楽天主義“OPTIMISM”(ヘレン・ケラー)
(7)人生を思うように変える呼吸法
(8)弓と禅(オイゲン・ヘリゲル)

呼吸法に関する特別な話

世界中の聖典に、呼吸法に関する記述はほとんどない。
ところが、その聖典に基づいた宗教の修行の多くには、呼吸法がある場合が実に多い。
つまり、表向きには呼吸法は教えられないが、特別な人に対しては呼吸法が口伝や秘密の書などによる特別な教義として存在する。
理由は分からないが、そこには、あまり多くの人を超人化したくないという意図があることは間違いないと思う。
昔から、庶民は弱く、哀れで悲惨な存在である場合が少なくなかったが、呼吸法を行ったものは強くなり、十分に行ったものは超人化して、自由自在の存在になった。
状況は今も変わらない。
庶民は弱く、権力者のいいなりになるしかない。
それでも、昔に比べれば庶民は幸福になったと思われるかもしれない。だが、昔の悲惨な例がクローズアップされるので、そんな印象もあるだろうが、例えば、特に庶民が哀れだったと言われる2400年前の荘子の時代の中国だって、『荘子』を読むと、障害者に施しが与えられる話があるなど、良い面もあったわけだ。
つまり、今がまさにそうだが、庶民はアメとムチで、そして、何より、教育とマスメディアによる洗脳で、地を這う虫のごとき弱い存在にされているのである。
しかし、呼吸法を行うことで、地を這う虫をやめることが出来る。

呼吸法には、実に様々な種類があり、複雑なものも少なくない。
だが、異論もあるだろうが、呼吸法で大切なことは、ただ「沢山吸う」だけで、後は、自分にとって気持ち良く楽に出来るよう工夫すれば、自ずと洗練されてくるのである。
前にも述べたが、大東流合気柔術の佐川幸義が、最も重要なトレーニングである四股についてさえ、相撲の四股と誤解されることも構わず、弟子たちにただ「四股を踏め」と指示し、時間はかかるかもしれないが、自然に佐川流四股に導かれるようにしたように、呼吸法もまた、自分で工夫しながら、自然に、また、永続的に改良を重ねるものである。
高藤総一郎の本にあった、おそらく伝説的な話なのだろうが、塔に閉じ込められた幼い女の子が、その中に居た大亀の呼吸法を真似ることで、数年間、食べることなく生き延びた。
幼い子供に出来ることが我々に出来ないはずはない。
ただし、それぞれの呼吸法を学び、試してみることは気付きを得られ、良いことである。なんでもかでも真似する必要はないが、良いと思うものは取り入れれば良いのである。このような態度(自分が良いと思ったものを取り入れる)は学校では教わらない(教師が良いと言ったことだけをやらされる)が、学びにおいて最も貴いことの1つである。

私は、いくらか呼吸法の訓練をしていた頃だが、電車の中で不意に非常に気分が悪くなった。放っておいたら重篤になったかもしれないほどであった。
その時、細かい呼吸法を忘れ、ただ、肺に空気を沢山吸うことだけを繰り返したら、しばらくしたら完全に良くなった。
この時や、その他のいろいろな体験から、まずは空気を沢山吸うことが大事だと分かった。
詩人のブラウニングが言ったように、「もっとも空気を吸う者がもっとも長生きする」のかもしれない。

尚、多量の空気を吸うことが良いと言っても、あまり激しい吸い方をする呼吸法はちょっと抵抗があるし、そこには極端な思想・発想が入っている可能性もある。
だが、世界的なコーチとして有名なトニー(アンソニー)・ロビンズや、やはり偉大な自己啓発家である事業家・作家のチン・ニンチュウは、かなり激しい呼吸法を教えている。
要は、自分が試して、気持ち良いか、楽しいかで採用すれば良いだけのことである。
気持ち良いと思えばやれば良いし、そうでなければやらなければ良い。それだけである。
だが、学校では、この何より大切なことを禁じられていたので、多くの者は、こんな基本的なことが出来ないのだ。
尚、私の場合、何事においても、気持ちいい、楽しいと共に、「楽である」ことを重視している。
気持ち良く、楽しく、楽でなければ、私のように飽きっぽい人間には長続きしない。
いや、あくまで私の場合だが、順番としては、「楽」が一番で、次が「気持ち良い」、そして、僅差で「楽しい」であるほどだ。

人魚姫
AIアート444
「人魚姫」
Kay


私の理想的な呼吸法としては、何度もご紹介した、『弓と禅』の弓聖、阿波研造の呼吸法や、神秘家ダイアン・フォーチュンの思想を基にした「神の圧力呼吸法」があるが、志賀一雅博士の「よかった・ありがとう呼吸」は、特に、眠る前にはよく行っているし、何よりも、普段、深い呼吸を心がけている。
すると、あらゆる面で向上することが実感出来たのである。
尚、あのジョセフ・マーフィーすら、実は呼吸法を教えていたが、それはほとんど知られていないと思う。
彼の呼吸法は彼らしくシンプルで、「一度吸い、二度吐く」というもので、息を吐き切って汚れた空気を体内から追い出すと共に、自然に沢山空気を吸うようになる優れたものだ。これもまた、良いと思えば採用すれば良い。








自然な息の止め方

呼吸法における「息を止(と)める」ことについて改めてお話しする。
このことは、以前から何度も取り上げているが、ほとんどの人が呼吸法における正しい息の止め方を知らないし、なかなか理解出来ない。

水に潜る時は、普通、喉の周辺の筋肉を収縮させ、喉の気管を圧迫して塞ぐようにして息を止める。
しかし、この息の止め方は、呼吸法ではやってはならない。
では、どうやって息を止めるのかというと、息を吸って膨らんだ肺を、その大きさのままキープするのであるが、肺自体を意図的に膨らませておくという観念は我々になく、肋骨を持ち上げたままにするとか、横隔膜を下げたままにするのだが、それらは普段、無意識的に行っていることであり、意識的にやろうとしてもうまくいかない。そして、そんなことを意識的にやろうとしてはならない。
そうではなく、息を吸った後に、止められるものに関しては、身体の動きを全て止めてしまうのである。
心臓など、意識で動きをコントロール出来ないもの以外は全部止めるわけである。
しかし、こういったことは、意識してやろうとすれば不自然になる。
出来る限りにおいて、人間は自然なことをすればすれば良く、またすべきで、不自然なことをしなくて良いし、またしてはならない。

そこで、こうやると良いのではと思う。
息を吸って止(と)めるのであれば、息をいっぱいに吸った後、息を吐く速さを極端に遅くするのである。
呼吸の速さをコントロールすることは自然なのである。
なぜなら、我々は元々は狩猟動物なのであり、獲物を狙って近付く際、気付かれぬように呼吸音を消すが、ずっと息を止めていられるわけではないので、極めてゆっくり呼吸するということを、何万年もやってきたからである。
いまだって、近付くと逃げてしまう小動物を捕まえる際とか、親しい人を脅かそうと背後からそっと近付く際、呼吸が止まっているほどゆっくり呼吸しているはずである。

また、剣術に限らないが、日本では剣術の達人同士が決闘をする際、対峙すると、双方、ほとんど息をしていないほど、ゆっくり呼吸をしているはずである。
ゆっくりした呼吸が出来るほど達人なのである。
呼吸が荒い方が負けるのである。
これが西洋の格闘技にはない、日本の武術の神髄のようなものである。

呼吸法で息を止める時も、こういった、極端に遅い呼吸・・・言い換えれば、微かな呼吸をするのである。
微かを超えてゆっくり静かに呼吸することが、息を止めることになるのである。

共存
AIアート412
「共存」
Kay


おとぎ話みたいなものと思ってもらえば良いが、最大に微かな呼吸を続けていると霊界に入ることが出来る。
これには訓練が必要で、秘教の団体では、このような微かな呼吸の訓練を実際にしている。
この訓練は、霊界に入るだけでなく、超能力や霊能力も目覚めさせる。
だが、いきなりこんな訓練をするのは、霊的には良いが身体には悪い。
よって、我々は、呼吸法の中で息を止める部分に関してだけ、この(微かな呼吸の)秘儀を生かせば良いのである。








これからの世界

あなたが、たとえばトランプ大統領のように、国や世界を守る役割になるかどうかは運命により、その運命にあれば嫌でも役割を果たすことになる。
だが、あなたが世間の人間のようであれば、もう自分すら守れないかもしれない。
そして、いくら親しい人であっても、直接的には救ってやることは出来ない。
自分を守れるのは真の自分だけである。

『フラッシュダンス』という、映画も音楽も大ヒットした1983年のアメリカ映画がある。
溶接工で生計を立てながら、個人でレッスンに励んで一流ダンサーを目指す18歳の女性の感動的な映画であるが、当時、あれを見て、夢に人生を賭けた若者が沢山いたと思う。
結果、ほぼ全員が、何度も目標を変えながら、寂しい人生を送ることになった。
とはいえ、これまでなら、寂しい人生なら送れたかもしれないが、これからは、もっと悪くなるかもしれない。

そうならないためには、何と言っても良いが・・・例えば、宇宙人のマインドコントロール装置の影響を脱するとか、闇の支配者の洗脳を壊すとかしなければならない。
そして、そのために、たとえば、今朝も書いた通り、マスター(大師)にならないといけないが、それは難しいことではない。元々マスターであるのだからだ。
あなたがマスターであることに気付かせない力は張子の虎でしかない。
まずはちゃんと呼吸をして、脳にエネルギーを送ることだ。それは酸素だけではなく、特殊な素粒子も含めてである。
それ(特殊な素粒子)もまた呼吸で取り入れられるが、今よりもっともっと沢山降り入れる必要がある。

無垢な花々
AIアート403
「無垢な花々」
Kay


胸にいっぱいに息を吸うと、胸に気持ち良さを感じるはずである。
それにより、深呼吸をさせるためだが、我々は偽の快感の味を沢山憶え、深呼吸の快感を感じようとしない。
それに気付き、よく深呼吸をしなければならない。
だが、息をロクに吐かないうちに、せわしく次の息を吸おうとしてはならない。
そんなことをすれば、酸素過多になって、深呼吸の快感も消える。
だが、吐いた後、少し休むようにすれば、深呼吸の快感を続けて得られる。
深呼吸を続ければ思考が消え、魂の知恵と力が現れる。
それを深化させることがマスターに戻る原理である。








地獄の世界に勝つ

これまでは非科学的、あるいは非理性的とか非常識と考えられてきた力・・・仮に超能力とするが、2つの理由で、この超能力を持つしかなくなった人が多い。
その2つの理由とは、人生がうまくいかないことと、世界が地獄になってきたことだ。
人生がうまくいかないことと世界が地獄であることは、実は1つである。世界が地獄であるから人生がうまくいかないのは当たり前である。
言い換えれば、地獄の世界にちゃんと適応しているから人生がうまくいかないだけである。

超能力とか世界が地獄と言えば、昔であればオカルト主義者、今で言えば陰謀論者とか言われるらしいが、それはもう気にしている時ではない。
まあ、超能力と言うのを、多少柔らかく引き寄せと言い、世界が地獄であるというのも、世界が牢獄であると言えば、それほどには変人扱いされないかもしれないが。

超能力(あるいは引き寄せ)しかないというのは、実は百年以上前から一部の人の間で言われてきた。
私も、社会人になる前から世界は地獄だと気付き、社会に出て確信した。
それで、社会人になる前から超能力を研究していたが、それを得る方法が3パターンあると分かった。
(1)固定観念を捨てる。荘子のやり方である。
(2)無になる(思考を消す)。代表的なものは仏教である。
(3)呼吸法。
もっとも、この3つは完全に異なるものではなく、荘子も仏教もこの3つの全てに及んでいる。
そして、我々に(つまり誰にでも)出来るのは(3)の呼吸法だけで、簡単に言えば深呼吸をすることであると思われるのだ。
ただ、呼吸法がまた沢山あり、我々を混乱させる。
だが、1つの自分に合った方法をみっちりやらないと、超能力は得られない。

半世紀も前に、志賀一雅博士が「よかった・ありがとう呼吸」を発明し、松下幸之助など一部の人々に恩恵を与えたが、これが全く普及していない。
確かに完璧なものではないかもしれないが、日本中でこれをやっていれば、日本がここまで駄目になることはなかったと思う。
なぜなら、この呼吸法で脳波がスローアルファー波になることが実験で分かっているらしいが、脳波がスローアルファー波になれば人間は強力になり、引き寄せも簡単になるからだ。当然、IQも上がる。
ひょっとしたら闇の支配者が人々にこの呼吸法を知らせまいとし、志賀博士も難病にされたのかもしれない(現在は回復しているようだ)。
尚、「よかった・ありがとう呼吸」とは、息を吸いながら「よかった」と思い、息を吐きながら「ありがとう」と思うだけである。

宇宙
AIアート400
「宇宙」
Kay


完璧な呼吸法は、微妙に細部が異なるものが、ほぼ無限にある。
それで私が長年の研究から「神の圧力呼吸」で簡単な形にした。
やり方は、
(1)胸に一杯に息を吸う。
(2)腹の内部に圧力を起こすことで呼吸の流れを止める。
(3)(2)の状態をしばらく保った後、息を吐き、少し休んでから(1)に戻る。
である。
これをやれば、超能力以前にも、様々な不思議な力が得られる。IQも当然上がるし、青春が蘇るのも感じると思う。
尚、自分のお気に入りの呼吸法があり、それが続けられるなら、それでやれば良い。
そして、出来る限り、たゆまず深い呼吸をすることである。

だが、私が「よかった・ありがとう呼吸」を教えても、これをやる人、まして、続けられる人は皆無である。
闇の支配者に洗脳され、脳を破壊された者には、どうしても出来ないのである。
彼らは地獄の中で悲惨に死ぬ運命しかないのではと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード