ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

中今

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

私はこのメソッドだけやっている

私は今は、引き寄せメソッドとしては、「今今メソッド」のみ行っている。
(後はたまに「完璧だ」と心で言う程度)
「今今メソッド」という言い方は、よくは知らないが、おそらく2ちゃんねる掲示板で使われるようになったもので、私はYouTubeでこの名が使われているのを見て、割と気に入っている。
「今今メソッド」という名称以外にも、「今メソッド」「今今」などと呼ぶこともあるようだ。

「今今メソッド」とは、今この瞬間を意識して生きることである。
歩いているなら、歩いていることを意識し、食べているなら、食べていることを意識する。
「目の前のことに全力集中すること」と言う人もいて、その言い方で良いと思うが、ただ、それでは、力んでいる感じがする。
力まず、リラックスしてやることが大切だ。
『引き寄せの法則』という本で、歩いている時、「歩いている、歩いている」と心で言い、掃除をしている時「掃除をしている、掃除をしている」と心で言う修行があるというのを見た時、とても良い修行だと思った覚えがある。

私自身は、今今メソッドは、本当に物心がつく頃から、自然に行うようになっていた。
ぼーっとしながら、目の前のものに意識を集中すると(緊張はしていない)、それだけで、宇宙の深淵を垣間見ることが出来、興奮を覚えることもあった。それに、今今メソッドを行うと、無自覚ながら魔法の力を発揮し、ここで何度も書いたが、あり得ない奇跡を何度も起こした。
私は、中学生の時、誰の何という詩だったか忘れたが、日本人の詩に、
「どんなものも、新たな目で見れば美しい」
といったことが書かれているのを見たが、私は今でも、これが人間における、最高・最重要な真理だと思っている。
「新たな目で見る」ことこそ、純粋な今今メソッドなのである。
この詩を見ただけで、私は「新たな目で見る」ことをマスターし、新たな目で見れば、どれほど見慣れたものでも、極めて美しく光り輝くことを発見した。
逆に言えば、新たな目で見なければ(今を意識して見なければ)、何もかも空虚な死んだ世界だ。

普通の人は、今に意識がなく、過去や未来に住んでいる。
つまり、頭の中は、過去の後悔や未来の不安でいっぱいで、少しも今を生きていない。
だが、今に生きることが何よりも重要で、神道では、今、この瞬間のことを「中今(なかいま)」と呼んで重要視している。

もちろん、「今今メソッド」という言い方はしていないが、これと全く同じことを深く洞察した本が、世界的ベストセラーである、エックハルト・トールの『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』である。
ただ、翻訳書は、原題の『The POWER of NOW(今の力)』のままにしておいて欲しかったとは思うが(笑)。

「今今メソッド」は、最も成功率が高いものであるだけでなく、これで失敗することは不可能と思う。
そして、幼児の私でも出来た簡単なメソッド(手法)で、これほど面白いこともないと思う。








嫌なことが起こらない世界

引き寄せの法則について知ると、ただずっと安心していたいと思う人がいると思う。
嫌なことが何も起こらず、嫌な人と会うこともない、安らぎだけの毎日だ。
そうなれるのかというと、常に「今、この瞬間」に生きているなら、何が起ころうが平和であるが、いくらお金があって健康でも、「今、この瞬間」に生きるのではなく、過去や未来の幻想の中に生きているなら、問題は起こり、それに苦しめられるだろう。
あのラマナ・マハルシでさえ、彼の住むアシュラマム(道場)に強盗が押し入り、マハルシ自身が棒で何発も殴られたという。
また、黒住宗忠でさえ、追い剥ぎ(これも強盗だが)に金を十両取られたことがあった。
それで、この2人の偉大な聖者はどうしたのかというと、マハルシは棒で殴られてもよく耐え、強盗達に食事をしていくよう勧めた。
黒住宗忠は、野外で追い剥ぎに刃物を突き付けられ「十両出せ」と脅されたが、「あいにく、今、五両しかない。残りは明日」と言って、五両を渡し、翌日、五両を用立てて本当に渡した。その追い剥ぎは、宗忠の弟子になった。

「刺激がないと面白くない」というのではない。
常に、中今、つまり、「今、この瞬間」に生きていれば、何もなくても楽しい(娯楽があればあるで楽しいが)。
だが、過去や未来にばかり生きている者には、とんでもなく嫌なことが起こったりもするだろう。
言ってみれば、辛いことが多く起こるのは、過去や未来に生きず、中今(今、この瞬間)を生きろと言う、世界からのメッセージかもしれない。
また、聖人に関しては、一見、悪い出来事も、人々に模範を示したり、正しい・・・と言うよりは楽しい道に導く機会を得ることになる。

例えば、トランプ大統領の信奉者は、バイデンや民主党がアメリカや同盟国を牛耳るのを不快に思っているかもしれないし、トランプをこき下ろすマスメディアの偏向報道に怒りを感じるかもしれないが、誰を大統領にするか決めるのは、あなたである。
この世界では、バイデンを一応、大統領にすることを決めた人達がいるのである。
トランプが2期目の大統領を務めている世界もあるに関わらずである。
2024年にトランプを大統領にする世界を選ぶ人もいれば、やはり、ディープステートやネオコン(両者は実質同じだが)の力は強く、トランプは歯が立たず、主要メディアは相変わらず、トランプをロクでもない人物だと言いふらす世界を選ぶトランプ支持者もいる。
そんな、トランプファンにとって悪夢のような世界(2024年もトランプが大統領に復帰出来ない世界)を選んだ人でも、2028年にトランプが大統領に返り咲くという感動の世界を選ぶかもしれない。

重要なことは、外部の世界ではなく、自分が中今に生きているかどうかで、言い換えれば、自分が神のように生きているかどうかだ。
自分が中今に生きていれば、外部の世界は自ずと、美しく、楽しく、面白くなるだろう。
中今に関しては、エックハルト・トールの『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』が教科書になると思う。
もちろん、ただ、今を意識して生きるなら、何も読む必要もない。








初めて見るような気持ちで見る

「今、この瞬間」に在ることは、神であることに等しい。
「今、この瞬間」に在る者にとって、引き寄せなど些細な問題であり、もっと偉大なものごとに取り組むことも出来るが、何もせずにただ在ることも偉大なのである。
とはいえ、我々凡人にとっては、現実的に、まずは、引き寄せをうまく行い、楽しく生きることが先決であると思う。
だから、ジョセフ・マーフィーも、彼の偉大な僚友ネヴィル・ゴダードも、敢えて高邁なことをほとんど語らず、無力感に打ちひしがれた人々を元気付けようとしたのだろう。
そして、彼らの時代には理解し難くかった引き寄せも、ただ、「今、この瞬間」に在ることで、望まずとも自動で行えることが分かったのである。

今回は、参考までに、「今、この瞬間」に在るための、1つの方法を述べる。
私が中学生の時にやっていたことだから、簡単であると思う。
それは、目の前のものを、初めて見るような気持ちで見ることだ。
脳は、視覚情報が送られてくると、脳内の記憶情報と照合し、それが何か、どのようなものかを判断し、認識する。
だから、同じ犬を見ても、過去に犬に噛まれて怪我をした人には、その犬が恐ろしく見えるが、犬と楽しく遊んだ記憶が多い人にとっては、犬がただ愛しい動物に見える。
だが、そんな先入観は一切なしに、初めて犬を見るような気持ちになるのだ。
たとえば、小さな子供が初めて犬を見て、しかも、その子供は、犬に似た動物さえ見たことがなければ、犬を怖いとも可愛いとも思わず、ただ、ありのままに見るのである。
その子供には、犬がどのように見えているだろうか?
そんな気持ちで犬を見るのである。
その時こそ、「今、この瞬間」に在るのだ。
犬は、過去の記憶を刺激しないので、過去に意識は向かない。
また、犬がどんなものか知らないので、犬によって、未来に何が起こるのかも想像出来ない。
だから、意識は今にしかない。
その時、犬は、この上なく美しく見えるのである。
なぜなら、世界は心の反映であるのだが、「今、この瞬間」にある心は純粋であり、純粋な心は限りなく美しいからだ。
無垢な幼児にとって、世界は輝くように美しいのである。
そして、我々だって、初めて見るような気持ちで見ることで、幼児と同じ世界を取り戻せる。
ところで、意識を持った幼児を、猛獣も襲わないという話がある。
『トーチェ氏の心の法則』という本にも、幼児が、猛毒のガラガラ蛇と砂場で楽しく遊んでいたという話が書かれている。
「今、この瞬間」に在る者は、いかなる時も安全である。
真剣を持った剣術の達人と決闘した空手家は、命を諦めた時、思考が消え、つまり、過去も未来も消え、「今、この瞬間」に在った。
そして、思考が戻った時、空手家は何も憶えていなかったが、剣術の達人は、目の前で気絶していた。
引き寄せの書で、膨大な言葉を連ねて書かれていることなど何も知らなくても、「今、この瞬間」に在りさえすれば、もっと強い引き寄せの力が働くのである。

見慣れたものを、初めて見る気持ちで見ることを試してみるべきと思う。
完全にはうまく出来ないかもしれないが、全く出来ないこともあるまい。
すると、いくらかでも「今、この瞬間」の感覚を感じる。
繰り返しているうちに、より鮮明に「今、この瞬間」を感じるようになり、そうなれば、ますます、初めて見るような気持ちで見ることが出来るようになる。
そして、やがて引き寄せマスターになるだろう。
引き寄せだけではない。
食べ慣れた食事も美味しく感じ、長年連れ添って飽き飽きした妻や夫も新婚時代のように愛しく感じる。
生きているだけで嬉しいと感じるようにもなるだろう。
そうなれば、もはや無敵であり、不可能はないだろう。








ツイている時とはどんな時か

「最近はツイてる」とか「あの頃は本当にツイていた」と言う人がよくいるし、あなたも、そんなことを思ったことがあるかもしれない。
運の重要性は、大物でも・・・と言うより、大物の方がよく知っていると思われる。
それで、どうすれば運が良くなるか・・・などという書籍は無数と言えるほど出ていて、なかなか良いと思う本も少なくない。
だが、優秀な人が書いたものでも、「運が良くなる方法」みたいな本は、あまり読者の役には立たないと思う。
なぜなら、書いた人が、運が良くなるためにやった本当のことは本人も無自覚で、結局、本には違うことを書いているからだ。

ツイている時、やっていたことは共通しており、それは、「今、この瞬間」に在ることが多かったことである。
他に理由はない。
ツイていた時というのは、たまたま、「今、この瞬間」に意識を集中する機会が多かったのだ。
だから、なるべく多く、「今、この瞬間」を意識するようにすれば、運が良くなるし、願いも叶う。

「今、この瞬間」のことを、昔から日本では「中今」と言い、「今、この瞬間」を意識する手法を、巷で「今今メソッド」と呼ぶことがある。
(略して「今メソッド」「今今」などと言うこともあるようだ)
便利なので、「今今メソッド」という言い方をするが、「今今メソッド」とは、目の前のものを何も考えずに見たり、今やっていることを余計なことを考えずにやることで、要は「必要ないことは考えない」・・・というより「考えない」「思考を消す」ことだ。

コリン・ウィルソンの本に、着眼点は良いのだが、ちょっとまずいことが書かれていた。
初めてタイプライターを使う人は、考えながらたどたどしく使うが、やがて、慣れてきたら考えずに使えるようになる。
人間の中には、ロボットのようなものがいて、慣れてきた作業はロボットがやるからだ。
ロボットは便利なものだが、生の楽しみを奪うものでもある。
例えば、慣れずに考えながらやっている時は、車の運転は楽しいが、ロボットが運転するようになったら、運転の楽しみが奪われる。
ウィルソンの間違いは、楽しく運転していた時は「考えていて」、ロボットが運転している時は「考えていない」というところだ。
実際は、全く逆で、楽しく運転している時は「考えておらず」、ロボットが運転すると、余計なことを「考えてしまう」のである。
もっと適切な言い方をすれば、楽しく運転している時は「運転を意識している」で、ロボットが運転している時は「無意識に運転している」のである。
そして、意識して行うことが「今今メソッド」である。
だから、エックハルト・トールは、「罪と無意識は同じである」と言うのだが、やはり、こういう言い方は硬くて難しい。

小学生や中学生の頃なら、普段、縁のない好きな子とぴったり隣り合わせで座ったりしたら、意識しまくりで楽しいだろう。
その状態が「中今」であり、「今、この瞬間」に在るのであり、そんなことを意図的にやるのが「今今メソッド」だ。
そんな楽しいことがあった後は、ツキまくるものだ。
「あげまん」とか言う、会うと運が良くなる女性というのは、単に表面的な楽しさではなく、会うと、心からの楽しさを与えてくれる女性で、それは別に、笑わせることでも、大騒ぎして盛り上がることでもない。

荘子が適切なことを言っている。
「視線を自然にし、是非好悪、思慮分別を捨てて(要は頭の中をからっぽにし、何も考えずに)見る」
こんなふうに見ることが「今今メソッド」だ。
何かの修行だと思うが、頭が悪くて「今今メソッド」がなかなか理解出来ない者のために、歩いている時は心の中で「歩いている、歩いている」と言い、食べている時は「食べている、食べている」と言わせるという方法がある。
要は、意識して歩く、意識して食べるということだ。
無意識に歩いたり、食べたりすると、余計なことを考えてしまい、考えると、「今、この瞬間」つまり「中今」から離れてしまうのである。

ジョージ・アダムスキーが言うには、宇宙人の家庭には、1枚の非常に美しい人物(神人であるようだ)の絵があるらしい。
それは、あまりに美しいので、見ると心を奪われ、何も考えられないという。
つまり、その絵を見れば、自動的に「今、この瞬間」つまり「中今」に在り、自動的に「今今メソッド」に導かれるのだ。
そんな絵を持っていれば良いと思う。
ただ、単にきれいな絵は、妄想を引き起こすので、真逆の効果をもたらす恐れがある。
例えば、セクシーなアイドルや俳優、モデルの絵や写真である。

ハローキティが世界的に、ある意味、異常な人気であるのは、口がないことが関係していると思う。
「萌え画」と呼ばれる、美少女の絵の中にも、口や鼻がほとんど描かれていないものは、なぜか、見ていると思考が止まるように思うことがある。
口や鼻がないことに、何か意味があるかもしれないと思って、昔から考えているが、口や鼻がない絵には「中今」に導く秘密があるのかもしれない。
ちょっと作って、ツイートしてみた。
【Kayのツイッター】口のない少女の絵
あくまで参考に(笑)。








究極の今今メソッドのお話

アメリカを代表する現代作家カート・ヴォネガットは、シェイクスピアについて、
「下手な作家だが、人間をよく知っている」
と評していた。
そう言うヴォネガットこそ、人間をよく知っている。
そして、人間をよく知っていると言うからには、引き寄せのやり方を本当に分かっていなければならない。
この点を誰も言わない。
引き寄せが出来ないのに、人間を知っているとは言えないからだ。

日本の作家で、人間をよく知っているのは・・・まあ、いくらかはいるのだろうが、私は笹沢佐保さんだと思う。
彼の代表作である『木枯らし紋次郎』は、娯楽時代劇であるのも確かだが、神話にも匹敵する奥深さがある。
主人公である渡世人(博打打ち。やくざ者)の紋次郎は、学んだことなど一度もないだろうが、天の道理をよく心得ていて、引き寄せを行うことが出来る。
実際、本物の引き寄せを紋次郎から学ぶことが出来る。
紋次郎が引き寄せを行った感動的なお話を1つ取り上げる(他にもあるが)。
紋次郎は、争いに巻き込まれてヤクザを1人切った際、刀を岩にぶつけて折ってしまう。
紋次郎は、切ったヤクザの大勢の仲間に追われ、一刻も早く、新しい刀を手に入れる必要があった。
紋次郎は、刀だけは良いものを持たなければならないことをよく知っていた。
だが、適当な刀屋や鍛冶師が見つからなかった。
しかし、紋次郎には不思議な運がある。これも紋次郎の引き寄せの力だ。
わけがあって山奥に隠れ住んでいた天才鍛冶師のところに、紋次郎は不思議な縁で導かれた。
しかも、その天才鍛冶師は、今や、一世一代の名刀を仕上げようとしていたが、その刀が紋次郎の鞘にぴったりの長さだった。
だが、ここで、とんだ問題が起こる。
刀の値段ではない。もとより、紋次郎に払える額ではないかもしれない。
しかし、それより先に、この天才鍛冶師は、この刀は紋次郎には売らないときっぱりと言う。
これも、値段とか、紋次郎の素性のせいではない。
自分が魂を込めて作った刀を、人を殺す道具にしたくないと言うのだ。
そして、その決意は固そうだった。
よって、紋次郎がその刀を手に入れることは絶望的だった。
しかし、他に、刀を得る道はない。追手は迫っているようで、紋次郎、絶体絶命である。
さて、紋次郎はどうするか?

朝早くから、天才鍛冶師は仕事に入った。
すると、少し離れたところに、紋次郎の姿があった。
天才鍛冶師は、休まずに淡々と仕事を続け、紋次郎はそれを静かに、だが、決して目を離さずに見ていた。
夕刻となり、ついに、その名刀が完成した。
すると、天才鍛冶師は、紋次郎のところに歩いてきて、黙って手を出すと、紋次郎も黙って折れた刀を鞘ごと渡した。
天才鍛冶師は、紋次郎の刀の柄から、折れた刀を外すと、今完成したばかりの刀を取り付けた。
そして、黙って紋次郎に手渡し、紋次郎も黙って受け取る。

この話だけで、引き寄せの神髄が分かる。
だから、余計なことだが、少し解説する。
天才鍛冶師は、仕事に入ると、もう時間は消えていた。
一瞬一瞬が「今」であるからだ。
彼は、永遠の「今、この瞬間」、つまり、「中今」にいた。
そして、それを見る紋次郎も「中今」にいたのだ。
紋次郎の中今は、天才鍛冶師の中今に何かの影響を与えたのかもしれない。
それによって、刀の仕上がりは最良を超えたものになった。
意図したわけではないが、刀は初めから紋次郎のものだったのだ。
その後、悲劇が1つ起こるが、天才鍛冶師は分かり切ったことを紋次郎に言う。
「持っておいきなさい。お代は要りませんよ」
噂によれば、その天才鍛冶師は、その後、名工として名を上げた。

私がいつも思う引き寄せの神髄である中今を、これほど鮮明に描いたお話はない。
真の引き寄せは、このようにやるのである。
また、これが究極の「今今メソッド」でもある。
尚、このお話は随分昔に読んだので、『木枯らし紋次郎』の、どの巻にあったか憶えていないが、1年と少し前の、このブログの記事によれば、
『木枯らし紋次郎(二)女人講の闇を裂く』の第2話「一里塚に風を断つ」
であるようだ。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード