ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ロジャー・ペンローズ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

若返る、美人になる、金持ちになる

常に肛門を引き締めることで、若返り、痩せ、美しくなり、金はいくらでもできる。
これは一面の真理だ。
だが、その対極の真理として、一切の思慮分別を捨て、全てをあるがままに受け入れることで、万物の根源と一体になる。
この2つを、ハートの中で統一してこそ、超人になる。
それは不思議なことではない。

極大の世界では、相対性理論が、極微の世界では量子力学が成立する。
だが、この2つを統一することができない。
イギリスの数学者、理論物理学者のロジャー・ペンローズは、相対性理論と量子力学の統一の鍵は脳の中にあると言ったが、対極の真理を統合するのは、脳というか魂なのだ。

とにかく、いつでも肛門を引き締めていることができるよう修行することだ。
加えて、死ぬまでは生きているという、こだわりのない生き方をすることだ。
それで答が見えるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

美女は「ロマンスが大きい」のではなく「起こりうるロマンスの幅が大きい」のである

J.F.ケネディが大統領就任演説で、「軍事力が十分であってこそ、それは行使されない」と言ったのは、その前後を見ないと、ケネディの真意は分からないのだが、この言葉自体も興味深い。
しかし、あくまで、この前後を見ずに、ケネディの考え方を勝手に解釈してはならないことはよくよく申し上げておく。
「軍事力が十分と確信できてこそ、それは使われない」というのは、正しいのかもしれない。
しかし問題は、どれほど軍事力を拡大しても、十分だと確信するに至らないということだ。
当たり前のことだが、軍事力が十分かどうかは、他国の軍事力との比較の問題であり、他国も軍事力が十分と思えるまで拡大するのだから、お互い、どこまでも果てなく増強し合うのである。

ところで、アメリカには、銃やナイフを使った戦い方を教える教室があるらしい。
護身のためだということなのだろうが、そんなものを習えば安全度が高まるだろうか?
あるいは、護身具を持てば安心だろうか?
何かの映画で、ある家の主人に、「この家に銃はあるのか?」と尋ねると、その主人が、「ない。父が、銃は持っていないより、持っている方が危険だと言っていたからだ」と答えるが、彼の父は、経験上なのかもしれないが、良い洞察を持っていた。
銃を持っていると、不思議なことに、それを必要とするような出来事が起こるのだ。
例えば、強盗が押し入ってきたり、暴力的な人間との争い事が起こったりである。
銃やナイフの戦闘術を身につけると、なぜか、それを行使せざると得ないような事態に巻き込まれる。
それは、未熟であるほどそうだ。
軍事力だって、十分と確信できることはあり得ないのだが、そうであれば、やはり争乱が起こってしまうのである。

この世界は2つのものの関係性で成り立っている。
それは、極微な世界、目に見える世界、そして、極大な世界のいずれでも同じなのであるが、人間の頭脳は、その3つの世界の関係が分からない。
だが、理屈では分からなくても直感では分かっているのである。
確かに、軍事力が十分であれば争いは起こらない。
しかし、軍事力がゼロと無限の間であれば、争いもそれに応じて起こる。
そして、軍事力は、持つ限りはゼロと無限の間なのであるから、争いが起こることは避けられない。
銃やナイフの腕が無限であれば・・・つまり、無敵の達人であれば争いは起こらない。しかし、実際上は、いかに強者と言えども、人間である限り、そこまで強くはなれない。
だが、銃やナイフを捨ててしまえば、争いは起こらないのだ。

たまたま、戦いや争いについて述べたが、何事も同じだ。
無限の美を持つ女性には、ロマンスは起こらないし、美の無い女性にもロマンスは起こらない。
女性の美とロマンスの関係には、ある一定の法則がある。
これは決して、美が大きな女性のロマンスが小さいとか大きいというのではない。
大きな美を持つ女性のロマンスは、小さいものから大きなものまで起こりうる可能性があるということなのだ。
そして、多くの場合、美女には大きなロマンスが起こる。
戦いも同じである。
大きな軍事力、大きな戦闘能力を持つと、起こりうる争いの規模の幅は広くなるが、それはやはり、大きなものになり勝ちだ。
中国に古くからあった易というものは、本当は、そんな関係性について語るものだ。
近代の物理学もそのようなことを、ある程度は解明してきた。
だが、量子力学(極微の世界)のことはかなり分かったし、相対性理論(極大の世界)のことも同じだが、その両者を結びつけることがどうしてもできない。それを理屈でやろうとして、M理論やスーパーストリング理論(超弦理論)といいう複雑怪奇なものを考える始末だ。
量子脳理論を提唱するイギリスの数理物理学者ロジャー・ペンローズは、脳がその両者を統合するのではないかと思うといったことを著書に書いていたように思うが、脳は制限されたものである。それを超えた時にゼロと無限は統合される。
だからあなたも、思考を超えて直感的に考えてみると、運命を動かせるかもしれない。

ゼロとすべての二項対立(バイナリ)
どちらかだけでは
ふたりのねじれた運命、絶対もう動くことない
~『イニシエーション』(詩:東浩紀、音楽:渋谷慶一郎、歌:初音ミク)より~

この『イニシエーション』の作詞者の東浩紀氏は、Wikipediaによれば、形而上学、認識論、存在論、言語哲学、コミュニケーション論、科学史、科学哲学、表象文化論、大衆文化、文学理論、文芸評論、倫理学、社会哲学、社会思想、情報社会論を研究し、東大で博士号(学術学)を取得したらしい。そして、作家になれるような彼の感性が、それらを統合したのかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード