ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

マントラ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

最強のマントラ

今回は超高級マントラの話で、使えない人も多いとは思う。
効果は、普通の概念での効果とはまるで異なる。
というのは、効果を生むその根本に作用するからで、ごく簡単に言えば神になるものといった感じだ。
あるいは、この世界がコンピューターが作るVR(仮想世界)だとしたら、そのメインコンピューターを操るようなものだ。

ラマナ・マハルシが、ある時、最高のマントラは「私」だと言い、2番は「オーム」だと言ったという話がある。
ただ、これは相手に合わせて言った話で、彼が最も重要視していた言葉は「私は誰か?」だ。
ところが、これは彼が使ったタミール語の「ナン・ヤー」を「私は誰か?」と訳したのだろうが、ラメッシ・バルセカールは「私とは何か?」に近いと言ったらしい。
だが、詩人の『ラマナ・マハルシの教え』の翻訳者である山尾三省氏に、漁師の人が送ってくれた詩の中では、「私とは・・・?」という言葉で表現されていた。
(その詩は『ラマナ・マハルシの教え』の「あとがき」に収録)
これが全く適確で、これが使われなかったのは残念であると私は思う。
よって、最上のマントラの1つは「私とは?」である。

『ヒマラヤ聖者の生活探求』の中で、現代に復活したイエス・キリストが最上の言葉と言ったのは「神」である。
昔はそうではなかったかもしれないが、現代では、一般の日本人が使う「神」と英語のGODに、ほぼ差異はないと思う。
ただ、 『ヒマラヤ聖者の生活探求』の信憑性や価値は、著者のベアード.T.スポールディングさえ、「自分で決めて」と言うくらいのものである。
だが、私は「神」というマントラ・・・と言って良ければ、本当に最上のマントラであることは、昔は直観で分かり、今では個人的には検証も出来たと思う。
そこで、もう1つの最上のマントラは「神」である。

ところで、マハルシもイエスも、これらのマントラを「呪文のように繰り返すな」と同じことを言っている。
唱えるのは「1度だけでいい」と言っているのだが、これには困惑するだろう。
まさか、一生に一度唱えればいいというのではあるまい。
だが、これも解明出来た。
それは、このマントラが、鐘やりん(「おりん」とも。漢字では「鈴」。チーンと鳴らす仏具)のようなものであるということだ。
鐘やりんを、まだ音が響いているのに続けて鳴らす人はおるまい。
それと同じで「神」「私とは?」と唱えると、意識の中で言葉が響くのである。
それが響いている間は、もう唱える必要はない。
どのくらいの長さ響くのかというと、それは人それぞれで、数十秒とか数分の場合もあれば、数日とか、もっと長い場合もあるだろう。
このマントラが響く様を現す良い言葉は「余韻嫋嫋(よいんじょうじょう)」だ。
この言葉の意味は、次の通りだ。

音が鳴りやんでも、なお、かすかに残る響き。また、その音が細く長く続く様子。詩や文章の言外の趣や、事が終わったあとの情緒あふれる風情にもたとえる。「嫋嫋」は音声の細く長く続くさま。

つまり、「神」あるいは「私とは?」と唱えて、その余韻嫋嫋を感じることが最上のマントラなのである。

UFO
AIアート702
「UFO」
Kay


余談だが、私は余韻嫋嫋という言葉には、人生で2度しか出会ったことがない。
1つは、とくPさんによる初音ミクさんの楽曲『SPiCa』の中で。
もう1つは、笹沢佐保さんの小説『帰って来た木枯し紋次郎』シリーズ(『木枯し紋次郎』シリーズの続編)のどれかの中で、お寺の鐘の音を、そう表現していたと思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
(1)ラマナ・マハルシの教え(山尾三省翻訳)
(2)ヒマラヤ聖者の生活探究 第5巻(ベアード.T.スポールディング)
(3)SPiCa (とくP feat. 初音ミク)※MP3
(4)MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES “はじめまして、初音ミクです” [Blu-ray]
(5)帰って来た木枯し紋次郎(笹沢佐保)

サイババの教えで唯一気に入っていること

サティヤ・サイ・ババ(1926~2011)を知らない人も多くなってきたと思う。
サイババは、インドの聖者と言われた世界的に有名な宗教家で、教育、医療、生活、文化など広い面で大きな社会貢献を行い、彼の葬儀は国葬で行われ、それにはインド首相も参列した。
サイババは頻繁に奇跡を起こしたことで知られ、最も有名な奇跡はビブーティ(聖灰)と呼ばれる白い粉を手から出すことで、それをいつでも出来たとされる。
他にも、ネックレス、時計、その他の物を手のひらなどから出現させることが出来たと言われ、「上に向けられたサイババの手のひらから、ニョキニョキ生えるように現れた」と証言する著名人もいるようだ。
一方で、サイババに対する批判もあり、奇跡は全てトリックであるとか、少年に性的虐待を行ったという話もある。

私は、サイババの奇跡も、サイババへの批判のどちらも信じていない。
個人的な印象では、サイババへの過度な称賛も過激な批判も、どちらも胡散臭い。

私は、サイババと直接会ったという事業家の方と会って、じっくり話を聞いたことがあり、その際、サイババが出したビブーティ(聖灰)も分けてもらった。また、その人から、立派な額に入った2Lサイズ(127×178mm)のサイババの写真もいただき、今も書斎に置いてある。
その人は、非常に立派で穏やかな良識ある人物で、サイババの教えや奇跡を完全に信じているようであった。
ただし、その人から、何かの組織に誘われたり、寄付を要求されたことはない。
社会的に立派と言えば、サイババを日本に紹介し、著書『理性のゆらぎ』を出版した青山圭秀さんという方は理学博士と医学博士の両方を持っているらしく、一頃有名であったが、最近はさっぱり聞かなくなった。まだ大した歳ではないはずだが。
この青山圭秀さんのように社会的に評価がある人が、サイババに会って心酔したという話は多いようである。海外ではVIPの信者も多いようだ。
政木和三さんは、サイババの奇跡について、「別に大したものではない」として、あるならあるで良いといった立場だった。政木さんが経験したという奇跡の方が壮大であるからだろう。
ただ、私も、政木さんの奇跡現象に関しては、物質的なものは見ていない。しかし、不思議なことなら沢山あったと思う。

私は、サイババの本は、読みかけたものはあるが、一冊を除き読み通したものはない。
内容がややこしいし、正直、胡散臭くて疲れるからだ。
ただ1冊、『ナーマスマラナ』だけは気に入っている。
ナーマスマラナとは、神の名を唱える行のことで、念仏に近い。
サイババは、今の時代は、ナーマスマラナでしか救われないと述べたと本に書かれているが、この本以外では、サイババがそう教えているようには思われない。
そういえば、浄土系仏教では、釈迦は、末法の世(釈迦の教えが理解されなくなった時代)では、念仏以外では救われないと教えたことになっているが、その根拠となると、どこにあるのかはっきりしない。
そもそもが、浄土三部経にしたって、決して、念仏を唱えよと教えているわけではないと私は思う。
上祐史浩氏がYouTubeで、浄土仏教について話しているのを見たが、阿弥陀経と観無量寿経を間違えているし、無量寿経の解釈もおかしいように思ったが、そういうことは上祐氏に限らず多いし、本物の仏教の専門家でも、必ずしも教典の解釈は一定していない。

だから、誰が言ったというのではなく、私は、神の名やマントラ(真言)、呪文、短い祝詞を唱える以外に救われる道はないというのは、ほぼ正しいと思う。
ただそれは、これらの言葉に霊的な力があるからといったものではなく(ないとも言わないが)、最も肯定的な言葉を長く繰り返し唱えることで、脳あるいは心の自然な働きとして思考が消えるからである。
肯定的な意味の言葉ではなく、「ナ・ダーム」のような何の意味もない言葉を採用するメソッド(手法)もあり、TM(超越瞑想)がそうだし、また、日本人にとって、サンスクリット語やそれを音写した中国で使われているマントラ等も同じである。
しかし、マントラ等にこだわる必要はなく、自分で唱え易い言葉であればそれで良いのである。
自分で試すしかないが、引き寄せ程度のことは、これで十分に行えるし、最も確実であると思う。
その効果を高めるには、深呼吸と薄目が役に立つと思う。

白百合
AIアート699
「白百合」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)ナーマスマラナ(サティヤ・サイ・ババ)
(2)歎異抄(梅原猛。講談社学術文庫)
(3)選択本願念仏集(法然)
(4)理性のゆらぎ(青山圭秀)
(5)密教の聖なる呪文: 諸尊・真言・印・種字

マントラで願いが叶う原理

人間が本来は神であるとか、全ての願いは既に叶っているとはどういうことか?
仏教の教典にあるらしい、おとぎ話のようなもので考える。
ある、とても貧しい男がいた。
その男の友人が、その男を家に泊めたが、その男が寝ている間に、その男の服に高価なダイヤモンドが入るよう縫い付けた。
しかし、長い年月が過ぎ、両者は再会したが、その男は貧しいままであった。

ある仏教の専門家は、そのダイヤモンドは仏性(ぶっしょう。仏の性質)であるとし、人間は誰もがそれを持っているが気がつかないことのたとえであると解説していた。
だが、そのたとえ話で言えば、その貧しい男が去る時、友人は黙っていないで「お前の服のこの部分に高価なダイヤモンドを入れた」とか、そもそもが、ダイヤモンドを手渡しすれば良かったと思うはずだ。
私ならこう考える。
友人は、「お前の胸ポケットに高価なダイヤモンドを入れた」と、その男に言ったのだ。
しかし、その男は真面目に聞かず、忘れてしまったのだ。
友人も、その男が信じないことは分かっていた。
だが、もし信じなくても憶えていたら、いつかポケットの中を見てダイヤモンドを発見し、大喜びしたのである。
・・・と、ここまで説明しないといけない。

これなら、教えとして役に立つ。
あなたは神であり、全ての願いは既に叶っているし、願った瞬間に叶う。
信じなくていいが、否定せず、ただ言葉として憶え、忘れずにいれば良い。
「全ての願いは既に叶っている」と。
それについては考えないことだ。
いや、何もせず、何も考えないことだ。
それでも、当面は、やらざるをえないことはやるだろうし、考えざるをえないことは考える。
だが、余計なことを考えないようにすれば・・・多くの場合、クヨクヨしないようになれば、あまり何もしなくなり、何も考えなくなる。
そのためには、マントラを唱えたり(どんなマントラ、呪文、念仏、神仏の名でも良い)、深呼吸したり、薄目をすると良い。
マントラを唱えると願いが叶うという原理はこれである。
だが、「こうなりますように」と考えながらマントラを唱えるのではなく、なるべく何も考えずに唱えることが大切である。
意識的に何も考えないことは難しい。
そこで「なるべく何も考えずにマントラを唱える」というのは良い表現であると思う。
どんなマントラをいくつ使っても構わないが、1つのマントラに馴染むと、速やかに思考が消えるようになることは憶えておくと良い。

風の日
AIアート693
「風の日」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)密教の聖なる呪文~諸尊・真言・印・種字
(2)ナーマスマラナ~神の名前の不思議な力
(3)洞察力 ~本質を見抜く「眼力」の秘密(中山正和)
(4)歎異抄(現代語訳付き 角川ソフィア文庫)

呪文・マントラの効果の原理(決定版)

マントラ(真言、呪文)になぜ効果があるのかについて、決定版とも思えるものがある。
それは、密教を中心とした沢山の著書を持つ宗教学者、正木晃(まさき あきら。1953年~)氏の著書『密教の聖なる呪文』に書かれていることであるが、理屈で納得出来ると思う。
この本の中でも、根拠となる本が引用されているが、その本がまた大変なものだ。
それは『瑜伽師地論』(ゆがしじろん)という、大乗仏教唯識派の重要な文献とされるもので、
この書は、インドの無著(むじゃく。アサンガ)という唯識派の宗教学者が、弥勒菩薩から聞いた教えを書いたと言われるもので、あの玄奘(玄奘三蔵)が中国語に訳した100巻もの大著だ。
さすがに専門の学者でもないと読めないものだが、正木晃氏がうまく引用してくれている。

ここでは、正木氏の著書に倣い、マントラなどを呪文という言葉でまとめる。
以下は、『密教の聖なる呪文』に書かれていることを、ごく普通の言葉で言いなおしていることをお断りする。
簡単に言うと、呪文がなぜ効果があるのかというと、「呪文が無意味であることを、呪文を唱える者に認識させるから」という、とんでもないものだ。
なぜそうであるかは『瑜伽師地論』にも書かれていないので、正木氏は推測するしかないとするが、「誰でも体験出来る」こととして、呪文を繰り返し唱えていると、呪文は単なる音の羅列になって、言葉の意味が頭の中で消えてしまうという、ごく当たり前のことだ。
しかし、(『密教の聖なる呪文』に書かれていることではないが)それは呪文でなくても、どんな言葉でもそうだ。
たとえば「時計」という言葉を1万回も連続で唱えていたら、頭が麻痺して「時計」という意味は消え、「トケイ」という単なる音でしかなくなる。
ただ、これも私の考えだが、優れた呪文というのは、言葉の意味が無くなる効率が高いというだけなのだろう。
そもそも、「オン・アロリキャ・ソワカ」という呪文は、観音菩薩の真言で、インドでは「オーン、蓮華を持つ者よ、幸いあれ」という意味らしいが、我々日本人には元々意味がない。

総じて言えば、呪文になぜ効果があるのかというと、繰り返し唱えているうちに、思考が消えるから効果があるのだが、単に、呪文を唱えていれば他のことを考えることが出来ないだけでなく、徹底的に思考が消えることで「空(あるいは無と言って良いと思う)」を体感するのである。
だから、『般若心経』では、観自在菩薩(観世音菩薩)は、「ガテー・ガテー・パーラガテー・パーラサンガテー・ボーディ・スヴァーハー」という呪文を繰り返し唱えることで「空」を感じた、つまり、悟りを開いたと書かれているのである。
空海は求聞持聡明法(ぐもんじそうめいほう)といって、一定期間に虚空蔵菩薩の真言を100万回唱える荒行で天才になったというが、これも、100万回という回数とか、特に虚空蔵菩薩の真言に意味があるのではなく、これだけ徹底的に唱えれば、思考なんて完全に消えるというだけのことであると思う。

ただ、正木氏の論から考えれば、元々、我々には意味を感じられない古代インドの言葉(サンスクリット語)の呪文を唱えるより、南無阿弥陀仏や南無観世音菩薩、あるいは、南無妙法蓮華経といった、多少でも意味が分かる言葉の方が、言葉が音の羅列に変わるプロセスを得られるから良いのかもしれない。
あるいは、そうではなく、最初から意味のない言葉の方が、早く思考が消えるかもしれない。
これは、各自で試してみるしかない。
ただ、いろいろ聞くところから考えると、まずは意味がある言葉で唱えて、悟りのレベルを含め、引き寄せがうまくいったという話が多いように思う。
悟りでは、南無阿弥陀仏を唱えて万物一体を体験した普通の人の話は多いし、アファーメーション(これも一種の呪文)で引き寄せを行った例は沢山ある。
たとえば、「神様の奇跡が起こる」「お金がある」「ありがたい」「しあわせだ」といった言葉を唱えて引き寄せが起こったことも、これで納得出来る。
我々であれば、日本の神様の名前、たとえば、アマテラスオホミカミやアメノミナカヌシノカミ、あるいは、大祓詞(おおはらえのことば)では長過ぎるので、短い祝詞を唱えるという手もある。
たとえば「いろは祝詞」や、もっとも簡単に「祓いたまえ 清めたまえ」とかである。
「トホカミエミタメ」であれば「遠い昔からおられる神々よ、微笑みたまえ」という意味が感じられる。
とはいえ、何でも良い。
呪文、マントラの原理が分かった気がする。

重厚な屋敷
AIアート689
「重厚な屋敷」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)密教の聖なる呪文(正木晃)
(2)よくわかる祝詞読本 (角川ソフィア文庫)
(3)歎異抄(梅原猛。講談社学術文庫)
(4)選択本願念仏集(法然。角川ソフィア文庫)

効果的マントラの音の法則

生活している場所や時代、あるいは、その他の要因により、何を善いと思うかとか、何を美しいと感じるかには大きな違いがある。
手塚治虫さんの漫画短編集『ザ・クレーター』の中の『巴の面』で、武家の名門、長宗我部氏(ちょうそかべし)の姫である巴姫は、今でいう超ブスな容貌のため、悲惨な人生を送ったが、この漫画が描かれた数十年後の、丁度今(2024年)くらいと思われる時代には、巴姫のような顔が流行の可愛い顔とみなされていた・・・というお話であった。
少し前のギャグ漫画で、こんなものもあった。
2人の日本人の女子大生がアフリカで未開民族人に拉致され、神への生贄にされようとしていた。
その女子大生の1人は大変に可愛く、もう1人は酷いブスだった。
未開人達が「神への生贄は美しい娘だけだ。醜い娘を捧げると神のお怒りを買う」と言うのを聞き、ブスな方の女子大生は、こんな顔に生んでくれた親に初めて感謝した。
ところが、未開人達が迷わず生贄に選んだのは、日本的なブスの方で、彼らにとっては、彼女は大変な美人であったのだ。

岡田斗司夫さんの昔の書籍『東大オタク学講座』で、こんな話が書かれている。
夕焼けは日本では、多くの人が美しいと感じるが、アフリカでは夜行性の猛獣が目覚める恐怖のサインでしかないという。
まあ、だからといって、彼らが夕陽を美しいと感じないわけではないのではとも思うが、とにかく、同じものでも、見方は人それぞれという意味では印象深い話である。

だが、心地よく感じる音感は、時代、地域によらず、案外に共通するのではないかという説もある。
確かに、虫の声を楽しめる日本人と違い、西洋人は、これを騒音としか感じないといった違いはあるが、楽器演奏や歌といったものに関しては、あるグループで美しいと感じるものは、その他の多くのグループでも美しいと感じるようである。
また、宗教的な祈り言葉も、特に変わった雰囲気のものは別として、穏やかに唱えるような美しい祈り言葉は歌に似ていて、やはり、共通して美しいと感じることが多いのだと思う。
それと関連すると思うが、神の名や呪文に関しても、同じような感性が働くのではないかと思う。
阿弥陀仏はインドの古い言葉ではアミターバ、あるいは、アミターユスと言い、日本語でも「アミ」の部分が残されている。
日本の神様でも、アマテラスオホミカミやアメノミナカヌシノカミ等で、アマ、あるいは、アミがAMという音で共通する。
キリスト教の「アーメン」もAMで始まるが、英語の密教的に重要な唱え言葉である「GOD AM I(私は神である)」は、GODを略し「AM I」と言うらしい。
脳科学者の中野信子博士の『脳科学からみた「祈り」』に、マ行の音の脳への肯定的効果について書かれていたが、山蔭神道の山蔭基央氏の『神道の神秘』によれば、「ミ」という言葉が神道で最も高貴なのであるらしい。それで、日本の神は「ミ」の語を持つ神が圧倒的に多い。
このように、AM、あるいは、マ行の音を持つ神仏の名や呪文・マントラが良いものであることを感じる。
もちろん、「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」も大変良いのである。

ところで、観世音菩薩は古代のインドの言葉では、アヴァローキテーシュバラで、AM、あるいは、マ行の音が全くない。
ところが、大日如来はマハーヴァイローチャナだし、「般若心経」の中で、観自在菩薩(観世音菩薩と同じ)が行じて悟りを開いたというマントラ行のマントラの最後は「ボーディ・スヴァーハー」であるなど、「ヴァ」の音が共通するが、他にも「ヴァ」がある神仏の名やマントラは沢山ある。
それに「ヴァ」の音は、何か頭がすっきりする感じがある。
だから、アヴァローキテーシュバラやマハーヴァイローチャナ、あるいは、大日如来真言である「オン・バザラ・ダド・バン」も肯定的な効果がありそうだ。
尚、大日如来真言の最後の「バン」も、古代インドの言葉では、やはり「ヴァン」である。
だが、「バン」でも良いと思うし、日本語ではほとんど変わらない。
こだわるなら、(金剛界)大日如来の真言は、古代インドの言葉では「オーン・ヴァジュラ・ダートゥ・ヴァン」である。
私も、般若心経の呪文「ガテー・ガテー・パーラガテー・パーラサンガテー・ボーディ・スヴァーハー」はよく使う。
唱えれば、速やかに無思考に導かれ、不思議なこともよく起こるように思う。

草の上
AIアート686
「草の上」
Kay


これらの神仏の名、あるいは、マントラを唱えると良い効果があると思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)ザ・クレーター(2巻)(手塚治虫)
(2)東大オタク学講座(岡田斗司夫)
(3)脳科学からみた「祈り」(中野信子)
(4)神道の神秘(山蔭基央)
(5)密教の聖なる呪文
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード