ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

マントラ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

アファーメーションとマントラの中間の言葉

アファーメーションとは「肯定的確言」という意味で、たとえば、「私は金持ちだ」「俺はモテモテだ」などで、これを繰り返し唱えることで、この言葉通りの現実が実現する。
その原理は、アファーメーションにより、他の思考が起こらず、思考による潜在意識との通路の妨害が消えるので、潜在意識にアファーメーションの言葉が届けられ、万能の潜在意識がそれを実現するというものだ。
欠点としては、アファーメーションが、かえって余計な思考を引き起こし、潜在意識との通路が塞がれる場合が多いことだ。
だが、十分に多く唱えることで、うまく思考を消すことが出来る。

一方、マントラとは「真言」という意味で、言葉自体に意味はなく、これを唱えることで、思考を消し、潜在意識との通路を開く。
マントラの意味は広く、「オーム」とか「オンアロリキャソワカ」といった本当に言葉自体に意味がない言葉の他に、「私は在る」「私は誰か?」といった、言葉に意味はあっても、当たり前過ぎたり、答えようがなかったりで、結果、より強力に思考を消す言葉もマントラに含めることがある。
欠点として、マントラには宗教由来のものが多く、宗教的感情が宗教的想念を引き起こし易く、かえって無になれないことだ。
他にも、「単調で飽き易い」「退屈に感じる」ということがあるかもしれない。

マントラには、アファーメーションのような願いの内容が含まれていないが、「願わずとも良いことが起こる」ことが多い。
ただし、それには、かなり完全に思考を消し、無になる必要がある。

そこで、最も良いと思われるのは、アファーメーションともマントラとも言えない、思考を消す効果が高い言葉や、思考は多少は残るが、それは弱い思考でさほどの障害にならず、しかも、願いごとを示唆し、潜在意識が願いを叶え易いというものだ。
思考を消す効果が高い言葉としては、「私は在る」「生きている」「今」「私」「私は誰か?」「私とは?」「ありがたい」などがある。
思考を弱くし、願いごとを潜在意識に示唆する言葉としては、「お金がある」「ありがたいなあ」「幸せだなあ」「のどかだ」などがある。

苦しい時や、強い願いがある時は、アファーメーションやマントラが必要になる。
どうしても余計なことを考え、心が曇る・・・すなわち、潜在意識との通路が思考で塞がれてしまうからだ。
また、無自覚ながら多いのが、呆然とした不安が心にくすぶっていることで、これには、より適切なアファーメーションやマントラを用いることが必要である。逆に言えば、下手なアファーメーションやマントラが逆効果になりかねない。

どんな言葉が良いかは自分で選ぶべきで、宗教や宗教的な団体によくある、教祖や僧や団体の教師が言葉を一方的に授けるのは、宗教や団体が、信者や会員を隷属させるのが目的である場合が多い。
あくまで私の場合だが、最も効果がある言葉は「今」で、意外と好ましいと思ったのが「お金がある」である。
良さそうなものを試してみれば、自分に向いたものが簡単に分かる。
状況によって言葉を変えるのは悪くないし、必要な場合もあるが、あまりコロコロ変えるのも良くないだろう。
しかし、そのあたりの調整も自分で行うべきだし、行えるはずである。








想念を消すための一般的な注意と工夫

人間は、想念を消せば、自然に起こる願望を全て叶えられるようになっている。
だが、想念を消すことは、自分の意思で行わないといけないことは明らかだ。
つまり、健康な脳の状態のままで、想念を消さなければならない。
簡単に言えば、アルコールや覚醒剤の使用、事故による脳機能障害、催眠術による強制思考停止、睡眠薬・鎮静剤・麻酔の使用、老衰による脳機能低下といったものでは、想念が停止しているように見えても、潜在意識の無限の力は、その人間を中心に発現しない。

また、適度には知性を高めておくことが良いことであることが自然に推測される。
しかし、試験の成績を上げることだけが目的の学校の勉強は、かえって知性を損なう可能性がある。

潜在意識の力を発揮するのに、年齢は関係ない。いくつでも創造的でいられる。
ただし、長い悪習慣(飲酒や粗暴な行動習慣等)で、脳機能が低下してしまった場合には、見込みがないということもある。もちろん、そんな者でも更生する意思があれば大丈夫ではあるが、いったん低下した脳機能を元に戻すのは厳しい道となる。
偏った宗教やプロバガンダに染まってしまった者も駄目な場合がある。そのような思想的偏りは、脳機能も阻害するのである。

よって、我々は心身を健全にするよう工夫をする必要はある。
心と身体は一体であるので、身体だって、ある程度はいたわらねばならず、そのためには、適度な量のなるべき清らかな食事や、適度な身体活動が必要である。
だが、かなり悪い条件下にあっても、自分の意思で想念を消す気品ある志があれば大丈夫である。

まず、無駄なこと、下らないことを考えない意思は持つべきだろう。
自分の悪い条件を嘆いたり、自分を憐れんだり、愚痴を言ったり、他者や環境に文句や不平を言いたくなったら、そんな想いを止めなければならない。
そして、害のある想念を起こさせる最悪の思考が言い訳であることを自覚しておいた方が良いだろう。
そもそも、愚痴や不平といったものは、言い訳と一緒に現れるものである。
ヴァーノン・ハワードの本にも書かれていたが、「人間は何をしても許される。言い訳を除いては」という通りなのである。

だが、あれこれ細かいことを考えなくても、想念を消す方法はある。ただし、最低限の修養が出来ていればだが、健全な社会では15歳か、遅くとも、18歳には出来ているものである。しかし、現代の日本ではそうではない。
そこで、どうしても、仕事などを通じ、慎みのようなものを学ぶ必要がある。
ラマナ・マハルシのように、原因は分からないが、ごく若い時に強い啓発を受ける場合もあり、マハルシは16歳で想念を消す術を掴んだ。彼は、それまで、裕福な家庭で育った活発で聡明な普通の高校生だった。
まあ、働くか、働かないかは、運命によるものでもあり、働かなくても、高貴な意思があれば、想念を消し、潜在意識の力を発揮させることが出来る。ただし、普通の人では難しい。
実際は、なぜ社会で鍛えられることが必要かは、現代においては、学校やテレビに押し付けられた愚かな思想を削ぎ落すためである。
社会や権威に文句を言うだけなら馬鹿でも出来るが、社会や権威の影響を脱すためには修養も必要なのである。

ある程度の修養が出来れば、自分で意思し、想念を消せば、あらゆることに勝利出来る。
その補助としてなら、マントラ(真言)を唱えることが役に立つ。
良いマントラは魂に良いリズムを持ち、簡単に想念を消してくれる。どんなものが良いかは、自分で感じ取れば良い。つまり、自分が気に入ったものを選べば良いのである。
ただし、「このマントラが良い」という理屈を押し付ける話は信用しない方が良い(「アジマリカン」や「トホカミエミタメ」でそんなものが多い)。マントラに理屈は不要である。
選ぶのに困ったら、マハルシが「第1のマントラ」と言った「私」を使うのが良い。
修養が不足している場合でも、何かを熱心にやれば、救われる道は開けるものである。








神か悪魔になる時代

神とか仏、あるいは、神や仏の名を出すと、即座に宗教とみなされる傾向が日本では強い。
しかし、私は、宗教とは何か全く知らないので、そんなふうに思うことはない。
昔の、神とか仏という字が面白い。
神は神(示+申)で、「示」は祭壇とも言われるが、そのまま見れば「申して示す」となる。
仏は佛(人+弗)で、「弗」は「不」であり、「人ではない」という意味だ。

神と仏は違ったものではなく(宗教では違うのかもしれないが)、人でないものは全部、神であり仏である。
ただ、神の声とはよく言うが、仏の声とはあまり言わないように、神は直観や閃きとして感じるのかもしれない。

で、「私は神だ」という言い方は不遜と思うかもしれないが、聖者達は我々に「事実だからそう言え」と言うのである。
とはいえ、インドでは、直接そう言わず、「私は彼だ」「私はそれだ」などと奥ゆかしく言うし、英語でも、言うとしても、「God AM I」のGODは略し、「AM I」と言うという話がある。
ところが、日本では、人と神は親しいし、人間は神の子孫だし、あらゆるものに神は宿る。
しかし、日本では、「仏」が「人でないもの」と言うのと同じで、人だけが神でない。
ただし、この人は自我のことで、自我がなければ神、あるいは、仏なのである。

それで、神になる・・・というか、元々、神なのだから、なるもないのだが、神を実現する、神に復帰する最上の方法がある。それは呼吸と言霊を組み合わせたものだ。
何度か書いたことはあるが、再度述べる。
それは、
(1)息を静かに吐きながら「私はこれではない」と心で唱える。
(2)息を静かに吸いながら「私は誰か?」と心で唱える。
(3)息を吸いも吐きもせず「私は神である」と心で唱える。
である。
行えば行うほど、自分が神であることを思い出す絶妙な方法だ。
当然ながら超能力とか創造の力が高まるが、それに囚われて困った方向に行く者が多いらしく、それもあって、あまり教えられることがなかった。
しかし、今は、「おかしな方向に行かないようにやれ」という注意だけ与えて教えるしかない。
どういうことかというと、それだけ、人が、人であり過ぎる・・・つまり、自我が強くなり過ぎて、もう、慎重な方法では救えないからだ。
だから、地獄に行きたい者は行ってしまえとしか言えない。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』を読めば出て来るが、ある時期を過ぎれば、手のひらの上に金貨を出現させたり、さらに進めば、家を出現させることも出来るようである。
ところが、その力と自我との折り合いを巧妙につけてしまうものが悪魔というものかもしれない。
だから、悪魔はなかなか厄介なのである。

いきなり「私は神である」と言っても、良い意味でも悪い意味でも心が反発し、何も起こらない場合が圧倒的だ。
しかし、上に述べたようにやれば、心の抵抗をうまく回避出来、やればやるほど自我が消えていく。
問題は、自我が一気に勢力を盛り返すことだが、それは割とあるので、注意が必要だ。だが、さきほど述べた通り「注意しながらやるしかない」のである。
『スター・ウォーズ』で、ヨーダが若きルークに「フォース(力)の暗黒面に飲み込まれるな」と言ったのも、その意味があるのかなあと思う。
だが、これからの世の中は、神か悪魔にでもならないと悲惨だ。
そんな世界になるのである。








マントラで超越意識に入る

マントラ(真言)は、宗教の修行として、長時間、声に出して唱えられることが多い。
その場合は、独特なリズムで唱えられる。
念仏でも、「なーんまいだーぶ」といった節回しで、朗々と唱えられる。
なぜ、そのようなことをするのかというと、トランス(変性意識状態。通常とは異なる意識状態)に入るためで、人間は、トランスに入ることで、超常的な能力を呼び起こす。
ただ、昔の寺などでは、トランスなどの人間の意識の理解が十分ではなく、長時間、声を出してマントラを唱えることで、身体が衰弱し、脳も異常状態になって、幻覚を見ることも多かったと思われる。
その幻覚の中で、神や仏の姿を見て有り難がったりして、おかしな方向に行ってしまうことも多かったに違いない。
親鸞だって、若い頃、過酷な念仏修行をやらされているうちに、阿弥陀如来の幻覚を見たが、彼の場合は、「これはおかしい」と気付いて、寺を去り、修行をやめたそうだ。

ただ、無理のない範囲でマントラを唱え、良いトランスである超越状態に入ることは利益のあることと思う。
お寺で唱えられる、阿弥陀如来や観世音菩薩、あるいは、大日如来や、その他の、仏・菩薩の真言は、元々、語感が良く、適度なリズムで唱えることで、容易に浅いトランスに入ることが出来る。
それだけではなく、それぞれのマントラは、人類の共通の意識である集合無意識の中の独自のエネルギーと共鳴することで神秘的効果を発揮すると思われるが、ここらは、客観的証明が不可能なので、試すしかない。しかし、そんな高次元的効果は、あると考えて間違いないと思う。しかも、単にあるだけでなく、つながっている力そのものは強大なので、唱える者によっては、驚異的な力も発揮出来るのである。役小角(えんのおづぬ)のような修験者が、超能力と思える力を発揮したのも、そのような仕組みによるのかもしれない。

今は、YouTubeで、僧がマントラを唱える声を聞かせてくれるものも、容易に見つけられる。
例えば、阿弥陀如t来真言であれば、
【YouTube】阿弥陀如来梵音
で、一定のリズムで唱えている様子を1時間も聞くことが出来る。
(「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」と唱えている)

ただ、我々は、声を出さず、心の中で唱えると良いと思う。
僧が声を出すのは、指導するという目的があり、また、修行者が声を出すのは、ちゃんと修行しているか、上級僧が監視する目的もある。
だが、我々の場合は、どちらも不要だし、声を出してマントラを唱えることは、いろいろ不都合もある。
それに、心の中で唱えた方が、深い心(超越意識)に入って行き易い。
また、いつでも、どこでも、なるべく多く唱えるという意味でも、心の中で唱えるべきである。
そして、YouTube動画にあるようなリズムは、長年の実践で導き出されたもので、参考になると思う。
(節をつけて唱えるか、淡々と唱えるかは自由であるが、自分に合う節で唱えると、超越意識に入り易い)
マントラを唱え、余計なことを考えず、高次の力(神仏の力)にゆだねれば、邪な想いがない限り、全てうまくいくと思う。








真言が人を救い向上させる原理

アファーメーション(積極的な断言)、真言(マントラ)、呪文、自己暗示、念仏などは、1つを選択し、唱えることが最も良いと思えるが、我々普通の人が、ただ1つの言葉を選択することは難しいかもしれない。よって、いくつでも構わないが、とにかく何かを唱えた方が良い。
というのは、放っておいたら、我々はとかく下らないことを考え、それを拡大し、妄想としか言えないものの中に簡単に沈み込むからだ。
しかも、脳が自動的に行なう思考のベースは、生まれてからこれまでに、親、学校、テレビなどのメディアなどから叩き込まれたもので、それらは最悪のものが多い。
また、脳科学の研究によれば、脳は、1分間に三百以上もの言葉をつぶやくと言われるが、普通の人では、その言葉はネガティブなものが圧倒的に多い。
いずれにしろ、そうやって、自分の意思とは関係なく働く脳は、エネルギーを消費し、しかも、気分をネガティブにして、何もしなくても疲れてしまうことが多いのである。
それでは、人生がうまくいくはずがない。

アメリカで、「ナ・ダーム」という、何の意味もなく、また、どんなイメージも想起させ難い言葉を、末期の癌患者に唱えさせると、奇跡のような回復が起こったという話があるが、これは、意味のない言葉をつぶやくことで、脳の無秩序な思考を止め、エネルギーをセーブして脳を健康な状態に保つことにより生命力を高めたと言えるかもしれない。いずれにしても、顕著な効果があったのである。
発明家で能力開発の大家であった中山正和氏は、般若心経の呪文「ぎゃてい、ぎゃてい、・・・」も、そんな用途で使うことを勧めていたと思う。
もちろん、般若心経の呪文には、高次の力の効果も期待出来るが、それを置いておいても、これは良いリズムのある言葉であり、大きなマイナスを防ぐだけでも、素晴らしい効果がある。そして、その上に、神秘な力が秘められているのである。
このことは、あらゆる高貴な真言や、神仏の名についても言える。
私も、昔から、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」や、観世音菩薩真言「オン、アロリキャ、ソワカ」を唱えているうち、心が静かになれば、直観が冴え、また、現実操作が出来ることもよくあった。
自分が好きな真言を、1つか2つ(それ以上でも構わない)持っていることは良いことと思う。

ニサルガダッタ・マハラジも最高の真言と言った「私は在る」や、イギリスの賢者F.L.ローソンの究極の言葉、「神の他に何もない。ただ神だけがある」は、唱えた者をただちに高次元に引き上げ、神としての活動に入るようになるだろう。
無論、深い海に潜る時は、徐々に慣れていく必要があるように、意識が高次の領域に進むのも、毎日、たゆまず、真言を唱えることで、少しずつ慣れていく必要がある。

真言、アファーメーションは、心の中で、ゆっくり、静かに、穏やかに、丁寧に唱えなければならない。
感情を込め過ぎたり、せかせか唱えては、かえって無駄なエネルギーを消費し、疲れてしまう上に、アファーメーション自体を否定するような想念を起こしかねない。

何も考えず、ぼーっとする時間は必要なものだが、本当にぼーっとしているのではなく、脳の中で、妄想やネガティブな言葉が空回りしているのであれば、それをただちに止めないといけない。
だから、特に現状を変化させたいと望むなら、このブログでよく取り上げる言葉(もはや真言とも言える)「神様の奇跡が起こる」を唱えたり、「私は最高の気分だ」といった言葉を唱えると良い。
ツイてるやつとツイてないやつ・・・それを分けるのは、良い言葉を唱えているか、そうでないかが大きな要因である。
また、敢えて今回は強調しなかったが、言葉によっては、非常に霊的な効果もあるので、いっそう丁寧に、そして数多く唱えると良いと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード