ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ベルベル・モーア

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

アファーメーションに関する有益な注意

今回は、アファーメーション、口ぐせ、マントラの役に立つ注意を述べようと思う。

アファーメーション、口ぐせ、マントラは短く単純なものほど、思考が起こらず、テンポが良く、楽で続き易く、結果、願いが叶う(世界を好ましく創造出来る)。
たとえば、「お金がある」「幸せだなあ」「ツイてる」などである。
社会状況を見れば、日本人の大半には「お金がない」という観念というか、偏見、洗脳が刷り込まれているので、「お金がある」と唱えれば、その観念(心の深奥の思考パターン)が書き換えられ、お金がある状態になる。
ところが、「お金がある」と唱えても、お金が出来ない人がいる。
それは、「お金が欲しい」という過度の感情と共に「お金がある」と唱える人だ。
これは別にスピリチュアルな理由ではなく、そんな人は、お金がないから「お金がある」と唱えていることになってしまい、結局、お金がないという観念が強まるのだ。
だから、「お金がある」と言う時は、感情を込めず、淡々と言わなければならない。
「幸せだなあ」も、本当に幸せを感じている場合はまだいいが、幸せになりたくて「幸せだなあ」と唱えると、現状は幸せでないという観念が強まるのだ。だから、やはり、感情を込めず「幸せだなあ」と唱えないといけない。
「ツイてる」も同様で、「ツキたい」という欲で唱えると、今はツイていないという観念が出来、やはりツカない。

アファーメーションは念力ではなく、観念の書き換えが目的なのであるから、感情はいらないし、害にすらなる。
それで、否定しようのない言葉を唱えるという、危険のない方法がある。
たとえば、藤平光一さんの「重みは下にある」がそうだ。
「生きている」という言葉も、否定出来ないだけでなく、生命を活性化させるようで、良い効果があるようだ。
ニサルガダッタ・マハラジは「私は在る」は究極の言葉だと言う。なぜなら、人間が唯一否定出来ないことは「私は在る」ということだけらしいからだ。
だが、これは、「私」の定義次第なのだ。
それで言えば、昨日もご紹介した「私は私」は、最も力がある言葉で、そのことを『マスターの教え』でマスター(大師)が語っているのである。
よって、本当は「私は私」だけで良いのであると思う。
※実は私は、ニサルガダッタ・マハラジの「私は在る」は、本当はマハラジは「私は私」と言ったのだと思う。つまり、翻訳の問題だ。

ただ、「お金がある」は、感情を込めずに唱えれば、やはり効果があると思う。
私が知る範囲で、やった人は皆、かなり短期間で効果があったからだ(直近の例では約2000万円を一度に)。

お星さまとの会話
AIアート599
「お星さまとの会話」
Kay


それで思うのだが、大目標は、ノートにでも一度書いて忘れてしまい、普段は短いアファーメーションやマントラを唱えるのが良い。
大目標とは「私は上場企業の経営者だ」「私はベストセラー作家だ」「私は国会議員だ」といった感じだ。
ベルベル・モーアの『その望みは宇宙が叶えてくれる』(同じ本の別翻訳が『星からの宅配便』)で、モーアが宇宙に「願いを注文」する方法は、ノートは使わないがやり方は同じで、宇宙に対して、たとえば「お城を頂戴」と頼んで、後は忘れれば叶う。
大作詞家、阿久悠さんの方法も同じで、息を吸ってイメージし、吐いて忘れれば叶う。
しかし、これらの方法を真似したら、どうしても、何度も願ってしまうが、それは、願いを叶えてくれる存在(モーアの場合は宇宙)を疑っていることを意味する。
そこにいけば、一度書いて、二度と書かなければ宇宙を信頼していることになり、叶い易いというか、普通は確実に叶う。
書いたものは二度と見ないようにするが、たまたま見てしまったとか、誰かに見られたとかは、あまり気にする必要はない。とはいえ、やはり、書いたらどこかにしまっておくと良い。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
・『マスターの教え』(ジョン・マクドナルド)の翻訳3種類
(1)マスターの教え(飛鳥新社。山川紘矢・山川亜希子訳)
(2)『あなたの人生をプラスの結果に導く マスターの教え』(パンローリング。関岡孝平訳)
(3)『The Message of Masters あなたの運命の主人となるために』(ボイジャー・プレス。若葉椰子訳)
・『The Cosmic Ordering Service(宇宙通販サービス)』(ベルベル・モーア)の翻訳2種類
(1)その望みは宇宙が叶えてくれる(ベルベル・モーア)
(2)星からの宅配便(ベルベル・モーア)

賢い社長のようにエゴを扱う

「いったい、どうすれば、神様はお恵みをくれるんだ?」と思ったことがあるかもしれない。
それは、困っている時や、悩みがある時だろうが、突き詰めて言えば「不安がある時」だ。
つまり、最もシンプルに言えば、「神様!不安を消して下さい」ということになる。
『心配事の9割は起こらない』なんて本があるが、1割は起こるのだし、1割起これば十分以上に嫌だ(笑)。

ベルベル・モーアの『その望みは宇宙がかなえてくれる』(『星からの宅配便』という別の翻訳者による翻訳もある)に、こんな話がある。
マルタという女性が、胃の具合が悪くて医者のところに行ったが、その医者は診察をしてくれなかった。
本には書かれていないが、医者は、マルタの問題は精神的なことだと分かったのだろう。
ちなみに、「心身医学の父」ゲオルグ・グロデックや、「NLP(神経言語プログラミング)の父」リチャード・バンドラーは、全ての病気は心因性と言う。グロデックにいたっては、怪我すら心因性であると断言する。
医者は、マルタに、嫌なことがあったら「心おだやかに」と唱えなさいと教えた。
マルタは、嫌々やってみたが、なるほど、効果的であることが分かり、学校に嫌な男の子がいるという10歳の娘のアンナに、この呪文を教えたら、いろいろあったが、やはりうまくいき、それから、マルタの学校で「心おだやかに」が流行り出した。

「心おだやかに」は、「心配事の9割は起こらない」が本当かどうかはともかく、心配事自体をなくす呪文だ。
だが、不安があまりに大きい人には、きっと「心おだやかに」は効かない・・・というより続かない。
エゴの反発が大きいからだ。
それで、もっと良い呪文は「完璧だ」である。
「心おだやかに」は、マルタやアンナもそうだったが、「そんなこと言っても、やっぱりムカつくだろ?」と言うエゴに苦しめられた。
また、アンナがうまくいったのは、たまたまだった。
しかし、「完璧だ」なら、エゴは反論出来ない。
なぜなら、いかにエゴでも、宇宙の真理には逆らえないのだ。
合氣道家の藤平光一氏は「重みは下にある」と言えば、氣が出て何でも上手くいくと言ったが、これも同じ理屈だ。
「重みが下にある」ことにエゴは反論出来ないので、エゴは黙る。エゴが黙れば、願わずともうまくいく。
ただし、「重みは下にある」は、言葉として、あまりすっきりしないし、ちょっと知識があれば、重みは万有引力で起こるのであり、下か上かは関係ないことが分かる。つまり、万有引力が働く方向を「下」と言うのは科学的に正しくないことが分かる。
そこで、もっと大きなエゴを黙らせる言葉が「私は在る」だ。
これなら、エゴは反論しようがないというわけだ。
でも、私のエゴは賢いので反論してきた(笑)。
ルドルフ・シュタイナーが言う「われ思う、ゆえにわれなし。われ思わず、ゆえにわれあり」を美しいと思ったのだから、やはり駄目だった。
しかし、「完璧だ」なら、全く反論出来ない。
「心おだやかに」「重みは下にある」「私は在る」も、決して悪くはないが、それなら、「私はお金が大好きだ」の方がエゴが反発しない人が多いだろうし(お金が嫌いと言う変人もいくらかはいるらしい 笑)、どこかの2枚目俳優のように、いくつになっても「女の子が大好きだ」と素直に言った方がエゴは反発しない。
ただし、「私はお金が好きだ」「私は女の子が好きだ」だと、エゴは「だけど、お前、お金ないじゃん」とか「だけど、お前、モテないじゃん」と言うかもしれない。そんな思いが起こったら、「だけど好きなものは好きだ」と言い返してやれば良い。
お金や女の子が好きなのはエゴなのだから。
一方、「完璧だ」は、権威を持ってエゴを黙らせる。

隣の家の美人の奥さんが好きだという場合、「好きになってはいけない」などと演歌のように言っても(笑)、エゴは「だけど好きだろ?」と言ってくる。だから、「好きなことは好きだ」と、最初から認めた方が良い。すると、エゴは、もう言うことはないから黙る。
まあ、演歌も、うまく使えば、エゴを「丸め込む」ことが出来るのだが、やはり、素直が一番だ。
別に、好きだからといって、隣の奥さんを略奪する必要はない。
しかし、馬鹿がいて、そこまでやろうとする者もいるかもしれない。
だから、万能な「完璧だ」と唱えると良い。隣の奥さん略奪計画を実行する気満々でも構わないから。

私は、「お金大好き」「女の子大好き」と言って、エゴをうまく制御しているが、ここという時は、権威を持って「完璧だ」と言う。
丁度、賢い社長が、従業員を普段は多少は伸び伸びさせるが、ここと言う時には、立場の差を思い知らせてびしぃっと言うのに似ている。








「君なら出来る」と言われたら出来なくなる原理

ソクラテスが、「私は人類の中で一番知恵がある」と言ったのは、単に、それを確認したからで、ソクラテスが人類最高の知恵の持ち主と言ったのは、そう神託を受けた巫女だった。
謙虚な人間であれば、「あなたは賢い」と言われたら、「いえ、そんなことはありません」と否定するし、ましてや、「人類で一番」などと言われたら、「ひぇー!とんでもございませんやダンナ!」とでも言いたくなるだろう。
実は、ソクラテスもそうだったが、信託に逆らうわけにもいかない。
それで、とりあえず、自分より知恵がある人間を1人見つけ、再び神託を仰ごうとした。すぐに見つかるはずだった。
ところが、いくら探しても、自分より知恵がある人間が見つからないので、ソクラテスは神託を受け入れた。
確かに、私が一番知恵がある。
では、ソクラテスは、何を持って、自分と他者のどちらが知恵があると判断したのだろうか?
簡単だ。
「自分には知恵がない」と思っている方が知恵があるのだ。
ソクラテスが訪ねた、有名な科学者、技術者、文学者、芸術家たちは、皆、自分の能力は自分が持っているものだと思っていた。
しかし、ソクラテスは、自分の能力は、誰でもやる日常的なものを除き、自分のものではなく、内なる神の力だと「分かっていた」。

ところで、何でも同じだが、人間が知恵を選ぶのではなく、知恵が人間を選ぶのである。
では、どんな人間を知恵が選ぶのかというと、自分には知恵がないと知っている者である。

引き寄せも同じで、人間が引き寄せの力を選ぶのではなく、引き寄せの力の方で人を選ぶのである。
そして、どんな人が引き寄せの力に選ばれるのかというと、自分には引き寄せの力がないと分かっている人である。

丁度、イエスが、「私には出来ない。だが、神に出来ないことはない」と言ったようにである。
別の言い方をすれば、
「私(顕在意識)には出来ない。だが、潜在意識に出来ないことはない」
「私(個人意識)には出来ない。だが、宇宙意識に出来ないことはない」
「私個人の力には出来ない。だが、宇宙の活力に出来ないことはない」
である。

アメリカ映画などではよく「君には出来る」「お前なら出来る」と言う。
だが、そんなことを言われ、信じたら出来ないのである。
だから、説得力ある人間に、「君なら出来るよ」と言われたら災難である(笑)。
期待されているが、自分に出来るとは思えない。しかし、やるしかないので、とりあえず、何も考えずにやってみる。
そんな時にうまくいくのである。
だから、本当に良い指導者は、「失敗してもいいからやってみろ」と言うのである。

『その望みは宇宙がかなえてくれる』で、著者ベルベル・モーアが、友達から、「宇宙に注文したら叶う」と言われ、馬鹿馬鹿しいと思ったが、とりあえずやってみた。
この状況が、上の「とりあえず、何も考えずにやった」と同じである。
モーアは、「〇〇月××日までに、以下の条件の彼氏頂戴」と宇宙に注文した。かなり無茶な条件だった。
彼女は、注文のことは忘れたが、ちゃんと期日までに、注文通りの品・・・じゃなく、彼氏が届いた(笑)。
彼女は、自分に出来るとは全く思っていなかった。だから叶ったのである。
それに、彼女は別に、宇宙を疑っているわけではない。
ソクラテスも同じで、単に、自分に知恵がないと分かっていただけである。

「私には出来ない。だが、神に出来ないことはない」
イエスのこの言葉を、ただ言葉として憶えていると良い。








楽しいハンド・パワーその他の使い方

私は、マントラにしろ、念仏にしろ、祝詞にしろ、必ず声を出して唱えよと言う人を全く信用しない。
なぜなら、世の中には、声が出せない人も沢山いるからだ。
声が出せない人が、神仏や宇宙や高次の力の恵みを得られないなんて無茶苦茶な話だということが分からないのだろうか?

また、最近よく取り上げるハンド・パワーは特定の方法があるのではなく、むしろ、やり方は無限だ。
無論、優れた研究者や術者には敬意を持ち、謙虚に学ぶことは必要だが、やり方自体は他にもあるのだ。
だから、アレクサンダー・ロイド博士の「ヒーリングコード」が本当に素晴らしいものだとしても、それが絶対の方法ではない。
これも、マントラと声の関係と同じで、ヒーリングコードは基本、両手と、それなりの長さの腕が必要だが、それらを持たない人だって沢山いるし、両腕がない人だっている。
身体的な条件で高次の力が使えないなんてはずはない。
ハンド・パワーは確かに強力であるが、強い高波動エネルギーを発することが出来るのは、手や指だけではなく、額や心臓もそうで、これらがない人間はいない。
ところで、心臓といえば、ほとんどの人間は心臓は胸の左側に在るが、ラマナ・マハルシは、胸の中央から指2本分右に魂の座があると常に言っており、それを信じるなら、胸の右側に意識を持って行く行法も考えられる。

今朝も書いたが、合掌し、両てのひらをぴったり合わせ、やや強く押し合わせれば気が発生し、それが体内、あるいは、心を巡り、良い作用を起こすと考えられる。
その際、それが出来る両手があることに、たまに感謝する気持ちを持てば、さらに効果が上がるように思う。
伸ばした指の先から、宇宙の果てに気が飛ぶと思うと本当にそうなるが、その時、ついでに、宇宙に対して願い事をすると叶い易い。
ただし、あまり必死に「お金を下さい!お願いします!」とかではなく、「お金ちょうだい」程度にソフトに頼んだ方が叶い易い。
『その望みは宇宙がかなえてくれる』の著者ベルベル・モーアは、まさにそんな頼み方で、挙句、「お城ちょうだい」で、本当にお城ゲットしてしまった(笑)。

身体の不調や痛みがある部分に手をかざすと、別に、気を送っていると思ったりイメージしなくても、自然に気が送られる。
むしろ、何も考えない方が良い。思考が消えている時が一番、気が出易いほどのもので、優れたヒーラーには、幹部に手をかざしながら、全く無念無想の人もいれば、頭の中で讃美歌が聴こえたり、大聖堂の鐘の音が頭の中で鳴っていると言う人もいる。いずれも、思考は静まっているのだと考えられる。
額に意識を集中すれば、確実に気やプラーナと呼ばれるエネルギーが出るし、その時、息を止めれば、さらに強く出ると言うヨーギ(ヨガ修行者)もいる。
あるいは、右まゆの左付け根に意識を置き、心の中で、息を吸う時「ナ」、吐く時に「ダーム」と唱えると、額のエネルギーセンターから、必要な箇所にエネルギーが送られるという科学的研究もある。
『バガヴァッド・ギーター』でも、額に息を集中することが勧められている。
また、心臓から、まばゆい白い光が発せられていると思うと、実際に、特別な光が発せられて、それが人を惹きつけるというのが「チャームの魔法」であると教えている魔法使いもいる。ポイントは、光が発せられているとイメージするのではなく、軽く、そう思うだけにするということだ。ちゃんと思えたかどうかなども気にしてはならないという。

上に挙げたようなものの中で、好みのものをやれば、がっかりすることはないと思う。








一瞬のイメージしか叶わない

願いが叶った状態がイメージ出来れば願いは叶う。
だが、叶わない人が多いのはなぜかというと、「イメージしようとする」からだ。

イメージは、イメージ脳である右脳で行うものだ。だが、言語脳である左脳が出張ってくると、右脳の活動が停止し、イメージが崩れる。
つまり、願いが叶った状況を、具体的に細かくイメージしようとしたら、「あそこはこんな色で、こんな形で、大きさは・・・」と左脳で考えてしまい、それによって、右脳は活動を止めるのである。
では、どうすれば良いかと言うと、「一瞬でイメージする」ことである。
それには、どうすれば良いかと言うと、「1つの短い言葉」を使う。
例えば、大金が欲しければ、「富」とだけ心で言い、「イメージしよう」とせずに、心に「イメージさせる」のである。
「富」と言ったら、自然にイメージが浮かぶのである。
イメージは一瞬で良い、いや、一瞬でないといけない。
右脳に時間間隔はなく、長時間イメ―ジしようと思ったら、時間感覚のある左脳が優勢となり、それで純粋なイメージは消えるのである。
一瞬なので、意識出来ないが、あなたの右脳は間違いなく優秀なので、ちゃんとイメージしているのである。

サンマーク出版に、『星からの宅急便』『その望みは宇宙がかなえてくれる』という2つの本があるが、どちらも、ベルベル・モーアの同じ本を、同じ翻訳者が、別の時期に訳した本で、なぜ、そんなことをしたのか分からない。前の翻訳が悪かったと思ったのか、読者から「翻訳が悪い」とクレームがついたのか・・・まあ、分からない。
(『星からの宅急便』は2004年、『その望みは宇宙がかなえてくれる』は2008年に翻訳が出版されている)
それはともかく、この本の著者の女性は、たとえば、
「年収1000万円で、身長182cmで、30歳の恋人ちょうだい。期限は2022年2月28日」
と宇宙に「注文」すれば、Amzonに注文した時のような確かさで、望んだものが得られるようである。
だが、普通の人がやると、「身長182cm」というところで、具体的にそれを想像し、左脳を使ってしまうので、右脳のイメージが崩れてしまう。
だから、上のように、願いの内容を決めたら、具体的にあれこれ考えてはいけない。
このことを、著者は、「願ったら忘れること」と表現しているが、この言い方が誤解されるのだと思う。

大作詞家だった阿久悠さんは、息を吸って、自分が作詞した曲がヒットした様子をイメージし、息を吐いたら忘れることで、実現する(実際にヒットする)と言ったようだ。
これもまた、イメージは、右脳に勝手にイメージさせているのであり、自分で細々考えるのではない。
例えば、「ヒット」と一言心で言えば、右脳が勝手にイメージしてくれる。
右脳にイメージさせるのであり、左脳がイメージを作ろうとしてはならない。
「ヒット」と心で言えば、後は、何もしてはならないのである。
心配しなくても、あなたの右脳も超優秀であり、必ずイメージしてくれるのである。
例えば、ガールフレンドが欲しければ、紙に「18歳。158cm。すらりとした美人。優しい」と書けば、それをさらっと見るだけにし、左脳や意思が余計な介入をしなければ、あなたの超優秀な右脳は、すぐに最適なイメージを作り、そのイメージは潜在意識、あるいは、宇宙に送られ、その通りのガールフレンドが出来るのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード