ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

パラレルワールド

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

マッチ売りの少女はパラレルワールドに移動していた

無限の、想像可能なあらゆる世界(宇宙)が存在するというパラレルワールド(並行宇宙)理論は、世界はコンピューターが作っているVR(仮想世界)であるというシミュレーション仮説と共に、それが現実であると考えられるようになってきていると思う。
ただ、この両者を結びつける理論がまだないのだが、相対性理論と量子力学という、それぞれは正しくても、この両者を結び付るのが難しいように、どちらも正しいということは十分にあり得ると思う。

引き寄せは、パラレルワールドとシミュレーション仮説のいずれかと共に語られることが多くなってきたが、それは壮大なお話になると共に、壮大過ぎてファンタジーっぽくもなっているのだと思う。
だが、ファンタジーこそが本当だというのが、昔から賢者によってよく言われてきたことでもある。

人間の望みは、健康であること、美しいこと、愛されること、敬われること、多くを所有すること、そして、好みの男性や女性と共に親しくあることで、それらによって、安心と満足を得ることで幸福を感じる。
だが、理屈ではなく、感じることで、この世界の有り様を知ってしまった者は、一切が不要になる。
とはいえ、その前に、あらゆる良いことが自動で起こるということを体験する場合が多い。
それは、なんらかのきっかけで起こる。
精神医学者のデヴィッド.R.ホーキンズ博士の場合、少年時代に凍え死にしかけた時に分かってしまったという。
マッチ売りの少女は、マッチを一回擦る度にパラレルワールドに移行したが、彼女には欠けたものがあったため、元の世界に引き戻された。
アンデルセンは、彼女が見たものは、ただの幻想ではないことを強調したのだが、アンデルセンも、このお話を絵本にした人も、それが何であるかを表現することが出来なかったので、このお話は、単なる白昼夢とされている。

我々は、無限のパラレルワールドに同時に存在するが、この世界にリアリティを感じているので、この世界が現実で、他のパラレルワールドを空想、あるいは、想像世界と見なしている。
自分がとんでもない大富豪である世界もあるのに、あまり豊かとは言えないこの世界にリアリティを感じているので、こちらが現実になっているのだ。

根本的には、「この世界は幻のようなものだな」と分かった時に、無意識的に好きな世界にリアリティを感じるようになり、表向きには、何をやってもうまくいくし、何もしなくても幸運に恵まれる。
たとえば、宇宙飛行士が宇宙から地球を見た時に感じる幻想感は半端ないので、パラレルワールド移行を普通にやるようになり、ほとんどの宇宙飛行士は、地球に帰って来た時には別人になっていると言われる。
ただ、宇宙飛行士はうまくいく条件が出来ている。
彼らは非常に個性派揃いなのだ。
そりゃ、よほどの変人でない限り、狭いカプセルに閉じ込められて宇宙に行こうなんて思わないからね(笑)。
一方、酒やドラッグに溺れて、この世界が幻だと一瞬分かっても、そうなる人間には本物の個性がないので、すぐに帰って来る。与太者扱いされる世界にね。
だから、あなたは世間に拒否されるほど個性を磨かないといけない。
岡本太郎が、「嫌われたっていいじゃないか。いや、嫌われないといけない」と言ったようにね。








嫌な思い出をただの想像に変える

昨日も書いたが、現実世界と想像世界に違いは全くない。
我々は、想像世界が無数あるのに対し、現実世界は1つだと思っているが、実は、現実世界も含め、全く同等な想像世界だ。
ただ、想像世界の中の1つにリアリティを感じると、その想像世界を現実世界だと思い込むだけである。

リアリティを感じる想像世界である現実世界の特徴は、
・主観的(自分が世界を見るが、自分を直接見ることは出来ない)
・カラー
・動いている
・近くにある
・大きい
・明るい
である。
よって、このように想像すれば、その想像世界のリアリティが増し、現実世界に入れ替わる。

ここまでは昨日も書いた。
では、その応用として、この世界を、ただの想像世界にしたいなら、現実世界を上と逆に感じれば良いのだが、それはちょっと難しい。
そこで、嫌な思い出を、ただの想像にするために、その思い出を上と逆の方法で想像すれば良い。これなら簡単だ。
つまり、その思い出を、上とは逆に、
・自分の姿を見るように想像する。
・モノクロにする。
・動きのない世界として想像する。
・遠くに想像する。
・小さい世界として想像する。
・暗く想像する。
とすれば良い。
別に、全部でなくても、その嫌な思い出が、モノクロの世界で、そして、その中に自分が見えるように想像するのだ。

尚、さっき、現実世界をただの想像世界にするのは難しいと書いたが、実際には、現実世界にあまりリアリティを感じていない人もいる。
急に現実世界のリアリティが消えた時、よく、「世界から色が消えた」などと言うが、それは実際の経験をそのまま言ったのである。
現実にリアリティを感じていない人は、いずれ、この現実世界から消えるか、逆に、この世界にリアリティを感じざるを得ないような出来事を起こしてしまう、
尚、この世界に弱いリアリティを感じているが、他にリアリティを感じる想像世界がない場合、この世界で浮遊霊になることがよくある。
地縛霊なんてのも、そんな類と思われる。
だから、現実が嫌で、現実世界のリアリティを消したい場合、ちゃんと、他の居たい世界を想像しておかないといけない。
現実世界のリアリティを消す最も健康的な方法は、自分を客観視することだ。
自分から抜け出し、空中をぷかぷか浮かんで自分を見るのだ。
その時、自分のことを貶めないことだ。自己評価をせず、ただ見るだけである。
そして、これをやることで、案外に精神が発達し、引き寄せがうまくなるものだ。
だから、これを精神的修行として勧める者もいるが、やるなら修行だとか言って意気込まず、気楽にやることである。

自分を客観視する程度で、この世界のリアリティをやや弱くし、居たい想像世界をリアル化すれば、容易に、新しい現実に移行出来ると思う。








想像世界を現実世界にする方法

今朝の話を、もっと簡単に面白く出来ないかと思う。
それほど重要なことだからだ。
簡単に要点を言えば、「現実世界と想像世界に差はない」ということだ。
正確には、「現実世界も本当は想像世界」である。
では、なぜ、同じ想像世界なのに、ある想像世界が現実世界と呼ばれ、別の想像世界が現実世界と呼ばれないのかというと、ただ1つ、自分が感じているリアリティだけの問題だ。
つまり、最もリアリティを感じている想像世界を現実世界にしてしまっているだけなのだ。

だから、想像世界Aのリアリティを高め、そのリアリティが、今の現実世界より高くなれば、想像世界Aが現実世界になる。
その簡単なやり方はすぐに述べるが、思い当たる注意点を上げる。
たとえば、精神病院に行けば、自分がキリストだと主張する者や、自分は高貴な貴族(実際はただの庶民)と言い張る人がいるだろう。
彼らは、別に嘘は言っていないのだ。
彼らは、自分がキリストだとか大貴族である想像世界のリアリティを高め、本当にそれが現実だったのだ。
ただ、そのために覚醒剤を使ったのだ。
覚醒剤を使うと、時々、そのようなことが起こる。
もし、そのままだと、彼らは我々の現実世界から消え、彼らが自分で作った想像世界で平和に過ごせた。
しかし、覚醒剤の効果はすぐに消えるものだ。
それで、彼らは、自分がキリストである想像世界にリアリティを持たなくなっているに関わらず、確かにそうだったという想いで、その想像世界にしかみつく。だから、彼らは、「君はキリストではない」と言われたら猛反発する。本当にリアリティを感じていることを否定されたら、戸惑う反応があるはずだが、彼らはそうではなく、怒ったり、「君は分かっていない」と冷笑するフリをするしかないのだ。
だから、覚醒剤はもっての外だが、アルコールや極端な睡眠不足といった、精神異常をきたすことは避けるべきである。

では、想像世界をリアル化する方法を述べる。
リアリティが高い世界では、自分が主体だ。
つまり、見ているのは自分であり、直接、自分を見ることは出来ない。
だから、その想像世界にリアリティを持たせたかったら、その想像世界の中の自分に入り込み、自分の周囲でぷかぷか浮かんで自分を見るようなことはしてはいけない。
そして、リアリティが高い世界は、カラーで動いている。
だから、リアリティを高めたい想像世界は、カラーで動いているように想像しなければならない。
他にもいろいろあるが、とりあえず、これだけ実践すれば良い。
それでも、もっと詳しく知りたいなら、別の目的で書かれたものだが、リチャード・バンドラーの『神経言語プログラミング』を参照して欲しい。








辛いループを抜け出す呪文

ロバート・モンローの『魂の体外旅行』に、こんなような話があったと思う。
ある人のペットの犬か猫が死んだ。
その人は悲観に暮れ、死んだペットを憐れむ。
で、やり直し。
次は、その人は自分を責めさいなんだ。「僕がもっとしっかりしていれば!」
で、やり直し。
次は、その人は、悲しくはあったが、思った。「これでいい。さよなら。ありがとう」
で、クリア。
ちょっとゲームみたいだ。

あなたも、こんなふうに、同じ経験、あるいは、似た別の経験を繰り返している。
クリアするまで。
クリアする呪文は「完璧だ」だ。
上の人も、一言「完璧だ」と言えばクリアできた。まあ、最後のはそれに近いので合格だった。

あなたは、何があろうが、それがベストな出来事だという判定「完璧だ」を言えば、そのステージをクリアし、、もっと楽しい次のステージに進む。
こう言うと、必ずこんなふうな反発を受ける。
「これが完璧だって?お前はこんな経験をしたことがないから、そんな気楽なことが言えるのだ」
「よくもこんなのが完璧だって言えるわね。この人でなし」
まあ、そう言いたい気持ちも少しは分かるのだ。
だって、世の中が理不尽なものだということは、割と知っているからね。
だが、「完璧だ」って言わないと、同じことを繰り返すのだ。
しかし、口先だけでも「完璧だ」って言えば、どんな出来事が起こっても、それが完璧であることが分かって来る。
分かってしまえば、悪いことは起こらなくなる。
まあ、うっかり心を曇らせると、その曇りを拭うために、また悪いことが起こるかもしれないが。その時はまた「完璧だ」と言えば良いのである。
何か悪いことが起こったら、あるいは、良いことが起こったら、あるいは、別にどっちでもない何かが起こったら、「完璧だ」と言う(あるいは心で想う)ようにすれば良い。
あるいは、何の脈絡もなくても、「完璧だ」と口ぐせのように言えば、もっと良いのである。








「ちゃんと」空想することの大切さ

ほんの10年ほど前は、世の中の情報の99%がデジタル情報で、1%がアナログ情報だと言われていた。
世界には、膨大な数の書籍や印刷された、あるいは、手書きされた情報、あるいは、アナログレコードやカセットテープに記録されたアナログの音楽情報があるが(レコードやテープにデジタル情報を記録することも可能だが、今はほぼない)、そんなアナログデータが10年ほど前は全情報の1%だったわけだ。
もちろん、コンピューターが登場するまでは、記録される情報の全てはアナログだった。
昔の王様が「わしの国の図書館には膨大な数の本がある。つまり、無限とも言える人類の知識があるのじゃ」と自慢していたよりはるかに多い情報が、10年前にはすでに、個人のパソコンやスマートフォンの中に入っていた。
しかし、今や、世の中の全情報のアナログデータは、おそらく、0.1%にもならないと思う。
アナログデータが減ったというより、デジタルデータが爆発的に増え続けているわけだ。

メタバース世界という仮想世界では、100%完全なデジタルデータになる。
ただ、解剖学者の養老孟司さんの1989年の著書『唯脳論』にある通り、人間が認識している世界は、脳内の情報だけで、実際に世の中がどうなっているかは分からない。
とはいえ、デジタル情報の共有はしているから、完全にそう言えるかは疑問かもしれないが、人間はデジタル情報を感覚で捉えることは出来ず、メタバース世界だろうが、いったん、脳内でアナログに変換してから認識するわけである。
ただし、再度、「とはいえ」だが、脳の情報処理は、実は2進数だ・・・つまり、デジタルだという話もあり、ややこしい。
脳が持てる情報量や処理出来る情報量も数値(つまりデジタル)で表すことが出来るらしいが、スピリチュアル世界では、脳は情報端末に過ぎないという話がある。そして、脳は無限の情報に接続されていると言われ、実際、そう考えないと説明がつかない現象もある。
ただ、脳自体も、いくら研究が進んでいるとはいえ、実際は、未知の部分が圧倒的に多いのだと思う。

メタバースの仮想世界を作るまでもなく、我々は想像で新しい世界をいくつでも作ることが出来る。
そして、それは、単なる空想世界ではなく、現実だということが科学的にもだいたい分かって来ているのだと思う(ここらは解釈の問題があり、反論は可能だが、反論への反論もいくらでも出来る)。
2500年前の中国の古典『列子』に、夢で奴隷になる王様と、夢で王様になる奴隷の話があるが、現実で奴隷と言われている方が幸福度が高かったのである。これは、夢という一種の想像の世界が現実だと言えることを示唆しているが、実際、科学の発達と共に、夢と現実の区別が難しくなってきた。

子供は、とりとめのない空想をするというよりは、案外に固定した空想世界を持っている。
たとえば、1つのイメージに固定された歌手になったり、スポーツ選手になったりだ。
そして、それはもう、現実に、そんな世界があると言って差し支えないかもしれない。
ひょっとしたら、現実世界と空想世界がぐるっとひっくり返り、これまで空想世界と思っていた世界が現実になり、そこで、かつての現実世界を空想するかもしれない。この場合、元の世界も存続はしているのである。
大天才技術者二コラ・テスラは、おそらく、大人になっても、固定した想像世界を持っていて、その想像世界に住む人々と想像上の交流があったという。しかし、それはやはり、現実と変わらないし、ひょっとしたら、現実よりも重要かもしれない。

メーテルリンクの『青い鳥』の中で、チルチルとミチルの兄妹は、亡くなった祖父や祖母がいる世界に行くが、祖父や祖母は「お前達が思い出してくれたら、この世界は動き出す」と言ったが、それは、チルチルとミチルが作り出した世界である。しかし、人間はどこかでつながっていて、個人が持っている世界は、広く共有出来る世界でもある。
ちなみに、メーテルリンクは死後の世界を当然あるものと思っていた。

私も、想像の中で、数百年前の日本のような、平和な村落に時々お邪魔するが、その世界では私は常に居るのだろう。
で、その世界では私は仙人のような存在で万能で、そこの人々に偉そうに引き寄せのメソッドを教えたりするが、実は私が教わる方が多いのである。
その世界では、どんなに可愛い女の子がいても、私はふしだらなことはしないが(笑)、だからこそ可能になることもあるようである。
そんな世界も1つは持っておくと、それがこちらの世界でも高潔な人格として現れるかもしれない。
また、そんな世界は、引き寄せに必要な個性を、この不自由な(と自分で思っている)世界より磨き易い。
また、想像が現実になる世界では、感覚を研ぎ澄ませていれば、引き寄せのコツも掴み易いと思う。

力んでというのではなく、「ちゃんと」空想する大切さを、多くの人は忘れているし、それもまた、学校やテレビの悪影響のようなものと思う。
「空想する暇があったら、先生の言うことをやれ、テレビを見ろ」と言うわけである。
それもあり、多くの人が「ちゃんと」空想(「想像」との違いが難しいが、ここでは区別しない)することが出来なくなっている。
しかし、空想は実は非常に重要なことである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード