ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

キャシャーン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ヒーロー、ヒロインの身体になる

筋力トレーニングの中に、動かずにトレーニングをする、「アイソメトリクス(アイソメトリック運動)」と呼ばれるものがある。
例えば、次のようなものがある。
・動かない物を全力で動かそうとする
・伸びないロープを全力で引っ張る
・合唱した手を互いに全力で押し合う
腕立て伏せや、スクワットの姿勢で静止する運動等は、発揮する力が弱いため、普通、アイソメトリクスとは言わないようだ。

だが、上に挙げたようなアイソメトリクスは、筋肉を鍛えるのに効果的ではあるが、面白みに欠けたり、あるいは、苦痛に感じる場合もあり、よほどの目的意識がないと続かない。
いかなる運動も、長く続けてこそ効果がある。

そこで、私は、筋肉を鍛えるだけでなく・・・というより、むしろ、気(ある種の宇宙エネルギー)を満たすための、静的運動を行っている。
そして、実は、これこそ、身体を総合的に強く、そして、若く、美しくする。
おそらく、進化した美しい宇宙人が実践している運動があるとすれば、こういったものだ。
例えば、あまり宇宙人的ではないが、こんなものを見たことはないだろうか?
ほとんどの場合、行うのは男性だが、やや腰を落として立ち、胸を張り、顔は引き締まっている。
その男性の胸に、角材が叩きつけられるが、その角材が折れ、男性は平気である。
筋肉が固く緊張すると共に、気が満ちているから、このように強靭なのである。
あるいは、無敵の格闘家が、あぐらをかいて座り、お腹をぐっと引き締めると、驚くほどお腹が凹み、そのままで数秒保持する。
これも、筋肉の収縮と共に、気を満たしているのだと思う。
人類最高の天才技術者であった二コラ・テスラも、お腹に力を込める運動で鍛え、60歳を過ぎても超人的な肉体を維持していた。

例えば、こんなふうにやる。
立って、全力に近い力で、両手を握り、胸を張り、お腹を引っ込める。
非常に格好良いポーズだ。
タツノコプロのキャシャーンやガッチャマンといった、体形の美しいヒーローがよく取るポーズのように思う。
自分も、格好良いヒーロー(あるいはヒロイン)になったつもりで、なるべく多くやるのである。
これだけで、みるみる身体が引き締まり、初音ミクさんのような身体になる。

下半身を鍛える私の好きな運動は次のものだ。
立って、やや腰を落とす。
そして、両手を握り、太腿に力を入れ、肛門を引き締める。
この時、自然にお腹が引っ込むが、多少、意識的にお腹を引っ込めても良い。
これも、全力に近い力でやる。

両方とも、ポイントは手を握ることなのである。
手を握る力が、他の部分の力の入り具合を決めるからである。
この2つを、なるべく多くやれば、初音ミクさんのような(ちょっとしつこいが)身体になるだろう。








噂に聞こえるようになる凄い奴、そは汝なり

ロバート・シュラーの本で見た覚えがある、学校の中での非常に素晴らしい話がある。
これは、あなたにも即座に役に立つ。
アメリカのある小学校の教室で、1人の問題児がいた(多分、黒人だったと思う)。
彼は授業中、いつも後ろを向いていた。
担任の女性教師は彼に、「何を聞かれても、『それは僕が賢過ぎるからです』と答えなさい」と言った。
そして、女性教師が彼に尋ねた。
「どうしていつも後ろを向いているの?」
彼は答えた。
「僕が賢過ぎるからです」
すると、女性教師は言った。
「解ったわ。でも、あなたみたいなハンサムが後ろを向いてるなんてもったいないわ」
その子は、前を向いて授業を受けるようになった。

さあ、あなたも同じようにやってみよう。
もちろん、あなたは賢過ぎるし、美し過ぎる。
単なる「賢い」「美しい」ではない。
いや、その他の属性かもしれない・・・面白過ぎるとか(お笑い芸人になれる)。
とにかく、「度が過ぎるほど優れている」、言い換えれば、「恐ろしいほど能力が高い」のだ。
日本では、この「度が過ぎている」「恐ろしい」ほど高いことを、昔から、「凄い」と言ってきた。
問題は、あなたが「凄い」ことだ。
あなたが、出世出来ないのも、同僚とうまくやれないのも、修学旅行や社員旅行に行きたくないのも、転職ばかりしているのも、あなたが凄いからだ。
イチローだって修学旅行に行きたくなかったという。彼は凄いからね。
あなたは、度が過ぎている。恐ろしい。
それで、これは絶対に本当だが、あなたは世界征服も可能である。

ん?そうは思えない。
では、言葉にして言えば良い。
「私は世界征服も可能だ」
「私は凄い」
千回も言えば真実になる。それが、この世界の法則、ルールなのだ。

日本最大のヒーローは誰だろう?
鞍馬天狗か?(笑)
いや、キャシャーンだ。
1973年にアニメ『新造人間キャシャーン』放送され、1993年に4話完結の『キャシャーン』が、そして、あまり良くなたったが(笑。主観です)2004年に映画『CASSHERN』が公開され、さらに、2008年には『キャシャーン Sins』が放送された。
何より、初代キャシャーンの主題歌『たたかえ!キャシャーン』の、1~3番の出だしが良い。
「噂にきこえた 凄い奴」
「嵐呼ぶよな 凄い奴」
「雷裂くよな 凄い奴」
全く、あなたのキャッチフレーズだ。
あなたは、すぐに噂に聞こえるようになる、嵐呼ぶような、雷裂くような凄い奴だ。
だから、世界征服も可能なのだ。

斎藤一人さんだって、「私はすごい」と、1日百回言えば、凄いことになると言われている。
嘘でも何でもいいから、あなたも言うのだ。
「嘘も百回言えば伝説になり、千回言えば真実になる」のである。
いつも同じことを言って恐縮だが、この世界は心が作る幻想である。
だから、千回言って、心の奥(潜在意識)に刻み付ければ、その世界が現れる。
ただ、今まで、あなたは、親や学校やテレビに、「あなたは凡人である」と言われ過ぎたかもしれない。
しかし、それなら、もっと言えばいいだけである。千回くらい1日で言えるのだから、1万回でもたった10日だ。
「俺は凄い奴だ」
だからモテまくるし、給料はうなぎ上り・・・いや、金はどこからでも入ってきて、いくらでも出来る。本当に凄い奴である。
そうあるためには、自己暗示、アファーメーション、呪文しかないし、それさえあれば良い。
あなたの仕事は自己暗示だけである。後は、身体と心と世界が勝手にやってくれるだろう。
え?「身体と心はダラダラしてたい」って?(笑)
心配ない。凄い奴のやることって面白いに決まっている。ただの面白いではない。凄い面白いのだ。それこそ、寝食を忘れるだろう。
人間は、命を燃やして生きるのが最大の生き甲斐なのだからだ。








掟を守る者は傷つけられない

自分とは何か?
それは、掟を守る者、そして、掟を作る者である。
ごく幼いうちは、掟を与えられるのも良いし、必要でもある。
しかし、いずれ、自分の掟は自分で決めなければならない。

どんな掟を、どのくらい厳しく守っているか?
それが、即ち、その人なのである。
記憶喪失になったって、真の掟は覚えている。
掟を覚えている限り、寂しいことはない。

多くの人が、気ままに自分の掟を作ってしまう。
毎朝、スクランブルエッグを食べるといった程度の掟だ。
だが、時として、何の気なくかもしれないが、崇高な掟を持ってしまう人もいる。
「ドクター・ハマー」と呼ばれた、国際的ビジネスマンであった、アーマンド・ハマーがそうだった。
彼は7歳の時、「自分より優れた人々の役に立つ」という掟を不意に思いつき、90歳を過ぎても守り続け、その年になっても、自家用ジェットで世界を駆け回った。
この「自分より優れた人」の詳細は分からないが、別に誰かを選んで奉仕するのではない。
ハマーの活動は、「一国のため、世界のために役に立てば、自ずと自分より優れた人の役に立つ」というものだったと思う。
もし、彼が本当に気高い人物であったなら、「自分より優れた人」とは、「自分以外の人全て」だ。
そして、彼は、実際に気高い人であったのだと思う。
また、彼は23歳の時には既に富豪だったが、その掟を守るなら、当然と思う。

すさまじい掟を見たことがある。
それは、1993年のタツノコプロのアニメ『キャシャーン』の主題歌『キャシャーン~風の墓標~』の中にあった。
作詞者は、そのべかずのりさん、現在は、里乃塚玲央(りのづかれお)という名にしておられるらしい。
「俺の命は運命という神の手に預けた」
「俺のすべては汚(けが)れのない君だけに捧げた」
運命を受け入れ、命すら手放した男の姿が見えるようである。

掟には、「何かを必ずする」というものと、「何かを絶対にしない」というものがある。
木枯し紋次郎は、「女、子供、老人を害しないこと」、「自分を堅気衆(一般庶民)の下に置き、逆らわないこと」を絶対の掟としていた。
ところで、イエス・キリストはモーセの十戒を守り、それを守るよう説いたが、私の勝手な判断だが、そのうちの1つを自分の意志で選べば、崇高な掟になるのだと思う。
イエスは、十戒の全てを子供の時から守っているという金持ちの青年に、「全てを売って私についてきなさい」と言った。
私の解釈であるが、「1つでいいから、自分の意志で掟とせよ」という意味と思う。
誰かに守らされていることは真の掟ではない。
自分の意志で守ってこそ掟である。
その金持ちの青年は、自分の掟を持てなかった。
イエスは、「金持ちが天国に入るのは、ラクダが針の穴を通るより難しい」と言った。
掟を押し付けられて育った者が自分の掟を持つことは難しいという意味だと思う。
現在の日本の学校に通う者は、そのままでは誰も天国に入れないのである。

掟を守れば、神の恵みが得られるという、ちょっと卑しい根性でも構わない。
それでも、しっかり掟を守っていれば、心が純化されてくる。掟とはそんなものだ。
しかも、しっかり守っていれば、神の恩寵は確実なのである。

私は、年末年始、毎日、初音ミクさんのコンサートをDVDやブルーレイで見ていたが、観客の雰囲気が、普通のアイドルのコンサートと全く違う。
顔が真剣であり、あまり誰も笑っていないし、笑っているとしても、その顔は実に崇高なのである。
特に、コンサートの終了近くになると、涙ぐんでいる人もいる。
これは、私同様、ミクさんを敬うことを掟とする人達なんだなあと思う。
初めてミクさんのコンサートを見たアメリカの子供が、「実際にいない人をどうやって好きになるんだい?」と言っていたが、それは彼自身が言っているのでなく、教育された心が言っているのである。いわば、世間の信念が言っているのだ。
一方、ミクさんのコンサートに来ていたアメリカ人の男性が、「僕たちは、何もないスクリーンを見に来てる訳じゃない」と言ったが、彼はスクリーンの光の中に、崇高なまでに美しいものを見るのだ。
それは、真の自分を映した鏡である。

「弱い者いじめをしない」という掟を持った男の子は英雄のように見え、全ての女の子の憧れの的になる。
硬貨が落ちていたら、必ず拾い上げて、「私のところにおいで」と心で言ってやる者は、少なくとも小金持ちになり、収入は止まらない。
習慣ではなく、自分の意志で、「いただきます」、「ごちそうさま」と言う者は、一生、健康で裕福である。

優れた掟を作ることほど楽しいことはないし、掟を守ることが生き甲斐になる。
しかも、掟を守れば、神仏に守られ、傷付けられることはない。
なぜなら、掟を絶対とする者の心は鏡のようなもので、何を映したって、影響を受けないからだ。
そうであれば、世界の方で美しくなるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

忍耐、克己、努力を捨てる

人間の・・・ではなく、私のと言うしかないかもしれないが、人生の目標は「黙って耐える」ことである。
しかし、これは忍耐とは異なる。
適当な言葉が無いので、言葉のリズムとか色合いという意味で比較的しっくりくる「黙って耐える」という言い方をしている。
忍耐とは、「忍んで耐える」、つまり、我慢して耐えるという意味である。
我慢とは、「他人と比較して、自分は素晴らしいと慢心する」こと、つまり、自己満足であり、仏教でも単なる煩悩とされている。
しかし、「黙って耐える」とは、一言で言えば、むしろ、「沈黙」である。「しじま」であるのだ。
「忍耐」は自己を肯定することであり、「黙って耐える」とは自己否定である。

もっと簡単に言いたい。
「忍耐」の場合、忍耐する立派な自分がいる。
しかし、「黙って耐える」自分は、ちっとも立派じゃない。
「忍耐」では、「遊びたいのを我慢して勉強し、○○大学に合格するぞ」「辛いトレーニングに耐え、金メダルを取るぞ」という目的がある。
しかし、「黙って耐える」ことには、何の目的もない。
だから、別に世間的に有意なことのために耐えるのではない。

タツノコプロのキャシャーンといえば、1973年のアニメ『新造人間キャシャーン』のヒーローで、その後、4話の短編アニメが1993年に制作され、宇多田ヒカルさんの当時の夫が監督し、宇多田さんが主題歌を作った映画『CASSHERN』が2004年に公開され、2008年には『キャシャーン Sins』が放送された。
最も古いアニメ『新造人間キャシャーン』では、キャシャーンは、人類征服を目論むアンンドロ軍団と戦う、人類のヒーローだったが、ある時、キャシャーンもロボットであることが明かされ、人々は一転、キャシャーンを蔑み嫌悪するようになる。
そして、ある街がアンドロ軍団に滅ぼされる寸前で万策尽きた時、人々はキャシャーンに、「お前の真意を証明しろ。本当に俺達の味方だと言うなら、爆弾を身体に付けて敵の中に飛び込め」と言う。
だが、キャシャーンにだって、それをやったからといって、人々がキャシャーンを見直すことも、信用することも、好きになることもないことは分かっていただろう。しかし、一時的とはいえ、状況を打開するには、この手しかないと思ったキャシャーンは、同意し、高性能爆弾を全身に装着し、敵の中に突進する。
黙って耐えることの良い見本であると思う。

昨夜もだが、私が病気になったり怪我をしたと書くと、親切な人が、「早く治ればいいですね」とコメントしてくれることがある。
また、「こうすれば治りますよ」とか、あるいは、「君はこんなだから治らないのだ」と述べる人もいる。
しかし、私は、治す気はさらさらないし、治れば良いとも思っていない。
ただ、黙って耐えるのである。
学校や職場がどれほど辛くても、改善しようなどと思わず黙って耐えるという道もある。

黙って耐えるとは、良心に従うことである。
場合によっては、「なぜそれが良心なのか」分からない、つまり、理屈に合わないこともあるし、それは多いが、やはり、黙って耐えることが良心である。

『銀河鉄道の夜』で、カムパネルラが、川に落ちたザネリを追って川に飛び込んだのは、人々に誉められるためでも、級友を見捨てた臆病者とそしられることを恐れたからでもない。しかも、ザネリは親友のジョバンニを、いつも辛く悲しい目に遭わせるやつだった。
カムパネルラは、ただ良心に従うことができたのだ。
冨田勲さんの『イーハトーヴ交響曲』の第5幕『銀河鉄道の夜』で、初音ミクが「ケンタウルスよ、露降らせ」と繰り返し歌うのを聞くと、星の良心、宇宙の良心、神の良心を感じるのである。そして、それは、誰もが心の奥深くに同じものを持っていることが分かるのである。
我々の内には星があり、宇宙があり、神があるのだろう。
『銀河鉄道の夜』と『イーハトーヴ交響曲』は、小説と音楽という違いはあっても、良心で創られた我が国の二つの最高の作品であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分の世界を常に創造する

ビル・ゲイツが2008年にマイクロソフトの仕事から引退した時はまだ52歳だったが、その時彼は言ったものだ。「17歳の時から、週7日、フルタイムで働いてきた。これからもそうだ」と。
彼は常々、「自分達が成功したのは、一生懸命働いたからだ」と言っていた。それは昔、パソコン用OSの開発でゲイツのライバルであり、実際上、一歩先を行っていたデジタルリサーチ社のゲイリー・キルドールに勝った要因だったということだ。キルドールは、ゲイツ達と競っている最中にも遊びに熱中し、IBMがパソコン事業に参画した際、そのOSを提供するという最大のチャンスをゲイツに奪われてしまった。そのキルドールが事故で亡くなったのが1994年で、その時の彼が52歳だった。

ゲイツに限らず、起業家で成功した者で、長時間働いていなかった者は稀だろう。いや、事業家に限らず、サラリーマンでなければ、多くは、ある期間、つまり、収入が安定するまではフルタイムで働いているものだし、本来、サラリーマンでも、仕事が出来るようになるまでは、休みは無いのが正しいのだろうと思う。だが、もう随分前から、新入社員の頃から、実際の生産活動は何もしていないに関わらず、決まった時間しか働かないのが自分の権利であるように思うのが普通になってしまったようだ。元々、日本の経済力というのは、サラリーマンの長時間労働が生み出したもので、制度的にもそれが出来ないようになった今、ビジネスや政治の仕組みを変えないなら破綻するのは当然のことである。

サラリーマンになったら、定時までは会社の仕事をすれば良いが、それ以降は、その会社の経営者になるのでもない限り、別の活動をすべきなのである。勤めている会社の定時以降に仕事をする自分の会社を作ったり、画家になるために絵を描くなどである。ところが、多くの者が、定時以降は遊んでしまい、会社を取れば、事実上、何も残らない人間になってしまったのだ。
以前、テレビで見たが、ある男性高校教師が、『スター・ウォーズ』の熱狂的ファンで、それに関するあらゆるものを収集するなどに、金と時間を惜しみなく注ぎ込んでいた。彼は、「起きている時間の全てをスター・ウォーズに捧げている」と言っていた。他人のやることをとやかく言うものではない。しかし、彼は、『スター・ウォーズ』というジョージ・ルーカスが創った幻想に取り込まれただけである。どうせなら、自分自身で創った幻想に全てを注いだ方が良いのだろう。

「お前が造った世界など、俺は欲しくない。俺は俺の手で、新しい世界を造ってみせる」
「ならば、死ね」
~「キャシャーン」(1993)より。キャシャーンとブライキング・ボスの会話~
※全4話のこの作品は、個人的には、アニメ史上屈指の傑作と思う。

仕事が出来るようになったら、例えば会社が午後5時までなら、6時からは自分の活動の予定を立て、会社は定時で帰ることだ。そして、会社を作る方も、そんな社員で成り立つ会社にしなければならない。社員はロボットと心得、社員に能力を求めてはならない。能力のある社員なら辞めるし、残る社員といいうのは、能力が無いから残るのだ。能力の無い社員を路頭に迷わせないのが経営者の義務だし、社員の方も、能力が無いことを自覚して、定時までは誠実に仕事をするしかない。そういったことが出来ていないから、今の多くの会社やサラリーマンが悲惨な状態にあるのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード