ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

カート・ヴォネガット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

あらゆるスローガンが嘘くさい理由

X(旧ツイッター)で、「人間性の基礎」として、以下の4つをあげているツイートを見た。
・嘘をつかない
・他人に親切にする
・ルールを守る
・勉強をする

ところで、アメリカの偉大な作家カート・ヴォネガットは、この星(地球)のルールは1つで、それは、
「人に優しくする」
だと述べた。

どれも好ましいものであることは言うまでもない。
だが、これらを、掟、ルール、スローガン、理念とするのは間違いである。

まず、これらのことを標語のように言うのは、そこそこIQが高い(ざっくり116以上)人である。
そして、ある程度のIQ(ざっくり106以上)があれば、これらの道理をかなり理解出来る。
しかし、IQが低い人に、これらのことを守らせるには、嘘をついた時に殴り、不親切なことをしたら罰を与え、ルールを破ったら食事を与えないといったことをしなければ、現実的に身につかないのだ。
「勉強する」にいたっては、大袈裟に言えば、殺されたって従わないかもしれない。
まあ、現代の乱れた世の中では、やはり現実的に言って、IQが低い者には、このような体罰教育が必要と私は思う。
体罰と言って差し障りがあるなら、軍隊式とでも言おうか。

一方、IQが高い者は、これらの掟のようなものの合理性は理解出来る。
しかし、自分の都合で独特な解釈を作ったり、また、ルールを破れば(短期的にだが)得をすることを発見し、それを実行するのだ。

解決策はただ1つで、これが完全な解決策であるが、現在は、ほとんどの者が理解出来ない。
理解出来ない理由は、やはり洗脳されてしまっているからだろう。
結果、十分なIQを持たない者が多い(必ずしもIQテストの成績を指さないが、相関性はあると思う)。
だから、XなどのSNSでは言わないが、このことに限らず、あらゆる問題の解決策は、もちろん、思考を消すことである。
たとえば、矢追純一さんのように、「僕は頭が悪いから、考えることを放棄した」と決めれば、嘘はつかないし、相手の区別なく親切だし、必要なルールは守るし、必要な勉強ならする。
そして、これはなおさら理解出来ないことかもしれないが、思考を消せば不可能はない。
「私は、自分に知恵がないと知っている唯一の人間だから、誰よりも知恵がある」と言ったソクラテスや、荘子や黒住宗忠などは典型的なのだが、真の賢者でそう(考えないことが叡智と)言っていない者は皆無だ。そう言わないなら真の賢者ではない。

ケルトの森
AIアート435
「ケルトの森」
Kay


で、必要なことは、どうすれば「本当に」思考を消せるかであり、それをずっとここで書いているのである。
(尚、意識があるまま思考を消すことが必要で、眠ったり失神したりした状態は叡智ある状態ではない)








騎士になりたければ騎士のように振舞え

セルバンテスの小説『ドン・キホーテ』は、人類史上屈指のベストセラーであるが、子供向け版しか知らない人は、この作品をただのコメディーだと誤解している。
この作品の教訓は「騎士になりたければ騎士のように振舞え」で、これは騎士に限らず、何でも同じである。
この教訓は、現代アメリカ最大の作家の1人であるカート・ヴォネガット(1922~2007)の傑作『母なる夜』の方がストレートで分かり易い。
第二次世界大戦中、アメリカのスパイであるキャンベルは、表向きはナチスの宣伝活動員として、ラジオでドイツ国民にナチスを賛美するメッセージを語っていたが、それは表向きに振舞っているだけの偽りのメッセージであるはずなのに、ナチスの士気を大いに高め敵を強化する。
このように、表向きに振舞っているだけで、振舞っているものになるのである。
『ドン・キホーテ』の「騎士になりたければ騎士のように振舞え」も同じで、表面的に振舞えば良いのである。
あらゆることで、表面的であっても、それらしく振舞い続ければ、それになる。
肝心なのは、フリを「続ける」ことだ。

IQが高い人になることも同じである。
IQが高い人のように振舞えばIQが高くなる。
そして、IQの高さは必ず表に現れる。
詳細は忘れたが、あるアメリカの大学の実験で、いろいろな人間を撮影した、ごく短い無声の動画を見た人達は、高確率で動画の人物のIQを正確に言い当てた。動画の人物のIQを推測した人達は普通の学生で、何かの訓練を受けたわけではない。
まさに、知性は顔・・・かどうかは分からないが、表に現れるのである。
これに関し、こんな思い出がある。
私は夜の9時頃に道を歩いていたら、住宅地の道で数人の中学生と思える男の子達が、野球遊びをしていて、金属バットでボールを打っていた。
私が近くを通りかかると、彼らも私を見て顔が合ったが、私はその顔を見て奇妙な嫌悪感を感じた。
イケメンとは言えないが、別に悪い顔でもないし(むしろ可愛い顔だったと思う)、凶悪だったり、貧相ということもなく、普通の男子中学生の顔だった。
だが、彼らの顔に現れたあまりの知性のなさに、「こんな人間たちが野放しになっていることの異常性」を感じたのだ。
こんな時間に・・・いや、こんな時間でなくても、住宅地の道路で騒音を立てて遊んでいるのだからIQが低い連中に決まっている。
このように、IQは顔や振舞いに現れるのである。

IQを高くするには、IQが高い人間の表情をし、IQが高い人間の振舞いをすれば良い。
子供であれば、IQが低い親や教師のそれを、決してコピーしてはならない。
最近、異常な発言をする教師や、女生徒に猥褻行為をする教師がやたら多いのは、教師のIQが下がっているからで、人間性とか性格の問題ではない。
親も、馬鹿な親が増えている。
日本の将来に不安があるとすれば、どこかの政党が言うように小麦粉を食べることではなく、こんな親や教師が多いことにあると思う。

IQが高い人間は、まず、必ず口元が引き締まっている。
一方、IQが低い人間は、口元がだらしなく緩んでいる。あるいは、ふくれっ面のように口がすぼんでいる。
IQが高い人間は目が涼しく感じるのは、目の周りが柔らかだからだ。
これは、IQが高い人間の謙虚さが現れているからだが、IQが低い人間の顔は傲慢さが現れている。
あの野球遊びをしていた中学生達も、口元がゆるみ、ヘラヘラした顔で、大人の私を見下すような傲慢な顔だった。
総じて言えば、IQが高い人間の顔は、口元が引き締まり、それでいて柔和である。それは謙虚さを感じさせる。
逆に、IQが低い人間の顔は、口元がゆるんでいたりでだらしなく、尊大で傲慢である。
だから、最も簡単には、いつも静かに微笑むことを心がけると良いだろう。
静かに微笑む・・・まさに、IQが低い人には決して出来ない、IQが高い人専用の表情だ。

パパの書斎
AIアート269
「パパの書斎」
Kay


例えば、苫米地英人さんの小難しい本など読まず、彼のYouTubeの動画を見て、IQが高い人の表情や振舞いを真似れば良い。
あるいは、お気に入りのIQが高い人(たとえばアインシュタイン)のお気に入りの写真を時々観察すると良いだろう。
また、TEDではIQが高い人がよく講演しており、講演動画は無料公開されているので、大いに活用すると良いだろう。








われ思わず

アメリカの作家カート・ヴォネガットは、この星のただ1つの掟は、人に優しくすることだと言ったらしい。
だが、こんな言葉に何の力もない。
こんなことを言われても、現実には、誰も優しくしてくれないし、誰にも優しく出来ない。
本当の掟は「思考を消せ」だ。
そうすれば、皆が優しくしてくれるし、誰にでも優しく出来る。
もし、優しくされたり、優しくしたことがあるなら、たまたま思考が消えていたのだ。

世界にも、あなたにも沢山の問題があるだろう。
その問題を消すただ1つの方法は思考を消すことだ。
他の方法で問題が解決したと思えても、実は、その方法が、たまたま思考を消しただけなのだ。

必要なお金がないのは思考があるからだし、モテないのも思考があるからだ。
皆、思考して苦しんだり、悲しんだりするのが大好きなのだ。
雨に降られて濡れるのも、つまづいて転ぶのも、つまらないことを言って恨まれるのも、戦争が終わらないのも、思考するからだ。
太ることも、老けることも、思考がなければ起こらない。
馬鹿なのも思考するからだ。
「自分の頭で考えない馬鹿」と他人を馬鹿にするほど馬鹿なのも、自分の頭で考えるからだ。
これらの話を聞いたり読んだりして、「じゃあ、お前は考えないのか」と言うのも、やっぱり思考する馬鹿なのだ。

飾らない美
AIアート136
「飾らない美」
Kay


繰り返すが、あらゆる問題を解決する唯一の方法は思考を消すことだけである。
思考を消す難しい方法は大抵失敗する。
たとえば、アファーメーションを唱えるとすれば、脳が疲れ切るまで唱える必要があるが、それは極めて困難だ。
そこで、最上の方法である「私は誰か?」と自分に問うことがラマナ・マハルシによって提示された。
マハルシは、これ(「私は誰か?」と自分に問うこと)を、「真我実現のため」などとわけの分からない目的のためと言ったらしいが、真我実現とあらゆる問題の解決は異なることではない。
なら、もっと分かりやすい表現をすべきである。
「あらゆる問題の解決のため」「本当の平安を得るため」「世界平和のため」など、何でも良い。
だが、「真我の実現」で意味が分かる者など1人もいない。
実は、オカルトやスピリチュアルが嫌われる大きな理由が、こういったわけの分からない言葉を使うからだ。

他には、世界コマンド「私は何も考えない」「私は何も信じない」を唱える方法がある。
ただ、最近私は、「われ思わず」という言い方が気に入って、これを唱えているが、私には「私は何も考えない」より唱え易い。
しかし、各自で好きな方を唱えれば良い。








究極の今今メソッドのお話

アメリカを代表する現代作家カート・ヴォネガットは、シェイクスピアについて、
「下手な作家だが、人間をよく知っている」
と評していた。
そう言うヴォネガットこそ、人間をよく知っている。
そして、人間をよく知っていると言うからには、引き寄せのやり方を本当に分かっていなければならない。
この点を誰も言わない。
引き寄せが出来ないのに、人間を知っているとは言えないからだ。

日本の作家で、人間をよく知っているのは・・・まあ、いくらかはいるのだろうが、私は笹沢佐保さんだと思う。
彼の代表作である『木枯らし紋次郎』は、娯楽時代劇であるのも確かだが、神話にも匹敵する奥深さがある。
主人公である渡世人(博打打ち。やくざ者)の紋次郎は、学んだことなど一度もないだろうが、天の道理をよく心得ていて、引き寄せを行うことが出来る。
実際、本物の引き寄せを紋次郎から学ぶことが出来る。
紋次郎が引き寄せを行った感動的なお話を1つ取り上げる(他にもあるが)。
紋次郎は、争いに巻き込まれてヤクザを1人切った際、刀を岩にぶつけて折ってしまう。
紋次郎は、切ったヤクザの大勢の仲間に追われ、一刻も早く、新しい刀を手に入れる必要があった。
紋次郎は、刀だけは良いものを持たなければならないことをよく知っていた。
だが、適当な刀屋や鍛冶師が見つからなかった。
しかし、紋次郎には不思議な運がある。これも紋次郎の引き寄せの力だ。
わけがあって山奥に隠れ住んでいた天才鍛冶師のところに、紋次郎は不思議な縁で導かれた。
しかも、その天才鍛冶師は、今や、一世一代の名刀を仕上げようとしていたが、その刀が紋次郎の鞘にぴったりの長さだった。
だが、ここで、とんだ問題が起こる。
刀の値段ではない。もとより、紋次郎に払える額ではないかもしれない。
しかし、それより先に、この天才鍛冶師は、この刀は紋次郎には売らないときっぱりと言う。
これも、値段とか、紋次郎の素性のせいではない。
自分が魂を込めて作った刀を、人を殺す道具にしたくないと言うのだ。
そして、その決意は固そうだった。
よって、紋次郎がその刀を手に入れることは絶望的だった。
しかし、他に、刀を得る道はない。追手は迫っているようで、紋次郎、絶体絶命である。
さて、紋次郎はどうするか?

朝早くから、天才鍛冶師は仕事に入った。
すると、少し離れたところに、紋次郎の姿があった。
天才鍛冶師は、休まずに淡々と仕事を続け、紋次郎はそれを静かに、だが、決して目を離さずに見ていた。
夕刻となり、ついに、その名刀が完成した。
すると、天才鍛冶師は、紋次郎のところに歩いてきて、黙って手を出すと、紋次郎も黙って折れた刀を鞘ごと渡した。
天才鍛冶師は、紋次郎の刀の柄から、折れた刀を外すと、今完成したばかりの刀を取り付けた。
そして、黙って紋次郎に手渡し、紋次郎も黙って受け取る。

この話だけで、引き寄せの神髄が分かる。
だから、余計なことだが、少し解説する。
天才鍛冶師は、仕事に入ると、もう時間は消えていた。
一瞬一瞬が「今」であるからだ。
彼は、永遠の「今、この瞬間」、つまり、「中今」にいた。
そして、それを見る紋次郎も「中今」にいたのだ。
紋次郎の中今は、天才鍛冶師の中今に何かの影響を与えたのかもしれない。
それによって、刀の仕上がりは最良を超えたものになった。
意図したわけではないが、刀は初めから紋次郎のものだったのだ。
その後、悲劇が1つ起こるが、天才鍛冶師は分かり切ったことを紋次郎に言う。
「持っておいきなさい。お代は要りませんよ」
噂によれば、その天才鍛冶師は、その後、名工として名を上げた。

私がいつも思う引き寄せの神髄である中今を、これほど鮮明に描いたお話はない。
真の引き寄せは、このようにやるのである。
また、これが究極の「今今メソッド」でもある。
尚、このお話は随分昔に読んだので、『木枯らし紋次郎』の、どの巻にあったか憶えていないが、1年と少し前の、このブログの記事によれば、
『木枯らし紋次郎(二)女人講の闇を裂く』の第2話「一里塚に風を断つ」
であるようだ。








腕振り運動をやって分かった大切なこと

私は、腕振り運動4000回以上を連続28日、5000回以上を連続25日、そして、10000回を連続16日続けて、いろいろなことが分かった。
なぜか、腕振り運動の歴史とか、それに伴う変化も分かった。
ただ、これは、調べた訳ではなく、直観的なもので、根拠はない。
それを断った上で簡単に言うと、こうだ。
元々、達磨がインドや中国で教えた腕振り運動は、前方向に振るものだった。
インドでは、その、前方向振るやり方が伝わったが、これをやると気力が充実するので、脚の屈伸運動と組み合わせて行う者が現れ、これが、現在も人気がある脚の運動であるヒンズースクワットになったのだと思う。
ただし、達磨式の腕振り運動は本来、両てのひらを内側に向け、指先を伸ばすのだが、これは、現在、守られていない。とはいえ、だから、間違いと言うのではない。
前に振る際、やや肘が曲がるのだが、現在のヒンズースクワットでは、肘が曲がり過ぎかもしれない。ただし、これも、別に、間違いと言うのではない。
そもそも、ヒンズースクワットは、あくまで脚の運動である。

達磨の腕振り運動は、中国の武術の流派の中に、本来の姿で伝わっているところがある。
これは、盛鶴延氏の『気功革命』の「せい手1」のやり方とほぼ同じと思うが、この腕振り運動は、中国でも日本でも、あまり知られていない。
中国では、腕振り運動をスワイショウと呼ぶが、本来、スワイショウは仙道の行の1つで、これは、腕を前後に振るものではなく、身体をねじりながら、腕はぶらぶらさせて自然に動かすものだった。
だが、達磨の腕振り運動が良いので、これを取り入れた流派があったが、やはり、腕に力を入れず、ぶらぶらさせて自然に動くようにしようとしたが、脚や胴体は動かさないので、このままでは腕も動かないから、後ろに振る時に、やや力を入れるようにした。てのひらは下を向く。
この腕振り運動が、最も一般的で、早島正雄氏が『強運をつかむ気の導引術』などで紹介している方法で、小林聖功氏が『超訳甩手功』という、安価なKindle版で解説しているものとほぼ同じと思う。

私がずっと行ってきた関英男博士が紹介したやり方は、元々、易筋経の先生に教わったものらしいが、達磨の腕振り運動を、丁度、反対に腕を振るようにし、肘を伸ばしてやるもので、正統でないと言えば正統でないのだが、効果は実証されてる。
やり方は、
【リンク】万病を治す腕振り運動 ※名古屋身体均整院サイト内
である。
これは、関英男博士の『宇宙学序章グラビトニックス』の写しであり、イラストもそのままだが、このイラストは、台湾で配布されている「せい手」のパンフレットのものと思われる。だが、このパンフレットで紹介されているやり方は、上の早島正雄氏の『強運をつかむ気の導引術』で紹介された一般的なものである。
もちろん、関博士が紹介したやり方で構わない。
ついでに言えば、盛鶴延氏の『気功革命』の「せい手2」は、早島正雄氏の『強運をつかむ気の導引術』のものと若干異なる。
いずれも良いので、好きな方でやれば良いと思う。

とにかく、腕振り運動もいろいろあるが、このようなシンプルな運動を、淡々と、そして、延々と愚直に繰り返す効果は大きい。
きっと、万病が治り、健康に、そして、強健になり、魂が浄化され、さらには、チャクラも活性化し、幸運にもなると思う。
個人的には、腕振り運動をやっていて、多少霊眼が開き、それで分かった最も大切なものは善意である。
アメリカの作家、カート・ヴォネガットが、この星でたった1つ守るべきルールは「人に親切にする」ことだと言ったが、同じ結論に達した。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード