ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

社会・教育

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

学歴詐称問題について

小池百合子さんの学歴詐称の疑いの話題がSNSで活発なようだ。
私はテレビは全く見ないので知らないが、おそらく、テレビや新聞では、このことは報じられてはいないと思う。
学歴詐称疑惑の話題は他にも沢山あると思うが、その中でも、博士を名乗る人の、その博士号が偽物であるという疑惑の話もよくあると思う。
まあ、学歴詐称は、小池百合子さんのような立場では、もし本当に詐称なら公職選挙法に違反するらしく、どうでも良いことではないのだろうが、私は個人的には、どうでも良いと思う。
嘘はいけないが、本人が嘘と知ってて、卒業とか博士号とか言っても、私には関係のないことだし、私なら、人を評価したり、選ばなければならない時に、それを考慮する明確な理由でもない限り、やはり学位はどうでも良いと思う。
特に政治家は、プロフィールには必ず学歴が書かれるが、政治家も含め、いい年の人間に対し、主に二十歳そこそこの頃のことである学歴を言うのは変なことだと思うのだ。

このブログでもよく取り上げる心理学者の岸田秀さんの博士号にまつわる話が結構面白い。
岸田さんは、一頃まで、フランスのストラスブール大学で取得した心理学博士を名乗っていたらしい。
岸田さんの書籍によれば、本人は、本当にストラスブール大学で博士号を取ったと思っていたらしいが、同大学の博士会議みたいなものに行った際、自分の博士号取得が、岸田さんの誤認であったと発覚したようだ。
岸田さんは、実際にストラスブール大学に留学しており、博士号審査会にも出たらしいが、岸田さんはそれに合格したと思い込んで、以降、博士を名乗ったらしい。
岸田さんも、博士号にそれほどの価値を感じていないのだと思う。もしそうなら良いことだ。
岸田さんは、母校の早稲田大学で博士号を取るチャンスもあったらしいが、やはり、あまり興味がないのか、いい加減に対応していたら、流れてしまったらしい。

私は、関英男博士や橋本健博士については博士をよくつけているが、政木和三さんには、一頃から博士をつけていない。
政木和三さんは、名刺に工学博士と入れていたし、書籍のプロフィールでも工学博士となっていたが、政木さんの博士号にも疑惑が唱えられたことがあった。
それで、私も面倒なので、政木さんに博士号をつけていないが、正直、どうでも良いのである。
ただ、特に橋本健博士については、同姓同名の有名人もいるので、区別の意味でつけている。

小池百合子さんも、カイロ大主席卒業と本人が言うならそれで良いし、信じてはいないが疑ってもいない。
ところで、小池さんのカイロ大卒業について、有名人、一般人を問わず、YouTubeなどで、いかにも小池さんを追い詰めたように語る人が多いが、小池さんは、不快ではあっても全く恐くはないだろう。
小池さんの元同僚とか、元側近の方の会見動画も見たが、いかに信憑性がありそうでも、形として確たる証拠があるわけではない。
大して小池さんの方は、いかにケチをつけられようが、卒業証書やエジプト大使館の声明という形がある。
こういったことでは形・・・つまり、証拠のみがモノを言う。
まあ、小池さんはお金もあるだろうから、都知事任期終了での政界引退くらいはあるかもしれないが、今回の騒動もすぐに静まると思う。

私も、博士号を持っている人や、教授、准教授、医師、弁護士の方と話す時は、先生と呼ぶが、それは礼儀と言うより、正直、相手もその方が気分がいいだろうと思う程度の理由である。
ただ、ソフトブレーン創業者の宋文洲さんは工学博士であるので、私は初めて会った時、「宗先生」と呼んだら、宗さんは「先生なんて呼ばないで下さい」と言われた。
謙虚ということもあるが、当時、宗さんはソフトブレーンの社長で、ビジネスで会ってたのだから、私の方がおかしかったのかもしれない。
だが、部長さんで博士の場合は先生と呼ぶのは、そうおかしくはないと思う。
難しいものである(笑)。

人と妖精の違い
AIアート796
「人と妖精の違い」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)英語だけできる残念な人々(宋文洲)
(2)宋文洲が語る ここが変だよ日本の会社(宋文洲)
(3)女帝 小池百合子

我々を弱くしてきた放送

宇宙人へのインタビュー内容が書かれたという『エイリアン・インタビュー』によれば、地球人類は魂の力を強く制限されているらしい。
それはそれで確かと思う。
地球人類の魂の力を制限しているのは、地球に仕掛けられたマインドコントロール装置だが、地球人類の中には、テクノロジーの力を使わず、自力でそれを脱した人間もいくらかはいたらしい。
釈迦や老子がそうであるようだ。
宇宙人云々のストーリーはともかく、納得出来る話である。
さらに、『エイリアン・インタビュー』で注目すべき話は、宇宙人がテレパシーで地球人の心を操作出来ることで、第二次世界大戦も、それによって起こされたという。
これもまた、なかなか信憑性が高い。
第二次世界大戦の勃発については、表立ったもの、陰謀論的なもの含め、様々あるが、とにかく謎が多い。
しかし、宇宙人による地球人の精神の遠隔操作説が可能なら、それが原因とするのは割と納得し易いと思える。

もし、あなたが、ある民族を弱い状態にしておきたいならどうするだろう?
それは簡単なことで、その民族の人々の力を削ぐための絶妙な言葉を、彼らに絶えず浴びせてやれば良い。
それには、テレビやラジオ、それに、インターネットのような流行りの媒体を使うのだろう。
では、その絶妙な言葉とは何だろう?
いやいや、あなたは知っているのである。
なぜなら、実際に、我々はその言葉を浴びせられ続けてきたのだから。
それは、「人は思うことは出来ない」である。
それがテレビ放送によるサブリミナル映像や声か、陰謀論的だが脳と同調する電磁波か、あるいは、『エイリアン・インタビュー』のようなテレパシーかは分からないし、全部かもしれないが、いずれにしろ、馴染のある言葉と感じるだろう。

「人は思うことは出来ない」
これに2つの意味があることに気付けば、かなり賢い人だ(宇宙人並だ)。
1つの意味は、文字通り、希望すること、やりたいことが出来ないという意味だ。
もう1つの意味は、これが深くて、思わないことが出来るという意味だ。
この言葉について説明したら、本1冊で足りないが、そんな説明は無益かもしれない。
ただ、2つ目の意味「人は思わないことが出来る」は単なる真理だ。
そこで、我々としては、悪い宇宙人のメッセージを否定すれば良い。
悪い宇宙人のメッセージを否定する言葉は「人は思うことが出来る」だが、それよりも「私は思うことが出来る」とした方が良い。
それで「私は思うことが出来る」を自分に対し放送すれば良い。
我々は、道具なしでは他人に対しては放送が出来なくても、自分に対しては容易く放送出来る。
ただ、これはあくまで放送なので、淡々と流さないといけない。
感情を込めて「私は思うことが出来る」と言えば、それは嘘であり、有害である。
「今日は雨は降りません」といった感じで「私は思うことが出来る」と自分に放送すれば良い。

魔法の国の子
AIアート795
「魔法の国の子」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)エイリアン インタビュー(ローレンス・スペンサー)
(2)老子 (岩波文庫)
(3)『華厳経』『楞伽経』(中村元)
(4)想定の『超』法則(ネヴィル・ゴダード) ※『The Power of Awareness』翻訳書
(5)その思いはすでに実現している! (ネヴィル・ゴダード) ※『The Power of Awareness』翻訳書
(6)世界はどうしたってあなたの意のまま(ネヴィル・ゴダード)※『AT YOUR COMMAND』翻訳書

人類最高の3人が言った共通する意外なこと

人間は皆、自分は頭が良いと思っている。
どんな愚か者でもそうだ。
実は、自分の頭が良いと思っている者ほど馬鹿だ。
一方、自分は馬鹿だと本当に知っているなら馬鹿ではない。

私は子供の時、何かの雑誌で、東大生に対する「頭が良いと思う人物を5人あげよ」というアンケートで、歴史上の大天才と並べて自分をあげていた馬鹿が半分いたという記事を読み、「東大生って半分も馬鹿がいるんだなあ」としみじみ思ったものだった。
(あくまで昔の東大生の話である)
東大生は、元々は頭が良いが、東大に入って、冗談にでも、そのように考えるようになったら馬鹿になるのである。

また、似たことだが、自分は有能だと思っている者ほど無能だ。
自分に自信を持つことは大事だという話もあるが、優越感を感じる自信は全て不要である。

聖母マリアの人生を変えた一言をご存じだろうか?
天使が、結婚前のマリアと、マリアの親類の老女であるエリサベツの両方に子供が出来るという、信じられないことを言った後、天使はこう言った。
「神には何一つ出来ないことはない」
(ルカ福音書1章37節)

だが、人類で最も有能な人イエスはこう言った。
「私は自分では何一つすることが出来ない」
(ルカ福音書5章30節)
そういえば、『バガヴァッド・ギーター』で、神クリシュナはアルジュナに対し、「人類で最も優れた者よ」と呼びかけていた。
アルジュナは確かに素晴らしい男であるが、そこでは何も出来ずにいた。
そして、クリシュナとの会話で、アルジュナには何も出来ず、何も知らないことは明らかであった。
人類で最も優れた人であるアルジュナですらそうなのだ。

ソクラテスは、巫女が神託として言った、「ソクラテスが人類の中で最も知恵がある」ことを認めた。
なぜなら、「人類の中で私だけが、自分には知恵がないことを知っている」ことが分かったからであった。

実際、自分の馬鹿さ、無能さを知らない者が馬鹿で無能であり、自分の馬鹿さ、無能さを本当に知っている者が賢く有能である。
例外は決してない。
とはいえ、想定の法則の正しい活用方法を知っていれば、誰でも何でも出来るのだが、やはり正しくは、出来るのではなく起こるのである。

美しい光景
AIアート794
「美しい光景」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)新約聖書 福音書 (岩波文庫)
(2)バガヴァッド・ギーター(日本ヴェーダーンタ協会翻訳)
(3)ソクラテスの弁明/クリトン (岩波文庫)
(4)想定の『超』法則(ネヴィル・ゴダード) ※『The Power of Awareness』翻訳書
(5)その思いはすでに実現している! (ネヴィル・ゴダード) ※『The Power of Awareness』翻訳書
(6)世界はどうしたってあなたの意のまま(ネヴィル・ゴダード)※『AT YOUR COMMAND』翻訳書

感情(エモーション)と気持ち(フィーリング)の違い ※実は超重要

引き寄せが出来るかどうかは、感情(エモーション)と気持ち(フィーリング)のどちらを優先させるかで決まると思う。
元々、日本人は気持ち優先だったのが、感情優先になってしまった。
感情が揺すぶられるとか、感動するといったことに価値があり、そんな感情を求め、「ハイになる」とか「エモい」といった言葉を有り難がって使うようになった。
そうなった理由は、感情ビジネスが儲かるからだ。
なぜ儲かるかというと、激しい感情を起こさせるのは刺激による快感であるが、刺激は次々に与えないと慣れたり飽きたりして効果が無くなるから、人々は、新しい刺激のために喜んでお金を払い続けるからだ。
アルコール中毒や麻薬患者がその極端なものであると言ったら理解し易いと思う。
快感のための刺激は、どんどん強いものが求められ、刺激が強くなれば値段も上がることは簡単に受け入れられる。
刺激を連続して提供し、さらに、強い刺激を提供出来る者が儲かるのである。

一方、良い気持ちになるためにお金は必要なく、人々が良い気持ちを求め、強い刺激を求めなくなると、娯楽業者は儲からないので、娯楽業者は、良い気持ちにさせるものを「古い」「ダサい」と人々に思わせるのだ。

ロックというものは、元々は激しい感情を高ぶらせる音楽ではなく、シンプルな音で情緒を感じさせ、良い気持ちにさせる音楽なのだと思う。
坂本龍一さんがアメリカで、彼が作曲した『ビハインド・ザ・マスク(BEHIND THE MASK)』を演奏すると、観客が踊りだすのを、ずっと坂本さんは不思議に思っていたらしい。
坂本さんが「なぜ踊るのか?」と聞いたら、観客は「ロックだから」と言う。
しかし、『ビハインド・ザ・マスク』は静かで情緒豊かな曲だ。
だが、実は『ビハインド・ザ・マスク』こそ、偶然かもしれないが、ロックの本質に合った音楽であった。
ところが、坂本さんがそれに音楽的に気付くのに20年かかったらしい。
マイケル・ジャクソンやエリック・クラプトンが『ビハインド・ザ・マスク』をアレンジして歌う時は、やや感情を刺激するものになっているが、それでも根本の本物のロックらしさが残っている。また、これが本物のロックだから、マイケルもクラプトンもカバーしたのだろう。

良い気持ちになるのにお金はいらない。
子供の時の、「明日から夏休み」という日の気持ちを思い出せば良いのである。
尚、過激な性的快感とかヒロイズムを起こさせるものを「気持ちいい」と表現するのは間違いで、これらはやはり感情を掻き立てる快感である。
ただし、本物の性的感覚は、静かで情緒ある気持ちである。だが、これでは儲からないので、大儲けしたい商売人によって、我々は過激な性的快感を求めさせられているのである。
なるほど確かに、過激な性的快感に囚われた者には、引き寄せは全く出来ない。

子供が強い引き寄せを起こしていることに気付かない大人が多い。
誤解されている場合が多いが、子供は本来、快感ではなく情緒を求めているのだ。
「わー!」とか「ぎゃー!」と騒ぎ立てる子供には引き寄せは出来ない。
そんな子供は、馬鹿な親や、商売人が作ったテレビ番組や、今はネット番組に毒されているのである。
子供がなぜ引き寄せが出来るのかというと、「出来て当たり前」と思っているからだが、なぜ「出来て当たり前」と思うのかというと、出来た時の「気持ち」を想像する能力があるからだ。
これが「想定の法則」の本質である。
想定の法則とは、「願いが叶った時の気持ちを想像すれば、それが現実になる」である。
「気持ち(フィーリング)」であって「感情(エモーション)」ではないことに気をつけないといけない。

幻想の森
AIアート793
「幻想の森」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)UC YMO(CD。イエローマジックオーケストラ)
(2)ザ・ケルン・コンサート(UHQCD。キース・ジャレット演奏)
(3)絵のない絵本(ジャンス・クリスチャン・アンデルセン)
(4)想定の『超』法則(ネヴィル・ゴダード) ※『The Power of Awareness』翻訳書
(5)その思いはすでに実現している! (ネヴィル・ゴダード) ※『The Power of Awareness』翻訳書
(6)世界はどうしたってあなたの意のまま(ネヴィル・ゴダード)※『AT YOUR COMMAND』翻訳書

野生の力を引き出す

文明に毒されていない野生のパワー、自然のエネルギーを持つ人々の驚異的な話は多い。
マルロ・モーガンが『ミュータント・メッセージ』という本で、オーストラリアの先住民であるアポリジニの、超能力的な力を取り上げ、世界的ベストセラーになったが、内容に嘘があることが暴かれ、当初、ノンフィクションとして刊行されていたのが、フィクションということになったという。
ただ、内容の全てが嘘というわけではないと思われ、今も世界中に愛読者が多い。
また、この他にも、アポリジニ民族がスピリチュアルな分野で取り上げられることは多い。

自然の中で暮らす人々の驚異的な能力に関しては、アメリカの先住民であるインディアンの話がよく知られているが、インディアンに関しての話も真偽入り混じっており、どれが本当の話かは判別しずらい。
個々の細かい話は忘れたが、量子物理学者のフレッド・アラン・ウルフ博士や、ノーベル賞作家で20世紀最大の詩人と言われたW.B.イェイツなどが、どこかの先住民らの麻薬を使ったパーティーに参加し、野生動物と意識を一体化することで自然の驚異の力を体験したことを書いていたと思う。
それで言うなら、わが国の縄文人こそ奇跡的な民族であったとされ、不思議な力を操っていたという話もある。
超能力的なものではないが、芸術家の岡本太郎は、縄文人が作った土器は、現在の人間では絶対に作ることは出来ないと断言している。

この他にも私は、関連する様々なことを調査研究したが、野生というか自然に生きる人間の力はやはり大したもので、そのような人々にとって、我々が言う引き寄せなど子供の遊びのようなものと思われる。
現在でも、ノーマネーで自然に生活することを実践している人には、お金を全く持たず、当然ながらお金を稼ぐための仕事をしなくても、何不自由ないどころか、衣食住や、家庭・人間関係などにおいて、満ち足りた優雅な生活をし、「こういったことは誰でも即座に出来る」と述べている人もいる。
世界的ベストセラーであるパウロ・コエーリョの『アルケミスト』も、そのような力を感じる本であったと思う。
腕振り運動もここから出ていると言われる中国の易筋経(えききんきょう)は、動物の真似をすることで野生の力を蘇らせる行と言えると思う。
仙道の本には、亀の呼吸を真似ることで飲まず食わずで何年も生きた少女の話もあった。

まとめてしまうが、いちいち引き寄せのメソッドなどをやらなくても、自分の中にある自然の力、野生の力を使えば、何でも得られるのだと思う。
内在する野生の力、自然の力を活性化させるためには、ゆったりとした呼吸をしたり、腕振り運動を行うことが有効であるのは間違いないと思う。
また、佐川幸義流四股も、決して筋力を強化するためのものではなく、自然の力、野生の力を引き出すから、様々な奇跡的効果があるのだと思う。
よって、いつも言う、深呼吸、腕振り運動、佐川流四股(足踏み四股)はやはり熱心に取り組む価値があると思う。
また、そういった自然の力、野生の力は、最近よく話題にしている想定の法則の活用の力にもなると思う。

フラワー
AIアート792
「フラワー」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)アルケミスト(パウロ・コエーリョ)
(2)ミュータント・メッセージ(マルロ・モーガン)
(3)聖なる量子力学9つの旅(フレッド・アラン・ウルフ)
(4)ケルトの薄明(ウィリアム・バトラー・イエイツ)
(5)佐川幸義 神業の合気
(6)超訳甩手功(スワイショウ、うで振り)
(7)岡本太郎の遊ぶ心
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード