ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

人間がAIに負ける?まさか

「心が一番大切だ」みたいな言葉をよく聞くが、賢者達は「私は心ではない」と言い、これが真理のようである。
しかし、「私は心ではない」と言われても、ピンとこない人が多いと思う。
また、「自分が分からない」という言葉もよく聞く。

アニメ『魔法騎士レイアース』2期(1995)のオープニング曲『キライになれない』は、有名なシンガーソングライターの高橋研さん(THE ALFEEの曲の作詞者として特に有名かもしれない)の作詞作曲編曲によるが、その中で、
「いつでも自分のこと いちばん見えない」
という言葉が2回あり、歌全体が、
「いつでも自分のこと いちばんの謎」
で終わる。
私は『魔法騎士レイアース』は1・2期のDVDを全巻持っているが、その歌のその詩が特に印象的なのは、それが真実だからだろう。
それは、自分のことはよく分かっていると思っていながら、実は全く分からないから、深い謎なのだという意味である。

そして、これ(自分のことは自分でも謎)は科学的にも正しいことが分かっている。
脳と工学的システムの融合のような複雑な研究で有名な前野隆司(まえのたかし。工学博士)さんの本でよく書かれているが、科学的に言っても、心・・・つまり思考について言えば、誰もが「自分が考えている」と思い込んでいるが、真実は、「自分が考えていると錯覚している」のである。
思考は起こるだけであり、自分の意思とかは全く関係がない。
「私はこう考える」ではなく「私はこう考えさせられている」が正しいのである。

テスラ社のAIロボットと人間がこんなやり取りをする動画がある(YouTubeで見ることが出来る)。
テーブルの上に、皿、コップ、リンゴが置いてあり、人間がAIロボットに「何か食べるものをくれ」と言うと、AIロボットはリンゴを掴んで人間に渡す。
人間がAIロボットに「なぜそうしたの?」と尋ねると、AIロボットは、「テーブルの上で食べられそうなものはリンゴだったからです」と答える。
もちろん、AIロボットがそう考えたわけではない。
だが、現代では「AIが考える」という言い方が一般的になってきたように思う。
しかし、もちろん、AIが本当に考えているわけではなく、単にAIというコンピュータープログラムの働きである。
そして、それは人間も全く同じであることが科学的に分かっているということだ。

上の『魔法騎士レイアース』と同じCLAMP作品の『ちょびっツ』では、ちぃと名付けられた15歳くらいの非常に可愛い少女の姿をしたロボット(この作品では人型パソコンと言う)が登場し、18歳の男性である本須和秀樹(もとすわ ひでき)が好きであるように振る舞う。
そして、いつか秀樹もちぃが好きになるのだが、秀樹は、ちぃの双子ロボットの姉であるフレイヤに尋ねる。
「ちぃに心はあるのか?」
それに対し、フレイヤは、
「いいえ、ちぃはプログラム通りに動いているだけです」
と答える。
だが、秀樹はがっかりした様子もなく、「ちぃの心は俺の心の中にある」と言う。
しかし、科学的に言って、秀樹の方もプログラム通りに動いていることではちぃと全く同じなのである。

ただし、人間とAIロボットには大きな違いがある。
それは、人間の本当の思考能力は、本来は恐ろしく優秀であるということだ。
しかし、本当はそうでありながら、普通の人間の思考能力は、そろそろAIに負けようとしている。
なぜ、そんなことになっているのかというと、人間は、思考が自分であると混同することで、思考能力に物凄い制限をかけているからだ。
AIの知性が人間の知性を超えるというのは、その制限されまくった人間の知性をAIが抜くという程度の意味だ。
では、どうすれば、人間が思考の制限を外せるのかというと、単に、自分と思考の一体化をやめれば良いだけである。
方法はいろいろあるが、前に少し書いたが、最近はネドじゅんさんという普通のオカンが『左脳さん、右脳さん。』で、やり易い方法を教えている。

遠き山に陽は落ちる
AIアート801
「遠き山に陽は落ちる」
Kay


参考程度に、そのための役に立つと思われる、ラマナ・マハルシが教えた呼吸法を書いておく。
「私はこれではない」(呼気:吐くこと)
「私は誰か?」(吸気:吸うこと)
「私はそれである」(呼吸停止)
これを繰り返す。
言葉は心で唱える。

◆当記事と関連すると思われる書籍等のご案内◆
(1)左脳さん、右脳さん。(ネドじゅん)
(2)魔法騎士レイアース Blu-ray BOX
(3)ちょびっツ(1)(CLAMP)
(4)脳はなぜ「心」を作ったのか(前野 隆司)
(5)ラマナ・マハルシとの対話 第一巻

『浦島太郎』の警告

合法か違法か確認しなかったが、著名な心理学者の河合隼雄さんの講義をYouTuneで見たことがある。
私は河合隼雄さんの本はいくつか読んでいるが、講義はやはり一味違って面白い。
その中で、こんな面白い話があった。
河合さんが小学生の、おそらく低学年の時だろうが、学校の授業で『浦島太郎』の話を習った時、先生に、
「なぜ乙姫様は浦島太郎に玉手箱といったロクでもないものを渡したのか?」
と質問し、先生を困らせたという。
先生は結局、まともな返答をしなかったようだ。
そんな質問をする生徒はいなかったのだろうと河合隼雄さんは考えていたが、その通りなのだろう。
皆さんは、どうお考えになるだろうか?

ただ、河合隼雄さんは小さかったから、子供用の『浦島太郎』の話を読むか聞くかしたのだろうから、そのお話はかなり簡易化されたものだと思う。
まあ、『浦島太郎』のお話に正確な原本があるのかどうか疑問だが(というかまずないと思う)、乙姫様は浦島太郎に、玉手箱を決して開けないよう言っていたと思う。
それなら、開けた浦島太郎に非があるが、やはり、そもそも、そんなもの渡すなという疑問を持つかもしれない。
しかし、おそらくは知恵者である乙姫は、歌島太郎が乙姫との約束を破るほど困ったら、浦島太郎が玉手箱を開けてしまうのは仕方ないと考えたのかもしれない。

ところで、私も子供の時、『浦島太郎』の話には疑問を感じていたが、河合隼雄さんとは引っかかった箇所が違った。
竜宮城で浦島太郎が過ごした3年は地上での300年であったというが、もし、玉手箱が浦島太郎に地上での時間の経過を与えたとしたら、おじいさんになるどころではなく白骨になるはずだ・・・という疑問だ。
まあ、私ももっと大きくなってからなら、玉手箱は浦島太郎に地上の時間経過の30%程度を与えるよう調整されたマシーンだとか考えるが、子供の時は、そんなことに考えが及ばず、非常に疑問だった。
河合先生は、そこには疑問を感じなかったのだろうか?
いや、それよりも、やはり、乙姫様が玉手箱を浦島太郎に渡した意図の方が疑問だったのだろう。

有名なマーフィーの法則(ジョセフ・マーフィーの法則ではなく、航空機エンジニアであったエド・マーフィーの法則)には、「不安な箇所は必ずこける」というものがある。
つまり、「このヒモ引っ張るな」という張り紙をしておいたとしても、誰かが必ず引っ張るから、引っ張って欲しくないヒモなら、最初から引っ張るのが不可能な状態にしなくてはならないという教えで、エンジニアリングの世界でも有益な教えだ。
私も、ソフトウェア開発で必ず心がけていることだ。
なんとなく、乙姫様はエド・マーフィーより賢いと思えるので、乙姫様は、浦島太郎が開けてしまうこと前提で玉手箱を浦島太郎に渡したのだろう。

フェアリー
AIアート593
「フェアリー」
Kay


一応、『浦島太郎』のお話の説明はつく。
竜宮城は仮想世界であり、竜宮城の乙姫様やその他の存在達も仮想的な存在だったのだろう。
浦島太郎を拉致し、なんらかの目的で浦島太郎の精神を仮想世界に引き入れたのは、宇宙人か地底人といった存在と思われる。
浦島太郎は、仮想世界で、この上なく楽しく過ごしたが、やがて元の世界の方が良いと分かる。
それで、宇宙人か地底人かは分からないが、実験は完了である。
つまり、人間は、仮想世界で楽しく過ごすより、現実の方が重要なのである。
ITが進歩した世界では、もうすぐ竜宮城のような仮想世界で過ごすことが本当に可能になる。
いわゆるメタバース世界の実現だ。
メタ(旧フェイスブック)も、イーロン・マスクのニューラリンカも、それを目指している。
だが、日本人は『浦島太郎』の話を教訓に、そんなものは偽物であることを見破らなくてはならない。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)一寸法師・さるかに合戦・ 浦島太郎 日本の昔ばなしIII (岩波文庫)
(2)定本 昔話と日本人の心(河合隼雄)
(3)昔話の深層 ユング心理学とグリム童話(河合隼雄)
(4)こころの最終講義(河合隼雄)
(5)世界2.0 メタバースの歩き方と創り方

脳内チップを埋め込むとこうなる

私は、深呼吸を薦めておきながら、おそらく、毎日数分しかやっていないが、30秒でも毎日やれば効果がある。
それで、少し良くなった頭で、レイ・カーツワイル(「シンギュラリティ」を提唱した天才科学者、発明家)と堀江貴文(通称ホリエモン)さんの間違いを簡単に正す。

分かり易い単純な言い方として、カーツワイルと堀江さんは、「脳に電極を刺す」と言ったらしいが、これは、脳機能を拡張する特殊なチップを脳に手術で取り付けることである。
それにより、脳が直接インターネットに接続したり、他人と脳内チップを通じて思考通話が出来るし、また、インターネットに接続された機器(いわゆるIoT機器)を思考で操作出来るようになる。
それだけでなく、脳の能力を向上させることが出来、簡単な言い方をすれば、IQが低い人でも、IQ500とか1000、あるいは、それ以上にアップすることが出来る。
カーツワイルや堀江さんは、こんないいものを脳に埋め込まないなんて馬鹿だと言っているわけだ。

堀江さんは、新型コロナワクチンを打たない人間は、科学の進歩を理解出来ない馬鹿で、そんな人間とは縁を切ることを宣言しているらしいが、それと同じ理屈で脳内チップも埋め込むぞと言うわけであろう。

ややこしい話などしなくても、彼らの間違いは指摘出来る。

たとえば、最近、つければ頭髪が生える育毛剤や、飲めば痩せるダイエット薬の宣伝をよく見る。
名のある企業の宣伝もあり、とりあえず、本当に効果があるとする。
では、そんないいもの、使わないのは馬鹿だろうか?
いや、使う方が馬鹿である。
遺伝子や年齢などから考え、毛髪がなくなるはずがないのになくなったとしたら、それは、生活習慣が間違っているのである。
同じく、肥満しているなら、やはり生活習慣が間違っている。
それを正さないまま、毛が生えたり、痩せたりしたら、悪い生活習慣を正さないし、さらに生活習慣が悪くなる可能性が高い。
そうなれば、やがては、毛が薄くなるとか肥満する程度で済まない悪いことになるのは確実と思う。

それと同じである。
人間の能力が、普通に考えられているよりはるかに高いというのは昔から言われているが、その通りと考えて間違いないと思う。
本来人間に与えられている、そんな高い能力を発揮していないのは、やっぱり何かが間違っているのである。
それを正さないまま、強制的に能力をアップさせたら、その悪いところを正さないまま放置することになり、上の薄毛や肥満と同じで、さらに悪くなる可能性が高い。
肥満の場合は、せいぜい、100kgの体重を50kgにといった具体に、50%の効果だが、能力の場合は、それどころではない伸びしろがあるかもしれない。
そうであれば、間違いを正さないまま痩せることで起こる弊害どころではない悪い作用が起こる可能性が高い。
こんな簡単なことに気が付かないカーツワイルや堀江さんは、少しも賢いとは思えない。
まあ、彼らは、かつてはそれなりに賢かったとは思うが、何かの理由で賢くなくなったのだと推測する。

それに、脳内チップを意図的に悪用されたら、これほど恐ろしいことはない。
日本の政府も、今の日本人政治家では十分あり得るが、脳内チップで国民の支配を行うようになる。
たとえば、ある方面では国民が能力を発揮しないようにしたり、脳内チップを通して簡単に洗脳したり、厄介な人間に対しては思考能力を低減させたり(場合によっては完全消去)、ことによっては、可能なことだが、脳内チップを通して病気にしたり、身障者にしたり、さらには、死刑を実施したりである。
それらは確実に可能であり、マーフィー(エド・マーフィー)の法則通り、「要因があれば悪いことは確実に起こる」のである。

永遠の一瞬
AIアート530
「永遠の一瞬」
Kay


1960年代前半の、一般庶民がコンピューターのことをほとんど知らない時代の漫画『8(エイト)マン』で、カーツワイルが脳のアップロードと呼んだように、人間の東八郎の記憶を、ロボットのエイトマンの電子頭脳に移した。
そして、やはり、カーツワイルのシンギュラリティの一般理解のように、人間の知的能力を凌駕する「超人サイバー」と名付けられたAI(当時はAIという言葉が普及しておらず単に「電子頭脳」と呼んだ)が、人間の脳に機械を取り付けて、人間をコントロールすることを始めた。
当時は、脳内チップという概念がなかったので、機械を人間の脳に取り付けるとしたが、やっていることは脳内チップと同じだ。
そして、『8マン』の続編である2000年代前半の『8マン インフィニティ』では、超人サイバーが再び登場し、今度は、全ての人間の脳に脳内チップを埋め込んで人間を支配しようとする。
カーツワイル、堀江さん、そして、ひょっとしたらイーロン・マスクも、いわば超人サイバーの手先のようなことを言ったりしたりしているのであるかもしれない。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき
(2)8マン(1) Kindle版
(3)8マン・インフィニティ (1) Kindle版
(4)愛は脳を活性化する (岩波科学ライブラリー)
(5)エリート(1) (SUN WIDE COMICS)
(6)神さまの周波数とシンクロする方法
(7)人生を思うように変える呼吸法

孤立し排除される人達

1960年代とか1970年代の漫画やアニメを見ると、こんな場面がよくある。
小学生の男の子達が、空き地で野球をしている。
バットで打った球が近くの民家のガラス窓を割り、その家の中から恐そうなおじさんが飛び出して来て「こらー!」と怒鳴り、子供達が一目散に逃げる。
ところが、それで済んでしまうのである。
今なら、大問題になり、警察沙汰、あるいは、訴訟にもなりかねない。
ところが、当時は、それが当たり前の日常だったから、漫画でもそう描かれたのである。
また、当時は、子供達が住宅地の道で大騒ぎをして遊ぶのも普通で、男の子達はチャンバラ、女の子達はゴム飛びで、騒音、歓声でうるさくても、さして気にされなかった。
子供だけではない。
昔は、近所に、変な人や恐い人なんてのもいて、そんな人達は嫌われてはいたが、恐くて声をかけられないというほどではなかった。つまり、変な人もそれなりに許容されていたのだ(限度はあるが)。
しかし、今は、これらのようなことは通用しなくなり、ますます通用しなくなる。。

あるいは、昔の2ちゃんねる掲示板だけでなく、あらゆる電子掲示板では、すぐに争いが発生し、激しい誹謗中傷合戦は当たり前だった。
当時の電子掲示板では、ちょっとおかしな発言をしたらすぐに口汚く罵られ、袋叩きの状態になった。
だが、今、X(旧ツイッター)などで、少々頭がおかしいような発言をしてもスルーされるのが普通で、また、そんな発言をする者はすぐにミュートされる。

早速、結論を言うと、今の時代は、良い悪いではなく、まともに見える人間しか相手にされず、結果、外れた人間は生き残ることが出来ない。
いまだ、Xで過激発言をしたり、今はLGBTは嫌いでもスルーされるが、自分がロリコンだと公言するのは馬鹿である。
あるいは、日本で、自分は覚せい剤を使っているとか、武器を携帯していると言うのは、法律以前に、同じ人間と認められない。

少し前、住宅地で子供達に混じって、その親までが大騒ぎして遊ぶ、いわゆる道路族が話題になったことがあった(今もあると思うが)。
騒がしくて苦痛を感じてる人が、そんな道路族に注意をしたら、道路族は「何が悪いんやコラ!」と反撃し、注意をした人の家の方が嫌がらせを受けるようになり、やむなく、引っ越したという話であった。
それが10年ほど前の話であったが、今後は、道路族みたいな連中は、もう生きていけないだろう。

別に、これを一概に「正義や常識が通用する知的な社会になった」と言うのではない。
ITやAIの発達により、完璧な監視社会になってきたということだ。
その中で、素性の悪い人間は受け入れらなくなってくるのである。
これが、新型コロナの流行により、一気に進んだのである。

暖かい場所
AIアート471
「暖かい場所」
Kay


SNSで、過激な発言、グロテスクな発言をするツケは非常に大きくなる。
また、いまだ、子供を、小さいからといって、家の庭や住宅地の道路、あるいは、電車の中で騒がせるのは、悲しいまでに時代遅れで、将来はない。
逆に、電車の中で赤ん坊が泣いているのに対して文句を言ったり、乱暴な口をきく者の方が「逸脱者」として、相手にされないばかりか排除される。

それなら、嘘の情報を流されて、いわれのないことで孤立したり排除されるようなことが起こるのかというと、それをされる方にも問題があるのだ。
そんなことをされるのは、恨みや嫉妬を買った結果であるが、そんなことになるのは、分を超えたものを持とうとしたからだ。
これからの世の中では、潔白であることが重要になる。
これを、岡田斗司夫氏は「ホワイト化社会」と言っているらしいが、大方の部分では私も岡田氏に同意と思う。
しかし、根本的な対策は全く違う。
どんな世の中になろうが、思考を消せば無敵である。
そのために、誰でも出来ることは、いつも言うことなので詳しいことは省くが、深呼吸しかなく、さらに、薄目で世界を見ることである。








AI絵画について

たまには主旨を変えて、AI絵画のことを少し話そう。
今や、誰でもAIを使ってプロ並みの絵やイラストが描ける。
すでにAIの絵を描く能力は人間の画家と同等以上で、やがて、AIの腕前の方が人間の画家を上回り、その差は無限に大きくなっていくだろう。
もちろん、これは絵に限ったことではなく、音楽、プログラミング、教育、医療、政治、事業経営、その他でも、時間の問題で同じになる。

AI絵画は無料で始めることが出来るが、どこか厭らしいものが多い。
つまり、無料で使えるAI絵画作成サービスを提供しているWebサイトが沢山あるが、無料で使えるものは制限が多く、ちょっと熱心にやろうとしたら使い物にならない。
また、製作した絵の権利関係や営利目的で使えるかなども、無料版では強い制約がある場合が多い。
つまり、無料サービスを提供している企業は、何も善意でやっているのではなく、有料会員にしてやろうと虎視眈々と狙っているのである。

高機能なAI絵画作成のためのサービスを提供しているMidjourney(ミッドジャーニー)は、以前は無料版があったが、無料で使えるのはたった25枚で、そんなの、一瞬で使い終わり、そのくらい製作しただけでは何も分からない。
ところが、Midjourneyと同等の機能を持ちながら、無料で無制限に使え、しかも、作成した絵の商用利用も可のBlueWillowというサービスが出来た。
だが、BlueWillowも、実際には無料版ではいろいろ不都合がある。
それに、BlueWillowもいずれは有償版のみになると思われる。
MidjourneyもBlueWillowも、Discord(ディスコード)という、無償のコミュニケーションサービス上で使う。
Discord自体は未来型の重要なサービスで、今後の世界で活躍するためには、是非、馴染んでおく必要がある。
しかし、無料のAI絵画作成サービスを、このチャット型サービスの上で使うのは、本当に煩わしい。
まあ、MidjourneyもBlueWillowも、Discordの使い方の見本としては良いが、私なら、これらの無償版で絵を作る気にはなれない。

私が今使っているのは、Stable Diffusion(ステイブル・ディフュージョン)というAIアプリである。
これは、歴史に残るAIアプリで、大変に高機能でありながら、開発者がオープンソースにして無料公開したので、爆発的に広まった。
つまり、こんな素晴らしいものがタダなのである。
とはいえ、普通のWindowsアプリなどと違い、使うためのハードルが高い。
使い方には2種類あり、自分のパソコンにインストールして使うか、Google Colaboratory(グーグル・コラボレイトリー)などのクラウド環境で使うかだ。
自分のパソコンで使う場合には、パソコンに高性能なGPU(Graphics Processing Unit)が付いている必要があり、ほとんどの人のパソコンはそうではないから、Google Colaboratoryを使うしかない。
しかし、自分のパソコンで使うにしろ、Google Colaboratoryで使うにしろ、よほどパソコンに詳しい・・・というより、エンジニアでないと無理だ(それか、丁寧にサポートしてくれるエンジニアの知り合いがいるか)。
確かに、Webサイトを調べれば、Stable DiffusionをGoogle Colaboratoryで使う方法を述べたサイトがあるが、ひどいものが多い。
また、いかにも、素人がGPU付きのパソコンがあれば簡単に使えるといった調子で、やり方を書いたサイトもあるが、素人なら、酷い目に遭う場合が大半なので、あまりお奨めしない。
一瞬、使えても、やがて困ったことになる。

Subconscious
AIアート71
「Subconscious」
Kay


よって、今のところ、AI絵画を本格的にやるには、かなりパソコンやネットに詳しく、出来ればソフト開発経験があることが望ましい。
もちろん、やがては、もっと使い易くなると考えられる。

ある程度、パソコンに自信があるなら、私のようにやるのも手である。
私は、ゲーミングノートと言われる、ゲームをするためのノートパソコンを使っているが、ゲーミングノートにはGPUが付いているから、絵画AIをノートパソコンで使うなら、自ずとゲーミングノートになる。
私は、NVIDIA(世界最大のGPUメーカー)の最新GPUの1つであるRTX4060というGPUを搭載したノートパソコンでやっている。
ただ、ノートパソコン用のGPUは、VRAM(ビデオメモリ)の容量が少ない。
Stable Diffusionを使うには、最低4GBのVRAMが必要と言われるが、現実には、最低でも6GBは必要だろう。
RTX4060のノート用ではVRAMは8GBしか搭載されておらず、それが不安だったが、なんとか実用的に使えた。
私は最初、もっと安価なRTX4050搭載のゲーミングノートを買おうと思っていたが(GPUの性能としては十分と思う)、こちらはVRAMを6GBしか積んでいないのでやめた。

Stable Diffusionを使っていると、プロの絵描きが描く絵に興味がなくなった。
見たい絵は自分で作れるからである。
いくら上手いプロの絵描きでも、私の見たい絵とは、かなり違うものを作る。
しかし、自分で作れば、自分が見たい絵を作ることが出来るのである。

一応、私が購入したゲーミングノートを以下にご紹介しておく。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード