「想定の法則」は、貴重な、本当に使える引き寄せの法則であると思う。
だが、想定の法則と、他の引き寄せの法則の違いが分からない人が多いと思う。
また、想定の法則の翻訳書が、正直、肝心なところが分かり難い。
しかし、想定の法則は本当は簡単なので、ちゃんとした説明をすれば、すぐに使える。
(想定の法則以外にも使える引き寄せ方法はあるが、言葉で伝えることは難しいと思う)

たとえば、願望がミュージシャンになることとする。もちろん、成功して儲けている人気ミュージシャンだ。
普通の引き寄せの法則では、ミュージシャンになった様子をイメージする。
あるいは、「私は人気ミュージシャンだ」と現在形の言葉でアファーメーションを行う。
しかし、人気ミュージシャンが実際にどんなものかは、それこそ、実際に人気ミュージシャンにならない限り分からない。
人気ミュージシャンでない者の人気ミュージシャンのイメージは、現実と全くかけ離れているが、それは自分でも分かるはずだ。
だから、初めこそ、人気ミュージシャンになった自分をイメージすることは楽しいが、すぐに飽きてしまい、無理にイメージしようとしても退屈というか苦痛になり、ストレスになってしまう。
これは、いかなる願望でも同じである。
たとえば、私のようなプログラマーになることが願望という人がいたら、その人のプログラマーのイメージが、実際のプログラマーとかけ離れていることは間違いないと断言出来る。
また、イメージングではなく「私は人気ミュージシャンだ」とアファーメーションを行っても、すぐにそれをやるのが虚しく、そして、やはり苦痛になるか、しんどくなる場合が多いはずだ。

ところが、引き寄せがうまくいったという人には、「事細かな部分まで、私がイメージした通りになりました」と言う人がいて、またそれが注目される。
これは、特殊な例ということもあるが、実際は、イメージしたことと少し似ていたという程度であったのに、「全くイメージ通り」と言ったり、あるいは、そう言ったことにされてしまったのだと思う。
特殊な例というのは、本当に成功した時のイメージが出来るよう、大変な手間をかけたという場合で、非常に意欲的で、多くの場合、お金と暇が十分にある人が稀にやることである。

想定の法則で人気ミュージシャンになる場合、無理に、願いが叶った時の様子のイメージングをしない。
自然に浮かんで来る当たり前のイメージは、そのままにしておく。それが本当の願いであれば、そんなものがあるのは当然である。
しかし、下手な自発的イメージングはしない。
楽しい妄想が浮かぶなら、勝手に妄想すれば良い。
早い話が、そんなことはどうでも良いのである。
重要なこと、そして、やるべきことはたった1つ。
自分が人気ミュージシャンになったらどんな気持ちかを想像するだけである。
まさか、それが想像出来ないはずがない。
それどころか、実は、あなたにその願望を起こさせたのは、その気持ちなのである。
それを思い出し、活性化させるだけなのである。
気持ちなのだから、現実的、具体的なイメージはあまり、あるいは、全くないと思う。
その気持ちを言葉で表現する必要はないし、無理に表現してはならない。気持ちを誘導することも害になるからだ。
しかし、自然に言葉が浮かぶのなから、全く構わない。
とにかく、何ごとも、自然に起こることは良いのである。
「嬉しい」「幸せだ」「安心だ」「いい気分だ」「さわやかだ」「すがすがしい」という言葉なら、確かによく浮かぶ。
また、よく聞く言葉が「子供の時のような気分だ」である。
ただし、そんな言葉が先入観になってもいけないので、「自分もそんな気分になるはずだ」などと思わず、「自分の場合はどうだろう」程度に思うと良い。

希望
AIアート777
「希望」
Kay


余談であるが、『葬送のフリーレン』の作者はよく分かっている。
大魔法使いフリーレンは、服が透けて見える魔法とか、かき氷を出す魔法といった、「しょーもない」魔法を得ることを喜ぶ。
私も、「以前見た時代劇の特定の回を今から放送させる」とか「夜空の星の中から瞬間で土星や木星を見つける、あるいは、適当に選んだ星が土星や木星になる」とか「図書館や本屋で、目の前の棚に、欲しい本を出現させる(大抵は単なる趣味のレア本)」といった、奇跡的ではあるが、「しょーもない」引き寄せをよくやった。
一方、欲張ったものの引き寄せは、どうでもいいという気持ちでやり、失敗することが多かったが、別に気にしなかった。
そうであってこそ、いざという時の引き寄せが出来るのではないかと思う。
私が無自覚にやっていた引き寄せ法は、想定の法則であったと思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)想定の『超』法則(ネヴィル・ゴダード) ※『The Power of Awareness』翻訳書
(2)その思いはすでに実現している! (ネヴィル・ゴダード) ※『The Power of Awareness』翻訳書
(3)世界はどうしたってあなたの意のまま(ネヴィル・ゴダード)※『AT YOUR COMMAND』翻訳書
(4)自己信頼(ラルフ・ウォルドー・エマソン)
(5)アイ・アム・ザット 私は在る~ニサルガダッタ・マハラジとの対話~
(6)人生は思うように変えられる(ジョセフ・マーフィー)
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ