引き寄せの分野だけでなく、優秀なコーチ達は「現実より態度が重要」と言うが、その通りと思う。
ところで、ノーマン・ヴィンセント・ピールが代表的だと思うが、彼の世界的ロングセラーである『積極的考え方の力』にあるように、積極的な考え方が重要であると考える人が多いし、これを「プラス思考」と呼ぶ人もいる。
しかし、積極的な考え方やプラス思考よりも態度が重要なのだ。
無理にプラス思考をすることには何の力もなく、それどころか害が大きいと言う人もいるほどである。
だが、態度が自然に、それに応じた考え方を作り、さらには、現実を作るのである。

この態度について、昔、仏教学者のひろさちやさんは、「真似をすること」と言い、仏陀になりたいなら、あらゆることで仏陀を真似る・・・難しいことでなくてもいいから、たとえば、仏陀らしくメシを食い、仏陀らしくクソをすればいいといった説明をした。良い説明と思う。
また、バシャールは、態度について、「演じる」ことだと言ったが、これも仏陀になることで言えば「仏陀を演じる」となるのだと思う。

しかし、真似をすると言っても演じると言っても構わないが、最も重要な真似、あるいは、演技は、呼吸と表情だ。
つまり、最も重要な態度は、呼吸と表情で作るのである。
仏陀らしい呼吸をし、仏陀らしい表情をすればすなわち仏陀である。
どんな呼吸が仏陀らしく、どんな表情が仏陀らしいかは自分の思うようで構わない。
仏陀らしい呼吸とは、静かでゆったりとした深い呼吸に違いないし、仏陀らしい表情とは、穏やかで慈悲に満ち、柔らかな微笑みをたたえていても良いと思う。

まあ、仏陀になりたいと思う人は少ないかもしれないが、お金持ちになりたければ、呼吸はなかなか分からないが、表情であれば、お金持ちの表情を今はいくらでも見ることが出来る。
呼吸は分からないとはいえ、優れた人間の呼吸は、ゆったりと深いに決まっているので、むしろ真似は容易い。
お金持ちらしい呼吸をし、お金持ちらしい表情をすれば、引き寄せで言うところのお金持ちの周波数、お金持ちの磁力が発生する。
逆に、いかなる引き寄せのテクニックを駆使したところで、呼吸と表情が悪ければ、全く効果はないだろう。

育つフェアリー
AIアート625
「育つフェアリー」
Kay


そもそも、引き寄せのテクニックは、良い呼吸と良い表情に至るためにするようなもので、それなら、最初から、呼吸と表情に注力すれば良いのである。
美人美男になりたければ、呼吸の方はやはり静かでゆったりとした呼吸に決まっているので、理想の美男美女の表情を真似れば良い。
それが美人美男の態度となり、周波数となり、そんなパラレルワールドを引き寄せる。
タイムリーパー(精神だけ過去に戻り、過去の自分と一体化した人)になりたければ、タイムリーパーらしい呼吸と表情をすれば良いのである。
呼吸と表情で、なりたい人間の態度を作る・・・つまり「らしくする」ことが大切と思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)バシャール(BASHAR)3 単行本
(2)バシャール・ペーパーバック3
(3)空海入門・ペーパーバック(ひろさちや)
(4)空海入門 (ひろさちや。中公文庫)
(5)積極的考え方の力(ノーマン・ヴィンセント・ピール)
(6)楽天主義“OPTIMISM”(ヘレン・ケラー)
(7)人生を思うように変える呼吸法
(8)弓と禅(オイゲン・ヘリゲル)
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ