眠っている時の夢が、自分が作り出したものだということは、だいたい同意していただけると思う。
夢で、自分が知らないことや想像出来ないことは出てこないし、もし出てきたら、一種の超常現象、オカルト現象と見なされるだろう。
私は小学校の3年生か4年生の時、「ベッドに入ってから、夢で見たいことをずっと考えていたら、その夢を見ることが出来るんだよ」などと自信たっぷりに人に言っていたものだが、それは、やはり、夢は自分が作っていると考えるのが自然だからだろう。
まあ、見たい夢を見るのはなかなか難しいものだが、普段よく考えていることが夢に現れることが多いとは言えると思う。
願望の実現よりは、むしろ心配事が夢に現れるように思われるのは、精神が積極的か否定的かに関係するのかもしれない。
しかし、いずれにせよ、やはり、夢は自分で作っているのだろう。

面白いのは、これは夢だと気付いていることがたまにあるが、そんな時に、夢を自分の意思で変化させることが出来るように思えることだ。
完全に自分の思い通りに変化させることは難しいと思うが、そこそこはうまくいったように思えることもある。
たとえば、夢だと気付いていない場合は、約束の時間に間に合わない状況だと、どうにもならなくなる場合が多く、非常にあせるが、夢だと気付いている場合は、なんとか間に合ったり、「夢なんだから別に間に合わなくていいや」と思って、あまりあせらない場合が多い。

これは夢だと気付いている夢で、夢を自分の思うようにするには、単純だが、強く念じることが有効なように思える。
そして、うまくいくかどうかは、思い通りになると自信があるかどうかに左右される場合が多いと感じる。

古代から、全ての本物の賢者は例外なく、本質的に夢と現実は同じだと言うが、それなら、現実の変え方も夢の変え方と同じということになるし、本当にそうなのだと思う。
実際、何度も書いたが、私は、特に子供の時は、現実を非常識なレベルで改変することが普通に出来た。
そりゃ、怪獣を出現させるようなことはしなかったが、そこには、子供なりの社会常識みたいなものがあったからで、やろうと思えば出来たようにも思える。実は、かなり幼い時だが、妖怪みたいなものは、結構出現させた記憶があり、家族にもそんな話(妖怪が現れたこと等)をよく話していたらしい。
では、幼い子供は(少子化で)減ったとはいえ、それなりにいるのだから、そこらに妖怪や宇宙人がいてもおかしくないように思うかもしれないが、妖怪や宇宙人を信じない大人の世界には、それは現れない。
逆に言えば、幼い子供の世界は、我々が知らないだけで、不思議なものだらけなのである。

夢で逢えたら
AIアート526
「夢で逢えたら」
Kay


それで、どうすれば、夢や、それと同じである現実を好きなように変えることが出来るのかというと、やはり、自信を持って強く念じる・・・ということになる。
そして、重要なことは、現実も夢と同じなんだから、自分の思うように変えられるはずだという自信や信念の強さだ。
では、自信や信念を育てれば良い。
自信や信念があるとは、自分を信じるということなのだから、エマーソンの名著『自己信頼』を読むべきと思う。
次に、深呼吸だ。
深呼吸については分からない部分もあるが、普段、意識せずにやっていることを意識してやることで、自動で行われることに自分の意思を介入させるコツが分かるようになる。
そして、腕振り運動でも、佐川幸義流四股でも、あるいは、木刀やバットの素振りでも良いが、それを十分にやり続けると、「私は腕振り運動を毎日しっかりやる夢を自分の意思で見ている」と分かり、夢や現実の操作に自信が生まれるのである。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
☆エマーソン『自己信頼』
(1)自己信頼(紙の本)
(2)自己信頼
☆佐川幸義流四股のやり方があるもの
(1)月刊 秘伝 2022年 03月号 [雑誌]
(2)佐川幸義 神業の合気
(3)四股鍛錬で作る達人
☆腕振り運動のやり方があるもの
(1)超訳甩手功(スワイショウ、うで振り)
(2)気功革命――癒す力を呼び覚ます
☆深呼吸の参考
(1)人生を思うように変える呼吸法
(2)魔法修行―カバラの秘法伝授
(3)弓と禅(旧訳。紙の本)
(4)神さまの周波数とシンクロする方法
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ