深呼吸さえすれば、IQが上がり、健康になり、運動せずともダイエット出来、引き寄せがうまくなり、良い呼吸をするようになれば金はいくらでも出来る。
だが、私もだが、なかなか深呼吸をしない。
これはどういうことかと言うと、深呼吸しながら思考は出来ないが、逆に言えば、思考しながら深呼吸も出来ないのである。
つまり、まだまだ思考が多い・・・頭の中のおしゃべりが多いということだ。
そこで、本当は、いつでもどこでも深呼吸が好ましいが、特に初めのうちは、時間を決めて・・・たとえば、起床時、就寝時、食事前・後、お風呂の中、その他からいくつでも選んで、そこで必ず深呼吸をすると良いと思う。その成果は計り知れないのだから。

米津玄師さんの有名な楽曲『Lemon』の中で、「あれから思うように息ができない」という歌詞があるだろう。
心の傷や重荷があると、思考が積り、思考が積もっていると良い呼吸が出来ないのである。
だが、それでも、無理にでも深呼吸し、そんな苦しみの元であるエングラム(記憶痕跡)を精神の中の無害な場所に配置し直さなくてはならない。
詳しくは書かないが、それもまた、深呼吸を行えば、脳の量子的作用によって自動で行われる。
我々のすべきことは、確かに他の方法もあるのだが、この本当は戦争状態の滅びかかった世界で、手段を研究している暇はなく、今すぐに誰にでも出来る深呼吸をすべきと思う。
逆に言えば、深呼吸をして、脳の量子力学的能力によってノイズ(思考を指す)を消せば、世界は意のままである。

懐かしい風
AIアート399
「懐かしい風」
Kay


それと、最近書いている、『ルパン三世 カリオストロの城』のクラリスのような思考のない高貴な魂を感じれば、深呼吸をし易くなるのである。
世界中に沢山あるだろうと思う。
例えば、上皇后美智子様が子供の時に感激された『古事記』のオトタチバナ姫が、まさにクラリスのような存在と思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ