ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

これほど日本人がマゾだったとは私も知らなかった

6月27日(日本では28日)にジョージア州アトランタで行われた、トランプ前大統領とバイデン大統領のテレビ討論会で、バイデンが老化による悲惨なまでの能力低下状態であることが明確にさらされたことをご存じの人も多いと思う。
この討論会を主催した大手放送局であるCNNや、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト誌といった、明らかに反トランプ、バイデン支持である主流メディアすら、その事実(バイデンの度の過ぎた老化)を露骨に認める見解を相次いで報道しており、誰の目にも、バイデンが大統領職に相応しい人間でないことは明らかと思えた。
(NHKは、この討論会のトランプ、バイデンが互角と言ったらしいが、それが本当なら、NHKもバイデン並に能力低下状態と思える)

上記の主流メディア、民主党(バイデン所属政党)内部、さらには、バイデン支持の政治学者らからすら一斉に、民主党候補をバイデンから他の候補に変えるべきという主張が噴出しているが、討論会からかなりの日数が経った今でも、バイデンは「自分は決して撤退しない」と言い続けている。
バイデンの選挙戦継続の意思に最も強い影響を与えていると言われるのが、バイデンの夫人であるジル・バイデンであるが、確かに、彼女は、エネルギッシュに夫バイデンが今も米国大統領に相応しく、このまま選挙戦を継続することを訴えている。
現状、バイデンが他候補に変わる可能性はほぼないと思われる。

ところで、私が非常に気になるのは、なぜ、ジル・バイデン夫人が、バイデン大統領の衰えが明らかなのに、そこまで強硬に撤退を否定するのかの理由について語られる内容だ。
いつもは、主流メディアの偏向報道を鋭く指摘する賢い人達すら、これについては妙に的外れなことを言う。
最もよく聞く内容は、「ジル・バイデンは、世界一の権力者である米国大統領のファースト・レディという立場の愉快さ心地よさを味わってしまい、それを手放すことが出来ない」である。
だが、それがあるかどうかは、どうでも良いというほど些細な問題であることを誰も指摘しない(している人もいるかもしれないが)。

そんなに複雑な話ではない。
バイデンの次男ハンター・バイデンが少し前に有罪判決を受けたことは、アメリカでは普通に報道されている(日本ではほとんど報道されないと思うが)。
ハンター・バイデンの犯罪は、銃の不法所持であったと思う(麻薬中毒でありながら銃を所持する違法行為を行った)。
だが、ハンターだけでなく、バイデン一家の犯罪は、それどころのことではない。
バイデン一家が、バイデンが大統領になってから、あるいは、バイデンがオバマ大統領の副大統領だった時から、その圧倒的地位を利用して行ってきた犯罪は、捜査はかなり進んでいる状態だ。特に、ハンターが関わっていた、ウクライナ、中国からの不正利益などの汚職が知られているが、他にも沢山あると言われている。
証拠はYouTubeでも簡単に見ることが出来たが、現在は強制削除されていると思う。
今のところ、これらの犯罪は、起訴されているものがあるとしても、バイデンが司法を操作し(本当は出来ないはずだが)、それを押し潰し隠している。
ところが、バイデンが大統領でなくなれば、バイデンは捜査の妨害が出来なくなって捜査が進み、バイデン一家は重罪で刑務所行きになる可能性が濃厚と思われる。
だから、ジル夫人、および、バイデン大統領が、大統領職に強く固執するのは当たり前である。

一方、トランプに関しては、先日の最高裁の「大統領は公務に関しては免責特権がある」という判断により、トランプに対するほとんどの訴訟が事実上、取り下げられる可能性が高くなった。唯一、大統領の免責特権に関わらない、ポルノ女優への口止め料支払い裁判に関しても、最高裁は、今月(2024年7月)11日の量刑言い渡しを取り消し「必要があれば9月18日に行う」とし、細かい説明は省くが、事実上、これもなくなる可能性が高い。
つまり、トランプは訴訟危機が全て消え、バイデンおよび民主党の司法を武器化したトランプへの訴訟攻撃は全て、トランプの支持率を上げるだけの結果に終わる。
このままいけば、11月の大統領選挙で、トランプは地滑り的な大勝利を収める。
だが、民主党、および、その背後の勢力がそんなに甘いはずがない。
これから、どんな手を使ってくるか分からない。最悪ではトランプの暗殺も考えられる。
とはいえ、アメリカ国民は賢くなっており、民主党やその背後の勢力に騙されなくなっている。
一方、日本国民は全く駄目で、目覚めている人はごく一部で、いまだ、小池に投票したり、ワクチンを打つ人も多い・・・というか、それが普通という体たらくだ。
日本国民はもっと苦しむ必要があるのかもしれない。それほど日本人がマゾだとは私も知らなかった。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)もしトランプが米大統領に復活したら
(2)まだGHQの洗脳に縛られている日本人(ケント・ギルバート)
(3)今、アメリカで起きている本当のこと 大統領選“不正選挙”から米国内戦へ
(4)ここまでわかった! 「コロナワクチン後遺症」
(5)ワクチン不要論(内海聡)
(6)私の声はあなたとともに ~ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー~
(7)自己信頼(ラルフ・ウォルドー・エマソン)

驚き
AIアート994
「驚き」
Kay

  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

悟りを開かずにいられるはずがない

ごく一部でブームになるが、社会全体ではタブー視されることに、人間は平等では「全くない」ということがある。
それは、「どんな家に生まれたか」といった問題ではない。
「恵まれた環境に生まれたら得だ」ということなら誰でも知っている。
そうではなく、生まれつきの能力の問題だ。
「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」というのは大嘘であり、実際は、「天は人の上に人を作り、人の下に人を作る」である。
しかし、最初に述べた通り、このことは病的なまでにタブー視される。

人には生まれつきの能力の差があるということは、私が長年調査したり、直接見聞きしたことの中で、例外はただの一件もなかった。
私の場合は、小学5年生の時、愚かな担任教師の愚かな行いのために、私は、クラスメイト全員のIQ(知能指数)テストの成績を見たが、それが勉強の成績とピッタリ一致していたことに衝撃を受けた。
IQは基本的に先天的に決まっているが、子供の頃は速く成長させれば、一時的に高いIQを持つことがある。しかし、大人になれば、先天的に持っているIQの数値になる。
英才教育というものは、子供の頭脳を速く成長させ、小学生のうちは高いIQになり、勉強も出来るので、優秀な人間になったと誤解されるが、中学あたりには成長が止まるのに、他の子供は成長を続けるので、自分がどんどん無能になっていくことを感じる。そんな人を何人も見たが、彼らは中学以降は惨めだ。小学校の時から中学入学頃までに味わった優越感を忘れられないのに、現実には自分は凡人で、努力をしなければ下位になってしまう。本当に優秀な人は、努力しなくても、勉強も仕事もかなり出来る。

ところで、気付かれ難いこととして、「優秀な者同士の争い」がある。
たとえば、IQが高い人間しか入れない東大にだって歴然としたカーストがあり、能力が低い者は高い者にどうやっても勝てない。
そして、能力が高い者同士の争いはし烈だ。それは競馬の競走馬のようだ。
つまり、世間では超優秀と言われる者も競馬の競走馬のようなもので、競馬の主催者になれるのは、さらにランクが高い優秀な者というわけだ。

タイムリープして子供の時に戻っても、いい思いが出来るのはやはり、せいぜい、中学生の最初のあたりまでだ。
特に若いうちは、大人の経験よりも、記憶力や計算力といった純粋な知的能力がモノを言うからだ。

では、生まれつきの能力が低い者には、何の夢もないのかというと、一般的にはその通りだ。
しかし、悟りを開けば・・・つまり、起きていても、思考が消えている(思考が自動的に起こらない)状態になれば、世間で言う優秀を超越した優秀さを得る。
勉強が出来るようになるというのではなく、勉強する必要がなくなる。まあ、本当に必要な勉強なら出来るようになると思う。
「優秀な人間には、優秀な専門家と優秀な専門家を使う人間という2種類がある」と言うことがあるが、悟りを開いた人間は、優秀な専門家を使う人間を使うことが出来る。
おそらく、悟りを開くと、一般的な意味でも、ある程度は優秀になると思う。
つまり、悟りに近付くほどIQも上がっていくと思われる。
それで、瞑想のようなことをすべきなのだが、瞑想の本とか瞑想セミナーといったものは全部有害だと思う。
瞑想なんて、1ページで説明出来ないはずがないし、早い話が、自分の呼吸を意識するだけで良い。細かいことは自分で工夫すれば良い。最初は下手でも、だんだん良くなっていくだろう。
瞑想について説明すればするほど、される側にとっては有害だ。
TM(超越瞑想)なんて、有効ではあるが、それをビジネスにしたことで有害さを一杯持ってしまったのだと思う。
本来は、タダで教えるべき簡単なものだ。
まあ、他にやり方はいくらでもあるので、個人的には関わらないことをお薦めする。

そういうわけで、やるべきことは悟りを開くことだけであることが分かると思う。
後は自然についてくるだろう。
ただ、一般人に悟りを開かせない働きかけは半端ない。
つまり・・・悟りを開くことが絶対に必要だということだ。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)
(2)引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
(3)右脳の冒険(コリン・ウィルソン)
(4)私の声はあなたとともに ~ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー~
(5)自己信頼(ラルフ・ウォルドー・エマソン)

救いの御子
AIアート993
「救いの御子」
Kay

  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

願いが叶う本当のプロセス

昔、何かのテレビCMで、何人かの子供が自分の夢を語るものがあった。
その中で、小学生の女の子が、「人々を感動させる歌を歌う歌手になります」と言うものがあり、それを見て私は嫌な気分になった。
どうも、その女の子はマジで言ってるっぽかった。
それなら、彼女は、自分の頭の中に、人々を感動させる歌手というものの妄想を作り上げていたのだろう。
子供に限らないが、そんな妄想を持っている限り、それが現実になることはない。
ところが、世の中の成功プログラム、引き寄せセミナーなどでは、そんな妄想をずっと持ち続けるように指導するのだ。
「お金持ちになった自分をイメージして下さい。そのイメージを鮮明にし、強く想って下さい」
とか、全く愚かの極みである。
イメージそのものは、まあどうでもいい。
しかし、そのイメージにリアリティを与えるのは、「感じ」である。その「感じ」が全く間違ったものであるはずなのだ。
上の小学生の女の子の場合で言えば、「人々に感動を与える歌手になったら、こんな感じ」というものを、彼女は無理矢理想像しているのだろうが、その感じは実際とは全く違う。ところが、最も大切なのは「感じ」なのだ。

正しいやり方は、彼女は、「人々に感動を与える歌手になったらどんな感じなのでしょう?」と問うことだけだ。
もし、確信が持てる答が出てくるなら、彼女はもう、そんな歌手になっているはずだ。
脳は、答を見つけるために記憶をサーチするが、そんな答はない。つまり、分からない。
そして、彼女が、単にチヤホヤされたくてそんな夢を思いついたような場合、脳はそれ以上、何もしない。
それで、彼女が幼い間は、妄想を続けるだけだ。
だが、彼女になんらかの見所がある場合、脳は潜在意識に質問を送り、潜在意識は宇宙意識と連動しながら、解答の一部を返す。
その解答を受け、彼女がジンジンするような肯定的な感覚を感じ、心が抵抗しても、その感覚を守るなら願いは叶う。
ただ、根気よく、真面目に質問するなら、潜在意識は解答を与えるものである。
以上のプロセスが、比喩として神話によくあることに気付くかもしれない。
また、イエスが話した、賢い5人の花嫁の話も、このプロセスの喩えである。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)アーサー王物語(トマス・ブルフィンチ)
(2)ラスト・バリア スーフィーの教え (角川文庫)
(3)新約聖書 福音書(塚本虎二)
(4)神経言語プログラミング(リチャード・バンドラー)
(5)右脳の冒険(コリン・ウィルソン)
(6)私の声はあなたとともに ~ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー~
(7)自己信頼(ラルフ・ウォルドー・エマソン)

超越意識
AIアート992
「超越意識」
Kay

  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

脳と楽しく遊ぶ方法

最も道理に適った引き寄せ法である自然引き寄せ法は遊びのようでもある。
たとえば、従来の引き寄せ法で画家になろうと思ったら、まず、画家になるという目標を立てなければならなかった。
しかし、自我が「画家になりたい」と思っても、信用していいか・・・つまり、それが本当に良い目標かなんて疑わしいし、実際は、ほとんど全てまがい物の目標だ。
世の中では「夢を持て」なんて言うが、夢なんて無理に持つものではない。
水に潜ったら空気を欲するが、空気は単に必要なものであり、目標なんかではない。

自然引き寄せ法では、「画家になる」というアイデアが浮かんだら、とりあえず、「画家になったらどんな感じか?」と自分に質問すれば良い。
「どんな感じか?」とはちょっと曖昧に思うかもしれない。「どんな気持ちか?」「どんな気分か?」でも良いのだが、もっと直観的で軽い感じだ。
だが、「画家になったらどんな感じか?」なんて分かるはずがない。
しかし、自我は記憶を適当につなぎ合わせて、どんな感じかを答えることが多い。だが、それは偽の「感じ」だ。つまり妄想である。
ところが、従来の引き寄せでは、その妄想を大事にさせるのだから、どれだけいい加減か分かろうというものだ。
「どんな感じか?」の妄想を強く感じるなら、そんなことを目標にしない方が良い。なぜなら、それは自我の嘘だからだ。
ただ、本能的な望みであれば分かっても不思議はない。
水を飲んだらとか、ゴリラと戦ったらとかだ(戦いたくはないだろうが)。
憧れの高級料理を食べたら、どんな感じかすら分かる。実際に食べたら、本当はそれほどではない(愚かな自我は凄いと言うかもしれないが)。
だが、画家になったらどうかは絶対に分からない。
しかし、分からないが、ゾクゾクする感じがするなら、あなたは画家に向いている。
まあ、その「ゾクゾク」も微妙で、「懐かしい感じ」とか「落ち着く感じ」「安心する感じ」と言う者もいるが、決してエキサイティングではない。エキサイト(興奮)するのは自我だからだ。

何でも、とりあえず「なったらどんな感じか?」と自分に質問すれば良い。
「一流ロック歌手になったらどんな感じか?」
「二階建ての家の屋根にひとっ飛びしたらどんな感じか?」
「百人以上の女子大生が『つきあって!』と押し寄せてきたらどんな感じか?」
「超イケメン十人が自分を争って決闘したらどんな感じか?」
「預金が百億円あったらどんな感じか?」
「ドナルド・トランプとゴルフをしたらどんな感じか?」
「自分がアラブの王様であるパラレルワールドに移動したらどんな感じか?」
「スタンフォード大学の大学院に入学したらどんな感じか?」
「超能力者になったらどんな感じか?」
予想出来るようなことを考えてはならない。
逆に、予想出来ないことであれば何でも良い。
それが良い遊びである。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)神経言語プログラミング(リチャード・バンドラー)
(2)右脳の冒険(コリン・ウィルソン)
(3)私の声はあなたとともに ~ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー~
(4)自己信頼(ラルフ・ウォルドー・エマソン)
(5)あるがままに生きる(足立幸子)
(6)妖精・幽霊短編小説集(J.ジョイス、W.B.イェイツ)

幼馴染
AIアート991
「幼馴染」
Kay

  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自然引き寄せ法が確実な理由

引き寄せは、引き寄せる際に自我を介入させると必ず失敗する。
自我には引き寄せる力は全くなく、むしろ、魂の引き寄せを邪魔する。引き寄せは出来ないのに、邪魔なら出来るのだ。
ただ、唯一自我が関与すべきは、「願いが叶ったらどんな感じか?」と脳に問うことだけだ。これは単に、「それが叶ったらどんな感じか?」と思うだけで良い。
その際、脳が答を返したら、その願いは引き寄せる価値はない。
ところが、脳は答えることが出来ないと、質問を魂に渡す。そして、魂は全知全能の力で願いを実現する。
なぜか?
その理由が宇宙の神秘であるが、それを分かり易く示す話がある。

本が手元にないので、うろ憶えで引用するが十分と思う。
まず、最初に言っておくと、魂が願望を叶えるのは、自我を喜ばせるためではない。満足させるためだ。
なぜなら、自我は満足すると消えるからだ。
『あるヨギの自叙伝』の中に、著者のインドの聖者パラマハンサ・ヨガナンダの師であるスリ・ユクテスワのさらに師であるラヒリ・マハサヤが悟りを開いた時の話がある。
修行がかなり進んだマハサヤであったが、彼にはどうしても叶えたい願いがあった。
それは宮殿のような家に住むことであった。
そこで、マハサヤの師であるヨガの超人マハー・アヴァター・ババジは、幻術でそのような家を作り、マハサヤはそこに住んで満足し、ついに、マハサヤは悟りを開いた。
ババジは瞬時にマハサヤの願いを叶えたが、我々は、私が示した自然引き寄せ法で確実に願いを叶え、自我を満足させることが出来る。
我々の場合は、次々に願いを叶えることにより、少しずつ自我を満足させ、それと共に自我を消していくのだ。

ところで、願いが叶った時の感じを想像出来ることを叶えていくと、逆に、自我はどんどん大きくなる。
これが、金持ち、権力者、マフィア、闇の支配者が陥る闇だ。彼らを待つのは悲惨な最後だ。
だから、我々は、叶った時の感じを想像出来ないことを引き寄せるべきである。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)あるヨギの自叙伝(パラマハンサ・ヨガナンダ)
(2)ババジ伝
(3)自己信頼(ラルフ・ウォルドー・エマソン)
(4)神経言語プログラミング(リチャード・バンドラー)
(5)右脳の冒険(コリン・ウィルソン)
(6)私の声はあなたとともに ~ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー~

夏の蜃気楼
AIアート990
「夏の蜃気楼」
Kay


  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード