ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

危機的状況での今今メソッド

今今メソッドも、いろんなやり方があり、それらのやり方に優劣はない。
必要なことは、今この瞬間を意識することだけである。
ただ、その中でも、ある切羽詰まった人が行ったものが知られているので、それを取り上げる。

つまり、その人は絶望していたのである。
長年、潜在意識の法則とか引き寄せの法則の本を読んだが、それらの本には、いかにも簡単に成功出来るようなことが書かれている。
確かに、成果があったように思えることもあったが、それはごく普通の方法で成し遂げただけとも思えるし、それほどの成果でもない。
そして、いつしか、状況はかなりひどいものになっていたが、確かに冷静にこれまでの事象を考えれば、ずっとマイナスがプラスを上回っていたのだと認めるしかなかった。
坂を転げ落ちる速さは、時と共に大きくなる。
そして今や、どん底と言うしかない状態であることに驚きを感じると共に、どこに向けていいのか分からない怒りが湧き起こっていた。

その時、その人は、こう考えたようだ。
「状況は悪いが、まだこれから願いが叶うと思いたい」
「しかし、いつ叶うのだろう?」
「それは未来のいつかだろう」
「いや、いつか叶うというのはもう嫌だ」
「今すぐ叶えてくれ。今すぐだ」
その人は、ここで正しい答にたどり着いたのだ。
つまり、願いを叶えるのは今しかないという答だ。
世の中では、願いは「いつか」叶うと思わないといけないように言われる。
しかし、潜在意識、無意識、超越意識、純粋意識、霊界、神界などと言われる世界に時間はない。
時間は、物質世界で心が作り出している幻想である。
このことが理解出来なくても(信じなくても)別に構わないが、肝心なことは、願いが、未来のいつか叶うものだと思っている限り、その願いは叶わないのである。
願いは、どれほど奇妙に思えても、今この瞬間にしか叶わない。
そして、願いとは、一億円得るとか、受験に合格するとか、金メダルを得ることではない。
真の喜び、満足、平安のことであり、一億円とか金メダルはただのオマケで、必要なら得られるものだ。
まあ、普通は平安のためには、ある程度のお金は必要だから、大抵は思いもかけないような額のお金が入ってくるだろうし、健康になったり、敵が消えたりもするだろう。
しかし、そんなことより、本当に大切なことは平安であり、物質的な願い(たとえば一億円)が叶わなくても、真の平安が得られれば、そんなことはどうでも良いはずである。
このような人は、メソッドとしては、
「今すぐ叶えてくれ!今すぐだ!いつかじゃなくて今だ!今だ!今、今、今、今、・・・」
といった感じで、だんだんと今に集中しつつ、「今、今、今、・・・」と唱えている状態になれば良い。
その人は、このようにして心がだんだん落ち着いて平安になり、一晩寝たら問題は解決し、状況は良くなったのだ。
コツとしては、胸に意識を置き、「今だ!今叶えてくれ!」と思うと、だんだん落ち着いてくる。
胸に手を当てると、それが促進されるという研究報告もある。アレクサンダー・ロイド博士のエネルギー療法も、胸に手を当てることでのエネルギーの動きを利用したものだ。
耐え難い状況にある時などに試してみても良いと思うが、多くの人は、いつも不安に襲われているので、いつでも行うと良いと思う。

天使の遊び場
AIアート864
「天使の遊び場」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく(アレクサンダー・ロイド)
(2)さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)
(3)時間は存在しない(カルロ・ロヴェッリ)
(4)正法眼蔵(ひろさちや訳)
(5)禅と脳 (中山正和)
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

妖怪のようなお金のブロックをどう壊すか

作家でガイナックス創業者の岡田斗司夫さんや、大学教授で経済アナリストの森永卓郎さんらが、10~20年前から、お金なんてなくても良いといったことを言っている。
岡田さんは、「就職なんかしなくていい」「嫌なことをするな」と言って、2014年には『 僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない 』という本を出して、お金がなくても生きていけるという論を説き、森永卓郎さんは2003年に『年収300万円時代を生き抜く経済学』を出し、幸福に生きるためにお金はあまりいらないことを語っている。
両者共、今もそういった説をYouTubeで話している。
工夫次第でお金がなくても生きていけるとか、毎日長時間、嫌なことをして沢山お金を稼ぐより楽しい生き方があるというのは、正しいことでもあり、彼らの話には傾聴に値する部分はあると思う。

ただし、彼らのそれらの主張には、一般人にはお金は稼げない、普通の人は貧乏になるしかないという大前提がある。
彼ら自身は、これまで無茶苦茶稼いでいるのは間違いない。数多くのベストセラー書籍の印税だけでもかなりのものだろう。
では、そんな彼らが、なぜ人々には「お金なんかいらない」「稼ぐな」と言っているのかというと、「お金を稼ぐ虚しさを知っているから」というのではなく(それもごく僅かはあるかもしれないが)、簡単に言えば能力差である。
彼らは凡人ではなく、凡人とはかけ離れた能力があり、お金を稼ぐには高い能力が必要だと分かっているのだが、一般人に「だから諦めろ」と露骨に言うよりは「お金なんかなくても大丈夫だ」と言うのである。

ところで、能力はあってもお金を稼げない人も沢山いる。
一方で、さして能力はないのに、お金を沢山稼いでいる人もいる。
分かり易い言い方をすれば、岡田斗司夫さんや森永卓郎さんらはIQ130超(140超、150超かもしれないが)の超優秀な頭脳を持っており、世の中で大活躍をしている。
そして、IQ120超の優秀な人間ならお金を稼ぐ能力自体はあるが、実際は、そんな人達の多くがお金をあまり稼げない。
一方、IQ100~110の凡人でも、それなりにお金を稼いでいる人もいる。
ただ、IQ99以下でお金を沢山稼ぐことは、特に少し前からは非常に難しくなっており、今後は絶望的と思う。

なぜこんなことが起こるのかというと、一般国民には、いわゆる「お金のブロック」というものがあるからだ。
つまり、「自分には沢山のお金を稼ぐことは出来ない」という強い観念が頭の中にあるのだが、それは、両親や学校から叩き込まれたものだ。
だから、一般人は、少々優秀であっても、あまり、あるいは、さっぱりお金を稼げないのである。
もし、お金のブロックがないなら、優秀な人なら年収1000万円程度は楽々稼げるし、優秀でなくても、年収300万円なんて低収入になる必要はない。
しかし、お金のブロックは強力で、なかなか壊すことは出来ない。
それで私は度々「お金がある」と数多く唱えるよう薦めることがあるのだが、よほどの根気がなければお金のブロックは壊れない。
しかし、1日中唱えるほど実行した人には、それまで低収入だったのに短期間で3億円の資産を得たような人もいるらしいが、それに近いことは十分に可能と思う。

引き寄せの本の中で、「お金は悪いものではない」「お金は素晴らしいものだ」といったことを諭すことがよくあるが、お金のブロックがある人には、頭では分かっても、実際にはそれが腑に落ちないのである。
結果、やはりお金を沢山稼ぐことが出来ない。
だから、お金が良いとか悪いとかを含まない「お金がある」と唱えようとしても、それが続かない。
それで、お金のブロックと言うより、根本的にある程度、心を希薄にするために「今今メソッド」をお薦めする気になったのである。
次回で、その簡単なやり方を述べようと思う。

山の向こうに日は落ちる
AIアート863
「山の向こうに日は落ちる」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)増補版 年収300万円時代を生き抜く経済学(森永卓郎)
(2)僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない(岡田斗司夫)
(3)書いてはいけない(森永卓郎)
(4)超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略(岡田斗司夫)
(5)言ってはいけない―残酷すぎる真実―(橘玲)
(6)さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不動心といった心はない

不動心という言葉は、甚だしい誤解を与える言葉だと思う。
不動心などという心はない。
心とは動くことが本性で、まさに「コロコロ」と動くのがココロである。
何物にも動じないなら、不動心という心が在るのではなく、それは心がない・・・心が消えているのである。

不意のアクシデントで莫大な損失を被った社長が全く動じないなら、この社長は心が強いのではない。心がないのだ。
「そんなことはない。長い修練で鍛え上げた強い心だからこそ動じないのだ」と主張したい人もいると思う。
そうではない。
たとえば、どれほど長く厳しい訓練や実戦で心を鍛え上げた軍隊の隊長でも、戦闘で大勢の部下が命を落とせば動揺し心が乱れる。
では、もっと鍛えれば心の平静を保てるのかというと、そうはならない。
だが、たとえ、それほどの隊長でなくても、心が消えれば動揺も消える。動揺は心の状態に過ぎないからだ。
そして、心が消えれば、最善の対処をし、奇跡を起こすこともある。

サイコパスという、良心を持っていないとしか考えられない人間が100人に1人はいると言われる。
そして、サイコパスは、政治家、軍人、医者、経営者、弁護士等に向いていると言われる。
たとえば、サイコパス経営者は、会社の存続のためにリストラが必要だと判断すれば、躊躇なくリストラする。
サイコパス軍人は、その作戦が、犠牲は出すが勝てると分かると、やはり躊躇なく作戦を実行する。
サイコパス医師は、命を救うために脚を切断することが必要だと分かれば、迷わず切断する。
そのようなサイコパスは効率が良く、成果を出し易いので成功することがよくある。
ところで、サイコパスの場合は、心がないのではなく、自分を守るための心しかないのである。
だから、サイコパスは他人の価値は認めなくても、自分を重要視し、自己中心的で尊大である。
しかし、サイコパスは、自分自身が危機に陥ると、動揺し、弱いものである。

だから、サイコパスであろうがなかろうが、生き抜きたいなら、平和が欲しいなら、心を消すべきである。
心を消すことだけは努力すべきである。
その方法はいくらでもあるが、最も簡単で楽で、かつ楽しいのは、今この瞬間にフォーカスする(焦点を合わせる)今今メソッドであると思う。
今この瞬間はいつも新しいので、今に意識が合っていれば、新しい目で物事を見るが、それは感動の連続である。
それが楽しくないはずがない。
「今にフォーカスする」というのが分かり難ければ、「今、今、今、・・・」とゆっくりつぶやくと良い。
目の前の光景や物事の空気感や雰囲気を感じようとしても、今に焦点が合い易い。
今に生き、パワーを得ないと、これからの時代は危ないかもしれない。

整えられた庭園
AIアート862
「整えられた庭園」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)サイコパス・インサイド(ジェームス・ファロン)
(2)診断名サイコパス(ロバート.D.ヘア)
(3)サイコパスを探せ! : 「狂気」をめぐる冒険(ジョン・ロンソン)
(4)さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる(エックハルト・トール)
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

引き寄せとセレンディピティ

引き寄せが本当にあるかどうかなどと言う人も多いし、むしろ、否定派や事実上否定派の懐疑派の方が多いかもしれない。
それについて1つの話をしようと思う。
セレンディピティという言葉がある。
イギリスの小説家で政治家であったホレース・ウォルポールが作った言葉で、語源は『セレンディップの3人の王子』から来ている。「セレンディップ」とはセイロン島(現在のスリランカ)のことである。
私も、ある時期までセレンディピティという言葉を知らなかった。
私が、この言葉を知ったきっかけはこうだ。
かなり昔の話だが、私が在籍した大学の教授(工学博士)で、その時は学部長だったと思うが、後に学長になったその教授と、何人かで食事会をしたことがあった。主催者はIT企業の役員(後に社長)で、参加者は、私の他は皆経営者で、私はただの若いサラリーマンだった。
食事会と言っても、実質、勉強会とか懇談会だった。
その中で、その教授が、
「今時、セレンディピティという言葉を知らないのは文化人ではない」
と言われ、私は知らなかったので、「私は現代の文化人ではないのかな」と思った。
教授は、セレンディピティの意味を簡単に、「偶然の幸運を掴む力」と言った。

もう少しセレンディピティについて言えば、この「偶然の幸運」とは、「何かを探求している時、その何かとは別の良いものを偶然見つけること」である。
つまり、何もせず、ぼーっとしている者が得る幸運ではないといったニュアンスがあるのだと思う。
また、「良いものを偶然見つける」とは言っても、それを良い・・・つまり、価値あるものと感じるかどうかは本人次第である。
言ってみれば、良いものがあったとしても、気付かず見過ごす人が多いのだと思う。
セレンディピティについて、ウィキペディアに良い表現がある。
「平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ること」
『美少女戦士セーラームーン』の主題歌『ムーンライト伝説』に、こんな歌詞がある。
「偶然もチャンスに変える 生き方が好きよ」
この「偶然もチャンスに変える」がまさにセレンディピティであると思う。

引き寄せはセレンディピティなのである。
ただ、引き寄せでは、「この世に偶然はない。全て必然である」というニュアンスが入っているのだと思う。
つまり、あえて言えば、セレンディピティは「幸運な偶然を掴む力」であるが、引き寄せは「偶然に見える幸運を掴む力」なのである。

クリプトン・フューチャー・メディア(初音ミクの会社)の伊藤博之社長の2015年の神戸での講演会で、伊藤社長が、
「何かを続けるべきだが、好きなことでないと続かない。好きなことを続けられるシステム(環境といった意味と思われる)は自分で作らないといけない。好きなことを続けていればセレンディピティが起こります」
というようなことを言われた。
そして、セレンディピティは、元々の意味で「探しているものとは別の価値あるものを見つけること」である。
つまり、伊藤社長が言う「好きなこと」を続けていたら、それとは別の何かを見つけるという意味合いがあると思う。
伊藤社長も若い頃、六畳半の部屋にメモリーモーグという大きなシンセサイザを置き、その上に板を敷いてご飯を食べているということをやているうちに、新しい何かを見つけたのだろうし、その連鎖の果てが初音ミクだったのだと思う。

セレンディピティがあるなら引き寄せはあると考える方がむしろ自然で、セレンディピティを得るには好きなことを続けた方が良い。
引き寄せの場合、何もしないように見える場合もよくあるが、それは世間的な見方でのことであると思う。
言ってみれば、世の中的には価値のない、つまらないことのように見えても、自分が値打ちがあると思うなら、それをやれば良いのである。
ただ、今やっていることとは別のものを得る可能性は高い。
それが、スティーブ・ジョブズが言った、「今やっていることが将来、何に結び付くかは分からないが、結びつくと信じるしかない」ということである。

狙う
AIアート861
「狙う」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)セレンディピティ: 思いがけない発見・発明のドラマ(ロイストン・M・ロバーツ)
(2)セレンディップの三人の王子たち
(3)セイロンの三人の王子: セレンディピティ
(4)美術手帖 2013年 06月号 ~初音ミク~
(5)マスターの教え(ジョン・マクドナルド)
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

辞書を暗記した賢者

先日の記事で、ユダヤ人がなぜ優秀かということについて、やはり教育に秘密があると述べた。
そして、その教育とは、まずは膨大な知識を暗記させることであったと述べ、その根拠を多方面から説明した。
「知識より知恵が大切」と言ったところで、知識がなければ知恵を生みようがない。
そして、ユダヤ人の子供達が暗記したのは、主に旧約聖書やタルムードであった。
ただ、暗記するものは、実のところ、我々にとっては何でも良いと思う。
(ユダヤ人の場合は民族のアイデンティティの確立のために、共通する、歴史的で権威あるものが必要である)
納得し難いかもしれないが、よほどの偏見を与える危険があるものでない限り、本当に何でも良い。少なくとも暗記しないよりはるかにマシである。
とはいえ、今は暗記すべき知識がいくらでも手に入るので、良い文献を選ぶと良いだろう。

ところで、現代の最高の賢者の1人と思える精神科医のミルトン・エリクソンの場合、何と辞書をほとんど暗記していたようなのだ。
そして、エリクソン自身、それが良かったことであると明確に述べている。
エリクソンが辞書を暗記したきっかけは偶然でもあり、必然でもあった。
彼が子供の時、家にあった本が辞書と聖書だけで、エリクソンは辞書の方を選んだのだ。
そして、エリクソンはその辞書をひたすら繰り返し読んだのである。
誰だったか忘れたが、家に聖書しかなく、それを暗記するほど読んで偉大になった人物の話も聞いたことがある。
また、アンデルセンも、家に1冊だけあった本である神話か何かの本を、初めは母親に読んでもらい、後に自分でも繰り返し読み、おそらく暗記してしまっていたと思う。
私は小学生の時、『ピノッキオ』『ミツバチマーヤの冒険』『海底2万里』『怪傑ゾロ』を繰り返し読んだが、暗記するには程遠かった。本が豊富にあることの弊害かもしれない。これらの本は、どれも知恵に満ち、暗記する価値があったと思う。
中学生になってからは、H.G.ウェルズの『堀についたドア』『奇跡を起こせる男』『ダイヤモンド製造家』あたりを繰り返し読んだが、やはり暗記にはいたらなかった。
そして、同じく中学生の時、せっかく、ダンテの『神曲』も読み始めたが、これは難しかった。このあたりを暗記すれば良かったかもしれない。
タイムリープした暁には、何を暗記しようかと考えるとワクワクするのである。
いや、今も暗記する気は十分であるし、タイムリープ前に暗記するのも悪くないだろう。
そして、これがタイムリープの方法かもしれない。つまり、準備を整えてこそ、神が助けるのである。

たおやかな娘
AIアート860
「たおやかな娘」
Kay


◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)私の声はあなたとともに ~ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー~
(2)神曲 地獄篇 (河出文庫)
(3)アンデルセン自伝(岩波文庫)
(4)タイム・マシン ウェルズSF傑作集(H.G.ウェルズ)
(5)海底二万里(上下)合本版(新潮文庫)※イラスト112点完全収録
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード