ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

まるでダメ男・ダメ子は一発逆転出来る

世の中には、どうにも駄目な人間がいる。
多くの場合、彼ら(駄目な人間達)は、根本的な能力が決して低いわけではないのに、本当にどうしようもなく駄目で、その中には、どんな指導も役に立たない、救いようのない者も少なくない。
私は、そんな者達を諦めの気持ちをもって、「までダメ男」「まるでダメ子」と言うことがあった。
そんな者達が、人生で逆転出来るような方法があるのだろうか?
多少・・・あるいは、かなり時間がかかるのは仕方がないが、そんなこと(まるでダメ男の逆転)が本当に可能なのだろうか?
そんなことに興味がある理由の中には、決して他人ごとではなく、私も誰も、何らかの意味で「まるでダメ男」「まるでダメ子」なのだということもある。

そして、逆転・・・それも、一発逆転が可能であることが分かった。
2つの話がきっかけであるが、根本的に解決したのは、今回も『エイリアンインタビュー』である。

2つのきっかけの話を順に簡単に述べる。
1つは、コリン・ウィルソンが『超越意識の探求』のあとがきで書いていたものだ。
ある、どうしようもない「まるでダメ男」の青年が、すっかり人生に絶望し、
「僕は本当に駄目だ」
とつぶやいた時、近くにいた知人が、
「君はちっとも駄目じゃない。自分でそう思っているだけさ」
と言ったが、その言葉がなぜか、まるでダメ男の青年に深い感銘を与えた。
「君はちっとも駄目じゃない。自分でそう思っているだけ」
その青年は、この言葉について何日も考えていたら、不意に天啓がひらめき、瞬間で優れた人間になり、実際に、多くの人々が彼に一目置くようになり、あっという間に彼は有力者になった。

もう1つの話が、さらに核心を突く。
正真正銘のまるでダメ男・・・まあ、40代とか50代、あるいは、それ以上でも良い。
その「ダメ男」が、多くの中年以降のダメ男がそうであるように、いつものように、酒に酔っぱらい・・・ついには路上で寝ていた。
だが、そのダメ男が眠っている間に、彼は公爵の家に運ばれ、身体を洗われ、立派な就寝着を着せられ、立派なベッドに入れられた。
ダメ男が目を覚ますと、多くの使用人がうやうやしい態度で接してくる。
そして、使用人の頭が言う。
「あなたは本当は公爵様です」
この話は、一種のイタズラであるドッキリ話として知られているのかもしれないが、アメリカ最大の賢者ラルフ・ウォルドー・エマーソンは、これが我々の真実を示す話だと言う。
ここでは、喩えで公爵としたが、我々の実体は公爵どころではない。

2つの「まるでダメ男」の話に共通するのは、まるでダメ男は、自分が本当は高い存在であることを、単に、忘れているだけだ。
そして、普通の人々は誰もが、まるでダメ男・まるでダメ子で、差があると言ったところで、ドングリの背比べだ。
つまり、我々は皆、記憶喪失なのである。
だが、上の「まるでダメ男」達のように、思い出しさえすれば、即座に全てうまくいく。
それが、『エイリアンインタビュー』で示唆することでもある。
そして、なぜ我々が記憶喪失状態にあるのかというと、信じなくても良いが、ある宇宙人グループが、ある必要性があって(ネガティブな必要だが)、我々の記憶を消し、偽の記憶・・・自分がまるでダメ男であるという記憶を植え付けたのである。
だが、思い出しさえすれば良い。
その最良の方法の1つが、最近述べている「私は誰か?」と自分に問うことである。
やり方は、これまでも散々述べたし、また、さらにうまく述べることが可能と思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「私は誰か?」の呼吸法

ラマナ・マハルシが呼吸制御について端的に語ったものが記録されている。
これに関しても、『エイリアンインタビュー』と照らし合わせて考えると興味深く、また、意義があると思う。
その呼吸法は、何度か書いたことがあるが、次の通りである。
これらの言葉を言葉で唱えながら、()内のように呼吸するのである。
(3)を終えたら(1)に戻る。
どのくらいの回数するかは自分で考えるべきである。

(1)私はこれではない(出息)
(2)私は誰か?(吸息)
(3)私は彼である(呼吸停止)

『Talks with Sri RamanaMaharshi』の、おおえまさのり氏訳の『南インドの瞑想』(大陸書房)によれば、「プラーナーヤマ(呼吸法。上記の呼吸法と思われる)の純粋な進歩が、人々の憧れる超能力をもたらす」とある。

この呼吸法に関しても、『エイリアンインタビュー』にある通り、我々の実体が、神(のようなもの)、至高の実在である不滅の魂であることを、理屈の上だけでも知っていれば、より有意義なメソッド(手法)となる。

上の(1)~(3)について、順に、簡単に説明する。
まず、「(1)私はこれではない」は、自分は、この身体でも、この偽りの記憶によって感じているアイデンティティーでもないと、正しく言っている。
次に、「(2)私は誰か?」で、今は、私は本当の自分が誰か忘れているかもしれないが、魂が忘れているわけではなく、真摯に根気よく尋ねれば、魂が応答してくれる。
そして、答は「(3)私は彼である」だが、「彼」という男性名詞が気に入らない場合は「私はそれである」でも良いことになっている。
「彼」「それ」とは、我々の実体である、無限の魂、至高の実在、あるいは、神(のようなもの)である。
これらのことを、呼吸法の実習中、常に意識する必要はないが、心の片隅にでもあると、実習は楽しく、また、進歩は速くなると思う。

ピンときたら、是非、実習をお奨めする。
尚、上記呼吸法に関するマハルシの話は『ラマナ・マハルシとの対話 第二巻』(ナチュラルスピリット)にも収録されている。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間の本当の力を示唆するお話

「私は誰か?」と問い続ければ、正しいことが分かってくるし、超能力が身に付くし、引き寄せもうまく出来るようになるが、それは単に、本来の我々が大きな力を持っていて、それを回復させるからに過ぎない。
しかも、超能力や引き寄せ等といった力は実は些細なものだ。
何と言っても、我々は至高の実在・・・神(のようなもの)なのだからだ
これに関しては、聖典には、嘘が書かれていることが多い。
たとえば、旧約聖書では、神は絶対的な一者で、人間は神に作られた、神の絶対的に下方に位置する(つまり、絶対的に劣った)存在である。
そこには、人間が神であることは全く述べられていない。
人間は土で作られたつまらない存在であるとされている。
だが、イエスは、人間は死んでも、最後の審判の時に甦り、優れた人間は天国に行けると言ったが、イエスの言うことのニュアンスは、死んですぐに天国に行くことを示唆している。

なぜ、そんな矛盾することが、旧約聖書と新約聖書に書かれているのかというと、人間が神のようなものであることを隠したい宇宙人が人間に噓を教え、それが記述されたことや、それを知っていたイエスが、ものを知らない当時の人々に教えるために、どうしても事実を曲げて教える必要があったからだ。そう考えると話が非常にすっきりする。
それを知ったうえで聖書を読むと、意外に面白い。

以前、SF作家の平井和正氏(1938~2015)が、『エリート』『幻魔大戦』といった漫画の原作で、人間が元々、強大な力を持っていることを示していることを書いたが、他にも平井氏は、あまり知られていないかもしれないが、『デスハンター』という漫画(漫画は桑田次郎氏が描いた)で、人類の正体をドラマチックに描き、後にこの原作を『死霊狩り(ゾンビハンター)』というSFにして出版している。
地球は、宇宙人「デス」の侵略を受けているが、デスは姿なき宇宙生命体で、人間にとり憑く。
デスにとり憑かれた人間は、デスに意識を支配されて超人化し、恐るべき能力を発揮する。
このデスを殺し、地球を守るために、人類はデスハンターという強大な秘密組織を作る。
デスハンターの隊員は、世界中から選りすぐられた超人的に優秀な人間で、そのデスハンターが、人類を守るためであれば、法を無視してでも、デスを殺す任務を全うする。たとえば、10人の人間の中に1人、デスが「いるかもしれない」と疑われれば、それだけで10人共、爆弾で一気に吹っ飛ばす程度のことは平気で行う。
以下は、ネタバラシになる(まあ、半世紀前の作品だが)。
◆ネタバラシ~ここから~
デスはデスハンターが予想していた以上の存在で、殺すことは不可能で、その力は無限である。
そして、デスは実は、人類の本体であるという驚愕の事実で話が終わる。
◆ネタバラシ~ここまで~
無論、『デスハンター』に書かれていることが純粋な真実であるわけではない。
だが、重要なことを示唆しているとは言えると思われる。

多くの、人間の正体を示唆する話を知り、「人間って(私って)、本当は何だろう?」という想いで「私は誰か?」と自分に問えば、やがて自分(の魂)が答えてくれるだろう。
人間の正体は『デスハンター』のデス以上であるに違いない。
しかし、それをほとんどの人間が知らず、結果、人間の本当の力を使えない。
だが、あなたはそうではなくなるのである。
「私は誰か?」と問うことによって。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「私は誰か?」の有意義な問い方

くどい文章を避けるため、大雑把な表現を使って書こうと思う。
よって、極端な解釈をしないで欲しいが、わずかな許容の精神があれば大丈夫で、それで最大の恩恵が得られると思う。

我々の唯一の目的は、我々が元々そうであったように、神のようなものになることである。
そのための最良の方法は「私は誰か?」と自分に問うことである。
これ自体は、インドの聖者ラマナ・マハルシが言ったことであるのだが、ただ単純に、「私は誰か?」と自分に問うというだけでは、おそらく、全くうまくいかない。

最も良いのは、『エイリアンインタビュー』を読み、自分が誰であるかの概要を理屈で掴んでおくことだ。
ただ、私はそうではなかったが、これをやることで、かえって誤解を持ってしまうこともあるかもしれない。
そこで、『バガヴァッド・ギーター』にも、我々が誰か、あるいは、何であるかが書かれているので、そちらを見るのも手である。
(しかし、一般的には『エイリアンインタビュー』の方が圧倒的に分かり易いと思う)
これらを読んでも、自分がそこに書かれている通りのものであることを実感することは出来ない場合が圧倒的に多いはずだ。
現在の人間の魂の状態が、それを実感出来ないような状態であるからだ。
そこで、『エイリアンインタビュー』や『バガヴァッド・ギーター』を読み、自分が何であるかを、大雑把でいいから把握し、それを信じられなくても、否定しないという心でいる。
そして、自分が本当にそれ(『エイリアンインタビュー』や『バガヴァッド・ギーター』に書かれているようなもの)であるか、あるいは、別の何かであるかを確認するつもりで「私は誰か?」と自分に問うのである。
すると、答は自ずと明らかになる。

我々は、ただ「私は誰か?」と問うと、特定の人物としての誰であるかと考える傾向が強い。
すると、「私は山田太郎だ」とか「〇〇大学△△部の学生だ」とか「私は営業社員だ」などという結論に囚われてしまう。
そこで、答の範囲を、世間的なものを超え、大きな範囲に広げるために、『エイリアンインタビュー』や『バガヴァッド・ギーター』を読むのである。

また、『法華経』の第4章「信解品(しんげぼん)」の「長者窮子の譬え」に、自分が誰か忘れてしまったまま、何十年も苦労している男の話があるが、この男がまさに我々である。
これを読み、この男と自分が同じようなものであると思い、では自分は誰かと自分に問うつもりで「私は誰か?」と問うのも良いと思う。
この話を読んだだけで魂の力を回復させた人もいるのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「私は誰か?」と自分に問う意義と楽しさ

釈迦やイエスのような大聖人は「悟りを開いた人」と言われている。
悟りを開くことは、解脱とか、仏になるなどとも言われる。それは、人間として究極の完成に至ることと言えるのではないかと思うが、それが具体的にどういうものかは、なかなか難しい。
ただ、インドの聖者ラマナ・マハルシの話から考えるに、悟りを開いた人とは自我を消し去った人を指すようで、我々だって、優れた人物に対し、「この人には自分が全くありません」と言えば、その人物が究極的に理想の人間であることが感じられると思う。
ただ、生きている人間に自我が全くないことはあり得ないと考えられ、悟りを開いた人は、自我が完全に消えたのではなく、非常に自我が小さく(あるいは弱く)なったか、自我を自在にコントロール出来るようになったのだとも考えられる。
イエスの有名な言葉、
「汝敗れたり。わが後方(しりえ)に下がれサタン!」
のサタンが自我だとすれば、まさにこれが、悟りを開いた状態だと思えるのである。

だが、私は、先月(2023年1月)27日にローレンス・スペンサーの『エイリアンインタビュー』を読み、悟りを開くことの、もっと単純で具体的なことが分かった。
悟りを開くとは、地球に設置された、人間の魂を愚鈍にする装置の支配を脱することである。
この装置の具体的な働きを説明することは難しいが、とにかく、ある目的を持って、地球人を無能・無力な状態にする装置である。

大聖者達の悟りの状態が、装置の支配を脱した状態に等しいと考えられる。
そして、悟りを開く最も単純な方法が、ラマナ・マハルシが言った「私は誰か?」と自分に問うことである。
マハルシは、これ以外にも、人生の全てを神に明け渡す方法についても述べており、こちらの方法の方が良いと言う聖者もいるが、実際は難しいと思う。
「私は誰か?」と問う意味を、マハルシは「想念を起こさない」ためであると言ったが、それもあるが、文字通り、自分が本当は誰かを思い出す方法である。
あの装置の具体的効果は人間の記憶を消し、偽の記憶を植え付けることである。
そのため、我々は、自分が本当は誰か全く分からなくなっているが、本当の自分が誰かを思い出すことが出来れば、装置の支配を脱し、我々は全てを取り戻す。
実は、釈迦もイエスも、あるいは、老子やラマナ・マハルシも、そのことは知っていたと思う。
しかし、人々が理解出来ることを語ったのである。

マハルシは、「私は誰か?」を呪文にしてはならないと述べたと言われる。
確かに、なぜそう問うのかの意義が分からずに「私は誰か?」と繰り返すのは退屈で、長続きするとは思えない。
私もそう感じた。
しかし、『エイリアンインタビュー』を読み、記憶を取り戻す重要性が分かれば、「私は誰か?」と問うことは楽しいことであると感じる。
「私は誰か?」と問い続ければ、魂は反応し、内側から手を伸ばし、我々の手を取る。
そうすれば、我々は全てを思い出し、失われていた力を取り戻す。
そんな意義が分かって「私は誰か?」と問うなら、ある意味、呪文のように心で繰り返すと良い。
もはや、こんな話は低いレベルのことになるかもしれないが、「私は誰か?」と問うことは、引き寄せの力を高める最上のメソッドでもあると思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード