ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

引き寄せと超能力

私は、チャネラーや超能力者には、それなりに会ったが、彼らがなぜそのようなことが出来るようになったのかというと、「突然出来るようになった」と言う人がいて、また、私に「あなたも突然出来るようになります」と言った人もいた。
しかし、そうではないと思う。
やはり、ある意味、修行の成果なのだが、それは、世間でいう修行の概念とは違う・・・と言うより、ズレがあるのだと思う。
世間で言う修行は、歯を食いしばったり、顔を歪めながら行う苦しい訓練・・・つまり、「特訓」のイメージがある。
日本人に限らず、文明人は案外に特訓好きで、『マトリックス』で、ネオも特訓している。
学習塾では、有名学校の受験に合格するために「特訓講座」みたいな名前を付けるのが好きだ。
だが、大東流合気柔術の達人、佐川幸義が「私は特訓なんかしない」と言ったという文を見て、正しい修行が分かった。
彼が毎日、数千回の四股を踏んだと言ったら、相撲の四股を想像し、物凄く厳しい特訓をしたように思う人が多いが、佐川流四股は足踏みのようなものだ。ただし、それを毎日数千回とやったのだ。
その視点で考えると、チャネラーや超能力者達も、特訓ではない修行を長い間、毎日長時間やっていることが分かる。
ただし、本人は修行とは意識せず、日常の中で自然にやっている場合が多い。

私が知っているチャネラーの中に画家がいたが、彼の絵を見ると、無になって描いた絵であることが分かる。
彼は、絵を描くことで、少しずつ無になることが出来るようになっていったのだろう。
画家のモローは夢遊病者のように意識のない状態でよく描いたと言われるが、彼も高次元世界と意思を通じることが出来たのかもしれない。

チャネラーや超能力者には、成金のような人はいなかったので、気がつかない場合も多かったが、かなり豊かな人が多かった。
引き寄せなんてものも、彼らの力の範囲内なのだと思う。ただ、過ぎた贅沢はしないのだ。
彼らの中には、本当に好きなら高級車に乗っている人もいたが、見栄のために高級車に乗っている人はおらず、古い小さな車に乗っている人もいた。

本当の修行は、ひたすらな反復でしかないと思う。
引き寄せメソッドと言われるものも、それが引き寄せを起こすと言うよりも、それによって引き寄せの力を磨いているのだと思う。
引き寄せ自体は、精神の力があれば一瞬で出来るのだと思う。
最近人気のネドじゅんさんだって、悟りを開くまで、半年ほど毎日、彼女の言うエレベーター呼吸をやっていたらしい。そういうところを、もっと力説していただきたいものである。
腕振り運動でも、佐川流四股でも、何らかの呼吸法でも、マントラでも何でも良いのだと思う。
楽にやれば良いが、よほどのことがない限り、1年365日、1日も欠かさず、なるべく長時間やることが大切なのだと思う。
私の場合、力の抜き方が下手なせいで、毎日行う時間が短いし、数か月しか続かないことも多い。それで強大な力になかなか至らないのだろう。というより、過ぎた力を求めていないところもある。アインシュタインが言うように「珍獣にはなりたくない」からね。
だが、世界を変えなければならないとか、別のパラレルワールドに移動しないと平和に過ごせないようになってきたら、自然に修行に熱心になるものである。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)佐川幸義 神業の合気
(2)左脳さん、右脳さん。(ネドじゅん)
(3)人生の優先順位を明確にする 1分マインドフルネス(望月俊孝)
(4)人生を思うように変える呼吸法(パム・グラウト)
(5)引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
(6)ナーマスマラナ - 神の名前の不思議な力
(7)ギュスターヴ・モロー 世紀末パリの異郷幻想

白の間
AIアート936
「白の間」
Kay

  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

癒しの超極意

どちらかというと私が嫌いな概念であったが、癒しとは必要なものだと思った。
しかし、アイドルや萌えキャラは、おそらく癒しにならないし、ペットもさほどではないと思う。
癒しに本当に必要なものは、気を許せる仲間とぶれない愛を注いでくれる人だ。
え?そんなもの居ねーって?(笑)
ところが、夢の中で十分なのだ・・・と、私もさっき分かった(笑)。
黙って私のために何かしてくれる人、そして、徹底的に気遣ってくれる人が夢の中にいて、それで完全に癒されたのだ。
むしろ、現実で気遣ってくれる人がいても、その気遣い方というのが、無私でないとか、こちらの意識とのズレを感じる場合がほとんどで、むしろ気遣ってほしくないと思うのではないかと思う。
私の夢の中に出て来た癒し人は、美少女ではなく、オバサンでもなく、普通のお姉さんタイプだったが、とにかく「あなたは何もしなくていい」「あなたは何も言わなくていい」「あなたは何も考えなくていい」と言い続けた。
何のことはない。その存在は聖霊、あるいは、魂だ(同時に神である)。
その教えが、密教の三密(身口意)の通り、

身・・・何もしない
口・・・何も言わない
意・・・何も考えない

である。
私が子供の時に使っていたマントラ「南無三(なむさん)」は、普通の仏教では、「仏」、「仏法」、「僧」に帰依する(全面的にすがる)ことだと言われてるが、これは嘘だ(と凄いことを言う 笑)。
本当の「南無三」とは、上の密教の三密を保持するという意味だ(言っておくが、普通の仏教とは違う論だ)。
密教、顕教関係なく、何もしないためには静かに座り、何も言わないために真言や念仏を唱え、何も考えないために曼荼羅や仏をイメージするのだが、まあ、静かに座るのは良いとしても、せいぜい、心で真言や念仏を唱えても良いだろう。
しかし、本当に優れているのは、今この瞬間に意識を向ける今今メソッドだ。
さすれば、自ずと、正しいことをし、正しいことを言い、正しいことを考えるだろうが、実際は、自分は何もせず、何も言わず、何も考えていないのである。

イエス・キリストは、自我に対し「退け!サタン!」などと酷いことを言ったらしい(笑)。
退けと言われて自我(サタン)が退いたりしない。
そうではなく、「お前は何も考えなくていい」と言ってやれば良い。
自我は安心して退き黙るだろう。
さすれば、神の天才を超えた考えが出てくるだろう。
荘子も同じことを言ったのだが、あの人は論理学者みたいなものなのだろう。それで小難しいことを書いたのだ。
「やるな」と「しなくていい」、「言うな」と「言わなくていい」、「考えるな」と「考えなくていい」では大違いである。
そう言ってくれる者は、何であれ、神であり、聖霊であり、魂であると思う。
上のようなことに近いことを言っている書物が『歎異抄』なのだと思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)歎異抄 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
(2)空海入門(ひろさちや)
(3)新釈 荘子(PHP文庫)

幻の宇宙
AIアート935
「幻の宇宙」
Kay

  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

西田昌司議員の真意はこうとしか思えない

参議院議員の西田昌司さんが、経済アナリストの森永卓郎さんが1985年の日本航空123便墜落事故の真相であるとする主張(森永さんの著書、YouTube動画で述べられている)を否定するYouTube動画を見た。
簡単に言えば、こんな流れの話だ。

◆森永卓郎さんの主張
520名の死者を出した123便墜落事故の真相は次の通り。
・自衛隊の実験用誘導ミサイル(爆薬無)が、誤って123便の尾翼を破壊した。
・123便は、米軍横田基地に緊急着陸しようとした。
・123便を追尾していた自衛隊戦闘機(2機)が123便をミサイル攻撃して横田基地着陸を阻止。123便は御巣鷹山に墜落した。
・墜落直後、米軍ヘリが救助に来たが、日本政府の救助拒否により救助せず帰る。
・自衛隊は墜落現場に急行し、機体に何等かの処置(解体や部品持ち去り等)をし、生存者を含め、搭乗者を火炎放射器で焼き払った(離れた場所にいた4名の生存者は難を逃れた)。

◆西田昌司さんの主張
「JALを呼んだ。JALの人達はそんな事実はないと言った。防衛大臣にメールで尋ねた。防衛大臣はそんな事実はないと返答した」
よって、森永卓郎さんの主張は全部虚偽である。

私は、西田さんのYouTube動画を見て、西田さんがまともな人間である場合、次の2つのうち、いずれかであると思った。
これは、森永卓郎さんの主張の真偽とは関係なく、こう思うしかなかった。

(1)西田昌司さんは金を貰って、このようなことを言った。
(2)西田昌司さんは脅されて、このようなことを言った。

私は(2)だと信じたい。
そして、西田さんは「俺の話は嘘だぞ」と簡単に分かるように言ったのだ。
いくら何でも、誰でも分かると私は思うのだが。

西田さんの主張は上で書いた通り、
「JALを呼んだ。JALの人達はそんな事実はないと言った。防衛大臣にメールで尋ねた。防衛大臣はそんな事実はないと返答した」
「だから、森永卓郎さんの主張は虚偽」
だけである。
本当にこれだけなのだ。
いくら私が馬鹿でも、私なら、こんなこと、恥ずかしくて大勢に向かってとても言えない。
正直、私なら、3千万円までなら言わない方を選ぶ。5千万円なら迷うが(笑)。
敢えて言うのも馬鹿馬鹿しいが、もし、事実が森永さんの主張通りで、それをJALや防衛大臣が知っていても、JALや防衛大臣が「はい、その通り(森永卓郎さんの主張通り)です」って言うわけがない。
ジャニーズの性加害問が世の中に知られる前に、
「ジャニーズ呼んだよ。ジャニーズはそんな事実はないと言ったよ」
と言い、だから、ジャニーズの性加害はなかったと言うようなものだ。
そりゃ、真相解明の第一歩としてJALや防衛大臣に聞くのは良いが、それはあくまでとっかかりで、それを結論とするのは、とんでもない馬鹿だろう。
国会議員の西田さんは、普通の人より頭は良いはずである。
それが、こんな恥ずかしいことを言うのは、やはり、「俺の言うことは嘘。森永さんが言うことが本当」と伝えたかったのだろうと思う。

以上は、私の個人的考えとしておく。
ところで、昨今は、あまりに馬鹿なことが堂々とまかり通っていることも確かである。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)書いてはいけない(森永卓郎)
(2)日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る(青山透子)
(3)新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便(飯塚訓)
(4)1985年の無条件降伏~プラザ合意とバブル~(岡本勉)
(5)日本病 なぜ給料と物価は安いままなのか(永濱利廣)

アイコンタクト
AIアート934
「アイコンタクト」
Kay

  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

パラレルワールド移動のやり方(閲覧注意)

ここで何度か取り上げた「マンデラエフェクト」とは、事実と異なる記憶を不特定多数の人が持っていることで、ネルソン・マンデラという政治家は2013年に亡くなっているが、1980年代に獄中死したという記憶を持つ人が多数いることからそうネーミングされた。
よく知られているマンデラエフェクトで、私にも当てはまるものとしては、実際には赤と白のツートンカラーである東京タワーを、赤一色だと記憶している人がかなりいることである。
私も、いまだ、東京タワーは赤一色だと思っている。
東京タワーは、アニメ『魔法騎士レイアース』や、そのOVA(オリジナルビデオアニメ)作品である『レイアース』、それに、『美少女戦士セーラームーン』シリーズのアニメで頻繁に描かれてきるが、私は、全て赤一色と記憶している。しかし、Web検索したら、これらの作中の東京タワーも赤と白の2色に塗分けられていて、私はそれに違和感を感じる。これらのアニメは全てDVDを所有しているので、後で確認しようと思う(確認するまでもなく、赤と白だろうが)。
他にも、私も該当するマンデラエフェクトとしては、アニメ『ドラえもん』のドラえもん役の声優だった大山のぶ代さんの訃報を見た覚えがあることで、これも、同じ記憶を持つ人がいるらしい。もちろん、大山のぶ代さんは、今もご健在である。
ただし、私は、大山のぶ代さん(90歳)と同世代で、初代『鉄腕アトム』のアトム役だった清水マリさん(88歳)の訃報も見た覚えがあるが、こちらは、あまりそう言う人がいない。

私は、子供の時から、自分の記憶と、実際の事実や周囲の人々の記憶との齟齬(そご。くいちがい)があまりに多く、また、昔見た映画やアニメを改めて見ると、内容やセリフが違っていたり、スポーツの試合内容や試合結果が異なっていると思うものが沢山ある。
ちなみに、私は記憶力は良い方で、そのことで人を驚かせることがよくある。たとえば、細かい数字を正確に憶えていたり、映画のセリフを細かい部分まで憶えていたりである。
子供の時、家にあった古いレコードプレーヤーの針を買おうとしてその型番をメモせずに憶えて買いにいったことがあるが、その型番が「EPS24STSD」だと今でも憶えている。検索したら、その針は、ナショナル(現パナソニックである松下電器のブランド)製品らしく、今は製造されていないが、オークションで今でも取引されているようだ。
ビル・ゲイツは昔、自分が書いた長いアセンブリ語のプログラムコードを詳細に憶えていたと言われるが、私も、自分が作ったプログラムコードを、少なくとも、書いた後一定期間は暗記しているのは当たり前だった。
私は学校でやらされる暗記は全く駄目だったが、黒板に書かれたことを映像として憶えていることはよくあった。これは、ラマナ・マハルシや、平井和正さんのウルフガイシリーズの小説の主人公、犬神明が中学生時代にそうだったという話がある。
ただし、記憶力が良いと、間違って記憶したら、それをいつまでも憶えていることで不都合が起こることもよくあった。

これらから考え、私はかなり頻繁にパラレルワールド(並行宇宙)を移動している可能性があると考えられるが、実際は、誰でもそうであるのだと思う。ただ、普通は、移動する前の世界の記憶がなくなるのだと思う。例えば、東京タワーが赤一色だった世界から来た人も、東京タワーが赤と白の2色であるという認識に変わってしまうのである。
しかし、普通とは異なる記憶をする私は、移動前の世界のことを憶えていることが多い・・・ということかもしれない。
何度か書いたが、私は主に中学生時代、以前見たテレビドラマを録画したいと思い、テレビのリモコンを持って、それが放送されるよう期待すると、それが放送されるという、普通に考えたら馬鹿げているとしか思えないことを何度もやったが、これも、テレビのリモコンを持った後で、それが放送されるパラレルワールドに移動したのかもしれない。いかなるパラレルワールドも存在するし、なければ自分で創ることが出来るのだから。

それで言えば、パラレルワールド移動に必要なことは「願う」ことであると思うが、願い方が重要なのだろう。
「出来ないはずがない」という妄信や、「そうあって欲しい」という一途さが必要だが、薄汚れた心の状態で願っても駄目だと思う。
私は、リチャード・バックの『かもめのジョナサン』を読み、ジョナサンのような心になることが、望むパラレルワールド移動を起こすことに有利になるのだと思う。
バックは、『かもめのジョナサン』の後の『ONE』で、パラレルワールド移動をかなり鮮明に描いている。
バック自身が、かなりパラレルワールド移動を記憶しているのだと思う。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)かもめのジョナサン【完成版】(リチャード・バック)
(2)ONE(単行本。リチャード・バック)
(3)ONE(文庫、リチャード・バック)
(4)量子力学の奥深くに隠されたもの ~コペンハーゲン解釈から多世界理論へ~
(5)量子力学の多世界解釈 ~なぜあなたは無数に存在するのか~
(6)狼の紋章(平井和正)※かなりエロかったと記憶している

精霊の花嫁
AIアート933
「精霊の花嫁」
Kay

  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

気配を消せば全能無敵

「気配を消す」という言葉がある。
軍事作戦において、「目立たない」ように行動することはよくあるだろうが、これは「遠くから見つからない」といった程度の意味合いが強く、「気配を消す」というほどの繊細さで行うことはあまりないと思う。
また、アニメなどで、休日、あるいは、夜の学校に忍び込んだ生徒が、教室や職員室で何かをしていると、コツコツと足音を立てて見回りの教師が来て、生徒は明かりを消して物陰に隠れるといった緊迫のシーンがあるが、あれで見つからないのは、生徒が気配を消したというよりは、教師があまり鋭くないのだろう。実は私は実際にやったことがある。まあ、理科室で爆弾を作っていたのだが(笑)。

忍者が本当に気配を消したというのは、もしかしたらあったかもしれない。
別に忍者に限らないが、必要により、気配を消すノウハウを持った者はいるのだと思う。
また、「居るのか居ないのか分からない」と言われる、存在感がない者は、自然に気配を消す方法を修得しているのだと思われる。
ルドルフ・シュタイナーは「良い教師は空気のようなもの」と言ったらしいが、空気と言うよりは空気の分子のようなもので、気配がない教師を良い教師と言うのだ。
そして、極めて能力が高い人間、スピリチュアルな能力がある人間、神のような人間は空気の分子のような存在だ。
私は、ごく短い時間なら気配を消せる。
そうすれば、その短い間は全知全能なのだ。

楳図かずおさんの『おろち』という、おろちという名の不老不死の美少女がヒロインの漫画がある。
1969年の作品だが、今でも人気がある。
その作品の中の『ふるさと』というお話で、おろちが人知を超えた能力を持つ宇宙人と戦うことになってしまう。
そして、宇宙人に操られた人々がおろちを追ってくるが、おろちが姿が見えないようにしていても、なぜか彼らはおろちを正確に追って来た。
追い詰められたおろちは、「私の思考を読んでいる」と感じ、思考を止めると、彼らは姿を現しているおろちの前を素通りしていった。
私は、その時のおろちの姿を、文庫本、新刊本、電子版と全て揃えてお守りにしているほどだ(笑)。
これが、一流忍者を超えた気配を消した姿だろう。
おろちは、全身の力を抜いて思考を消した。
おそらく、ほとんど呼吸をしておらず、無表情でいたのだろう。
そのようであれば、不可能はないと思う。
個人的には、気配を消す修行には、忍者の動きから来ていると思われる「ナンバ(ナンバ歩き等)」や、ナンバの動きにも通じる佐川幸義流四股を行うのも良いと思うので、関連書籍を下に紹介する。

◆当記事と関連すると思われる書籍のご案内◆
(1)おろち(2)(楳図かずお)
(2)洗礼(1)(楳図かずお)
(3)歩法の極意(『月刊秘伝』編集部)
(4)佐川幸義 神業の合気(「月刊秘伝」編集部)

ロザリオ
AIアート932
「ロザリオ」
Kay

  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード