ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

wowaka

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

触発の神秘

「20世紀最大の詩人」と言われたW.B.イェイツは、詩『再来』で、「再来」という言葉を思うと、感情が高ぶるのか、視界がグラグラするみたいなことを書いているが、私は今朝、「触発」という言葉を思ったら、そうなった(笑)。

触発・・・なんちゅう、神秘な能力じゃ!

ちなみに、触発とは、辞書によると、
「物に触れて、発動・発射したり爆発したりすること」
「なんらかの刺激を与えて、行動の意欲を起こさせること」
で、ここで取り上げたいのは2つ目の「なんらかの刺激を与えて、行動の意欲を起こさせること」だ。

クリプトン・フューチャー・メディア(初音ミクさんの会社。以下「クリプトン」)の伊藤博之社長のツイートで、クリプトンの技術者が、大阪追跡システムに触発されて似たシステムを作ったので、無償公開したということが書かれていた。
早い話が、大阪追跡システムとは、新型コロナウイルスのクラスター追跡のためのITシステムで、例えば、コンサートに来た人にQRコードからメールアドレスを登録してもらっておけば、そのコンサートの観客で新型コロナウイルスに感染した人がいれば、コンサート来場者全員にメールを送り、PCR検査を受けることを要請する・・・みたいなもので、これに付加機能を加えると、いろいろ便利で効率的なことが出来る。
ミクさんの会社の技術者の方が作ったものは、きっと、ミクさんが現れて「検査受けてね!」と言って・・・くれたりはしないだろうが(笑)、後で詳しく調べてみる。
このように、「触発」によって、良いことが起こるのである。

阪急に対して東急って、あるだろう?
阪急電鉄に対し、東急電鉄。
阪急ホテルに対し、東急ホテル。
東宝(阪急)に対し、東映(東急)。
真似もいいところだが、これは、東急創始者の五島慶太(ごとうけいた。愛称:強盗慶太)が、阪急創始者の小林一三を大変に崇拝していて、小林一三のビジネスに触発されたと言うべきかもしれない。
いや、やっぱり強盗慶太の名の通り、猿真似が大きいかもしれないが(笑)、邱永漢は「真似でも立派」と称賛している。まあ、当然だが。

思い出すのが、昨年(2019年)4月に亡くなったミュージシャンのwowakaさんが、よく、kzさんの『Last Night, Good Night』を引用し、例えば、2008年くらいのことを言う際に「『Last Night, Good Nighr』の頃ですね」みたいな言い方をしていたと思う。
wowakaさんは、『Last Night, Good Night』で、沢山の楽器が見事に駆使されて絶妙のハーモニーを奏でるのを聴き「これを1人でやったのか!」と感動したのだと思う。
これに触発されて、wowakaさんも精細緻密ながら高度に共鳴する音楽を作るようになったのだと思う。
どうでも良いが、私も『Last Night, Good Noght』は大好きで、私の中では讃美歌扱いであり、私が死んだら葬式はいらないから、枕元で流して欲しいものである。

そして、「触発」で私がぐらっと来たのは、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』のこんな話を思い出してのことだ。
主人公、遠藤アラト(17歳)の父で、アンドロイド研究の第一人者の遠藤コウゾウ教授が、アンドロイド政治家、マツリを作ったが、超高度AIであるヒギンズが、マツリに触発されて、やはり、アンドロイド政治家イライザを設計したことだ。
AIが人間の作品やアイデアに触発される・・・そんなことがあるかというと、触発という言葉の定義次第ではあるが、あると思う。
小説には書かれていなかったが、そもそもが、マツリ自体が、遠藤コウゾウが、何かに触発されて作ったのだと思う。
そして、触発というのは、実は、積み重ねの上に起こることなのだ。
遠藤コウゾウが、沢山の学習や経験を重ねる中で、何かを見て、それでぱっと閃いた(これを啓示と言う)・・・そのようなものが触発なのだ。
そう考えるなら、AIの方が人間より「効率的に」触発を起こすかもしれないとも思えるのだ。
これは、AIを自分で作ってみて、私はそう思った。
そこで、私が、誰でもAIを作れる(Excelが使えるWindows8.1/10パソコンは必要)本を書いたので、試してみていただけると幸いである。
ちなみに、『BEATLESS』の美しきヒロイン(アンドロイド)レイシアは、イライザを基に作られ、政治家のような側面を持っていることが興味深い。
私は、『BEATLESS』は名作と思うし、AIの理解のためにも読むことをお薦めする。




人工知能学会倫理委員会所属のSF作家、長谷敏司さんの2012年の、長編SF作品。
作品の時代は2105年。AIが人間の知性を超えて半世紀以上が経過した。
hIE(ヒューマノイド・インターフェース・エレメンツ)と呼ばれるアンドロイドが労働の大半を受け持ち、人間は人間らしいことを行う平和な時代。
世界は、人類は、どう変わっていくのか?
2018年、ほぼ小説に忠実に製作されたアニメが公開されている(現在、Amazonプライムビデオで視聴可能)。
追記:「レイシアはまだRedBoxだった」という続編書け・・・と私は言いたい



当ブログオーナー、KayのAI実習書。2020年5月30日発売。
数学、プログラミング、AI理論なしで、Excelが使えるスキルがあれば、誰でもAIを自分で作れるようになることを意図しました。
拍子抜けするほど易しい問題から始め(ただし、興味深いと思います)、その後は「モンティ・ホール問題」など、なるべく面白いテーマを選びました。
ほぼ全ての実習が出来るデータが作れるExcelマクロを出版社サイトから無料ダウンロード出来ます。

また別な幸運の法

人間、運が良くなくっちゃいけない。
何か根拠がある訳でも、調査をして統計を取った訳でもないが、朝晩、あるいは、少なくともその一方で、仏壇や神棚に手を合わせる人で、運の悪い人はいないと思うし、むしろ、そんな人は、幸運なのではないかと思う。
ただ、仏壇や神棚の在り方や作法は、心さえこもっていれば、しきたり、作法は、無視というのではないが、良識の範囲でやれば良いと思うのだ。
ビートたけしさんは、朝晩、仏壇のお水を替えるのだが、喉が弱い(?)ので線香は勘弁してもらっているらしい。
ところが、ビートたけしさんの仏壇は、母親の他、黒澤明さんや淀川長治さんら、世話になった人、縁やゆかりのある人が7人ほど祭ってあり、仏壇の前で彼らと対話するらしい。
そんなやり方も良いのだと思う。
あるサラ金事業で成功した人は、毎日、神棚で拍手を打つのだが、聞けば、「商売が繁盛しているのは神様、仏様のおかげ」と言うようだ。
また、ある日本一と言われたセールスマンは、慌(あわただ)しいながら、毎朝、仏壇で般若心経を唱えると著書に書かれていた。彼もまた、自分の成功は神様、仏様、ご先祖様のおかげと言う。
丹波哲郎さんは、神棚や仏壇というのではないが、朝晩、守護霊様に挨拶を欠かさなかったようで、それを誰にでも勧めておられたようだ。これなら、家に仏壇や神棚が無くても大丈夫なので便利だ。挨拶は簡単なもので、朝は「守護霊様、おはようございます。今日もよろしくお願いします」で、夜は、「守護霊様、今日も1日、お守り下さいましてありがとうございました。おやすみなさい」といった感じだったと思う。

初音ミクさんと巡音ルカさんの有名なデュエット歌である『ワールズエンド・ダンスホール』(作詞、作曲、編曲はwowakaさん)は、本当のところは分からないが、多くの人の見解も一致することとして、飛び降り自殺の歌と思える。
世の中が楽しくない女の子(私にはOLさんに感じるが、学生と思う人もいると思う)が、苦しい心の内を綴ってはいるのだが、決してじとじとしていたり、恨みがましいという程ではなく、どこか幻想的で美しいほどだが、やはり最後は力尽きたのか、「さよなら、お元気で。 終わる世界に言う」になってしまう。
wowakaさんの歌は、『アンハッピーリフレイン』にしろ『ローリンガール』にしろ、みんな最後は女の子達が死んじゃう・・・とはっきり言ってはならないのかもしれないが、まあ、そんなところだろう。
長々延べた後で、間抜けなことを言うが、私は彼女達に、
「君たち、仏壇や神棚に手を合わせてないな」
あるいは、
「君たち、守護霊様に挨拶してないな」
と思うのである。
もし、そうしていれば、世の中、辛いものだとしても、もうちょっと、なんとかなりそうなものだ。

早寝早起きや腕振り運動はどうなったかというと、もちろん、これらは非常に優れた力を得る法なのだが、現実には出来ない人もいるようで、それなら、仏壇や神棚に毎日手を合わせたり、毎日、守護霊様にご挨拶するのでも良いかなと思うのである。
私は、毎朝、4時過ぎに、仏様に水、お茶、酒を出し、線香を上げる(夜はそれらの器を下げて洗う)。
その際、りん(鐘のこと)を鳴らして合掌するのだが、りんの音が小さくなって消えていくのを聴いていると、私が日頃お奨めしている、微かな心の声の呪文で、心の中の声を小さくするコツが分かるようにも思うのである。
私は別に仏教の信仰がある訳ではないのだが(家は浄土真宗の宗徒ということになっているが、そんなことはどうでも良い)、そうやって、神仏やご先祖様に想いを馳せるのは良いことと思う。
ところで、私の食事の半分はお菓子みたいなものなのだが、それは、いったん仏壇に供えたお菓子(おかきや煎餅が多い)である。
ある有名な占い師で霊能者の本に、仏壇に供えた食べ物は、仏様が気を食べるから非常に不味いと書かれていたが、私はそれは全く感じない。
いつも空腹で、他にお菓子を食べないせいもあるだろうが、むしろ、非常に美味しいので感動するほどである。
お菓子は、1週間ほど具えておいて、下げた後、1週間ほどで食べるといったようにすれば、適正なローテーションとなり便利である。
お饅頭やヨウカンは、日持ちするものを1~2ヶ月具えるが、おかげで、1~2ヶ月に数個のお饅頭やヨウカンが食べられてラッキーである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これ以上崩しようがないほど残念な我々はどうすれば良いのか?

特に若いうちなら、がむしゃらにやれば、やがて形になって夢も叶えられる・・・といったことは、それなりに成功した人達の言うことだ。
自分はうまくいった人達は、子供達に、「自分の好きなことを何か1つ見つけなさい。それを一生懸命やりなさい」と言い、それを聞いて、大人も子供も、「なるほど」と納得したりする。
だが、若い人で、何か懸命にやっているのだが、「見事に空回り」して、ロクなことになっていない残念な人達も沢山いる。
そんな「負組」の人達は、観察すれば、明らかに「馬鹿なやつら」としか言えないところがある。
うまくいくはずのないことをやり、わざわざ自分で墓穴を掘り、自分で自分の首を絞めている。
失敗すべくして失敗しているのだ。
いつまでもそんな状態が続けば、世を拗(す)ねて心がますますひねくれ、何かに逃避する。
そして、逃避先が宗教なら、この上なく悲惨な結末になる。別に宗教が悪いのではないが、逃避目的には最悪の選択だと言っているだけだ。
そうでなくても、「売れない芸人」じゃなくて、「売れなかった芸人」でも見れば良いが、どうにもならない年齢になって、まだ明日を夢見ている超残念な人になるかだろう。
駄目な人達は、仮に悪の道に入ったって、そこでもロクな目に遭わないだろう。
それなら、お天道様の下で恥を晒す方がまだマシというものだ。

さて、決して少なくない、そんな「残念で仕方がない」人達はどうすれば良いのか?
どうにもならない。
それが運命と諦めることだ。
ジタバタしても始まらないので、ジタバタしないことだ。
ただ1つ秘策がある・・・なんて言い出すと、はっとしてそれを聞きたがる人もいるだろうが、そんなものはない。
そんなものがあると言う者の言うことを聞くと、マイナス3000で済むところがマイナス9000かそれ以下になったりする。

初音ミクさんのヒット曲を沢山創っているwowakaさんが、そんなどうしようもないウルトラ残念な人達の歌を初音ミクさんに歌ってもらっている。
その結末はどうなるかというと・・・飛び降り(笑)。
「さよなら、お元気で。終わる世界に言う――― 」(ワールズエンド・ダンスホール)
「画面の向こう 落ちていった 逆さまのガール おとなの世界 それは?」(アンハッピーリフレイン)
「息を止(や)めるの、今」(ローリンガール)
もちろん、これらの歌にはいろんな解釈もあるのだろうが、残念な私達は、屈辱の涙と共に深く共感するばかりだ。

飛び降りってのは、もっと深く沈むということでもある。
現状を諦め、そこから予想される未来を覚悟する・・・というのをさらに超え、最悪より悪い、もっともっと悪い結末を予測し、受け入れるということだ。
木枯し紋次郎のように、自分には野垂れ死にしかないと思うことだ。
今の時代、野垂れ死にもなかなかできないので、それよりももっと辛い恥を晒すことになるだろう。
そこまで考えることだ。
それでどうなるかは分からないが、他に道はない。

そんな悲惨な曲がいっぱいつまった、カバー絵も「落ちていく女の子」の絵のwowakaさんのアルバム『アンハッピーリフレイン』を聴いて、全部諦めるというのはどうだろう?
その後、『ノストラダムスの超法則死活の書』を読むと面白いと思う。
ところで、インドの詩聖タゴールも、リンカーンも、飛びっきりの残念な人だったのだ。
いや、別に、彼等が最後は幸福だったと言う気は、これっぽっちもないのだが。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード