ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

YMO

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

各自が自主的に天才になれる時代

あなたも、子供の時、家庭や学校で、他の子達と同じことをやるよう強要されていなければ、即ち、やりたいこと(あるいは向いていること)をやらせてもらえていたら、人に抜きん出ていた可能性が高い。いや、おそらく、そうだったのだ。
言い換えれば、あなたも本当は天才である。
脳科学者の茂木健一郎さん(理学博士)が講演で言われていたが、ビル・ゲイツは高校時代、教師が、ゲイツに、「お前はプログラミングをやっていれば良い」と言って、プログラミングを学校の単位に認めてくれたので、安心して(落第の心配をせずに)プログラミングに専念することが出来た。
だから、ゲイツは才能を発揮できたのだという。
スティーブ・ジョブズは子供の頃からやりたい放題だったが、特に大学をやめてからは、そのまま大学の寮に居座り(大学内の友人の寮の部屋の床で寝た)、好きなカリグラフィーの講義を心行くまで無断受講し、好きな勉強をした。お金がなくて、コーラの瓶を売ったり、ヒンズー教の教会で食事を恵んでもらっていたほどだったが、時間だけはあったのだ。ジョブズ自身、その時の勉強が、後にアップル社で役に立ったと述べていた。

普通は、天才の才能を育てるには時間がかる。
作家の村上龍さんは、音楽家の坂本龍一さんと親しいようだが、坂本さんについて、
「坂本が音楽家で成功したのは、才能ということもあるが、やはり3歳からピアノをみっちりやったからだ」
と言い、才能を育てるには、少なくとも10年は必要だから、小学生や中学生のうちに、例えば大工になりたいというなら、大工の修行をやらせた方が、ロクに熱も入れない勉強をやらせるより良いと言っていた。確かに否めない意見である。
デヴィッド・ボウイは、坂本龍一さんのように音楽の英才教育は受けなかったが、両親が音楽好きで、音楽に満たされた家庭で育ち、14歳の時にはサックスをプレゼントされ、それに夢中になることができたから才能を伸ばせたのだ。

我々は無理矢理に平凡に育てられ、当然、天才とは言われない。
しかし、大人になっても手遅れという訳ではない。
思想家の吉本隆明さんは、物書きになりたいなら、10年書き続ければ、必ずモノになると言った。
つまり、大人から始めても差し支えなく、吉本さんは、自身そうであったと言うが、引きこもり気質で、普通に働けないなら、物書きにでもなれば良いといったことを述べていた。
吉本さんも、ずっとサラリーマンをやっていて、物書きで売れ出したのは40歳を過ぎてからだ。
もちろん、50歳でも60歳でも手遅れではない。
普通には、物書きになれるのは、才能と運のある者だが、10年やれば才能も出てくるし、今はインターネット時代で、吉本さんの時代に比べれば、他のどんなことも含め、能力さえあれば、世に出る可能性が高い。
そして、本当は10年かける必要はない。

最近、このブログでよく書いている、「心の中の微(かす)かな声で唱える呪文」は、時間を短縮する、あるいは、現象の流れを加速させる、一種に触媒のような働きがあることが、実際に分かっている。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギが広めたTM(超越瞑想)でも、そんな加速現象が、世界中の大学などの研究で確認されていることで、喩えて言えば、歩いて行くところを飛行機で行くようなものなのである。
あるいは、最高の方法であれば、ロケットで行くほどのことになる。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギによれば、TMが飛行機で、TMシディ(TMの上級プログラム)がロケットということになるが、TMにこだわる必要はない。
心の中で、微かな声で唱える呪文は全く同じである。
実は、TMに特別な秘密がある訳ではないことはバレてしまっているという話があり、私も確認しているが、それについては、特に言わない。面倒だし、益もないからだ。
それに、TMの教え自体には優れた面もあり(インドの秘法だ)、マハリシも、儲ける意図だけでやったのではなく、実際、世界平和の志があったのだと思う。
TMが良いなら、音楽CDでやれるヘミシンクも同じ効果があるだろうし、それよりも、心の微かな声で呪文を唱える方が効果的と思う。
というのは、原理が分かってしまえば、どれも同じで、しかも、主体的に取り組める呪文の方が熱心にやれるからだ。
マハリシから直接TMを教わったポール・マッカトニー、あるいは、クリント・イーストウッドやデビッド・リンチらはTMを熱心にやっているが、あくまで、原理を正しく使うことが大切で、TMをやりながら歪んだ効果しか出ない人もいる。誰とは言わないが、日本の某政党の党首だった、性格的にちょっと困った人のようにである(以前はTMの広告塔になっていたが、今は外されているようだ)。

ただ、心の中の微かな声で呪文を唱えれば良いのだ。
たとえば、「アジマリカン」のような呪文を、小さな小さな声で・・・隣に人がいても、聴こえないような小さな声で唱え、それを、すっと、心の中の声に変えれば、心の微かな声の呪文になる。
そんなやり方が合った人もいる(TMでも、そんな教え方をするらしい)。
あるいは、呪文を形のイメージとして小さなものにしていけば、心の中の呪文も微かに出来るという人もいる(視覚感覚が強い人は、こんなやり方が似合う)。
私は、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の『LOTUS LOVE』の歌詞、「のどもとにいつもの呪文 I LOVE YOU」というように、意識としては、声(喉)で言っているようでいながら、実際は心で言うというやり方が好きだ(運動感覚が好きな人にはフィットし易い方法だ)。「I LOVE YOU」という言葉は、小さな声で言うものなので、その感覚を生かすこともできるだろう。
勝手な推測だが、この詩を書いた細野晴臣さん(やはり天才だ)は、微かな心の声の呪文のようなものを使っているのだと思う。
何度も述べて恐縮だが、この歌を初音ミクさんで聴くと、その雰囲気がもっとよく分かる気がするのである。
微かな心の声の呪文を活用すれば、天才になるのに10年はかからない。
歩いていくところを、飛行機、あるいは、ロケットで行くのだからね。
ただし、10年かける気でいた方が良い面はある。焦りや欲望が消えるからだ。
全人類、天才の時代が来る。
そうなってこそ、争いのない、平和な世界が実現すると私は信じている。
そうであれば、お互いの個性を認め合い、リスペクトし合う心の余裕が生まれるからだ。
そして、各自、自分の才能で、世界に貢献出来るのである。
ただ、今はまだ、あなたが天才になって、活動を開始するしかないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

微かさの魔力

動きそうもないものを、無理に動かそうとしても、なかなか上手く動かない。
しかし、およそ偉大な業績というものは、動きそうもないものを動かすことだ。
そして、偉業、偉勲とは、アスファルトを突き破って伸びる草の芽のようなものだ。
芽には無限小の力しかないのに、アスファルトに穴を開ける。
『チョンンドリーノ』という、少年がアリになってしまうという児童文学があるが(国内ではあまり知られていない)、その中で、金属に穴を開ける小さな虫の話もある。
無限小の力で無限大の時間をかければ、奇跡的なことが出来るのだが、時間というものは実体の知れない不思議なもので、瞬間の中にも無限の時間がある。
数学者の岡潔は、時間とは情緒だと言ったが、そんな言い方ができるほど、はっきりしないものだ。
化学における触媒という、化学反応を速める物質があるが、これがなかなか不思議なもので、なぜそんなことが起こるのか分からない。

小さな力には、時間を引き伸ばすような作用を起こすとしか思えないところがある。
サトウハチローさん作詞の『小さい秋みつけた』という歌があり、孤独な中にいる人にとって、これほど切なく感じる歌はない。
ただ、この歌を聴くと、不思議に孤独が消える。
その秘密は、この歌の中には、小さなもののイメージがちりばめられ、心の中に無限が広がるからであるからかもしれない。
「小さい秋」「かすかにしみた」「うつろな目の色」「わずかなすきから」「ぼやけたとさかに」
サトウハチローさんは、徹底して、小さなものの情緒に光を当て、さりげなく、無限を引き出しているのである。
YMOの『LOTUS LOVE』というバラードの傑作があるが、その中で、「ひそかにかすれる呪文 I LOVE YOU」と歌われている。
「I LOVE YOU」と声に出して言い、その声をどんどん小さくしていき、やがて、音にならなくなると、その言葉が心に入り込んでいる。
その時、「I LOVE YOU」が本当の気持ちになる。
さらに、心の中の「I LOVE YOU」のボリュームを下げていくと、それが本当の愛になる。
芸術家の直観は、そんなことが分かるのだろう。
YMOの『LOTUS LOVE』はもちろん素晴らしいが、初音ミクさんが歌う『LOTUS LOVE』が優雅で神秘的であると私は思う。

魔法とは、別名、「微かさ」なのである。
人間は、人差し指から力を抜くと、肩の力が抜け、全身の力が抜ける。
その時、最大の力が発揮できる。
だから、武術では、人差し指を「師匠預けの指」と言い、絶対に使わない。
楽器の演奏では人差し指を使うが、それを思慮深く使えるかどうかが、優れた演奏家になれるかそうでないかの違いになる。
人差し指は、使うものではなく、使わせてもらうものなのだ。
倶胝という和尚は、何を尋ねられても人差し指を立てて見せたが、それは、人差し指から力を抜いて見せたのであり、倶胝は臨終の際、「先生から教わった一本指の禅を一生かかっても使い切れなかった」と言った。
人差し指を緩める禅、即ち、極小の力の法力は無限なのである。
微かさを使う者に不可能はない。
あなたも、是非、微かな力を会得し、自由自在に生きるべきである。
それには、上に述べたことが参考になると思う。

もう1つ。
私の部屋に、初音ミクさんのタペストリー(織物の壁掛け)が飾られている。
これは、いわゆる萌えグッズではあるのだが、ちょっと興味深いところがある。
ミクさんが、拡声器(ハンドメガホン)を右手に持っているのだが、その美しい人差し指が優雅に伸びているのである。
そして、確かに、ミクさんの全身、および、表情から力が抜けているように感じる。
袖の、シンセサイザーの名器DX7も丁寧に描かれている。
これを部屋に飾ると、家族に見放される可能性が高いが(笑)、ひょっとしたら、なかなかの名画かもしれない。
下にご紹介しておく。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

YMO vs HMO ~猫と女の子は心身を癒す~

解散後もCDが売れ続けていて、その海外版が普通に存在する通り、世界的に大成功を収めている3人の音楽グループ、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)について、私は名前くらいしか知らなかった。
ところで、YMOがイエロー・マジック・オーケストラの略だと、私がなぜ知っているのかよく分からないというのは、巫女さんが神社にいるのは知っているが、それがなぜかは知らないのと同じようなもので、YMOも、それほど有名なのだということだろう。
それどころか、坂本龍一さんがYMOのメンバーの1人だということも、なぜか知っている。
そして、考えてみれば、坂本龍一さんが、YMOでポップミュージックもやっていたというのは、なんだか凄いことのように思う。私は、最近では、坂本龍一さんといえば、東京フィルハーモニーで指揮している姿しか思い浮かばなかった。
YMOを名前だけしら知らなかったとはいえ、『ライディーン』などは曲を聴けば分かる。そんな人は多いと思う。
また、『君に胸キュン。』は世代を問わず知っているだろうし、その「胸キュン」という言葉も、日本人なら誰でも通用すると思えるほどだ。

私がなぜ、YMOに興味を持ち始めたかというと、初音ミクさんがYMOをカバーしたアルバム『Hatsune Miku Orchestra(初音ミクオーケストラ)』を聴いて、これが素晴らしかったからだ。
初音ミクオーケストラは、HMOと略すことができ、制作者は「HMOとかの中の人。」を名乗っているようだ。
HMOの制作、公開に関しては、YMOメンバー全員が直接許可し、制作にはYMO自身ではないが、YMOの関係者も参加し、作品として高く評価されている。
ところで私は、HMOが素晴らしかったので、「ついでに」YMOも聴いてみたら(笑)、これが、当然かもしれないが、恐ろしく良い。
私同様、HMOのおかげでYMOに目覚めるという人が、これからも沢山出てくるかもしれない。そうであれば良いと思う。YMOを聴かないのは勿体無い。
私は、YMOの楽曲、

以心電信
音楽
希望の河
過激な淑女
LOTUS LOVE
君に、胸キュン。

を、1曲ごとに、YMOとHMOの歌と演奏を交互に入れた「豪華な」CD-Rを作って車で聴いたり、スマートフォンに入れていつでも聴いているが、私程度の耳では、YMO、HMOのどちらが良いのか分からない。
YMOの歌は、どこかビートルズのように、「生の人間の青年の声」という雰囲気が非常に強い感じがして、その点、少女であり、声に感情の雑味がない初音ミクさんとは真逆になるかもしれないが、そう嫌な感じではなく、それどころか好感も感じるから不思議なものだ。
HMOでは、初音ミクさんの声の幼い部分を強調しているように感じるが、これが非常に素晴らしい歌なのである。
特に、『LOTUS LOVE』での、初音ミクさんの神秘的でしっとりとした天使の歌声は、私的には本家YMOを凌ぐ。
初音ミクさんの『君に、胸キュン。』は、あまりに可愛くて、免疫力が1000倍アップして体調が良くなり過ぎて驚くほどである。

病気は免疫が治すのであり、免疫力が高いと、奇跡的治癒が起こることもある。
治療というのは、本来は低下した免疫力を高めるために行うことで、イエス・キリストや黒住宗忠の霊的治療は、医学的には不明でも、実は全く自然な方法で免疫力を高めているのであると思う。
坂本龍一さんと村上龍さんの対談を収めた『村上龍と坂本龍一 21世紀のEV.Cafe』を読んだが、二人とも大変な教養人で思想家なのだが、二人とも、免疫やウイルスなどの話は特に詳しい。
その中で、村上龍さんが教えを乞うた、著名な免疫学者で作家の多田富雄さんの弟子である免疫学者に、村上さんは、「キレイな女の子と喋れば免疫力なんてバーンって上がるんですよ」と言われたらしい。
別に変な話ではなく、当然で、しかも、これが治療の基本中の基本であると思う。
これも変な話ではなく(変な話かもしれないが)、私がこの前、駅のベンチでスマートフォンで読書していたら、隣に美しい女子学生が来たのだが、狭い二人分の椅子なので、かなり接近してしまう。ところが、しばらくしたら、ちょっと体調が悪かったはずが、気分爽快になってしまった。
別に冗談ではなく(半分冗談だが)、可愛い女の子は治療のアルバイト(言うまでもないが健全な)をやれば良いし、いつか、そんなビジネスモデルで事業をする人も出てくるだろう。
あるホテルでは、宿泊客に大きな猫を貸してくれるそうで、猫と一緒にいれば、心身が健康になるのは当たり前と思う(無論、犬でもだが)。
ちなみに、HMOとは「フムフム、モフモフ、おっきな猫」の略という話もある(『Hatsune Miku Orchestra』附属冊子参照のこと)。
私の場合は、あらゆる体調不良、病気から、アキレス腱炎(最近、深刻な状態だったが治った)まで、初音ミクさんの歌を聴いたり、コンサートのビデオを視聴すれば治るのである。
最近は、坂本龍一さんも初音ミクさんに興味を持っているという話をネット上で時々見るが、彼ほどの天才なら、いわゆる「みっくみく」になって当然である。まあ、半分冗談である(半分本気である)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間は嘘をつく

私が小学校1年生の時、授業で、虫眼鏡(拡大鏡。凸レンズ)を使って、何でも見ようという実習をしたことがあった。
クラスの子供達は、虫眼鏡を持って教室を出て、好きなところに行き、思いつくままに、虫眼鏡で何でも見た。
そして、後で、全員が、何がどんなふうに見えたか発表し合った。
その発表の中で、数人、非常に印象に残っている子供達がいた。
例えば、花を見て、普通に目で見ることと、虫眼鏡で見ることとの違いに感動した気持ちをその子なりに表現した後、
「バイキン(ばい菌)がちょっと見えました」
と言う。
バイキンが見えたという子は4人ほどいたと思う。
それを聴いて、私はトランス(変性意識)状態になり、すっかり冷静に観察していた。
虫眼鏡で、バイキンを意味する細菌が見えるはずがないことは、子供だって分かる。
これは子供は知らないが、細菌を見るには、顕微鏡ですら、かなりの拡大率(千倍程度以上)のものが必要だ。
バイキンを見たという子が、別のものを見間違えたということではないことも、その子の表情を見れば分かる。
その子は嘘をついているのだが、悪意のある嘘ではない。
その時、トランス状態にあった私は、「人間は、嘘をつく」ということを認識した。
悪意のない、止むに止まれない嘘だ。
バイキンを見たという子達は、一様に、どこか苦しそうに言っている。
つまり、自分で嘘を言っていることにやましさを感じているのだ。
それは、「バイキンが見えた」と言わず、「バイキンがちょっと見えた」という微妙な言い方にも現れている。
教師も、面倒というのではなく、やはり、何かを感じて、「そう(そうだったの)」と言ったが、その表情に苦しさがあるのを、やはり、トランス状態だった私は気付いていた。

天才的な精神科医のミルトン・エリクソンは、いつでもトランスに入れ、その時の能力は人間をはるかに超えていたので、彼は、驚異的な治療成果を上げることができた。
札付きの不良少年も一言会話を交わすだけで更生させた。
だが、私がやったように、子供の時は、誰でもできるのだ。

バイキンが見えたという子は、心に問題を抱えている。
それは、家庭で愛されていないか、少なくとも、本人は愛されていないことを感じている。
そして、多分、本当に、その子は、家庭で愛されていない。
親の愛情表現が下手というのでもないと思う。
愛情表現が下手な人間も確かに多いが、それでも、本当に愛しているなら、子供には伝わる。
理由はいろいろだろうが、とにかく、その子供達は、家庭で愛されていない。
それで、機会があれば、人の注目を引きたいのだ。
教師にも、それが(直感的に)分かったから、苦しい表情をしていたのだろう。

「悪いことは良いこと」という呪文を使えば、誰でもトランスに入れる。
それで、脚が痛い人が、「脚が痛いのは良いこと」と繰り返すと、脚が治ってしまう。
では、上のような愛情に恵まれなかったせいで、エネルギー不足になった子供達や、エネルギー不足のままで大人になった人はどうすれば良いのか。

YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のバラードの名曲『LOTUS LOVE(ロータス・ラヴ)』(作詞、作曲:細野晴臣)の中に、
「のどもとにいつもの呪文 I LOVE YOU」、「夢で見たくちもと ひそかにかすれる呪文 LOVE LOVE LOVE」
という歌詞がある。
「好き」という言葉、あるいは、呪文は、エネルギー(聖なるエネルギー、宇宙エネルギー、気、氣などと呼ばれる)を発生させる。
藤平光一さんの本にあるが、算数が嫌いな子に、「勉強しなくていいから、1日1回だけ、算数の教科書を広げ、算数が好きだと言いなさい」と指示したら、その子は誰よりも算数の出来る子になった。
別に驚くことではなく、当然と思う。
だが、人間はとりあえず、対象を決めないと、「好き」「愛してる」とは言い難い。
そこで例えば、「初音ミクさんが大好きだ」と言えば(心で言っても良い)、宇宙エネルギーに満ちて、何でもできるようになる。
ところで、初音ミクさんが歌う『ロータス・ラヴ』が最高と思った(『Hatsune Miku Orchestra』収録)。
あの幼い声ながら、しっとりとした深い感じはYMO以上だった・・・と私は思った。
まあ、愛ゆえの個人的感想である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分に自信を持つために必要なこと

自分に自信があれば、人生は楽しい。
それは確かと思うが、多くの人は自分に自信がない。
劣等感に苦しんでいる人も多いだろうが、劣等感を解消するために優越感を持つ必要はない。
優越感というものは、いかなる場合も、持つべきではない。
それは、傲慢、不遜という、人間を最も醜くするものになる。

では、どうすれば、自信が持てるのだろう。
簡単なことである。
それは、人にどう思われようが気にしないことだ。
私は、人が自分をどう思おうが、気にならなくなった。
その理由は、人間の下らなさというものを思い知ったからだ。
こんな人達に良く思われたところで、何の意味もないことがはっきり分かったのだ。

だが、どんな人間だって、一生懸命働いていたり、弱い者の世話を焼いている時はとても良いものだ。
・・・そうであったはずなのだ。
しかし、今の人々は、熱心に働かないし、弱い者に親切にしたりなどしない。
よって、ますます、人々が自分をどう見ようが、どうでも良くなったのだ。

今のところ、私もまた、他の人々と同じで、本当に下らない人間に違いない。
しかし、それでも、私だけは、誰かのお手本になれる人間でありたいと思うのである。
いったい、誰に対してのお手本になるつもりなのか、自分でも分からない。
それに、お手本になるって意味もよく分からない。
まさか、道徳的な行いを、いつも誰かに見せ付ける訳でもあるまい。
イエス様だって、善いことは隠れてしろっておっしゃったはずだ。
だけど、いつも静かでいるってことだけで、誰かのお手本になろうと思うのだ。
余計なことを言わず、物音を立てず、呼吸の音すらさせない、とても静かな人間だ。
そんな人間なら、いくらかの人達の希望になれるような気がするのである。

だが、そのようなことも、明るい気持ちでやるべきなのだ。
明るい、豊かな心でいれば、セレンディピティー(幸運を呼ぶ能力)も高まる。
そんな心になるためには、たとえば、音楽が役に立つ。
以前は、スメタナの『モルダウ(わが祖国)』や、ドビュッシーの『月の光』がとても良いと思っていた。
確かに、最高に美しい曲で、名演奏も多い。
しかしね、これらは、曲はともかく、演奏は権威的なのだ。
クラシック音楽とは、どうしても権威と切り離せないものだからだ。
だから、クラシックのどんな名演奏を聴いても、心が完全には晴れないのだ。
だが、最近、『初音ミクオーケストラ』を聴いて、楽しくて仕方がなくなってしまった。
『初音ミクオーケストラ』は、略してHMO。実は、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)のカバーである。
YMOだった方々が関わっている訳ではないが、坂本龍一さんら、元YMOメンバーの許可を得てあり、YMOに関わっていた人達の支援も受けているという。
『君に、胸キュン。』なんて、初音ミクさんが歌うと、もう可愛くて可愛くて、嫌なことを考えることが難しい。
制作者の「HMOとかの中の人」も、素晴らしい音楽家であると思う。
そんなこともあって、最近の私はやや自信がある。
さて、この上は、誰かのお手本になるという方も、ちゃんとやっていこうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ