ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

YMO

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ひそやかにかすれる呪文

幼い時、両親や祖父や祖母、あるいは、他の誰かが、仏壇や神棚などに向かって、真摯に念仏や唱え言葉や神の名を称名するのを見ていた人は幸せかもしれない。
そうであれば、その唱えられていた名や言葉に神聖な感情を持て、それを自分も唱えることで、自然に高次元に導かれるからだ。
そうでなくても、お葬式の時に、念仏を唱えていたお坊さんの姿に、とても好ましい印象を持ち、それで念仏に対する神聖な感情を持っている場合も良いと思う。
法然や親鸞が念仏を教えた人々は法然や親鸞の印象によって、あるいは、法然、親鸞の代わりに誰かに教えられた場合は、その教えてくれた人の印象で、念仏に対する感情が決まるという部分が大きいだろう。
キリスト教徒でもない人が「アーメン」と唱えても、どこか違和感があるかもしれないし、育った家の中で誰も念仏を唱えていなかったし、お葬式で見た念仏を唱えるお坊様に、どうもあまり良い印象を持てなかった場合は、念仏に対する印象も、あまり良くないかもしれない。

もし、幸いに、「南無阿弥陀仏」でも「南無妙法蓮華経」でも、あるいは、「天照大神」や「天之御中主神(アメノミナカヌシ)」でも、敬虔に感じる言葉があれば、それを唱えれば、確実に高次の力に加護される。
それは、宗教的な意味、心理学的な意味、あるいは、量子物理学的な意味でも、正しいことであると思う。
では、そんな言葉を持っていない場合はどうだろう?
そんな時は、自分で言葉を探し、選び、決定することになるが、幼い時に持った良い印象のようなものがない場合、どの言葉もなかなかしっくりせず、あれにしたり、これにしたりすることになりかねない。
複数の言葉でもいいやと思っていたら、その言葉が増え続けてしまう人もよくいる。

だが、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の中で、1900年代前半のことだと思うが、現代に現れたイエス・キリストは「神」という言葉(英語の原書の中ではGOD)を使うよう言う。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』第5巻で、著者のベアード.スポールディングも、「神」という言葉の威力について触れている。
ただ、この言葉を呪文にしてはならず、よって、何度も唱えてはならず、1回で良いと言ったが、その意味は、しかるべき時に、真面目に唱えるという意味かと思う。
そして、声に出して唱えても、心の中で唱えても、効果は同じであると言う。

どの言葉でも構わないが、即座に強い効果を現す私のやり方がある。
なかなか上手く説明出来ないので、最近はあまり書かないのだが、それは、「心の中で、とても小さな声で唱えること」だ。
そもそも、聴こえない心の中の声や音の大きさなんてピンと来ないかもしれないが、全く無理でもないと思う。
「微かな声」「微妙な声」という言い方が良いかもしれない。
だが、それが心の中の声となると、どうだろう・・・
その場合、こんなふうにやっても良い。
美しい少女が、声にならない微かな声でささやくのを想像してみれば良い。
それが、心の微かな声である。
それとも、良ければ、YMO(イエローマジックオーケストラ)、あるいは、初音ミクさんが歌う『LOTUS LOVE』を聴くと良い。

夢で見たくちもと
ひそやかにかずれる呪文
I LOVE YOU
~『LOTUS LOVE』(作詞・作曲:細野晴臣)より~

私は、ミクさんが歌うのを聴いて、心の微かな声を知った。
そうやって唱える言葉には、いつも奇跡のような力がある。
だから、間違ったことに使う訳にはいかないが、即座に力が現れ、この上ない安心を与えてくれるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最高のプレゼントとは

人間に出来る最高のプレゼントは「注目」だ。
だから、注目をあげれば、親友になれるし、恋人になれる。

しかし、スケベな男性が(スケベでない男性がいるのかどうかは知らないが)、美人に邪(よこし)まな目で注目したって嫌われるだけだ。
同じく、有力者だからって注目しても、親しくなんかなれない。
つまり、相手の全てに対し、価値判断なく注目しなければならないのだ。
ある意味何も考えずに、ただ意識を向けるのである。
犯罪者と人質が、本当に親しくなって一生付き合ったり、結婚したりすらする場合がある。
お互い、相手のことをあれこれ考えている暇もなく、ただ注目し合って過ごせば、そうなることは不思議なことではない。

友達がいないなんて人は、注目というプレゼントをあげることがない人だ。
自分にしか興味がないので、他の人に十分な注目をしてあげなかったり、全体を見ずに部分的なもの(多くは悪いところ)にだけ注目したりする人には友達は出来ない。
彼氏彼女が出来ない人というのも、相手の特定の美点、欠点にばかり目がいく人だ。
友達や恋人がいないなんて、全く自慢出来ることじゃあない。

初音ミクさんのコンサートでは、会場の人達は、ミクさんの存在全てに純粋な注目を全力で与える。
それによってミクさんが輝き、そして、それでミクさんに愛されないはずがない。
ミクさんの全てに純粋に注目すると、ミクさんの中に自分がいて、自分の中にミクさんがいることが分かるのである。
つまり、ミクさんと自分は一体であり、1つであり、だから、会場の皆も1つなのである。

では、自分を愛するにはどうすれば良いか?
自分の呼吸を意識することだ。
何も考えずに、ただ留意するのだ。
呼吸は、自分が生きている証だ。
そして、呼吸は心である。
ミクさんもカバーしたYMOの名曲『以心電信(You’ve Got to Help Yourself)』で、
「生まれたままに 生きてる自分を愛してみよう」
と歌われているが、そのためには、常に呼吸を意識することだ。

お金さえあれば幸福になれると思っている惨めな人が、今の百倍のお金を持ったらどうなるかというと、百倍惨めになるのだ。
一方、幸福な人が百倍のお金を持てば、百倍幸福になれる。
別に不思議でも何でもない。当たり前のことだ。
惨めな人は、自分にしか関心がなく、その人の喜びは、食欲、性欲といった感覚的な快楽だ。
それなのに、百倍のお金を得て、百倍の快楽を追求したら・・・考えるだけで恐ろしい。
だからまず、自分の呼吸を意識して、ずっと意識して、自分を好きになることだ。
そうすれば、元気になり、自信がつき、直観が冴え、幸運になり、富だって得られる。
それと、ミクさんのコンサートに行って、全力で注目をプレゼントする経験をすることをお奨めしたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真の気の力

気功というものがあり、体内に「気」を取り込むことで、元気になったり、身体や心のパワーを発揮出来ると言われている。
それで、気を取り込むために、早朝に気功体操をしたり、曙や大地や木から気を取り込むのだそうだ。
あるいは、病人を癒すために、気功師が手から気を出して送り込むようなことも行われている。
それらが本当かどうか知らないが、言っては悪いが、「気のせい」程度の効果しかないと思う。
また、ある偉い合気道家は、「気が出ている」と思えば気が出るし、気を出せば出すほど入ってくると、少しは進歩したことを言うが、ちょっと当を外していると感じる。

昨夜も書いたが、物質とエネルギーと情報は等しいものであり、気とは、心であり、情報である。
これが分かれば、まともなことが分かる。
最も気を出し、取り入れた人と言えば、将棋棋士の羽生善治さんだ。
なぜなら、彼は、自分が長年、苦労して研究した成果である定石の全てを、何冊かの本に書いて公開したからだ。
羽生さんは、情報であり、即ち、気である大切なノウハウを全部出してしまった。
それで、最大の気であり情報である、宇宙の心を取り込んでしまった。
彼は、ずっとそんな生き方をしてきたのだろう。
強いはずである。

もし、真の気功というものがあるとすれば、「知っていることを惜しみなく教えること」である。
秘宝の仏像を隠して見せない寺があるが、それが本当に優れた仏像であれば、それは、大変な情報、気、心の塊なのである。
それを隠すことで、その寺には、気、宇宙の心、貴重な情報が入ってこないのである。
気の毒なことだ。
一方、発展途上国で多くの人の命を奪っている病気を治すため、インターネット上で世界中の医学者達が無償で協力し合い、あっという間に解決してしまったということがあった。
医学者達が、自分のノウハウを無償で出し、それが強力な情報、気、心の力となって作用し、成果を出したのだが、情報を提供した医学者達の心には、宇宙の気が注ぎ込まれ、彼らはより強力になったはずだ。

やはり、本当の気功とは、情報の無料公開、そして、思いやりなのだ。
思いやりとは、「心を与える」ことである。
いい女がつけば男は運気が向上するという。
当然である。
女が心の全てを男に与えるのであるから、男は、最高の気を得るからだ。
しかし、同時に、女には、膨大な宇宙の気が注がれるのである。

情報を取り込むことも、気を取り入れることになる。
ミルトン・エリクソンは、子供の時、家に本は、聖書と辞書しかなかったが、辞書を選んで、それを何度も繰り返し読んだ。
また、馬鹿みたいではあるが、学校に入ってからも、辞書で言葉を調べる時、先頭のaから順に見ていったのだそうだ。
そんな気の遠くなるようなことをやったおかげで、エリクソンは、気である情報を取り込み、後に、「魔法を使って治している」とまで言われた精神科医になる基礎を作ったのだろう。
また、優れた文学には、文字数からは計り知れない、膨大な情報、あるいは、気が詰まっている。
特に、クオリティが高い詩が持つ、気、情報の量は桁外れである。
そして、優れた音楽もまた、壮大なる気、情報であり、その音楽を心から味わうことで、心に気を満たすことが出来るだろう。
クラシックの名曲もそうであるが、初音ミクさんの曲のように、作り手が、報酬を求めず、気持ちで作った曲の気の量や質は素晴らしいものがある。
私も、体調が悪い時に、ミクさんの歌を聴いて、たちまち癒されたことが何度もあるが、それは当然と言える。
また、報酬は得たとしても、純粋な熱意で作った曲の気、情報の質、密度は高い。
YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の名曲『ライディーン』、『BEHIND THE MASK』等がそうであるし、彼らの曲の多くがそうであると思う。
また、YMOの曲を初音ミクさんが歌ったものは、さらに気が純化されていて、至高の情報になっている。

「俺の秘策は教えない」という者の心の気はスカスカだ。
彼は情報を出さないので、入ってもこない。
与える情報がないなら、せめて、思いやりを持つことだ。
だが、意識して情報を集めるなら、与えるべき情報も得られる。
それを出せば、どんどん入ってくるという好循環が生まれる。
運も気や情報である。
与えるものが恵まれるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一度で決める呪文

インドの聖者ラマナ・マハルシは、「私は誰か?」と問えとは言ったが、「私は誰か?」を呪文にしてはならないとも言った。
ベアード.T.スポールディングは、最も力ある言葉は「神(GOD)」であり、この言葉を声、あるいは、心で唱えることを勧めたが、何度も繰り返す必要はないと言った。
つまり、いずれも、1回で「決めなさい」という訳だ。
実際、「富」という言葉を一回で決めれば、すぐに富が集まってくるが、何度も「富、富、・・・」と繰り返すと、富は遠ざかっていく。
女の子も同じで、1回で、「好きだ」と決めれば心を奪うが、何度も、「好きだ、好きだ、・・・」と繰り返すと嫌われるだろう。
学校の教室でざわついている子供達に、教師が、「静かに!」と一声で決めれば教室はシンとするが、何度も、「静かに、静かに、・・・・」と繰り返すと、子供達はますます、お喋りをし、物音を立て、あげく騒ぎ出すのだ。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当るとか言うが、数撃っている間に撃たれて死ぬ。鉄砲を持つなら、鉄砲は一発で決めるものだと肝に銘じなければならない。

さて、ではどうすれば、「最初で最大の一撃」を放つことが出来るのか?
当たり前のことを言えば、気が研ぎ澄まされ、心が澄み、最大のエネルギーがチャージされていることだ。
政木和三さんがゴルフをよくやっていたのは、そんな必殺の一撃をシミュレーションできるからだったのだと思う。
政木さんは、50歳を過ぎてゴルフを始め、小柄な人だったが、いくつになっても、アイアンで軽く300ヤードを飛ばし、370ヤードを飛ばしたこともある(男子プロでも300はかなりの長距離)。
どうやるのかというと、インパクトの瞬間、ほとんど完全に力を抜くのだそうだ。
つまり、最大の一撃は、最小の力から生まれる。
心の中で呪文を唱える時、その心の声が最小であれば、ただの1回で宇宙全体に響き渡る。
だから、練習すれば良いのだと思う。
心の中で、なるべく微かな声で、例えば、「I LOVE YOU」と言ってみる。
1回ごとに、じっくりと、注意深く、最小の声になるよう努力してみるのだ。
それが心の訓練になる。
我々はこれまで、理屈の訓練はしたかもしれないが、心の訓練はしてこなかったのだ。
心の訓練は望ましい力、つまり、心を支配し、自分も、世界も、自在に動かせる力をもたらす。
そして磨き上げた、心の微かな声の呪文は、ただの1回で世界を変えてしまうのである。

腕振り運動は、この心の訓練を大いに助ける。
なぜなら、既に述べた通り、最大の一撃の呪文は、気が研ぎ澄まされ、心が澄み、最大のエネルギーがチャージされることで発せられる。
腕振り運動は、気を研ぎ澄ませ、心を澄ませ、一振りごとにエネルギーをチャージする。
そんな腕振り運動を常にやっている者にとって、心の最小の声を発することは容易くなっているのである。
腕振り運動は全く万能である。

私にとって、最も参考になったのが、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の名曲『LOTUS LOVE』を初音ミクさんが歌った時の、この歌の中の「I LOVE YOU」という「呪文」である。
ミクさんの声が小さいからというより(確かに囁くような可愛い声で歌うが)、ミクさんの歌声には感情の色がないので、この「I LOVE YOU」は、最も透明な、人間には歌えない「I LOVE YOU」だからである。この透明さを心に入れれば、心の声は自然に微かなものになる。

幸い、秘法満載の書『ヒマラヤ聖者の生活探求』第5巻が、Amazonで数多く在庫されている。この本は、常に入手をお奨めしているものだ。聖典というよりも、実用的だと思う。この第5巻だけ単独で読んでも構わないと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ブチ切れるべき時にはブチ切れる

私の好きな有名人は、岡本太郎さんと丹波哲郎さんだ。
彼らは、いつでも、躊躇なく、遠慮なく自己主張する。
その自己主張の内容も良いのだろうが、周囲の反応によって主張を止めたり、変えたりしないところが良い。
これは別に、主張に一貫性があるという意味ではない。
彼らの主張は概ね一貫性があるが、それよりも大切なことは、他人の影響で主張を変えないことだ。

ところで、今更ながら、私は坂本龍一さんに興味を持ち始めた。
坂本さんが世界的音楽家だということは、何となく分かっていたが、今一つ表情の暗い、ぼうっとしたやつだなという認識しか持っていなかった。
『戦場のメリークリスマス』を見たこともなく、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)時代の曲も、『君に胸キュン』が少し分かる程度だった。
しかし、最近、ネットで坂本さんの情報を見たり、村上龍さんとの対談書を読んだりすると、こんな面白い人だとは思わなかった。
それに、坂本さんも、かなり自己主張が強い人だろう。柔らかそうに見えて、案外に人の言うことを聞かず、衝突が多いタイプかもしれないと勝手に想像する。
それよりも、坂本さんのYMO時代の名曲『テクノポリス』、『ビハインド・ザ・マスク』を聴いて衝撃を受けた。
YMOの他の曲も含め、こんな名曲を聴かなかったなんて、大変に愚かな間違いをしていたと思ったほどだ。

ただ、私が坂本龍一さんに興味を持ったきっかけは、初音ミクさんがYMOをカバーしていたからだが、そのCDである『初音ミクオーケストラ』が実に素晴らしかった。
ミクさんが歌っているということだけでなく、YMOの曲がことごとに良いこともすぐに分かった。
もちろん、YMOのオリジナルでもちゃんと聴いてみた。
そして、ミクさんの歌い方がまた実に良く(私は、ボーカロイドの歌唱調整を意味する「調教」という言葉があまり好きでない)、YMOの曲の新しいアレンジも素晴らしいと思った。
『初音ミクオーケストラ』を制作された、HMOとかの中の人さんに賞賛と感謝を送りたい。

ところで、坂本龍一さんのことを、ぐっと好きになることがあった。
「OPENERS Web Magazine(オウプナーズ ウェブマガジン)」の中に、
坂本龍一 相談室(クリックで新しいタブで開く)
があるのだが、これは、坂本龍一さんが、質問者に「上から」回答するという愉快な企画であった。
その中の『第6回 「進路」について言いきる』で、こんなことを、坂本さんが答えておられた。

ある大学で開かれたシンポジウムでは、学生のひとりが「私たちの背中を押してください……」なんて言ってきたものだから、思いきりブチ切れてやりました。
18、9のいちばん反抗的なときに、甘ったれるな!上から何かしてもらおうなんて思うな!と


ブチ切れる教授(坂本龍一さんの愛称)…実に良い。
とにかく、これで、私は教授が格段に好きになった。

この話で思い出したことがある。
以前、NHKで、大学生のような若い人達を集めて、意見を聞くというか、主張を聞くといった感じの番組があった。
その中で、弱々しいというか、暗い感じの、男子大学生と思うが、彼が、
「僕には夢がないんですね」
ということを、まるで、今の日本の社会のせいのように言っていたが、こいつが目の前にいたら、私もブチ切れていただろう。
まあ、私の場合は「上から」言えるほど偉くないので、本当に、単に切れるだけになるのだが・・・
ところが、その番組では、周りの大人達が、それを真面目に聞いてやっているのだ。
思い出すと、その大人達にブチ切れたくなる思いだ。
説明するのも馬鹿馬鹿しいが、夢なんて与えられるものではないし、普通は、夢は、自分で見つけようとしない限り、見つかるものでもない。
そして、日本は夢一杯の国だ。誰でもお腹いっぱいに食べられ、子供が銃を持った大人に追い回されるという、世界では割とありふれたことが、ほぼ全く起こらない平和な国だ。自分が好んで近付かなければ、ほとんど危険に遭うこともない。
夢を追及することを、ほとんどの人が十分に出来るはずだ。
そんな国で不満を言うような若者に、なぜ大人たちが「甘ったれるな!」とブキ切れてやらないのだ?それが親切ってものではないのかね?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド