ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

VBA

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

IQが低い人からの職のアドバイス

ニート対策、ひきこもり対策、ワーキングプア対策、失業対策・・・いろんな言い方があるが、肝心なことはただ1つだろう。
それは、「手に職があるか?」である。
誰でも出来ることしか出来ないから職が回って来ないし、特に、良い職が回って来ないのである。

だから、「お金に結び付くことで、好きなこと」を見つけるしかない。
しかし、学校に行けば、皆と同じことをしないといけないのだから、自分の好きなことなんて分からないばかりか、捨てなければならないことが多い。
なんと、諸悪の根源は学校であった。

とはいえ、文句を言ったり、嘆いていても仕方がない。
私が語れる職は、セールスマンとプログラマー(システムエンジニアも同じ)だけである。
この内、セールスマンに関しては、修行にはなったが、私には向いていなかった。
ところで、Facebookの元役員が、「プログラミングが出来れば、一生仕事に困らない」とか、カドカワN高等学校のプログラミング教育の責任者が、「プログラミングが出来れば、一生食いっぱぐれない」と言ったらしいが、私は「本当かなあ?」と思う。
本当だとしても、プログラミングには向き、不向きがあるらしく、イギリスの大学の「ふたこぶラクダ」という論文によれば、60%の人はプログラミングをマスター出来ないらしい。
ドワンゴの川上量生会長が、「地頭さえ良ければプログラミングは出来る」と言ったが、それはつまり、地頭が良くなければ・・・要するにIQが高くないとプログラミングは出来ないということだ。
しかし、私はIQが高くなくてもプログラミングが出来る。
私のIQが高くないという明白な根拠は、学校時代、「良い成績を取ろうと努力しても、成績が悪かった」ことである。
確かに、良い成績に興味がなければ、勉強が出来なくてもIQが低いとは言えないかもしれない。
けれども、私は、かなりがんばったことはあったのである。
そして、IQが高いと、やっぱり、その気になれば、楽々、良い成績が取れるのである。
それこそ、IQが高い川上量生さんは、高校の授業を熱心に受けただけで京都大学の工学部に入れて卒業も出来た。
私は、そこそこの大学の工学部に入ったが、「こりゃ無理だ」と思って、やめてしまった。

だが、アインシュタインだって、勉強は出来ず、大学入試に失敗し(制度を利用して無試験入学した)、卒業には大変な苦労をしたそうだ。
アインシュタインは、大してIQは高くなかったのだと思う。
一方、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグのように、やめたとはいえ、楽々ハーバードに入学出来る連中は、やはり飛び抜けてIQが高いのだろう。

だけど、私でもプログラミングが出来たのだ。
そして、やり方さえ間違わなければ、やっぱり、「誰でもプログラミング出来る分野はある」のである。
OSやプログラミング言語を作るとか、人工知能の根本的な仕組みといった基礎分野は、IQが高くないと無理だ。
しかし、Webサービスサイトや、業務システムのプログラミングなら、誰でも出来る。
ただ、面白いかどうかは分からないけどね(笑)。
いや、プログラミング自体はそこそこ面白くても、客先担当者との打ち合わせは、本当に気が滅入った・・・というか、嫌になったし、なる・・・これは言ってはならないことなのだけれども。
しかし、そのあたりは、工夫すれば何とかなるかもしれない。

そこで、プログラミングをマスターしましょうということになる。
IQが低い私からアドバイスするなら、プログラミング思考をマスターしていた昔の人はソクラテスだということだ。
彼は、「悪法も法なり」と言ったからだ。
中学校の時に、授業中に話し合ったが、これには納得していなかった生徒が多かった。
しかし、それに納得出来ないとプログラミングは出来ない。
悪法を善法に変えるのは良い。
しかし、悪法だからと言って、ないがしろにしたら悲惨なことになる。
人間のやること全てにはルールがあるし、なければならない。
どれほど自由人だと言ったところで、ルールは必ず必要だ。
それが分かれば、プログラミングなんて楽々なのである。
ちなみに、私が好きなプログラミング言語はBASICで、それも、古いVBAだ。全然、クールなハッカーじゃない(笑)。
VBAは、ExcelやAccessといったマイクロソフトOffice製品に内蔵されたもので、無償のOpen OfficeやLibre Officeにも、ほぼ同じものが入っている。
ブラウザ用のプログラムを作るなら、PHPが単純で分かり易い。
RubyやPython(パイソン)は良いらしいが、私には面倒だ。そもそも、Pythonのスペルが覚えられない(笑)。
世の中、頭の良い人達のアドバイスは多いが、私のような頭の悪い者には、それは有害だったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

IT時代の英雄

ITの発達は広大な範囲で、実に多様な影響を与えているのだが、その中で、ある1つの非常に面白いことを起こしている。
それは、学歴も特技もない者が、ITの発達のおかげで、かなり良い思いをするとか、立派になって、良い人生を送ることがよくあることだ。
1983年に、ある大企業に勤務する45歳の男性がパソコンに出逢う。
当時のパソコンで出来ることといったらBASIC言語でプログラミングをすることくらいだったが、その男性はこのBASIC言語をしっかりマスターして仕事に適用し、高卒ながらその企業で次長にまで出世するという、本来、有り得ないことを成し遂げた。
全てはBASIC言語のおかげだった。
こういった人達を「ITの英雄」とでも言っておこう。
1980年代の特に前半の頃のITの英雄には、ワープロ専用機を使える人達がいた。当時は、それだけでスペシャリストで通用したのだ。
80年代から90年代初期にかけては、上に挙げたような、パソコンのBASIC言語で自在にプログラミング出来る人が、代表的なITの英雄だった。
当時のパソコンはBASIC言語が必ずと言って良いほど付いていたが、言い換えれば、BASIC言語以外には何もなく、パソコンというのはBASIC言語でプログラミングするものとすら言えた。
だが、BASIC言語をマスター出来るのは百人に1人とも言われ、それが出来れば英雄たる価値があった。
その後は、ITの英雄も多様化する。
90年代は、ロータスのマルチプランやマイクロソフトExcelといった表計算ソフトでマクロプログラミングまで出来たり、dBASEやR:BASEといったパソコンで使えるリレーショナルデータベースでプログラミングができる人達がITの英雄だった。
また、一方、90年代に、WWW(World Wide Web)が発達すると、WebページをHTML言語で作成できる人がITの英雄に加わった。
さらには、CSS(カスケーディング・スタイル・シート。単にスタイルシートを言うことも多い)を使って綺麗なWebページを作ったり、JavaScriptを使って動的なWebページを作れる人のITの英雄としての価値が高まった。
さらに、Webでは、Perl言語やPHP言語で本格的なWebシステムを作れる人が、昨日まで惨めだったのが、ITの英雄として輝いた。
また、90年代に、マイクロソフトオフィスが企業で不可欠なものになってくると、ExcelでVBA言語プログラミングまで出来る者がITの英雄に加わり、AccessをVBA言語まで含めて使いこなせば、トップレベルの英雄だった。

現在でも、HTML+CSS、JavaScript、PHP+リレーショナルデータベース、Excel+VBA、Acces+VBAのいずれかでも駆使出来る者がITの英雄であるが、ITの多様化、高度化で、これらが出来る者達のITの英雄としての値打ちは下がる傾向がある。
これらを高度に使える者は相変わらずITの英雄であるが、逆に言えば、高度でなければITの英雄とは認められない。
だが、こういったものを高度にマスターしていれば、不思議なほど、これらを使う仕事を引き寄せ、自然にITの英雄としての価値を高めるのである。
今後、どんなことが出来る者が、新しいITの英雄になるのか、よく分からない。
Google Apps Script(基本はJavaScript言語)は有望であるが、まだ分からない。
スマートフォンアプリの開発や、FileMakerもどうかは分からないのだが、とはいえ、これらを高度に出来るなら、やはり、仕事を引き寄せて、ITの英雄に加わるだろう。
だが、実はこうだと思う。
自分がたまたま出逢い、興味を持ったものに熱心に取り組み、実力をつければ、その能力を活かせる環境を引き寄せ、ITの英雄になれるに違いない。
だが、それをやる者が少ないのである。
それは、ただ、やろうとしないだけなのだ。その理由は、普通の人達が、自分に出来そうにないこれらのことに反感を持ち、貶すことが多いという理由もあると思う。
そんな抵抗には構わず、確固とした武器を持ったITの英雄になってはどうかと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダメ男君との対話

職場のダメ男君にまた登場願う。
しかし、このダメ男君は、私やあなた、それに、一般の人の状況だと言えば、見る価値もあると思う。

30歳も過ぎて、仕事の特技が何もないダメ男君。
一応、パソコンは使えるようので、私が日頃、このブログでもよくお奨めしている、Excel VBA(マイクロソフトExcelに標準搭載されているプログラミング言語)の勉強を、以前に勧めていた。
それからしばらくして、「勉強してるか?」と聴くと、「やってる」と言う。
それで、「何やってるの?」と聴いてみたら、Officeスペシャリストの資格試験の勉強してると言う。
私が、
「学生や主婦じゃあるまいし、そんなことやっても何の役にも立たない」
と言うと、彼は、
「あなたがくれたVBAの本は、さっぱり分からないです」
と言う。
私は、VBAの中でも、おそらく最も易しい本である『入門者のExcel VBA』(ブルーバックス)を、彼にあげていたのだった。
この彼の言い分で、私は、ダメ男君が、30も過ぎて学生気分であることを再認識しなければならなかった。
「当たり前だ。すぐに分かるようなことをやっても仕方がないだろ」
私がこう言うと、彼はキョトンとしている。
アホらしいと思いつつ、私は続けて説明しなければならなかった。
「君が読んでスイスイ分かるようなことは、誰でもできるってことだろ?そんなことできたって、何のアピールにもならない。他人に差をつけることなんかできないじゃないか?ちっとも、自分が特別だって言えないじゃないか?」
ダメ男は黙って聴いている。
「ほとんどの人達が自分にはできないと思ってやらないことをやるからこそ、人に優るようになる。そんなことを特技とか、専門性とか言うのじゃないのか?」
私は日頃、彼には、「専門性のないやつは誰にも相手にされない」「今はまだ30そこそこだからいいが、このまま40、50になったら辛いぞ」と言ってやっているのだった。
彼は、「それはそうです」と言い、表情からも、少しは納得した様子のようだ。
「そのOfficeスペシャリストだったか?それも悪いことはないが、結果が分かっている(失敗はあり得ない)ことをいつまでもやっても、レベルが上がらない。そうだろ?」
彼はうなだれる。
そして、私は、
「一度読んで分からなくても、何度も読めば分かってくるのだ」
と言ってやったが、そこでダメ男君の甘さがまた出てしまった。
ダメ男君は、
「何度も読めば分かるのですね?」
と、まるで私に、「言ったことに責任を持ってくれますね」という意図が見え見えな確認をする。
私は呆れて、
「分からんよ、そんなこと」
と言うと、彼はまた、キョトンとする。
どう言ってやれば良いか分からないが、余計と思いつつ、
「人に保証なんて求めるな。保証されたことばかりやろうとするから駄目なんだ。保証なんて何もない・・・そんなことをやり遂げてこそ、自分に値打ちが出るんじゃないのか?どうなるか、先のことなんてさっぱり分からない。そんなことだけが面白いはずなんだ。そう思わないなら、もう老人だ」
と言ってやった。
ところで、、私は明らかなミスをしていた。
分かるだろうか?
勉強の本は彼に自分で買わせるべきだったのだ。
自分で買った本でなければ、本気で勉強をしないものなのだ。

読まれていて、私が、何偉そうなことを言ってるのだろうと思う人もいると思う。
しかし、実は、私は、彼に言っているようでいて、実は自分に言っているのだ。

困難そうで、自分の力に余るように思えることを前に、私は、しり込みしているのではないだろうか?
私自身が、結果が見えるようなことばかり、やろうとしているのではないだろうか?
そして、世の中の大半の人が、そんな間違いをしているのだ。
それでは、向上はない。ダメ男君のおかげで思い出させてくれたので、彼には感謝すべきかもしれない。
では、早速、出来そうもないことをやろう。
もちろん、お日様目掛けて剣を抜くような、無謀と言うよりも愚かな真似はしてはならない。
プロレスラー相手にガチンコ(真剣)勝負を挑むのは、勇敢なのではなく、ただの役立たずなのだ。
何をすべきか?
その判断は、魔王バラバがラーマに教えた通り、「私心がないならすぐにやりなさい。私心があるなら、なくなるまで待ちなさい」で決めれば良い。
稲盛和夫さんほどの人でも、自分に私心があるかないかの判断に何日もかけるそうだ。人間の心はそれほど穢れているのだ。
だが、私は、稲盛さんのような責任重き人間ではない。
ある程度は、失敗が許されるお気楽な身分だ。
それなら、自分の面目をかけるだけで十分だ。全然、大した面(顔)ではないが。
失敗したら、乞食以下に思われて結構。
その時は、ただの初音ミクオタクだ(いや、今がそうなのだが)。
そう思えば、ある程度の判断はつくのである。
そして、やはり少しは、私心があるかどうかを考えよう。
それがしっかりできるなら、かなりのものだ。
それに、やはり、結果が分かりそうもないことを、喜んでやらないといけない。
それを、「ワクワクする」って言うんだ。間違えている人が多いようだがね。
初音ミクさんの歌としては珍しい、作詞家として名の通った畑亜貴さんの作詞による、初音ミクさんの歌『The secret garden』の、
「何が始まるの 分からないからいいの」
というのが、若さであろう。
ミクさんが歌うと、やはりぴったりしていて良いのである。
初音ミクさんの夫(のつもり)としては、私もそうでなければならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

頭と身体を鍛えておけば良かったと後で後悔しても遅い

どんな人生を送るのせよ、また、どんな道で成功を目指すにせよ、頭と身体は鍛えた方が良い。
こう言うのは、傲慢でもなければ、的外れでもないだろう。
社長さんもニートも、14歳も40歳も・・・いや、80歳も、頭と身体を鍛えれば、人生は確実に豊かになる。
とはいえ、別にプロスポーツ選手や武道家のような修行をしたり、博士号を取れとか言うのではない。
馬鹿高いサイバー大学などに入る必要もない。

頭を鍛えるということについては、毎日必ず30分以上、読書すれば良い。
ただ、誰でもできることで、一番頭が良くなるのはコンピュータープログラミングだ。
実益を兼ねて、ExcelのVBA言語の勉強をすればどうだろう?

身体を鍛えるというと、すぐに、ジョギングをやりたがる人がいるが、特にそれをやりたい理由でもない限り、やめた方が良い。
なぜかというと、あまりに無駄が多いからだ。
外に出るとなると、それなりの格好をしなければならないし、若い人なら髪型も決めないといけないだろう。
女性なら、メイクもしなければならないかもしれない(どんなイケメンと出会うか分からない)。
他にも色々あって、やたら時間がかかるし、天候の影響もある。
それなら、家の中で、腕振り運動や、腕立て伏せ、スクワットをやる方が良い。
これらの運動は、神が人間に教えたものとしか思えないほど、素晴らしいものだ。
梶原一騎さんという、色々問題はあったが、日本の歴史的な漫画原作者がいたが、彼は美食家で大食家で、さらに、大酒飲みで、ウナギとステーキを一緒に食べながら酒も飲むというのが、何よりの楽しみだったらしい。
そんな不摂生ですっかり身体を悪くして倒れた時は、もう酷い状態で、手術中に医者がさじを投げたというのに、奇跡的に回復し、健康を取り戻した。
梶原さんは、プロレスや空手の漫画の原作を沢山書く中で、自分もそれなりに、スクワットと腕立て伏せをやっていたのが、そのミラクルな肉体の秘密だったと思うのだ。
腕立て伏せやスクワットは、少しの場所さえあれば、どこでもできるし(梶原さんは刑務所の中でも熱心にやっていた)、お金は一円もかからない。
プロレスやボクシングで、息の長かった超一流には、腕立伏せやスクワットの愛好家が多いらしいが、なるほどと思うのである。
こんな素晴らしいことをやらないなんて、なんて勿体無いことだと思うのだ。
日本中に勿体無いオバケが沢山いる訳である。

頭と身体を鍛えることを、できる範囲で良いから、必ず毎日やるようにして欲しい。
時が経てば、そのメリットは計り知れないことを思い知り、私に感謝するようになることは間違いがない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

資格、英会話など、無駄な努力をするな

自信がなく、劣等感の強い人は、特技を持てば良いというのは賛成する。
しかし、人々を見ていると、哀しいまでに的外れな技能を選択するのだ。

電車内の広告に、「『英語を社内公用語にする』あなたの会社でも起こる得ることです」なんてのを見た。
ねえよ!(笑)
数年前なら、そんな冗談も通用したかもしれないが、そんなことしたら、会社の9割は潰れるって。
だが、あれ見て、英会話やろうなんて救いようのない勘違いをする者が、まあ、百人に3人はいるかもしれない。
あの広告出した英会話学校としては、3%なら、広告の効果もあったと考えるのかもしれないがね。
ある会社で、英語が、いわゆる「ペラペラ」の若い女の子がいた。
では、彼女が自信を持っているかというと、それは全くない。
当たり前だ。英語使う機会なんて、普通の会社ではほぼ全然ない。
そして、彼女は「英語だけできる残念な人」なので、英語を武器に働ける訳でもない。
その会社にも、英語を話す外国人がいて、彼女は、やたらと彼のところに行って、これみよがしに大きな声で会話しているが、英語はサッパリの私が聞いてても、「くだらんこと喋ってるなあ」って分かるんだ。
そして、彼女が優越感を示せるのは、周囲や、その外国人に迷惑をかけている、その数十分だけで、その他の時間はかえって、劣等感にとりつかれてるんだ。
英語なんて、むしろできない方が絶対に良い。

猪子寿之さんって、今は世界的アーティストと言ってよいと思うし、ビジネスがテーマの対談なんかでも渋い話をしているという、私も注目している人がいる。まあ、彼のことを知ったきっかけは、彼が初音ミクの熱烈なファンだということからだが、それは最上のきっかけだろう。
彼が、世間的には訳の分からないことを言うところは、岡本太郎のようだ。
その彼は、今後は非言語コミュニケーションの時代だという。
ちなみに、猪子さんも、東大出のくせに(関係ないかもしれないが)、そして、世界中で大きな仕事をしてるのに英語は大の苦手らしい。それはもう半端ないほど駄目だと聞く。
その彼が、西洋人の女の子とイチャイチャしてたらしいが、何やってたかというと、猫やアニメキャラの画像を交換してたらしい。
なるほどと思ったね(笑)。

実際、真のコミュニケーションに言葉なんていらない。
本来、人間ってのは、会話なんかしなくても、自ずと相互理解をし合えるものだし、むしろ、会話がそれを妨げるのだ。
美人だって、何か面白いこと喋らないといけない相手だと本当に疲れるじゃないか?
何も言わなくても、平気でいられる人が、これからの世の中で一番愛されるようになるだろう。

英語もだが、情報処理の、特に、初級の資格なんて、もう絶対に何の役にも立たないし、ITの基礎理解のためにすら、むしろ弊害にしかならないような気がする。
試験になった時点で、ITの本当に良いところはそぎ落とされ、悪いものばかり覚えることになってしまうのだよ。
私は昔、マイクロソフトのMCSDやMCDBAという、難関に属する資格を取ったことがあるが、資格という意味では全く何の役にも立たなかった。
ただ、これは純粋に技術的な試験だったので、勉強したこと自体は役に立ったが、初級の試験なんてものは、勉強するより実践すれば一発で分かるのだから、むしろ変な固定観念を持ちかねない資格なんか無視すれば良い。
実践している途中で分からないことがあったら、今は、Webでいくらでも調べられる。
よって、初級IT資格の意味は、本当に全くないのだ。

本当に役に立つのは、泥臭いものだ。
私は他のことは分からないから、嫌じゃなければExcelをVBAまでマスターするよう、よく勧めている。
資格は一切いらないが、ExcelをVBAまで出来るなら、素晴らしい特技で、さぞ良い思いができると思う。
実際、これをやった人は、みんな良くなっている。
私は教えるのが苦手なので、教室を開こうとは思わないが、「エクセルVBA達人養成塾」あたりは良いのではないかと思う。
しかし、せっかくこれ(Excel + VBA)を勧めても「僕、情報セキュリティの試験受けます」って、的外れやる人が多いのだ。
セキュリティなんてのは、他のことで実践力あってのことで、例えば、プログラミングができるとか、サーバーの立ち上げや設定ができてからのことだ。
そして、プログラミングができれば、他のことは何でも容易くできるようになる。
私も、プログラミングしかできなかったが、WindowsサーバーやUNIX系サーバー、Web OS、データベース、ネットワーク設定など、あまり苦労せずにできるようになった。

私は会社では、経理が基礎から分かっている人は頼りになると思う。
経理が得意な人は、合理的でしっかりした人が多いと思う。
ところで、私は、若い頃は、特技は超能力とか霊のことだった。
決して宗教ではなく、このブログでも時々書いているが、私は、子供の頃から、明らかに超能力を発揮していた。
著名な物理学者のフレッド・アラン・ウルフも、自分が物理(量子力学)の道に入ったきっかけは、7歳の時の超常現象体験だと公言しているようだ。
世間的には変な話だし、真実だと主張する気もサラサラないが、英語や初級ITの資格よりは超能力研究の方がずっとマシだ。
注意しないと、ただの変な人になるが、熱心にやれば、おそらく力になる。
ただ、オカルト好きの斎藤一人さんも、以前は「他人に言うな」と言っていたように(今は知らないが)、世間の人には黙っていることだ。
彼氏や彼女が、そういったものに否定的な場合は・・・まあ、別れた方が良いかもしれない。
ただね、オカルトってのも、決して楽じゃない。
別に、必死に努力したり、厳しい修行や凄い行動力が必要という訳ではないが、最も甘えが許されない世界だ。
もし、愚痴や言い訳が好きなら、絶対にお薦めしない。
そもそも、真のオカルト(隠されたものの意)とは、「言い訳しない」ことが基本なのだ。

何だか、変な話になって申し訳ない。
要は、本当に好きなことを特技にすることだ。
「これをやれば、今後は給料が高くなる」なんて卑しいことを考えず、情熱を持てることをやることだ。













↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ