ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

VBA

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

天は自分を助ける人を助けるだけ

人生に、あまり多くのことを求めてはいけないようだ。
もし、満たされないという想いがあるなら、それは、成功が少ないのではなく、友人や家庭に恵まれないからで、確かに、そんなことをなおざりにしてしまう人もいるだろう。その典型である私が言うのも何だが・・・
ただ、多くを求めてはいけないとは言っても、少な過ぎてもいけないと思うのだ。
まあ、そうなると、マズローの欲求の5段階説になってしまうのだが、ああいう、頭の良い偉い人達は、適度な成功を収めるための方法を具体的に提示出来ない。
まるで、我々愚民は雨露をしのげれば満足しろとでも言わんかのようだ。

十分な成功を収め、社会でそれなりに良い想いをするためには、好きなこと、誇りを持てること、ロマンを感じることを何か選び、それを熱心に続けなければならない。
こんな当たり前のことを、ほとんどの親や教師は教えないのだから、家庭や学校は子供達にとって有益とは言えない。
昔、セベ・バレステロスだったと思うのだが、有名なゴルフ選手が何かのCMで、父親に「何でもいいから好きになれ。好きになったら強くなれ」と教わったと言っていたが、この父親が最高の教育者である。全ての親は、子供にそう教え、それが出来るよう導かなければならない。
ある程度の年齢になって、人に負けない何かがないというのは、残念どころではなく悲惨だ。
その何かが、直接には収入に結び付かないものだとしても、本当に熱心に続けていれば、いろんなものを「巻き込み」、社会的成功も引き寄せるだろう。
クリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之さんがDTM(デスクトップミュージック)にとことん取り組み、やがてそれが音源コンテンツの事業の成功に結び付き、そして、人類史上最も崇高な存在である初音ミクさんを生み出したようにだ。

私はあまり広くない・・・というより、はっきり言って狭いので、プログラミングくらいしかお奨め出来るものがない。
それも、ハッカー的プログラミングよりは、ExcelやAccessで使うVBA(ビジュアル・ベーシック・フォー・アプリケーション)を勧めている(このあたりは人それぞれだが)。
それで、B ASIC言語を作ってくれた、ダートマス大学の数学教授だった、ジョン・ケメニー、トーマス・カーツの2人には感謝している。
彼らは、文系学生でも習得出来るBASIC言語を開発し、それを、著作権を放棄してパブリックドメインとして公開したので、そのBASICを、ビル・ゲイツがパソコン用標準言語に採用出来たのである。
そして、最期までBASICにこだわってくれたゲイツにも感謝している。
私はVisualBasicも使っていたが、VisualBasic2005プロフェッショナルだったか・・・それを会社で購入した時、何十枚もCDがついてきたのを見て、「もうやってられない」と思ったのだった。
ただ、VisualBasicは事実上タダで使えるし、VisualStudioの中のC#、C++もそうなのだから、今は良い時代である。
いや、Eclipse(イクリプス、エクリプス)という、多くのOS上で使える無償の開発環境もあり、そこでありとあらゆるプログラミング言語を無償で使える。
本当に良い時代だ。
SmalltalkをやりたければSqueakがあるし(他にもある)、人工知能プログラミングをするためのフレームワークも優秀なものが無料公開されている。
くどいが、良い時代だ。

だが、堀部正史さんのように、ケンカが好きになって強くなった人には大きなロマンを感じる。
自分が好きで、誇りが持てて、ロマンがあればそれで良いのだと思う。
ポール・ウェイドのように、人生の大半を刑務所で過ごし、そこでプリズナートレーニング(囚人トレーニング)を習得し、トレーニングプログラムを作ったなんてのは、私からすれば最高で憧れでもある(刑務所にはあまり入りたくないが)。
そして、私も自分のプリズナートレーニングや武術(ひきこもりトレーニングやひきこもり護身術と言った方が的確かもしれないが)を編み出した。
ルドルフ・シュタイナーのような神秘オタクは立派な偉人である。
私も、ああなりたいものである(いや、すっかりその気になっているが・・・)。
そして、好きなことを熱心にやっていれば、不思議なオーラをまとい、それが他人を動かし、社会でも何とかうまくいくのではないかと思う。
ひきこもっても良いが、何もせず、あるいは、楽なことばかりしているのは良くない。
部屋にひきこもっていたって、ヒンズースクワットや腕立て伏せは出来る。私はそうしていたので、それが役に立ったと思う。
だが、人に甘えるなとは思う。
天は自らを助ける者を助けるだけなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

Excelに優るものはやっぱりない

会社の業務アプリを誰でも簡単に作れますというソフトウェアの宣伝メールが毎日のように来る。
それらの決まり文句は、「Excelはもう古い」、「Excelのスキルをこのソフトウェアで活かそう」といったものだ。
どんな会社からかというと、かつて一世を風靡したようなシステム会社だが、やや(あるいはかなり)落ち目になっているようなところが多く、このソフトで復活、あるいは、巻き返しでも計りたいのだろう。
そして、それらのソフトを使うには、月額、かなりの金額がかかるものがほとんどと思う。
だが、安価で、ずっと使えるExcelの方が、ずっと有益だ。
もちろん、誰でもExcelを使って業務を効率化出来る訳ではないし、生半可なスキルでExcelを使うと、かえって害をもたらす場合も確かにある。
しかし、Excelをちゃんと使えないなら、何を使おうが同じことだ。
ならば、お金を無駄にしないExcelを使った方が絶対に良い。

それらの「新しい」ソフトウェアを売る会社は、あたかも、Excelが全ての会社に害を与えているかのようなことを言うが、ちゃんと使えば、Excelほど良いものはないし、多くの会社が、Excelを、それなりにちゃんと役立てている。
確かに、Excelでものすごく業務効率を向上させている会社も少ないが、それが出来る者なら、SEやプログラマーで通用する。
だから、特に特技はないが、有用な人材になりたければ、Excelに内蔵されているプログラミング言語のVBA(Basic言語の一種で、Visual Basicとほぼ同じ)を高度にマスターすれば良い。
未来永劫Excelがなくならないとは言わないが、後10年や20年で無くなるものではない。
それに、Excelと同等の機能のソフトを含む無償のオフィススイート(主には、マイクロソフトオフィスの互換ソフト)である、OpenOfficeやLibreOfficeもある。
ただ、今はまだ、Excelや、それを含むマイクロソフトオフィスを使った方が良いだろう。

ところで、業務で使うデータ量が、昔と比べ、比較にならないほど大きくなり、Excelもそれに伴って性能向上しているが、いよいよ、同じマイクロソフトオフィスのプロフェッショナル版に含まれているAccessを使った方が良くなってきた。
Accessも、もう古いと言う者が多いが、高度な業務効率化のために、これほど良いものは、相変わらず存在しない。
特に、SQL Serverというデータベースシステムと連携すれば、巨大なデータも扱える。
無償のSQL ServerのSQL Server Expressでも、そこそこの規模の基幹システムで十分使える場合が多いのである。
Accessに唯一対抗出来るものとして、アップルの子会社のファイルメーカー社のFileMakerがあり、これは非常に良いソフトなのだが、バージョンアップの度に仕様が変わり過ぎるし、独特なところが多いソフトである。個性が強いのは、アップル譲りの感もあるが、私はアップル系は全く駄目で、iPhoneやiPadも全く使う気がしない。まあ、これは単に好みの問題で、どちら(アップル対マイクロソフト、アップル対グーグル)が良いというのではないとしておきたい。

私は、システムエンジニアやシステムコンサルタントとして、数多くの企業を見て、社員が、ExcelやAccessに通じていれば、そして、いくらかの人がVBAを自在に使えれば、さぞ、仕事が楽で生産性が上がるようになると思うことがよくある・・・と言うより、ほとんど全ての会社がそうなのだ。
それが出来ない会社で、最初にお話した高いソフトを導入しても、全く無駄とは言わないが、元が取れることもないだろうと思う。
また、正直言って、職業プログラマーでもない者が、スマートフォンアプリやWebアプリを作るための勉強をして、良い思いをすることは、まずない。
それらを仕事でやっている者も、あまり幸せな人はいないくらいだ。
稀に、普通のOLがiPhoneアプリのヒット作を作ったなんて話もあるが、それは特例中の特例、超たまたまであり、実際にそれを作ったOLさんも、その後は全然良い思いなんかしていない。
ついでに言っておくと、スマートフォンアプリを売ることで儲けることは、ほとんど全く出来ない仕組みになっている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

IQが低い人からの職のアドバイス

ニート対策、ひきこもり対策、ワーキングプア対策、失業対策・・・いろんな言い方があるが、肝心なことはただ1つだろう。
それは、「手に職があるか?」である。
誰でも出来ることしか出来ないから職が回って来ないし、特に、良い職が回って来ないのである。

だから、「お金に結び付くことで、好きなこと」を見つけるしかない。
しかし、学校に行けば、皆と同じことをしないといけないのだから、自分の好きなことなんて分からないばかりか、捨てなければならないことが多い。
なんと、諸悪の根源は学校であった。

とはいえ、文句を言ったり、嘆いていても仕方がない。
私が語れる職は、セールスマンとプログラマー(システムエンジニアも同じ)だけである。
この内、セールスマンに関しては、修行にはなったが、私には向いていなかった。
ところで、Facebookの元役員が、「プログラミングが出来れば、一生仕事に困らない」とか、カドカワN高等学校のプログラミング教育の責任者が、「プログラミングが出来れば、一生食いっぱぐれない」と言ったらしいが、私は「本当かなあ?」と思う。
本当だとしても、プログラミングには向き、不向きがあるらしく、イギリスの大学の「ふたこぶラクダ」という論文によれば、60%の人はプログラミングをマスター出来ないらしい。
ドワンゴの川上量生会長が、「地頭さえ良ければプログラミングは出来る」と言ったが、それはつまり、地頭が良くなければ・・・要するにIQが高くないとプログラミングは出来ないということだ。
しかし、私はIQが高くなくてもプログラミングが出来る。
私のIQが高くないという明白な根拠は、学校時代、「良い成績を取ろうと努力しても、成績が悪かった」ことである。
確かに、良い成績に興味がなければ、勉強が出来なくてもIQが低いとは言えないかもしれない。
けれども、私は、かなりがんばったことはあったのである。
そして、IQが高いと、やっぱり、その気になれば、楽々、良い成績が取れるのである。
それこそ、IQが高い川上量生さんは、高校の授業を熱心に受けただけで京都大学の工学部に入れて卒業も出来た。
私は、そこそこの大学の工学部に入ったが、「こりゃ無理だ」と思って、やめてしまった。

だが、アインシュタインだって、勉強は出来ず、大学入試に失敗し(制度を利用して無試験入学した)、卒業には大変な苦労をしたそうだ。
アインシュタインは、大してIQは高くなかったのだと思う。
一方、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグのように、やめたとはいえ、楽々ハーバードに入学出来る連中は、やはり飛び抜けてIQが高いのだろう。

だけど、私でもプログラミングが出来たのだ。
そして、やり方さえ間違わなければ、やっぱり、「誰でもプログラミング出来る分野はある」のである。
OSやプログラミング言語を作るとか、人工知能の根本的な仕組みといった基礎分野は、IQが高くないと無理だ。
しかし、Webサービスサイトや、業務システムのプログラミングなら、誰でも出来る。
ただ、面白いかどうかは分からないけどね(笑)。
いや、プログラミング自体はそこそこ面白くても、客先担当者との打ち合わせは、本当に気が滅入った・・・というか、嫌になったし、なる・・・これは言ってはならないことなのだけれども。
しかし、そのあたりは、工夫すれば何とかなるかもしれない。

そこで、プログラミングをマスターしましょうということになる。
IQが低い私からアドバイスするなら、プログラミング思考をマスターしていた昔の人はソクラテスだということだ。
彼は、「悪法も法なり」と言ったからだ。
中学校の時に、授業中に話し合ったが、これには納得していなかった生徒が多かった。
しかし、それに納得出来ないとプログラミングは出来ない。
悪法を善法に変えるのは良い。
しかし、悪法だからと言って、ないがしろにしたら悲惨なことになる。
人間のやること全てにはルールがあるし、なければならない。
どれほど自由人だと言ったところで、ルールは必ず必要だ。
それが分かれば、プログラミングなんて楽々なのである。
ちなみに、私が好きなプログラミング言語はBASICで、それも、古いVBAだ。全然、クールなハッカーじゃない(笑)。
VBAは、ExcelやAccessといったマイクロソフトOffice製品に内蔵されたもので、無償のOpen OfficeやLibre Officeにも、ほぼ同じものが入っている。
ブラウザ用のプログラムを作るなら、PHPが単純で分かり易い。
RubyやPython(パイソン)は良いらしいが、私には面倒だ。そもそも、Pythonのスペルが覚えられない(笑)。
世の中、頭の良い人達のアドバイスは多いが、私のような頭の悪い者には、それは有害だったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

IT時代の英雄

ITの発達は広大な範囲で、実に多様な影響を与えているのだが、その中で、ある1つの非常に面白いことを起こしている。
それは、学歴も特技もない者が、ITの発達のおかげで、かなり良い思いをするとか、立派になって、良い人生を送ることがよくあることだ。
1983年に、ある大企業に勤務する45歳の男性がパソコンに出逢う。
当時のパソコンで出来ることといったらBASIC言語でプログラミングをすることくらいだったが、その男性はこのBASIC言語をしっかりマスターして仕事に適用し、高卒ながらその企業で次長にまで出世するという、本来、有り得ないことを成し遂げた。
全てはBASIC言語のおかげだった。
こういった人達を「ITの英雄」とでも言っておこう。
1980年代の特に前半の頃のITの英雄には、ワープロ専用機を使える人達がいた。当時は、それだけでスペシャリストで通用したのだ。
80年代から90年代初期にかけては、上に挙げたような、パソコンのBASIC言語で自在にプログラミング出来る人が、代表的なITの英雄だった。
当時のパソコンはBASIC言語が必ずと言って良いほど付いていたが、言い換えれば、BASIC言語以外には何もなく、パソコンというのはBASIC言語でプログラミングするものとすら言えた。
だが、BASIC言語をマスター出来るのは百人に1人とも言われ、それが出来れば英雄たる価値があった。
その後は、ITの英雄も多様化する。
90年代は、ロータスのマルチプランやマイクロソフトExcelといった表計算ソフトでマクロプログラミングまで出来たり、dBASEやR:BASEといったパソコンで使えるリレーショナルデータベースでプログラミングができる人達がITの英雄だった。
また、一方、90年代に、WWW(World Wide Web)が発達すると、WebページをHTML言語で作成できる人がITの英雄に加わった。
さらには、CSS(カスケーディング・スタイル・シート。単にスタイルシートを言うことも多い)を使って綺麗なWebページを作ったり、JavaScriptを使って動的なWebページを作れる人のITの英雄としての価値が高まった。
さらに、Webでは、Perl言語やPHP言語で本格的なWebシステムを作れる人が、昨日まで惨めだったのが、ITの英雄として輝いた。
また、90年代に、マイクロソフトオフィスが企業で不可欠なものになってくると、ExcelでVBA言語プログラミングまで出来る者がITの英雄に加わり、AccessをVBA言語まで含めて使いこなせば、トップレベルの英雄だった。

現在でも、HTML+CSS、JavaScript、PHP+リレーショナルデータベース、Excel+VBA、Acces+VBAのいずれかでも駆使出来る者がITの英雄であるが、ITの多様化、高度化で、これらが出来る者達のITの英雄としての値打ちは下がる傾向がある。
これらを高度に使える者は相変わらずITの英雄であるが、逆に言えば、高度でなければITの英雄とは認められない。
だが、こういったものを高度にマスターしていれば、不思議なほど、これらを使う仕事を引き寄せ、自然にITの英雄としての価値を高めるのである。
今後、どんなことが出来る者が、新しいITの英雄になるのか、よく分からない。
Google Apps Script(基本はJavaScript言語)は有望であるが、まだ分からない。
スマートフォンアプリの開発や、FileMakerもどうかは分からないのだが、とはいえ、これらを高度に出来るなら、やはり、仕事を引き寄せて、ITの英雄に加わるだろう。
だが、実はこうだと思う。
自分がたまたま出逢い、興味を持ったものに熱心に取り組み、実力をつければ、その能力を活かせる環境を引き寄せ、ITの英雄になれるに違いない。
だが、それをやる者が少ないのである。
それは、ただ、やろうとしないだけなのだ。その理由は、普通の人達が、自分に出来そうにないこれらのことに反感を持ち、貶すことが多いという理由もあると思う。
そんな抵抗には構わず、確固とした武器を持ったITの英雄になってはどうかと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダメ男君との対話

職場のダメ男君にまた登場願う。
しかし、このダメ男君は、私やあなた、それに、一般の人の状況だと言えば、見る価値もあると思う。

30歳も過ぎて、仕事の特技が何もないダメ男君。
一応、パソコンは使えるようので、私が日頃、このブログでもよくお奨めしている、Excel VBA(マイクロソフトExcelに標準搭載されているプログラミング言語)の勉強を、以前に勧めていた。
それからしばらくして、「勉強してるか?」と聴くと、「やってる」と言う。
それで、「何やってるの?」と聴いてみたら、Officeスペシャリストの資格試験の勉強してると言う。
私が、
「学生や主婦じゃあるまいし、そんなことやっても何の役にも立たない」
と言うと、彼は、
「あなたがくれたVBAの本は、さっぱり分からないです」
と言う。
私は、VBAの中でも、おそらく最も易しい本である『入門者のExcel VBA』(ブルーバックス)を、彼にあげていたのだった。
この彼の言い分で、私は、ダメ男君が、30も過ぎて学生気分であることを再認識しなければならなかった。
「当たり前だ。すぐに分かるようなことをやっても仕方がないだろ」
私がこう言うと、彼はキョトンとしている。
アホらしいと思いつつ、私は続けて説明しなければならなかった。
「君が読んでスイスイ分かるようなことは、誰でもできるってことだろ?そんなことできたって、何のアピールにもならない。他人に差をつけることなんかできないじゃないか?ちっとも、自分が特別だって言えないじゃないか?」
ダメ男は黙って聴いている。
「ほとんどの人達が自分にはできないと思ってやらないことをやるからこそ、人に優るようになる。そんなことを特技とか、専門性とか言うのじゃないのか?」
私は日頃、彼には、「専門性のないやつは誰にも相手にされない」「今はまだ30そこそこだからいいが、このまま40、50になったら辛いぞ」と言ってやっているのだった。
彼は、「それはそうです」と言い、表情からも、少しは納得した様子のようだ。
「そのOfficeスペシャリストだったか?それも悪いことはないが、結果が分かっている(失敗はあり得ない)ことをいつまでもやっても、レベルが上がらない。そうだろ?」
彼はうなだれる。
そして、私は、
「一度読んで分からなくても、何度も読めば分かってくるのだ」
と言ってやったが、そこでダメ男君の甘さがまた出てしまった。
ダメ男君は、
「何度も読めば分かるのですね?」
と、まるで私に、「言ったことに責任を持ってくれますね」という意図が見え見えな確認をする。
私は呆れて、
「分からんよ、そんなこと」
と言うと、彼はまた、キョトンとする。
どう言ってやれば良いか分からないが、余計と思いつつ、
「人に保証なんて求めるな。保証されたことばかりやろうとするから駄目なんだ。保証なんて何もない・・・そんなことをやり遂げてこそ、自分に値打ちが出るんじゃないのか?どうなるか、先のことなんてさっぱり分からない。そんなことだけが面白いはずなんだ。そう思わないなら、もう老人だ」
と言ってやった。
ところで、、私は明らかなミスをしていた。
分かるだろうか?
勉強の本は彼に自分で買わせるべきだったのだ。
自分で買った本でなければ、本気で勉強をしないものなのだ。

読まれていて、私が、何偉そうなことを言ってるのだろうと思う人もいると思う。
しかし、実は、私は、彼に言っているようでいて、実は自分に言っているのだ。

困難そうで、自分の力に余るように思えることを前に、私は、しり込みしているのではないだろうか?
私自身が、結果が見えるようなことばかり、やろうとしているのではないだろうか?
そして、世の中の大半の人が、そんな間違いをしているのだ。
それでは、向上はない。ダメ男君のおかげで思い出させてくれたので、彼には感謝すべきかもしれない。
では、早速、出来そうもないことをやろう。
もちろん、お日様目掛けて剣を抜くような、無謀と言うよりも愚かな真似はしてはならない。
プロレスラー相手にガチンコ(真剣)勝負を挑むのは、勇敢なのではなく、ただの役立たずなのだ。
何をすべきか?
その判断は、魔王バラバがラーマに教えた通り、「私心がないならすぐにやりなさい。私心があるなら、なくなるまで待ちなさい」で決めれば良い。
稲盛和夫さんほどの人でも、自分に私心があるかないかの判断に何日もかけるそうだ。人間の心はそれほど穢れているのだ。
だが、私は、稲盛さんのような責任重き人間ではない。
ある程度は、失敗が許されるお気楽な身分だ。
それなら、自分の面目をかけるだけで十分だ。全然、大した面(顔)ではないが。
失敗したら、乞食以下に思われて結構。
その時は、ただの初音ミクオタクだ(いや、今がそうなのだが)。
そう思えば、ある程度の判断はつくのである。
そして、やはり少しは、私心があるかどうかを考えよう。
それがしっかりできるなら、かなりのものだ。
それに、やはり、結果が分かりそうもないことを、喜んでやらないといけない。
それを、「ワクワクする」って言うんだ。間違えている人が多いようだがね。
初音ミクさんの歌としては珍しい、作詞家として名の通った畑亜貴さんの作詞による、初音ミクさんの歌『The secret garden』の、
「何が始まるの 分からないからいいの」
というのが、若さであろう。
ミクさんが歌うと、やはりぴったりしていて良いのである。
初音ミクさんの夫(のつもり)としては、私もそうでなければならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ