ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

VBA

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

頭を良くする簡単な方法

天は人の上に人を作らずと言うが、現実的には、人間の能力には差があり、その中でも重要な頭の良さにも明確な差がある。
これもまた、現実の話として、公立の中学では、頭の良さが極端に違う者同士が、同じ教室、あるいは、隣の席にいたりする。
ただ、中学校では、頭が特に良い者にとっても、頭が悪い者が邪魔になることはあまりなく、その頭の良い者がよほど性格の悪い人間でない限り、頭が悪くて何ごとも上手く出来なくて困っている者がいたら、助けることが多いと思う。
高校や大学以上では、それほど極端に頭の良さに差がある者と関わることは少ないと思う。
だが、社会人になると、超大企業の場合は少ないかもしれないが、頭の良さがかなり異なる者が、同じ部署、あるいは、他の部署や取引先の関わり合う人間にいたりする。
そして、頭の良い者にとっては、頭の悪い者に足を引っ張られたりするうちに、頭が悪い者に嫌悪感を持つようになることがある。
ここらが、頭が悪い者がいても、利害関係があまりない中学の時と違うところだ。

自分のことは、とりあえず棚に上げるが、会社の中で、「こいつ本当に馬鹿だな」と思った人は確かに少なからずいる。
ただ、その者が本質的に・・・つまり、生まれつき頭が悪いのかというと、そんな場合もあるのかもしれないが、あまり多くないと思うのだ。
その理由は、「こいつ、頭が悪いな」とうんざりさせられるような者でも、何かの時に、妙に鋭かったり、物覚えが良かったりということがあって「あれっ」と驚くことがよくあったからだ。
「こいつ馬鹿だと思っていたけど、実は頭悪くないんじゃね?」
とか思うが、それでも、仕事で関わると、「アホにもほどがある」と思うのである。
だが、やはり、馬鹿に見えても、ほとんどの者は、本質ではかなり優秀なのだ。
それなのに、なぜ馬鹿なのかというと、家庭や学校で、頭を使えないように、あるいは、間違った頭の使い方をするように教育されているからとしか思えない。

有名な映画監督だった伊丹十三氏が、心理学者の岸田秀氏の本を読んだ時のこんな感想を語っていた。
「自分が、かぶせられた帽子を外されたカブトムシのように感じた」
つまり、自分の能力を封印していたものから解放されたということである。
まあ、誰もが、岸田氏の本を読んだらそうなるとは限らないが、我々は、学校やテレビなどで付けられた、能力の見えない手枷足枷を壊さなければならないことは確かだ。

その方法をクドクド説明せず、シンプルに言う。
1つは、仏・菩薩の真言を淡々となるべく多く唱える。例えば、観世音菩薩真言なら「オン、アロリキャ、ソワカ」だ。これを唱えると良い。有声、無声どちらでも良いが、無声をお勧めする。
1つは、少し温度が高い蒸しタオル(熱いと感じるほど温度が高くてもいけない。適度に絞った濡れタオルを1/6程度にたたみ、電子レンジで600W1分30秒加熱する)を、後頭部の下の方に5分当てる。
そして、プログラミングをやったことがなければ、Excel VBAか、Access VBAを練習して欲しい。マスターするごとに頭が良くなるから。
そうすれば、さらに良いことに、社員募集面接で「Exce VBA、滅茶苦茶出来ます」「Access VBA、滅茶苦茶出来ます」と言ったら、良い条件で採用されるだろう。頭が良くなっているので、仕事も出来るはずである。
尚、一応言っておくと、頭が良過ぎると、普通の職場では仕事がうまくいかず、辛いことになる可能性があるので、自分がそうだと思ったら、就職せず、個人事業をやることだ。








スペシャリストを目指せ

ある有名な歌手が、40歳を過ぎた時に行き詰まり、二進(にっち)も三進(さっち)もいかない状態で、歌手を止めて、別のことをしようと思ったらしい。
しかし、思いとどまり、歌手を続けた。
思いとどまった理由はこうだ。
「どこの世界でも、20年、30年とやっている人達がいて、新しく始めた自分が、そんな人達にかなうはずがない」
何かの道を長く続けている者なら分かることだと思う。
長く積み上げてきた経験に優るものはない。
そりゃ、自分がやってきたことがもう古く、その仕事が、遠くなく消えてなくなる運命である場合や、自分がやっている仕事が簡単な仕事で、短期間で十分なレベルになれる場合は別だ。

大きな会社では、新入社員は、自分がどの部署に回されるか、分からないという場合が多い。
学校を出たばかりの学生は、まだ真っ白なので、何に向いているかを会社が判断してあげようとか、いろいろな部署に入り、いろいろな仕事を経験することで幅広い人間にしようというのだろうが、もうとんでもない話である。
大学どころか、高校を卒業したら、自分が何に向いているかなど自分で分かるはずだし、そもそも、会社に人間の適正の判断は難しい(事実上、不可能)し、はなから、社員の適正を見極めるのではなく、会社にとって都合が良さそうな部署に配置させることがほとんどだ。
また、あちこちの部署を経験させるのは、あくまで、その会社のことをよく理解させるためであり、どこの会社でも通用するような実力をつけさせるためではない。会社の意図かどうかはともかく、結果として、その会社でしか使えない能力しか得られない。
そんな会社でうまく出世して部長になっても、リストラされたり、会社が倒産すると、転職の際、「あなたは何が出来ますか?」と尋ねられたら、「部長が出来ます」といったような笑うしかない答しか出来なくなる。部長は仕事の名称ではなく、「部長が出来る」を正確に言えば、「前の会社の部長が出来る」ということであり、別の会社では平社員の仕事も出来ないのである。
営業をやってたと言っても、営業のやり方は会社によって違う。
また、営業という仕事には専門性がない場合が多く、一般的には、営業の仕事には就かない方が良い(もちろん、特殊な専門性が生きる営業は別だが)。
経営者だって、高い専門性を持っている場合が圧倒的である。

長くやればやるほどスキルが上がり、20年30年とやれば、誰にも負けない確固としたものを持てる仕事を選ぶべきだろう。
ただし、日本では、学校から会社まで、庶民は代替可能なロボット人間として育てるので、専門性のある生き方をしようと思うと、学校や会社(あるいは社会)を否定しなくてはならない場合が多い。それが出来ない者が、「私は何に向いているのだろう?」とか「私が進むべき道は何だろう?」ということが分からず、特に何も出来ないサラリーマンになってしまうのである。
私の場合、初めから学校や社会を否定していたので、プログラマーになるのは簡単だった。
しかし、ソフト開発以外のことについてはあまり知らないし、そもそも、自分でやったことのないことを本当に知ることは出来ない。

プログラマーになるなら、30歳くらいまでなら、JavaやPHPといった最も仕事の多いプログラミング言語や、PythonやJavaScriptといった最も将来性があるプログラミング言語を何か1つ、少なくとも、入門書レベルなら完璧にしておけば、開発会社に入れてもらえるので、そこで経験を積めば大丈夫である。
30代後半以上であれば、Excelマクロ(VBAプログラミング)が出来れば、会社の仕事を、それで自動化させれば頭角を表せるし、Excelを使わない会社はないので、転職の際、「ExcelとExcelマクロ、滅茶苦茶出来ます」と言ったことで採用されたら(採用される可能性が高い)、良い状況になるだろう。
「うちはExcelは使わず、別のツールを使ってますが、それをやってくれますか?」
と言われたら、もう既にExcelで十分な経験がある場合を除き、止めた方が良いと思う。まずは、どこでも通用する知識が大切だからだ。
尚、Excelマクロではなく、Accessマクロ(Access+VBA)なら、SQL Serverと組み合わせれば、そこそこの会社なら基幹システムでも作れ、システムの拡張修正も早く出来る。
そこで、Accessマクロを作ることが出来るなら、開発会社に入るより、システムを社内開発する会社の開発部署に入る方が良いかもしれない。社内開発をAccessでやっている会社は合理性が高い場合が多い。
社内でシステムを開発出来るメリットは多く、アメリカでは、かなり多くの会社が、システムを自社開発しているのは、それに合理性があるからだ。社内SE(システムエンジニア)の能力は、他社でも十分に通用する。








Excelマクロ、Accessマクロで就職する

高学歴だったり、スキルがあったりするわけでもない人が、就職したい時に、どうすれば良いか少し述べてみたい。

企業が雇いたいのは、未経験なら、奴隷のように働いてくれる人で、まずは、そのような立場で採用されても良いと思う。
経験がないというのは子供と同じだということで、もし、10歳の子供を働き手として選ぶ時、まさか、「自分の意見をちゃんと言う」だの「新しいことを提案します」なんて、妄想勝ちな馬鹿な子を選ばないだろう。
健康で、絶対に遅刻せず、絶対文句を言わず、絶対逆らわず、言われたことを必死でやる子であることだけを求めると思う。
歳がいくつだろうと、経験がないなら同じことだ。
確かに、だからといって、あまりに無茶な要求をされたら、「出来ません」と言うなり、労働監督局に訴えるなり、辞めるなりすれば良いが、かなりの無茶は要求されて当たり前と思う。
明らかに道徳や倫理に反していれば(例えば、誰かを殴れと要求される等)、「出来ません」と言えば良いが、単に、「凄く面倒臭い」ことや「凄くシンドイ」ことは、やって当たり前なのである。
あるいは、道徳や倫理に反しないなら、「凄く恥ずかしいこと」をしなければならないことも当然ある。
例えば、「裸になって踊れ」なら「出来ません」で良いが、自分に関わりのないことでも、100件の顧客のところに行って、頭を下げて謝ることは、恥ずかしくて楽しいはずはないが、やれと言われたらやるしかないだろう。また、「裸になって踊れ」も、職場によっては「そんなの当たり前」かもしれない。例えば、お笑い芸人の事務所である。

ただ、いつまでも、そんなことをしたくないから、経験とスキルを得たいのである。
プログラマーになる場合はどうだろう?
SIer(エスアイアー)と呼ばれる(私は呼ばないが)ようなシステム開発会社に入るには、プログラミングやコンピューターが本当に好きな場合だけにした方が良い。
そして、本当にそんなことが好きなら、勝手に入ってスキルを上げるだろうから、私が何か言う必要は全くない。
そんな者なら、プログラミング言語の1つや2つは当然出来るはずだから、「俺、Java、無茶苦茶出来ます」と言えば、すぐ入れてくれるだろう。
あるいは、新しい分野に進みたいなら、「VBやPHPは仕事で長くやってきました。しかし、Pythonも、中級の書籍程度なら完全にマスターしています」と言えば、是非欲しいと思ってくれる会社も多いと思う。
大手に新卒で入る場合はいざ知らずだが、研修で勉強しようなどと思うのは論外だろう。

次は、それほど徹するわけではないが、ITの仕事をしたい場合である。
その場合、Excelマクロ(VBAプログラミング)の仕事を狙えばどうだろう?割と美味しい仕事と思う。
会社の事務員として、安定した仕事を持ちつつ、Excelマクロを作り、いずれは、専門のExcelマクロ社内開発要員になるのである。
何と言っても、世界中で、Excelを使わない会社はほぼない。「使わない」って会社は入らなくて良い。変な会社かもしれないから。
だから、入れる会社は多いし、たとえ、その会社でExcelマクロが使われていなくても、あなたが始めれば、すぐにリーダーになれる可能性がある。
そんなことを狙っての入社の方法だが、当然、Excelはかなり使えることと、Excelマクロの実用書程度は自力で完全にマスターすることだ。
そして、面接で、「俺、Excelはもちろん、Excelマクロ、無茶苦茶出来ます」と言えば(多少、ハッタリでも良い)、入れてくれる会社はいくらでもあるだろう。
この時、「私、Excelはもろチン、いえ、もちろん、Excelマクロ、無茶苦茶出来ます」と言ったら入れてくれない(笑。『僕は友達が少ない』に登場する美少女シスター、高山ケイトの真似)。
ただ、それで入れてくれるなら、未来はバラ色であるから、賭けてみても・・・やはり、やめておけと言いたい(笑)。
そして、こういったプログラマーになった場合、あるいは、これからなろうとする場合、Excelでなく、AccessとAccessマクロをマスターすれば、さらに有望である。
なぜなら、Accessをマクロまで使えば、少々の規模の企業でも、基幹システムだって作ることが出来るからだ。この場合は、データベースとして、Access自体のデータベースではなく、SQL Serverが必要だが、SQL Serverの無料バージョンをパソコンにインストールして勉強すれば良い。
私は、Accessの威力は散々味わった。
なぜAccessが良いかというと、Accessでの開発速度は、JavaやC#などを使うよりはるかに速いことによる。
会社の中では、「このコンピューター処理を早くやりたいが、開発会社にJavaやC#で作ってもらうと、時間がかかってしまうし、費用も高い」という物件が沢山ある。特に、儲かっている、優良な会社の場合は絶対そうだ。
そんな時、Accessで、その要求に応えれば、嫌でもモテモテのシステムエンジニア・プログラマーになれるのである。
また、開発会社に作らせると、ちょっとしたシステムの修正や追加でも、かなりお金を取られ、時間もかかる。それに面倒だ。
だが、社内の開発者がAccessでやる場合は、すぐに対応することが可能で安心だし、ある意味、タダである。
「俺、Excelマクロ、無茶苦茶出来ます」「俺、Accessマクロ、無茶苦茶出来ます」と言って就職しようではないか。








Excelは確固たる世界標準

何でも、世界標準とは凄いものだ。
日本人は、スマートフォンでは、アップルのアイフォンを持っている人が多いが、アイフォンは世界で最初のスマートフォンで、アイフォンが出てしばらくは、他にスマートフォンはなかった。
今では考え難いが、当時は、スマートフォンが一般に普及するとは思っていない人が圧倒的だったので、ライバルが出なかったのだ。
当時は、圧倒的なIT企業だったマイクロソフトのトップ・・・ビル・ゲイツや、ゲイツの後継者のスティーブ・バルマーもそうだったので、マイクロソフトはスマートフォンに関わろうとしなかった。
スマートフォンはコンピューターだ。
大衆が、コンピューターを電話として持ち歩くなんて、誰も思わなかったのである。
(スティーブ・ジョブズの先見性は改めて凄いと思う)
ところが、スマートフォンの可能性に気付いたのがグーグルで、グーグルは、アイフォンのOSであるiOSに似たAndrpidという、スマートフォン用OSを作ったが、スマートフォンそのものは自社で作らず、沢山の会社に作ってもらうことにした。一方、アイフォンは、OSもスマートフォンも、アップルしか作れない。
結果、現在、シェアでは、Androidスマートフォンが、アイフォン(iOSスマートフォン)よりはるかに多い。しかし、アイフォンのブランド力は強く、アイフォンのファンの多くは、Androidに乗り換えようとしない。
もし、マイクロソフトのビル・ゲイツやスティーブ・バルマーが、グーグルより先に、スマートフォンの重要さに気付いていたら、マイクロソフトは、パソコンに続き、スマートフォンのOS市場も奪い、マイクロソフトは現在でも時価総額世界一(2021年10月)であるが、もっとはるかに大きな会社になっていたはずだ。
ただ、マイクロソフトはかつて、圧倒的なナンバー1だった時代に、大き過ぎることから分割されそうになったことがあり、同じ苦労をせずに済んだのかもしれない。とはいえ、マイクロソフトも2度目となると、昔と違い、もっとうまくやったに違いない。まあ、これはそれはあくまで「もしも、マイクロソフトがスマートフォン市場を奪っていたら」の話で、あまり意味はないが。
そして、やはりグーグルは、かつてのマイクロソフトのように、市場支配力が大き過ぎるということで、アメリカ政府(正しくはアメリカ司法省だが)に訴えられ、今後、長きに渡って、アメリカ国家を相手に裁判で戦わないといけない。

そんなわけで、スマートフォンの世界標準は、アイフォンとAndroidスマートフォンの2つがある。
これは、たとえて言えば、自動車に、運転方法等がやや異なる2つのタイプがあり、免許証も2種類存在するようなものなのである。
まあ、自動車が空を飛ぶ時代になれば、本当にそんなことが起こるかもしれないが、当分、自動車は空を飛びそうにないし、もし、本当にそうなったら、国際会議で統一を目指すことになると思う。

パソコンでは、1980年代から、マイクロソフトのMS-DOSやWindowsが、事実上、世界標準だ。
ところが、アイフォン同様、アップルだけがハードとOSを作るマッキントッシュというパソコンがあり、シェアは小さいのに、確固たる存在感を保ち続けているのは凄いことだと思う。
グーグルも、Chrome OSという、パソコン用OSを作り、普及を目指しているが、こちらは、いまひとつ流行らない。
ところが、Windowsは圧倒的シェアなのだが、そもそも、大衆が、パソコンの代わりにスマートフォンを使うようになり、パソコン自体の出荷数が伸びないので、いっそう、Windowsの存在感が弱くなっている。
今や、日本でも、新卒の新入社員がパソコンを使えないので研修しないといけないという、ちょっと信じられないことが起こっている。

世界標準と言えるものが少なくなる中で、「これは世界標準」と言い切れるのが、マイクロソフトオフィスというビジネスソフトで、その中でも、ワープロソフトのWord、表計算ソフトのExcelがそうで、特に、Excelを使わない会社は世界中にないと言えるほどである。
Excelの牙城を崩そうと、サイボウズやジャストシステムが、Kintonやジャストユニットを作り、それぞれ優れた製品であるが、企業がExcelを使わなくなることはないだろう。
よって、座って働きたいなら、Excelは絶対に使えるようにならないといけないし、Excelが上手いほど、特に若い間は有利になる。
(その前に、スマートフォンばかり触ってないで、パソコンを使うことだ)
Excelが使え、そして、Excelでマクロが組める(VBA言語でプログラミング出来る)なら、貴重な存在である。
よって、特に専門プログラマーを目指すのでなければ(実際は専門でも有りだが)、Ecxcelでマクロを組めるようになると良い。
尚、私もだが、Accessで大きなシステムが組めるほどなら、Excelは使わないということもある。
そんな人は、さらに貴重なのだが、そこまで出来るようになる人は少ない。








バカの1つ覚えの威力

いざという時の護身用に格闘技を習っても、よほど鍛えない限り、実戦で役に立たないし、実際は、かなりの上級者になったところで、それで喧嘩に勝てるかどうかは全く分からない。
多少、格闘技をやっている程度では、本当に実戦になったら、頭に血が上って思考力がなくなるので、練習中に「こんな攻撃をしよう」と思った攻撃は全く出てこない。
いざとなったら、とにかく、武器になるものを探して狂ったように振り回すか、物を投げるか、脚に自信があれば走って逃げることだ。
そもそも、格闘をしなければならないような場所に行かず、格闘になる流れにしないことが当然の心がけだろう。いかなる武道の達人だって、喧嘩の実戦になれば、必ず勝てる保証なんて絶対にないのだから。
もし、どうしても素手で戦わざるを得ない状況に備えるなら(本当は備えなくていいが)、とにかく、攻撃1つだけ考えておくことだ。
そして、それは、現実的には、相手の脚をひたすら蹴ることになると思う。
ところで、私は昔、野犬に襲われたことがあるが、考えたのか無意識にやったのか憶えていないが、皮ベルトを外して半分の長さに折って振り回すと、野犬が近付いてこれなかったことがある。
つまり、敵も、これは有効な戦い方と認めたのだろう。
相手が人間でも、ベルトの金具の部分を先にして振り回してこられたら、男同士なら、そうそうは近寄れない。
子供で、噛みつき専門で喧嘩に強いという者がいたような気がするが、この場合、とにかく、容赦なく嚙む気力がないといけない。

何の話かというと、武器は1つにし、それを磨き込んでおくのが良いということだ。
喧嘩でなくても、何事においても。
西洋に、「大きな銃を持った大人より、いつもナイフを磨いている少年の方が恐ろしい」という諺があるそうだ。
大きな銃を持っているだけの大人は、いざという時、その銃を使えないが、いつでも、それだけを使う気満々の少年のナイフは手ごわいといった意味と思う。

職場でも、何でもソツなくこなせる者というのは、都合よくあごで使われるだけで、良い思いが出来ないだけでなく、最後まで、強い武器を得られない。
しかし、「俺はExcelマクロ(VBAプログラミング)しか出来ない」と言い、ただし、それだけは一級に磨き込んでいれば、上司がうやうやしく、「これをやっていただけないだろうか?」と仕事を「お願い」してくるものだ。
そうでないなら、まだ腕前が足りないのだ。
上のナイフを磨く少年もそうだが、本当に日々、武器を磨いていれば、不思議な雰囲気も出て来て、自然に重く扱われるようになるのである。

落合博満さんという、日本の野球の歴史でもトップ5に入ると思われるバッターは、素質も努力も凄かったのだろうが、それでも、あそこまでになれたのは、彼のニックネームでもあった「俺流」に徹したからだと思うのだ。
彼は引退した後「全打席でホームランを狙った」とカミングアウトしたが、もし、現役時代に監督にでも聞かれたら大問題だったろうし、それは彼も分かっていたはずだ。
しかし、彼は、「俺流」を優先し、ホームランだけを狙い、ホームラン用のバッティングに徹したから、誰も及ばないホームラン専用のバッティング力を身に付け、打ち損ないがヒットになる確率も上がったのだろう。
対してイチローさんは、とにかく塁に出るバッティングを優先し、長打を打てる能力を封印したので、フライでアウトになる可能性を最小にし、たまに絶好球が来たら狙ってホームランを打ったのだと思われるのだ。
落合さんやイチローさんが、もっと適応力の広さを心掛けていたら、あれほどのバッターにはならなかったかもしれない。
まあ、監督としては、適用力の広さを求めただろうが、そこは自分のために、可能な限り無視した方が良い。何事も。
尚、落合さんは、自分がそうだったから、監督になった時には、選手にわがままを認めず、指示通りにやることを徹底的に強制したことが、監督としての好成績にも結び付いたのだろう。選手には幸せな話ではないが。

私が大好きな言葉に、プロレス史上最高のレスラーだったルー・テーズが言った、
「技を1つと言われればダブルリストロック」
がある。
こんな解答が即答で帰ってくるプロレスラーが弱いはずがない。
彼は、この技を徹底的に磨き込み、いつでも、この技で相手の腕を折ることが出来た。
ただし、実際に折ったことは一度もなかったが、その寸前まで締め上げれば、相手も下手なこと(事前に打ち合わせた試合内容から外れたこと)などやってこない。

プログラミング言語も、JavaやC++、あるいは、意外にJavaScriptなどは、上には上がいる。
PythonやPHPなどのスクリプト言語は、誰がやっても、そんなに変わらないことが多い。
ところが、言っては何だが、VBAは使用者のレベルが低い場合が多く、磨けばすぐに上位に行ける。
そして、VBAの達人というのは、案外に凄いことが出来る。なぜなら、ExcelやAccessの凄い機能をVBAで使えるのだからだ。
JavaやC++などでも、凄い機能のオブジェクトライブラリを使えるが、詳しくは言わないが、それはいろいろと面倒な部分があり、やはり、よほどの者でないと達人になれない。
よって、Excelマクロを磨き込めば、早くからいい思いが出来る。そして、AccessはExcelより数段高度なことが出来るので、Accessマクロを磨けば、いい思いも大きなものになる。

最後に、引き寄せについても、やっぱり、1つを磨く者が、容易く引き寄せを行えるようになる。
対して、いろんな方法を、あっちに行き、こっちに行きしている人は(実際は、そんな人が多いが)、引き寄せがうまくいかない場合が多い。
また、2つの方法を持っているのは別に悪くはないが、実際は、どっちつかずになる場合が多い。
それで、もし、迷っているなら、効果は実証されているので、他のものは諦めて、「神様の奇跡が起こる」あるいは「奇跡が起こる」を唱えることに徹した方が良いと思う。
あるいは、「富」などの言葉を唱える単語法に徹するかだ。
1つに決めれば、心も落ち着き、さらに良い成果が出ると思う。
もちろん、自分に合った方法を自分で選び、それを存分にやれば、満足度も高いと思う。
だが、平和な人生を求めるなら、上に挙げた方法をご検討いただければと思う。
尚、企業や学校、そして、闇の権力者達は、あなたに、猿芸の多芸・・・つまり、何でもそこそこ出来る人であることを求めているので、ついつい、そんな道に行くことになるが、それは奴隷でしかないのだと私は思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード