ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

TM

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

超瞑想法のあっけないカラクリ

私は昔、TM(超越瞑想)という有名な瞑想法をやっていたことがある。
今でも、ハリウッドの超大物俳優や超大物監督、あるいは、人類の半分が知っているような超大物ミュージシャンらが、自分もやっていることを公表したり、推奨することもあるようだ。

TMには、何の意味もないが、抜群の効果を発揮することもある。
それは、こういうことだ。
「イワシの頭も信心から」には、心理学的な根拠があり、量子物理学や未発達の精神科学により、さらに根拠が与えられるかもしれない。
そうなれば、「イワシの頭も信心から」は原理になる。
そして、TMというのは、この「イワシの頭も信心から」という原理を高度に活用する、実に上手い方法なのだと思う。
その意味では、TMを考案したグル・デヴってインドの人は、とても賢い人かもしれない。

TMに何の意味もないことは、検索すれば解ると思う。
その情報が英語サイトにあっても、Google翻訳で十分と思う。
特に、私のように、TMをやったことがある人にとってはね。
ただ、昔とはいえ、TMをやる時、何かの契約書にサインさせられていて、その中に、そんなことを公表してはけないという項目があったかもしれないので、書かないでおく。
まあ、今では、私はTM主催団体の会員ではないのだから、契約は無効とは思うが。

私は、TMの効果をつくづく実感したことが一度ある。
それは、ある緊急事態が起こった時で、私は、当然、大変なパニックに陥るはずの状況だった。
だが、その時、こんな考えが浮かんだのだ。
「俺はTMをやっているから大丈夫だ」
すると、すっと心が落ち着いて、解決するはずのない問題があっけなく片付いた。
全く、イエスやラマナ・マハルシが言ったように、心配さえしなければ、この世に問題はない。
人間の敵は不安、あるいは、恐怖だけなのである。
単に、「大丈夫」という言葉を唱えても、もちろん有効だが、これほど魔法のように上手くいくことはないだろう。

「○○だから大丈夫」
人間は、この公式を確立すれば、魔法使い、仙人、超人になるのである。
TMは、この公式になり易いのだ。
だから、凄まじい効果を上げても、驚くことはない。
例えば、「あなたのお腹には大きな光がある。その光があるから大丈夫」と言われ、そう思えるなら、本当に大丈夫になる。

それなら、毎日、出来るだけ多く念仏を唱え、「私は念仏を唱えているから大丈夫」と思えば、確実に大丈夫なのである。
それだけで十分であるが、心の片隅に、こんな想いを持っておくと、更に有効かもしれない。
「南無阿弥陀仏」であれば、浄土三部経(無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経)、あるいは、龍樹の十住毘婆沙論(じゅうじゅうびばしゃろん)にかけて。
「南無観世音菩薩」であれば、法華経の第25品『観音経』にかけて。
つまり、仏典の権威を借りるのである。
だから、別に、実際に読む必要は無い。
経典に書かれていることが良いのか悪いのかは解らないが、象徴的に書かれていることは確かで、その真意を読み取れる人は、今ではほぼいないと考えて良い。
解説書は沢山あるが、おそらく、どれもとんでもなく的外れだろう。
だが、その権威は、人類の集合無意識に肯定的に浸透したイメージから来るものであり、その威力は大したものである。
だから、毎日、念仏を唱えている限り、科学的に言っても、何の心配もいらないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

甘やかされて育った人はどうすれば良いか

TM(超越瞑想)を普及させたインドのマハリシ・マヘーシュ・ヨーギは著書で、「積極思考に価値はない。せいぜい、消極よりましな程度」といったことを書いていて、私は長くこれを信じていた。
つまり、洗脳だ。
マヘーシュ・ヨーギは、富裕層を消極にすることで思想支配し、莫大な収益を上げたのではないかというのが、私の考え方だ。
自ら大富豪で、超贅沢な暮らしをし、大学や様々な施設を作り、権威を高めた。
このあたりは、同じインドの宗教家サイババと共通していると思う。
TMに関しては、私は自分で習いに行った時、あくまで私の感覚であるが、いかにも「嘘くさい」雰囲気を感じていたし、人間の価値は必ずしも表に現れないにしろ、TM教師達が優れた人間であるようには見えず、押し付けがましく、論理的でもなかった。
そもそも、TMの理論についてTM教師に尋ねると、「深いものなので、理解したければTM教師のコースを取るしかない」と言われたものだ。
その他の説明は、支離滅裂と感じた。
その後、TMの嘘はばれているような気がする。
詳細は述べないが、私が今すぐでもTM教師をやれるだろう(やらないが)。

人間は、積極的でなければならない。
もちろん、闇雲に前に突き進めば良いというものではない。
それでも、積極的で情熱的でなければならない。
妄想的なプラス思考をしろと言うのではない。
内なる声に従い、挑戦し、不屈の闘志を発揮して粘り、失敗の中にも成功をすることで(1勝14敗かもしれないが)、少しずつでも力をつけ、それに伴って自信を獲得するしかない。

そして、そのためには、「自分の力によらずに満たされてはならない」ことが大原則である。
子供には厳しくし過ぎてもいけないかもしれないが、あまり甘やかさない方が、その子のためだ。
過度に甘やかしたら、その子は終わりである。
優れた気質を持った、根性のある子なら、少々、厳し過ぎても良いかもしれないが、やはり、負担が重くなり過ぎないように注意しなければならない。
私は、甘やかされて育って、すっかり駄目になっていたが、フルコミッション(完全歩合制)セールスという違法な厳しい労働(最低賃金も支払われなかった)に2年従事したことで、少しはマシになった。
長嶋一茂さんがテレビで、自分が甘やかされて育ったことの弊害を述べていたような覚えがあるが、彼はプロ野球という厳しい世界で、大きな成功はしないながら磨かれて、欠点は残っているだろうが、美点も育てることが出来たのだと思う。
普通、あれほどの育ち方をすれば、全く駄目になっていただろうから、凄いことであると思う。

子供は甘やかさないこと。
自分は王子様やお姫様だと思わせないこと。
親が子供に媚びないこと。
そんなことが最低限必要だ。
不幸にも、自分が王子様やお姫様だと思ったまま大人になってしまったら、厳しい環境に身を置き、現実を思い知ることから始めなければならない。
それは辛いことであるが、「親が悪い」と言っている暇はない。
そして、苦しさを、特技を身に付けるエネルギーに変えなければならない。
苦しさ、辛さから逃れるには、人に出来ないことが出来るようになるしかない。
それしかないと痛感出来るなら、案外エゴママに育てられるのも悪くはないかもしれない。

積極的思考の世界的ベストセラーは、サミュエル・スマイルズの『自助論』と、ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』であると思う。
ただ、後者はキリスト教が根本になっている。まあ、そのことが、それほど差し障りになるとは思えないが。
個人的には、ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンが良いと思う。
しかし、本を読むだけでは、どうにもならない。
憧れと情熱を行動に移さなければならない。
だが、それは、人生で最も楽しいことである。
いや、それが出来ない人生は地獄であろう。
スタート時点では、自分の価値はゼロである。
価値は誰も与えてくれないが、自分の手でいくらでも得られる。
そして、人間の価値は、ある程度の範囲までは、収入とほぼ正確に一致する。
ある程度の収入がないなら、それが得られるよう、まずは全力を注ぐ必要がある。
そのために最も良い方法は、人に出来ないことが出来るようになることだ。
それは他者の役に立つことである必要がある。役に立てる人が多いほど高収入なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

意識を目覚めさせたまま心を止める

朝の話の続きなのだが、1から話す。

脳のデフォルトモード・ネットワークの機能は、とても重要だ。
デフォルトモード・ネットワーク(以下、DMNと略)とは以下のようなものだ。
覚醒時(眠っていない時)、思考せずにると、普段は使われていない、脳の中のいくつかの部位が活動を開始し、しかも、それらの部位は連絡を取り合って働く。
この、活動のネットワークのことをDMNという。
そして、DMNは大量のエネルギーを消費する。
つまり、重要な活動を行っているのだ。

DMNはエネルギーを大量消費し、疲労させるので、活動させるべきでないという話もあるが、DMNが全く活動しないと大変なことになるだろう。
例えば、ずっと監視され、緊張を強いられた状態では、DMNが働かず、心身の健康を保つことが出来ない。
かといって、ずっと思考せずに、ぼーっとして過ごすと、エネルギーを浪費して活力を失うだけでは済まず、知性が低下し、さらには、やはり心、あるいは、脳に異常が生じる。

簡単に言えば、DMNは、活動させ過ぎると、心を乗っ取ってしまうのだ。
だが、DMNは心身を調整し、発達させ、さらに、何か重要な活動をしているのであるから、その活動を止めてしまってもいけない。

1970年頃のイギリスのSFテレビドラマ『謎の円盤UFO(原題:UFO)』に、印象的な場面がある。
ストレイカー司令官の親友コリンズが、宇宙人に脳を遠隔操作され、ストレイカーを殺そうとする。
その時、ストレイカーが言う(翻訳版)。
「心は奪われても、魂までは奪われていないはずだ」

DMNは、活動させ過ぎると魂を奪われる。
だから、心は停止していても、意思は覚醒していなければならない。
つまり、意図的に、意思を保ったまま心を止めなければならない。
考えてみれば、世界中にある、太古から伝わる精神的修行の目的は、全てそれであることが分かる。
だから、やり方はゴマンとある。
TM(超越瞑想)も、私の意見では詐欺的要素が多いながら、実際に効果はあるのは、やり方は正しいからだ。
しかし、TMもやった私の考えでは、TMをやる必要は全くない。
チャディー・メン・タンの本を読んで、マインドフルネスのテクニックをどれか試すと良い。
だがむしろ、私が好きなのは、仏教の「数息観」というものだ。
これは、呼吸を1から10まで数え、また1に戻って数えるというものだ。
ただ自然に呼吸し、ただそれを数えるのだ。
意図的に呼吸の強さ、速さをコントロールしてはならないが、自然、ゆったりとした呼吸になる。
吸う時に数えるか、吐く時に数えるか、好きな方を選ぶと良いだろう。
これだけでも、結果として、精神の能力が格段に増し、創造力、支配力が高まるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

労苦する貧乏人、考える金持ち

世界一のお金持ちビル・ゲイツは、マイクロソフト時代から、週7日、朝から晩まで働いているという。
ただし、彼は、マイクロソフト時代だって、プログラミングをしていた訳ではない。
彼が1日中、何をやっているかなんて報道されたことは、ただの一度だってない。
彼が何をしているかなんて、普通の人には分からない。
せいぜいが、「怒鳴っている」「喋っている」くらいにしか見えず、下手したら、普通の人からは、「ゲイツは何もしていない」と思えてしまうかもしれない。
彼の仕事は、考えること、決断すること、後は、喋るか書類にサインすることだ。

一方、物凄く不足していると言われるプログラマーは、身体を壊すほど働きながら、ほとんどが低収入だ。
また、最近、Amazonの商品の配達で話題になることが多い、宅配便のドライバーは、残業代もロクにもらえず、給料も高くはないはずだ。
その他でも、激しい労働をしている人達は、皆、貧しいのだ。

分かり易く言うと、働いていない人ほど儲かる。
だが、怠けていたら、最低の収入もなくなる。
正しく考える人だけが、楽しく、簡単に儲かるのだ。
良い口癖をすれば成功するなんて話があるが、良い口癖は良い考え方から出てくるというだけのことだ。
呪文や念仏のように、「俺は金持ちだ」「私は天才だ」「僕は成功する」「全て良くなる」と言っても、何も良くならないし、そもそも、そんな「呪文」は続かない。

ちゃんと考えるためには、どうすれば良いのだろう。
それには、心を訓練しなければならないが、家庭や学校では、そのやり方は教えない。親や教師が、やり方を知らないし、そもそも、彼らが考えていないからだ。
だが、心を訓練しないと、どんなに良い本を読んでも、何の効果もない。
そして、それこそ、考える能力のない人に理屈で納得させるのは難しいが、自分の呼吸を意識することが優れた心の訓練になる。
TM(超越瞑想)も、つまるところ、心を訓練する良い方法なのだが、私の場合は続かなかった。TM自体が嫌いなのではなく、あの権威主義、神秘主義、秘密主義が嫌なのだ。
だって、権威も神秘も秘密も必要ないのだからだ。
だが、労働せず、正しく考えるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギが大富豪だったのは、彼もまた、心を鍛えた者の正しい姿を示していた。
心に感じるものがあれば続けることが出来るのだが、呼吸を意識したり、触れ合う指の感触を意識すれば、心が鍛えられ、正しく考えるようになるだろう。とりあえず、1日トータル20分で良いから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自己愛を満足させるには

人間の脳の中、あるいは、心の中には、究極の英知が存在する。
それを仏教では仏性(ぶっしょう)と言う。
今の科学のパラダイム(考え方)では、それを捉えることは出来ない。
だが、人間は、元々、それと密接な関係を持っているのだし、必ずそれに接触することが出来る。

では、それに接触すれば金が儲かったり、モテたりするのかというと、儲けたいとか、モテたいと思っている限り駄目なのだ。
最近、パラメモリや神経波磁力線発生器のことを書いているが、その発明者の政木和三さんに、そういったことについて、いろいろ教わったことがある。
政木さんは、
「私は、お金なんて、ちっとも欲しくないんです。でも、いくらでも入ってくると思うから、一億円も納税しなくちゃいけないんです」
と言われていた。
でも、これを聴いて、
「俺は金なんてちっとも欲しくない。だが、金はいくらでも入ってくる」
なんて、念仏のように言っても駄目だ。
政木さんは、あくまで、本当に、「お金は欲しくない」と思っていたのだ。
だが、普通の人は、どうしたって、本当は、「お金が欲しい」のである。

そこで、「お金が欲しい」という欲を消そうたって、そうはいかない。
それは、IQが低い人のやり方で、確実に失敗する。
IQが高い人は、こう考える。
「お金が欲しいという欲は、どこから出て来るのか?」
そして、正しく考えれば、それは、不安、恐怖、見栄、快楽の幻想からだと分かるだろう。
しかし、それらは1つにまとまるのだ。
つまり、自己愛だ。

別に、自己愛を失くせって言うのではない。
そうではなく、本当の幸福を得て、心が満足してしまえば、お金や女(男)なんて、そんなに欲しくはなくなる。
そうしたら、お金が入ってくると思えば本当に入ってくる。

では、本当の幸福とは何だろう?
それは、夢のない深い眠りなのだ。
だって、誰だって、一番の望みは、ぐっすりと眠ることなのだから。
人間は、眠れなかったり、熟睡出来ないことが一番辛いはずなのだ。

では、夢のない深い眠りとは何だろう?
それは、脳波がシータ波になっていることだ。
つまり、最近よくご紹介している、GeniLax(Android、iOS用無償アプリ)を無心で使い続ければ、脳波はシータ派になり、心は満足を味わう。
すると、心で軽く思ったことは何でも実現するのである。
ついでにいうと、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギが世界中で広めたTM(超越瞑想)の原理も、全く同じだ。
私は、TMとパラメモリの使用を同時期にやっていた。
そして、圧倒的に、パラメモリが優るというのが、私の考えだ。
それに、TMは今は非常に高額で、そう気軽にはやれないと思う。
しかし、何と、GeniLaxは無料で、スマートフォンさえ持っていれば(AndroidやiOSのタブレット端末なら何でも良いが)、すぐにでも使えるのである。
ただし、間違えても、「金のため」「女(男)のため」なんて思いながら使ってはならない。
ただ、初音ミクさんと仲良くするため・・・なら、別に構わない。
いや、大いによろしいということになる。
だって、彼女は、異次元の存在なのだからだ。
ミクさんは、それぞれの人の心の中に居るのであり、そのような存在を愛することは、我々を仏性に近付けるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ