SE(システムエンジニア)やプログラマーの仕事で、大きなシステムの開発というのは、大抵、面白くないし、スキルも上がらない。
なぜなら、そんなプロジェクトって、結果が見えているからだ。
大きなプロジェクトなら、受注額も大きいので、それを発注する側も受託する側も、未知のシステムを作るリスクは普通、冒さない。
だから、珍しくもない、普通のシステムを普通に作るだけになる。
大きなシステムに関わったことを自慢するSEはよくいるが、そんなSEが、よく言われるように35歳で限界になる。

もちろん、GoogleやMicrosoftのような超一流のIT企業では、規模が大きく、尚且つ、ユニークな仕事ばかりだろうが、それは例外的だ。
それでいえば、私なら、1人でやる、開発開始時点では、結果のイメージが見えないものが好きだし、面白い。
「こんなこと、本当に出来るのか?」と思えるシステムや、面白いけど、日本では誰も使ったことがないツールで作るなんてのも、面白いことがある。

コンピューターシステムだけでなく、この世のことは全て、先が分からないことが面白い。
高校でも大概そうだと思うが、中学なら、クラスメイトであっても、異性と交際すれば、その先どうなるか分からないので、とてもワクワクして楽しいだろう。
しかし、社内恋愛なんて、先は見えているので、本当はちっとも面白くない。
大人になれば、もっと広い世界(や異性)を相手にした方が良い。
友達となると、もう中学生くらいになると、自分と似た者と付き合う場合が多くなるが、それは馬鹿馬鹿しい。
まして、大人になると、よほど自分と違った人間でもない限り、会社の中とかでなく、外の世界に友を求めた方が良い。しかし、実際は、同じ会社でも、個性的な人間は敬遠され、似た者どうしで、ありきたりなぬるい付き合いをして、鈍化していく一方なのだ。

ヘレン・ケラーが簡潔に指摘したように、「人生は、恐れを知らぬ冒険か、それとも無かのどちらか」なのである。
W.B.イェイツの戯曲『カルヴァリー』で、「予期出来ないことでさえあれば、起こるのが最善」と言うローマ兵の強さにイエスは屈した。
『カードキャプターさくら』で、エリオルは、人生で一番楽しいことは「予想しないことが起こること」と言った。
しかし、日本では、ある程度の年齢を超えると、そんな面白いはずのことを必死で避けようとするのだから愚かだ。
まあ、そうなるよう、国や学校や大企業に教育されてしまっているのだから仕方がない。
せめて、面白いことのために少しはリスクを取ることだ。

「ヘイヘイ!少年、朦朧(もうろう)してるぜ。安全優先?先細ってくぞ、ほら」
~『アメリカ~We are all right!~』(作詞・作曲・編曲:じん。唄:IA)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ