ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

NLP

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

凄いセミナー講師にたった1つ教わったこと

トニー・ロビンズ(本名はアンソニー・ロビンズ)という、長期に渡って活躍している、世界的な能力開発指導者(セミナー講師、作家)がいる。
あれほどの実績がある人なので、凄い実力があるのは間違いないだろう。
確かに、彼の話の全部が全部、本当ではないかもしれないが、だからといって、彼を否定することは出来ない。
彼は、元々は、NLP(神経言語プログラミング)のトレーナーで、若い時に、NLPを活用したパフォーマンスで売り出した。
例えば、空手のようなレンガ割りを披露したが、NLPを使えば、素人でも1日で出来るようになると言う。
彼のNLPのパフォーマンスで最も有名だったのは、おそらく、「火渡り」で、これは、燃える炭の上を、自分が素足で歩くだけでなく、セミナー参加者達にもやらせた。
しかし、彼のNLPの師、リチャード・バンドラーは、著書で、誰のことか明言はしなかったが、「火渡りのパフォーマンスをNLPだと言って売り物にしている者がいるが、あれは、足を置くタイミングだけの問題で、NLPとは何の関係もない」と批判していた。
ところが、世界的な物理学者であるフレッド・アラン・ウルフ(『ザ・シークレット』に登場している)が、自ら、このセミナーに参加して体験した後、著書で、この「火渡り」について、「物理学的にはあり得ない現象」と明言した。

日本でも、セミナーで「奇跡的」なパフォーマンスを見せ、受講者にもやらせる人がいる。
名前は伏せるが、あるセミナー講師は、オリンピック金メダリストや、プロスポーツのトップクラスの選手を指導したことを、著書などで実名を挙げて公言していたので、多分、それは本当なのだろう。
彼も、様々な興味深いパフォーマンスを、受講生にやらせた。
例えば、名刺による割り箸切り、電話帳裂き、風船を割らずに針を刺す、スプーン曲げ・・・等々だ。
私も受講し、今でも全部出来るだけでなく、割り箸なら、4本まとめて、割り箸が入っている薄い紙で切断出来るので、私の勝ちである(笑)。
そして、私は、このセミナーの受講生の中に、セミナー講師の手の者が混ざっていることを見抜いてしまった。
例えば、受講生同士、腕相撲をやらせ、片方が圧倒的に強い場合、弱い方に、力を一瞬で上げる方法を教え、次は、勝たないまでも互角になるという流れがあった。
その圧倒的に強い者がサクラで、服で隠してはいるが、すごいマッチョマンで、2度目の対戦で、わざと力を抜くのを、私は見抜いてしまった。何のことはない、私が力を抜いたら、その者は戸惑いつつも、勝ちにこなかったのだ。分かり易い(笑)。
とはいえ、そのセミナー講師に実力がないわけではなく、好意的に言えば、セミナー効果を上げるための演出なのだろう。

トニー・ロビンズの場合も、もっと壮大な規模の場合が多いと思うが、受講生のためのヤラセもやるのかもしれない。
ただし、上の「火渡り」は、ウルフ博士の見解では本物であるし、その後、ロビンズは、NLPとは別のノウハウで指導して大成功し、巨万の富を築いている。

上の日本人セミナー講師と、ロビンズの教えの中で、簡単なものを、1つずつ、挙げておく。
とはいえ、私は、この1つずつだけが有益と思っている。
まず、日本人講師の方からは、合掌する癖を持つように教えられたが、これには私も賛成する。
両てのひらをぴったり合わせ、やや強く押し合わせる。
これだけで能力が上がり、運も良くなる。
関英男博士も、著書で、このやり方を勧めている。
出来るだけ頻繁にやると良いだろう。

ロビンズに関しては、私は彼のセミナーを受講したことはないし、彼の本も1冊も読んでいない。
そこで、こんな話を。
Q-Link(キューリンク)という、付けるだけで、潜在能力を引き出すペンダントがある。
宣伝では、世界のトップクラスを含む、アスリートを中心とした有名人が、これの愛用者であることを宣言し、彼らは無償で広告に参加しているということだ。
そして、ロビンズも、Q-Linkを使用していることと、これの効果を肯定している。
ちなみに、私も2種類所有している。効果に関しては明言出来ない。
(今は「ヒーリングコード」「エネルギー療法」の方を肯定する)
私が持っているのは、「キューリンク アクリルペンダント」と、旧タイプの「キューリンク クラシックペンダント」だ。後者は、もう売っていないかもしれない。
アクリルペンダントは、私の場合、当然グリーン(ミクさん色)を選んだが、様々な色がある。








祈りは一瞬でないと叶わない

NLP(神経言語プログラミング)の共同開発者リチャード・バンドラーは、NLPで病気を治すのは儲からないと著書に書いていた。
なぜかというと、瞬間で治ってしまうからだ。
病気は、時間をかけて治さないと儲からないらしい。
だが、NLPは「時間をかけて治せない」のだ。
病気の種類は問わない。
というのは、バンドラーは、全ての病気は心因性と決めつけているので、NLPの精神操作テクニックで治せる。
一切の病気は心因性と言っていたのは「心身医学の父」と言われるドイツのゲオルク ・グロデックも同じだった。
彼は、転んで怪我をすることすら、心因性と言っていたのであるが、私も全く賛成だ。

リチャード・バンドラーが高く高く評価し、NLP開発のために研究したのは、ミルトン・エリクソンの精神療法であるが、エリクソンは「魔法を使って治している」とまで言われたほどのあまりに優れた精神科医だった。
そして、エリクソンも、信じられない速さで患者の精神を変革し、心身の病気を治した。
病気ではないが、エリクソンは、ある手のつけられない不良高校生を、一言の対話で完全に更生されたこともあった。
そのエリクソンの娘も凄かった。
彼女が高校生の時は、一面識もない学園のヒーローを1本の短い電話で「落とした」。
また、高校教師になってからは、超暴力的で、全ての教師から恐れられていた危険な男子高校生を、一瞬で自分の崇拝者にしてしまい、彼が卒業するまでボディーガードにしていた。

NLPやエリクソンによる病気治療は、潜在意識による願望達成と似ている・・・というよりは、原理は同じなので、願望達成も一瞬でなければ成功しない。
具体的に言えば、願望を潜在意識にインプットすれば叶うのだが、潜在意識に願望をインプットするのは、一瞬でないと出来ないのだ。
例えば、事業が成功するよう、1時間祈ったとしても、その1時間の中で一瞬「事業が成功する」と潜在意識にインプットすればうまくいくが、逆に、1時間の祈りの中で一瞬「どうせうまくいかない」と潜在意識にインプットすれば確実に失敗する。
いつも、「富、富、・・・」と唱えていたら富がやってくるのも、そのどれかの「富」という言葉が、偶然に理想的な条件になった時に唱えられることで潜在意識に送られるからだ。
効率の良い方法は、息を吸って止め、「富」と唱えることだ。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、百回もやれば、一回くらいは、潜在意識にうまく届くかもしれない。
病気を治したいなら「治った」だ。
ただ、いかなる願いも、「成った」で良い。
部長になる、彼女を作る、結婚する、就職する、イケメンになる・・・何でも「成った」で通じる。
もちろん、ぴったりくるなら「よし」でも「はい」でも何でも良い。
あせらずにやることが大切だ。








現実になる想像とは

ジョセフ・マーフィーの、お金を引き寄せる優れたテクニックに、1憶円の使い道を考えるというものがある。
想像力を働かせて1憶円をどう使うかを考えることで、1憶円を使う現実が引き寄せられるのである。
ただ、普通の人は、なかなか1憶円の使い道を思いつかない。
そりゃ、1憶円あったら、実際は変えないもの・・・例えば、超高級車や宝石などを買えるだろうが、そんなものを買ったことを想像しても、大抵は、「だから何?」ということになり、その空想世界は灰色になり、小さな凍った世界になってしまう。
精神を操作する技術であるNLP(神経言語プログラミング)において、強く印象付けたいイメージは、
・大きく
・近く
・カラーで
・明るく
・動きがある
ように想像しなくてはならない。
そこで、自分が超高級車に乗っている様子を、大きく、近く、カラーで、明るく、動きのある映像として想像しても、普通は、そう長くは続かない。
つまり、それは本当の望みではないのだ。
面白いことに、失業していて就職したい人が、自分が通勤する様子や、オフィスで働いている様子を、そのように想像しても、どこか虚しく感じ、長く続かず、下手したら、モノクロの暗く静止した映像を想像し始めることがある。
このような人は、なかなか就職出来ないし、ひょっとしたら、働くことが向いていないのかもしれない。

これまで、このブログで何度か、「気分が良ければ、さらに気分が良くなる幸運がやって来る」と書いたが、それは確かなことである。
そして、気分が良いとは、大きく、明るく、カラーの動く映像として、楽に想像出来ることなのだ。
だから、動く、大きな、明るい映像として、楽に想像出来ることを求めれば、簡単に手に入る。

ところが、こんな話がある。
高校からずっとバンドをやっている大学生がいたが、彼は、自分が将来、バンドをやっている姿を想像しても、暗く、小さく、そして、遠い情景にしかならなかった。
それほど本気でやっているわけではなかったのである。
本人も、自分がバンドをやっているのは、どこか無理があると分かっていたのだが、何かつまらない理由でしがみついていたのだ。これは、よくあることである。

自分が何をしている姿が、大きな、明るい、動く映像として想像出来るのか、分からない人が多い。
それは、そんな想像が出来るはずのことを、育った家庭や学校やテレビで禁じられている場合が多いからだ。
イタリア映画『愛のほほえみ』という作品で、オルガという名の可愛い少女(9歳くらい)が、タバコを手に、主人公のルーカス(もうすぐ9歳)に「火をお持ちでないこと?」と言って驚かせるが、オルガは、「あたし、やっちゃいけないって言われることは全部やりたいの」と言う。
オルガは、明るく躍動する想像力を捨てずに済むだろう。

中河原啓さんの『持っているだけで奇跡が起こる本』という本がある。
この手の本を胡散臭く思う人もいるだろうが、この本がまさに、明るく、大きく、躍動するイメージを与えてくれる絵が描かれた本で、見ていると、自然な想像力を取り戻し、そんなイメージに相応しいことを思い出させてくれるのである。
つまり、奇跡も起こるのである。
とはいえ、慌てなくても、例えば、「神様の奇跡が起こる」と唱えていれば、やがて、気分も良くなり、幸運が訪れるが、あまりに心が固くなってしまっていて、変化に時間がかかる人は、参考にしても良いと思う。








沈黙の力

人間は、非常に単純に出来ているところがあり、ガッツポーズをすれば元気が出る。
また、ヨガにライオンのポーズというものがあり、基本は舌を思い切り出すのだが、それだけで生命力が溢れ、ある有名な冒険家が、これを毎日習慣的にやっていることで、かなりの年齢になっても、驚くべき若さとバイタリティ(活力)を保っているようだ。
なぜ、こんな単純な方法が効果があるのかというと、やはり、人間の想像力のためと思う。
人間の想像力は、うまく使うと、驚くべき威力を発揮する。
例えば、古いNLP(神経言語プログラミング)の本に、多重人格を解消する方法が書かれていたが、あまりの単純さに驚く。
そのやり方はこうである。
右手の上に1つの人格、左手の上に別の1つの人格を想像し視覚化する。
そして、両手を近付けていき、両手が合わさった時、その2つの人格が融合する。
何重人格であろうと、ただ、この操作を繰り返せば良い。
だが、どうしても相容れない人格同士というものがあり、そんな場合は、手を近付けることが出来ないようだ。
そんな場合はどうすれば良いか?
単に、他の人が(場合によっては数人がかりで)手を合わせてやれば良いのである。
例えば、1つの人格は、初音ミクさんのようなボカロキャラが好きだが、別の人格は、人間のアイドルが大好きで、1人の人間の中で、
「人間の女なんて汚らわしい」
「二次元好きなんて、おかしいんじゃないの」
と反発し合っている。
それを、数人がかりで無理矢理融合してやれば、初音ミクさんも人間のアイドルも好きになるというわけである。
それが良いのか悪いのかは分からないが(笑)。

そして、こんな簡単な方法が、超人や超能力者になるために使えるのである。
そもそも、人間を超えた存在になるには、普通の人間のように頭の中でおしゃべりをするのを止め、無(無我、忘我、没我)になれば良いのである。
具体的にどんなふうにやるかは、いろんなバリエーションがあるが、例えばこんなものがある。
頭の中で、絶えず大声でしゃべり続けているロボット(あまり人間に似ていない、いかにもロボットという感じのものが良い)を想像し、そのロボットのバッテリーを切るのである。そのロボットのリモコン装置の電源スイッチを切るのが一番簡単と思う。
そうすると、頭の中のおしゃべりは止まり、頭の中は静かになり、無念夢想となるのだ。
あるいは、想像の中で、スピーカーから煩いCMメッセージを轟かせながら飛ぶ飛行機(昔はよくあった)をはるか彼方に飛ばしてしまったり、やはり、想像の中で、誰かが騒々しくおしゃべりをしているテレビの電源をリモコンで切ってしまうのである。
人によっては、大量の泡が湧き出ている海底を思い浮かべ、その泡をぴたりと止めるとか、荒れ狂う海の想像を、静かな海の想像に瞬間に切り替えるという方法を好んでいる。
単純で分かり易ければ何でも良い。
「思考停止」の一言で、頭の中のおしゃべりをぴたりと止められる人もいる。
頭の中のおしゃべりである自我の思考が停止した時、高次の思考である直観や閃きが訪れるのである。
慣れてくれば、そんな「クリアー」な状態にすぐになれる。
それを持続させることが出来れば、無意識の扉が開き、決意を持っていれば、それがそのまま形になるのである。








内なる魔術師を解放すれば全能である

2つの重要な情報について語る。

1つは、人気がある精神療法のNLP(神経言語プログラミング)の創始者の1人、リチャード・バンドラーの本で見た覚えがあることだ。
自分の過去を映像で思い返す時には、2つのやり方がある。
1つは、その映像の中に自分がいるもの。
もう1つは、映像の中に自分はおらず、自分の視点で思い出している。
普通に考えれば、後者の自分視点で思い出す方が自然だ。だって、実際には、それしかないのだから。
しかし、前者の、自分が映像の中にいることも少なくないと思う。

2つ目の情報は、コリン・ウィルソンの『フランケンシュタインの城』に書かれていたものだと思う。
自分の中には「魔術師」がいる。
そして、今、自分の五感で感じている世界というのは、その内なる魔術師が一瞬で作ったものだ。
これは、ウィルソンの意見とかではなく、多くの名のある研究者達の報告である。

この2つを組み合わせると面白い。
世界を創る「内なる魔術師」は、自分の外に移動することが出来るのだ。
いや、実は、魔術師は、我々の理解を超えた存在で、大きさや形がなく、自分の内にも外にも、宇宙のどこにでも存在している。
そして、世界を生み出し続けている。
こんな話にピンとくる人は多いと思う。
模様のない、白や黒の壁を見た時に特に多いような気がするが、小さなドーナッツ状(人によっては多少違うかもしれない)の赤い沢山の光が動き回っているように見える。人によっては、赤でないかもしれない。
この光の模様が、魔術師が世界を創るのに使うマテリアル(原材料)である。
ただ、実際は、このマテリアルは非常に小さなもので、電子より小さい何かかもしれない。
それが、話題のヒッグス粒子であれば、ヒッグス場の形はシャンパンボトルの底の形をしているらしいし、色も赤とは言えないが、そう感じるのかもしれない。
まあ、ここらへんは興味があれば調べると良いと思う。
内なる魔術師は、生きた模様を使って、あるいは、生きた模様と意思疎通して世界を創っている。
そして、魔術師とは本当の自分なのである。

なぜ、偉大な魔術師たる自分が世界を自分の思う通りに創れないのかというと、自分視点の場合、脳の影響を受けるからで、脳には、様々な情報が詰め込まれているが、その多くが有害なものだ。
だから、自分から抜け出し、自分が見えるように考える・・・一般的には客観視する方が力を発揮し易い。
何でも、武道の達人の教えでは、敵の頭の後ろが見えれば勝てるそうで、これは、脳から抜け出した自由な魔術師の視点なのだろう。
考えることをやめ、魔術師を解放すれば全能なのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード