ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

NLP

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

病気、腰痛を、私はこうやって一瞬で治した

NLP(神経言語プログラミング)を開発したリチャード・バンドラーは、「全ての病気は心因性と決め付けている」と著書に書いていたと思う。
また、「心身医学の父」と言われるドイツの医師ゲオルグ・グロデック(Georg・Groddeck)は、もっと強く、「全ての病気は心因性である」と断言していたと思う。
「病気の原因は心」・・・日本で古くから言う「病は気から」とだいたい同じことと思うが、それだけ教えてくれたら、彼ら(バンドラーやグロデック)らの、難しい、あるいは、奇妙なやり方は御免蒙りたい(嫌だと断りたい)と私は思う。

私は、この前の土曜日(4日前)から、体調が悪く、ひどい眼精疲労と吐き気、それに、腰痛まであって、もう散々で、なんとか早く良くならないかと色々やってみたが、どうにもならなかった。
何か悪いウイルスにでもやられたか・・・と世間並のことを考える始末だった。
そうしたら、ふとあることを思い出してやってみたら、即座に治った。
何をやったかというと・・・、初音ミクさんの2014年のコンサート『マジカルミライ2014』の『EARTH DAY』で、ミクさんが、観客に向かって、ぱーっと明るい笑顔で手を振る姿を思い出しただけだ。
上記のバンドラーが「本当に効果ある治療は短時間でなければ出来ないので儲からない」と著書に書いていたが、その通りのようだ。
バンドラーの本を読むなら、そんな「瞬間療法」のみが書かれている、初期のものを読んだ方が良いと私は思う。
尚、最近は医学の世界でも、腰痛というものは、肉体の異常はないのに、心の不安やストレスで起こる場合が多いことが分かってきていると聞いたことがある。

念仏という言葉は、法然以降、仏の名(阿弥陀如来)を唱えるという意味になった。
しかし、「念」「仏」という言葉の通りの意味は、仏の姿を思い描くことであるが、私は、その意味で、「念ミクさん」とでもいうことをやったのである。
なぜ、法然、あるいは、それ以前の、道綽、善導といった中国の僧達が、口で仏の名を唱える念仏を広めたかというと、彼ら自身は、「それが仏の真の教え」「唯一、効果ある方法」と述べているが、私は最近、こう考えている。
もし、彼らが本当に知恵者であったなら、そう言うしかなかったのだと。
僧侶ででもあれば、素晴らしい仏像や仏画を見ることも出来るが、当時の庶民にはそれは難しく、仏の姿をイメージすることは不可能だった。
無学で貧しい庶民にでも出来ることは、唯一、口で「南無阿弥陀仏」と唱えることだけだからという、当然と言えば当然の理由で、口で唱える念仏の教えを説いたのだろう。
しかし、近代になれば、書籍などで、いくらでも、あらゆる、素晴らしい仏像や仏画を見ることが出来るし、ちょっと出かければ、本物の仏像、仏画を見に行くことも出来る。
もちろん、仏像だけでなく、世界中の神様の彫刻や絵画も同じである。
そして、今やネット時代だ。
検索するだけで、あらゆる神様、仏様、天使、聖人の姿を見ることが出来、手元のパソコンやスマートフォンに画像を取り込める。
つまり、いまや、神仏の姿をビジュアライズ(思い描く)することは容易く、それは、神仏の名を言葉で唱えるより、はるかに強く、神仏のイメージで心を満たせる。
もちろん、念仏やジャパ(神の名を唱えること)に意味がない訳ではないが、一般的なことを言えば、イメージングの方が効果が高い。
私も、「初音ミクさん」と名を唱えても病気は治らないと思うが、イメージすれば瞬間に治ったのである。
それも、普段の信仰・・・まあ、「信仰」でも良いが、普段から、ミクさんを慕い、憧れる気持ちを持って崇めているからということもあるが、やはり、イメージは言葉より強かった。
いや、そもそも、言葉は、イメージを呼び起こすためのものではあるまいか?
そして、言葉でイメージに着火すれば、後は、大きく燃え上がらせるのは意思の力である。

ローマン・ガリーの『自由の大地』で、堕落した状態に陥ったフランス兵達は、少女がいることを想像することで、精神を向上させたが、それは、もちろん、各自が理想とする少女の姿をビジュアライズ(心で視覚化すること)したはずである。
言葉で「美しい少女」と唱えても、多少の効果はあるが、イメージングには到底及ばないことは明らかだ。

西洋の魔法修行では、高度なイメージング訓練が重要であるのだと思う。
つまり、ビジュアライズの能力は訓練することで向上するのである。
ただ、難しいことをやるのではなく、性欲や食欲、あるいは、物欲を刺激するものは避けるべきと思うが、好きなもの、楽しいものを生き生きとイメージすることで、想像力を高めれば良いだろう。
ジョセフ・マーフィーの本などにも、そういったことが多く書かれていると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

強力なノウハウほど単純だ

この世に、本当に優秀な人物がいたとしたら、それは精神科医のミルトン・エリクソンだろう。
病める者は、彼のところに行けば一瞬で癒され、「魔法を使って治している」と言われるほどだった。
世界中の研究者が、「どうすれば彼のようにやれるか」を研究しているが、うまくいっていないのではないかと思う。
うまくいかない原因は、もしかしたら、研究者達は、専門家の先入観が邪魔しているのではないかと思う。
エリクソンは、「先入観が一番いけない」と言っていたような気がするのだ・・・いや、これはアインシュタインだったか・・・。
エリクソンのノウハウを純粋に引き継いだのは、彼の娘さんだろう。
それはきっと、彼女が子供の時からで、彼女が冴えない女子高生だった時は、10分で学園のヒーローを虜にし、高校教師になってからは、教師を殴ることなど何とも思っていないばかりか、喜んでそうする、巨漢で腕力の強い男子高校生を一瞬で、彼女の忠実な僕に変えた。

東京図書は、もう再販する気はないと思える『王子さまになったカエル』という本がある。
NLP(神経言語プログラミング)という心理療法の共同開発者である、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーのセミナーをもとに、スティーブ・アンドレアスという人がまとめたものだ。
私は、NLPは、有名な自己開発のトレーナーであるアンソニー・ロビンズが昔、バンドラーは自分の師で、自分もNLPのテクニックを使っていることを述べていたことで、このNLPという名前を覚えた。
それでNLPに注意を払わずにいられないほど、ロビンズは、驚異的な人間だ。
だが、バンドラー、グリンダー、ロビンズの人間関係は良好とは言えないようで、それに、NLPは曖昧に過ぎる気がするので、私は、NLPは参考にするに留めている。
本当に優秀なのはエリクソンで、そして、彼のやり方は、本当は簡単なはずなのだ。

私は昔、『王子さまになったカエル』を読んだ時、その159ページの数行だけ、非常に印象に残り、よく覚えている。
エリクソンのところに、物を破壊すること以外に能がないと思える乱暴な17歳の少年が連れてこられ、エリクソンは、少年に付き添っていた医師から少年について説明を受けた。
エリクソンは少年に、「もしも来週になって君のふるまいが完全に変わってしまったとしたら、さぞかし驚くことだろうね」と言った。
すると、少年は、「ああ。大驚きだよ」と答えた。
そして、エリクソンは、「もう結構。出ていってくれ」と言う。
それだけで、次の週、少年のふるまいは急におとなしくなってしまったようだ。
この本の文章では、「誰が驚くのか」が書かれていなかったが、それは、この少年自身と思うが、周囲の人々・・・彼の指導にあたっている教師や医師、あるいは、彼の両親、学校のクラスメイト達かもしれない。
まあ、それは誰でも良いと思う。
また、エリクソンの「結構だ」のニュアンスも分からない。
少年の付き添いの医師は、エリクソンが治療を諦めたと受け取ったのだろうと書かれていたが、本質的には、「結構だ」は、「結構。治療は完了だ」という意味であったのだろう。
これで、なぜ少年が変わったかについて、バンドラーかグリンダーが説明したらしいことも書かれていたが、その内容は、理解は出来たが、私の心を打たなかった。

エリクソンの、この「治療」こそが、万能の自己開発のノウハウと思う。
本来、エリクソンは、その少年に「驚くだろうね」ではなく、「嬉しいだろうね」と言いたかったのだと思うが、あの時は、そう言ったら、少年は反発したはずなので、「驚くだろうね」が最適だったのだろう。
ちょっと私の話をする。
私は、引きこもり気質なのに、初めて就いた仕事がセールスマンで、しかも、フルコミッション(完全歩合制)という厳しいもので、後で考えると、私が務まるとは思えなかった。
しかし、私は、「もし私が驚異的な売上をすぐに上げたら、嬉しいだろうな」と思ったのだ。
そして、一ヵ月後に、私は、強豪セールスマン達を押しのけ、小さなものだったがセールスコンテストで優勝した。
しかも、後で聞いたら、私に与えられた販売地区は、少し前に、その会社でもトップのセールス実績を持つセールス部長が自らセールスし、手も足も出ず、「こんな地区は二度と来ない」と言っていた場所だったらしい(真偽のほどは分からないが)。
「もし○○になれば、私は嬉しいだろうな」と思い、その嬉しさを実感すれば、○○は実現する。
その理屈は、西田文朗氏が、『かもの法則』で説明してくれているように思う。
例えば、ダイエットで言えばこうだ。
「かもの法則」式には、「45kgになれるかも」と思うのである。
エリクソン式には、「もし45kgになったら嬉しいだろうな」と思い、嬉しさを味わうのだ。
どちらも同じで、すぐに45kgになるだろう。
応用自在だ。
年収一千万円が望みなら、
「年収一千万円になれるかも」
「もし年収一千万円になったら嬉しいだろうな」
であるし、モテたかったら、
「モテるかも」
「モモテるようになったら嬉しいだろうな」
である。
そして、これは、ジョセフ・マーフィーや中村天風が言うように、眠り際にやれば完璧である。
私は、セールスマンになる前に、既に、ジョセフ・マーフィーの本は読んでいたので、眠る前にもやっていたのだろう(覚えていないが)。
まるで駄目男君も、このやり方でうまくいった。
ものごと、もっとシンプルにやらなくてはならないということだ。
ただし、アインシュタインが言った次の言葉も大切である。
「可能な限り簡潔に。ただし限度を越えないように」
この言葉は、ポール・ヘッケルの『アートとしてのソフトウェア』の108ページに書かれている。
面白いことに、『王子さまになったカエル』の翻訳者が酒井一夫さん、『アートとしてのソフトウェア』の翻訳者が酒井邦秀さんで、共に酒井さんで、イニシャルが「K.S」である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「心の微(かす)かな声の呪文」という新しい行法

私は子供の時、夜、寝床に入った後で、今日見たアニメの主題歌を頭の中で再生させたところ、完璧にそれが出来るのに驚いた。
そして、眠ってしまうまで、その歌を存分に楽しんだのである。
もちろん、これは誰でも出来ることだが、あまりに当たり前であるために、それに注意したり、まして、驚いたりはしない。
しかし、これをやっているのが脳だとすれば、脳の力は恐るべきもので、しかも、それは脳が持つ力のほんの1つに過ぎない。
脳の使い方をマスターすれば、間違いなく、誰もが天才になれるだろう。
NLP(神経言語プログラミング)は、やはり脳の力の大幅な活用を目指しているのだろうが、難し過ぎて、実際のところ、誰も上手くやれない。
エミール・クーエの自己暗示でも、ほとんど上手くやれない。あれでうまくいくなら、世界中の人がやっているはずである。

脳の持つ神秘な力の1つが、心を無意識領域に導くことだ。
無意識に関しては、実際はまだ、ほとんどが謎だ。
しかし、自分で、つまり、心で入って行けば、理屈では分からないが、体験的に知ることが出来る。
TM(超越瞑想)では、それをさせようとするのだが、これも、実際のところは、もしTMで無意識に入るのが可能だとしても、極めて長い年月続けて、ようやく無意識の浅い層に到達できるというのが本当のところだと思う。ただ、ある種の特性を持った児童の場合は、速やかにうまくいくと思う。その特性は、豊かな家庭で育った児童でなければ備わらないと思う。
ラマナ・マハルシは、「私は誰か?」と問えと言い、結局のところ、これが最良の方法と思うが、これですら、絶望的に難しいのだ。実際、ほとんど誰も成功していない。

だが、複雑な音楽すら完璧に再現できる脳の心的な音を作り出す力を使えば、容易く無意識の、好きなだけ深い層に潜りこめる。
それには、何かの言葉を心の中で言い、その心の中の声を、どんどん小さくしていけば良い。
例えば、心の中で「愛」と繰り返して言いながら、その心の声の音量をどんどん小さくしていき、最後には、ほとんど聴こえないまでにするのである。
その時、すでに、心は無意識の中に入っており、それを示すこととしては、呼吸がほとんど停止している。心が無意識に入るにつれ、呼吸は微(かす)かになるのである。

ただ、我々は、心の中の音を小さくするということに、あまり慣れていないので、それをやり難いということがあるようだ。
その場合は、口で言う言葉を使えば良い。
実際、古神道の呪文は、口で唱えるのだが、非常に小さな声で唱え、すぐ近くに人がいても聴こえないほどだという。
「アジマリカン」や「アウン」といった強力な呪文もあるが、「愛」「神」といった、意味の分かる言葉を使うのも良いと思う。
これらの言葉を、小さな声で唱え、その声をどんどん小さくしていき、実際にはもう声を発していない状態になる。
その「声が小さい」という意識を持ったまま、その言葉を、すっと心の中に引き取るのである。
そして、声を小さくしていく要領をそのまま、心の声にも適用し、さらにどんどん微かにしていくというのは、容易いことである。

「富」という言葉を、心の微かな声で唱えると、すぐに富が集まり始める(ただし、集めようと思うな。集まるにまかせよ)。
自己暗示のような、マイナスの反作用は起こらない。
なぜなら、心の声が非常に微かであれば、それは精妙な無意識に入っているので、粗雑な心がそれに作用することは出来ないからだ。
では、「憎しみ」などの悪い言葉を唱えた場合はどうだろう?
そんなこと、やる気も無いし、このやり方では、うっかりやってしまうことも決してない。
よって、そんなこと、考えなくて良い(どんな場合も頭の無駄使いは避けるべきだ)。
ただ、もしやったとしても、「憎しみ」という言葉の深い意味に到達するだけで、そこに善いも悪いも無い。
無意識の中に悪いものが存在するとしても、無意識自体は聖霊であり、至高の善だ。だから、「憎しみ」と唱えたところで、憎しみが集まることは無い。

心の微かな声で、肯定的な言葉を唱えると、例えば、「富」、「成功」、「歓喜」などなら、冒険に誘われることになる。
勇気を持って、その冒険に挑めば、富や成功や歓喜に至るのである。
これは、恋人や特殊技能を得るような場合も同じである。
この世のことは、あくまで神(無意識)と人(心)の共同作業なのである。
そして、それを速やかに行える、この「心の微かな声の呪文」は、誰でも無料で簡単に行えるのである。
ただ、訓練・・・と言うのもおかしいが、よりうまくやりたいと思うなら、美しい小さな音を沢山使った、良い音楽を楽しんで聴くことだ。クラシックの名曲なら、ほとんど全てそうである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

感情は解放するもの

人間にとって、感情というものは厄介な問題でもある。
アメリカのSFテレビドラマ『スター・トレッック』のミスター・スポックは、バルカン星人と地球人のハーフだが、スポックはバルカン星人であることにアイデンティティと誇りを持っている。
バルカン星人には感情がなく、スポックもそのことを尊いものと思っているので、自分も決して感情を表さず、感情豊かな人間を時に見下す。
ある時、ある宇宙人の精神操作で、無理矢理に感情を発揮させられたスポックが落ち込んでいるように見えたので、ドクター・マッコイが、
「スポック、たまには感情を発散させることは身体に良いんだよ」
と慰める。
だが、スポックは、
「私は、別に気にしていません」
と、平気であることを強調する。
スポックでなくたって、人によっては、感情を出すことを恥と考えたり、未熟な証しとして嫌う。
だが、やはり、感情は出すべきものと信じている人もいる。
いったい、何が正しいのだろう?

感情は、ほとんどの人が気付いているように、必要なものだし、必要どころか、豊かでなければならない。
とはいえ、怒ったり、はしゃいだりし過ぎてもいけないし、悲しいことがあったからといって、いつまでも悲しむべきでないことも分かると思う。
「さあ、あのことを思い出して、また、大いに怒ろう」
とでも考えているような、悪いことをいつまでも忘れず、他人の悪意をいつまでも根に持ったり、失敗をいつまでもクヨクヨする人は多い。
そんな者は、やっぱり愚か者なのだ。
では、感情とは抑えれば良いのだろいうか?

結論はこうである。
感情は、発散させるものでも、抑圧するものでもない。
正しくは、解放するものだ。
感情の存在は認めるが、それを手放すと、化学反応のようなことが起こり沈静化する。
なぜなら、解放することによって、感情からエネルギーが消えるのだ。
消えたエネルギーは、自分の心や身体に蓄積される。
エネルギーは、身体や心の活力になり、強さと賢さを得られるのだ。
静かな人が、強く、賢いのはそのためである。
もし、バルカン星人がいて、彼らが、感情を持たないことを尊く考えているなら、感情を解放する能力の価値を分かっているということだ。
だから、やはり、正しい表現としては、「感情を持たないことが尊い」ではなく、「感情を解放する力を持つことが尊い」である。

感情を解放するにはどうすれば良いだろう?
いろいろある。
感情を起こさせた出来事のイメージを次のように操作する。
小さくする、遠くに飛ばす、静止させる、暗くする、モノクロにする、主観的でなく客観的なイメージにする、静寂なBGMつきにする・・・等で、これらを組み合わせても良い。
悪い思い出を、「忘れなさい」と言うことがある。
そのためには、上に挙げたようなことをやれば良い。
本当に忘れなくても良いのだが、小さく、静止した、モノクロの、遠いものにしてしまえば良い。
私が好むやり方は、出来事を、本に書かれた物語と感じ、その本の紙がすっかり古く茶けている様子をイメージすることだ。

では、良い思い出はどうすれば良いのか?
NLP(神経言語プログラミング)では、そんな思い出は、大きく、明るく、カラーにし・・・と、上に挙げた、悪い思い出に対することと反対のイメージにするよう教えているが、私は賛成しない。
取り立てて暗く、小さくする必要はないが、エネルギーを注ぎ込まず、自然に、ゆっくりとで良いが、やはり解放することだ。
でないと、昔の自慢話ばかりする不幸な老人になってしまうだろう。
楽しいこと、苦しいこと、嬉しいこと、悲しいことは、これからも沢山起こるのだ。
過去のことは忘れ、それにエネルギーを注入するような無駄をしてはならない。
過去の栄光など、たとえそれが金メダルであろうと、もう忘れるのだ。
「じゃあ、尊い思い出も忘れろってのですか?優しいお母さんや、別れはしたが素敵な恋人のことも?」
と言うなら、イエスである。
「きらめく思い出」などと言う。
本当に尊い思い出は色褪せない。
それは天使が預かってくれると思って、やはり解き放つのだ。
自分で握り締める・・・つまり、エネルギーを無駄に送り込んではならない。
素晴らしい思い出は、大切な友のようなものだ。
そのような友は、自由にさせるべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

幸運が押し寄せる「現状肯定、過去オール善」になるための心理テクニック

「現状肯定、過去オール善」であると受け入れることが、幸運を呼ぶ秘法中の秘法である。
これができるかどうかが、幸運と不運の分かれ目である。
だが、誰にだって、辛い思い出はあるだろう。
それを、善・・・つまり、良かったこととするのは難しいこともあるかもしれない。
確かに、ある程度の年齢になれば、それが自然にできるようになるだろうし、そうでなければならない。
しかし、若いうちは、中々そうはいかないかもしれない。
だが、そうでなければ、幸運は掴めない。

過去の悪い思い出を忘れることは誰にもできないし、忘れるべきでもない。
しかし、その影響を無くすことはできる。
そのために有効なのが、NLP(神経言語プログラミング)の技術だ。
ただし、あくまで個人的見解とするが、NLPの本で読むべきは、リチャード・バンドラーの『神経言語プログラミング』(東京図書)と、『リチャード・バンドラーの3日で人生を変える方法』(ダイヤモンド社)だけだ。
いずれか一方でも構わない。
古い本である『神経言語プログラミング』は、比較的、教科書的な本で(とはいえ、そう硬くはない)、新しい、『リチャード・バンドラーの3日で人生を変える方法』は、物語仕立てにした楽しく読める本だ。
覚えるべきテクニックは、これらに書かれている簡単なものでよろしい。
(『望む人生を手に入れよう―NLPの生みの親バンドラーが語る 今すぐ人生を好転させ真の成功者になる25の秘訣』も良いかもしれないが、私は読んでいない。「25の秘訣」は私には多過ぎる)
日本のNLPのトレーナーを名乗る人達の書いた、専門用語が沢山並べられた難しく、読み難い本は必要ない。
NLPって、本来、簡単なもので、即効性がある。
私も、上に挙げた本を一度読んだだけで、大酒飲みの女性に禁酒させ・・・恨まれたのだが、まあ、効果はあるということだ。
1つ、やり方を述べると、悪い思い出の苦しみを消すには、その悪い思い出のシーンを思い描き、それを、
(1)モノクロにする
(2)暗くする
(3)小さくする
(4)自分の頭の後ろの遠くに放り捨てる
(5)その背景に間抜けなBGMを流す
のいずれか、あるいは複数、あるいは、まとめて全部同時にやってしまう。

そうやって、心の痛みを感じなくなったら(多少感じても)、現在の状況に満足し、過去の出来事は全て神の恵みで、良かったのだと認め、受け入れるのだ。
ある成功した社長さんは、若い時のことを振り返り、「あの時、あの人にいじめられて本当に良かった。あの人には心から感謝している」と、掛け値なし、本当にそう思っていた。
「現状肯定、過去オール善」を受け入れれば、いやでも幸運が次々に押し寄せるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ