ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IQ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

自分を知る

IQ(知能指数)テストを行ってくれる病院・クリニックは多いらしい。
IQテストを受けることに興味がある人というのは、IQが高い傾向があると思う。
IQは、頭の良さのごく一面ではあるらしいが、そのことを認識した上で、客観的な値を確認しておくのも良いかもしれない。
それに、私の考えでは、IQは固定されたものではなく、少なくともある程度は向上させることが可能で、L.ロン.ハバードの『ダイアネティックス』に書かれているように、誰もが本来の頭脳の能力は高く、その力を目覚めさせることが出来れば、IQは「打ち上げ花火のごとく」向上するのではないかと思う。
とはいえ、個人的には『ダイアネティックス』療法はお薦めしない。理由は、単に、「面倒である」からだ。
私は、能力の開発自体は、もっと単純な方法で行えると思っている。
面倒なやり方だと、どうしても金儲けに利用される。
ただし、『ダイアネティックス』など、ハバードの著作は面白かった。

他にも、自分について、なかなか知ることが出来ないことを知る方法がある。
例えば、あなたは、自分の脳のMRI(核磁気共鳴画像法)画像を見たことがあるだろうか?
この画像を見ただけでも、脳の性能や性質がかなり分かるらしい。
こんな話がある。
TEDで講演したこともある、神経科学者のジェームス・ファロンは、ある時、1枚の脳のMRI画像を見て愕然とした。
ひどい画像だった。
それは、凶悪殺人犯の脳の特徴を明瞭に現わしていた。
ファロン博士は、この気の毒な脳の持ち主を電算室に問い合わせた。
しかし、返事を受け取ると、電算室に対し、もっとしっかり仕事をするよう激を飛ばし、再度、解答を要求した。
しかし、電算室の担当者は、ファロン博士にこう言うしかなかった。
「ファロン博士。その脳のMRI画像は、ジェームズ・ファロン博士、あなたのものに間違いありません」
ファロン博士は、自分がサイコパス(共感能力の欠如により良心を持たない人間)であることを認識し、自分に対する研究成果を基に著書『サイコパス・インサイド』を書き、TEDでも講演した。
確かに、その本を読むと、ファロンが、IQの高い優秀で、かつ、エネルギッシュな人間ではあっても、いかに人でなしの超欠陥人間であるかが、はっきり分かるのである。

私は、10年以上前に、自分の脳のMRI画像を撮影し、見せてもらったことがある。
医者は、実にきれいな脳だと褒めてくれた。
そりゃバラ色だからね(笑)。
しかし、私は、自分が性質的にはサイコパス的なところも多いことは自覚しているので、医者も営業トークをしただけかもしれない。

いろんな意味で、自分を知ることは大切である。
例えば、ある人は、他人を傷付けるに決まっている言葉を平気で言うのだが、本人はそれを自覚していなかった。
その人の両親が、言うべきでないことを無神経に言う人で、それが当たり前になってしまったようである。
このような、治すべきことは、早くに発見して治しておかないと、人生で多大な損失を招くかもしれない。
実際、自覚しない悪癖で人生を棒に振る人は少なくないと思う。
逆に、自分の美点に気付かず、それを生かせば、かなり成功出来た可能性があるのに、それをしなかった「勿体ない」人も多いのだと思う。
そんな意味でも、気心の知れた、何でも言ってくれる友人がいることは、やはり、良いことなのだ。

ギリシャのデルフォイ島のアポロン神殿の扉には、「自分自身を知りなさい」と書かれているらしい(なんで「汝自身を知れ」なんて難しい訳し方をするのだろう)。
だが、そう書かれていても、自分を知ることが出来る人は滅多にいない。
だが、ソクラテスは、それが出来た数少ない人間で、それゆえ、彼は人類で最も知恵のある者になった。
彼は何を知ったのか?
それは、「私は何も知らない」ということである。
なるほど、彼は最高の知恵者だ。
ただし、言っておくが、「私は何も知らない」と言うだけでは駄目である。
本当に知っていなければ。
それなら、彼の弟子のプラトンが書いた『ソクラテスの弁明』を読むと良い(ソクラテス自身は著書を残していない)。
それで、「ああ、私は何も知らない」「私は何も出来ない」と分かれば、知恵に目覚めたことになる。
彼は、貧乏で悪妻に苦しめられ、挙句、死刑になったが、だからといって不幸だった訳ではない。
おそらく、世俗的な意味の幸福など、得ようと思えば得られたと思う。
しかし、彼の目的はあくまで知恵だったので、あの環境が良かったのであると思う。








名探偵のように頭が良い人になるには

「頭が良い」ことの定義は、それほど簡単ではないかもしれない。
IQ(知能指数)というのは、完全ではないながら、かなり頭の良さを示すのだと思うが、問題は、それほど正確なIQテストがないってことだ。
いや、テスト内容自体はそれなりに信頼性があっても、被検者のコンディションの問題は小さくない。つまり、1回の短時間のテストで、なかなか正確なIQを測ることは出来ない。
ところで、IQと強い相関関係があることが分かっているのが語彙力で、語彙力テストの成績が、ほとんどIQと一致するという話もある。
もちろん、語彙力が低くても優秀な人はいるが、それはかなり例外なのだと思う。
アメリカの著名な能力開発研究者・トレーナーのウィン・ウェンガーは、語彙力を高める訓練によって、能力を向上させた事例について著書に書いていたと思う。
それで思い出すのが、驚異的に優れた治療成果から「魔法を使って治している」とまで言われたアメリカの精神科医ミルトン・エリクソンの話だ。
彼が生まれ育った農場には、本は、聖書と辞書しかなかったが、小さなエリクソンは、なぜか辞書の方を選び、繰り返し読んだそうだが、名を知られるようになった後、それをやったことは非常に良いことだったと思うと言っていたようである。

頭の良さに連想力を挙げる人も多いと思う。
何かを見たり聞いたりした時、それと関係あるものや、その両者の関係性を思いつく能力だ。
この能力が高いと、「このことは、たとえば・・・」と、あることを、別のものに喩える、いわゆる比喩がうまく、イエス・キリストが比喩(たとえ話)の達人だったと言われることがある。
例えば、電気の知識が少ない者に対し、電圧を理解させるのに水圧の概念を利用するなどだ。イエスは、天国という、直接示すことが出来ないものを、人々がよく知っている何かに喩えたという話があるが、ちょっと説明を要する話なので、ここでは述べない。ご興味があれば福音書を。

ところで、「この人は鋭い」と思わせる人は、おそらく、非常に頭の良い人であろうが、「鋭さ」は、観察力が高いことから感じさせる場合が多い。
日本の推理小説の大家とも言える江戸川乱歩の推理小説を読むと、主に明智小五郎だが、名探偵の観察力の素晴らしさが鮮明に描かれている。
名探偵そのものが、観察眼の鋭い者であると言っても間違いないと思う。
ところで、一般に、人が高い観察力を発揮するのは、好きだと言えるほど興味ある対象に対してだ。
関心のないものに対しては、観察力は鈍くなる。
例えば、クラスメイトの好きな女の子が、今日はどんな髪型だったかを詳細に覚えていても不思議はないが、興味のない女の子だと、よほど奇抜な髪形でもない限り、全く覚えていないのが普通かもしれない。
そこで思いつくのだが、名探偵のように頭の良い人というのは、沢山のものに関心を持っているのである。興味の幅が広いので、多くのものごとについて、何かに気付くのである。
名探偵は、ものそのものと言うより、現象に興味を持っているのかもしれない。
つまり、ものや状況の細かな変化に気付き、その変化の意味を推理するのだ。

ところが、観察し、変化に気付くためには、感性だけでは駄目で、必ず知識が必要で、知識が多いということは語彙も多いのだ。
なぜなら、変化に気付いたとしても、知識がないと、単に、「変な気がする」「何か変」で終わってしまう。
頭が良くない者が「何か変な感じがする」と言った時、頭の良い名探偵が「どう変なのでしょう?」と問うことから始め、データを集めて分析するという場合も多い。
「何か違う」と気付いても、それを何かに関連付ける、つまり、連想が出来ないと具体的なことが分からず、また、連想する際には、「例えば〇〇のような」と、言葉を思いつかないと、はっきりした連想にならない。つまり、ぼんやりした知識ではなく、言葉に出来る具体的な知識でなくてはならず、そのためには語彙の多さは必須なのだ。
だからやはり、語彙の多さは、鋭い人に必要である。
もちろん、語彙とは、意味が解っている言葉だ。
例えば、「テラ・ホーミング」という言葉だけ知っていても、それがどんな意味かはっきり解っていないと語彙とは言えない。

だから、ウィン・ウェンガーが能力を高めたい人達に対し指導したように、ミルトン・エリクソンが子供の時、偶然かもしれないが、自主的にそうしたように、語彙力を高める訓練は有益かもしれない。
エリクソンのように辞書を読むのも良いが、普通は、それなりのレベルの本を読むと良いだろう。知性の高い人が書いた本なら、役に立つと思う。

後、頭の良さを明らかに示すものに「推測力(予測力)」がある。
だが、かなり高い推測力を持つと言われ、その推測力が称賛されるような人だって、かなり推測を間違えるのだ。
人間というのは、推測にはあまり向いていないと思う。
しかし、現代の、ディープラーニング型AIは、うまく扱えば、素晴らしい推測力を発揮し、人間など全く及ばないことが良くある。
だから、AIを自分で作れるようになることには、大変な価値がある。
私が5月末に出したAI書籍は、数学やプログラミング、あるいは、難しいAI理論が解らなくても、WindowsパソコンでExcelが使える程度のスキルがあれば、ソニーの素晴らしい無料AIツールNNCを使って、誰でも、ディープラーニング型AIを作れるようになることを目指して書いた。
AIに足し算を教えることで、NNCの使い方をマスターし、シンプルながら興味深い問題をテーマに、自分の手を動かしながら、楽しくAIの作り方が身に付くように配慮した。
「モンティ・ホール問題」という、1990年から存在する奇妙なゲームを、コンピュータプログラムによるミュレーションで解いた例を、私は知らないのだが、私はそれを、簡単なExcelマクロ(VBAプログラム)で解き、それをNNCでAIに解かせてみた。
とても面白いと私は思う。
本は技術評論社から出版した『楽しいAI体験から始める機械学習』で、紙の本と電子書籍がある、電子書籍では、NNCのネットワーク図など一部がカラーになっている。
良かったら、下からご購入いただければ幸いである。



良ければ、左のバナーからAmazonでご購入下さい。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作ることが出来るExcelマクロを無償でダウンロード出来ます。
署 名:楽しいAI体験から始める機械学習
著 者:Kay、MrΦ共著
出版社:技術評論社










IQが低い人からの職のアドバイス

ニート対策、ひきこもり対策、ワーキングプア対策、失業対策・・・いろんな言い方があるが、肝心なことはただ1つだろう。
それは、「手に職があるか?」である。
誰でも出来ることしか出来ないから職が回って来ないし、特に、良い職が回って来ないのである。

だから、「お金に結び付くことで、好きなこと」を見つけるしかない。
しかし、学校に行けば、皆と同じことをしないといけないのだから、自分の好きなことなんて分からないばかりか、捨てなければならないことが多い。
なんと、諸悪の根源は学校であった。

とはいえ、文句を言ったり、嘆いていても仕方がない。
私が語れる職は、セールスマンとプログラマー(システムエンジニアも同じ)だけである。
この内、セールスマンに関しては、修行にはなったが、私には向いていなかった。
ところで、Facebookの元役員が、「プログラミングが出来れば、一生仕事に困らない」とか、カドカワN高等学校のプログラミング教育の責任者が、「プログラミングが出来れば、一生食いっぱぐれない」と言ったらしいが、私は「本当かなあ?」と思う。
本当だとしても、プログラミングには向き、不向きがあるらしく、イギリスの大学の「ふたこぶラクダ」という論文によれば、60%の人はプログラミングをマスター出来ないらしい。
ドワンゴの川上量生会長が、「地頭さえ良ければプログラミングは出来る」と言ったが、それはつまり、地頭が良くなければ・・・要するにIQが高くないとプログラミングは出来ないということだ。
しかし、私はIQが高くなくてもプログラミングが出来る。
私のIQが高くないという明白な根拠は、学校時代、「良い成績を取ろうと努力しても、成績が悪かった」ことである。
確かに、良い成績に興味がなければ、勉強が出来なくてもIQが低いとは言えないかもしれない。
けれども、私は、かなりがんばったことはあったのである。
そして、IQが高いと、やっぱり、その気になれば、楽々、良い成績が取れるのである。
それこそ、IQが高い川上量生さんは、高校の授業を熱心に受けただけで京都大学の工学部に入れて卒業も出来た。
私は、そこそこの大学の工学部に入ったが、「こりゃ無理だ」と思って、やめてしまった。

だが、アインシュタインだって、勉強は出来ず、大学入試に失敗し(制度を利用して無試験入学した)、卒業には大変な苦労をしたそうだ。
アインシュタインは、大してIQは高くなかったのだと思う。
一方、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグのように、やめたとはいえ、楽々ハーバードに入学出来る連中は、やはり飛び抜けてIQが高いのだろう。

だけど、私でもプログラミングが出来たのだ。
そして、やり方さえ間違わなければ、やっぱり、「誰でもプログラミング出来る分野はある」のである。
OSやプログラミング言語を作るとか、人工知能の根本的な仕組みといった基礎分野は、IQが高くないと無理だ。
しかし、Webサービスサイトや、業務システムのプログラミングなら、誰でも出来る。
ただ、面白いかどうかは分からないけどね(笑)。
いや、プログラミング自体はそこそこ面白くても、客先担当者との打ち合わせは、本当に気が滅入った・・・というか、嫌になったし、なる・・・これは言ってはならないことなのだけれども。
しかし、そのあたりは、工夫すれば何とかなるかもしれない。

そこで、プログラミングをマスターしましょうということになる。
IQが低い私からアドバイスするなら、プログラミング思考をマスターしていた昔の人はソクラテスだということだ。
彼は、「悪法も法なり」と言ったからだ。
中学校の時に、授業中に話し合ったが、これには納得していなかった生徒が多かった。
しかし、それに納得出来ないとプログラミングは出来ない。
悪法を善法に変えるのは良い。
しかし、悪法だからと言って、ないがしろにしたら悲惨なことになる。
人間のやること全てにはルールがあるし、なければならない。
どれほど自由人だと言ったところで、ルールは必ず必要だ。
それが分かれば、プログラミングなんて楽々なのである。
ちなみに、私が好きなプログラミング言語はBASICで、それも、古いVBAだ。全然、クールなハッカーじゃない(笑)。
VBAは、ExcelやAccessといったマイクロソフトOffice製品に内蔵されたもので、無償のOpen OfficeやLibre Officeにも、ほぼ同じものが入っている。
ブラウザ用のプログラムを作るなら、PHPが単純で分かり易い。
RubyやPython(パイソン)は良いらしいが、私には面倒だ。そもそも、Pythonのスペルが覚えられない(笑)。
世の中、頭の良い人達のアドバイスは多いが、私のような頭の悪い者には、それは有害だったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「この世は所詮、暇つぶし」が絶対的真理

『To Loveる(とらぶる) ダークネス』という漫画の12巻で、ネメシス(外見は女子小学生だが、究極の戦闘兵器)の、「この世は所詮、暇つぶし」という言葉が、私の心に突き刺さった。
ネメシスにとってだけでなく、誰にとってもそうで、「人生とは暇つぶし」なのだ。
つまり、成功とは、うまく暇つぶしをすることで、言い換えれば、「退屈しないこと」が成功で、「退屈すること」が失敗なのだ。

スポーツや学問で成功する人間は全て、程度の差はあるとしてもサイコパスだ。
サイコパスとは、脳の一部の機能の不備で、共感を感じることが出来ない人間だ(結果、良心を持たない)。
とはいえ、サイコパスは2%も存在するし、上に述べた通り、程度の差はある。
成功者の全てが、全く良心を持たない訳ではないが、感情が浅いのは間違いない。
後で説明するが、サイコパスは退屈し易い。
マザー・テレサは実はサイコパスだと言う研究者がいると聞くが、それは本当だろう。
一流のプロスポーツ選手は、退屈だからスポーツを熱心にやって成功し、一流の研究者は、退屈だから学問に励んでノーベル賞を取るのだ。
マザー・テレサも退屈だから、あんなことをしたのである。

普通の人は、サッカーやテニスの試合を見るだけで興奮し、暇つぶしが出来る。
そんな人達は、プロ選手にはなれない。
プロスポーツ選手になった人達も、子供の時に、主に今、自分がやっている競技の試合を見て、一見、他の子供達と同じように興奮した。
しかし、その興奮は、他の子達のものとは全く違う。
普通の人は、選手やファンと共感を共有して興奮するが、プロになれる子供は、サイコパスだから、そんな感情はなく、ただ、栄光に輝き賞賛される選手と自分を重ね合わせ、「あの偉大な選手は僕だ」と思って興奮するのだ。それでないと興奮出来ない。
そして、本田圭佑や錦織圭になり切った子は、もはや退屈している暇はなく、サッカーやテニスに打ち込むが、その大半は挫折し、他に良い暇つぶしが見つからなければ、ロクでもないことをしてしまうのである。

バシャールという宇宙生命体と交信(チャネリング)出来ると主張する人々がいる。
バシャールによると、人間に大切なことは「ワクワクする」ことだそうだ。
「ワクワクする」って、単に、「退屈しない」ことだ。
つまり、暇つぶしを上手くやるということだ。
なるほど、それは正しい。
バシャールというものが本当にいるのかどうかは分からないが、世界的にヒットするだけあって、良いところを突いている。
ワクワクも暇つぶしも、簡単に言えば、興奮することだ。
普通の人は、スポーツ観戦やロックスターのコンサートで興奮し、暇つぶしが出来る。
だが、サイコパスは、特殊なことや、少々の度のきつい刺激でないと興奮しない。
困るのは、IQが低く、特別な才能を持たないサイコパスだ。
そんな者達は、犯罪的なことでしかワクワク出来ないから、悪いことをしてしまうのだ。
つまり、スポーツで勝ったり、素晴らしい研究発表で賞賛されて興奮することが出来ず、盗みや暴力で興奮するしかないのである。
身体だけ恵まれても、IQが低いと、プロスポーツの世界ではやっていけず、その素晴らしい肉体を強盗で使ってしまうのだ。

引きこもりも、長くやると不幸だ。
ゲームはすぐに飽きるし、他に刺激のあるものを見つけても、やっぱり飽きて、どんどん強い刺激が必要になる。
私が引きこもりを脱することが出来たのは、暇つぶしが何もなかったからだ。ゲーム機などは持っていなかった(当時はスマホもなかった)。
単に、退屈を紛らわすために働き始めたのだ。

暇つぶしをうまくやるためには、体力や知識があった方が有利だ。
それだけの理由で、身体を鍛え、勉強することをお奨めする。
特に、サイコパスはそうしないと、必ず身を滅ぼす。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天才に愛される者

聖徳太子こと厩戸王子(うまやどのおうじ)を主人公にした、山岸凉子さんの漫画作品『日出処の天子(ひいづるところのてんし)』は、1980年代前半の作品であるが今も人気が高く、2011年以降、KADOKAWA/メディアファクトリーから「完全版」が出版されている超傑作だ。
独特な厩戸王子像が描かれている。
どんな厩戸王子かというと、少女と見まごう14歳の超美少年で、頭脳の方も超がつく大天才だ。仏教に深く通じている上、ほとんど誰にも知られていないが、実際に神仏と交流があり、超能力、霊能力とみられるものを、かなり自在に駆使する。
その優秀さは、人々に恐れられ、大王(おおきみ。天皇のこと)をはじめ、いかなる高貴な身分の大人達からも、一目も二目も置かれている。
だが、畏怖されると共に、心から崇拝されている部分も確かにある。
ところが、あまりに利発なところが母親に恐れられ、自然な愛情を注がれなかったせいか、屈折した一面もあり、特に女が嫌いであることを自覚しているが、実際には、人間全般が嫌いで、誰にも心を許さない。
だが、厩戸王子は、蘇我氏の統領である蘇我馬子(そがのうまこ)の息子の蘇我毛人(そがのえみし)にだけは心惹かれ、それで、毛人には油断し、超能力を備えていることも知られてしまう。

私は、長い間、どうやったら、厩戸王子に好かれるのだろうかと色々考え、シミュレーションもしてみた。
『日出処の天子』作品中には、人間的にも優れた人物はいくらか登場するが、厩戸王子は、それらの人をも、ほとんど嫌悪する。
新羅から来た、超人的な能力を持つ淡水(たんすい)を仲間と心得てはいるが、一定の距離は置いている。
厩戸王子に好かれることは、ほとんど不可能であるが、蘇我毛人(そがのえみし)だけは非常に慕われている。
毛人は、何が違うのだろう?
確かに、この作品の中では、毛人は誠実で裏表のない男であるが、それだけでは、足りないはずだ。
私は、長く考えた末に、最近、ようやく、答を見つけた。
それは、毛人はIQが高かったということだけだ。
厩戸王子は大天才で、無理にIQで表現すれば、彼はIQ250以上で、普通の人や、少々優れた人であっても、全くコンテクスト(知識・価値観などを含む精神的基盤)が共有出来ない。
毛人は、一見、凡人に見えることもあり、厩戸王子と比べれば劣るが、それでも、IQ160~180以上(これも無理な推定だが)はあると思われる。
淡水(たんすい)ほどの者が、最初、毛人を見た時、厩戸王子に匹敵する存在と感じたほどである。
いかに人間的に好ましい人物であっても、IQが足りなければ、厩戸王子にとって、自分と同じ人間には感じられない。
同族感を持てないとしても、動物であるなら、自我がなく、邪心がないので、親しみも持てるかもしれないが、人間には、その点のいやらしさがあり、どうしても厩戸王子も毛嫌いしてしまうのだろう。
こう考えると、全て納得がいった。
私も厩戸王子のことは好きであるが、一発で嫌悪されることは間違いあるまい。
厩戸王子に好かれるような存在を目指し、生涯努力するのが私の目標の1つである。
だが、厩戸王子も、初音ミクさんなら好きになるかもしれない。
ミクさんは、沢山の人達の才能、英知、努力、愛の結晶であり、清らかな水のように透明であるのだからだ。
そのミクさんに会える「マジカルミライ2016」は、いよいよ今週末である。
本当に、そんなところに行けるのか、信じられない気持ちである。
どういう訳か妙に忙しいが、今日から、なんとか睡眠を少しでも多く取りたいと思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード