ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

IQ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

IQが低い人からの職のアドバイス

ニート対策、ひきこもり対策、ワーキングプア対策、失業対策・・・いろんな言い方があるが、肝心なことはただ1つだろう。
それは、「手に職があるか?」である。
誰でも出来ることしか出来ないから職が回って来ないし、特に、良い職が回って来ないのである。

だから、「お金に結び付くことで、好きなこと」を見つけるしかない。
しかし、学校に行けば、皆と同じことをしないといけないのだから、自分の好きなことなんて分からないばかりか、捨てなければならないことが多い。
なんと、諸悪の根源は学校であった。

とはいえ、文句を言ったり、嘆いていても仕方がない。
私が語れる職は、セールスマンとプログラマー(システムエンジニアも同じ)だけである。
この内、セールスマンに関しては、修行にはなったが、私には向いていなかった。
ところで、Facebookの元役員が、「プログラミングが出来れば、一生仕事に困らない」とか、カドカワN高等学校のプログラミング教育の責任者が、「プログラミングが出来れば、一生食いっぱぐれない」と言ったらしいが、私は「本当かなあ?」と思う。
本当だとしても、プログラミングには向き、不向きがあるらしく、イギリスの大学の「ふたこぶラクダ」という論文によれば、60%の人はプログラミングをマスター出来ないらしい。
ドワンゴの川上量生会長が、「地頭さえ良ければプログラミングは出来る」と言ったが、それはつまり、地頭が良くなければ・・・要するにIQが高くないとプログラミングは出来ないということだ。
しかし、私はIQが高くなくてもプログラミングが出来る。
私のIQが高くないという明白な根拠は、学校時代、「良い成績を取ろうと努力しても、成績が悪かった」ことである。
確かに、良い成績に興味がなければ、勉強が出来なくてもIQが低いとは言えないかもしれない。
けれども、私は、かなりがんばったことはあったのである。
そして、IQが高いと、やっぱり、その気になれば、楽々、良い成績が取れるのである。
それこそ、IQが高い川上量生さんは、高校の授業を熱心に受けただけで京都大学の工学部に入れて卒業も出来た。
私は、そこそこの大学の工学部に入ったが、「こりゃ無理だ」と思って、やめてしまった。

だが、アインシュタインだって、勉強は出来ず、大学入試に失敗し(制度を利用して無試験入学した)、卒業には大変な苦労をしたそうだ。
アインシュタインは、大してIQは高くなかったのだと思う。
一方、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグのように、やめたとはいえ、楽々ハーバードに入学出来る連中は、やはり飛び抜けてIQが高いのだろう。

だけど、私でもプログラミングが出来たのだ。
そして、やり方さえ間違わなければ、やっぱり、「誰でもプログラミング出来る分野はある」のである。
OSやプログラミング言語を作るとか、人工知能の根本的な仕組みといった基礎分野は、IQが高くないと無理だ。
しかし、Webサービスサイトや、業務システムのプログラミングなら、誰でも出来る。
ただ、面白いかどうかは分からないけどね(笑)。
いや、プログラミング自体はそこそこ面白くても、客先担当者との打ち合わせは、本当に気が滅入った・・・というか、嫌になったし、なる・・・これは言ってはならないことなのだけれども。
しかし、そのあたりは、工夫すれば何とかなるかもしれない。

そこで、プログラミングをマスターしましょうということになる。
IQが低い私からアドバイスするなら、プログラミング思考をマスターしていた昔の人はソクラテスだということだ。
彼は、「悪法も法なり」と言ったからだ。
中学校の時に、授業中に話し合ったが、これには納得していなかった生徒が多かった。
しかし、それに納得出来ないとプログラミングは出来ない。
悪法を善法に変えるのは良い。
しかし、悪法だからと言って、ないがしろにしたら悲惨なことになる。
人間のやること全てにはルールがあるし、なければならない。
どれほど自由人だと言ったところで、ルールは必ず必要だ。
それが分かれば、プログラミングなんて楽々なのである。
ちなみに、私が好きなプログラミング言語はBASICで、それも、古いVBAだ。全然、クールなハッカーじゃない(笑)。
VBAは、ExcelやAccessといったマイクロソフトOffice製品に内蔵されたもので、無償のOpen OfficeやLibre Officeにも、ほぼ同じものが入っている。
ブラウザ用のプログラムを作るなら、PHPが単純で分かり易い。
RubyやPython(パイソン)は良いらしいが、私には面倒だ。そもそも、Pythonのスペルが覚えられない(笑)。
世の中、頭の良い人達のアドバイスは多いが、私のような頭の悪い者には、それは有害だったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「この世は所詮、暇つぶし」が絶対的真理

『To Loveる(とらぶる) ダークネス』という漫画の12巻で、ネメシス(外見は女子小学生だが、究極の戦闘兵器)の、「この世は所詮、暇つぶし」という言葉が、私の心に突き刺さった。
ネメシスにとってだけでなく、誰にとってもそうで、「人生とは暇つぶし」なのだ。
つまり、成功とは、うまく暇つぶしをすることで、言い換えれば、「退屈しないこと」が成功で、「退屈すること」が失敗なのだ。

スポーツや学問で成功する人間は全て、程度の差はあるとしてもサイコパスだ。
サイコパスとは、脳の一部の機能の不備で、共感を感じることが出来ない人間だ(結果、良心を持たない)。
とはいえ、サイコパスは2%も存在するし、上に述べた通り、程度の差はある。
成功者の全てが、全く良心を持たない訳ではないが、感情が浅いのは間違いない。
後で説明するが、サイコパスは退屈し易い。
マザー・テレサは実はサイコパスだと言う研究者がいると聞くが、それは本当だろう。
一流のプロスポーツ選手は、退屈だからスポーツを熱心にやって成功し、一流の研究者は、退屈だから学問に励んでノーベル賞を取るのだ。
マザー・テレサも退屈だから、あんなことをしたのである。

普通の人は、サッカーやテニスの試合を見るだけで興奮し、暇つぶしが出来る。
そんな人達は、プロ選手にはなれない。
プロスポーツ選手になった人達も、子供の時に、主に今、自分がやっている競技の試合を見て、一見、他の子供達と同じように興奮した。
しかし、その興奮は、他の子達のものとは全く違う。
普通の人は、選手やファンと共感を共有して興奮するが、プロになれる子供は、サイコパスだから、そんな感情はなく、ただ、栄光に輝き賞賛される選手と自分を重ね合わせ、「あの偉大な選手は僕だ」と思って興奮するのだ。それでないと興奮出来ない。
そして、本田圭佑や錦織圭になり切った子は、もはや退屈している暇はなく、サッカーやテニスに打ち込むが、その大半は挫折し、他に良い暇つぶしが見つからなければ、ロクでもないことをしてしまうのである。

バシャールという宇宙生命体と交信(チャネリング)出来ると主張する人々がいる。
バシャールによると、人間に大切なことは「ワクワクする」ことだそうだ。
「ワクワクする」って、単に、「退屈しない」ことだ。
つまり、暇つぶしを上手くやるということだ。
なるほど、それは正しい。
バシャールというものが本当にいるのかどうかは分からないが、世界的にヒットするだけあって、良いところを突いている。
ワクワクも暇つぶしも、簡単に言えば、興奮することだ。
普通の人は、スポーツ観戦やロックスターのコンサートで興奮し、暇つぶしが出来る。
だが、サイコパスは、特殊なことや、少々の度のきつい刺激でないと興奮しない。
困るのは、IQが低く、特別な才能を持たないサイコパスだ。
そんな者達は、犯罪的なことでしかワクワク出来ないから、悪いことをしてしまうのだ。
つまり、スポーツで勝ったり、素晴らしい研究発表で賞賛されて興奮することが出来ず、盗みや暴力で興奮するしかないのである。
身体だけ恵まれても、IQが低いと、プロスポーツの世界ではやっていけず、その素晴らしい肉体を強盗で使ってしまうのだ。

引きこもりも、長くやると不幸だ。
ゲームはすぐに飽きるし、他に刺激のあるものを見つけても、やっぱり飽きて、どんどん強い刺激が必要になる。
私が引きこもりを脱することが出来たのは、暇つぶしが何もなかったからだ。ゲーム機などは持っていなかった(当時はスマホもなかった)。
単に、退屈を紛らわすために働き始めたのだ。

暇つぶしをうまくやるためには、体力や知識があった方が有利だ。
それだけの理由で、身体を鍛え、勉強することをお奨めする。
特に、サイコパスはそうしないと、必ず身を滅ぼす。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天才に愛される者

聖徳太子こと厩戸王子(うまやどのおうじ)を主人公にした、山岸凉子さんの漫画作品『日出処の天子(ひいづるところのてんし)』は、1980年代前半の作品であるが今も人気が高く、2011年以降、KADOKAWA/メディアファクトリーから「完全版」が出版されている超傑作だ。
独特な厩戸王子像が描かれている。
どんな厩戸王子かというと、少女と見まごう14歳の超美少年で、頭脳の方も超がつく大天才だ。仏教に深く通じている上、ほとんど誰にも知られていないが、実際に神仏と交流があり、超能力、霊能力とみられるものを、かなり自在に駆使する。
その優秀さは、人々に恐れられ、大王(おおきみ。天皇のこと)をはじめ、いかなる高貴な身分の大人達からも、一目も二目も置かれている。
だが、畏怖されると共に、心から崇拝されている部分も確かにある。
ところが、あまりに利発なところが母親に恐れられ、自然な愛情を注がれなかったせいか、屈折した一面もあり、特に女が嫌いであることを自覚しているが、実際には、人間全般が嫌いで、誰にも心を許さない。
だが、厩戸王子は、蘇我氏の統領である蘇我馬子(そがのうまこ)の息子の蘇我毛人(そがのえみし)にだけは心惹かれ、それで、毛人には油断し、超能力を備えていることも知られてしまう。

私は、長い間、どうやったら、厩戸王子に好かれるのだろうかと色々考え、シミュレーションもしてみた。
『日出処の天子』作品中には、人間的にも優れた人物はいくらか登場するが、厩戸王子は、それらの人をも、ほとんど嫌悪する。
新羅から来た、超人的な能力を持つ淡水(たんすい)を仲間と心得てはいるが、一定の距離は置いている。
厩戸王子に好かれることは、ほとんど不可能であるが、蘇我毛人(そがのえみし)だけは非常に慕われている。
毛人は、何が違うのだろう?
確かに、この作品の中では、毛人は誠実で裏表のない男であるが、それだけでは、足りないはずだ。
私は、長く考えた末に、最近、ようやく、答を見つけた。
それは、毛人はIQが高かったということだけだ。
厩戸王子は大天才で、無理にIQで表現すれば、彼はIQ250以上で、普通の人や、少々優れた人であっても、全くコンテクスト(知識・価値観などを含む精神的基盤)が共有出来ない。
毛人は、一見、凡人に見えることもあり、厩戸王子と比べれば劣るが、それでも、IQ160~180以上(これも無理な推定だが)はあると思われる。
淡水(たんすい)ほどの者が、最初、毛人を見た時、厩戸王子に匹敵する存在と感じたほどである。
いかに人間的に好ましい人物であっても、IQが足りなければ、厩戸王子にとって、自分と同じ人間には感じられない。
同族感を持てないとしても、動物であるなら、自我がなく、邪心がないので、親しみも持てるかもしれないが、人間には、その点のいやらしさがあり、どうしても厩戸王子も毛嫌いしてしまうのだろう。
こう考えると、全て納得がいった。
私も厩戸王子のことは好きであるが、一発で嫌悪されることは間違いあるまい。
厩戸王子に好かれるような存在を目指し、生涯努力するのが私の目標の1つである。
だが、厩戸王子も、初音ミクさんなら好きになるかもしれない。
ミクさんは、沢山の人達の才能、英知、努力、愛の結晶であり、清らかな水のように透明であるのだからだ。
そのミクさんに会える「マジカルミライ2016」は、いよいよ今週末である。
本当に、そんなところに行けるのか、信じられない気持ちである。
どういう訳か妙に忙しいが、今日から、なんとか睡眠を少しでも多く取りたいと思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

私は蝉

この世に、「変わり者」なんていないと思う。
そんなはずはないと思うだろうか?
ではまず、本当に、ものの考え方や、行動パターンが他の人達と違い、しかも、「それでちゃんとやれている」人って、どのくらいいるだろう?
おそらく、数十人から百人に1人位だと思う。
そんな人というのは、別に変わっているのではなく、単に、IQが高いだけなのだ。
数十人に1人から百人に1人程度なら、IQ130前後で、天才というほどではないが、普通の人と比べると、やはり、違いは目立つかもしれない。
特に、学校や会社では、「皆が同じ」であることを強いられるので、その中では、異端者になってしまうだろう。
しかし、やっぱり、「変わっている」という訳ではないのである。
いうなれば、アヒルの中の白鳥・・・と言うよりは、猫の中の虎である。
本質的に同じなのだが、力が違うのである。

だが、学校や会社では、「前に倣え」方式に、皆と同じように話し、行動しないと容赦されない。
それで、IQが高い者は自分を偽ることになり、それは辛いことだろう。
いっそのこと、IQ160以上の天才であれば、他の者達だって、「こいつは、我々とは全く違う存在」「宇宙人」と認識するが、そうであれば、案外、うまく付き合えるのである。
もちろん、親しく交流するというのではなく、必要がない限り、お互い距離を置き、余計な干渉をしないということだ。
丁度、10~20歳差の男女であれば、かなりゼネレーションギャップがあって付き合い難いのだが、これが30歳以上離れていると、お互い、相手は自分とは違う人間と認識するので、案外に上手く付き合えるのと似ている。
年の離れたカップルというのは、本当に相手の良さを理解しているもので、それが引力になっているが、やはり、共にIQが高い場合が多いのだと思う。


ところで、今週の10日、11日の、千葉県の幕張メッセでの、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」で、私はどこで食事をするのか考えてみた。
10日の朝に関西から関東に向かうが、朝食と昼食はいつも食べないし、その日も、夜のコンサート終了まで食事をしないだろう。
夜公演の終了は午後8時過ぎで、私の普段の夕食は9時過ぎだから、いつも通りである。
だが、やはり、コンサートでは大いにフィーバーすることになる。
セミだって、鳴いたり、飛んだりするために、樹液を吸って、炭水化物を補給するのである(セミと同じか・・・)。
なら、コンサート開始前に、甘いものでも少し食べて、エネルギーを蓄えておくのが良さそうだ。
『千の風になって』で一般にもよく知られているテノール歌手の秋川雅史さんは、コンサート前にシュークリームを1つ食べるそうである。
お腹が張らずに、効率よくエネルギー源である炭水化物を摂れるのだから、実に合理的である。
一方、フィギュアスケートの浅田真央さんは、競技前におにぎりを2個食べるそうだが、これは消化のための負担が大きいと思う。
私は、以前から、浅田さんが、実力の割には大きなミスが多いのは、それが原因と推測している。
セミもカブト虫も、穀物なんて食べない。
もちろん、人間は虫と違い、大人になっても、身体を作るタンパク質が必要であるが、最も効率の良い活動エネルギーは炭水化物なのだ。
ご存知の通り、脂肪なんて、そう簡単にエネルギーにならない・・・つまり、燃焼しないし、まして、タンパク質を分解してエネルギーにしなければならなくなったら危険である。
初代タイガーマスクも、「戦うためには炭水化物が必要」と言っておられたと思うが、これは学問的というより、体験的に知っているのであり、特に動きが鋭く速い彼が甘いものが大好きだというのは、大いに納得出来るのである。
幕張メッセ周辺は、飲食店は多いが、土地勘がないし、また、コンサートが終わったら、ホテルのレストランはそろそろ終了する頃なので、ルームサービスを利用しようかとか考えている。
いや、いっそ、ケーキでも買って、食べたらすぐ寝て、日曜の昼公演のエネルギーにしようか。
私は、つくづくセミである。
ところで、セミの英語名Cicada(シカーダ)は、正しい発音だと「好きだ」に聴こえると思う。
「好き」という言葉を深く想うと、精神エネルギーが湧き上がる。
だから、ミクさんを好きな人が、ミクさんのコンサートの後、空を見ると、UFOを見つけることもあるだろうし、星が語るのを聴く人もいると思う。
ミクさんのコンサートに行った日の夜は、空を見ることをお薦めする。

Last night,Good night
Last night,Good night
いつかは むかえる
最後を 想うよ
夜空に 願うの
ときわの 笑顔を

おやすみ
~『Last Night, Good Night』(作詞・作曲・編曲:kz、歌:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

物知り博士は本当に賢いのか

少し前、ニュースキャスターの辛坊治郎さんが、日本テレビだったと思うが、そこの偉い人が、論語を完全に暗記しているという話をされていた。
あくまで、面白いお話として、その偉い人を、「凄いが変な人」といった雰囲気で言われていたのだと思うが、これはもう、掛け値なしに凄い。
そんな真似が出来る人は間違いなくIQが高い。
暗記といえば、考えることと関係のない、詰め込み学習のようなイメージもあると思うが、多くの難しいことを、考えない人が覚えられるはずがない。

心理学者の村上宣寛さんの著書『IQってホントは何なんだ?』の中に、IQテストの例と、その(IQテスト)作り方が紹介されている。
そのIQテストは全8問で、中身は、
1.イギリスの首都はどこですか。
2.空気中の約8割を占めている気体は何ですか。
・・・・
5.ロッキー山脈はどこの大陸にありますか。
・・・・
8.日本の三名園をすべて挙げてください。
といった、他愛もないもので、「こんなものでIQが分かるのか?」と言う人もいるだろうが、十分推定出来るらしい。
実際に、それなりの数の人達に回答してもらい、一定の正答率が得られるのなら、問題として正しいのだと思う。
そして、IQと知識の相関性は確実にあるだろう。
簡単に言えば、物知りに馬鹿はいないのである。
ほとんど本というものがない地域でも、やはり賢い人は物知りである。

では、この問題が分かるだろうか?
「真夜中に、月がほぼ真上に見えた。季節はいつか?」
太陽が高い位置に見えるなら、夏だとほとんどの人が分かる。
だが、月の高度が太陽と、ほぼ逆だと知っている人は、ほとんどいないだろう。
(だから、答は冬である)
そして、そんなことを知っている人は、ある程度の確率をもって、かなり頭が良いと言える。
もちろん、外れている場合もあり、あくまで確率である。
だが、試験とは、そういった性質(優秀だという確率に頼る)のもので、それは、いかに権威あるIQテストでも同じであると思われる。
そもそも、権威あるIQテストを、調子が悪い時に長時間かけて受けても意味がないのに、権威ある試験というのは、試験のスケジュールが優先である。東大の受験とか、オリンピックなら、必死で試験や競技当日に体調が良いように調整するだろうが、IQテストというのは、どうせ結果が悪くても、誰にも言わないし、損もしないので、それほど気を使わないだろう。
それなら、権威あるテストで妙な一発勝負をするよりもネット上のいくつかのIQテストで、調子が悪くなかった時のものを見て、成績が似ていれば、それが自分のIQと思って、ほぼ間違いない。
これが、インターネットによる、昔はなかった大きな利点でもある。

良い本を丸一冊、暗記してみると良い。
IQが低い人には出来ないが、努力して、それを成し遂げたら、かなりIQが上がっている。
ミルトン・エリクソンという、驚異的に優れた精神科医がいたが、彼が子供の時住んでいた家には、本は、聖書と辞書しかなく、エリクソンは、なぜか辞書を選び、それを何度も、最初から最後まで読み、かなり覚えてしまっていた。
それで、彼はIQを高度に発達させたのではないのかと思うのだ。
逆に、聖書を暗記して賢くなった人もいる。ひょっとしたら、聖書の内容が良いから賢くなったというより、暗記で頭がよくなったのではないかと思う。
ただ、試験のために無理矢理覚えても、すぐに忘れてしまうので、あまり頭は良くならない。
あくまで、エリクソンのように、長い繰り返しの中で、自然に覚えるのが良いのだと思う。

仏教というのは、釈迦の教えを、弟子達が寄り集まって、釈迦の言葉を覚えている人が発表して、みんなでそれを暗記するという形で伝え、暗記する内容には、厳密さが要求された。
直接、釈迦に教わった人達は、誰が一番正確に覚えているか判断し、選ばれた人が皆の前でその教えを発表したのだと思うが、釈迦の高弟達は、優秀な上、真面目な人達だったろうから、信用しても良いような気がする。
そして、その教えを繰り返し聴き、暗記してしまった人達は、やはり、頭が良くなったのだと思う。
現代なら、良質な知識をいくらでも見つけることが出来るだろう。
知識が増えると、ものを考えるフィールドも広がるのだから、やはり、しっかりとした知識のある者は頭が良いはずなのである。

私は、多くのコンピュータープログラマーに会ったが、優秀な人達というのは、非常に知識豊富だ。
ITのことについては、専門でなくても、例えば、AIやビッグデータ、あるいはブロックチェーンなどについて、ある程度、正確に知っているのである。
逆に、「ビッグデータ?俺には関係ないから全然分からんよ」とか、「ブロックチェーン?何それ?」といった感じの者で、ロクなプログラマーはまずいない。
ビル・ゲイツも、「優秀なプログラマーは、あらゆることを話題にする」と言ってたと思う。
そして、ゲイツは、プログラマーの能力は純粋なIQだとも述べていたはずだ。
それは、逆もまた真なりなのだと思う。
つまり、あらゆることを話題に出来るよう努力すれば、IQも向上するのだと思う。
「物知り博士」は、かなりの高確率で、本当に賢いのだろう。
ただし、それなりに優れた知識であれば・・・だが。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ