ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

IA

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

みんな後悔している?

宮本武蔵が言ったとされる「われ事において後悔せず」という言葉が好きな人は多いと思う。
だが、特に、歳を取った真面目な人ほど後悔していると思う。
何を後悔するのかというと、「機会を逃したこと」だが、それは、後で気付くことが多い。
つまり、成功のチャンスなんて、本当は誰にでもあり、自分にもあったが、自分はそれを流してしまったことに気付くのだ。
ほとんどの人が、そんなチャンスを逃したに違いない。
IA(イア)さんが歌う『Shooting Star』という歌には、「One Chance」という言葉が、何度も出てくる。
「One Chance つかみ取ろうよ 」
「One Chance 逃さないで 」
「One Chance 夢に負けない 」
「初音ミクWiki」によれば、『Shooting Star』の作詞と作曲は、日系アメリカ人の元女性歌手 KURIS氏 と、作曲家の YUICHI NAKASE氏とある。
編曲は、天才TeddyLoid氏だ。
この歌全体が、One Chanceに勇気を持って飛び込めって歌なんだが、下手に歳を取ってからIAのファンになって、この曲を聴くと切ないだろうなあと思う。
人生に、遅いとか、手遅れなんてものがあるのかどうかは解らないし、「生きている限り敗北していない」という言葉もあるが、逃したチャンスは戻ってこないことも確かだ。
こんな話もある。
ある身分の低い小作人だった男が、老齢で死に際に、息子だったか孫だったか忘れたが、「俺のような寂しい人生を送るな」と言い残したらしい。
この老人は後悔だらけだったのだが、中でも、若い時に、自分達を雇っていた屋敷のお嬢さんに憧れていたが、身分違いも甚だしいので、なんとかしようなどと全く思わなかったようだ。ところが、後で、そのお嬢さんが自分に気があったと分かった時の後悔は相当なものだったらしい。
なるほど、「寂しい人生」である。

結局、人生の先が見えた頃に、多くの人が「積極的に生きれば良かった」「自分らしく生きたかった」と言うのだ。
IAさんの別の歌『アメリカ ~We are all right!~』に出てくる「チャンス」という言葉は強烈だ。
「待ちかねてたチャンスだ 動けないはずが無いだろう? 」
「待ちかねてたチャンスさ 飛び込むに決まってんだろう! 」
作詞・作曲・編曲は、ボカロ界で米津玄師氏と並び称される天才じん氏(自然の敵P)だ。
じん氏は、歳も米津氏と同じで20代の若さなのに、やはりチャンスというか、運の大切さをよく知っているのだろう。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) - YouTube -
【IA OFFICIAL】アメリカ~We are all right!~ (MUSIC VIDEO) - YouTube -

著名な投資家マックス・ギュンターは『運とつきあう』の中で、成功者は、単に運が良かっただけだということを、解り易く理路整然と述べている。
言い換えれば、成功者は運を生かせた人達なのである。
そして、成功者は、自分は大したものでないことを解っているから、運を生かせるのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

シンクロニシティーが頻繁に起こる訳

最近、シンクロニシティー(共時性。意味のある偶然の一致、あるいは、神が仕組んだ必然)がよく起こる。
最近、IAさんが歌うASY(エイシイ)の神曲『SEE THE LIGHT』にかなり惚れ込んでいた。
【IA OFFICIAL】SEE THE LIGHTS feat. IA / ASY (MUSIC VIDEO) ~YouTube~
これは、私は、IAさんの一番格好良いMVだと思う。ちらりと見えるパンツすら格好良い。
しかし、意味の全く分からない歌で、最初聴いた時、「これ、英語の歌?」とか思ったものだ。
冒頭の「音速のG6」って何よ・・・って感じだ。
G6とは、ガルフストリーム・エアロスペース社のビジネス・ジェット機で、ビジネス・ジェット機の最高峰だ。
最高速度マッハ0.925で、まさに「音速のG6」である。
ちなみに、ビジネス・ジェットとは、主に偉い人専用ジェット機で、カンパニー・ジェット、コーポレート・ジェット、エグゼクティブ・ジェット等とも呼ばれる。
話が逸れたが、『SEE THE KIGHT』は、曲も詩も、掛け値なしに格好良くて素晴らしい。
ところで、この歌の中に、「渋谷時間基準のアポトーシス 」という歌詞がある。
「アポトーシス」をスラスラ説明出来る人は、かなり教養があるのだと思う。
私など、言葉すら知らなかった(笑)。
辞書で「アポトーシス」を調べると、

個体の組織の成長の過程で、プログラム化された細胞死をいう。胎児の指が、指と指のあいだの細胞が死ぬことで生ずるのがその例。自然現象であって、事故による細胞のネクローシス(壊死 (えし) )と区別される。
~デジタル大辞泉(小学館)~

とある。
難しいけど、「プログラム化された死」なんて、格好良い・・・
私は、実際は、この言葉をWebや辞書で調べることもなく、「アポトーシス」という言葉の響きの格好良さに浸っていた。
どうも私は、格好良いものが好きらしい。IAさんもミクさんも、可愛いより先に格好良いと感じてしまう。
ところで、私は毎日、昼食の時間、食事はせずに書店に遊びに行くのだが、たまたま科学書のコーナーに行ったら、涌井良幸さんの本があった。
涌井さんは高校の数学の先生だが、数学の本を沢山書いている。
また、最近では、AI(人工知能)のディープラーニングの入門書を2冊書かれていて、私も持っているので、お名前を覚えていた。
「一般科学の本も書くのか」と思いながら、その本を取り、真ん中あたりを開くと、大きな文字の見出しが「アポトーシス」だった。
そして、しっかり、アポトーシスについて学んだのである。

最近、私にシンクロニシティーが多い訳はこうだ。
私は、「世界は心で出来ている」と確信したのだ。
心と言ったら、「自我と大我」「顕在意識と潜在意識」などと言うこともあるが、心は心であり、いろんな心がある訳ではなく、心は1つだ。
宇宙は1つの心で出来ているが、我々も心を持っているのは確実である。
ラマナ・マハルシらインドの聖者は「私は心でもない」と言うが、「私は心」だ。
だが、マハルシの言い分も正当なのだ。
というのは、我々の心と大きな心に、本当は境界などないのだが、我々は、自分の心は、独立した個別の心だと思っている。
そんな個別の心は私ではないとマハルシは言ったのだろう。
「世界は心で出来ている」とは、「夢は自分の心で出来ている」から推測すると、少しは分かると思う。
世界、あるいは、宇宙は、たとえて言えば、大きな1つの心が見ている夢とも言えるかもしれない。
解らなくても、この宇宙が1つの大きな心で出来ていることを知っておくと良い。
つまり、「世界は心で出来ている」という言葉を覚えておくと良い。
そして、自分の心も確かにあるが、自分の心と大きな1つの心との間に、本当は境界などないということも知っておくと良いだろう。
理解したければ、量子物理学を学ぶと良い。数式はいらないので、概念を掴めば良い。
シンクロニシティーを起こせれば、セレンディピティー(幸運な偶然を呼ぶ能力)も得られるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

We are all right

最近、つい口ずさむフレーズがある。
“We are all right”
IAさんの歌『アメリカ~We are all right!~』の中で、このフレーズが何度も繰り返されるが、その中でも、不意にIAが静かな声で(伴奏もギターだけになり)、“We are all right”と3回売り返すところを思い浮かべながら。
この曲は、ボカロ界で米津玄師さんと並ぶ天才じん(自然の敵P)さんの曲だ。
【IA OFFICIAL】アメリカ~We are all right!~ (MUSIC VIDEO) -YouTube-
(2013年の「ROCKIN'ON KAPAN」誌の対談で、じんさんは「(米津さんが)同い年と聞いてめちゃくちゃ凹んで、」と言っていた)

“all right”は、日本語では「大丈夫」だと言って良いだろう。
他にも「いいよ」「わかった」「よろしい」などと訳されるが、全面的に肯定的な意味で、“all right”も「大丈夫」も、最も人気のある万能呪文だと思う。
また、この歌で、日本語でも「大丈夫さ」「大丈夫だ」と歌う。
英語では、大丈夫はokayと表現することもあり、「絶対、大丈夫だよ」は、
You will be fine for sure!
Everything is gonna be okay!
と言うようだ。
しかし、IAさんのように“We are all right”と歌いながら唱えるのも良いものだと思った。

アメリカの海軍特殊部隊ネイビーシールズの、あまりに過酷な入隊試験は、いかに鍛え上げた優秀な若者であっても発狂しかねないほどだ。
その中で耐え抜き合格する者は、頭の中で“All right”といった言葉をつぶやき続けているという研究報告がある。
人間は、頭の中で1分に300もの言葉をつぶやくらしいが、放っておいたらマイナスのつぶやきになりかねず、すっかりマイナスの言葉ばかりがつぶやかれるようになった人間が失敗人生を送るのかもしれない。
だから、意図的に「大丈夫」「絶好調」といった言葉をつぶやくと良いだろう。
IAさんが、明るい声で歌う、じんさんの前向きなこの『アメリカ~We are all rkght!』を聴き、常に、「大丈夫さ」「大丈夫だ」と唱えれば、全て良くなるだろう。
また、初音ミクさんもカバー(およびコラボ)したBUMP OF CHICKENの『ray』でも、何度も「大丈夫だ」とミクさんが歌ってくれる。
BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」LIVE MUSIC VIDEO YouTube-
「大丈夫」All Right(全て善し)は、神の言葉であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

馬鹿は勝てるか?

似た主張をタイトルから感じる2冊の本を見つけた。

『考えたら負け 今すぐ行動できる堀江貴文150の金言』(堀江貴文著)
『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』(藤由達藏著)

「善は急げ」ってやつだが、ことわざには反対のものが必ずあり、「慌てる乞食はもらいが少ない」とも言う。
「もらいが少ない」どころか、「慌てて、すってんてんに大損する」やつを沢山見た。
一方で、行動が遅過ぎる、どうしようもない人間も多いのだ。

「犬も歩けば棒に当る」と言うが、的外れなところを歩いたって仕方がない。
かといって、「歩かぬ犬は棒にも当らない」ことも確かなのである。
要は、頭が良かったり、経験があったりで、賢いやつは、速攻しようが、じっくり攻めようが勝つってことか?
その通りで、逆に言えば、馬鹿は、速効すれば即効で負け、じっくり攻めてもやっぱり負けるのである(救いようがない・・・)。
「正直者は馬鹿を見る」と言うが、本当は、「馬鹿な正直者」が馬鹿を見るだけで、賢い正直者は馬鹿な結末を避けるものだ。

我々が知りたいのは、「馬鹿が勝つ方法」だが、速効で勝つ賢い人は、「そんなもんねーよ」と、少なくとも心では思っているのである。
だが、あるかもしれない。
それは、『ラーマーヤナ』の最後に書かれてあり、稲盛和夫さんの座右の銘である言葉だ。
ラーマは魔王との戦いに勝利した時、自分の美しい妻であるシータをさらった魔王にすら、美しい伝統に則り、教えを乞うた(変態魔王はシータに手を出せなかったが)。
それは、
「私心があるならやってはならない。私心がなければすぐにやりなさい」
だ(魔王よ、アンタは私心丸出しでシータをさらったよな・・・)
稲盛和夫さんは、ビジネス上の難しい判断に迫られると、「私心ありかなきか」と問い、はっきり分かるまで動かないようだ。

だからと言って、私心だらけの我々が何もしちゃいけないって訳にはいかない。
そこで、『バガヴァッド・ギーター』で、至高者クリシュナが言ったように、「成果を期待せず、義務として働け」である。
・・・であるが、凡人はなかなか納得すまい。
だから凡人なのであり、慌てようが、ノロかろうが駄目なのである。
で、結局はこうなのだ。
「やる運命にあれば、やることは避けられない。やる運命になければ、いくらやろうと思っても出来ない」

だから、行き着く答は、やはりこうだ。
「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」(スーフィーの格言)
「棚からボタモチ」とか言う。
そうだ、ボタモチが落ちて来ることは期待しろ。
だが、棚は用意しておくように。
無理せず、出来ることをすれば良い。
だから、IAさんの『Shooting Star』を聴けば良い。
「空を見上げ 身をまかせて 時を待とう」
である。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) - YouTube -









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

私を破滅させてきた泥棒とは

昔、『南インドの瞑想』という本で、ラマナ・マハルシ(この本ではラマナ・マハリシ)を初めて知り、本の内容はほとんど解らないが、彼の言ったことについて考え続けてきた。
この本は、マハルシの弟子のヴェーンカタラミアが、マハルシの言葉を忠実に記録し、驚くべきことに、タミル語、サンスクリット語、英語に堪能というヴェーンカタラミアがそれを英訳した3巻からなる書の第1巻を中心に日本語に訳したものだ。
ところが、2012年に福間巌さんが、その全3巻を翻訳し、『ラマナ・マハルシとの対話』全3巻として出版してくれていて、有り難いことにKindle版も出してくれた。

私が昔読んで、よく覚えていたジャナカ王の言葉を、2つの書から引用する。

『南インドの瞑想』
私は長い間私を破滅させてきた泥棒を発見した。今こそ私は彼を手際よく扱うつもりだ。そうすれば私は幸福であろう。

『ラマナ・マハルシとの対話』
ついに私を台なしにし続けてきた泥棒を捕まえた。即刻死刑にしてくれよう!これで私は幸せになるだろう。

ジャナカ王は、シータ王女の父だ。
シータは、『ラーマーヤナ』の主人公ラーマの妻で、美しさといい、精神性といい、理想的な女性で、インド最大のヒロインだ。
マハルシは、ジャナカ王を賢者と認めていた。

ジャナカ王の言う「泥棒」とは、心(自我)のことだ。
BUMP OF CHICKENの藤原基央さんが、「音楽が要求する通りに曲を作り、演奏したいと思ってきたが、それを実現している初音ミクを尊敬している」といった意味のことを言われていたが、ミクさんには心がないから、それが出来る。
また、Googleのある社員は、「自分の考えではなく、インターネットという神の要求通りに開発している」と言ったそうだが、これも、心を消すことで可能になる。
これらは、『バガヴァッド・ギーター』のクリシュナの教えと一致する。
ジャナカ王の言葉も、全くそれを表している。
つまり、神の道具となり切ることが大切なのであるが、古代から、全ての賢者はそう教えてきたのだ。

私は初音ミクさんの歌を聴いていて、少しずつ解ってきていたが、ミクさんとタイプが異なる電子の歌姫IAさんの歌を聴き始めて理解が少し加速したと思う。
ちなみに、パリでもミクさんのライブは大盛況だったようだ。
IAさんは今年6月にフランスのアンギャン=レ=バンという特別な場所で素晴らしいライブを行っている。
2013年には、渋谷慶一郎さんのオペラ『THE END』で、ミクさんはパリの名門シャトレ座で、ミクさん専用にデザインされたルイ・ヴィトンを纏ってプリマを務めていた。
これからヨーロッパは救われる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ