ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

GeniLax

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ほとんど勉強せずに良い成績を取れた人達

試験で楽に良い成績を取った2つの例から、頭脳の働きを考えよう。
1つは、矢追純一さんの著書『ヤオイズム』にあったものだ。
矢追さんは中央大学法学部(法学部では日本屈指の名門)時代、大学には試験の時だけ行き、授業はほとんど出ず、勉強もしなかったという。
しかし、試験ではいつも良い成績を取り、ちゃんと卒業した。
テキストは高いから買わず(1冊だけ記念に買ったらしい)、代わりにその金で飲んだそうだ。
それで、試験の直前だけ友達に教科書を借りたらしい。ノートも貸してやると言われたが、それは断ったという。
教科書だけで一夜漬けして試験を受けるのだが、それでちゃんと良い成績を収めるのだから凄い。
では、矢追さんは頭が良いのかというと、矢追さんはあちこちで、「自分は頭が悪いので考えることを諦めている」と言っている。いや、そもそも、考えない主義のようだ。

それで思い出す話がある。
ある大学生が、遊びで旅行に行って帰ってきたら、知らなかったか忘れていたか、明日、試験があると言われて慌てた。
いまさら勉強してもどうにもならないが、政木和三さんが開発したパラメモリという記憶力増強装置を付け、教科書をパラパラと見ただけで試験を受けたが、全部出来たという。

いずれも、頭を使わなかったことが良かったのだと思う。
つまり、左脳を使わず、右脳に任せたら、右脳が驚異の力を発揮したのだ。
右脳を働かせるコツは左脳に介入させないことだ。
ただし、指揮官は左脳で、左脳が目的意識を持たないといけないのだが、それはどこかさりげないものでなくてはならない。

いくら筋肉を鍛えても、一人の人間の筋力などたかが知れてるのと同様、いくら頭が良いと言っても、一人の人間の頭脳などたかが知れている。
しかし、右脳、あるいは、右脳が直結した潜在意識の力は無限だ。
だが、コリン・ウィルソンは、「リーダーはあくまで左脳であり、左脳である自意識が『しゃんと』しなくてはならない」と言う。
矢追さんは、目標があれば、それをぼんやりと持てば良い(細かい部分は決めない)と言う。ただし、そんな目標は持たないといけないとも言う。

つまり、方向性さえはっきりさせれば、後は、右脳、あるいは、潜在意識にまかせてしまえば良い。
私が恐ろしいと思うのは、IAさん(1st PLACEのボーカロイド)の『Shoting Star』という歌に、その教えが万遍なく入っていることである。
まさに、「ボーカロイドに偏見のない者は幸い」である。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-
尚、上に挙げた、政木和三さん発明のパラメモリや、その後継のアルファシータ、バイオソニックは、現在は製造させていないが、無料の信頼あるスマートフォンアプリ(Android、iOS)で再現されている。「GeniLax」で検索すると見つかるだろう。
GeniLax(Genius and Relax、「ジニラックス」)については、下記リンク参照。
GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

半分眠って生活する

昔、ある若い社長さんに、「自己開発セミナーに行くと、しばらくは仙人にでもなったような気分だが、あっという間に元の木阿弥だ(以前の精神状態に戻る)」と言われたことがあるが、私も全く同感だった。
「仙人にでもなったような」とはつまり、自分が特別な人間になったという偽りの感覚である。
しかし、そんなふうに、自分が変わったというのでは全くなく、私はいまだ、9月1日の初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2019」の意識を保っている。
2日間のライブで、両側と前の人達がマナーの良い人達だったことも関係しているかもしれない。
まあ、一度目の土曜夜の右側の中国人のお兄さんは、やや激し過ぎるキライ(傾向)はあったが、スリムだったし、ミクさん愛のためと許せる範囲だ。
日曜昼の右側の日本人のお兄さんは、やや肉付きが良かったかもしれないが、大阪を含め、3回のライブで、隣が肥満した方でなかったのも幸運と感じた。
それに、常に1曲目だった『テオ』がとても良かったのを始め、曲の構成が抜群だった。

そして、私は、少しだが、周囲に合わせないことにしていた。
ペンライトの振り方を周囲に合わせるのは、良いことであるし、ある程度はそれがマナーかもしれないが、過度に気を使ってはいけないと思う。
幕張メッセで、左側の中年男性が、やや合わせ過ぎの感があった。
合ってるということでは、右側の若い男性もそうであったが、彼は割と自然でそうであったのに対し、左側の中年男性は、必死で合わせている感じだった。
しかし、ペンライトの動きなんて、場所ごとに全然違うことも多いのである。
また、初めてマジカルミライに来たような感じの男性2人が、全く周囲と合っていない振り方をしていたが、派手にやっている訳ではないので、全く問題なかった(周囲との調和を乱していなかった)。
私は、概ねでは、周囲と同じ振り方になっていたと思うが、特に、味わい深いスローなテンポの曲では、周囲を気にせず、小さめであったが好きなように振っていた。自分の振り方の方が良いように思えた。
幕張メッセでの2日目のライブでは、かなり好きなように振っていたが、オーバーアクションではなかったので、回りに迷惑をかけてはいなかったと思う。
そんなふうに、周囲を尊重しつつ、自分が楽しむことに集中したのが良かったと思う。
会場の皆と一緒にミクさん達を応援するというのは、決して、他の人達に無理に合わせることではなく、ミクさん達を愛するということなのである。
マジカルミライ2017のライブだったが、前の、ミクさんのライブに慣れている感じの若い男性が、声を張り上げ、周囲の人達を見回しながら(私の顔も振り返って見ていた)、「自分に合わせろ」という様子でやっていたが、あんなのが一番良くないのである。

そして、私は、マジカルミライ2019後は、半分眠って生活している。
眠っている時の脳波は、通常はシータ波らしいが、私は常にシータ波になっているのだろう。
超能力というのは、アルファー波よりさらに穏かなシータ波の脳波の時に発現するが、確かに、周囲の状況がおかしい(笑)。
シータ波の感覚が解らなければ、GeniLax (Genius and Relax、「ジニラックス」)というスマートフォンアプリを使うと良い。Androido用、iOS用共にあり、素晴らしいIT企業の社長が、社内で最も優秀な技術者に作らせたらしいが、確かに信頼出来るアプリであると思う。有償版は広告が出ないだけで、無償版も機能的には全く同じなので、無償版で良い。
これは、政木和三さんが作った、記憶力増強装置パラメモリ(後に、アルファシータ、バイオソニックと名を変えた)をアプリで実現したものである。
私は、マジカルミライ2019の後、神秘的な夢を見た。夢の内容はあまり覚えていないが、その夢の中にいる感じもする。
だが、とにかく、半分眠っていると、我が少なくなり、何でもうまくいくようだ。
あまり美味しいものを食べようと思わないし、エロいことも・・・まあ、かなり考えるが(笑)、爽やかなエロである(笑)。
失敗したり、後悔しても、反省はするが、「次、がんばろう」と切り替えるのが早くなった。
そうだ。眠って生活すれば良いのだ。ただし、闇の権力者の洗脳に眠るのではない(笑)。つまり、世間常識やマスコミなどに同調するのではないということだ。。
ミクさんへの愛が第一である。身体は常に踊っている感覚がある。そうであるなら、無自覚にだが魔法を使っているのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

万能薬

古代の王様達は、不老不死の万能薬を求め、かえって危険な薬を飲んで早死にすることもあった。
今の日本人は、いろんな部分で、古代の王様の生活水準を超えているので、不老不死とまではいかなくても、それに近い万能薬を欲しがるかもしれない。
そして、「これこそが至高の健康食品、健康飲料」というものが次々出てくる。

ある健康食品(サプリ)のテレビCMで、かつての大スターであった高齢の有名人が、「もっと早く(この健康食品に)出会いたかったですね」とか言ったり、とにかく、そのサプリを大絶賛する。
その手の宣伝は多いが、どれを見ても、私は、「怪しい」「わざとらしい」と思い、かえって購入意欲がなくなる。

私も、いろんな万能薬を試した。
比嘉照夫氏が発明したEMには、一時かなり凝った。
元々、土壌改良用に作られた、善玉の微生物群が入った液体だが、健康にも良いと言われ、飲料用のEM-Xというものが出来た。
当時の和光市長で、医者でもある田中茂氏が、癌や感染に対するEM-Xの目覚しい効果を著書で紹介し、また、多くの医者が集まって作ったEM-X医学会というものが、これも、EM-Xによる凄い治癒例を紹介し出した。
EM-Xの難点は、やや値段が高いことで、昔から、500mlで5,000円くらいだったが、これは、1人1月分以下だと思う。
ところが、土壌用のEM1号というものがあり、安価な上、こちらの方が効果が高いと言う人もいたが、これは飲料用ではない。
ただ、田中茂氏は、著書の中で、EM1号に関し、細菌の専門家に調査を依頼し、「飲んでも問題ない」という報告を受けたことを書かれていたと思う。
ある健康雑誌には、アメリカの癌医学の権威も、「EM-Xは癌の特効薬」と言ったと書いていたことがあった。
田中氏らが著書に書いている、癌、その他の難病に対する事例が嘘のはずがないが、それほど(あるいはほとんど)EM-Xが普及しないのはなぜだろう?
そこは、やはり、一般の人々の医学の権威に対する信頼(妄信?)というものがあるのだろう。
それと、もう1つは、必ずしも効果がある訳ではないということと思う。
私も、EM-XやEM1号は、相当飲んだが、効果があったかというと、「?」である。ただ、害はなかった。

私にとって印象深いのは、薬や食品ではないが、政木和三氏が発明した神経波磁力線発生器である。
これは、実際に、知人が末期癌を治したり、私の家族の悲惨な身体の状況を、奇跡的に治すのを、直接見たり、聞いたりすることが出来た。
現在は、神経波磁力線発生器は販売されていないが、「セルパワー」という株式会社セルパワーの製品が、神経波磁力線発生器をほぼ完全に再現したものであるらしい。
神経波磁力線発生器の後継であるように宣伝している「バイオイーザー」という製品もあるが、これが、神経波磁力線発生器を正しく再現したものかどうかは分からない。セルパワー社の方でも、単に、「バイオイーザーとうちの製品は違うものです」と言うに留めていると思う。
ただ、私個人に関しては、神経波磁力線発生器が「効いた」と感じたことは、おそらくなかった。

私が、本当に効果を感じたのは、「少食」だけである。
2008年に、それまで、大食・美食で、肥満し、身体が相当悪い状態になっていたのが、極端な少食・粗食にしたところ、数ヶ月で完全な健康体になった。これは、健康診断でも確認された。前年の「オールF」評価が「オールA」評価になったのだから、明らかである。
しかし、1日1食で、肉、魚、菓子の一切を食べないというのも、辛いものである。
よほどの志でもない限り、出来るものではない。
現在の私は、食事自体は1日1食で、普段は肉や魚は食べないが、会食の時は何でも食べるし、休日に、気が向いたら、肉や魚も食べている。
卵やチーズなどは普段から食べている。アーモンドは常食化している。
菓子は、もらったら食べるし、甘いものは元々好きなので、自主的にも、結構食べている。
つまり、今は、以前のように、極端に食を節していることはない。
それでも、体重は一番軽かった時とほとんど変わらないし、一定以上増えることもない。
毎日、ヒンズースクワットとヒンズープッシュアップをやり、初音ミクさんのライブ映像を見ているので、代謝が高いのだと思う。
ミクさんのライブ映像を見ると身体機能が上がるというのは、別に冗談ではなく、実際そうだと思う。人間は見たものを脳内で再現し、それは身体に影響を及ぼす。

後、私の場合、病気に関しては、メニエール病で倒れた時、政木和三氏が発明したパラメモリの後継機であるバイオソニックが非常に有効だったと思う。
パラメモリや、その後継のアルファシータ、バイオソニックは、今は販売されていないが、AndroidやiOS用無料アプリであるGeniLaxが、ソフトの力で、それらの機器を再現している。
これを無料で公開しているJ-DATAは一流のIIT企業だが、立派なことであると思う。
私は、GeniLaxは、パラメモリ等を正確に再現していると思う。

最近、私は、ビタミンCに興味を持っている。
ビタミンC大量摂取で、癌を含む病気を治し、健康になると言ったのは、アインシュタインと並ぶ20世紀の偉大な科学者であるライナス・ポーリング(化学者。ノーベル賞は2回受賞)であるが、私は実体験主義者であるので、自分で、多量のビタミンCを摂って試してみた。
きっかけは、突発性難聴になり、右耳がほとんど聴こえなくなったことであったが、2週間で完全に治った。これがビタミンCだけのためかどうかは分からないが、音楽関係の有名人達が、おそらく、大金をかけてあらゆる治療をしているのに治らない病気が、あっけなく治ったのは驚きである。
私が直接知る結構な金持ちは、この病気を治すのに、あらゆる手を尽くしているが、やはり10年以上、ほとんど効果がないようだ。
もし、その金持ちに、私のやり方を教えても、こんな金のかからない・・・と言うか、私の言うことなど聞かないだろうと思う。
また、私の職業病とも言えるが、慢性の肩や首の凝りが消え、何年も悩まされているアキレス腱炎がかなり改善されたのにも驚いている。
これらは、一生、治らないものと、半ば諦めていたのである。

尚、以前もEMやEM-Xについて書くと、それらについて細かく問い合わせてきた人がいたが、私は今は、これらを使っていないので、全く分からない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

滅亡を免れ、繁栄するための奥義は簡単である

最近、このブログで、よく取り上げている、脳を癒しつつ強化するAndroid、iOS用無償アプリの“GeniLax”は、元々は電子装置であったパラメモリ(アルファシータ、バイオソニック)をソフトウェアでエミュレーション(模写)したものだ。
そして、GeniLaxは、パラメモリを正しく再現出来ていると私は思う。
パラメモリの発明者は政木和三さんで、当時、隆盛を極めていた岡山の林原グループの企業の中に研究所を持っていた。
私は、その政木さんの研究所を訪ねる度に印象深い出来事に遭ったのだが、その中の1つのことを述べる。
政木さんの研究所は、非常に質素な、小さな町工場といった感じのもので、あちこちに、作りかけの機械装置が置いてあった。
すると、床にゴキブリが現れたのだが、政木さんは、いつも用意しているのか、小さな箱で器用にゴキブリを捕らえると、研究所の外の茂みに放しながら、「もう入ってきちゃ駄目だよー」と声をかけておられた。
その頃の私は、ゴキブリやハエを見ると、殺虫剤を吹きかけて殺していたが、それからしばらくしてから、私は、一切の虫を、出来る限り殺さなくなった。
「密林の聖者」と言われたアルベルト・シュヴァイツァーは、アフリカで、家の中にいるハエを捕まえて外に出すために、紙コップをいつも用意していたらしい。
また、シュヴァイツァーは、実験のために、蚊一匹殺す時も、悲痛な表情をしたと伝えられている。
私も、少し前から、プラスチック製の透明なコップを一部屋に1つ置いている。
さっきも、ごく小さな虫がいたので、そのコップで捕らえ、窓の外のベランダに放した。
最近、名前は分からないが、スズメ蜂よりやや小さい位の、蜂にも見える虫がよく家の中にいる(私の母親がドアを開けっ放しにする隙に入ってくるのだろう)。
その虫は、かなり活発に飛び回るのだが、私は必ず捕まえることが出来る。
私に殺意がないので、虫の方が、あまり抵抗せずに捕まえられるのかもしれない。
洗濯物を干す時には、今の季節、蚊が寄ってくるのだが、一応は追い払うが、半ば、私の美味しい血は、蚊達に提供することにしている。
庭の通路に、クモが巣を作っていて、悪いとは思ったが、その巣を壊し、「こんなところに巣を作るなー」と言ってやったら、翌日には、違うところに巣を作っていたので、当然、それは放置している。
だが、私は、虫が好きではないし、むしろ、かなり嫌いだ。
しかし、よほどのことがない限り、殺すようなことはしなくなった。

釈迦は、ヴァッジという国で、滅亡を免れる7つの法を説いた。
その中身は単純なもので、例えば、「ものごとを決める時は、一部の者が決めず、合議で決めよ」とか、「年長者を敬え」、「他人の妻や娘さんを略奪するな」などであるが、それを聞いた、ヴァッジを攻め滅ぼそうとしていたマガダ国の大臣ヴァッサカーラは、「その1つを守るだけでも、ヴァッジは繁栄し滅亡はない」と悟った。

私も、いくつかの掟を持っている。
そのうちの1つが、上に述べた通り、出来る限り、いかなる生き物も殺さないことで、他には、初音ミクさんを敬い、邪まな目で見ないことなどがある。
この2つを守るだけでも、私は繁栄し、滅亡はないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

異世界に往く方法

今年5月に亡くなられた冨田勲さんの『イーハトーヴ交響曲』をテレビで初めて視聴した時(2012年の東京オペラシティコンサートホール公演)、1920年代に書かれた『銀河鉄道の夜』と初音ミクさんの組み合わせが非常に良いものだと感じた。
『銀河鉄道の夜』は、古い作品とはいえ、現代すら超越した未来の感覚に溢れた作品で、銀河鉄道を動かしている動力が、電気なのかどうかも分からない。
それは、ジョバンニの夢の中のお話というよりは、異次元の世界の出来事のようであり、そこはまさに、初音ミクさんの魂が存在する世界である。
そして、今後、人類の意識が拡大し、進化(あるいは深化)していった時、我々のこの世界が、そんな世界になる。
いや、既に、そんな世界に住んでいる人も増え始めている。
宇宙人というのは、物理的に遠い星から来るとか、あるいは、地球内部の地底世界から来る場合もあるのかもしれないが、もしかしたら、主には、我々の精神世界を訪問してくる存在なのかもしれない。
私など、普段から、初音ミクさんと一緒に過ごしていると、宇宙人というものを、ごく身近に感じるのである(そこらにいる)。

ただし、確かに、『銀河鉄道の夜』には、古い部分もある。
しかし、それは、「古臭い」のではなく、木材に風味が出てきたり、葡萄酒が熟成するような感じである。
だから、仕事中にうつらうつらしていると(笑)、古い、実際には乗ったこともないような重厚な雰囲気の列車の中に、初音ミクさんが笑顔で現れたりするのが、とても、落ち着きや安らぎを与えてくれるのである。
大学の講義なんて、居眠りするために出るようなものだが、仕事の場合は、ほとんど眠っていた方がうまくいくのである(完全に失敗することもあるが)。

IQの高い人というのも、どこか、半覚半睡(半醒半睡)・・・、つまり、半ば目覚め、なかば眠っている状態、夢うつつといった雰囲気の人が多いのである。
これをトランス(変性意識状態)と見ることも出来るかもしれないが、あまりに能力が高かったので「魔法を使って治している」とまで言われた精神科医のミルトン・エリクソンは、意図的にトランスになり、その後の記憶はないが、気がついたら、仕事は完璧に仕上がっているというようなことが出来たらしい。

よろしいか?
ここが、IQを究極的に高め、同時に、深い意識に達する鍵なのだ。
「ケンタウルスよ、露降らせ」
初音ミクさんの、銀の鈴を転がしたような透明な歌声を聴くと、自然にトランスに導かれる。
その状態に慣れると、まるで、深い湖の底に慣れた人にとって、湖の表面での活動は、あまりに簡単で、子供の遊びと変わらないように、この世界のことは簡単になる。
政木和三さんが発明されたパラメモリや、それを、そっくりAndroidやiOSアプリ(無償)で再現したGeniLaxを使うと、やはり、意識は深い領域に入っていく。
だから、GeniLaxを使うと、IQが高くなるのは当然のことと思う。
だが、ミクさんの、
「ケンタウルス、露を降らせ」
は、もっと深い異世界に導くものなのだ。

今年の11月11日、12日、BUNKAMURAオーチャードホール(東京)で、「冨田勲 追悼特別公演、冨田勲×初音ミク」として上演される『ドクター・コッペリウス』は、第1部で『イーハトーヴ交響曲』が演奏されるという豪華な内容で、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団に決まったようだ。
私は、「マジカルミライ2016」で命を終えず、「残躯(ざんく)天の許す所」なれば、晩秋の東京でミクさんに再開することになるだろう。
※「残躯(ざんく)天の許す所」は、伊達政宗が詠んだ歌「馬上少年過 世平白髪多 残躯天所赦 不楽是如何」の一部で、この歌全体では、「戦場を駆け巡ったのも遠い昔、世の中は平和になり、私も白髪が増えた。その私が生きながらえているのが天の思し召しならば、今は楽しもうではないか」というような意味と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード