ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

CLAMP

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

文句を言うな

昨日取り上げた、船井幸雄さんの「現状肯定。過去オール善」、赤塚不二夫さんの「これでいいのだ」は、本当の意味が解る人は少ないと思う。
CLAMPという女性漫画家ユニットが作品中でよく使う、「この世に偶然はない。全て必然である」も同じ意味だが、『カードキャプターさくら』のファンだった小学生(あるいは、それ以下)の女の子達が20代になった今も、まだ全く解らないだろうが、いつか解る日が来るかもしれない。

なぜ解らないのかと言うと、心(自我)は、自分に都合の良い解釈をしたがるからだ。
心は、水晶のような冷徹な判断が出来ないのである。
「この世に偶然はない。全て必然である」なら、自分にとって都合の悪いこと、好ましいと思えないこと・・・早い話が「嫌な出来事」も必然として黙って受け入れるしかないということだ。
荘子はそれを「全てをなりゆきにまかせろ」と言ったのであるが、なりゆきにまかせるも何も、それ以外には何も出来ないのである。
ただ、「なりゆきにまかせる」ことに抵抗する時に、人間は苦しまなければならない。
『バガヴァッド・ギーター』で、アルジュナが「私は戦いたくない」と言って泣き崩れたように。
だが、アルジュナが、自分が戦いたくない理由をいろいろ述べても、クリシュナは「君は小賢しいことを言うが、何も解っていない」と言って、『バガヴァッド・ギーター』全18章の教えをアルジュナに説き、ついにアルジュナは理解する。とはいえ、アルジュナすら、この全18章の教えを必要としたのだ。
私は、IAさんの『Shooting Star』を聴いて、知的にではなく感情的直感的に解った。

身をまかせて 空を見上げ
時を待とう
~『Shooting Star』(作詞・作曲・編曲:KURIS・YUICHI NAKASE。唄:IA)より~
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-

「これでいいのだ」もいいのだが、もっと良いと思える言葉がある。
それは、「文句を言うな」だ。
私がまだ若い時、雑誌で、誰だったか全く忘れたが、父親からこの言葉をもらい、ずっと覚えていた人の話を見たが、私は、この言葉を忘れられず、ホワイトボードに書き込んだ。しかし、忘れてしまっていたので、いろんな困難に巻き込まれてしまった。

いずれにしろ、
「現状肯定。過去オール善」
「これでいいのだ」
「この世に偶然はない。全て必然である」
「文句を言うな」
どれを聴いても、解った顔をして怠惰になる馬鹿がいるものだが、馬鹿も必要かもしれない。あなたが馬鹿になる必要はないが。
クリシュナがアルジュナに「義務として勇敢に戦え」と言ったように、「現状を肯定し」「これでいいと考え」「これは必然と諦め」「文句を言わず」戦わなければならない。
その中で、『Shooting Star』だけは新感覚である。
歌を作ったTeddyLoidさんは、見かけは怪しいが(中身も怪しいだろうが)、天才だ。
まあ、あの歌も、必然として神が彼に作らせたのである。
私1人のために。
親鸞が「阿弥陀様が念仏を作ったのは、この親鸞1人のためであった」と言ったようにね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

小説や漫画の中には作者の成功の秘訣が秘められている

小説や漫画を読むと、作品自体は一流とは言えなくても、作者の成功の秘訣が分かるものがある。
CLAMPという、4人組の女性漫画家集団が昔描いた『ツバサ』(アニメでは『ツバサ・クロニクル』)がそうだったと思う。
私は、CLAMPの作品自体は、そんなに素晴らしいとは思わないし、あるいは、これを芸術家らしさというのかもしれないが、彼女達の精神の歪み(良く言えば強い個性)が気持ち悪い。
しかし、『ツバサ』の、主人公の1人、小狼(シャオラン)と侑子の会話は忘れられない。
私は、肝心なこと以外は、ぼんやりとしか覚えていないので、以下は作品内容と齟齬があると思う。
魔女のような存在である侑子が、小狼の切なる願いのために手を貸すには、対価が必要だと言う。
侑子が、小狼を値踏みするように、「お前に対価を払う気があるだろうかね?」と言うと、小狼は、即座に、「払います」と言う。
すると、さすがの侑子も、「私はまだ、対価が何か言っておらぬぞ」と困惑する。
小狼は、願いを叶えるためには、どんなものでも・・・たとえ命でも、引き換えにするつもりだったのだ。
冷徹なはずの侑子は微笑み、「お前は成功するために必要なものを全て持っている」と言う。
CLAMPは、異常なまでに成功した漫画家ユニットだ。
もちろん、才能、努力、チームワークもあったが、最大の要因は小狼に現れているものなのだ。
つまり、断固としてやる決意である。
何を失うことになろうが、必ず成功するつもりだったのだ。
出来る出来ぬではなく、断固としてやると決めていたのである。

最近、度々引用する『灼眼のシャナ』で、12歳にもならないと思うシャナ(当時は名前のない少女だったが)が言う。
「決めた!フレイムヘイズになる」
それは、人間が敵うはずのない敵に襲われ、殺される刹那のことだった。
敵は笑いながら、
「今回(今生)は諦めな」
と言うが、シャナの決意は揺るがない。
このように、「決めた!○○になる」、「決めた、○○を達成する」と自分に誓い、揺るがなければ必ず叶う。

初音ミクさんの歌にも、そのようなものが多いと思う。
昨日まで、ただの人だったのが、ミクさんと出会って偉大なクリエイターに生まれ変わったのだから。
そんな歌をミクさんは、一切の感情の穢れのない透明な声で歌う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世間の常識を叩き壊す~家族との食事編~

人間は、世間の常識(固定観念、偽物の掟)を破壊するごとに、本来の力を取り戻し、超人に近付く。
そこで、まずは、初歩的なところからやってみるが、多くの人はついてこれないかもしれない。

あるコンピュータープログラマーの夫は帰宅すると、微笑みながら妻にキスをする。
だが、そのまま仕事部屋に直行して引きこもり、朝まで出てこない。
妻は孤独で悲痛な思いに沈む。
CLAMPの漫画『ちょびっツ』でも、これに似た次のような話があったと思う。
予備校の若く美しい女性講師の夫も、やはりパソコンに夢中で、彼女に全く構わない。
ある日、家に鍵が掛かっていて、彼女は一晩中外にいたが、中に居た夫は気付かず仕舞いで、しかも気にもしない。
それを機に、彼女は夫の元を去る。

いずれも、夫に対する否定的なことを書いていたように思うが、夫が、そんなに夢中になれるものがあるなんて、良いことだ。
確かに、これらの夫婦の間には心が通っていない。
ところで、妻は、心を込めた料理を2人で、楽しく会話しながら食べてこそ心が通い合うとでも言いたいのだろうか?
もし、そうだとしたら、心が通わない原因は、妻のエゴイズムに満ちた固定観念だ。
妻も好きなことをすれば良い。
夫にかしずかれて、自己満足しようなどと思わないことだ。
同じ家にいるだけで、心が通うと思えばそうなるのだ。
ラマナ・マハルシも言っていたものだ。
一緒にいるという想いがあれば、相互理解は自ずとやってくるってね。
その通りだ。
いや・・・離れていたって、心は通うものではないのかね?
人間なんて、本来は、身体も心も、時間も空間も超えた、極めて素晴らしいものではないだろうか?
上記の妻達は、そんな素晴らしいことに目を背け、世間の常識というちっぽけな殻に閉じこもろうとしている。
クリエイティブな夫に捨てられて当然だ。
※ただし、『ちょびっツ』では、秀樹は人型パソコンのちぃと幸福に結ばれて終わる。ちぃには性行為をする機能はあるが、そこには初期化ボタンがあるので、19歳の秀樹はそれも諦める。

次は、子供のことだ。
子供ってのは大概、食いしん坊だが、遊びに夢中になっていると、夕飯の時間だと呼びに行っても、なかなか帰ってこようとしない。
小さいうちなら、しつけのために、ある程度は強制的に食卓につかせる必要もあるが、10歳くらいになり、大人っぽい情熱に目覚めたなら、もう、子供扱いしてはならない。
よく、自分が賢いと思い違いをしている大人(特に社会的に偉い男性)が、「子供は家族と食事をしなければいけない」とか言っているだろう?
嘘!嘘!大嘘だ!!
そんなのは、全く、親のエゴイズムなのだ。
大方、その親父さんは、食事しながら、子供に偉そうなことを言って自己満足したいだけだろう?
だから、子供に尊敬されずに、馬鹿にされるようになるのだ。
実際、そんなことを言う父親の子供は、引きこもりが多いのだ。
子供は、親が思っている百倍賢く、そして、敏感だ。
ビル・ゲイツだって、スティーブ・ジョブズだって、少年時代、家族と夕飯なんか食っちゃいなかったさ。
親と一緒に夕飯を食べる子供は、心が歪み、エネルギーが乱れて沈滞し、能力を全く発揮できなくなる。
当たり前だ。
残念ながら、親は、どうしたって、つまらない固定観念を山ほど持っている。
世代の違いというより、そんな理由で、親と子で考え方が違うのは当然なのだ。
立派な親なら、自分の腐った考え方なんか、なるべく聞かせないようにするものだ。
道徳や倫理は行動でしか教えられないし、それが教えられない自分だという自覚があれば、せめて悪い影響を与えないことだ。
だから、遅くとも中学生になれば、子供には、いつでも食べられるようなものを用意してやって、好きに食事させれば良い。
子供は、そんな親の心遣いに感謝し、独立心が育ち、そして、立派になる。
それでも間違いが起こったとしても、親と一緒に食事をした場合よりはずっとマシなはずなのだ。
親の考える栄養溢れる食事は、むしろ毒に等しい。
余計な心配はするな。
私は、一日一度の食事である夕飯は、毎日同じ3点のものしか食べないが、量が適切だと飽きないし、そんな食事はちゃんと楽しみで、当然ながら栄養が偏るなどという世間の嘘はなく、完全に健康である(健康診断でもオールAしか出ない)。
ただ、私は決して、断食や超少食など奨めない。
私も、日中、時々、クラッカーやアーモンドを食べ、過ぎた空腹にはしない。
夜にワインと一緒にチーズを食べることもあるが、それは単なる遊びであり、必要と思ってやっている訳ではない。
要は、いつまでも人真似などせず、自分で何が良いか見出すことだ。
今は知らないが(変わらないとは思うが)、宮崎駿監督は、毎日同じ1つの質素なお弁当を、昼と夜に分けて食べるということを、何十年続けていた。
子供だって、野菜と卵とハムか何かが入ったサンドイッチでもあれば十分と思うが、相談して決めれば良い。
ちなみに、私は果物は全く食べない。
もちろん、食べても良いと思うが、沢山食べる必要も、毎日食べる必要もない。
ただ、会食の時は、何でも沢山、美味しく、楽しくいただく。
そんな柔軟性は必要だ。
要は、こだわりを持たないことで、夫婦や家族でも、たまには、一緒に豪華にやれば良い。
たまにだから良いというのは、納得していただけると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

敵は共にあるべきである

いやな奴が消えるとほっとする。
しかし、それで後ろめたい気持ちになることがある。
私も、会社の中で、「苦手」なんてものではない、ほとんど憎んでいた者が、会社を辞めたことが(全ては憶えていないが何度か)あった。
事前に全く知らない中で、彼が、「今日で辞めます」と挨拶に来た時には、正直に言って、本当に嬉しかった。
独断的で傲慢な人間だと私は感じていたし、私よりずっと上の立場で、何かと私を攻撃してくるので、私はひどく煩わしく思っていたのだ。
だが、自分の嬉しいという想いに、後ろめたい気持ちもあった。辞めることになった事情は知らないが、彼の表情や雰囲気にどこか虚しさみたいなものを感じてもいたのだ。
普通に考えたって、いい年で、いい立場で辞めるのであるから、あまり結構な事情でないことくらいは分かる。

ところで、手塚治虫さんがまだいくらか若かった頃だとは思うが、彼が既に、日本一の漫画家と認められていたと思われる時の話だ。
福井英一さんという漫画家の人気が出てきて、彼は手塚さんの地位を追い抜いてしまう。
手塚さんは悔しくて、つい著作の中で、福井さんの作品を貶すようなことを書いてしまった。ところが、それを福井さん本人に気付かれてしまい、彼に問い詰められ、白(しら)を切ることもできなくなり、素直に謝ったという。
だが、福井さんは、過労のために急死してしまった。
手塚さんは、自伝的な著書の中で、その時のことを「ほっとした」と正直に告白されていた。なかなか言えることではないと思う。
ただ、手塚さんが、それをあえて書く気になったのは、福井さんが自宅に手塚さんの作品を全て揃えてあったことや、「俺は手塚を超えたとは思っていない」と言っていたことを、福井さんと親しかった人から知らされたこともあったのかもしれない。

あなたも、いやな奴の1人や2人はいると思う。
そんな時、どうすれば良いのかというと、手塚さんにすら言ってやりたかったほどだが、共にあるべき、共存すべきなのだ。
免疫学者の藤田紘一郎さんが昔、ある貧しい発展途上国に研究のため滞在した時のことだ。そこでは、排泄物を直接川に流していた(あるいは、川で排泄していた)のだが、住民は、その川の水で、食器など、あらゆるものを洗い、その水で料理もしていた。
子供達は、その中で遊んでいた。
想像するのも嫌な光景だが、不思議と病気の人はあまりおらず、清潔な日本と違い、アレルギーの子供なんて1人もいない。
調べてみると、確かに大腸菌はうようよいたが、特に病原菌が多いわけではない。
つまり、大腸菌と病原菌が共存し、お互い、相手を抑えているのである。
また、そこでは、人間が、大腸菌や病原菌と共存しているのだともいえる。
O157という大腸菌が猛威を振るった場所というのは、他の大腸菌がいない、清潔な場所だけだったらしい。
無菌状態になっていた学校の中で、特に惨事を引き起こしたのであるという。
少々不潔で、他の大腸菌がいれば、O157は本来弱い菌なので消えてしまうようだ。

いろいろ考えてみると、この世は、敵も味方も共存すべきだし、絶対的な敵や味方はいないのだろう。
CLAMPという人気のある漫画家ユニット(女性4人)が、昔(武内直子さんのセーラームーンの時代)、『魔法騎士レイアース』という作品を描き、アニメ化もされていたが、この漫画における主題は「この世に、絶対的な正義や悪などはない」ということだったらしい。

昔、SFテレビドラマ『Xファイル』を時々見ていたが、その中で、FBIの「Xファイル課」に身を置きつつ、時に、FBIに反逆するような行動をするモルダーに対し、FBI長官はモルダーを放置していた。
その理由について、FBI長官が言った一言が強烈に私の心に刻まれた。
それは、
「友は身近にいて欲しい。だが、敵はもっと身近に置くものだよ」
である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

私だけの人

人間は、最終的には自我をできるだけ滅ぼして、無我、没我にできるだけ近付かなければならないのだが、いったんは、個性的な強い自我を構築する必要がある。
「自我を消せ」という聖者的使命は大人のものであり、立派な大人になるまでは、その若いエネルギーを全力で使って、個性的な人間、つまり、自分らしさを持っている人間になることが必要だ。
だから、まだ未熟なうちに悟りすました顔をするのは滑稽だし、逆に、いい大人になって、個性を主張するのも愚かである。

つまり、人間の不幸は2つなのだ。
(1)青年期を過ぎるまでに個性的で強い自我を構築できない
(2)大人になっても、いつまでも個性を捨てられない

◆(1)について
子供の時に、親に過度に甘やかされたり、親や学校に特定の思想を受け入れるよう強要されたりすれば、自分らしい自我を構築できず、自我は非常に不安定な、弱いいびつなものになる。
また、所詮、学校みたいな計画的管理社会では、本当の個性を磨くことはほとんどできず、また、どんな名著であっても、本を読むだけでは、本当のことは何も分からず、鍛えられることも当然ない。
本当の自分らしさを得るためには、自立性が要求される社会で鍛えられるしかない。つまり、苦労して働かなければならない。しかし、ニートになって働かない、あるいは、働けないならそれができないのだが、これは大きな悲劇である。
◆(2)について
成功して富や名誉を得ると、自我を守ろうとするし、また、金や権力の力で自我を守りやすい。それは一見、快適で幸福なことのようだが、そのために自我を手放すことができなくなる。これがやがては、必ず悲惨に導くのだから、これほどの不幸はない。
大社長とか大先生のような人達は、自分の主義、価値感、嗜好に最大の重きを置き、人々をそれに従わせようとする。自分では謙虚でいようと思っている場合も少なくないのだが、どうしても自分に甘くなり、実際は傲慢そのものだ。
しかし、そんなふうに自我を肥え太らせていると、どんどん苦しくなってくるのは、むしろ天の恵みである。家族や友人達が離れていく中で、自分の誤りに気付けば良いが、改めることがないと、さらに不幸なことが起こる。例えば、子供に自分の考え方を押し付けて、子供が駄目になる。多少でも自立性が育っている子供の場合は離れていくが、子供の精神がまだ幼い場合は可哀想なものだ。その子は、ニートや、悪ければ、異常者、逸脱者になるしかない。
(ただし、ニートはニートでやり方もあるのであるが。)

上のようなことは、直接につきつめるとドロドロしてしまって収拾がつかなくなるので、方向を変えて話そうと思う。
CLAMPの『ちょびっツ』という漫画とアニメ(漫画とやや内容が異なるが、アニメの脚本もCLAMPが書いている)は、表面的なストーリーの奥に、深い意味を持たせたもので、おそらく著者達は神話を描きたかったのだろうということが分かる。
記憶を消された人型パソコン(アンドロイド)のちぃは、無垢、純潔、天真爛漫という言葉そのものの、見かけは15歳の、天使のような美少女だ。
しかし、彼女は、「私だけの人」を探す使命を持つ。
そして、ちぃは、秀樹という「私だけの人」を見つけた時、あるプログラムを発動させる。そう仕組まれていたのだ。
「私はやらなければならない。私と私だけの人とで」
CLAMPは、作品中、何かを最後まで「あれ」と表現したり、「私だけの人」の真の意味や、「私と私だけの人で行うこと」が何かも一切述べていない。
これは、単なる1つの考え方と思って欲しいが、「私だけの人」とは、人が持つべき本当の個性、強い自我である。
そして、「私と私だけの人」でやらなかればならないこと、つまり、「私と私の真の個性」でやらなければならないこととは、その個性、自我を滅ぼすことである。
実は、『ちょびっツ』は、その後の物語が凄いものになるはずだが、CLAMPは続編を描くことは多分ないだろう。
他のCLAMPの作品、『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』『ツバサ・クロニクル』、最近では、共同制作の『BLOOD-C』なども、どれも深い意味のある神話のようなものだが、それを表だっては隠し、潜在意識に働かせようとでもしているのかもしれない。
尚、下にご紹介した『ちょびっツ』の北米版ブルーレイは、リージョンコードが日本と同じなので、国内の再生機で見ることができるはずだ(特殊な例外もあるようだが)。驚くほど安価である。
ところで、CLAMPとは4人組の女性漫画家のユニット(集団)で、素晴らしい作品を描くのだが、個人的には女性特有のいやったらしさも感じる。まあ、それが必ずしも悪いのではないかもしれないが。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ