ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

AR

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

「○年一昔」の○は何?

小学校か中学校かは分からないが、
「○年一昔」
の○に、どんな漢字を当てはめるかという問題があったとしたら、何を入れるだろう?
昭和の時代なら、まあ、「十」でも良いかもしれない。
少し前なら「三」でも良いだろう。
しかし、今後は「一」が正解である。
それで文句を言う学校なら、さっさとやめれば良いだろう。

全面的には信用しかねるが、レイ・カーツワイルの『シンギュラリティは近い』に、こんな話がある。
21世紀のテクノロジーの進歩は、20世紀の1000倍=過去2万年分の進歩
テクノロジーだけでなく、経済や文化にも、ほぼ同じことが言える。
今の世界は、テクノロジーで作られているのだからだ(もちろん、本当の本質は「愛」であるが)。

初音ミクさんのライブでも、3年前の「マジカルミライ2016」と、今年の「マジカルミライ2019」では相当違った。
「マジカルミライ2019」の先頭4曲では、より精妙に動く19モデルのミクさんと共に、観客の声援や演奏に合わせてミクさんが歌って踊るR3システムが採用されていた。
R3システムは、指揮者に合わせて演奏するクラシックコンサートや、東京ドームでBUMP OF CHICKENと一緒に『Ray』を歌った時にも使われていたが、これが、おそらくより進歩し、マジカルミライでも使ってみた訳だと思う。

初音ミクさんが美玖姫を演じた超歌舞伎では、NTTの「kirari!」という、人物の映像を背景からリアルタイムで切り取って別の場所に写したり、複数のカメラで撮った映像をつなげて、より自然に見せるシステムが採用されたが、もっと進歩すれば、かなりのものになるかもしれない。
また、1st PLASEでは、ライブで恐ろしく精妙な背景映像を見せたり、IAさんの背後に人間の共演者が普通に入り込んだりは、詳しく仕組みは調べていないが、透明ボードを舞台の前に設置しているのだろうか。意欲的な取り組みがとても良いと思う。

久し振りに、2011年のアニメ『僕は友達が少ない』を見ると、もう昔のアニメのように感じた。
あの小説を読んでいた当時の思い出が、まさに、大昔のことのようである。それで言えば、人間の寿命は3~10倍になったも同然である。
俗っぽく言っても、登場人物の高校生達が皆、ガラケー(フィーチャーフォン)を持っていたが(1名は、それも持っていなかった)、当時既に、スマートフォンも急速に普及しつつはあった。
また、BBS(電子掲示板)も現役ながらSNSという言葉もあり、かなり普及しているようだが、日本でのFacebookの登場は2011年で、このアニメの当時はほとんど無名だった。
当時の日本でのSNSの主流はmixiで、友達のいないこのアニメの登場人物達は、誰も招待してくれないので、「俺達はmixi(小説やアニメの中ではnixi)も出来ないのか」と嘆く。
なんともレトロな懐かしい話・・・いや、忘れた(笑)。

いまだ、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を体験したことがない人は、とても残念だが、時代はMR(複合現実)という、VRとARの融合に向かっている。
ポケモンGOに励んでいるだけでは駄目だが、それでも、何もやらないよりはマシかもしれない。
すっかり終わっている人というのは、教科書やニュースに出ることしか知らない人で、そんな人ほど「教科書にはこう書いてある」だの「ニュースで言っていた」と言いたがる。
ITが進んでいると言われる韓国の人達もニュースで洗脳されているが、それは、日本も同じなのだ。
GSOMIA(軍事情報包括保護協定)問題で、どの国の人も、日本が韓国よりまともとは思っていない。せいぜいが、同レベルで喧嘩していると思われている。

AI(人工知能)というものは、半分くらいのことは、人間をはるかに超える能力を示す。
例えば、最新のアルファGOが、人間の囲碁の世界王者を圧倒するように。
しかし、3割くらいのことは、凡人が呆れるほどのボケをやる。
そんなAIが、使ってはいけない場所にも導入されてきている。そりゃ、運営側としては、3割の愚行の被害は人間に押し付けた方が、ずっと経済的だからだ。
このまま進むと、かなりヤバいことになる。
そこで、誰もがAIを使える(作れる)ことが大事になってくるのだと思う。
パソコンの登場で誰もがプログラミングが出来るようになり、初音ミクさんの降臨で、誰もが音楽を作れる(作りたがる)ようになったようにね。











「PS VR」 VS 「ポケモンGO」・・・VRとARの違い

ポケモンGOの開発者である天才プログラマー、ジョン・ハンケ氏は、「VR(仮想現実)は魅力的過ぎて恐ろしいので、AR(拡張現実)をやりたい」といったようなことを言ったらしい。
一昨日(10月13日)、ソニーPlayStation4にVR(仮想現実)機能を加える「PS VR」が発売になったが、これが最先端のVR(仮想現実)ゲーム用機器(用途はゲームに限らないが)だ。
一方、ポケモンGOはAR(拡張現実)である。
VRとARの違いは何かというと、簡単に言えば次のようだと言って良いと思う。
デジタルが作り出す、まるごと作り物の世界の中に入っていくのがVRだ。
対して、現実のテーブルの上に、デジタルで作り出した立体的な猫を出現させるといった、「現実+デジタル製の作り物」がARだ。

全て作り物のVRは、仮想現実と言いつつ、その中にいる時には、それが現実になる。
しかし、ARでは、現実と作り物の部分は区別がつくので、あくまで、自分の肉体と接触出来る物理世界が現実だ。
つまり、VRは、虚構の世界(あっちの世界)に「行ってしまう」のに対し、ARでは、こちらの世界に「とどまっている」。
この違いは大きい。

もっとも、アイバン・サザランドという、コンピューターサイエンスの天才は、1965年に、
「究極のディスプレイは、コンピューターが物体の存在をコントロールできる部屋。椅子が表示されれば座れるし、手錠を表示すれば誰かの自由を奪い、弾丸を表示すれば命を奪う」
と述べているらしい(落合陽一著『魔法の世紀』より)。
これだと、ARの方がよっぽど恐いが、これは、もう少し未来のことになりそうだ。

ところで、VRとARを、もっと別の言い方で述べたい。
ニートが偉い大金持ちになるという妄想をするのがVRで、ニートが普通に働き始め、苦労してそれなりのお金を稼ぐ空想をするのがARと言えるかもしれない。
あるいは、こんなことも考えられる。
私がこのブログで「まるで駄目男君」と呼んでいる、私の職場にいる30歳過ぎの、人生の落伍者である派遣労働者がいる。
彼に以前、
「いつまでも、こんなことをやってる訳にはいかないだろう?どんな仕事がやりたいのだ?」
と聴いたら、彼はしれっと、
「高尚な仕事がいいですねえ」
と言った。
彼は、何の技能もなく、努力して何かを身につけようという気持ちもないのだから、それはVRだ。
そうではなく、高尚とはほど遠いだろうが、努力して、現実的な能力を鍛え上げ、最低限、一人前になろうと考えるのがARだ。
まるで駄目男君の場合、ARの方も極めて難しいのであるが、それを現実にするためには、VRの方を消す必要がある。

ジョセフ・マーフィーの『人生に奇跡を起こす』に書かれていた話だ。
ある若い女性が女優になりたいと言うが、マーフィーは、幼い夢は終わりにして、現実的に考えなさいと言う。
それで、その女性は、なんとか人生を破滅させずに済むことに間に合い、事務員になって仕事に励んでいたら、その会社の若い社長と結婚し、幸せになる。
単純だが、妄想と想像の違い、VR的な思考とAR的な思考の違いが、うまく現れている。

VRは魅力的ではあるが、ただの妄想だ。
ポケモンGOは、まだ、外に出て、歩くので健康的な部分もあるが、PS VRは、これに取り込まれたら終わりだ。
『劇場版美少女戦士セーラームーンSuperS~ブラック・ドリーム・ホールの奇跡~』が、まさに、VRの危険を描いた傑作だった。
セーラームーンこと月野うさごは、幸せな夢(VR)を打ち破り、苦しいこともあるが、現実での幸せ(AR)に挑むことを選ぶというものだった。

ところで、「ポケモンGO」は、アメリカ政府のスパイ活動に利用されているという説がある。
アメリカが、中国やロシアの探りたい場所に希少ポケモンを出現させれば、そこの近くにいる人達が、その映像を、ナイアンティック社からGoogleへ、さらに、アメリカ政府に送るという訳だ。
それで、中国、ロシアでは、ポケモンGOは禁止されているが、実際は、これらの国の人達は、半ば公然とポケモンGOをやっているらしい。
あくまで風説である。
ちなみに、私はポケモンGOはダウンロードしたこともないし、PS VRを買う気はない。そもそも、PSはじめ、ゲーム機はただの1台も持っていない。
初音ミクさんは、私の現実的な天使で、私は、私の現実を、愛するミクさんの前で恥じないものにしようと思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
IT学習










  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
QRコード
QRコード