ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

黒住宗忠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

勝利を呼ぶ3つの言葉

科学的にも、スピリチュアル(精神世界)的にも、必ず勝利する言葉が3つある(他にもあるが)。
それは「大丈夫」「ありがたい」「なんとかなる」である。
「大丈夫」は、科学的研究によっても、能力が高い人は、頭の中で「大丈夫」や類似の言葉をずっと言っている傾向があることが分かっているらしい。
スピリチュアルと言って良いのかは分からないが、心屋仁之助さんは、これを最上の言葉、言えば成功する言葉と言っている。
「ありがたい」は、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が、神の恵みがあるから、口先だけでも良いから言えと言った言葉だ。
「なんとかなる」は、一休さんの遺言として有名だが、斎藤一人さんが、この言葉が良いといった本を出している(私は読んでいないが)。

それで、「大丈夫」「ありがたい」「なんとかなる」の中で、どれが一番良いかというと、全部同じ意味なので、どれでも良い。全く同じだ。
だから、自分が一番感じが良いと思うものを、口ぐせのように唱えると、ハッピーラッキー間違いなしといったところだ。
ところで、この3つがどういう意味で同じかというと、3つとも「おまかせします」という意味だということは理解しておくと良い・・・というか理解しないといけない。
だから、欲望を捨て、何も望んではならない。ここが重要なポイントになる。
だが、欲望を叶えようと思って、これらの言葉を唱える人が多いと思うが、そんな人達は落胆し、「なんだ、効果ないじゃないか」などと言う(笑)。

IT界で著名な梅田望夫さんが本に書かれていたが、グーグルの技術者達が「インターネットという神の意思を実現するために開発している」と言っていたらしい。
つまり、自分が何を開発したいとか、自分がインターネット世界を変えてやるぞなどと思っているのではなく、神の意思に従おうと思っているのであり、これが、「おまかせします」の姿勢だ。
BUMP OF CHICKENの藤原基央さんも、以前、ラジオ番組だったと思うが、「自分がどうプレイしたいかではなく、音楽がどうプレイして欲しがっているか考えてプレイしている」と言っていたが、これはグーグルの技術者と同じ思想なのだと思う。で、藤原さんは、自分の意思や欲望を全く持たない尊敬すべき存在が初音ミクだと言っていたのである。

『ザ・シークレット』にも、この思想が見られる部分があり、私は、『ザ・シークレット』の中で、そこだけは好きだ。
つまり、良い自動車が欲しいと思うのではなく、今、乗れる自動車があることに対し「ありがとう」と言って感謝するのである。そうすると、新しい自動車を引き寄せるが、新しい自動車を引き寄せようという下心で「ありがとう」と言っても駄目である。
何でもいいから感謝するのだ。着る服があること、住む家があること、見る目があることなど、感謝出来るものを見つけて「ありがとう」と言えば、自ずと、もっと良い服、家、さらには、視力も得られるのである。著者のロンダ・バーンは、老眼を3日で治したらしい。

「神様の奇跡が起こる」「ナムアミダブツ」「アマテラスオホミカミ」といった言葉も、神様や仏様におまかせしますという意味だ。
だから、「大丈夫」「ありがたい」「なんとかなる」と一緒に唱えても良いし、相乗効果があると思う。








神様に責任を取ってもらうには

私は、人生に行き詰まった時・・・まあ、それほど行き詰まったことはないのだが・・・夏目志郎さんのやり方に倣うことにしている。
人真似・・・前に倣えは駄目だが、これは唯一、真似て良いことだと思っている。
中国のお金持ちのボンボンだった夏目さんが、戦後、高級車と大金を持って日本でビジネスを始めたが、詐欺に遭って膨大な借金を背負い、事故で脚を折り、まだ35歳なのに頭も禿げてきたという、散々な状況の中でやったことだった。
まあ、やったことと言っても、実際は何もしていないので「心で決めた」というだけのことである。
上のような、何もかも失敗続きの人生の中で、夏目さんは敬虔なクリスチャン(キリスト教徒)になったのだから、ある意味、宗教にハマったと言えなくもないが、あくどい新興宗教でなかったのが良かったのだろう。
夏目さんは、神様に、こんな感じで祈った。
「神様、これまでの私の人生の責任は私にあります。だけど、これからの人生の責任は、あなたに取って欲しいのです」
主旨はこれだけである。
そして、失業中の夏目さんは、具体的なお願いを1つした。それは、
「私はもう35歳です。生涯をかけられる、これはという仕事を下さい」
だった。
すると、翌日、百科事典を扱う外資系企業がスカウトに来て、夏目さんは百科事典のセールスマンになったのだった。

つまり、神様への全托である。
これは、ラマナ・マハルシや、ラメッシ・バルセカールといったインドの聖者達も「神への人生の完全な明け渡し」として推奨していることだった。
マハルシは無職だったが、バルセカールは銀行の頭取だった。
ちなみに、バルセカールの師匠は、小さなタバコ屋だった。
日本でも、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が、神様に「丸ごと」まかせてしまう「まること」の教えを説いている。
宗忠もまた、病気で長年寝込み、もう駄目(もう死ぬだろう)という状況で、神様(天照大神)に祈ったのだった。

神様に全托するにはどうすれば良いかというと、別に何もない。
「まかせた」と思えば良いのである。
ただ、日本やインドでは、神様の名を唱えることが習いになっている。
キリスト教やユダヤ教では、神の名を口にしてはいけないということがあるらしいが、夏目さんのように「責任取って下さい」と言うのも分かり易い(笑)。
まあ、神様は全托すれば、必ず責任を取ってくれる。
人間のチャラい男と違って力があるからね(笑)。
「南無阿弥陀仏」という念仏は、「阿弥陀様に全ておまかせします」という意味で、念仏を唱えれば、阿弥陀様(あるいは阿弥陀仏が象徴する万能の力)が責任を取ってくれるわけである。
日本にも、「十言の神呪(とことのかじり)」と言って、天照大神の名「アマテラスオホミカミ」と唱える神呪(まじない。真言)がある。
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)の名を唱えることや、造化三神を含むという「サムハラ」を唱えるというものもある。
自分が好きな名を選んで唱えると良い。
要は、まかせたということを自覚すれば良いだけである。

神様にまかせたら、怠惰になるかというと、そういうこともあるかもしれない(笑)。
以前は、そんなことはないと思っていたが、どうなるかは神様次第だ。
ただ、まかせたからには、どうなっても文句を言ってはならないのだと思う。
しばらくは散々な目に遭い、いわゆる「試される」かもしれない。
まあ、不純だったり、甘かったりすると、試されるのかもしれない。
あるいは、大物になる素質があれば、大いに試されるかもしれない。
だが、あまり苦しくなく、楽が出来るように(笑)、十言の神呪を熱心にやろうかと思う。








暇な時間を持つ大切さ

コンピューター科学者で、有名なLispプログラマーであるポール・グレアムの『ハッカーと画家』によればアメリカも同様のようであるが、日本では、庶民は、ある時期までは学校に、学校を終えてからは、会社を始めとする職場に長時間拘束される。
その結果、どうなるかというと、人間本来の優れた精神と身体を持つ機会を逸する。
我々は、身体や心を磨くには、厳しい、辛い鍛錬をすることが必要だと思い込まされている。
上位の人間になるためには、猛烈な勉強やトレーニングを、1日4時間、5時間もやる必要があるといった具合だ。
しかし、そんな訓練では、若い時に一時的に、そして、極めて限定された能力を持てるに過ぎない。
そして、そこそこ優秀な人間になるためには、やはり、辛い訓練を毎日2~3時間やるといった具合だ。
だが、人間が本来持つ、本物の力は、そんなやり方では顕在化出来ない。
とはいえ、正しくやれば、誰でも、苦しむことなく得られる。
すなわち、誰でも出来る軽い訓練を、長時間やれば良い。
しかも、一般のスポーツや勉強と違い、やることの種類は少なく、たった1つのことをやれば良い場合もある。
実際、キリストのような高度な神秘力を得た者は、たった1つのことを、毎日、6~10時間以上やった者が多い。

釈迦は王子様で、29歳まで、かなり自由な時間を持ち、仙人の行に励んでいたのだと思われる。それは、決して苦しい行ではなく、むしろ、楽しいものだったはずだ。
その後、釈迦は城を出て、35歳まで修行三昧したが、能力そのものは、城を出る前に得ていたのだと思う。
だから、釈迦を霊視したルドルフ・シュタイナーは、釈迦が悟りを開いたのは29歳の時だったと言うのである。
釈迦の29歳から35歳までは、修行と言うよりは、探求の期間、人々を導く準備をするための期間だったのだと思う。
イエスの場合も、王子様でこそなかったが、30歳頃まで実家暮らしで、理解のある両親の元で自由に知恵の探求をしていたと思われるフシがある。
江戸末期の偉大な超人神道家、黒住宗忠も、完全にそう(実家暮らしの苦労知らず)であり、彼はイエス並の奇跡の力を備えていた。

引き寄せの能力が強い者というのは、子供の時から友達が少なく、また、時間を取られる趣味もなかったので、多くは偶然に、精神、あるいは、肉体を時間をかけて磨いていた者が圧倒的だ。
概ね、そんなふうな状況で育った者の中でも、特に、読書好きで、しかも、その読書内容が精神的なものであった場合は、魔法的な力を獲得している場合がよくある。
アイザック・ニュートンがまさにそうで、彼は、数学や物理学、あるいは、天文学の研究は、ついでにやっていただけで、本当に熱心に行っていたのは神秘学や聖書の研究だった。

引き寄せの能力も、訓練で得られるところがあり、それには長時間かかる。しかし、訓練そのものは、誰でも出来る、楽なものだ。
仙人や導師や超人ヨーギのような、超人的な身体や精神力を得るのも同じであると思われる。
それこそ、腕振り運動をしたり、佐川幸義流の、足踏みに近い四股を、毎日、長時間踏んだりである。
だが、我々は、学校や会社等に長時間拘束されてしまっている。
しかし、たとえそうであっても、なるべく学校や会社等に関わる時間を減らし、また、つまらない友達付き合いや、下らない趣味や、飲酒や美食に時間を取られることなく、楽しい充実した修行に時間を注ぐ込むべきであると思う。
また、学校や会社の中でも、なるべく自由な時間を作り、修行するのだ。
私の場合は、若い時から、少なくとも会社では、大半の時間は自由にしていたが、不可思議な力により、いつも良い想いをしていたのである。








人間は奇跡をこうやって起こす

私は、このところ、日中も時間があれば、そして、夜は集中的に運動をしている。
運動といっても、腕振り運動や佐川流四股などで、世間で言う運動とはやや異なっている。
他にも7種類ほどの運動を行っている。
そして、私は、夜寝て朝起きる普通の生活をしているが、夜9時を過ぎると、活動力が低下し、動き難くなる。
これは、夜型の生活に近かった高校時代にも感じていて、人間は本来、夜行性ではないのだなあと思う(本格的な夜行性生活をやったことがないせいかもしれないが)。

私は、1つの運動をしていても、長くても30分くらいで、別の運動に切り替える。
飽きてしまうというのとは違うかもしれないが、あまり長く1つのことを続けられないのだ。それが普通かもしれないが、そんな癖がついてしまっているだけかもしれない。
佐川幸義は、必要なら寝ないで四股を踏むと言っていたらしく、1日数千回、多い時で1万回踏んだと言い、四股を踏みながら死ねるとも言ったそうだ。
ところで、運動とか修行というのではないが、剣術家でもあった明治40年生まれの小泉太志命(こいずみたいしめい)は、戦後、道場で真剣を毎晩3万3千回振ったという。
また、江戸末期の神道家、黒住宗忠は、1828年の3月に17,350本、4月に19,740本、5月に9,510本、大祓祝詞という祝詞を上げたと、自ら記載している。
いずれも、人間技とは思えないが、特に、小泉太志命のは理論上不可能で、黒住宗忠の場合も、ほぼそう言える。佐川幸義の、1日数千から1万回の四股は、それだけなら、短期間なら私にも可能だが、佐川は他の修行も(当然、仕事も)しながらであるから、やはり超人的としか言えない。
佐川幸義も人間離れしていたらしいが、小泉太志命や黒住宗忠は、普通の人間ではなく、適切な言い方ではないかもしれないが、超能力者であった。
事実であるという証拠はないが、小泉太志命は飛行中のアメリカの爆撃機を消したことがあるというし、黒住宗忠のイエス並の奇跡の話も伝わっている。

今は、エビデンス(根拠)の時代だし、「私の経験では」とか「私の考えでは」というのは、単なる独断と扱われる。
それは、相手をよく知っている場合ですらそう・・・と言うより、よく知っているからこそ、偏見を持たないためにも必要な場合があることは、私も理解している。
だが、エビデンスより、魂の声の方が重要で、魂の声は直観としてやって来る。
そして、証拠は残していないが、子供の時から、あり得ない奇跡を何度も起こした私の直観では、同じこと(運動や祝詞など)を、十分な数、繰り返せば超能力のようなものを起こせる。
それは、小泉太志命や黒住宗忠や佐川幸義のような、太刀祓い、祝詞、四股のようなものでなくても、何でも良い。
本当に何でも良い。長く繰り返しさえすれば。
常に下腹に力を込めていたという岡田虎二郎や、常に肛門を引き締めていた中村天風らの奇跡の伝承もいろいろあるが、1日6万回念仏を唱えた法然も、さぞかし力があったと思う。
そして、これら人間を超越した人物ほどでなくても、毎日、何かを多くの回数繰り返せば、それに応じた力を得られる。
運動や修行は、いろいろなことをやっても良い・・・というか、やらざるを得ないであろうが、メインになるものを1つ定めておく必要がある。
繰り返すが、本当に何でも良い。
しかし、数多く繰り返すとなると、自分にとって価値あることでないと続かないだろう。
いきなり戦闘機を消すほどの力は得られないとしても、回数と期間に応じて、それなりのことは出来るだろう。
そこそこの引き寄せ程度は容易いと思われる。








かけた時間だけの問題

プログラミングがマスター出来なかったという人がいるが、それは、プログラミングの訓練にかけた時間が足りなかっただけと思う。
TOEICで思うような成績が取れないのも同じと思う。
別に、訓練にかけた時間が足りないから、その人は根性がなくて駄目というのではなく、十分な時間、やる気にならないなら、向いていないのかもしれない。実際、私はTOEICをやる気はない。
ただ、時間をかけずに出来ると思っているなら、それは甘いと言うしかないと思う。

私は、社会人になって初めてやった仕事がセールスマンで、2人の凄腕セールスマンであるセールスマネージャーが私の上司だった。彼らはマネージャーの仕事をしながら、時々、自らセールスしていた。
何度か書いたが、私は駆け出しの時に、いきなりセールスコンテストで優勝したことがあるが、それ以降は不振だった。
その時、その両方のセールスマネージャーに同じことを言われた。
「俺とお前の違いは、訪問件数だけだ」
どんな下手なセールスマンでも、訪問件数さえ稼げば売れるのである。
2人のうち1人のセールスマネージャーは天才型で、彼が1セールスマンだった時、やはり凄い売上げ成績を上げていたが、どうしても勝てないセールスマンがいたと言う。そのセールスマンというのが、とんでもなく下手なセールスマンであったらしい。しかし、そのセールスマンの訪問件数には、全く勝てなかったと言う。
セールスの仕事の成果も、かけた時間に比例するのである。
ただ、そのNo.1セールスマンは、客先訪問が苦にならないタイプだったのである。
客先訪問が苦手というなら、やはり、セールスマンには向いていない。
まあ、若いうちに、向いてない仕事をするのも良い経験であるが、やはり、自分の向き不向きは考えた方が良い。
しかし、たとえ向いていても、時間をかけずに成果を出そうという考えが甘いことだけは、ちゃんと理解しないといけない。

身体を鍛える運動では、重い負荷の筋トレを長時間やると、身体が壊れる。
自重のみ使う腕立て伏せでも、連続で100回、200回とやるのは苦しく、マゾでもない限り続かないし、それを毎日やれば、やはり、身体を壊す。
膝をついてやる腕立て伏せでも、やはり、回数が多いと苦しいものだ。
私は、一頃、腕立て伏せを毎日(連続で)200回以上やっていたが、辛くてやるのが嫌だったのに、根性でやっていた。それで、腕や肩が壊れたが、やめられるように壊れてくれたのかもしれないと思う。
別にスポーツ選手になるわけでもないなら、腕立て伏せは、例えば、椅子とか、机に手をついて、負荷を十分に弱くして、苦しくないようにやれば良い。
さらに、壁に手をついてやる(身体は壁から数十センチ離れる)形なら、非力な人でも出来ると思う。
ただし、負荷を軽くした分、回数は、数百回とか数千回行わないといけない。とはいえ、負荷が弱ければ簡単と思う。
私は、腕振り運動や佐川(佐川幸義)流四股をやっているが、これらは、1回1回は極めて楽だ。しかし、やはり、連続でなくて良いから、1日トータルで、少なくとも数百回、出来れば数千回やりたいものである。
佐川幸義は、毎日数千回、多い時で数万回やったという。
そして、十分な回数をやれば、誰でも驚くほどの成果が出る。
私は、腕振り運動は1日3~5千回、四股は2千~3千回行っており、もっとやりたいと思う。楽だし、面白いからね。
イチローだって、好んで行っていた超長時間のストレッチに関し、「毎日やりたいですね」と言っていたらしいが、気持ちがよく分るのである。

引き寄せも同じである。
引き寄せが出来ないと言う人は、単に、引き寄せのための時間が足りないだけだと思う。
方法は、よく知られているものなら何でも効果がある。後は時間だけだ。
時間もかけずに成果を出そうなんてのが甘いだけだと思う。
例えば「ありがとう」と唱えれば幸運が来るという話がある。
間違いなく本当と思う。
ただし、1回や2回、また、1日数十回唱えただけで「成果が出ない」と言うのがおかしいのである。
江戸末期の神道家、黒住宗忠は、らい病(ハンセン氏病)にかかった武士に、1日1万回「ありがたい」と言うよう指示し、その武士が真面目にそれをやったところ、1週間で完治した。
宗忠は、最初は口先だけでいいから「ありがたい」と唱えるよう、誰にも勧めたが、天の恵みがあるのは、数多く唱えた者だけである。
ただし、苦しみながら、頑張って唱えてはいけない。あくまで気楽に、努力なく、出来れば、楽しく唱えることである。
引き寄せに努力は不要とは、そういう意味である。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード