ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

黒住宗忠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

夢で知る精神の進歩

一度読んだ直後に人にあげたので、今、手元にないが、横尾忠則さんの『私と直観と宇宙人』という本に、横尾さんが、高い山壁に掴まっている夢(眠っている時の夢)を見ている話があった。
そんな時、横尾さんは、怖くてしがみついているのだが、似た雰囲気の夢を見たことがある人は多いのではないかと思う。
高所恐怖症というものがあるが、そもそも、人間で高所恐怖症でないなら、そいつの頭がおかしいのではないかと思う。
私が子供の時、4階建てアパートの屋上の壁で危ないことを、ニコニコしながら平気でやる子供がいたが、あいつは頭がおかしかったのだと私は思っている。
私の場合は、かなり強い高所恐怖症と思う。自分が高い所にいて、地上を見下ろしていることを想像しただけで、強い恐怖に襲われるからだ。
だから、横尾さんの夢の怖さも、よく分るのである。
ただ、夢の中では、高所恐怖症は、現実よりは、かなりマシなのではないかと思う。
現実で同じ状況になったら、とてもでは耐えられないと思える状態でも、怖いながらも、ガタガタ震えるとか、喚くとかをするわけではないからだ。
おそらく、横尾さんが夢の中で高い場所にしがみついている恐怖も同じようなもので、現実よりはマシな怖さと思う。
だから、横尾さんは、そこで手を放すことが出来ないのは、心に執着があるからだと書かれていたように思う。

ミヒャエル・エンデが、アインシュタインのことを、崖で木の枝にぶら下がっている人に喩えたことがあったと思う。
アインシュタインが「助けてくれー」と叫ぶと、天から神様の声がした。
神様は、「手を放したら助けてやる」と言う。
しかし、アインシュタインは、手を放すことが出来ない。
エンデには、アインシュタインが、そんな者に見えていたのだろう。

ところが、江戸末期の神道家、黒住宗忠が好きだったという、こんなお話がある。
仙人になりたがっていた若い男が、悪い男に、仙人になる方法を教えてやると言われる。
悪い男は、若い男に、高い木に登らせて、枝にぶら下がるように言う。
若い男がその通りにすると、悪い男は、手を放すように言い、それで仙人になれると言う。
もちろん、これは嘘で、悪い男は、若い男を殺すつもりだった。
しかし、若い男は躊躇なく手を放すと、仙人になって飛んでいった。

もう1つだけ、私が子供の時に見た、古いモノクロ映画で、印象深く覚えているシーンがある。
西洋の映画だ。
アパートの高い階のベランダで、幼い男の子が、母親の手にぶら下がっていた。母親が手を放せば、男の子は地上に落下する。
母親は、息子を引っ張り上げることが出来ないが、手が疲れて苦しくなってきていた。
その息子は、自分が地上に落ちることを想像した。
すると、この子の想像の中では、天使がやってきて自分を支え、気持ち良く地上に着地した。
その通りになると信じた息子は、母親に、「ママ、手を放してもいいよ」と明るく言うが、母親は手の疲れに苦しみながらも、そんなことは出来ない。
幸い、映画の主人公っぽい、立派な男性がそれを見つけ、平然とベランダの外に出て、男の子を助けた。

さて、私は今朝、こんな夢を見た。
私は、高い階のマンションのベランダに、別の男と2人でいた(多分、私のマンションではない)。
我々は、スーパーマンになる薬を持っていた(笑)。
まあ、なぜだか分からないが、それを持っていたし、それがスーパーマンになる薬だと知っていた。
すると、部屋の中から、本物のスーパーマンが向かってくるのを感じた、
なぜか、スーパーマンが追いかけてきていることを知っていたのだ。
そして、捕まるとヤバいことも分かっていた。なぜかは知らないがね。
記憶や知識なんて、本当にいい加減なものだと思う(笑)。
もう1人の男は、さっさと薬を飲むと、スーパーマン化して飛んで行った。先に逃げたわけだ。
仕方がないので、私も薬を飲んだ(笑)。
で、もうスーパーマンになったはずだから飛べるはずだが、そのためには、この高いベランダの外に飛び出す必要がある。
ところが、ちょっとは怖かったが、それほどの決意を必要とせず、私はベランダから、飛び出した。
飛べた(笑)。
そしたら、本物のスーパーマンが飛んで追って来る。
どうも、彼とは敵対しているようである。
あっちの方が強いというのではないと思うが、戦うのはシンドそうなので(笑)、とりあえず逃げることにした。
しかし、お互いスーパーマンなので飛行速度は高速であり、すごい曲芸飛行みたいになった。まるで映画だ(笑)。

とにかく私は、夢の中で、それほど躊躇せず、高いところから飛び出し、高速で空も飛べた。
これは、精神が進歩した証と思う。
最近、日常で、かなり辛いことが多いが、それが役に立っているのだろう。
ますます、今この瞬間に生きる中今メソッド(スピリチュアル界隈では、今今メソッドと言う)に励み、思考を消し、パラレルワールドを駆ける男になろうと思う。
良かったら、皆さんもご一緒に・・・








神頼みのゆるい作法

私は自助努力に著しく欠け(笑)、神頼みが大好きなのであるが、神頼みについて、今朝の記事よりもシンプルなことを述べようと思う。

中国出身のアメリカの女性作家で事業家のチン・ニンチュウの世界的ベストセラー『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』の195ページ「羊飼いをあなたの主人にせよ」に、神頼みの究極が書かかれているが、これは、チン・ニンチュウの悟りのようなもので、意味とか、実際のやり方がよく分らなかった。
ニンチュウは、こんな説明が上手くないので、名著ながら、ロングセラーにならなかったような気もする。
だいたい、こんな話である。

チン・ニンチュウは大変な努力家であった。
作家として最高の評価を受け、いくつかの会社を起業して成功し、女優だったこともあった。
そんなある日、彼女が瞑想をしていると、こんなイメージが浮かんだ。
羊飼いが自分に近付いてきて、自分は羊になった。
羊は羊飼いにしっかりと面倒をみてもらってさえいれば、何の努力もする必要はない(と彼女は理解したのだろう)。
夢の中では(あれ、瞑想だったはず。寝ちゃったのかなw)、その羊飼いは彼女の保護者になってくれていた。
羊飼いは彼女に、「私が"究極の戦士"として、あなたの代わりに戦ってあげる」と言ったようだ。
瞑想を終えた彼女は(また瞑想に戻ったw)、喜びと安堵で涙が止まらなかったという。

日本には、羊の放牧とか、羊飼いといったものがほとんどないが、羊飼いのイメージは、アニメや映画等で見て分かっていると思う。
キリスト教では、イエスが羊飼いで、我々人間は羊であると喩えられることがよくある。
ニンチュウもクリスチャンであるから、やはり、羊飼いはイエス・キリストで、神ということなのだろう。

上の話が全てで、我々も羊になって、羊飼いである神様に面倒を見てもらい、代わりに戦ってもらえば良いのである。
江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠も、「まることの教え」といって、神様にまるごとまかせれば良いのだと教えたのである。

ところが、上で、ニンチュウは、「何の努力もする必要はない」と述べているが、これをニンチュウは悪意なく書いているから問題なのである。
つまり、彼女のような超努力家で超優秀な人から見れば「こんなの努力じゃない」と思うようなことが、我々凡人には、かなり努力しなくてはならないことかもしれない。
たとえば、イチローが毎朝百回素振りをするのは極めて楽なことだが、アマチュア野球の選手なら、かなりの努力になる。
黒住宗忠だって、「仕事に励むのは当たり前だ」と言っているのであるが、それは、私にとっては、努力以外の何物でも・・・である(笑)。

とはいえ、やはり、やりたくないことは、やらなくて良い。だが、これも誤解されることが多いので言い直す。
「どうしてもやりたくないなら、やらなくて良い」
偉くなったり、金持ちになりたい場合はいざ知らずだが、平安に楽しく暮らす程度で良ければ、最小限の努力で良い。
上の羊と羊飼いの例で言えば、羊の努力とは、せいぜいが、羊飼いの側に居ることだ。
しかも、聖書によれば、羊がはぐれてどこかに行ってしまっても、羊飼いは必ず、探しに来てくれるのである。
我々も、神様から離れてしまったら、神様の方で探しに来てくれるかもしれない。
しかし、せっかく神様が見つけてくれたのに、その時に逃げ出したら、少々まずいわけである。そんな時は、黙って神様に従う程度の努力は必要なのである。

努力について、もう少し考える。
私の場合は、会社で全く仕事をしなかった。
それでも、出勤し、自分の机に座っているくらいのことはしたし、それほど大変でないことならやっていた。
ところが、大俳優だった丹波哲郎さんの場合は、サラリーマン時代、出勤はしても、遊びに行ってしまって、席にはいなかった。
それでも、丹波さんは、宴会の幹事は得意で好きなので、それで役に立っていたらしい。また、丹波さんという人は、人に嫌がらせや、まして、いじめをするような人ではなかった。
つまり、嫌なことでなければ、羊も、最小限の努力はすべきだが、とにかく、最小限で良いのである。
しかし、そんな最小限の努力・・・やってクタクタになるわけでもないことをやらない人間は多いのである。
あるいは、やらなくてもいい嫌がらせや陰口みたいなことをする人も少なくないし、いじめをする者もいる。詳しくは解説しないが、そんなことをするのは、神様の恵みを拒否しているようなものだから、神様だって何も出来ないのではと思う。

結局のところ、神様にくっつくくらいの努力をすれば良いのだと思う。
神様(あるいは仏様)は、限りなく慈悲深いが、自分も最低限の立派さがないと、神様に近付く気になれないと思う。
たとえば、極端な話だが、毎日電車で痴漢行為をしながら、「神様、お近くに居させて下さい」とは言えないものである。
だが、それほど「ご立派」である必要もない。
つまり、最低限のモラルを持つべきで、それであれば、ニンチュウのように、神様に面倒を見てもらう気満々でさえあれば(笑)、それで良い。
それには、最近動画で見た話であったが、斎藤一人さんが教えるように、「天之御中主(アメノミナカヌシ)様、お助け下さいまして、ありがとうございます」と唱えるのも良い方法と思う。
もちろん、自分に合うなら、「南無阿弥陀仏」や「アマテラスオホミカミ」や「アジマリカン」や「トホカミエミタメ」と唱えるのも良いと思うし、「神様の奇跡が起こる」と唱えても良いのである。








勝利を呼ぶ3つの言葉

科学的にも、スピリチュアル(精神世界)的にも、必ず勝利する言葉が3つある(他にもあるが)。
それは「大丈夫」「ありがたい」「なんとかなる」である。
「大丈夫」は、科学的研究によっても、能力が高い人は、頭の中で「大丈夫」や類似の言葉をずっと言っている傾向があることが分かっているらしい。
スピリチュアルと言って良いのかは分からないが、心屋仁之助さんは、これを最上の言葉、言えば成功する言葉と言っている。
「ありがたい」は、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が、神の恵みがあるから、口先だけでも良いから言えと言った言葉だ。
「なんとかなる」は、一休さんの遺言として有名だが、斎藤一人さんが、この言葉が良いといった本を出している(私は読んでいないが)。

それで、「大丈夫」「ありがたい」「なんとかなる」の中で、どれが一番良いかというと、全部同じ意味なので、どれでも良い。全く同じだ。
だから、自分が一番感じが良いと思うものを、口ぐせのように唱えると、ハッピーラッキー間違いなしといったところだ。
ところで、この3つがどういう意味で同じかというと、3つとも「おまかせします」という意味だということは理解しておくと良い・・・というか理解しないといけない。
だから、欲望を捨て、何も望んではならない。ここが重要なポイントになる。
だが、欲望を叶えようと思って、これらの言葉を唱える人が多いと思うが、そんな人達は落胆し、「なんだ、効果ないじゃないか」などと言う(笑)。

IT界で著名な梅田望夫さんが本に書かれていたが、グーグルの技術者達が「インターネットという神の意思を実現するために開発している」と言っていたらしい。
つまり、自分が何を開発したいとか、自分がインターネット世界を変えてやるぞなどと思っているのではなく、神の意思に従おうと思っているのであり、これが、「おまかせします」の姿勢だ。
BUMP OF CHICKENの藤原基央さんも、以前、ラジオ番組だったと思うが、「自分がどうプレイしたいかではなく、音楽がどうプレイして欲しがっているか考えてプレイしている」と言っていたが、これはグーグルの技術者と同じ思想なのだと思う。で、藤原さんは、自分の意思や欲望を全く持たない尊敬すべき存在が初音ミクだと言っていたのである。

『ザ・シークレット』にも、この思想が見られる部分があり、私は、『ザ・シークレット』の中で、そこだけは好きだ。
つまり、良い自動車が欲しいと思うのではなく、今、乗れる自動車があることに対し「ありがとう」と言って感謝するのである。そうすると、新しい自動車を引き寄せるが、新しい自動車を引き寄せようという下心で「ありがとう」と言っても駄目である。
何でもいいから感謝するのだ。着る服があること、住む家があること、見る目があることなど、感謝出来るものを見つけて「ありがとう」と言えば、自ずと、もっと良い服、家、さらには、視力も得られるのである。著者のロンダ・バーンは、老眼を3日で治したらしい。

「神様の奇跡が起こる」「ナムアミダブツ」「アマテラスオホミカミ」といった言葉も、神様や仏様におまかせしますという意味だ。
だから、「大丈夫」「ありがたい」「なんとかなる」と一緒に唱えても良いし、相乗効果があると思う。








神様に責任を取ってもらうには

私は、人生に行き詰まった時・・・まあ、それほど行き詰まったことはないのだが・・・夏目志郎さんのやり方に倣うことにしている。
人真似・・・前に倣えは駄目だが、これは唯一、真似て良いことだと思っている。
中国のお金持ちのボンボンだった夏目さんが、戦後、高級車と大金を持って日本でビジネスを始めたが、詐欺に遭って膨大な借金を背負い、事故で脚を折り、まだ35歳なのに頭も禿げてきたという、散々な状況の中でやったことだった。
まあ、やったことと言っても、実際は何もしていないので「心で決めた」というだけのことである。
上のような、何もかも失敗続きの人生の中で、夏目さんは敬虔なクリスチャン(キリスト教徒)になったのだから、ある意味、宗教にハマったと言えなくもないが、あくどい新興宗教でなかったのが良かったのだろう。
夏目さんは、神様に、こんな感じで祈った。
「神様、これまでの私の人生の責任は私にあります。だけど、これからの人生の責任は、あなたに取って欲しいのです」
主旨はこれだけである。
そして、失業中の夏目さんは、具体的なお願いを1つした。それは、
「私はもう35歳です。生涯をかけられる、これはという仕事を下さい」
だった。
すると、翌日、百科事典を扱う外資系企業がスカウトに来て、夏目さんは百科事典のセールスマンになったのだった。

つまり、神様への全托である。
これは、ラマナ・マハルシや、ラメッシ・バルセカールといったインドの聖者達も「神への人生の完全な明け渡し」として推奨していることだった。
マハルシは無職だったが、バルセカールは銀行の頭取だった。
ちなみに、バルセカールの師匠は、小さなタバコ屋だった。
日本でも、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が、神様に「丸ごと」まかせてしまう「まること」の教えを説いている。
宗忠もまた、病気で長年寝込み、もう駄目(もう死ぬだろう)という状況で、神様(天照大神)に祈ったのだった。

神様に全托するにはどうすれば良いかというと、別に何もない。
「まかせた」と思えば良いのである。
ただ、日本やインドでは、神様の名を唱えることが習いになっている。
キリスト教やユダヤ教では、神の名を口にしてはいけないということがあるらしいが、夏目さんのように「責任取って下さい」と言うのも分かり易い(笑)。
まあ、神様は全托すれば、必ず責任を取ってくれる。
人間のチャラい男と違って力があるからね(笑)。
「南無阿弥陀仏」という念仏は、「阿弥陀様に全ておまかせします」という意味で、念仏を唱えれば、阿弥陀様(あるいは阿弥陀仏が象徴する万能の力)が責任を取ってくれるわけである。
日本にも、「十言の神呪(とことのかじり)」と言って、天照大神の名「アマテラスオホミカミ」と唱える神呪(まじない。真言)がある。
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)の名を唱えることや、造化三神を含むという「サムハラ」を唱えるというものもある。
自分が好きな名を選んで唱えると良い。
要は、まかせたということを自覚すれば良いだけである。

神様にまかせたら、怠惰になるかというと、そういうこともあるかもしれない(笑)。
以前は、そんなことはないと思っていたが、どうなるかは神様次第だ。
ただ、まかせたからには、どうなっても文句を言ってはならないのだと思う。
しばらくは散々な目に遭い、いわゆる「試される」かもしれない。
まあ、不純だったり、甘かったりすると、試されるのかもしれない。
あるいは、大物になる素質があれば、大いに試されるかもしれない。
だが、あまり苦しくなく、楽が出来るように(笑)、十言の神呪を熱心にやろうかと思う。








暇な時間を持つ大切さ

コンピューター科学者で、有名なLispプログラマーであるポール・グレアムの『ハッカーと画家』によればアメリカも同様のようであるが、日本では、庶民は、ある時期までは学校に、学校を終えてからは、会社を始めとする職場に長時間拘束される。
その結果、どうなるかというと、人間本来の優れた精神と身体を持つ機会を逸する。
我々は、身体や心を磨くには、厳しい、辛い鍛錬をすることが必要だと思い込まされている。
上位の人間になるためには、猛烈な勉強やトレーニングを、1日4時間、5時間もやる必要があるといった具合だ。
しかし、そんな訓練では、若い時に一時的に、そして、極めて限定された能力を持てるに過ぎない。
そして、そこそこ優秀な人間になるためには、やはり、辛い訓練を毎日2~3時間やるといった具合だ。
だが、人間が本来持つ、本物の力は、そんなやり方では顕在化出来ない。
とはいえ、正しくやれば、誰でも、苦しむことなく得られる。
すなわち、誰でも出来る軽い訓練を、長時間やれば良い。
しかも、一般のスポーツや勉強と違い、やることの種類は少なく、たった1つのことをやれば良い場合もある。
実際、キリストのような高度な神秘力を得た者は、たった1つのことを、毎日、6~10時間以上やった者が多い。

釈迦は王子様で、29歳まで、かなり自由な時間を持ち、仙人の行に励んでいたのだと思われる。それは、決して苦しい行ではなく、むしろ、楽しいものだったはずだ。
その後、釈迦は城を出て、35歳まで修行三昧したが、能力そのものは、城を出る前に得ていたのだと思う。
だから、釈迦を霊視したルドルフ・シュタイナーは、釈迦が悟りを開いたのは29歳の時だったと言うのである。
釈迦の29歳から35歳までは、修行と言うよりは、探求の期間、人々を導く準備をするための期間だったのだと思う。
イエスの場合も、王子様でこそなかったが、30歳頃まで実家暮らしで、理解のある両親の元で自由に知恵の探求をしていたと思われるフシがある。
江戸末期の偉大な超人神道家、黒住宗忠も、完全にそう(実家暮らしの苦労知らず)であり、彼はイエス並の奇跡の力を備えていた。

引き寄せの能力が強い者というのは、子供の時から友達が少なく、また、時間を取られる趣味もなかったので、多くは偶然に、精神、あるいは、肉体を時間をかけて磨いていた者が圧倒的だ。
概ね、そんなふうな状況で育った者の中でも、特に、読書好きで、しかも、その読書内容が精神的なものであった場合は、魔法的な力を獲得している場合がよくある。
アイザック・ニュートンがまさにそうで、彼は、数学や物理学、あるいは、天文学の研究は、ついでにやっていただけで、本当に熱心に行っていたのは神秘学や聖書の研究だった。

引き寄せの能力も、訓練で得られるところがあり、それには長時間かかる。しかし、訓練そのものは、誰でも出来る、楽なものだ。
仙人や導師や超人ヨーギのような、超人的な身体や精神力を得るのも同じであると思われる。
それこそ、腕振り運動をしたり、佐川幸義流の、足踏みに近い四股を、毎日、長時間踏んだりである。
だが、我々は、学校や会社等に長時間拘束されてしまっている。
しかし、たとえそうであっても、なるべく学校や会社等に関わる時間を減らし、また、つまらない友達付き合いや、下らない趣味や、飲酒や美食に時間を取られることなく、楽しい充実した修行に時間を注ぐ込むべきであると思う。
また、学校や会社の中でも、なるべく自由な時間を作り、修行するのだ。
私の場合は、若い時から、少なくとも会社では、大半の時間は自由にしていたが、不可思議な力により、いつも良い想いをしていたのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード