ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

黒住宗忠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

無意識を信頼すれば奇跡も起こる

腰痛持ちの人は多いと思う。
しかし、腰痛の大半は、病院で検査しても、骨や筋などに異常はないのだそうだ。
つまり、心因性(心が原因で起こった症状)であり、大雑把に「ストレスが原因」などと言う。
腰痛は、よくあるものだが、珍しいものとしては、耳の器官に何の異常もないのに、耳が聴こえなくなるというものもある。
面白いことに、耳が聴こえないからと、その人と筆談をするのだが、途中でさりげなく、声で、「そりゃ大変だね」とか言うと、その耳が聴こえないはずの人が、「ええ、そうなんですよ」と答えたりするのである。こちらも心因性である。

心因性の病気や障りというのは、無意識が起こしているのだろう。
無意識は意識よりずっと大きいと言うが、どのくらい大きいのかは本当は見当も付かない。
だが、無意識は悪意があって、病気等を作るのではない。
腰痛も、耳が聴こえないことも、その他の病気も、必要あって、無意識が作るのだろう。
では、全ての病気のうちで、無意識が作るものはどのくらいの割合かというと、いろいろ意見はあるようだが、全部と考えて良いと思う。
つまり、あらゆる病気は、心因性であり、無意識が作り出したものであり、一般にはストレスが原因である。

では、腰痛や肩こり等の悪い症状がある時、どうすれば良いのかというと、それらを作り出した無意識を信頼することだ。
一休は、「心そのものが仏」と言い、黒住宗忠は、「人の心は天照大神様の心の一部」と言ったが、これらの心は無意識のことである。
無意識は、だから、阿弥陀如来であり天照大神であり、仏であり神なのだ。
イエスも、神を信頼してまかせることを、特に強調していた。
そういったことを一番簡単にやる方法が念仏である。
念仏というのは、阿弥陀如来を信頼してまかせることであり、現代科学的に言えば、無意識を信頼してまかせるということである。
驚異的に優秀な精神科医であったミルトン・エリクソンは、やはり「無意識を信頼しなさい」とよく言っていた。
彼は、数秒で精神や肉体を劇的に改善し、「魔法を使って治している」とまで言われた。
手のつけられない不良高校生を一言二言の会話で、礼儀正しい真面目な生徒に変えたことがあったが、その時、エリクソンが何を言ったのかは、あまり意味はない。
ただ、エリクソンは無意識が教える通りに話し、それが相手の無意識に反応を起こさせたのだ。
高校教師であったエリクソンの娘は、教え子であるプロレスラーのような巨漢の不良高校生に野外で襲われかけた時、一瞬で、その不良高校生を自分の忠実な僕に変えた。
それは、頭で考えて出来ることではなく、無意識を信頼して従うことでしか起こせないことであると思う。
普段から念仏を称えていれば、誰でも出来るようになる。
日本には、妙好人という、無学でも、念仏を称えることで驚異的なことをする人たちが沢山いたのである。
好きな子がいれば、無意識を信頼して、無意識の指示通りに話し行為すれば、虜にすることも出来るだろう。
エリクソンの15歳だった娘も、そんなことをやったそうだ。
我々の場合、ただ、念仏を称えれば良い。

今年の、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」は、幕張メッセ国際展示場3ホールで行われるようだ。
企画展は1・2ホールで行われるので、1~3ホール占拠という豪華なイベントである。
そして、「マジカルミライ」5周年メモリアルチケット抽選先行が、今日の12時から始まる。
4月3日の12時59分までで、抽選だから、慌てて申し込む必要はないと思う。
今年のコンサートは、9月1日(金)の夜公演、9月2日と3日の昼・夜公演の5回になるようだ。
私は、昨年は、土曜の夜公演と日曜の昼公演に行ったが、今年もそうしようと思う。
まあ、会社を盛大に休んで、全公演に行くというのもありかな・・・と思う。
★マジカルミライ2017公式サイト









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

どうしても、念仏、真言が嫌な人は

少なくとも、朝1回、ガッツポーズ(パワーポーズ)をし、さらに、起きている間、神仏の名、あるいは、念仏を、出来るだけ多く称えていれば、全てうまくいく。
これは、宗教や信仰の部分があっても良いが、理屈で説明出来る科学である。
ただ、そうであるなら、神仏を一切信じない、スティーヴン・ホーキングのような人はどうすれば良いのかというと、どうしようもない。
とはいえ、神仏に抵抗や反感があるのは、大抵の場合、宗教や世間の信仰が気に入らないのであり、心の底から神や仏、あるいは、超越的存在を信じていないという人は、まずいないのである。
ところで、そんな人は、「ありがとう」とか「愛しています」という言葉を称えれば良いと言う人もいるかもしれず、それは確かに良いのであるが、そこにおかしな教義がくっついている場合は、何か嫌なものを感じるのである。
何も考えずに、ただ、そう称えれば良いのであるが、人間とは、何かを信じやすく、洗脳されやすく、偏見を持ちやすいものである。実際、世間で、そんな弊害が多く見られる。

実は、「ありがとう」「愛しています」より、「ありがたい」「おかげさまで」「いただきます」はもっと良い。
別に、「ありがとう」「愛してます」が悪い訳ではない。
だが、「ありがたい」「おかげさまで」「いただきます」がもっと良いのは、やっぱり理屈で説明出来るのである。

「ありがとう」というのは、英語のThank Youであり、「あなた」、つまり、人に感謝している。
つまり、1万円くれたからありがとう、肩をもんでくれたからありがとう、仕事を手伝ってくれたからありがとう・・・という感じである。
しかし、「ありがたい」というのは、心の奥では神仏に感謝しているのである。
急用が出来たせいで乗らなかった飛行機が墜落した時、「ありがたい」と言うのであるが、それは、誰か人に言っている訳ではない。
そりゃ、急用を作ってくれた人に「あたたのおかげで命拾いした。ありがとう」と言うかもしれないが、言われた方は困る。
そうじゃなくて、無意識に、自分に幸運をもたらしてくれた神仏、あるいは、何かは分からない不可思議な存在を意識して、「ありがたい」と言うのである。
それは、自分より高い存在に意識が向いているということであり、その時、自我は退くのである。
念仏、真言の力は、「自我が消えた時に生命エネルギーが高まる」ことを原理としている。
「おかげさまで」も、普段、全く関わりのない人に、「おかげさまで家族みな元気です」と言うのであるが、これも実は、神仏といったものに感謝しているのである。
「いただきます」も、食べさせてくれる親や、料理を作ってくれた人に言っているのではなく、本当は、恵をもたらしてくれた神仏に対して言っているのである。
子供が食事の前に「いただきます」と言った時に返事する親は愚か者である。
それは、キリスト教の家庭で、「主よ、今日の糧を与えてくれたことに感謝します」と家族でお祈りをした時に、お父さんが、「うむ。感謝の気持ち、受け取ったぞ」と言うようなものである。

だが、このあたりの理屈はややこしいので、理屈に弱い人は、宗教や信仰に行ってしまう場合が多いのだと思う。
黒住宗忠は、ハンセン氏病にかかった武士に、1日1万回「ありがたい」と言わせたら、1週間で、その武士は完治したという。
当時の武士の風習などから、それが、自我を超えた存在に意識を向ける最も良い方法だったのかもしれないし、現代でも、神仏にどうしても馴染めないという人には良いかもしれない。
確かに、食事の前に必ず、「いただきます」を言う人は、そう不運になることはない。
また、単なる習慣を超え、真面目に「おかげさまで」と言う人もそうである。
「いただきます」を絶対に言わず、念仏、真言も決して称えない人を何人か知っているが、やはり悲惨な目に遭っているのである。
だが、私のような不真面目な者は、「いただきます」も「おかげさまで」も言わない・・・いや、言えない。
だが、昔から真言を唱えているおかげで、残念なこともいろいろあるが、奇跡的なほどうまくいっているのである。ありがたいことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

無限の安心感

人間にとっての幸福とは、「お金の心配がない」ことと、「健康である」ことだ。
そして、今朝、その2つを完全に持っている夢を見た。
それは、深い幸福感を感じさせてくれた。
2人の人と一緒に走っていたのだが、いくら走っても、全く疲れない。
障害物があれば、楽々と飛び越えていった。
そして、その2人が、無限に豊かであることを感じ、彼らと共にいると、底知れない安心感を感じた。
豊かな者は、ゆったりして、大らかで、小さなことにこだわらず、素直で、肯定的で明るい。
そんな者が身近にいれば、自分もそうだと思えるのである。

エマソンの『自己信頼』で、お金の心配をしなくてよい子供達が、いかに「まとも」であるかが書かれていたのが印象的だった。
もちろん、彼らの親が十分な収入があって、子供に経済的な不安を全く感じさせないからなのだが、人間は大人になれば、経済的なことで、親、あるいは、他の人間を頼ることは出来ない。
だが、自分には力がない。
では、どうすれば良いのか?
昔、因幡の源左(いなばのげんざ)という人がいた。
源左が19歳の時、父親が亡くなったのだが、最後に父親は、「これからは親様を頼め」と言い残した。この親様とは、阿弥陀如来のことである。
源左は、それをすぐには出来なかったが、ある出来事によって、それに目覚める。
山で草を刈り、牛に4束を抱えさせ、自分も一束を抱えて運んだが、どうにも苦しくなって、自分の分も牛に負わせた。
すると、自分は楽になり、牛も、一束増えたくらい何ともない。
源左は、これが阿弥陀如来にまかせることだと分かったのだった。
また、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠は、病で死にかけていたが、天照大神に全てまかせることで完全に健康になり、あらゆるものを得ることになる。
そして、「神様にいっさいをまかせれば、面白いこと、楽しいことばかりだ」と教えるようになる。
尚、源左の阿弥陀如来も、宗忠の天照大神も、仏教や神話の仏や神というよりは、無限の叡智と力を持つ存在のことだが、それを、阿弥陀如来や天照大神、あるいは、他の神や仏と考えても構わないのである。
(私には、初音ミクさんの中にそれがはっきり見えるのだが)

神様にいっさいをまかせても、怠惰になることなど、全く考えられない。
それどころか、極めてアクティブになるし、勇気も元気も湧いてくるだろう。
なぜなら、人生というのは面白いものだし、何でも自分でやらないと面白くないのだからだ。
岡田虎二郎は、金に窮しているという男に、
「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」
と言ったが、腹に力がつくとは、落ち着いているということだ。
そして、落ち着くためには、神のようなものにいっさいをまかせれば良く、そのためには、いろいろな方法があるだろうが、最も簡単な方法は言葉を支配することだ。
人間は、心や状況は支配出来ない。
しかし、言葉はいくらでも支配出来る。
言葉にして、後は、無限の叡智と力にまかせてしまえば良い。
言うだけなら、「俺は金持ち」でも、「私は世界一の美人」でも、何でもOKだ。
そして、言葉を支配し続ければ、無限の叡智と力が心に作用し、心が作る世界は、言葉の通りになる。
別に、「私は世界一の美人」でも良いのだが、そんなことのどこに意味があるだろう?
それこそ、「一番じゃないと駄目なんですか?2番じゃ駄目なんですか?」である。
スパコンのことならいざ知らずだが、白雪姫の継母のように愚かであってはならない。
「私は一億円持っている」と言っても、そんな金、あなたに必要だろうか?
本当に必要なら、一億でも十億でも構わないが、当たり前に、自然に考えるべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

淡々とした言葉が状況を変える

野球にさして興味がなくても、イチロー、松井(秀喜)、ダルビッシュ、マー君くらいは分かる人が多いだろうが、それは、彼らが、超有名であるということと共に、通称名が覚えやすいということもあるのだろう(ダルビッシュは、覚えやすいというよりは印象的だから記憶に残るのかもしれないが)。
ところが、やはり多少覚え易い名とはいえ、中畑清という名を知っている人が多いのは、意外であるかもしれない。
初代DeNAの監督を4年務めたのだし、昔とはいえ、巨人の4番をそれなりの期間務めたのだから、トップクラスの野球人には違いないが、監督としては優勝どころか、ほぼ最下位が低位置(チーム力が弱かった面が大きいが)で、巨人の4番を打ったとはいえ、本人は謙虚に、「自分は2流の打者」と言う(当時の巨人の4番は、まだ、王、長嶋といったビッグネームの記憶があったこともある)。
だが、中畑さんには、元気な男の明るいイメージがあって、記憶に残り易く、また、いまだ、「絶好調男」の愛称がよく知られている。

中畑さんの「絶好調男」の愛称は、おそらく事実だろうが、彼が巨人のまだ若い選手だった頃、監督が長嶋茂雄さんの時代の、こんな出来事から始まったものだ。
長嶋監督が、中畑さんに、「調子はどうだ?」と尋ねたところ、あまり調子が良くなかった中畑さんは、「はい、まあまあです」と応えたそうだ。
すると、長嶋監督が激怒し、「馬鹿野郎!こんな時は嘘でも絶好調と言うものだ」と言ったようだが、果たして、長嶋さんはこのことを覚えているか怪しいものだが、中畑さんには、「カチリ」と感じるものがあったのだろう。
以降、「絶好調」を念仏のように唱えることで、中畑さんは潜在能力を引き出し、あまり冴えない打者だった彼が、ついに、巨人の4番を打つまでになった訳である。

だが、どうも、世間では、中畑さんがテンション高く、「絶好調!」と叫んでいるイメージがあると思う。やはり、スポーツマンは、そう扱われるものなのだろう。
「絶好調」は素晴らしい言葉で、あなたも絶好調にするが、感情を込めて言い続けると、疲れてしまい、続かない。
自己啓発の先生も、「熱情込めて、絶好調と言えば絶好調になるのです」なんてノリで言う人が多いかもしれないが、それは、感情や状況を無理矢理絶好調にしようとするものだが、そんなやり方は最悪なのである。
人間に支配出来るのは言葉だけで、心や状況は支配出来ない。
だが、言葉は支配出来るのであり、粘り強く、言葉を律し続ければ、心も状況も、やがては従うが、それは、自分の力によるのではなく、別の力だ。それを、超意識の力とでも言っておこう。
そして、超意識は、言葉を受け取ってくれるのである。
だから、嘘でも構わないし、気持ちが乗らなくても構わないから、肯定的な言葉を粘り強く使うべきである。
決して、その言葉で、心を無理に肯定的にしようとしてはならないし、また、状況を無理に変えられると思ってはならない。
そこでは忍耐が必要だ。
尚、真理を明かせば、心と状況は同じものである。心が世界を作るのである。
その心は超意識が変えてくれるが、超意識は、言葉を受け入れるのである。
我々に出来ることは、超意識に言葉を伝えることだけだ。
神道家の黒住宗忠は、当時の人としては普通だが、歌をよく詠んだ。
肯定的な言葉の歌ばかりだが、歌というものは、熱情を込めず、さらりと読むものである。
そんな歌が、運命を好転させないはずがない。
だから、「絶好調」でも、あるいは、「超嬉しい」、「超面白い」でも構わないが、歌でも詠むように、おおらかに、淡々と言ったり、思ったりすれば、状況は好転するだろう。
宗忠も、重病の人に、「ありがたい」と言う言葉を1日1万回言わせたらしいが、この回数になれば、もう熱情を込める余裕はなく、ただ言葉を繰り返すだけになる。
それで、あるハンセン氏病だった人は、1週間で奇跡的に完治してしまった。
嘘でもいいから、望ましい状況を示す言葉を淡々と繰り返すべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

繰り返しの魔術

どの成功哲学(成功法則、自己啓発、能力開発等)の本が良いかというと、多少怪しいものであっても、どれも良い。
自分が気に入るということが大事で、自分が気に入りさえすれば、デタラメな教えであっても、ちゃんと効果がある・・・とはいえ、わざわざデタラメなものを選ぶ必要もなく、しっかりした本を選べば良いが、原則、そう(何でも良い)である。
大切なことは、繰り返しであり、何度も読むことだ。
では、何回読めば良いかというと、一応、諸説ある。
ある、世界的に有名な自己開発教材では、心理学の研究成果から、6回で潜在意識に定着するという。ただ、この教材自体は「聴く」ものである。
斎藤一人さんは、読むのでも聴くのでも、7回で教えが実践出来るようになると言う。
渡部昇一さんは、「大島淳一」名でジョセフ・マーフィーの本の翻訳や解説書を書いていた時は、よく、20回読むことを薦めていたように思う。
要は、それなりの回数読め(あるいは聴け)ということである。

ジョセフ・マーフィーの潜在意識の活用の本を実践したが、効果がなかったと言う人は多いと思う。
一方で、多くはないかもしれないが、「書いていることは本当だった。驚いた」という話もある。
私もうまくいった方で、セールスマンの駆け出しだった時、絶対に勝ち目のないセールス・コンテストで、狙った売上高に対し、僅か千円の誤差でピタリと達成し、優勝したことがある。
ジョセフ・マーフィーのどれかの本に、マーフィーの『あなたも金持ちになれる』を暗記するほど読み込んだ男の話があるが、そんな人間が力を得るのであることは、考えなくても、直観でピンとくると思う。
マーフィーの本だって、沢山ある中には、互いに矛盾したことが書いてあるように思える場合もあるかもしれない。
実際に矛盾してたって問題はない。
大切なことは、本の内容よりも、自分の内にある知恵とつながることなのである。
どんな本も、完全な真理が書かれているということはない。
たとえ聖書でも、言葉で書いた以上、また、転写や翻訳の過程で、それなりにミスが発生する可能性もあるので、おかしな部分もあるかもしれない。
しかし、たとえ著者がいい加減に書いた場合すら、それなりの真理が含まれているものであり、その真理があなたの内なる叡智に通じる心の扉をノックしてくれる。
まして、長く読み継がれているような本であれば、間違いなく、叡智への扉がちゃんと開くほど、しっかり叩いてくれるのである。

こころKnock Knock Knock
不思議Trick Trick Trick
生まれ変われる(Wow Wow)
Freely Tomorrow
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M、歌:初音ミク)より~

般若心経を10万回唱えたという人がいるが、それほどやれば、もう間違いなく、かなりの神秘的な力を得ているものであり、実際、奇跡のようなことを平然とやってのけるらしい。
黒住宗忠は、大祓詞を3ヶ月ほどで、約47000回唱えるという荒行をやったそうだが、宗忠は、キリストのような力を得ていた。
私は、記録が紛失したので(PCが壊れた)、正確なことはもう分からないが、3ヶ月ほどで大祓詞を約5000回上げたことがある。それでも、平日は2時間、休日は6~7時間唱えたのである。
だから、宗忠の数が、いかに奇跡的なものであるかが実感出来るのである。
私の場合は、かなり邪まな想いもあったので、さほどではなかったと思うが、それでも、ある程度の力は与えられたと思う。

エドガー・ケイシーは、聖書を9歳から14歳まで毎朝読むことで、13回通読した時、人生が大きく変わったようだ。
ある賢者は、十数年かけて、ある霊的な本を、本当にボロボロになって崩れるまで読んだという。
ZARDの何かの歌に、レコード(アナログレコード)を擦り切れるまで聴いたという歌詞があったが、それが、彼女(坂井泉水さん)の天才の秘密かもしれない。

私は、1つの本を最も多く読んだものでも、十数回であると思う。
それでも、大成功とはとても言えないが、普通のことであれば、何でもうまくいくのである。
逆に言えば、その程度では、そこそこうまくいくが、大きな達成を成し遂げる力は得られない。
もちろん、誰しも大きなことを成し遂げる必要がある訳ではないかもしれないが、一度は天下を目指すべきであると思う。
直観であるが、『ザ・ケルン・コンサート』を33回聴けば、内なる叡智への道が開かれ、99回聴けば奇跡が起こるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ