ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

黒住宗忠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

幸運のために思いだすべきこと

Amazonで「運」とか「ツキ」で検索すると、幸運、ツキをもたらすノウハウが書かれた本が物凄い数で、実際に成功した人が書かれたものも多いし、どれも中々魅力的に感じる。
それらのどれもが、それなりに有益なことが書かれているのだろうが、それらを読んで実際に運を掴んだ人が、どれほどいるだろう。
私が読んだ中で特に良いと感じたのは、投資家のマックス・ギュンターの『「ツキ」の科学』と、植島啓司氏の『運は実力を超える』で、少しも夢のような話ではなく説得力があったと思う。
しかし、何が書かれていたか・・・つまり、どうすれば運が良くなると書かれていたか、全く覚えていない。
と言うのは、私がこの数ヶ月、ひどい悪運に苦しめられたからだ。
ただ、私は人生全般においては、恐ろしいほど幸運だった。どう考えても、悲惨な状況になっていたはずなのに、富豪とは言わないが、健康で何不自由なくやっているし、常に良い想いばかりしている。
それで思い出したのだが、幸運の法則の第一は、自分が幸運だと思うことだった。

しかし、それでも、悪鬼悪霊は忍び寄る。
ゲーテの『ファウスト』から考えると、怠りのある者に対して、神様は悪魔を送って「引き締めて」くれるのだろう。
でも、怠っていたかなあ・・・
初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」に向けて、食を慎み、トレーニングに励み、身体も5kg絞り、万全であったはずだが、その肝心の「マジカルミライ2017」が、少々残念な結果になったと言わざるをえないのだから。
きっと、何か間違えていたのだろうが、考えてみれば、私はいつだって間違えていたのだ。

一番肝心なことを忘れなければ、そうそう運なんて悪くならないばかりか、嬉しいこと、楽しいことしか起こらない。
江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠によれば、それは神様にまるごと任せることだ。
昨日も書いたが、アメリカが最強の国であり続ける理由は、アメリカのモットーが、「我々は神を信頼する(In God We Trust)」だからだ。
インドはカーストを信じ、中国は儒教とお金を信じているので、アメリカを追い越すことはない。
ただ、アメリカ人の多くが神を信頼しなくなれば話は別だし、実際、その傾向はある。アメリカは、どこか中国になりつつあるのだ。そうなれば、人口の多い中国が有利な訳だ。

日本はというと、言霊といって、言葉の中に神がいた国だったはずが、日本語が乱れてそうでなくなってきている。
日本が衰退化している理由はそれだ。

それで、私は幸運体質に戻すことにした。
それには念仏を称えれば良いだけのことだ。
ただ、私の念仏は、浄土宗や浄土真宗の念仏とは違う・・・という訳でもないだろうが、どこか違う。
私は、念仏を完成したのは、意外にも宗派が違う一休だと思っている。
ただし、一休は法然や親鸞を尊敬しており、根本思想は、法然、親鸞は実に正しい。
だが、法然、親鸞はあえて言わなかったのだが、一休は、阿弥陀如来は我々の中にあり、念仏はそれを引き出すためのものだと、ちゃんと教えたのである。
賢い人達の書いた幸運の本の中身は忘れたが、それだけ思い出せば良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

1日トータル1時間で常人を超える

「心理学の父」ウィリアム・ジェイムズが言ったように、「さまよう注意を自発的に繰り返し引き戻す能力」を育むことが最上の教育、あるいは、修行で、これは1日中行うつもりでやれば良い。
『バガヴァッド・ギーター』にも、「亀が手足を引っ込めるように、外界に向き易い注意を内に引き戻せ」と書かれているが、そのためには、額に意識を集中したり、真言「オーム」を称えよとある。
やり方はいくらでもあり、どれも簡単であるが、それを出来るだけ長く行うことが必要になる。

我々は、注意を外に向け過ぎているのである。
外界に誘惑が多く、注意を引っ張られて、心はいつもさ迷っているからである。
常に内に注意を向けている武道の達人が、いつでも敵の攻撃に対処出来るのとは違い、心がさ迷っている未熟な者は、あっけなく殺されてしまうことだろう。

黒住宗忠は、現代医学でも治すことが難しい難病に陥った武士に、一日一万回「ありがたい」と言わせ、武士は一週間で完治した。
これも、注意をほとんど終日、引き戻した結果であるが、「ありがたい」という言葉は、内に注意を引き戻すのに非常に効果的な言葉であることも重要である。
なぜなら、「ありがたい」という感情は、胸、あるいは、心の内から起こってくるものなので、「ありがたい」と称えることで、注意は、そこ(胸、あるいは、心の内)に引き戻されるからである。
「南無阿弥陀仏」という念仏だって、親鸞が言ったように、「救ってくれてありがとう」という感謝が込められているのであるのだから、これを常に称えることの意義は極めて大きいのである。

中村天風など、ヨガでは、常に肛門を引き締めるよう教えるが、これも、普段意識することのない、肛門の筋肉をあえて意識して使うことで、効果的に注意を引き戻せるのである。
仏教の僧の中には、歩いている時に、「歩いている、歩いている」と意識し、食べている時に、「食べている、食べている」と意識するという行を行っている者がいるらしいが、これも、注意を引き戻すための効果的な修行なのである。
般若心経の呪文が、最高の呪文であるというのも、それを常に称えればということであるが、その呪文は、常に称え易いリズムある言葉で作られているのである。

やり方は無限である。
自分の好みの1つのやり方で行えば良いが、とにかく、なるべく長時間行うことである。
1日トータルで1時間も行えるようになれば、既に常人ではなくなっているだろう。
3時間なら、人間を超えるに違いない。
仙人の口元には常に呪文があり、神人の胸には乱れぬ1つの想いがいつもあるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間最大の敵

「本当・・・退屈!」
特に当時は、退屈する暇などなくなっていた、二十歳にもなっていなかった人気声優、平野綾さんが演じた、涼宮ハルヒのこのセリフは、まさに名演技で素晴らしかった。
平野さんは、退屈の恐ろしさをよく知っているのだろう。

人間は、退屈していると、悪魔が寄って来る。
正しくは、退屈していると、神が悪魔を寄こすのである。
ぼーっとしていたら、あくびをしていたら、食べたくもないのにムシャムシャ食べていたら・・・悪魔の餌食だ。

このことだけ覚えておくと良い。
絶対に不幸にならないから。

悪魔は、人間を楽しませるため、つまり、退屈をまぎらせてやるためにやってくる。
親切なものだ。
そして、根こそぎ奪っていく。
だから、眠るな。

イエスは弟子達(12使徒)に言った。
「眠らず祈っておれ」
だが、弟子達は起きていることが出来ず、イエスを嘆かせた。
そして、弟子達には苦難が訪れる。

だから、我々も、常に祈らねばならない。
常に修行に励まなければならない。
まるで駄目男君は、いつも退屈している。
それでいつも散々な目に遭って、惨めったらしい恨み言を言う。
たとえば、彼は頭がずっと痒くて、退屈してられないようだ。それもまた、悪魔の、いや、神の配慮だ。

偉大なプロレスラーのお話は、とても分かり易い。
「鉄の爪」フリッツ・フォン・エリックは、野球ボールを持ち歩き、それを常に握って握力を鍛えていたらしい。
その握力を売り物に彼は大成功したのだが、握力そのものよりも、ぼーっとして緩む時間、つまり、眠る時間を消したことが、彼を偉大にした。
「野生児」バディ・ロジャースは、「常に考えていた」。
移動中、他のレスラー達が、ゲームをしたり、雑談している時、彼だけは、お客さんを喜ばせる方法を考え続けていたのだ。
ジャイアント馬場さんは、「そりゃ、いつも考えている人とそうでない人では差が出てくる」と言っていたが、180cmもなかったロジャースは最も成功したプロレスラーで、馬場さんの目標だった。

江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠は、難病に陥った武士に、一日一万回「ありがたい」と言うよう指示した。
それで、退屈している暇もなくなったその武士は、現代医学でも治せない病を、一週間で完全に消してしまった。
「ありがたい」「ありがとう」という言葉は、プラスの作用があるのに、それを、同時にマイナスを消すために使わせたのだから、そして、我々はその方法を知ることが出来るのだから、宗忠はつくづく、有り難い人である。
1日6万回念仏を称えていた法然には、悪魔がつけ入るスキは全くなかっただろう。
人間最大の敵、汝の名は退屈なり。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不幸に遭ったら

ニュースサイトで「小室さん」という見出しを見たら、私などは、「小室哲哉さんが何かしたのかな?」と思うのだが、小室圭さんのことだったということが多い。
しかし、それは、小室哲哉さんが、それほど、一頃に名を成したということと思う。
私の曖昧な記憶だが、小室哲哉さんと言えば、いわゆる全盛期には、海外に行けば超一流ホテルのワンフロアを借り切り、スーパーカーを何十台と所有し、宮殿のような豪邸を建てているとかいった、凄いと言うよりは阿呆な話をよく聴いたものだが、いつしか、大ヒット曲が作れなくなり、多額の借金を背負って詐欺を働き、さらに悪い事に、奥さんのKEIKOさんがクモ膜下出血で倒れるという、まさに、「天国から地獄」とでもいうことになったが、私の見方では、今も昔も地獄・・・いや、昔が地獄で、今は天国に向かっているのだと思う。
人間というのは、苦しい目に遭ってこそ心が磨かれる。
小室さんは、一頃の他人を見下したような雰囲気がなくなり、良い感じになったようで、私としては、辛いだろうが、これで良かったのだと思う。
私は、小室さんの音楽は、昔、「ちょっと感じがいい」程度に感じていたし、長く聴くと疲れた。しかし、ご本人も、名曲を作るというのではなく、サラリーマンがカラオケで歌える歌を作ろうとしていたという話を覚えているが、おそらく、それは本当だと思う。もし、「名曲」の方を主にしていたら、あれほどのヒットメイカーにはならなかっただろう。

今では信じられない人も多いだろうが、ビートたけしさんは昔、たけし軍団をひきつれて、フライデー誌の編集室を襲撃するという、とんでもない暴力事件を起こして逮捕されているが、よく復帰出来たものだと、私は今でも驚ける。現代であれば、絶対に復帰は不可能だろう。
また、たけしさんは、酒を飲んでバイクに乗って事故を起こして瀕死の重傷を負い、また、顔全部を作り直すほどの大手術をしたらしい。
だが、この2つがなければ、これほどの人物にはならなかったと思う。

不幸の渦中にあり、辛く苦しい時は、誰も、「これが自分を磨く」などと思うはずがないが、実際のところ、それがないと、磨かれないばかりか、人間として終わっている可能性もあるのだと思う。
小室さんも、たけしさんも、一連のことがなければ、ハワード・ヒューズのような悲惨な最後を迎えていたかもしれないと私は思う。

不幸は本当は有り難い・・・まあ、さっきも言ったように、その渦中にある人が、そう思うはずはなく、そんなことを言ったら激怒されるかもしれない。
だが、黒住宗忠が、重病に罹った武士に、「ありがたい」を1日一万回言わせたら、現代医学でもあり得ないが、一週間で完治してしまったのだが、不幸の元になっていた潜在意識の穢れを浄化すると供に、不幸とは、ありがたい天の恵みと分かれば、その不幸は消えるのかもしれない。
そのために、宗教団体に多額の寄付をする必要はなく(多少の寄付は良いだろうが)、宗忠が教えたようにやれば良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

おそるべき教え

江戸末期の神道家、黒住宗忠は、難病に陥った武士に、「ありがたい」を、まず、1日百回、駄目なら、千回、ついには、1日1万回、一心不乱に唱えるよう指示し、武士がそれに素直に従ったところ、1万回唱えだしてからと思うが、わずか一週間で完治してしまったという。
これが、あらゆる問題に対する具体的解決方法と思う。

私も最近、体調が悪く、また、散々な目に遭うことが多かった。
そこで、「ミクさん、ありがとう」「ミクさん、愛してる」を、心の中でだが、なるべく多く称えるようにしていた。
問題が解決するかどうかより、これで心が強くなるのを感じる。
そうなれば当然、全ては良い方向に回り始める。

願いを叶える最大の秘訣は、イエスが教えた、「すでに叶ったと思え」である。
では、「叶ったと思う」とは、どういうことだろう?
それは、望みのものをすでに得たように振舞うことである。
希望の額のお金を得たら、楽しいし、心がゆったりとしている。
そんな人は、にこやかで、余裕があり、小さなことにこだわらない。
まるで駄目男君のように、しぶちん顔、不平不満顔、眉間にしわを寄せた険しい顔をしないものである。
そして、胸を張り、顔を上げ、脚は小さく組まず、両手は人の迷惑にならない範囲で広い場所を取り、時には高く挙げるものである。
さらに、その成果に対し、「ありがたい」とか、私のように、貴い存在に、「ありがとう」「愛してる」と言えば、心のテンションが上がると同時に純化する。
これだけ知れば、人生、勝ったも同然である。
イエス様、恐るべしである。
イエスの教えを現代意的に分かり易く述べたのがジョセフ・マーフィーであり、理屈っぽく教えたのがチャールズ・ハアネルである。
ビル・ゲイツのように、飛び切り頭の良い人は、ハアネルがお気に入りなのかもしれない。
私はひきこもっていた時に、マーフィーの本を読み、自分では「なんとなくうまくいった」程度に思っているが、実は、おそろしくうまくいったのである。でなければ、考えるだに悲惨な状態になっていたはずである。
そして、最後の秘訣が、願いが叶っても謙虚であろうと決心することだ。
これがないので、ほとんどの人はうまくいかないし、私も、概ね幸福ではあるが、歓喜には至れないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ