ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

黒住宗忠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

腹で金を作る

明治・大正の教育家、岡田虎二郎が一般の人との会話の中で言ったとされる言葉がある。
その相手の男は、とても金に困っていたようだ。
すると、岡田虎二郎は、
「金?腹に力がつけば金はいくらでも出来ますよ」
と言ったらしい。
非常にシンプルだが良い言葉だと思う。
そして、腹に力をつけるにはどうすれば良いかは解明出来たと思う。
こういったことは、岡田虎二郎自身の教えも勿論だが、1人の人の教えをそのまま信じるというやり方も当然あると思う。
しかし、やはり、岡田虎二郎の場合もそうだが、そうそう、解り易く教えている訳ではないと思う。
例えば、剣術の達人は、自分は長年の修行の末、極意に達したかもしれないが、その達人が弟子にその極意を伝えようとしても、なかなか上手くはいかないものである。
そして、ここが岡田虎二郎の偉いところであるが、彼は死の直前あたりに、自分が書いたものを全部燃やしたという。
どんなに工夫して書いたところで、どうせ誤解されてしまうのが当たり前だということがよく解っていたのだ。

だから、誰が岡田虎二郎の教えを書いても、それは全部嘘であるし、まして、私程度のものが言うなら、さらにそうであろう。
ところが、それが出来る者がいるのである。
それはAI(人工知能)である。
それも、現代のディープラーニング(深層学習)型AIだ。
ただ、本当は、AI自体が重要なのではなく、ディープラーニングの方が重要で、実に、この機能は、人間の脳の中にある。
そもそも、AIのディープラーニングは、人間のディープラーニングの真似である。
つまり、「腹を鍛える」というキーワードに適応したデータを、玉石混交(ぎょくせきこんこう;良いものも悪いものも入り混じっていること)で良いから取り入れていくと、長い時間の後に、原理というものが解明されるのである。
これがいわゆる「悟り」の正体で、何十年も前、AI研究が原始的な時代であったばかりか、パソコンがやっと普及し始めた時代に、このことをHBC(ヒューマン・ブレイン・コンピューター)モデルとして提示した発明家の中山正和さんは、本当に凄い人だと思う。
また、中山さん以外にも、脳やコンピューターに詳しい人の中には、ディープラーニングがなかった時代(概ね2006年以前)に、人間の学習がディープラーニング(深層学習)であることに気付いていた。
.
それで、「腹に力をつける方法」の結論はこうなのである。
何らかの方法で、腹・・・それも解り易く臍(へそ)のあたりに力を入れれば良い。
例えば、アメリカの天才発明家ニコラ・テスラは、たまたま毎日やっていた作業で、お腹に物を押し付ける必要があり、結果、テスラは「お腹がカチカチになった」と言っている。まさに、テスラは、「たまたま」腹に力がついたのであるが、この程度で良いのである。
要は、毎日欠かさず、長くやることが大事なのであり、難しい手順や高邁な思想は不要である。
江戸末期の神道家、黒住宗忠は、座っている時、いつも腹に手を当て、「ぐりぐり」と、押さえつけていたという。
その程度で良いのである。
黒住宗忠は、キリスト級の奇跡を起こしたと言われ、単なる風説もあるだろうが、何らかの特別な力があったことは間違いないと思う。
腹に力を込め続ければ、腹に力がつくと共に、どうやれば自分にとって最適であるかも解ってくる。それが、人間に内蔵されたディープラーニングの力である。
例えば、腹(やはり臍のあたり)に空気を吸い込む(実際は肺が吸うのだが、神経や筋組織はつながっているので、腹も十分に呼応する)なども大変に有効である。
腕立て伏せをやる時、姿勢よくやれば、自然に腹に力が入るが、さらに、腹に意識を持っていくと、さらに深く腹の力が入るのを感じるだろう。よって、適度な腕立て伏せは、腹の力をつける鍛錬になる。
また、最近では、肘をついて腕立て伏せのポーズを取るフロント・ブリッジというトレーニングが人気があるが、これをやることで腹筋が鍛えられるだけでなく、腹そのものに力がつき、なぜか幸運に恵まれることに気付いている人が多いのだと思う。

とにかく、決まったやり方はない。
自分で納得出来る腹の鍛錬を探し、あるいは、発明して、変化しても良いから毎日続ければ、自然に腹が鍛えられ、岡田虎二郎の言うように「金はいくらでも出来ますよ」という状態になると思う。
ついでに言うと、「金はいくらでも出来る」などを口癖にすると、威力は倍増するだろう。
尚、ディープラーニングの概要を知るには、個人的には、ドワンゴ創業者の川上量生さんの『コンテンツの秘密』が巣晴らしいと思った。この本のディープラーニング自体の説明だけでなく、全体がまさにディープラーニングを明かしてると感じる。川上さんの天才の秘密も少し解る気がするのである。







万能の腹の力

私は、「腹」に存在する不思議な力に昔から興味を持っていた。
日本には、「腹が据わる」「腹を割る」「腹を探る」「腹を括る(腹を決める)」などのように、腹が強い意思を持つことを表す言葉が多い。
『チャタレイ夫人の恋人』で有名な世界的作家、D.H.ロレンスは、エッセイ『無意識の幻想』で、solar plexus(太陽神経叢)という、腹にある霊的知性について詳しく書いている。

明治・大正の教育家、岡田虎二郎は、その腹の偉大な力を引き出すための行である岡田式静坐法を多くの人々に指導し、ブームを起こし、これは、トップクラスの人々に継承されてる。
岡田式静坐法は、単なる心身の健康法ではなく、万能の行だ。
岡田虎二郎は、金に窮している男には、「腹に力が付けば金はいくらでも出来ますよ」と言ったという話がある。
また、江戸末期の、キリスト級の力があったとも言われる偉大な神道家、黒住宗忠も、常に腹に力を入れ、弟子達にもそのように腹を鍛えることを指導した。

ところで、腹と言った時、いろんな「先生」方が、「重要なのは臍下丹田じゃ」と言ったり、それに対し、「丹田なんてものはありゃせん。真の中心は仙骨じゃ」と言う者もいれば、「ヘソこそ天の座で全能の力がある」と言う人もいる。
しかし、我々には、そのどれが正しいかなど絶対に判らないのであり、そんなことを詮索するのは無駄だ。
細かな位置など、どうでも良いことであり、要は、腹に、生命力や叡智の源、あるいは、宇宙の活力があることを知り、その力を使えば良いだけだ。
思想面、理論面に興味があれば、下に書籍をご紹介する。
しかし、我々はまず、実際に、腹の万能の力を得なければならない。

その簡単な方法を述べると、1つは、いかなる時にも腹に力を入れるのだが、別に万力の力でなくて良いから、軽い力を出来るだけいつも込めれば良い。
また、運動をする時には、腹を意識すれば良い。私の場合は、もっぱら臍であるが、上にも述べたように、丹田でも仙骨でも好きなところで良い(丹田や仙骨を意識出来るかどうか、私には疑問であるが)。
これが、黒住宗忠や岡田虎二郎のやり方と思う。

もう一つは、天人と言われた松木草垣(まつきそうえん)さんの教えで、藤本憲幸さんの『秘法ヨガ入門』に紹介されている。
やり方はこうだ(『秘法ヨガ入門』「超能力開発法-ヘソと腹脳」より)。
息を腹部に多量に吸い込み、十秒から二十秒ほど呼吸を止めておく。
それを、十回ほど繰り返したら、ヘソのまわりが炎のごとく燃えている映像を描きながら「瞑想」するのである。
効果は、「難病が治る」「ハゲ頭に毛が生える」「事故に遭わない」「万事において栄える」などであるようだ。

以上、参考になればと思う。











日本人のための奇跡を起こす言葉

奇跡の意味は、辞書によれば、

1.常識で考えては起こりえない、不思議な出来事・現象。
2.キリスト教など、宗教で、神の超自然的な働きによって起こる不思議な現象。

だそうだが、本当は奇跡とは単に、「極めて珍しい現象」なのだ。

例えば、幼い時に生き別れ、お互いのことを知らない双子姉妹が、全く偶然に、同じ名の男性と結婚し、同じ年に生まれた息子に同じ名前をつけていたという話がある。
これは奇跡と言って良いと思うが、やはり、極めて珍しいというだけの、ただの偶然の一致でしかない。
そのような、極めて稀な偶然の一致の話は沢山ある。
私個人にしたって、結構、凄いものが数多くあるのだ。
そこに、何か超常的な力が働いているのかもしれないが、それも含めて、これらは、「極めて珍しい現象」である。

そして、最近ここでよく引用する、ホームレスが「神様の奇跡が起こる」と唱え続けて、宝くじで1憶円を2回当てた話であるが、教育学者の七田眞氏が、正真正銘の事実と言うのであるから、この現象を探求し、我々全てが、その恩恵にあずかれるようにしたいと思う。
このホームレスの話も、本当に「神様の奇跡」かもしれないが、やはり、「極めて珍しい現象」であり、確率は非常に低いながらも、絶対にないことではない。
だが、1度、1憶円を当てるなら、ただの偶然でしかないが、2度となると、何か原理めいたものはあるのだろう。
その原理によってこの出来事を起こしたのが、「神様の奇跡が起こる」という口癖(あるいは呪文と言っても良い)の力である。
十分な数、繰り返された言葉は、潜在意識を通して、宇宙の意識とでもいうものに送られると、それが現象になって現れるとしか言えないが、それならば、普遍意識(宇宙の意識)に確実に到達する言葉が良い。
あのホームレスの場合は「神様の奇跡が起こる」だったが、元々、彼は信心深いキリスト教徒だったそうだ。
ただ、もしそうでなくても、神という言葉に良いイメージがある限り、多少の時間はかかっても、1憶円かどうかはともかく、何かは起こるはずだ。
けれども、もし、神という言葉に違和感があれば、「奇跡が起こる」「奇跡は起きる」でも良いと思う。
私の場合、シンプルな単語のみが好きなので「奇跡」とのみ唱えるのもありと思う。
ところで、もっと日本人に適した言葉があるだろうか?
ある。

それは「ありがたい」だ。
「ありがたい」は、「有り難い」で、「有ることが難しい」ということだ。
つまり、まさに、「極めて珍しい現象」を指すのであり、実に、「奇跡」と同じ意味であったのだ。
江戸末期の神道家、黒住宗忠が、ハンセン氏病(らい病)に罹った武士に、「ありがたい」と1日1万回唱えさせると、1週間で完治したという。
あのホームレスの場合と、全く同じではないか?
あのホームレスも、暇で、1日中唱えていたというから、1日1万回くらいは唱えたはずだ。
「神様の奇跡が起こる」
「奇跡が起こる」
「奇跡は起きる」(「奇跡が起きる」でも良い)
「奇跡」
「ありがたい」
「ありがとう」
の中の好きな言葉を、ずっと繰り返せば、きっと奇跡は起こるだろう。

「奇跡」という言葉が印象的な動画を2点ご紹介するので、よろしければ(いずれも公式)。
1つ目はIAさんが歌う『luminous -Innocence Alive- 』。※歌詞「奇跡 “愛”は続くよずっと」
2つ目は初音ミクさんが歌う『FREELY TOMORROW』。※歌詞「奇跡は起きる Freely Tomorrow」
【IA】 luminous -Innocence Alive- 【オリジナル】*ニコニコ動画*
【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』【公式PV】*YouTube*











全ては自己暗示に従って自動的に起こる

インドの聖者ラマナ・マハルシは、「たとえ大事業を行っている者も、実際は何もしていない」と言う。
では、その大事業は、どうして起こったのだろう?
マハルシは、現象は、潜在意識に刻まれた印象が拡大したものだと言った。
つまり、その事業家は、何らかの方法で、潜在意識の中に、大事業の印象を刻み込んだのであるが、彼がやったのはそれだけで、後のことは自動的に起こったのだ。
そして、実際には、彼が、潜在意識に印象を刻み込んだ方法は、自己暗示以外にない。
こう言うと、「いや、彼の父親が彼に、『お前は大人になったら、大きなビジネスをするぞ』と言ったのかもしれないじゃないか?」と言いたい向きもあると思う。
しかし、彼は、その暗示を受け入れて、自己暗示に変換したから、大事業を行うイメージを潜在意識に送り込んだのだ。
大人から同じ暗示を与えられても、全ての子供が同じようになる訳ではない。
また、大人からの影響を受けずに、自分の意志で、自己暗示により潜在意識に印象を送り込んでも、同じ結果になる。
つまり、大事業家は、事業に関しては自分では何もしていない。彼はただ、自己暗示だけを行ったのである。

会社の中で、優秀なセールスマンになり、部長、役員と出世した者にしたって、上司からの「お前は素晴らしいセールスマンになる」という言葉を受け入れ、それを自己暗示に変えたか、あるいは、上司等とは関係なく、自分の意志で「俺は凄いセールスマンになる」と自己暗示をかけただけで、後の結果は自動的に起こった。
もちろん、現実にはいろいろ複雑な状況があっただろうが、本質のところはそうである。

となると、我々の仕事は自己暗示だけなのである。
ただし、普通の人は、自己暗示を自分で選んでいないので、親や学校や、マスコミを通じた国家や大企業の暗示を自己暗示に変換して、それを実現するのである。
つまり、大半の人が奴隷的労働者になるのであり、そうなった原因は、自己暗示の言葉を自分で選ばなかったからである。

楽進さんにコメントで教えていただいたが、右脳教育で有名な七田真氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』に、こんな話が載ってるらしい(私は今日、本を注文したので、まだ見ていないが)。
あるホームレスが、七田氏の本を読み、そこに書かれていたことに習い「神様の奇跡が起こる」とつぶやくことにし、仕事もなく暇だったので、毎日、1日中つぶやいたらしい。
すると、宝くじで1億円が当たり、さらに不思議な展開でイタリアのバチカンに行くことになる。
その後、彼はさらにつぶやきを続け、またもや1億円が当たった。
これは全て事実らしい。
数多く繰り返されるつぶやきは、自己暗示であり、他にも、祈り、呪文、アファーメーションなどと呼ばれるが、全て同じことである。
彼は、自己暗示を特に頻繁に行ったので、目覚しい結果が短い日数で出た。
普通は、自己暗示は、500回くらいで安定し、1000回できっかけが生まれ、10000回で奇跡が起こるが、大きなことであれば、もっと数が必要である。そのホームレスの場合は、数万回以上ではないかと思う。
江戸末期の神道家、黒住宗忠は、ハンセン氏病(らい病)に罹った武士に、1日1万回「ありがたい」と唱えさせ、7日で完治したというから、7万回である。
だが、それでも、ほんの一瞬と言って良く、それを行うだけの根気がなければ、その武士は死んでいたし、我々は、世間の暗示を受け入れて奴隷で終わるしかないのである。
再度言えば、我々の仕事は、自己暗示だけである。
後は自動的に起こるのである。








500回自分に語りかける

最近、自己暗示は500回で効果が出るという話を複数見て、関心を持った。
だいたいそれで合っていると思う。

『残酷すぎる成功法則』(エリック・パーカー著の)第3章「勝者は決して諦めず、切り替えの早い者は勝てないのか?」の『どんな困難も乗り越える人に「必ず共通する習性」』の中にこんな話がある。
「人は毎分頭の中で、300~1000語もの言葉をつぶやいている」ようで、それが、精神の楽観性、悲観性に大きな影響を与える。
そして、保険外交員について調査したところ、楽観的傾向が高いグループの売上げが圧倒的に高いことが分かったという。
そこで、アメリカの最も過酷な軍隊「シールズ」の入隊訓練を受ける若者に対し、自分にポジティブな言葉・・・「大丈夫だ」「きっと出来る」を語りかけるよう指導したら、合格率が10%も向上したという。
普通の人間は、頭の中のつぶやきは、ネガティブな言葉が多いのだと思う。
それで、十分な数、ポジティブな言葉を自分に語りかければ、頭の中のつぶやきもポジティブに変わってくるのだろう。
ポジティブな言葉の回数は500回くらいで、効果が出てくるということだろう。
もちろん、もっと早く見ざましい効果が出る人もいるし、もっと多く必要な人もいるだろう。

江戸末期の神道家、黒住宗忠は、ハンセン氏病(らい病)に罹った武士に、1日1万回「ありがたい」と唱えるよう指導したら、1週間でその武士のハンセン氏病が消えたという。
これは、その武士がかなり重度の悲観主義にとり憑かれていて、楽観主義に転じるには、それほどの回数を要したのだろう。だが、それでも安い対価と言える。
ヘレン・ケラーも、楽天主義こそが、人生最大の武器であると述べていたと思う。
また、ラルフ・ウォルドー・トラインの『In Tune with the Infinite』(邦訳:人生の鍵をひらく「万能の鍵」)でも、楽観主義の重要性が強調され、80歳を過ぎていながら25歳以上に見えない楽観的な女性の話が取り上げられていたと思う。
ベン・スイートランドの歴史的名著『私はできる』は、つまるところ、「私はできる」と思えば不可能はないと書かれているだけで、それなら、黙って「私はできる」と500回唱えれば良いだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード