ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

黒住宗忠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

超能力復活計画

そろそろ、本格的に超能力を復活させようと思う。
いや、真面目とも言えないが冗談ではないし、不真面目ではないのだが、それほど生真面目でもない。
そう、何事も、9割のいい加減さと1割の生真面目さが大事なのだ。

ただの珍しい偶然に、過大な意味を持たせるのは考えものだ。
しかし、奇跡としか言いようのないことを、意図的に何度も起こしていたのなら、それは必然だし、自分の意志が働いたものだ。
それを、一応、超能力と言っているのである。
現実を自在に創造する。
イメージとしては、H.G.ウェルズの『奇跡を起こせる男』のようなものだが、まあ、あそこまで露骨で下品ではない。
とはいえ、ウェルズだって、未翻訳だが、自伝的小説『ポーリー氏の生涯』で、「人生が気に入らないなら変えてしまえば良い」と言い、それが、コリン・ウィルソン(イギリスの世界的作家で、最も多く日本語訳されている作家とも言われる)の座右の銘となっている。

私の超能力は、子供の時が最も頻繁に起こったと思うが、二十歳過ぎても、結構使えてたし、馬鹿げたほどの奇跡も起こしたものだ。
よく取り上げた話では、以前見た時代劇のある回を録画したくて、ただ録画装置を持ってテレビを見ていたら、本当にそれが始まり、録画出来たのだが、私は特に驚いてはいなかった。
ごく単純に言えば、超能力発動の鍵は、信じきって疑わないことだが、別に、信じようとした訳でもない。
いわば、「疑うことを知らない馬鹿」状態だったのだが、それで子供の時、何度も命拾いしているのだから、まさに馬鹿は尊い。
何をやったかというと、交通量の多い車道に目をつぶって飛び込んだのだ。何度もね。
ただ、「車は来ない」って思ってね。
いや、これは絶対、真似しないで欲しい。
とはいえ、日常では、嫌な先生に嫌な目に遭わされていたし、学校での忘れ物が多いことも改善されなかった。
おそらく、そういった場面では、馬鹿になり切ることが出来ないからだと思う。

偉大なる神道家、黒住宗忠は、阿呆になる練習に励んでいたと言うから、私の言うことも、あながち間違ってはいないかもしれない。
宗忠のイエス並の超能力は、もちろん、どこまで本当かは分からないが、ある流れを感じ、私には信用出来るもののように思えるのだ。
阿呆と言っては失礼だが、私が好きな話がある。
プロレスラーだった前田日明さんがプロレスラーになったきっかけが、ウルトラマンの仇を討つためだったということだ。
ウルトラマン(初代)は、最終回で宇宙恐竜ゼットンに破れたのだが、前田さんはテレビでそれを見て、涙を流して悔しがり「俺が仇を討ってやる」と誓ったらしい。
前田さんは、その時、それほど幼かった訳ではないし、本人も、理屈には合わないことは理解していたらしい。
しかし、そんな思い込みが出来ることが、世界を創造するために必要なのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

繰り返す力

人間は、「私は○○だから大丈夫」という公式を持てば、秘めた力を発揮出来る。
それは愉快なほどだ。
多くの成功した人達は、このことを、
「大丈夫」
「だから大丈夫」
「ストーリーを持った人間は強い」
と、バラバラに言うので、普通の人は効果を出せない。
だが、これらを合わせて、「私は○○だから大丈夫」というルールを確立すれば力が湧き出る。
○○の部分は何でも良い。
「私は東大卒だから大丈夫」
「私は毎日聖書を読んでいるから大丈夫」
「私は××家の出身だから大丈夫」
「私は(手相の)生命線がつながっているから大丈夫」
こじつけだろうが、全く構わない。
勝利者はこじつけがうまいという事実すらある。
著名な心理学者の河合隼雄氏は、「死んだらみんな月に行くのだから、みんなとまた会えるから大丈夫」と言う女子小学生のことを誉めていたことがあった。
もちろん、この子の公式(河合氏は「ストーリー」と表現)は変わっていくのだろうが、その時はその時で、別の何かを持てば良いのである。

江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が好きだったという、こんな話がある。
ある若者は仙人になりたがっていた。
そこで、ある男が「自分は仙人になる方法を知っている」と嘘を言って若者を騙し、それをいつか教えてやるからと言って、若者をいいように使っていた。
若者が「いい加減、教えて下さい」と言うと、騙していた男は、若者を木に登らせ、高い枝にぶら下がるよう言い、若者は従った。
そして、若者は「手を離せば仙人になれる」と言われ、躊躇なく手を離すと、仙人になって、自分を騙したはずの男に感謝しながら飛んで行った。
言うまでもなく象徴的な話だが、邪念のない信念は奇跡だって起こす。

ただ、ほとんどの「私は○○だから大丈夫」という公式は、世間や他人によって壊される。
「俺は東大卒だから大丈夫」と思ってても、遅かれ早かれ、そんなものは大したものでないことを教えられる。
ただ、本人さえ、揺るぎなく、この公式を保ち続ければ大丈夫なのだが、それは極めて難しい。
なぜなら、ほとんどの人間が作る公式は、過去に由来し、それは「形だけのもの」「死んだもの」だからだ。
「私は東大卒」と言っても、東大に入って卒業したのは、大抵は20代前半の若い時であり、時が経ってしまえば、それはもう、色褪せた死んだ過去だ。
だが、「私は毎日聖書を読んでいる」なら、それは今のことであり、生命力があって、自分に力を与えてくれる。
インドでは、神の名を唱える「ナーマスマラナ」の伝統の行法に従って、神の名(インドでは、ラーマやクリシュナなどが人気がある)を常に唱える者は、階層に関係なく、不思議に幸運に恵まれ、災難を回避している。
日本では、それは念仏という形で生き続けているが、昔から実践者は少ないので、不幸が多い。
「神の名を唱えているから大丈夫」「念仏を唱えているから大丈夫」は、今でも、科学的に十分な範囲で説明出来ると思う。
無論、科学とは関係なく、伝統的、あるいは、宗教的、あるいは、直感的に捉えて、公式を確立すれば、確実に力を得る。
念仏と言っても、「南無妙法蓮華経」のように、神仏の名ではなく経典の名を唱えるのでも良い。経典は仏そのものであるからだ。
宗教的という部分もあるかもしれないが、これなら、お金はかからないし、悪い宗教に騙されない。

ただ、大切なことは、やらされるのではなく、自主的にやらないと、効果がないというのではないが、そもそも続かない。
そして、自主的にやっていれば、最初は甘い妄想の部分があっても、現実の問題を解決するうちに、どんどん強くなっていくのである。
ところが、自主的で熱心であれば、妄想の部分も、案外うまくいってしまうのである。
それは、親が子供のファンタジーを、ある程度は叶えたり、守ったりするのと同じようなものである。
宇宙を動かす主から見れば、人間は自分の子供のようなものであるからだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心配を卒業する

昨日、こんな話を書いた。
経営コンサルタントの船井幸雄氏が、創業した船井総研の社長を後継者に譲る際、10ヶ条だったか20ヶ条だったかすっかり忘れたが、「経営のコツ」を書いて渡し、「この通りにやれば大丈夫」と言ったようだ。
しかし、新しい社長は、なかなかうまくいかず、船井氏の自宅のファクシミリには、深夜まで新社長からの質問が送られた(電子メールもなかった時代)。
それで、自分の間違いに気付いた船井氏は、「あれは最上のコツでなかった。こっちが最上」と言って、これも、5つだったか、3つだったか、あるいは、1つだったか忘れたが、その最上の経営のコツを渡し、それで、新社長からのファクシミリは来なくなった(うまく経営出来るようになった)。
では、その最上の経営のコツは何かは、気になるところだ。
それは、経営以外のことにも有効に違いない。
そう思っていたら、私は船井氏の『法則』という本を電子書籍で買ったら、ややシチュエイションは違っていたが、船井氏が新社長に、こんなアドバイスをする話があった。
「いっさい、何も心配しなければいい。それですべてうまくいく。そう思って安心してやってごらん」
おそらく、最上のコツはこれなのだろう。

もちろん、船井氏の後継者の新社長に、能力があり、経験もあるからこそのアドバイスであるが、「心配するな。安心しろ」が究極の極意であることは解る。
「地獄」と形容しても良いであろう、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの入隊試験である過酷な訓練を耐え抜く者達は、頭の中で常に「大丈夫」とつぶやいているという話がある。
日本でも、受験生を一番安心させる言葉は「大丈夫」なのだそうだ。
大丈夫とは、つまり、「心配するな、安心しろ」という意味だ。
江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠の教えの究極は、「全て神にまかせ安心する」なのだと思う。
私はついつい、「そんなことを聞いたら、怠惰になる者が多いのではないか」と思ってしまうし、実際、そうかもしれないが、それで怠惰になってしまうような間抜けは、どの道駄目なのだろう。
有名な妙好人である因幡の源左(いなばのげんざ)は、苦労して担いでいた草を牛に乗せ、楽になった時、父親の遺言であった「これからは親様(阿弥陀如来)を頼め」の意味が解り、念仏を唱えながら良い一生を送ったのだと思う。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、21歳の時、彼を信奉する者の質問に筆談で答えたことが(マハルシは沈黙の行の最中だった)小冊子として出版されたものの中で、
「列車に乗ってまで、自分の小さな荷物を頭に乗せている必要はない。荷物を降ろして安心しなさい」
という喩えで、全てのものごとを動かす神にまかせ、心配することをやめるよう教えている。

「大丈夫」という万能呪文や念仏は、心配せず、安心するためのものと言えるだろう。
もちろん、さっきも少し述べたが、それで怠惰になったり、思いやりを持たない者は、どうやっても駄目だが、呪文や念仏を長く続ければ、自然にやる気も理性も出てくるのだと思う。
そして、心配で苦しみ抜く経験をしてこそ、宗忠やマハルシの教えが響くのである。
その意味では、一度は、しっかり心配しろであるが、いつまでも心配せずに、心配を卒業すべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生の究極の目標

人生の最大の目標は「安らぎ」であるという話がある。
そうかもしれない。
しかし、それなら出来るだけ何もせず、ひそやかに、ただひたすら素朴に生活していれば安らかになれるかというと、そういうことはないと思う。
冒険の末、あるいは、苦難と絶望の果てに安らぎに至ったという人も多い。
ラマナ・マハルシは、「人々は暑い日差しの中を歩き回って苦難を味わい、つかの間、木陰で休むようなことをしているが、賢い人はずっと日陰にいる」と言ったが、これは、真我という、真の自分であり続ければ安らかであるという意味である。
しかし、暑い中に出て行ってこそ、涼しい日陰の良さが解るのであると思う。

カンフー俳優のブルース・リーは、何かの成功哲学か新興宗教でもやっていたのではないかと思うが、ある時、「2千万ドルを得て、武道家として安らかに過ごす」ことを生涯の目標としたと聞く。
おそらく、彼が安らぐことは最後までなかったことだろう。
ただ安らかな武道家を目指せば叶えられたかもしれないが、2千万ドルなど余計なものを目指したからだ。
とはいえ、彼は亡くなった時でさえ32歳の若さだったので、そんな世間の教義を打ち破るのは難しかったのだろう。
安らぎには金が必要というのが現代の世間の教義だ。
金はある程度はあった方が良いかもしれないが、過度には必要ないだろう。
それに、必要な金なら入ってくるものだ。

江戸末期の神道家、黒住宗忠は、安らぎが得られず、病で寝込み、32歳くらいで、いよいよ死を予感したので、入浴させてもらい、天照大神の象徴である太陽を拝んでいたら、天照大神の生命が自分の中に入ってきて元気になり、その後はむしろ超人的な活動を続けた。
彼の教えは、現代的な言い方をすれば、「全て神様にまかせれば安らかである」だと思う。
それは、昨日、このブログで書いた、斎藤一人さんが言う「困ったことなんか起こるはずがない」ということで、バカボンのパパの「これでいいのだ」と同じと思う。
つまり、普通の人は、神様に全てまかせても、悪いことになるかもしれないと不安になるのだと思う。
しかし、斎藤さんは、「神様は我々が可愛いのだから、悪いようにするはずがない」と書いていたと思う。
しかし、凡人は、「事業で成功出来るだろうか?」「恥ずかしくない地位に就けるだろうか?」「あの子と付き合えるだろうか?」と、外的なことにこだわるからややこしいのだ。
事業をやる運命であれば事業をやり、武道家になる運命であれば武道家をやれば良い。
ラマナ・マハルシによれば、ニートになる運命というのもあるらしい。
一方、ラメッシ・バルセカールも、そのようなこと(ニートも運命)を言いつつ、「何かした方が良い」、つまり、何か仕事をした方が良いと言う。
まあ、「私は絶対働けない」とか「俺は絶対働きたくない」といった妙な思い込みを持たない限り、ちゃんとやっていけるものである。
だが、その思い込みを捨てることが最大の難問であるらしい。
思い込みを持っている人は、ストレス、心のわだかまり、トラウマ、胸の痛み・・・それらは実は同じものだが、そんなものを強く抱えている。
それを取り去れば、柔軟に、変幻自在に、FREELYに生きられる。
そのためには、以前書いたように、胸に手を重ねて置き、ゆっくり十数秒右に回し、次に、左に回しを数分繰り返すと良い。
胸に溜まったものが徐々に氷解し、楽になるだろう。
フロイトは、そんなことを、患者の額に自分の手でやったらしいが、もちろん、自分の手で額にやれば効果がある。
詳しいやり方は、アレクサンダー・ロイド博士(心理学)の『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』に書いてあるが、別に見るまでもないと思うのだが。
私は、初音ミクさんが『えれくとりっくえんじぇう』を歌うのを見て解ったのだから。
初音ミク】えれくとりっく・えんじぇぅ【ドリーミーシアター】 -YouTube-
「なんとかなるぜ、世の中は」(『気楽に行こうよ』より)である。いや、マジで。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

この仮想世界を自由に泳ぐには

アナ雪の日本語版の歌『レット・イット・ゴー』で、勇ましく「なんでもできる」と言ったところで、出来ないことはある。
マイケル・ジャクソンの『BAD』で、“the sky's the limit”(限界はない)というのに対し“to me that's really true”(全く同感だ)と言ったところで、限界はある。
少年サッカーチームに入っている子供が、「将来の夢は?」と聞かれて「セリエAに入る」と答えたら、そこは感心するところだというのが世間だが、まず実現の可能性はない。
高校生や大学生にもなって、AKB48や乃木坂64にいつか入るなんて言ってるのは妄想だが、たとえ女子小学生でも、学校中に名前が知られるほどの美少女でもない限り見込みはない。
ジョセフ・マーフィーは、潜在意識には無限の力があると言うが、『人生に奇跡をおこす』という本で、いい年(20歳は過ぎているだろう)の女性が、「夢は女優」と言ったら、マーフィーは「子供の夢からは卒業しなさい」とたしなめたらしい。結局、マーフィーのアドバイスに従って、その女性は事務の勉強をして就職した会社の社長と結婚するというオチだったと思う。

ただ、可能性としては、どんな可能性でもある。
スポーツをしたことがない中年サラリーマンでもメジャーリーガーになれる。
可能性だけなら、別に難しいことではない。
何と言っても、この世界は、超高性能コンピューターが作り出した仮想世界・・・シミュレーテッド・リアリティーと呼ばれる作り物なのだから。
だが、この仮想世界には法則がセッティングされている。
だから、「普通は」水は高いところから低いところに流れ、いつかは皆死ぬ。
とはいえ、プログラムを書き換えるまでもなく、通常法則を外すパラメーターもあるのかもしれないし、稀かもしれないが、そんなことが起こったこともあると思う。
新約聖書に書かれたイエスの物語が本当なら、イエスはそんなことをやれたのだろう。
そして、イエスは、誰でも出来ると言ったのだ。
江戸末期の神道家、黒住宗忠もイエス並のことが出来たが、宗忠も、おそらく、誰でもやれることを否定はしていないと思う。
宗忠は、ハンセン氏病にかかった武士には、1日1万回「ありがたい」と言わせることで、1週間でそれを完治させた。
「ありがたい」を十分な数言うことが、通常とは違うプログラムの働きを起こさせるのだろう。

万能呪文は、この仮想世界のプログラムに例外を起こさせるのではなく、オーディナリー(普通の)な動作として、好ましい流れにするものだ。
だが、世間の人から見れば、奇跡としか思えない成果を上げることなどザラだ。
そして、万能呪文の数が限度を超えて多いと、やはり、限度を超えた現象が起こらないとは限らない。
ただ、この仮想世界に詳しくなると、もっと普通に奇跡も起こせるはずだ。
奇跡としか思えない事業を次々に成功させるイーロン・マスクは「物理学を勉強すれば良いと思う」と言う。
ならば、誰でも物理学の真髄を理解出来るように書かれたカルロ・ロヴェッリの美しい物理学の本を読むと良いだろう。
コンピュータープログラミングを学ぶことも、大いに助けになる。
仮想世界の仕組みに勘が働くようになるからね。
一番お奨めは『天動のシンギュラリティ』を読むことだ。カイト君の魔法は、なかなか本物だ。
まあ、これにハマるのは、ただの中二病かもしれないが、中二病も使い方次第だ。
そして、毎日の万能呪文を忘れないように。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ