ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

黒住宗忠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

恋愛の行く末を神様にまかせると

古代中国の賢者の荘子と、近代インドの聖者ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジの教えは似ていて、その根本を一言で言えば「人生の明け渡し」になると思う。
マハラジの弟子、ラメッシ・バルセカールも、「人生の明け渡し」を第一としていた。
「人生の明け渡し」とは、人生がどうなるかの一切を神(あるいは高次の力とか至高者)にまかせてしまうことである。

ただ、マハリシもマハラジも荘子も、まかせた結果、どうなるかは全く述べていないし、そうすることで、悲惨な状況で一生を送る可能性があることを、それとなく示すこともあったと思う。
一方、まかせた結果は良いことばかりと断言したのが、江戸末期の偉大な神道家で、イエス並の力を現実に持っていた黒住宗忠だ。
宗忠自身、重病で何年も寝たきりだったのが、神(天照大神)への全託(全てまかせること)に目覚めた途端、わずか数日で全快してしまった。
また、イエスも、「お前達ですら、自分の子供の面倒を熱心に見るではないか。ましてや、天の父である神が、我々に良くしてくれるのは当たり前じゃないか。心配するな」と言っている。

中国出身のアメリカの作家で、事業家、自己啓発指導者でもあるチン・ニンチュウは、ある夜、自分が羊になり、羊飼いに会う夢を見て、自分は羊飼い(神)にしっかり面倒を見てもらいさえすれば良く、自分が努力する必要はないのだと悟り、安心と安堵で涙が流れて止まらなかったと言う。
アメリカの著名なイラストレーターで、啓蒙家としても名高いフローレンス・スコーヴェル・シンも、自分が努力しようなどと決して思ってはならず、神様にまかせること・・・「神が自分の代わりに戦う」のであることを強調した。

ところが、手強い論敵がいた。
日本の誇る二宮尊徳である。
彼は努力を力説した。
「老子が言うように、無為自然で何もしなければ、畑は荒れ、家はあばら家になるではないか」
だから、しっかり努力せよと言う訳だ。
なるほど、現代だって、好きなものを好きなだけ食べ、運動もしなければ、肥満してモテなくなるばかりか、病気になりかねない。
だが、スーフィー(イスラム教神秘主義)には、こんな教えがある。
「神を信頼しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
いくら何でも、ラクダをつないでおくくらいのことはすべきだ。
それに、そうでないと、退屈でやってられないはずだ。
上に挙げた、フローレンス・スコーヴェル・シンも、こんな話をしている。
ある女性が、無職でお金がなくて困っていたが、彼女は自分は努力しない人なので、周囲の人が、仕事が出来るよう段取りしてくれた。
すると、その女性は、「そうじゃなくて、私は家で雑誌を読んで過ごせるようになりたいの」と言う。彼女は、本当にファッション誌が好きだった。
シンは、この女性は、雑誌記者を目指すべきだと言う。
そうすれば、楽しく生き甲斐がある人生になり、ついでにお金も入るという訳だ。その道は神様が開いてくれるので、それに関しては努力しなくて良いが、やはり、ラクダをつなぐ程度のことはしなくてはならない。
アメリカの作家、マイク・ハーナッキーも、自分が作家になれた経緯を元に、簡単に出来る成功法則の本を書いたが、「言う通りにやっても何も起こらない」と文句を言ってくる読者がいた。
だが、聞いてみると、その読者は、成功のために電話1本しなかったと言う。
神に一切をまかせることとは怠惰になることではない。
あなただって、いくら子供が可愛くても、子供が寝転がって口を開け、「ここにチョコケーキを入れて」と言ったら、「自分で食べろ」と叱責し、また、マナー良く食べられるよう指導するはずだ。
我々が似たようなことをしたら、神様もちょっとした罰を与えるのかもしれない。
(いつまでも改まらないと厳罰になるかもしれない)
好きな女の子には、告らないまでも、親切にはすべきである。
後は神様にまかせておけば・・・もっと可愛い子と出会うかもしれない(よくあることだ)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

努力したら負け

フローレンス・スコーヴェル・シンは芸術家(画家)、チン・ニンチュウは作家という2人の女性は、共に著名な自己啓発指導者というところが共通している。
そして、2人とも、「自分で努力するな」「神様にまかせておけば良い」と断言する。
「努力しなくて良い」のではなく、「努力してはいけない」で、それは両者共、実に徹底している。
そして、彼女達は、本当に「怪しくない」。

そして、日本でも同じことを言ったのは、江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠だ。
宗忠の教えは「まること(丸ごと)」で、まること、即ち、一切合財全て神様にまかせてしまえば、面白いこと、嬉しいことばかりになるというものだ。是非、涼宮ハルヒに聞かせたいものである。
また、江戸末期から昭和初期まで生きた因幡の源左(いなばのげんざ)という男は、平凡な農民ではあるが、特異な念仏行者として知られている。
彼が18歳の時、父親は死に際に、「これからは親様(阿弥陀如来)を頼れ」と言い残したらしい。
それから、ある時、源左は、牛に草を負わせ、自分もかついでいたが、どうにも疲れて、自分の草も牛に負わせたら、牛は全く平気で自分は楽になった。その時、「これが親様に任せることだ」と悟ったらしい。
つまり、親様である阿弥陀如来は、計り知れない力を持っているので、自分でうんうん努力しなくても、一切まかせてしまえば、それで良いことが分かったという訳だ。

2400年前の中国の人物で、老子と共に道教の賢者として名高い荘子は、神様という言い方はしないが、「一切をなりゆきにまかせ、自分は何もするな」「無能に徹しろ」と教えた。

全く怪しくないばかりか、真に敬うべき方々が皆、こう述べているのである。
しかし、普段、目にする、一切の努力を放棄したような者達は、ロクデナシの愚か者、どうにも始末に負えない、バカ、クズばかりだ。
このあたりの折り合いは、どうつければ良いのだろう?
簡単だ。
緩んだ愚か者達(まるで駄目男のような)は、頭の中で、マイナスの言葉をつぶやきつづけている。それだけだ。現代人は、放っておくと、そうなり勝ちなのだ。
一方、上に挙げたような方々は、無自覚な場合もあるだろうが、常に、頭の中で、肯定的な言葉をつぶやいているのである。
「大丈夫」「順調だ」「うん、いいね」「うまくいくに決まってる」「絶好調」「ツイてる」「よくなる」
そして、頭の中で、肯定的つぶやきを続ける秘訣は、「言葉は1つであること」「感情を込めないこと」だ。
ぞんざいに唱えるのも、1つの感情の現れなので、淡々と唱えることが大事だ。
それが出来ていることの判断も簡単で、それは、「続けられているか」である。
言葉が複数あったり、感情を込めていると、続かないからだ。

本日、初音ミクさんのライブコンサートと企画展「マジカルミライ2018」の最後のチケットが届いた。
幕張メッセでの、宿泊プランのものだ。
コンビニで発行したチケットより、郵送のものは、ちょっときれいな感じだ。
まずは26日(日曜)に、インテックス大阪で観劇し、6日後には、新幹線で幕張メッセに向かう。
ときめく気持ちが凄いので、それ以降の人生のことは何も考えられない(笑)。
しかし、宇宙の活力に一切をまかせてしまうので、何をやってもうまくいくだろう。
ミクさんが、これほどときめかせてくれるので、そうなったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

特別な言葉が人を超人に変える

人生に勝利するか、敗北するかを決めるのは、次の質問への答がイエスかノーかだけで決まる。
その質問とは、「ただ1つの特別な言葉を持っているか?」である。
象徴的に「光線銃を持っているか?」と言うのも良いと思う。

イエスや釈迦がそうなのだが、グル(導師。霊的教師)とか、マスターとか呼ばれる人物がいる。
江戸末期の神道家、黒住宗忠もそうだった。
グルの役目は、弟子に、特別な1つの言葉を授けることなのだ。
黒住宗忠はある時、一人の武士に「人はアマテラスオオミカミと1つである」と言ったが、初めは、その武士は何も感じなかった。しかし、2度目に宗忠にそう言われた時に悟った。
このように、宗忠は、一人一人の弟子に合った言葉を授けた。
近代のインドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは、師に、「あなたは至高の実在である」という言葉を教えられ、この言葉を覚えていたので、修行は何もしなかったが、わずか4年で悟りを開き、マスターになれた。

昔は、肉体を持ったグル、マスターの存在は重要だった。
だが、出版や放送が発達し、ついに、インターネットの時代になったが、BI(Before Internet インターネット登場前)と、AI(After Internet インターネット登場後)の世界は全く違う。
出版が十分に発達して以降ですら、意思さえあれば、特別な言葉を見つけることは容易になった。
志さえあれば、見えないグルがささやいてくれるからである。
見えないグルは自分の中にいる。
自分の中にいるグル・・・それは、神とか仏と呼ばれる存在だが、頼りになるパートナーだと思えば、そうなってくれる。
人間は、内なるグルとの道が閉ざされていることが多いのだが、特別な言葉が、その扉を開くのである。

アーマンド・ハマーはわずか7歳で、特別な言葉「自分より優れた人達の役に立てるように」を得、20代前半で富豪になり、90歳を過ぎても自家用ジェットで世界を飛び回って、世界のためにビジネスをした。
彼は恵まれていた。特別な言葉を早くに知ったからだ。
だが、彼は、その言葉を押し付けられたのではない。
子供の時に、特別な言葉を持つことは良いことではあるが、大人が無理に決めては絶対にいけない。
子供が、それを自然に得られるよう、慎ましく導くのが良いのである。

老子は、「曲則全」(『老子』22章)とさりげなく言ったが、彼からそう聴いて、あるいは、『老子』のその言葉を見て、それを覚え、仙人になった者は多いと思う。
恐るべき光線銃だ。
「曲がれば全能」であるのだ。
「曲則全」・・・岩波文庫の『老子』では「「曲がっているからこそ全(まっと)うできる」と訳されている。
徳間文庫の『老子』では、「屈して全(まった)きを得る」である。
地湧社の『老子(全)』で、王明氏は分かり易く「屈伸できれば自由自在である」と訳している。
これだけ言えば、ピンと来ると思う。

志あれば、無理に探さなくても、たった1つの特別な言葉は与えられる。
だが、心が眠り呆けていては、それを見逃す。
心を澄ませて、聖典や童話を読んでみると、あっさりと見つかるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最終、最高、本物、自信100%の成功法則

沢山の成功法則があるみたいだが、人間は1つのことしか出来ない。
そして、たった1つ、本当のものは何かというと、それは、「時間をかける」である。
言い換えれば、たった1つの成功の原理とは、「かける時間が多ければ勝ち、少なければ負ける」である。
イチローは誰よりも長時間野球をやったのだし、パガニーニ(イタリアのヴァイオリン奏者。独学だが人間を超えた腕前だった)は誰よりも長時間演奏したのだ。
野球で言えば、イチローを超えていたテッド・ウィリアムズの少年時代からの練習量は凄く、やはりイチロー以上だった。

確かに、練習のし過ぎで身体を壊すスポーツ選手や、手が駄目になった楽器奏者もいる。
そんなこともあると自覚し、練習に工夫をする必要はある。何も楽器を弾くだけが演奏の練習ではない。
だが、そこまでやれるなら、不幸にしてそうなった場合、別の道で成功出来る。
いずれにしろ、我々凡人には関係がない。

私だって、プログラマーになれたのは、「なれなかった人」より沢山訓練したからだ。
普通の人が、好きなことをしたり、寝る時間である夜11時頃からパソコンに向かい、寒い日でも(私の部屋には暖房がなかった)2時、3時までプログラムの練習をしていたし、休日にドライブに行っても、いつもプログラムのことを考えていた。
とはいえ、私は無駄なことに時間を潰しもしたので、一流のプログラマーにはなっていないが、少なくとも、プロに相応しい時間はかけたのである。

だから、成功したければ、強くなりたければ、時間をかけるしかないし、時間をかければ良い。
短時間で要領よくやるべきは仕事であって、本当の勉強、訓練は時間をかけた者が勝つのである。

キリストになるなら、誰よりも長時間聖書を読めば良いし、ブッダになるなら、誰よりも長時間、経典を読んだり、念仏を唱えれば良い。
法然は毎日6万回念仏を唱えたと言われ、黒住宗忠は修行時代、毎日600本以上、大祓詞を上げ、神道家の葉室頼昭さんも、やはり修行時代、1日中、大祓詞を上げていたらしい。
村上春樹さんは、修行時代、毎日必ず原稿用紙10枚書いたらしい。ただ、それ以上は書かなかった。それは、それ以上書くと、続かない恐れがあったからだと思う。また、書くだけが小説家の修行ではない。ないが、彼はやはり、誰よりも長時間書いたのだ。

よって、成功の大敵は、時間を奪うものである。
例えば、酒、遊び、楽しいだけの趣味などである。
私は2度か3度、RPG(ロールプレイングゲーム)をやったことがあるが、まさに「湯水のように時間を浪費する」のに驚いた。
ほとんどの人にとって、ゲーム自体が良くないのだろう。
ひきこもりが毎日長時間ゲームをしていたら、もう絶望だろう。強い意思でゲームをやめ、何か良いことに時間を使うようにしなければならない。
逆に言えば、ひきこもりで人より遅れても、何かに誰よりも時間をかければ逆転勝利は確実なのである。

もし、ある程度の年齢になっているなら、これまで、どんなことに最も長い時間をかけたか考え、それに追加の時間をかけるのが効率的だし、それ以外に成功の方法はない。
もしかしたら、大した時間をかけていないかもしれないが、他のことに比べれば、多くの時間をかけた何かがあるに違いない。
それに賭けるしかない。

時間をかけることについて、下にご紹介した本に良いことが書かれている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「1つの修行」の威力

ときおり、戻ってこなければならない結論とは、凡人は1つの修行しか出来ないということだ。
斎藤一人さんとか、ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンの本には、確かに素晴らしいことが書いてはあるのだが、
「これをしろ。それとこれも。ついでにこれも。ああ、これもしなさい。これもやると良い。そうそう、これは絶対にしなければならない。そして、これはやるべきだ。これも忘れてはならない。さらに良いことを教えてやる…これをやると良いぞ。そしてだね・・・」
って感じではないだろうか?
しかも、読者は、斎藤さんだけ、アトキンソンだけというわけではなく、いろんな人の教えを学ぶのだから、結局のところ、何もしないのと同じか、実際は、もっと悪くなる。

そこにいくと、法然や親鸞は、念仏だけだった。だから、一休や良寛も敬服し、彼らも最後は念仏一本になった。
だから念仏をやれというのではないし、念仏をやっても良い。
自分で1つ選べば良いのである。
イギリスのL.H.ロースンは第一次世界大戦で、彼の部隊の将校や兵士達に、聖書の詩篇91を暗誦させ、唱えさせたことで、全員が生還した。
時には、このように、リーダーがやることを決めることもあるが、リーダーが尊敬されている場合には、非常に効果がある。

そこで、これも1つに過ぎないが、私の好きなものを挙げておく。
江戸末期の神道家で、イエス・キリスト並の力を持っていたと考えられる黒住宗忠は、現代ですら有効な治療方法がない難病にかかった武士に、「ありがたい」という言葉を、心を込めて1日中唱えるよう指示した。
すると、武士は1週間で完治した。
「心を込める」ということが大切なのだなあと最近思う。
心を込めようとすると、煩悩が入るので、無心に淡々とやった方が良いというのも分かるが、それでもやはり、心を込め、熱意を持ってやった方が良い。
こぶしを固く握って力を込めるのは、馬鹿みたいで嫌がる人もいるが、馬鹿で良いと思う。
そして、それを継続することだ。
繰り返しにより、魂の力が溢れてくるのである。
「ありがたい」は、漢字で「有り難い」で、有り得ないほど極めて珍しい幸運に感謝することである。
英語では、thank my (lucky) stars に近いと思う。
この「ありがたい」を心を込めてずっと唱えると、極めて稀な幸運を手にするのである。
かくいう私は、数日だし、とても1日中とは言えないが、熱意を込めてやったところ、昨日、有り難いことが起こったのである。
ひょっとしたら、キバリオンやエメラルドタブレットをしのぐ秘法かもしれないが、これをキバリオンやエメラルドタブレットが裏付けているとも言えると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ