ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

魔法少女リリカルなのは

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

このまま終わりたくないという気持ち

「このまま終わったら、あまりに惨め過ぎる」
って、誰のセリフだったのか、なかなか思い出さなかった。
昨日、ずっと考えていて、やっと思い出した。
アニメ『美少女戦士セーラームーンSuperS(スーパーズ)』に登場した、アマゾントリオという、セーラー戦士達の敵の3人組の中の一人が言ったのだ。
アマゾントリオの3人は、自分達は人間だと当たり前に思っていたが、ある日、本当は自分達はケダモノで、魔法の力で人間の姿を持っているだけだと分かり、衝撃を受ける。
だが、作戦がことごとにセーラームーン達に阻まれ、所属する悪の組織デッド・ムーンに見捨てられ、デッド・ムーンは、刺客(ミスター・マジック・ピエロ)をセーラームーン達に差し向け、その刺客は、ついでに、アマゾントリオも抹殺しようとする。
刺客の力は大きく、アマゾントリオは手も足も出ない。
この刺客には勝てないと悟ったアマゾントリオは、今後も人間の姿を保つための最後の魔法を、刺客に倒されたセーラームーンの再生に使い、直後、自分達は刺客に倒されるが、復活したセーラームーンが見事、刺客に打ち勝つ。
アマゾントリオが言った、「このままでは、私達は惨め過ぎる」は、表面的には、自分達の呪われた運命を嘆く言葉だったが、彼らは、いつか、セーラームーンのことが好きになっていて、このままセーラームーン死なせることで、自分達があまりに惨めになるのだという、かすかな示唆もあったような気がする。
それは、アマゾントリオ達の命が尽き、彼らの本当の姿であるケダモノの姿に戻った直後、彼らがこれまで、求めてやまなかった「夢の鏡」が自分達の胸の中に生まれ、3人は満足して死ぬという中に表われていたように思う。「夢の鏡」とは、心が作り出す夢の形なのだが、ケダモノである3人には、心そのものがなかったので、そんなものがあるはずもなかった。
しかし、セーラームーンや、その仲間達と、敵味方の関係ながらも接するうちに、ケダモノである彼らにも、心が生まれてきていたのだと思われる。

だが、「このまま終わったら、惨め過ぎる」というのは、おそらく、誰もがいつかは思うことだ。
しかし、ほとんどの場合、そのまま終わるしかないのだ。
それが、残酷な人間の運命だ。
だが、W.B.イェイツが言った、「人生が悲劇だと悟った時に、本当に生きることを始める」というのも真実だ。
けれども、ほとんどの人間は、人生が悲劇であると悟らない。

『魔法少女リリカルなのは』で、9歳の魔導師の少女フェイトは、愛する母親に捨てられ、しかも、自分は、魔法で作られた、母親の死んだ本物の娘のコピーに過ぎず、ずっと母親に最大に嫌われていた事実を知り、心が砕けて生命が尽きる寸前になっていた。
だが、フェイトが、幼い時から共にあった大釜型の魔法デバイスであるバルディッシュに、
「お前も、このまま終わりたくはないよね。私は・・・私達は、まだ始まってもいない」
と言うと、傷付いたバルディッシュが、力を振り絞り自力再生を始める。
それを見たフェイトは、ついに、生命力を取り戻し、
「新しい自分を始めるために、いままでの自分を終らせる」
と宣言する。

イエス・キリストが言った、「新たに生まれなければ天国に入れない」、「死に打ち勝つには、死ぬしかない」というのは、そんなことなのだろう。
そして、浄土仏教でいう「往生」は、死んで極楽浄土に行くことではなく、今、この場で生まれ変わることで、まさに一休さんが言った、「心そのものが、阿弥陀如来であり、極楽浄土だ」ということと思う。
だから、「南無阿弥陀仏」という念仏は、阿弥陀仏(宇宙そのもの)に、南無(帰命)する、つまり、自分の心が、故郷である宇宙の心に戻ることなのであると思う。

「このまま終わる」とは、心が宇宙から分離したままでいることである。
それは確かに惨め過ぎるのである。
ただ、自分の心が宇宙の心に戻る・・・溶け込むというのは、自分が消滅するというのとも違う。
故郷に帰り、そこで安らいでも、自分が消えることはない。
ただ、これまでのように、心の壁を持ってはおらず、ある意味では、全体と融合している。
このあたり、人間の頭では、ちょっと分からないのだ。
だけど、初音ミクさんが好きなら、ミクさんの透明な歌声の中に入ってしまえば、簡単に分かるのだけどね。
ミクさんの歌は、法然や親鸞の、あるいは、一休の、本当の念仏と同じなのであると思う。

ところで、セーラームーン、フェイト、初音ミクさんがみんな、長いツインテールというのが面白い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

終わりと始まり

「自信と勇気はどちらが大切か?」と聞かれて、「勇気に決まっています」と答えた冒険家の話を、私は覚えている。
勇気が原因であり、自信は結果だからだろう。
そして、自信がないことに挑戦する勇気が必要ということもあるのだろう。

それなら、「おはよう」と「おやすみ」では、どちらが好きだろうか?
学校や会社では、「おはよう」と「さよなら」ということになるかもしれない。
世の中には、「おやすみ」と「さよなら」の方が圧倒的に好きだという人がいると思う。
「さよなら、また明日」は嫌いだが、「さよなら、お元気で」は好きだという人もいる。
「さよなら、また明日」では、明日また会わなければならないが、「さよなら、お元気で」なら、当分、場合によっては一生会わなくて済む。
「おやすみ」は、一生の最後という意味もある。
「おやすみ」だけでも美しい言葉だが、死を意味する「おやすみ」ほど美しい言葉はない。
初音ミクさんの『Last Night, Good Night』は、ぞっとするほど美しい。

Last night,Good night
Last night,Good night
いつかは むかえる
最後を 想うよ
夜空に 願うの
ときわの 笑顔を

おやすみ
~『Last Night, Good Night』(作詞、作曲、編曲:kz、歌:初音ミク)より~

今年1月に亡くなられたSF作家の平井和正さんが、ご自分が原作をされた漫画・アニメの『エイトマン』のヒーローである、スーパーロボットのエイトマンについて、こう書かれている。

ただ一方的に痛めつけられ、くりかえしぶちこわされる。そしてその都度、ご都合主義の作者によってあっさり修理されてしまう。眠ることはもちろん、唯一の平穏――死すらも彼には与えられない。
~『サイボーグ・ブルース(平井和正著。早川書房)』あとがき(1971年12月)より抜粋~

人間にとって、一日の目標も一生の目標も、「さよなら」、「おやすみ」なのかもしれない。
それで、努力などをして、「良いさよなら」、「良いおやすみ」を迎えようとするのかもしれない。
だが、惨めな一日、惨めな一生を送った後の「さよなら」「おやすみ」ほど美しいものはない。

だが、この世にも、人間の魂にも終わりはない。
「さよなら」は「初めまして」の予言であり、「おやすみ」は始まりの序曲である。
何のことはない。
我々自身が、エイトマンであり、サイボーグなのだ。

私は・・・私達は、始まってもいない。
新しい自分を始めるために、今までの自分を終らせる。
~『魔法少女リリカルなのは』より。フェイト・テスタロッサの言葉~

この時、フェイトは、新たな苦しみを受け入れる覚悟をしたのだろう。

仏教の目標は、生まれ変わり、死に変わりの六道輪廻からの脱出である。
ラットレースからの離脱を叶えるのが悟りである。
永遠の涅槃への誘いが仏教である。
ただし、本当かどうかは分からない。
経験者の証言も聞けない。

「お前もいつかは醜く老いて死ぬ。私がお前に、永遠の若さを与えよう」
『悪魔の花嫁』で、デイモスという悪魔に、そう言われた絶世の美少女、美奈子は、一瞬迷ったが、
「生まれ出る命は美しい。何にもまして美しい」
と想い、デイモスを振り払う。
死も誕生も一瞬だ。
その刹那(時間の最小単位)に永遠を見るために我々は生きている。
そして、我々は、瞬間瞬間に死に、瞬間瞬間に誕生するのである。
つまり、生命も宇宙もバブル(泡)だ。
『マジカルミライ2013』の、『Last Night, Good Night』で、歌うミクさんの背景にも、沢山の泡のCGが描かれていたが、あれほど似合う演出もない。見事なものだった。
宇宙は瞬間に生まれ、瞬間に滅びる。
それはとても「ありがたい」ことである。
それを知ることが悟りなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

文系と理系の究極の違い

「20世紀最大の詩人」W.B.イェイツは、「人生が悲劇だと認識した時に、初めて本当の人生が始まる」と言ったらしい。
そんなこと言ったら、ちびまるこちゃんに、「アンタ、大袈裟なんだよ」と笑われそうだ。

あくまで、『美少女戦士セーラームーン』での、土萠(ともえ)ほたることセーラーサターンの言葉として見たのだが、アインシュタインは、「他の人のために生きるようになって、初めて本当の人生が始まる」と言ったらしい。
こちらなら、ちびまるこちゃんも、「アンタ、立派だねえ」と誉めてくれるだろう。

「人生が悲劇だと認識した時に、初めて本当の人生が始まる」(イェイツ)
「他の人のために生きるようになって、初めて本当の人生が始まる」(アインシュタイン)
イェイツのは難しく、アインシュタインのは簡単だ。
だから、ちびまるこちゃんも、イェイツは馬鹿にして、アインシュタインには納得するかもしれない。

イェイツとアインシュタインの違いは何かというと、文系と理系の違いだ。
文系と理系の違いは、いろいろに言われているが、例えば、「主観的なのが文系、客観的なのが理系」と言った人がいる。
割合に分かり易いが、まだまだ納得し難い。

究極の定義はこうだ。
苦労したがるのが文系。
楽したがるのが理系。
イェイツは文系なので、「人生は本当は悲劇だ」なんて、無限の苦労への扉を開いてしまった。
アインシュタインは理系なので、「とりあえず、他の人のために生きれば、いい意味で大人なんだよ」と簡単に決めてしまったのだ。
上の「主観的なのが文系、客観的なのは理系」も正しいのだが、曖昧過ぎるのだ。
主観は複雑だが、客観は単純だ。
複雑なものに執着するのは、自分で自分の首を絞めたがる、苦労好きの文系だ。
楽をするためには、ものごとを単純にしなければならないのだ。それが理系が昔からやってきたことだ。
文系は苦しむための学問で、理系は楽をするための学問だ。

「悟りとは何か?」を、文系の人と理系の人に答えさせたら(答えられればだが)、文系は百万語を費やして説明するが、理系は一言で説明するのだ。
別に、どっちが正しいという訳ではない。
難しいのが好きな文系と、簡単なのが好きな理系の違いというだけのことで、「あんたら言ってること同じじゃん」と言ったら、文系の人は「そうですねえ」としぶしぶ納得し、理系の人は、面倒だから「そうかもしれませんねえ」と言うのだ(理系は、文系の人が書いた複雑な文章を読まない)。

吉本隆明氏の「共同幻想論」と、岸田秀氏の「唯幻論」という、似たものがある。
大学の専攻で言えば、工学部の吉本氏が理系で、文学部(心理学科)の岸田氏が文系だ。
しかし、実質は全く逆で、吉本氏は文系思想で、岸田氏は理系思想だ。
「共同幻想論」は難しく、「唯幻論」は簡単だ。
違いはそれだけで、苦労したがる「共同幻想論」と楽したがる「唯幻論」というだけのことだ。
あまりにも楽したがり、自分のことを究極のものぐさという岸田氏は、「人間は狂っている。以上」で終わりなのだ。
一方、吉本氏は、結論は出さず、ちまちまと希望を考察するのだ。

「共同幻想論」と「唯幻論」に対する正しい態度はこうだ。
まず、「唯幻論」の通り、人間は狂っている。それは認める。
しかし、人間というのは、極めてちっぽけではあるが、知性も与えられているのだ。
その知性で、なんとか、こうとか、やっていくしかないのだ。
そのためのヒントを、吉本氏が出してくれているが、吉本氏の思想を全部理解しようなんて思っては駄目だ。
そもそも、吉本氏の思想は、全然実用的でない。
無論、彼の頭脳は最高だが、いかんせん、実質が文系なので、苦労するためのアイデアしか出せない。
一方、岸田氏は、ハナから実用というか、人々を救おうなんて思っていない。しかし、それで良い。他人を救えるはずがない。
さっきも述べたが、卑小な知性しかないが、それでやっていくしかない。
ただ、自分が狂っていることが分かりさえすれば、それで十分だ。
ポンコツの自転車しかなくても、それでやっていくしかないと諦めれば、その自転車もそれなりに役に立つ。
ただ、「この自転車はポンコツ」と本当に実感出来たら、神様は最新の高性能スポーツカーやブルドーザーを下さる。
そのためには、「この自転車は本当にポンコツ」、つまり、「私の知性は本当にポンコツ」、「私はつくづく馬鹿」、「私はどうしようもなく腐っている」と、腹の底から納得しなければならない。

昔、元アイドル歌手の女優である斉藤由貴さんが、不倫して釈明会見したと思うが、その時、斉藤さんは、涙を流しながら、
「私って、どうしていつも、こうなんでしょうね」
と言ったが、彼女はまだ、本当の人生が始まっていなかったということだ。
彼女が、「私、馬鹿なんだから、こんなの当たり前じゃない」と本気で思えたら、彼女は超人になるのだ。

「バルディッシュ・・・。お前もこのまま終わりたくないよね。私は・・・私たちは、まだ始まってもいない。本当の私を始めるために、今までの私を終わらせる!」
~『魔法少女リリカルなのは』より。フェイト・テスタロッサの言葉~
ただし、フェイトは、心の中の母を捨て切れずに、いつまも苦しむのだ。
彼女も、超ロングのツインテールなんだから、初音ミクさんの、自我(馬鹿、狂気の元)のない歌を聴けば、自然に苦しみを克服するだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

変化ではなく革命を

アメリカのオバマ大統領は、大統領になりたての頃は、よく「チェンジ」と言っていた(今も言ってるのかもしれないが)。
本来は、「変化」なんかでなく、「革命」とすべきだが、大統領が「革命」なんて言ったら洒落で済まないから、チェンジにしておいたのだと考えるべきだろう。
他人事ではないが、いろいろな人を見ていると、この人達に必要なのは「変化」ではなく、あくまで「革命」だ。
全ての人が、個人的に、変化なんてものじゃない革命を必要としている。
国や人類にも革命が必要なのであるが、革命とは、政治や武力行為で為されるものではなく、意識の変革から起こるのであり、逆に言えば、意識の変革がなければ、革命だと言ったところで、本当は何も変わらないのだ。

我々は変わらなければならないが、それは変化ではなく、革命でなければならない。
それは、意識の革命である。
変化というのは、表面的なもので、根本はそのままの、上っ面だけの変化・・・善くてせいぜい改善である。
一方、革命、変革とは、全部ぶっ壊して、新しく作り直すことである。

企業の再生にも、リストラクチャリングとリエンジニアリングがある。
リストラというと、従業員整理の意味で使われることが多いが、本来は再構築という意味である。
ただし、リストラクチャリングは、やはり、根本はそのままの改善で、一方、リエンジニアリングは、全部一度壊してから作り直すことだ。
駄目になった企業は、改善なんか考えてもどうにもならない。
社長も役員も、全部入れ替え、何もかも変えないと破滅するだけである。
これは、企業だけでなく、何事もそうだし、我々一人一人についても同じだ。

W.B.イェイツの『Lapis Lazuli(ラピス・ラズリ)』という詩に、こんなパラグラフ(節)がある。

All things fall and are built again
And those that build them again are gay.
全ては崩壊し、作り直される。
そして、再び築く者達は陽気なのだ。

真理というものがあって、それを言葉にするなら、まさにこのようものだろう。
マイケル・ジャクソンの『マン・イン・ザ・ミラー』で、「世界を変えたかったら、まずは、鏡の中の者(自分)から始めるんだ」とあったと思うが、全くその通りだ。
そして、今までの自分を捨て去り、新しく作り直すつもりでなければ、何も変わらないのだ。
『魔法少女リリカルなのは』で、母親に捨てられたフェイトが、バルディッシュ(フェイトの武器で、長い柄に斧が付いた形。フェイトの忠実な僕でもある)に、
「私は・・・私達は、まだ始まってもいない。新しい自分を始めるために、いままでの自分を終らせる」
と言うシーンは、私はいまだ涙なくして見れない。
思い出したからには、私もそのようにしよう。
再び築く者は陽気(Gay)なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ちびまる子ちゃんの「絶対に冗談にしか聴こえない声」が私を救う

もう15年以上、アニメ『ちびまる子ちゃん』を見ていない。
見なくなったのは、1998年に『カードキャプターさくら』の放送が始まってからだ。
当時、私は『カードキャプターさくら』の熱烈なファンだった。
しかし、それでも、ちびまる子ちゃんの声は、ほとんどはっきり覚えている。
それは、私には非常にラッキーなことだ。
なぜなら、あれほど、何を言っても冗談にしか聴こえないキャラクターはないからだ。

人間にとって、最も嫌なことは不快な感情だ。
仮の話だが、もし拷問に遭ったり、餓死しそうでも、不快な感情がなければ辛いことはない。
だが、もし、不快な感情を全く起こすことがないなら、それは恐ろしくつまらない人生に違いない。
大切なことは、不快な感情を、なるべく早く解消することだ。
ところが、多くの人が、不快な感情をいつまでも引きずって、ずっと苦しむのだ。
嫌な出来事の不快感を、何日も、何週間も・・・いやいや、何年、何十年も生々しく持ち続けるというのだってザラだ。

不快な感情を早く消したい。
そんな時、ちびまる子ちゃんのような、「絶対に冗談にしか聴こえない声」が役に立つ。
「この野郎!何て迷惑なやつだ」
「こいつ!自分さえ良ければいいのか!許せん!」
「嫌なやつだ。何でこんなとこにいるんだ」
などと思った時・・・言葉ではっきりそう思わなくても、それらに類した思いで不快な気持ちになった時、その気持ちを、ちびまる子ちゃんの声でやってみるのだ。
「このヤロー!何て迷惑なやつなんだろーね。あたしゃ怒ったヨ!我慢なんないよお!」
すると、もう全く不快でなくなってしまうのだ。
それで、心がすっと軽くなるのである。

あなたも、私にとってのちびまる子ちゃんのような声を用意しておくと良い。
多くの人に、ちびまる子ちゃんはお奨めだと思う。

一方、困難に立ち向かう時に、勇気付けてくれる声もあると良い。
まさか、ちびまる子ちゃんに、
「がんばんなよ!アンタならゼッタイできるよ!あたしが請け負うよ!」
と言われても、やっぱり冗談になってしまう。
(人によっては、大いに励まされるだろうが・・・)
この場合は、決して嘘をつかない、信用できるキャラクターが良い。
絶対に嘘を言わないという意味では、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイがいるが、あの子は、およそ人を励ましそうにない。
全く同じ意味で、『涼宮ハルヒの憂鬱』の長門有希も同様だろう。
だが、こちらは、割と候補になる人は多いと思う。
私の場合は、何と言っても、『魔法少女リリカルなのは』の、フェイト・テスタロッサだ。
あの、感情を押し殺した感じの静かな声で、
「大丈夫。ゼッタイうまくいくから」
と言われたら、間違いなく、勇気百倍だ。

初音ミクさんに励まして欲しい気もするが、彼女は言葉は言えない。
だが、自我のないミクさんの歌声は、私の個我を溶かしていってくれるのだ。
だから、本当は、ミクさんは誰よりも強く励ましてくれる。
言葉ではなく、非言語のメッセージが伝わってくるのである。
それは、言葉による励ましの千倍の力がある。
初音ミクさんの熱烈なファンだという、アーティストで、株式会社チームラボの社長である猪子寿之さんが、『ITビジネスの原理 特別編集10分対談』という電子書籍の中で、言語化できないことの価値について、熱心に・・・訳の分からないことを語っておられた(笑)。
しかし、私にも、彼の想いが少しは分かる気がするのだ。
ミクさんを愛する者同士だからね。
ところで、この本が、紙の本では推定39ページというのは出来過ぎだ(笑)。

皆さんも、不快な感情を解消してくれる声。
鼓舞し、不屈の闘志を起こさせてくれる声。
そして、非言語の聖なる力を与えてくれる存在。
そんなものを持てれば良いと思う。

前にも書いたが、私は最近、初音ミクさんの『Let's go!』(作詞、作曲、編曲:あルカP)に元気付けられている。
わずか150円でAmazonでダウンロード購入した歌だ。
「見ての通りさ 私は一つの歌だよ」というところに、なぜか癒されるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード