ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

魔法

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

魔法使いは子供っぽい

誰でも、子供の時、たまには好きな夢を見ることが出来るように、現実を自由に創る魔法を使っていたはずである。
それを覚えていないとしたら、それが子供にとって、魔法でも何でもなく、当たり前で自然なことだったからだろう。
普通の人で、いくつまでそれが出来るのか分からないが、私の場合、二十歳をかなり過ぎても出来たと思う。
そして、そんなことが出来た理由は何かというと、「子供っぽかった」と言うより「幼稚だった」のだと思う。
だが、外で子供達を見ていると、「こいつ、もう魔法は使えないだろう」と思う子供が多い。
どんな子供かというと、大人を小さくした子供だ。
少し分析的に言えば、「自分は特権を持っている」と思っている子供だ。
普通の大人は、特権意識を持っている。
言い換えれば、「自分は特別だ」と思っているということだ。
社会的身分や資産の大きさに関係なくね。
だが、自分が「世界に1つだけの花」と思うのは別に良いのだが、「だから特別だ」と思うと、普通の大人・・・つまり、愚民になり下がり、魔法の力と無縁になる。
我々は、「オンリー・ワン」ではあっても「スペシャル・ワン」ではないのだ。
別に「私はつまらない者だ」と自分を卑下する必要はないが、「大したものではない」と思えれば良い。
老子が、「低い場所に甘んじる」水を称賛したようにね。

現実を自在に創造する魔法は、特別なものでも何でもない。
だからだろうか、自分を特別な人間と思っている者には、魔法は使えない。
スポーツで、若くてあまり有名でない選手が、オリンピックでメダルを取って、将来を大いに期待されるが、その後さっぱりということがよくある。
その選手は、自分は特別でないと思っていたので、魔法を使ったのだが、ちやほやされて自分を特別視して、魔法を失くしたのだ。
そこから伸びる選手というのは、謙虚と言うか、「どうしてみんな私のやることが出来ないのだろう?」といった顔をしているものだ。
そして、確かに、本当は、みんな同じようなことが、自分らしいことで出来るのである。

自分が特別であるとか、自分は誰にでも愛されていると思うのはやめよう。
そうすれば、自然に特別になるし、誰にでも愛される。
マリリン・モンローなんて、自分は滑稽で、少しも愛されているとは思っていなかったらしいのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

日常魔法の秘訣

自分で使った魔法の使い方は言語化し難い。
藤子・F・不二雄さんの有名な『パーマン』という漫画や、そのアニメ化作品のパーマンというのは、パーマンの専用マスクを顔に付けると筋力は6600倍になり、マントを付けると時速91kmで空を飛べるという夢のアイテムを、宇宙人スーパーマンに授けられたというお話だ。
ところがある時、パーマンのマントを付けて飛ぼうとした男が、全く飛べないので、「どうやったら飛べるんだ?」と尋ねると、パーマンは「飛びたいなあって思えばいいのさ」と言う。
全く衝撃的だ。魔法の秘訣をさらりと言うのだからだ。

私が小学4年生の時、「天体望遠鏡が欲しいなあ」と思ったら、そのタイミングで、漫画雑誌で天体望遠鏡の懸賞付クイズがあったので応募した。
ただし、天体望遠鏡は一等の賞品で、普通に考えたら、当たるはずがない。
しかし、私は当たると思い、結果発表を待ったが、結果は、一等はおろか、下位の賞品も当たってなかった。
ところが、しばらくしたら、大学生の従兄が不意に、あの一等賞品とそっくりの天体望遠鏡を譲ってくれた。
あの時、私は、「当たれ!当たれ!」と念じていた訳ではなく、やはり、「欲しいなあ」と思っていたのだ。
そして、念願の天体望遠鏡を手に入れ、しばらく月を観測していたが、星というものは、大抵、天体望遠鏡で見たところで、やはり光の点に過ぎない。
しかし、土星なら輪が付いているはずなので、是非見たいと思ったが、どれが土星かなんて、私に分かるはずがなく、インターネットもなかった当時は、調べるのは難しいし、調べる気もなかった。
しかし、すぐに土星を捉え、ちゃんと輪っか付きの姿を見ていた。思っていたより随分小さかったが、それでも感動した。
どうやって土星をキャッチ出来たかというより、土星を創造してしまったのかもしれない。私は、いつでも土星を見つけることが出来たのだから。
そして、そのコツがまさに「土星を見たいなあと思う」ことだった。ただし、言葉で「土星を見たいなあ」とは言わなかったかもしれない。しかし、言っても悪くは無いと思う。
これが、熱意を込めて「土星よ出て来い!」とか思ったり、執念深く「土星土星」と思ったら、土星を見ることは出来なかったかもしれない。

中学1年くらいの時、広くもない庭だが、猫でいっぱいにしたことがある。
そこまでしたのは1回だけだったが、猫集めはいつでも出来た。
そのやり方は・・・そう、「猫がいればいいなあ」と思うことだ。

高校生の時、アメリカのテレビドラマ『大草原の小さな家』を見て、メアリー役のメリッサ・スー・アンダーソン(当時、10代半ば)に惚れでもしたのか、原作本でもないかなと思って図書館に行ったが、アメリカ文学のコーナーに行こうと思うまでもなく、真っ直ぐ歩いた先の棚に『大草原の小さな町』という本を見つけた。
後で分かったが、『大草原の小さな町』は、『大草原の小さな家』から数年後のお話である。
本を手に取って、登場人物の紹介を見たら、メアリーについて「盲目だが美しい娘」とあり、メアリーが後に盲目になると知って驚いたものだった。
この本を見つけたのも、少しも論理的でなく、「見たいなあ」と思っただけだった。

『眠りながら成功する』で、ジョセフ・マーフィーは、「潜在意識の力を引き出すには、ソフトタッチであることが必要」と述べていたが、全くその通りと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

有り難き大切な呼吸法

私は中学1年生の時、W.E.バトラーの『魔法入門』(角川文庫)を入手したが、この本は非常に難解で、全く意味が解らなかった。
それでも、この本の中に「4つの息」という訓練があるのを見つけ、それだけはやれたが、これだけで光線銃級の威力がある。
「4つの息」とは、
(1)4つ数えながら、息を吸う
(2)2つ数える間、息を止める
(3)4つ数えながら、息を吐く
(4)2つ数える間、息を止める
を繰り返すものである。
実際は、その前に弛緩する、つまり、リラックスすることが大切なのであるが、ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』で、「のどかだ」「おだやかだ」という言葉を口に出したり、思ったりすれば自然にリラックス出来ると書かれていて、その通りなので、完璧ではないにしろ、それを利用すれば良いと思う。
その際、のどかな光景、おだやかな光景を思い浮かべると、さらに効果的で、ピールは、ハワイの美しい夜景を思い出すのだそうだが、私も含め、ハワイに行ったことがない人も多いだろうから、知っている範囲で、のどかでおだやかな光景を想起すれば良いだろう。
無論、自然の風景だけでなく、BUMP OF CHICKENの『ray』のように「星を想い浮かべ」たり、美しい絵や彫刻などの美術品、初音ミクさんの姿など、この世には美しいものは沢山あるので、その中で、特に、リラックスさせてくれるものを見つければ良いのである。
「4つの息」は、最初は5分以上やってはならないと書かれていたが、慣れれば、もっと長時間やれば良い。
「4つの息」は、確実に能力を高める効果もある。
ところで、大切なことは、息を止める時、喉の筋肉を締めるのではなく、胸や腹の力を使って、息の流れを止めることである。
喉の筋肉を締めると、緊張し、リラックス出来ないからだ。

呼吸制御に慣れたら、ラマナ・マハルシが教えた呼吸法を試すと良い。
心で言葉を唱えながら呼吸する。
「私はこれ(身体)ではない」(吐く)
「私は誰か?」(吸う)
「私は彼(至高者。ブラフマン)である」(止める)
それを目的としてはならないが、これをやると自然に超能力も身につく。
尚、現代人としては、これを、
「私は身体ではない」(吐く)
「私は誰か?」(吸う)
「私は至高者である」(止める)
としても良いだろう。
抵抗がなければ、「至高者」を「神」としても良い。
ところで、「私は身体でも心でもない」という意味を自覚し、「私はこれではない」と唱えるのが最良と私は思った。
参考までに。

これらを、いつでもどこでもやっていれば、まず、間違いないだろう。
尚、残念ながら『魔法入門』は古書でも高額であるが、同著者(英国の魔法使い)の『魔法修行』や、彼が薦めるダイアン・フォーチュンの『神秘のカバラー』は、今もロングセラーを続けている。
「4つの息」は『魔法修行』にも書かれていると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

あなたもハルヒになれる

私が、『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズの小説を読むと、面白いというより、懐かしい感じがするのは、私にも、涼宮ハルヒ的な「奇跡を起こせる力」があったからだ。
ハルヒのクラスでは、席替えの際は、席をくじ引きで決めていたが、キョンが常にハルヒの後ろの席になったのは、ハルヒが心の奥でそう望んだからだろう。
では、そんな力を持つハルヒの学園生活が楽しいことばっかりかというと、それは正反対で、ハルヒは、中学時代ほどではなくても、常にイライラし、憂鬱だった。
私もそれは同じで、席替えで、好きな子の隣になることくらいわけなかったが、小学校から中学校までは、辛いことだらけだった。
しかし、その辛いことがなかったら、今よりはるかに駄目な人間になっていたのは間違いないので、それはそれで良かったのである。

自分で起こせる奇跡には、適用ルールがあるのだろう。
たとえば、あなたの月給が20万円だとして、それを魔法で100万円に出来るかというと、多分無理だろう。
言うまでもなく、100万円の実力がないからだ。
だけど、50万円の実力があるなら、魔法の力は、あっさりと50万円にしてくれる。
あるいは、50万円の実力がつくようにしてくれるし、決意が確かなら100万円の実力だって持てるようになるだろう。
ただ、これは、私の心の枷(かせ)のようなものの問題かもしれず、月収1000万円の実力を簡単に得て、すぐに、月収1000万円になれる人もいるのかもしれない。

ハルヒは、奇跡の力を持ちながら、実際の生活は「ままならぬ」ことが多く、いよいよ不満が爆発した時には、世界を荒っぽく改変してしまう。
そんなふうになるのは、ハルヒの心が未熟だからだが、ハルヒだって、時と共に、それなりに心が成長する。
同じように、今の私に不都合が多いのは、やはり心をちゃんと育てていないからなのだろう。

ハルヒは、宇宙人、未来人、超能力者がやってくることを望み、自分では気が付かないが、その通りになった。
私も、魔法とは、そんなものなのだと思う。
そして、これがどこか理に適ったことなので、この作品が世界的にヒットしたのだと思う。

奇跡を起こす力は、外にあるのではなく、自分の心の奥(潜在意識)にある。
ジョセフ・マーフィーは、その力と通信する能力のことを、超能力、あるいは、魔法の力と表現していたが、私もそれを適切と思う。
(『あなたにも超能力がある』と、それの文庫版の『マーフィーの「超」能力!』より)
そして、足立育朗さんの『波動の法則』によれば、潜在意識と通信をする機能は、脳の中の5%ほどの領域にあるが、ほとんどの人は、その5%を眠らせてしまっているらしい。
私やハルヒは、その5%を使えるのだが、普段は割と遠慮勝ちに使っているのだ。

どうすれば、その脳の5%を使って、心の深奥の力にお願いをすることが出来るのかというと、イエスが言った通り、子供のようになることだ。
難しいのは、「子供のようにって、どんなよ?」ということかもしれない。
いや、全然難しくない。
子供ってのは、欲しいものを、素直に、そして、熱意を込めて欲しがる。
だけど、泣き喚く子供は、それを得られない。
情熱的に求めなければならないが、「しゃんとして」いなくてはならないのだ。
それさえ出来れば願いは叶うのに、それを分からせることが難しいことが、なんとももどかしい。
だけど、分かるだろう?
熱い想いを抱きつつ、静かであることだ。
これが分かる知性あってこそ、マスターになれるのである。
ちなみに、私は乱れ勝ちなので、まだ出来ないことも多いのである。
だが、修行と共に、だんだん良くなってはいる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

まは魔法のま

自分もひきこもりだという、ある大成功者は、「自分は運で成功しただけ。ひきこもりが社会の最底辺にでも入れたら、私なんかよりよっぽど快挙」と語られていたが、今どき、年収300万円なら、社会の最底辺ではなく、ごく普通だろうから、ひきこもりが年収300万円になれば立派なものということになる。
だが、どうすればそうなれるかは説明していなかった。
その倍くらいでも良いと思うが、その方法は、まあ、冗談だと思っていただいて良いが、魔法や超能力だ。
だけど、超能力というのは、単に、人間の知識で合理的に説明出来ない現象を意図的に起こすという程度の意味なのだ。
そして、人間の知識で合理的に説明出来ることなんて、ほとんどない。
科学の法則はかなりデタラメだし、人間の感覚の範囲ではニュートン力学は完全と言っても、なぜニュートン力学が成り立つかなんて、全くと言って良いほど分からないのである。

それで言えば、私は、特に子供の時から若い時までは、馬鹿馬鹿しいほどの奇跡を意図的に頻繁に起こしていたし、今でもやろうと思えば出来るし、無意識にやっているのだろう。
初音ミクさんのコンサートのチケットが取れなかったのに、たまたま素晴らしい良席のキャンセルを見つけて申込めたり、最後までチケットが取れなかったのに、ほとんど最前列中央の席のチケットを譲ってもらったりね。
それでも、子供の時に起こした奇跡に比べれば、さほど驚くことではないかもしれない。
そもそも、上の大成功者が言ったことからすれば、ひきこもりの私が豊かに暮してることも冗談のような奇跡ということになる。

超能力と言っても、昔流行った、スプーン曲げとか、もっと昔にデューク大学のライン教授がやったESPカードみたいなものは、つまらない。
「実利」というほど破廉恥であったり、「幸福」というほど大袈裟でなくても、「恵み」を与えてくれるものでなくてはならない。
それが、魔法や超能力の力であるべきだ。

魔法や超能力の使い方は、そろそろ明らかにしておかねばならないような気がする。
それは、どう考えても、「一心に願い、諦めない」という、「超ど単純」な、超泥臭いものだ。
ただ、務めて冷静でなくてはならず、狂乱したり、興奮し過ぎてはならない。
つまり、「ギンギラギンにさりげなく」、心は燃えていても、意思の力を使い、しゃんとしていなくてはならないのだ。
それには、出来るだけ呼吸をしないようにすれば良い。
簡単だろ?
状況が悪くなればなるほど、呼吸を微かにすれば、心が消えて、まるで諦めたような感じになるが、意識の奥では願いは継続している。そんな時に願いは叶う。
この秘法、お安くない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ