ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

願望の成就

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

願いの叶え方完全版(保存版)

世界は、3つのレベルで構成されていると考えると便利と思う。
そうすれば、願いは叶い易いし、病気は治り易い。
3つのレベルとは、
・心と物資
・潜在意識
・霊
である。
宗教というものが、便利であると同時に問題を起こすのは、心と潜在意識と霊を一緒に扱うからだ。
例えば、物質である神仏の像を霊であるとしたり、心で直接、潜在意識や霊とコンタクトしようとしたりである。
非常に素朴な人間の場合は、それがゆるく出来るし、宗教の目的は素朴で単純な人間を作ることだ。
しかし、物質文明が発達し、物質への欲望が渦巻くこの世界では、従来の宗教では不都合が多いのだと思う。

◆心と物質
思考したり、感情を感じたり、働いたり、作ったり、遊んだり、旅行したりする世界だ。
この世界でうまくやる心構えは、肉体の欲望や感情に支配されず、ほどほどにやること。穏やかでいることだ。
熱く生きる、情熱的に行うのだって、やり過ぎはいけないのである。
◆潜在意識
無意識とも言われ、心で意識出来ない心の深い層で、心と物質の世界を支配する。
心と潜在意識の通路の鍵は呼吸だ。
心から潜在意識に願いを伝える際は呼吸を止める。
具体的に言うと、息を吸って止め、願いを表明する。
願いの表明の仕方は、「結果」をイメージするか言葉で伝える。
言葉について述べると、病気を治したければ、心で穏やかに「治った」と言い、お金が欲しければ「豊かだ」と言い、大金が欲しければ「富」と言い、仕事で成功したければ「成功」と言う。
呼吸を止めていると、余計な感情が起こらないので、イメージや言葉がスムーズに潜在意識に伝わる。
◆霊
潜在意識に伝えても、願いが叶わないことがある。
霊的な宿命がある場合だ。
分かり易い例で言えば、前世で人を苦しませていると、マイナスの宿命を背負い、願いが叶わないことがある。これは、我々が思うより多いのではないかと思う。
また、特殊な使命を宿命として背負う場合もある。
前世の罪で宿命を背負った場合は、苦しみに耐えるしかない。
だが、霊的存在の助けを願うことも出来る。
必ず助けられるとは限らないが、全く助けられないこともないと思う。
そのためには、修行を行うが、修行の方法は様々だ。
お勧めするのは、真言、念仏、神仏の名、祝詞、祓詞、お経、般若心経の呪文といったものを唱えることだ(縁のあるものをやれば良い)。
どんな修行も、無心に淡々と、しかし、丁寧に行うのが良い。
真面目に修行する姿を神霊が認めれば手を貸してくれると思うが、神霊は本質では優しい。








願いが叶う祈り方の整理

ここで、願いを叶えるお祈りの仕方を簡単にまとめておく。
私も含め、普通の人は、難しいことを言われても出来ないし、習得に長期間、あるいは、習得や実践に毎日長時間かかるようなことをやっている暇はない。
これで完全に願いが叶うかどうかは分からないが、確実に良い流れになるし、状況は改善するのではと思う。

最大の基本は、これだけでもOKなのだが、「顔を上げて微笑む」ことだ。
これだけと言っても、やっている人は滅多にいないし、やろうと思っても忘れてしまって、滅多にやらない人が多い。
これだけで、大抵うまくいくのに、残念なことである。
一応、訓練と言うのもおかしいが、癖付けする方法としては、腕振り運動、スクワット、腕立て伏せ、四股、ジョギング、ウォーキング等、何でも運動をする時、うつむかずに顔を上げることである。
それで言えば、腹筋運動は、どうしてもうつむくことになるので、やらない方が良い。実際、アメリカの軍隊の中には、うつむいてしまうという理由で腹筋運動を禁止している部隊もあるらしい。
また、多くの格闘技では、「亀になる」といって、顎を引いてうつむいて戦う必要があるので、それが日常の癖にならないようにしなければならない。
顔を上げて腕振り運動をするのが一番だ。出来れば、やりながら微笑むと良い。

具体的な願いがある場合は、次の極めて簡単な方法がある。
(1)息を吸って止める。
(2)願いを思い浮かべ「成った」と心で言う。
(3)息を吐く。
(4)その後、一瞬でも良いから、願いのことを忘れる。
何度やっても良いが、すぐに繰り返してやらないこと。
(2)の「願いを思い浮かべ」は、具体的にクドクド考えないこと。
願いが分かっていれば、それで良いのである。
この祈り方を、私は「阿久悠方式」、あるいは、「静かで短い祈り」と呼んでいる。
大作詞家の阿久悠さんが、こんな祈り方で大ヒット曲を作っていたと自分で言われていたようだし、叶う祈り方は「静かで短い」のである。

普段は、自分の好きな真言や神仏の名を唱えたり、アファーメーションを唱えたり、「大丈夫」とか「ありがたい」という言葉を唱えると、願いはより早く大きく叶うと思う。
「神様の奇跡が起こる」「私は最高の気分だ」、あるいは、聖書の言葉(例:「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」)も良い。
自主的に、これらの言葉を、心の中で出来るだけ多く唱えると、確実に良い効果がある。
なぜなら、普通の人は、何も考えないでいると、脳は、ネガティブな言葉やイメージを次々につぶやいたり、思ったりすることが脳の研究で分かっており、放置する限り、運命を悪い方向に、そして、老化する方向に引っ張っていくからだ。
だから、凡人は、若い時の方が幸福で、歳を取るごとに惨めになるのである。








重厚な儀式を行っても願いが叶わない訳

何年か前の1月に、親を神社の十日えびすという行事に連れて行ったことがある。
私は、神道や古事記には、それなりに興味があったが、こういった行事のことは、さっぱり分からない。
ところで、その時、神社の境内の建物の中で、1人の参拝者が座り、周囲を、剣(つるぎ)を持った巫女さんが舞っていたのだが、おそらくこれは、その参拝者の祈念の成就を神に祈る儀式のようなものであると思われた。
宗教や信仰は、時代や地域を問わず、様々な願いを神に祈念することを必ず含むのだと思う。
そして、正統な方法で祈れば、願いが成就すると信じられているのだと思う。
そうでなければ、信者を集めることは出来ない。
そして、神職にある者は、信者の願いを叶えるための力を得る修行や勉強もしているはずで、特に、修行の進んだ高位の僧や神官であれば、願望成就の霊験も、必ず起こせると期待されているだろう。

ところが、厳粛な作法に則り、修行を積んだ神主や神官、あるいは、僧などが力を尽くし、また、祈願者自身も、身を清め、時には金もかけ(祈念料がそれなりに高いことは珍しくないと思う)、真面目に儀式に挑んでも、必ずしも願いが叶うとは限らない。
いや、実際のところは、願いが叶うかどうかは、さほど芳しいものではないと思うのだ。
また、一度切りの儀式ではなく、生涯をかけた、情熱的な祈念を行う者もいるだろう。
しかし、それでも叶わずに一生を終えることもザラなのだろう。
だが、人間には、内に神のような力があるはずで、本質的に、どんな願いでも叶えられるはずなのである。
それなのに、そこまでやって、なぜ、願いが叶わないのだろう。
そういった問いをすれば、沢山の答があるだろうが(どんな答かは、かなり予測出来る)、あまり説得力のあるものはないと思われる。

だが、本当の答は1つだ。
願いの内容が、善か悪か、清廉(私欲がなく清らか)か邪(よこしま)かは関係がない。
願いが叶うか叶わないかを分けるのは、祈念者の気分が良いか悪いかだ。
国家的規模の壮大な儀式を行ったところで、祈念する者の気分が良くないのであれば、願いは叶わない。
例えば、敵国の滅びを膨大な人民が祈念したところで、それらの人々の気分の平均値が悪いものであれば、叶うことはない。
(そもそもが、敵の滅びを祈れば、敵が受ける災いを自分達の身に呼び込むものであるが、それは今回は置いておく。)
だが、たった1人の願いであっても、気分が良く、願いが叶った喜びに満ちるようであれば、願いは叶うはずである。
そして、敵の災難ではなく、自分の発展を願う時に、気分が良くなるものである。
これが解れば、あなたに関しては、本質的に、宗教も祈祷師も必要はないのである。
ただ、宗教が、信者の気分を高めるサポートが出来るものであれば、価値を上げることだろうし、その可能性は大いにあると思う。








マイクロ波の科学が分からなくても電子レンジは使える

人間が最も願うこととしては、難病で余命を宣告された時に、その病気を治すことがあるだろう。
そして、それを成し遂げた人は少なからずいる。
もし、それを実現する原理が分かれば、他の大抵の願いも叶えられると思う。
ところが、そんなことが出来た奇跡の人達のやり方や、彼らが語るなぜ治ったかの理解はバラバラなので困るのである。
まあ、医療が治らないと言ってるのだから、医療で治ったという人は少ないかもしれないかもしれないが、「いや、治る医療があるはずだ。必ずそれを探す」と言って、実際にそれを見つけて治ったという人がいる。
ある人は「ありがとう」を10万回言って治したと言うが、別の人は、それで治らなかったので、完全降伏して神様に全て任せたら治ったと言う。

こんなふうにバラバラでは、いざ自分が重病になった時・・・例えば、今なら、新型コロナウイルスに感染して、不幸にも重篤化した時に、自分はどうすれば良いか途方に暮れかねない。医者の言う通りにして助かる保証がない場合でも、他の方法など、全く分からないという人が多いだろう。
しかし、見かけ上は違うやり方であっても、実は、同じ原理で治っているなら、その原理が分かれば良い。

その中で、最近取り上げているマイク・ハーナッキーの「究極の秘訣」は、普遍的原理であり、私の場合で言えば、これを使った場合は、客観的な規模の大きさはともかく、あり得ない奇跡も必ず起こせたと思う。
ただ、日常が平穏であれば、そんな秘訣も忘れてしまい勝ちだったが、新型コロナウイルスで世間が騒がしくなって思い出したのである。

ところで、その原理自体は、実はほとんど分からない。
マイク・ハーナッキーも「それは万有引力の法則と似たところはあるが実際の理論は解らない。だが、いつか解明したいと」述べていたのだと思う。
だが、その原理の使い方は明白なのだ。
それは、そのまま書けば、苦笑されかねないものだ。
つまり、コロナウイルス感染で助かろうと思うなら、
「助かるために必要なことは全て、自主的に行う決意をする」
だけである。
特定のドクターに診てもらうことが必要なら、そうなるために何でもする決意を持つ。
ルルドの聖水を飲むなり身体に付ければ治ると思うなら、やはり、何が何でもそれを手に入れる。
宗教団体の教祖に1億円で祈祷してもらえば治ると信じるなら、金があろうがなかろうが、そうしてもらうと「決める」。
それだけである。
「じゃあ、1億円騙し取られた上、死ぬかもしれない」と言われるかもしれないが、それはない。
決意すればそれで良いのだから。
治らない場合というのは、「1億円なんて無理だ」と思った場合くらいのものと思う。
ただ「治すために1億円払う」と決めれば良いだけである。
ただし、本気で決めなければならない。
まあ、これはあくまで特殊な、しかも空想の例であり、実際には、教祖に1億円出せば治ると思う人は少ないだろうが、もし、そう思うなら、それを必ずすると決意しなければならないのである。
「1億円はどうやってでも作る」とね。

以下、勝手な推測であることをお断りしておく。
私が敬愛する、初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は、北海道で生まれ育ち、成功して50歳を過ぎた今も北海道に住んでいると思う。
ところが、彼が子供の時、村の若者の中には、「オラ、こんな村嫌だあ」と、東京に行く若者はやっぱりいただろうし、その中には、ミュージシャンを夢見て東京に行く者がいたようだ。
しかし、ミュージシャン志望者は、当然ながら、ほぼ誰もうまくいかず、30歳くらいになって諦めて帰って来ることもあるが、そんな歳まで、音楽とバイトしかやってこなかったら、やり直しは難しい。
そんな人達を見ていたせいかもしれないが、伊藤さんは、よほど若い時は別として、自分がミュージシャンになろうとは思わなかったようだ。しかし、音楽の道は諦めてなかったようで、いろいろやっているうちに、電子音楽に興味を持って、それを熱心にやり続け、30歳くらいで、効果音などの音源コンテンツを扱う、クリプトン・フューチャー・メディアを起業する。
だが、普通に考えれば、音楽事業をやろうと思えば、東京に出なければならない。
しかし、伊藤さんは、インターネットはまだ回線速度も遅い黎明期であったに関わらず、「インターネットを使えば、場所は関係ないし、嫌いな営業もしなくていい」と思ったらしい。ここらは、凄い先見の明だったとも言えるが、インターネットで成功するために必要なことは、何でもやると決意したのだと思うのだ。
決意したけどやらなかったこともあったかもしれないが、とにかく、何でもやってやろうと決意はしたのだと思う。

では、今流行り(?)のテーマを取り上げれば、「アフィリエイトで月100万円稼ぐ」というのではどうだろう?
それに必要なこととしては、例えば、
・ブログを開設する
・独自ドメインを取る
・HTMLやJavaScriptをマスターする
・Webサーバーの仕組みを理解する
・PHPプログラミングが出来るようになる
・高い文章力を習得する
・情報通になるため勉強する
・有名ブロガーと交流する
その他、いろんなことが必要だと思ったとする。
その中には、「自分にはとても無理だ」と思うこともあるだろう。
しかし、やはり、「全てやる」と敢然と決意しなくてはならない。
すると、ほとんどのことはやらなくて良くなるかもしれない。
とはいえ、「ブログを開設する」や「独自ドメインを取る」くらいは、難しいことでないので、実際にやった方が良いのではないか?
これについて、マイク・ハーナッキーも書いている。
「願いを叶えるために、電話1本しなかった、手紙1つ書かなかったという人がいるが、いくら何でもそれでは駄目だ」
これに関しては、私には好きなことわざがある。
スーフィー(イスラム神秘主義)のものらしいが、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
というものだ。
つないでいなかったラクダが逃げたとしても、それは神の責任ではなく、あなたの責任であるということだ。
上のアフィリエイトの場合でいえば、小学生でも出来るブログ開設や、中学生でもやっている独自ドメインの取得くらいはやるべきだろう。やり方が解らなくても、その程度、どうやってでも調べられるはずだ。また、PHPプログラミングやサーバー技術の習得まではしなくて良いかもしれないが、それも必要であると思えば、必ずやると決意することだ。あるいは先に、「そこまでは必要ない」という確たる証拠を集めても良いだろう。
実際、アフィリエイトで稼いでいる者の中に、PHPプログラミングや、サーバー技術を持った者はそれほど多くない。
だが、ブログを運営していないとか、そのブログに独自ドメインを設定していない人は滅多におらず、それは、技術にはとんと疎い人でもそうなのである。

普通の人でも、かなりの目標を成就する原理はあると思う。ただ、普通の人は、それを使えば良いだけで、原理自体を理解する必要はない。丁度、電子レンジの基本原理であるマイクロ波の理論を知らなくても、電子レンジの使い方さえ分かれば、いろんな料理が出来るようにである。

参考になれば幸いである。












KayのAI書籍(Mr.Φさんとの共著)。

ソニーの無料アプリNNCを使い、誰でもディープラーニング型AIを作ることが出来るよう工夫しました。
AIの難しい理論や数学、プログラミングは不要です。
自分で実習するためのデータを作るExcelマクロ無償ダウンロードサービス付。
Excelマクロでは、モンティホール問題、エイリアン遭遇回避作戦、囚人のジレンマ等のシミュレーションを行え、そのデータを使ってAIに学習させます。

私のAI書籍については、私の新ブログ「メディアの風」で、なるべく興味深く説明しています。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード