ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

阿久悠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

皆、こうして成功した

昔、アメリカで、どれほど成功法則の本を読み、なおかつ、その教えを実践し努力しながら成功しなかった男が、ある日、究極の成功法則を発見し、以降、大成功したという。
その男は、アメリカの作家マイク・ハーナッキーで、当時はかなり話題になったが、今はさっぱり聞かない。
ただ、かなり前、彼のWebサイトを見つけたのだが、彼は、ある時期から、騒がしい場所から身を引き、金もあるので、引退生活を満喫しているように思えた。
彼の発見した究極の成功の秘訣は、当時の彼の本の回りくどい表現を簡潔にすれば、「目標を達成するために必要なことは何でもやる決意をする」である。
ちなみに、必要なことは「決意すること」だけで、実際には何もしなくて良い。
ただ、おそらく、何もしなくて良いが、やりたいと思ったらやれば良いのだろう。
彼も、失業者から作家になった時は、がむしゃらだったようだ。
ただ、それは、後から考えればそうだっただけで、やはり、本人は、特に何かをしたとか、苦労したとは思っていないらしい。

ハーナッキーは、いい線いってたのだが、やはり、ちょっとズレていたと思う。
ただし、表現がマズかっただけで、本人はやり方を知っていた。だから、有名にもなれたのだ。
ハーナッキーと同じやり方をしている(していた)人達の話を見て、表現のマズさを修正しよう。
その人達は、作詞家の阿久悠さん、UFO研究家の矢追純一さん、画家の足立幸子さん、それに、物理学者の保江邦夫さんだ。
私が覚えてる、これらの人達の表現はこうだ。
阿久悠さん「うまくいった場面をイメージし、忘れる」。
矢追純一さん「目標を決め、後はなりゆきにまかせる」。
足立幸子さん「決意し、ぼーっとする」。
保江邦夫さん「考えない」。
足立さんと保江さんは、講演等、教える時には「口から出まかせを言う」というところも共通している。
矢追さんも、セミナーでは、受講生は寝ていても良いと言うから、多分、言うことは出まかせなのだろう。
阿久さんの詩も、出まかせに違いない。
つまり、共通して、皆、考えないのだ。
そして、ハーナッキーが言う「必要なことをする決意」は、本当は、「目標を達成することを決意する」ことであり、それを強めるために、「必要なことは何でもするぞ」と思っただけのことだ。大切なことは、あくまで、目標達成を決意することだ。
しかし、普通の人は、難しい目標の達成をなかなか決意出来ず、きっとハーナッキー本人もそうだったので、「それを達成するためにどんなことでもする」決意をするという、一種の「代行」が必要だったのだ。
それなら、「目標を達成出来なかったら死ぬ」という決意でも良い・・・いや、こっちの方が良いのだが、下手にこんなことを言って、本当に誰かに死なれたら責任問題になりかねない。だが、「死」と引き換えほど決意を高めてくれるものはないので、実際問題、これが一番だろう。よって、あくまで秘密として言えば、目標を達成するための究極の秘訣は、「目標を達成出来なかったら死ぬと決意する」ことだ。
ところが、それが分かると、大抵の目標には、さしたる価値がないことが分かるだろう。
「就職出来なかったら死ぬ」なんて思う馬鹿はいないだろうからね。
とはいえ、就職も立派な目標だ。
だから、「就職出来なかったら、大好きなチョコレートを食べない」程度で良い。
これは、上杉謙信の「一生、女を抱かないので、戦で勝利させてくれ」という、神への祈願のための生贄である「断ちもの」の逆プロセスだ。
謙信も、「戦に負けたら、生涯、女を抱かない」で良かったと思うのだ。
しかしまあ、目標達成の決意さえ出来れば、後は、ぼーっとして何も考えなければ良いのである。
ただし、決意は強くなければならない。
強い決意をするために、上に述べたやり方を、自分がやり易いように組みなおせば良いのである。
ただ、いずれは、簡単に決意が出来るようになる。
ハーナッキーも、その境地に達したのだと思う。











世界は瞬間に変えられる

願望成就法として、一番短いが、一番印象的で、しかも、実践者の実績が最高というものがある。
それは、青春出版社の『強くなる瞑想法』という本のカバー折り返しに書いてある、作詞家の阿久悠さんのやり方で、私はそれを昔見て、今でもずっと覚えている。
阿久悠さんは、今でこそ、AKB48のプロデューサーの秋元康さんの強力なビジネス戦略により、作詞家としてのシングル売上枚数での国内首位の座を譲っているが、純粋な作詞家としては、やはり日本最高なのだと思う。
その阿久悠さんの方法というのは、
「まず目をつぶって息を十分に吸う。そして数秒息を止める。この間に瞑想する。息を吐いたらすべてを忘れてしまう」
である。
この「瞑想する」というのは、「作詞した曲がヒットした光景を、ありありと思い浮かべながら瞑想するのだ」だと述べている。

私も何度もやってみた。
昔、好きな女の子がいたので、彼女とうまくやっている様子をイメージしたら、本当に、それまでさっぱり縁のなかった彼女との色々な出来事が起こり、うまくいくと思われたが、いつもロクでもない結果に終わり、結局駄目だった。
しかし、恋とは近視になるものであることがつくづく感じられ、後でよく考えたら、彼女とは性格的に全く合わず、うまくいっていたら悲惨なことになっていたと思う。
そんなところまで配慮しながら世界を動かすのだから、私の潜在意識とは有り難いものであると思う。
ただ、このやり方は、必ずしも、即時性、確実性があるとは言えないかもしれない。
あるいは、阿久悠さんのような、強力な精神性が必要なのかもしれない。

そこで、昨夜書いた、昨日、私がやったことを書いてみると、
「4歳の妹を連れた9歳の美少女に会ったが、彼女はショートヘアだったので、初音ミクさんのようなロングのツインテールにしたいと思ったら、数十分後、4歳の妹を連れた9歳のロングのツインテールの美少女に会った」
ということがあった。
私は、世界は瞬間で変えられることを、子供の頃から知っている。
例えば、以前見たテレビ番組を録画したいという場合、ただ、録画装置のリモコンを持ってテレビを見ながら待っていたら、その再放送が始まるという非常識なことを、何度も起こしていた。
9歳の時には、そんな方法で天体望遠鏡を手に入れ、さらに、天文の知識は皆無でいかなる情報も持っていなかったが、土星を見たい時は、夜空の星を1つ選び、「これが土星」と決めて望遠鏡で捉えると、確かに輪っかがついていた。
願いを叶える時は、ある意味、非常識でなければならない。

私のやり方は、瞬間にイメージするのである。
ただし、本当に瞬間で、実際にはゼロの時間である。
従って、頭、心、知性を使って思い描くのではない。
心の役目は、「イメージが出来た」と思うだけ、信じるだけである。
そんなことを言ったら、「本当にイメージ出来たかどうか分からない」「正しいイメージが出来たかどうか心配だ」と言われるかもしれない。
だが、自分の深い心を信用するのだ。
禅の世界でも、難しい禅の公案を解くには、イメージが勝手に動くようにしなければならないという。
眠っている時の夢は、自分とは関係なく展開するように見えるが、実は、自分の深い心が作っているのだ。
好きな夢を見るコツは、無理矢理に見ようとするのではなく、楽しい気分で、好きな夢が見れたらいいなと気楽に思うことだ。
そうやると、すぐには好きな夢が見れなくても、少なくとも悪い夢を見ないようになり、やがて、好きな夢を見ることが出来るようになる。

それと同じで、イメージも無理に作るのではなく、心を静め、気楽に、そして、楽しい気分で、「出来た」と思うことである。
心を鎮めるには、吸う息を弱く弱くして、自然に停止するようにし、呼吸が停止した時にイメージする(出来たと思う)のである。
もちろん、心を良い状態にする方法は無限にある。
人差し指を1本立てても良いし、私がいつも言うように、顔を上げて微笑めば良い。
昨日の私は、美しい少女の瞳の力を借りた。視線が重なった一瞬にイメージしたのだが、その瞬間には、確実に、真理と愛があるので、あのように神秘的な威力がある。
また、初音ミクさんの、感情のノイズのない、透明な歌声の力は、いくら強調しても足りない。

良い願望成就の法を書きつくせたと思う。
参考になればと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

瞑想術マスター阿久悠

願いを叶える方法が書かれた本として特別なものに、『強くなる瞑想法』(青春出版社)という本がある。
おかしなことに、この本で最も、そして、申し訳ないが唯一良いのは、カバーの折り返し部分に書かれている、大作詞家だった阿久悠さんの瞑想法である(もちろん、参考になる本だが、本文に書かれたことは、ややこしくてできないと思うし、誤解しやすい部分もあると思う)。
「息を十分に吸って数秒止める。その間に瞑想をする。息を吐いたら全て忘れる」
この瞑想とは、目を閉じてじっとしていることだと思うが、その間に、作詞した曲がヒットする光景をありありと思い浮かべるのだ。
阿久さんの場合は、曲がヒットした光景だが、他の人では、それぞれの願望が叶った様子ということになろう。
全く見事な、欠点のないやり方である。
あくまで、曲が「ヒットした」様子を思い描く、つまり、願望が叶ったところを思い浮かべなければならない。
既にそうなっている・・・イエスの言う「既に叶ったと思え」、政木和三さんの言う「過去完了形で想え」ということである。
そして、瞑想が終わったら、「全てを忘れる」ことが大切だ。

私は以前、ある強い願いがあり、阿久さんのやり方をやったところ、良いところまでいくが最後までは叶わなかった。
私の失敗は2つである。
1つは、この瞑想を何度もしつこくやったことだ。
阿久さんは、回数まで書いていなかったが、何度も続けてやるということは、願望成就を信じていないということになるのだ。
やるとしたら、目覚めた時、就寝する時、そして、日中、静かな場所を見つけて(トイレの中とかでも良いだろう)1回やれば十分だ。
いや、これでも多いかもしれない。
そして、もう1つの失敗は、「息を吐いたら全て忘れる」ことができなかったのだ。
阿久さんが瞑想術の達人であるのは、この「全てを忘れる」ことを忘れなかったことだ。
瞑想が終わったら、すぐに何か始めて、瞑想中に思い描いたことを、きれいさっぱり忘れないといけない。
瞑想どころか、願いを忘れただけでも叶うのである。
何度もしつこく書いて申し訳ないが、映画監督のマイケル・ムーアが言った通り、「好きな女の子のことは諦めろ。そうすればその子は君のもの」なのだ。
諦めたふりではない。
本当に諦めるのだ。
もちろん、女の子のことだけでなく、何でも諦めたら叶うのだ。
政木和三さんも、諦めた上で、願いが叶ったことを過去完了形で「これこれが叶いました。ありがとうございます」と感謝しろと述べたものだった。
例えば、赤ん坊が大怪我をして医者に見離されたという人に対し、政木さんは、「もう助からない。すっぱり諦めろ。そして、『赤ちゃんが助かりました。ありがとうございました』と言え」と教えたのだ。
それで、その赤ん坊は奇跡の回復をし、健やかに成長した。
だが、普通は、誰がやっても、「諦めたふり」で終わってしまう。
欲望を手放すのは本当に難しい。
私は昨夜、私が聞いた、宇宙人の、「想いを宇宙に向かってぽーんと投げなさい」という言葉をご紹介したが、こんな雰囲気で、願いを投げて忘れることが大切なのだ。

執着を捨てる練習も必要かもしれない。
人間は誰でも、何か執着しているものがある。
あなたにも、1つや2つあるはずだ。
それを見つけて、その執着を捨ててしまうのだ。
例えば、熱烈な巨人ファンで、どうしても巨人に優勝して欲しいと思っているなら、「別に巨人が優勝しなくていい」と思えるようになることだ。
五木ひろしが最高の歌手だと信じて疑っていないなら、それは、自分がそう思っているだけだと認めることだ。
もちろん、それは、あらゆる信念に対してそうである。
自分はマルクス主義が一番だと思っていても、あくまで個人的な信念だと了解することだ。
(こんな馬鹿げた注意はしたくないが、暴力がいけないというのは、信念ではなく、自然のルールである)
私は先月、初音ミクが歌うコンサートに行ったが、もし、そのコンサートのチケットが取れなかったり、行けない状況になっていたら、非常に落胆したかもしれないが、それでは駄目なのである。
行けたら嬉しいことは確かだが、駄目だったら、こだわらず忘れるようでないといけない。
来月(10月)は、ミクのロサンゼルスとニューヨークのコンサートがあり、それなら私も、会社なんかに行っている場合ではなく、是非行きたいと思うが、気付いた時には手遅れだった。
残念には思ったが、もう落胆しないようになっていた。
これがいつまでもクヨクヨするようだと、願いを叶えるだけの力がまだ無いということである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

明日の不安を消すには

十数年前だろうか。
野村克也さんの奥さんが、脱税か何かで逮捕された時の彼女の言い訳をよく覚えている。
だいたいのところで、
「今は幸い、お金が沢山入ってくるが、これがいつまでも続く保証がある訳でもなく、将来が不安だった」
というものだったと思う。
豪邸に住み、旦那の稼ぎっぷりは素晴らしく、彼女は当時で60代だったと思うが、おそらく、死ぬまで遊んで暮らせるくらいの財産もあったと思う。
ちなみに、旦那は今でも稼ぎまくっているように思う。
だが、彼女の言い分も、もっともだと思うのだ。

宗教では、「与えられるものだけで満足しなさい」と教える。
しかし、それが納得できない理由が、まさに、野村夫人の言い分と同じようなものなのだと思う。
「そりゃ、今は収入があって、健康だからいいですよ。でも、今の時代、いつ、リストラされるか分からないし、いい年になって失業して悲惨な目に遭っている人がいくらでもいる。それに、病気になって大金が必要になったりとか、何があるか分からないじゃないですか?金はいくらあっても多過ぎることはないですよ!」
月給が100万円以上の人だって、ほとんどがそう思っていることだろう。
いくら金があろうと、不安な人は不安だ。
いや、むしろ、収入が多いほど不安も大きいのかもしれない。

一方、「宵越しの銭は持たない」という人も少ないがいる。
単に遊び好きや無責任でそう思っているのではなく、腹が据わっていて、真に精神が逞しい人だ。
(私は、キックボクシングの沢村忠さんがそんな人の代表と思っている)

Tommorow is another day.
明日は明日の風が吹く。

こう思っているのは、ものごとに囚われない、飄々としている人だと思う。
そんな人は、明日のことなど考えていないのだろう。
木枯し紋次郎がそうだった。
明日のことなんて分かるはずがない。
なるようにしかならないのだ。
そう達観した紋次郎には、いかに明日の知れない無宿渡世であっても、不安というものを感じたりはしない。
まあ、彼も人間なので、疲れを感じることはあるのだが。

阿久悠さん作詞の名曲『憎みきれないろくでなし』(歌は沢田研二さん)に、「明日は明日で楽しいだろうが、あまりに遠くて予想も出来ないよ」という歌詞があったが、誰もがこんなろくでなしに憧れるが、なかなかそうはなれないのだ。
いや、今の人々は、そんなろくでなしに憧れることすらなくなってしまっているのかもしれない。
本心はびくびくしながら、ろくでなしを蔑み疎んでいるのだ。
私はろくでなしに憧れているし、世間の人達に蔑み疎まれたいのである。

ZARDの『Today is another day』という歌がある。
坂井泉水さんが、「Tommorow is another day」をひねって、こんなタイトルにしたのだと、どこかで見た覚えがある。
歌の中で、「明日がある」、「今日が変わる」と、紋次郎のような虚無的でなく、積極的、前向きなのであるが、結局、同じことなのだと思う。
不安を消し、逞しく生きるコツは1つだ。
それは、「昨日を忘れる」ことだ。
もっと端的には、過去を忘れることだが、まあ、今日のことくらいは思い出してみるのも悪くはない。
だが、一晩寝れば忘れることだ。
紋次郎は、やはり、昨日のことなんか覚えていない。
そして、既に述べたように、明日のことも知ったことではないと思っている。
だから、今、凄まじい生命力とパワーを発揮するのである。

昨日を忘れれば、明日の不安もないし、実際、うまくいってしまうのだ。
昨日のことなんか、うじうじと気にしているから、明日が不安で、実際にロクでもないことになる。
過去も未来も、モノクロームで生命を持たない。
今だけが、カラーで生命に溢れている。
その今に生きれば、生命と一体化する。
紋次郎も、生きている限りは生きようとしたのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

願いが叶うという確信がなぜ起こるのか?

願い事が心に浮かんだ後、「これは叶う」という確信を持つことがある。そういった願いは確実に叶う。

私は、小学4年生の時、天体望遠鏡が欲しいと思った。おこづかいで買えるようなものではないし、親は、そういったものは買ってくれないと分かっていた。
しかし、なぜか、確実に得られると確信し、もう手に入ったものとして振舞っていたくらいだった。
そして、1ヶ月も経たないうちに、遠くに住む大学生の従兄が天体望遠鏡を譲ってくれた。

だが、このようなことについて、成功法則の本や願望成就のノウハウ本に、間違ったことが述べられている。
私のように、「手に入ったように振舞う」、あるいは、「成ったという態度を取る」ことで、願いが叶うのだという誤った説をよく見る。
そうではない。
わざとらしく手に入ったように振舞うことや、不自然に願いが叶ったという態度を取ることと、願いが叶うことは何の関係もない。

なかなか信じてもらえないかもしれないが、人は自分で考えているのではなく、考えは自動的に浮かぶのである。
心に勝手に浮かんだ考えを、自分が考えたと思い込むような仕組みになっているのである。これは、科学的事実でもある。
そして、いつか科学で証明できるかどうかは分からないが、事実として、未来に起こる出来事というものは、些細なことも含め、完全に決まっている。
つまり、考えることも、起こる出来事も、自分の意志に関係なく、初めから全て決まっているのだ。
そして、未来に起こる出来事が、心に浮かぶこともある。そんな時、それが未来に起こると確信するのである。それが願い事である場合、その願いは叶うと分かってしまうのだ。
世間的な考え方をする人には信じられないかもしれないが、知っている者にとっては、ありふれたことでしかない。

もう1つ、願いが叶うかどうか、知る方法がある。
作詞家の阿久悠さんが述べていたらしいことだ。
シングルの売上げで、国内で2位以下に大差を付ける圧倒的なNo.1である阿久さんにだって、売れなかった歌は沢山あった。
阿久さんは、「息を吸って、歌がヒットしたことを想い、息を吐いて、後は忘れる」ことがヒットの秘訣と言ったらしい(下にご紹介する、『強くなる瞑想法』紹介文の中)。
阿久さんは、それが出来なかった歌はヒットしなかったと言う。
私も、少し前まで、それを信じていたが、阿久さんは思い違いをしていたのだ。
阿久さんの言われる通り、「忘れる」ことが重要である。
しかし、自分で忘れることは出来ないことに気付くべきだ。
勝手に忘れる願いは叶うのである。

叶ったも同然と確信してしまえることや、願ったことを忘れてしまったことは叶うのである。
それは、運命が、「願い」と「成就」の両方をセットで与えたということなのである。

ついでに言うと、「紙に書いた願いが叶う」というのも同じだ。
書いたことを忘れた願いは叶う。しかし、いつまでも憶えている願いは叶わないのである
これは、試してみると、なかなか面白いかもしれない。

次に、「断ち物」での願望成就について述べよう。
断ち物とは、願いを叶えるために、好きな食べ物を断ったり、あるいは、薬を飲まないと誓うようなものだ。
上杉謙信は戦に勝つために、一生、女を遠ざけることを誓ったという。
水野南北は、食事の三分の一を神仏に捧げて願えば、小さな願いで1年、大きな願いでも十年で叶うと言った。
結論から言って、断ち物と願望の成就は普通、関係がない。
上杉謙信は破れたし、断ち物で願いが叶ったという話は、実際には滅多にない。
ただ、叶う場合もある。
ガンジーも、謙信のように、ある時期から生涯、性的禁欲を守り、彼の高貴な願いは叶った。
また、上に述べたように、水野南北が奨める通り、食を慎んで願いを叶えた人もいる。
これは、断ち物をしたから叶ったのではなく、厳しい裁ち物が出来るほどの願いであれば、「元々叶っていた」ということである。
私は、1日1食の菜食・少食を始めて、この8月で4年になるし、性的禁欲も2年になるが、そんなことで願いが叶うとは思っていない。
聖人ではないので、願いも色々あるが、願いを叶えるために断ち物をしているのではない。全くの無目的である。
言ってみれば、叶う願いは勝手に叶うだろうし、叶わない願いは、どうやっても叶わないのである。
だが、がっかりする必要は全くない。
外的な願いの成就など、本当に他愛も無いものだ。すぐに消えるばかりか、苦しみになることも多いではないか?
人間には、もっとはるかに大きな喜びがあることは間違いがない。
ラルフ・ウォルドー・エマーソンが「内にあるものに比べれば、外にあるものなど取るに足りない」と言っていたようなものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
IT学習










  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
QRコード
QRコード