ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

関英男

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

神がかった状態には意図的になれる

関英男博士は、腕振り運動で難病が治る仕組みを、次のように考えていたのだと思う。
正確に言うと複雑なので、簡単に言う。
両手を振ることで、両手のひらに、GTP(重力子)という粒子が発生し、それが体内に蓄積する。
GTPは生命力の源であり、生まれた時の量が最大で、後は減っていくだけであるが、腕振り運動により、これを増やすことが出来る。
GTPが増えれば、生命力が高まり若返る。
ただし、腕振り運動で発生させることが出来るGTPはわずかなので、必要なだけのGTPを得るには、腕振り運動をかなり多く行う必要がある。

私は、それも1つの考え方であると思うが、必ずしもそう考える必要はないと思う。
つまり、GTPのような、何らかの宇宙エネルギーは、どこにでも無限にあるのであり、方法さえ分かれば、一瞬で多量に取り入れることが出来る。
MITや電子技術総合研究所(後に産業技術総合研究所に統合)で研究をしていた猪俣修二氏が、そんな不可思議なエネルギーを「影のエネルギー」と呼んで研究していたが、その後、どうなったのか分からない。
まあ、そんなものが実用化されたら、利権団体が困るので、表に出て来ることはないと思う。
よって、以下、フィクションとして見ていく。

2003年のコゲどんぼ(現こげどんぼ)さんの漫画『かみちゃまかりん』に印象的な場面がある。
勉強もスポーツも駄目駄目な小学6年生の少女、花鈴(かりん)が、一瞬で神がかった状態になる。
すると、走ると、凄く速くて、しかも疲れない。
黙って立っているだけで、誰もが見とれるほどの魅力を発する。
テストは100点、ピアノも見事に弾け、パワー、自信、知恵がみなぎる。
そして、極めつけは、「大嵐がこないかな」と思ったら、晴れていた空にたちまち黒雲が満ち、雷が落ち、大雨が降り出す。
それを見て、私はピンときた。
私も、小学6年生の時、ある日の6時限目直前に、それまで晴れ渡っていたのに雨を降らせたことがある。
雨が降ったら、嫌なことをせずに帰れたからだ。
世の中には、空の雲を消せる人がいるらしい。まあ、実際にいたとしても、そう見えるよう誤魔化しているだけということにされるのだろうが・・・
安藤一男氏の『「無意識」の魔力』に、やはり、天気を変えたり、透視をすることについて書かれているが、信じない人にはあり得ないことなので、ほとんど、そんなことはないということになる。

天気を変えるほどでなくても、やたらツイているという経験を覚えている人は多いと思う。
コゲどんぼさんは、『ぴたテン』の中でも、天使のパワーを浴びた子供が、突然スーパーパフォーマンスを発揮する場面を描いているが、おそらく、自身に、そんな経験があるのだろう。
たとえば、私の経験で言えば、バスケットボールをしていた時、ボールをどう投げても全部バスケットに入ってしまうということがあった。
ドストエフスキーの『賭博者』では、初めてルーレット賭博をやった老婆が、ゼロに賭け続けて大勝ちした時が、そんな状態だったのだろう。
まあ、ビギナーズラック(初心者が大勝ちしてしまうこと)なんてのは、多くの場合、宇宙エネルギーによる奇跡現象なのである。

もし、意図的に、そんな神がかった状態になれれば不可能はなくなる。
だが、やり方は分かっていて、ヱヴァンゲリヲンのように、力を集めるとか、力を引き出すのではなく、力を抑えているものを外せば良いだけである。
人間においては、だいたいが、左脳が力を抑えているので、右脳に支配権を渡せば良い。
もちろん、程度の低い人間が、そんなことを簡単に出来るということはない。
しかし、それなら、程度が低くなくなれば良いのである。
クリシュナやイエスのように、あるいは、スサノウやオオクニヌシやホオリのようであれば良い。












腕振り運動でなぜダイエット出来、病気が治るのか

腕振り運動による奇跡的な病気の治癒についての話は沢山あるし、おそらく、日本よりも腕振り運動が普及している中国や台湾では、もっと多くの治癒例があるのだと思う。
では、なぜ、腕振り運動で病気が治るのかというと、気功や導引術の専門家であれば、「気の流れが良くなる」「気が充実する」からと言う。
しかし、気というのは、現代科学で解明されているとは言い難い。
日本では、合気道の流派によっては、気を実際に武道に活用し、力を見せ付けることもあるので、むしろ、気の実在に関しては、こちらの方が説得力があるかもしれない。
とはいえ、やはり、一般には、気は神秘的であり、掴みどころがない。

一方、科学者である関英男博士(工学博士)は、気などの神秘的なエネルギーや現象を科学的に研究し、重力子という量子が特殊な形で結合したGTP(重力子)の存在と活動を仮定して、腕振り運動の効果を説明した。
気とGTPは同じと思って良い。
詳細は、『宇宙学序章 グラビトニックス』(絶版。古書も高価)に書かれているが、腕を振ることで、てのひらからGTP(あるいは気)が発生し、それが体内に蓄積する。
GTPは生命の根源のエネルギーで、生まれた時に最大量を持っており、それが日々減少し、なくなれば死ぬ。生まれてからGTPが増えることはない。
しかし、腕振り運動をすることでGTPが発生して増えるので、生命力が高まり、若返ると関博士は考え、実際、関博士は90歳を過ぎても健康・聡明で、世界中を股にかけて研究を続けていた。

私も、腕振り運動の効果は、概ね、気、あるいは、GTPで説明出来ると思っていたが、北濱みどり氏の『1日3分「腕振り」で肩こり・腰痛がとれる!』で、新たに大きな視点を得た。
北濱氏の説明は、概ね、2千年の歴史のある中国医学(北濱氏は中国政府認定の国際中医師ランセンスを持つ)のもので、ここでも、やはり、気については語られている。
しかし、興味深いのは、中国医学では、長い研究と実践経験の中で、肩甲骨にある膏肓(こうこう)という重要なツボに着目していることだ。
この膏肓をほぐせば、大抵の病気は治ってしまうことが、経験的にも分かっているのだと思う。
そして、腕振り運動(北濱氏は「腕振り体操」と表現するが、ここでは腕振り運動と呼ぶ)を行えば、肩甲骨自体がほぐれ、膏肓もほぐすのである。
一般的には、腕振り運動が肩甲骨をほぐすことで、心臓回りの筋肉が柔らかくなり、血行が良くなると言えば、実に理解し易いと思う。
簡単に言えば、北濱氏の本の裏表紙に書いてある通り「肩甲骨をほぐし、身体中の血流が良くなる」ことで免疫力が上がって病気が治るのである。

このことについて、最近、私が確かめたことがある。
私は6日前の3月23日から、スマートウォッチを使い始めた。
スマートウォッチの機能の1つに、心拍数の測定がある。これは、肌と接触するセンサーで行う。
そして、おそらく、事前に入力されたデータ(身長、体重)と心拍数から、運動量と消費カロリーを算出する。
腕振り運動は、運動としては、筋トレなどと比べて軽く、カロリー消費が高いとは思えない。
ところが、確認すると、腕振り運動をすると、かなり運動量が高く、カロリー消費が大きい。
スクワットや腕立て伏せに劣らないばかりか、上回るかもしれない。
これはどういうことかというと、腕振り運動で心拍数が上がるからである。
スマートウォッチは、心拍数が上がることで、運動量が高いと判断するのだろう。
つまり、上で述べた通り、腕振り運動は、血流を高くするので、自然に心拍数が増えるのである。
血流が高いと新陳代謝も上がるので、カロリー消費も大きいと言えるかもしれない。
これなら、腕振り運動にダイエット効果があることも説明出来る。
さて、肩甲骨をほぐし、血流を良くするためには、北濱氏が言うように、腕振り運動の際、腕は、やや楕円軌道で振る方が効果が高い。
このやり方については、グリーン健康会のWebサイト内にある、「バランス健康法」のページ、
【リンク】グリーン健康法
の中に、動画で説明されている。上側の動画である。
この動画では、腕を楕円軌道に振ることを、分かり易くするために、少々、大袈裟にやっているような気もするが、別にこれでも良いと思う。








超人への最後の扉

腕振り運動を、ある程度続け、心身の準備が出来た後、いよいよ人間を超えた存在になる方法は分かっている。
やり方は単純で、本など読む必要はない。
そして、事例は豊富で、そのうちの1つを選んだだけでも、極めて重要である。
その方法とは、観察だ。
何でも良いから、惹き込まれるように集中して観察出来るものがあれば良い。

さっきも述べたが、事例は豊富で、取り上げていたらキリがないほどだが、その多くが超人達のものなのである。
観察した時間は、数十分という短いものから、数年以上のものまであるが、数週間から数ヵ月といった場合が多いのではないかと思う。
短いもので言えば、関英男博士が、若い時に勤めていた通信企業で、テスト用の受信機から出る音(ノイズだと思う)を、集中して聴いている時に起こった。
その時に、関博士は、別人に生まれ変わったのである。
関博士は、受信機のノイズ音に強い関心があったので、集中出来たのだ。

こんな例もある。
おそらく、コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』に載っている話だ。
ある男の妻が、心神喪失状態になり、男は、妻の意識の回復を願い、朝も昼も夜も、妻をじっと観察したのだ。
そして、妻の意識が戻り、緊張が解けた時、男は賢者に生まれ変わっていた。

異常なほど優秀だった精神科医、ミルトン・エリクソンは、面白いことに、2つの観察があった。
1つは、17歳の時、ポリオウイルスに感染し、目玉しか動かせなくなったので、起きている時間は、その目玉で、ひたすら観察したのだ。
もう1つは、もっと年齢が低い時、辞書を使ってやったことだ。
辞書を引く時、彼は、普通の調べ方をせず、辞書の最初のページから・・・つまり、aの項目から順番に、目的の単語が出てくるまで「観察」し続けたのだ。
この愚直な努力の結果、彼は無意識と親しくなり、後に、自分も他人も簡単に無意識状態に誘導することが出来るようになり、それは治療に絶大な効果を現した。

超人的な合気道家、塩田剛三は、7年もの間、金魚を観察したらしい。

小説の形で表したものには、中島敦の『名人伝』がある。
弓の名人を目指す男は、師に「見ることを学べ」と言われ、虱(しらみ)の死骸を毎日、ずっと見続けた。
すると、やがて、その虱が馬の大きさに見え、楽々、虱の心臓を射貫くことが出来た。

実を言えば、星を観察することが、とても良い。
星は法則を忠実に示す。
地上の小さな物体であれば、空気抵抗や接触する物との摩擦係数の違いなどで、いろいろな動きをするが、星ほど大きければ、法則通りに動くことを邪魔するものが、普通はないからだ。
天体望遠鏡で見る星にも、強い魅力があり、それに惹き込まれて観察すれば、精神が目覚めるだろう。
子供には、ゲーム機を与えるより、興味を持たせて天体望遠鏡を与える方が、はるかに良い。
対して、スマートフォンは決して与えてはならない。少しも集中して観察しなくなるからだ。

禅や仙道では、自分の呼吸を観察する流派がある。
それが楽しければ、仙人にだってなれる。
自分の耳鳴りを聴いていた人もいた。

観察の対象は無限にある。
魅力ある観察対象を見つけることだ。








熱刺激療法から腕振り運動へ

先月(2021年12月)30日から始めた、井本邦昭氏(井本整体主宰。医学博士)の蒸しタオルによる熱刺激療法は、1日も休まず、ほぼ一か月続け、私の難病の皮膚病である乾癬(かんせん)を劇的に改善した。
完治には至らず、様々な理由で完治はあり得ないかもしれないが、とにかく日常に支障はなく、外見も普通になってきた。
しかし、乾癬やアトピー性皮膚炎というのは、患者にとって非常に辛いものでありながら、医療は手も足も出ないのだから、ほとんど無料で自宅で出来、少なくとも、私の場合は即効性があり、苦しみから救われる、こんな方法があることは、もっと知られるべきと思う。
原理的に考えて、皮膚病だけでなく、おそらくは、あらゆる病気や怪我などに効果があると思う。

私がコロナワクチンも、インフルエンザワクチンも打たないのは、自分の病気を通じて、医療の無能や心がないことを思い知り、医療への信頼を持っていないこともあるが、それは今回はあまり触れないでおこう。

ところで、私は、この熱刺激療法について書かれた、井本邦明氏の『すごい熱刺激』をいい加減に読んでやったため、実は、かなり大間違いをしていたのである。
今のところ分かっている私の間違いを修正したのは、何と、この1~2日だ。
しかし、かなり大きな間違いに関わらず、これほどの効果があるのだから、恐ろしいものである。
私の1つの大きな間違いは、1回の治療回数だ。
本を読むと、治療する身体の部位は、一度には一カ所、多くても三カ所と書かれているが、私の場合、乾癬が全身に及んで辛かったということもあるが、一度に10数~30カ所に行った。
多くの箇所に一度に行うと、効果が相殺されると本に書かれている。
それと同時に、一カ所に行うと、身体の他の部分にも効果があるので、それほど多くの箇所に行う必要がないということもある。
例えば、私はお尻には一度も熱刺激を行わなかったが、お尻の肌が、まるで赤ん坊のお尻にように、スベスベになり、触ると気持ち良い(笑)。
お尻に一番近い箇所で熱刺激を行ったのは腰(仙骨)で、お尻だけでなく、やはり、熱刺激を行っていない太腿などもスベスベだ。
女性は、是非、腰に熱刺激をやると良いだろう(笑)。

熱刺激で大切なことは、温度である。
厚めのタオルを1/6に折る(長い方を三等分に折り、それを半分に折る)。
小さめが良く、手のひらサイズで良いのである。
そのタオルを濡らし、軽めに絞る。
そして、電子レンジで加熱するが、最初、タオルが冷たい状態では、600Wで1分半から2分が良いだろう。
私は、最初は2分にしている。
加熱後、触ったら「熱い」と思うくらいで良いのである。
「これは熱過ぎる」と思ったら、少し待てば良い。
もちろん、やけどをするほど熱いのは駄目だが、かなり熱いのを使う。
タオルを、身体の目的の部位に当ててみて、「熱過ぎる」と思ったら放せば良いだけだ。
私は、何度も、当てて、放してを繰り返した後、しっかり当てるということをよくやる。
ただ、同じくらいの温度でも、身体の場所によって、熱くて耐えられない箇所と、気持ち良いと感じる箇所がある。

考えると、熱刺激療法は、人にやってもらおうという人には、あまり向かないかもしれない。
自分はベッドに横たわり、誰かに蒸しタオルを当ててもらって、「ああ!気持ちいい!」といった感じでやりたい人は駄目と思う。
なぜなら、上で述べた通り、出来るだけ熱い温度が必要で、そっと当ててみて、熱過ぎると感じたらすぐ放すようなことは、自分でやらないと、微妙な最適さを逃すからだ。
もちろん、自分でやれない人もいるだろうから、若干効果は落ちても、人にやってもらうと良いが、自分の健康のことなのに、自分で出来るのに人にやってもらおうなんて人は、あまりうまくいかないような気がする。

私は、本日から、一度に3カ所までを守って行おうと思う。
面白いことに、左手の甲はきれいになったのに、右手の甲がボロボロなのである。しかし、手首を熱してみたら良くなってきた。
私の感想では、首や肩や胸や手首といった、太い動脈がある箇所や、その付近を熱すると、特に効果がある。
手首は、脈を取るのに向いており、良い話ではないが、自殺をする時に切るほど、大きな動脈が通っている。

さて、熱刺激療法とは別に、一昨日から、腕振り運動を本格的にやり始めた。
一昨日が3600回、昨日が4700回だ。
関英男博士は、腕振り運動の回数について、健康維持のためなら500回で良いが、病気を治すためには2000回と言われたそうで、自身は、毎朝2000回行っていた。
私が初めて腕振り運動を知った、早島正雄氏の『洗心術入門』にも、「初めは2、3百回から始め、1000回から2000回」と書かれている。
私は、根気のない方に配慮し「少なくとも100回」といった書き方をよくしたが、これに関しては謝りたい。
やはり、1日千回くらいはやらないと、目立った効果はないと思う。
また、今日始めて明日成果が出るようなものでもない。
関英男博士の『宇宙学序章グラビトニックス』には、肺癌を消滅させた人は、「朝2000回、夜2000回を5か月」とある。もちろん、毎日であろう。
これはいつも言うが、よほどのことがない限り、1年365日、1日も欠かしてはならない。
私が知っている、かなり凄い力を持ち、仙人と言えるかもしれないような人に、「どうすれば、そんなふうになれるのか?」と尋ねたら、「これをやればなれるというものはないし、なれるかどうかは分からないが、腕振り運動を毎日8000回」ということだった。
私も、出来るだけそれに近付けるよう心がけ、毎日報告するので、誰か試していただきたい。








コスパなど無視して成功した人達

成功した人の若い時の話は、とても興味深い。
そんな話は、伝記作家が書いたものにも良さがあるが、やっぱり自伝(自叙伝)が良いと思う。
というのは、客観的事実よりも、本人がどう感じ、何を考えたのかを、本人が語ったこととして知りたいからだ。
もちろん、本人が書いたと言っても、記憶違いや脚色、さらには、嘘というか、出版社による改ざんみたいなものもあるかもしれないが、それは問題ない。そんな表向きなことではなく、魂で感じるような深い部分に興味があるからだ。
また、本全体が自伝である必要はなく、彼らが書いた何かの本の中に、若い時の重要なエピソードが入っていれば、それで十分だ。
例えば、スティーブ・ジョブズであれば、有名なスタンフォード大学での卒業式での講演の中で語られたもので十分なのである。
つまり、若い時の「回想」で良いのだ。

私が好きな自叙伝や若い時の回想録としては、アンデルセン、工学博士の関英男さん、アップル共同創業者のスティーブ・ジョブズ、それに、歌手で声優の水樹奈々さんのものがある。
それで別に、これらの人達の成功の秘訣を解明しようとは思わなかったが、明白な共通点があると思った。
それは、これらの人達が、「魂の声」を聞く人達であったということだ。
彼らだって、若い頃は、特に卓越しておらず、普通だったのだ。
しかし、彼らは、他の人々と違い、権威や世間の声ではなく、魂の声に従ったのだ。
彼らが、どんな魂の声を聞いたのかは分からない。そんなことは、まず書かれてはいない。
しかし、彼らが魂の声に従ったのだということは分かるのである。
なぜなら、大切な時に、彼らは、理屈に合った行動、まして、コスパの高い行動なんかせず、ある意味、不可解な行動をしているからだ。
そして、重要なことは、彼らはなぜ、魂の声を聞くことが出来たかだ。
それに関して、上に挙げた、どの人のものを読んでも、あまりにも面白いが、説明は難しいと思う。
そこで、簡単なことだけ述べてみよう。
スティーブ・ジョブズのことだ。
彼は、生まれてすぐ里親に出された。
スティーブを産んだ母親は、経済的にスティーブを育てることが出来ず、里親に預けることにした。
しかし、里親の申し出をしてきた夫婦が気に入らず、息子を渡したくはなかった。
というのは、この夫婦は両方共、大学を出ておらず、父親にいたっては高校も出ていなかったからだ。
しかし、他に里親の申し出がなく、スティーブを大学に行かせることを条件に、仕方なく、スティーブの母親は、この夫婦に息子を渡した。
やがて、スティーブ・ジョブズは名門リード大学に入ったが、彼は、それが間違いだったと気付く。
その理由を、ジョブズは、スタンフォード大学の卒業式の講演でも言ったが、それは「学費がスタンフォード大学並に高かった」からだった(会場、爆笑)。
アメリカの私立大学の学費はバカ高い。今なら、リード大学の学費は年間600万円以上と思うし、ジョブズは寮に入っていたので、合わせると、今なら年間で800万円はかかるのではないかと思う。
ジョブズの里親はただの労働者で、このまま彼が大学に行けば、彼の里親が一生をかけて作った貯えが、彼の学費で消えてしまうのである。
ジョブズは大学を辞め、当然、寮の部屋も失ったが、友達の寮の部屋に転がり込み、違法だが、リード大学の興味のある講義に出ていた。
ジョブズは、大学で(違法に)学んだことが、後に、アップルでマッキントッシュパソコンを開発した時に役立ったと言いつつ、その時(違法受講していた時)は、それが何の役に立つのか、全く分からなかったはずだ。
ジョブズは、「今やっていることが、将来、何かにつながると信じるしかないのだ」と言う。
だが、ジョブズは、重要なことを敢えて言わなかったのかもしれない。
ジョブズは、魂の声に従って大学をやめ、ある特定の講義(カリグラフィーだが)を、違法にでも受けたのだ。
だから、それは、未来の点につながったのだ。

上に挙げた人達もまた、魂の声に従って行動したから、その時の点が未来の点につながったのだ。
だが、権威、世間の声、テレビ、コスパに従って動く者は、未来の点につながる今の点を掴めないかもしれない。
上の人達は、皆、意図的ではないかもしれないが、反権威、脱世間で、テレビをあまり見ず、コスパにこだわらなかった。
「コスパ、悪くね?」と言われても、魂の声に従った方が良いのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード