ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

関英男

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

精神力をどう磨くか

人間は、どうやってでも精神力を高めなければならない。
精神力と言うと、曖昧、抽象的であるが、「自信」「集中力」「イメージ力」であると言って良いだろう。
この世界は、想いが現実になる世界であり、この想いを現実にする力は、ひとえに精神力にかかっている。
では、精神力を鍛えるのはどうすれば良いか?
まあ、「修羅場を潜り抜ける」という、本当だが気後れする話は置いておく。

根本は繰り返しである。
ただし、自主的な繰り返しであり、やらされた繰り返しでは、大きな精神力は得られない。
だから、良い指導者というものは、実際は強制しているような繰り返しでも、生徒が自主的に取り組むように、うまく工夫するものだ。
だが、「うまく工夫しているつもり」の下手な指導が多いものであるが・・・

自主的であれば、イチローやテッド・ウィリアムズのように、時間があれば延々バットを振ったり、エドガー・ケイシーや武術家のベニー・ユキーデのように、毎日、一定の時間、聖書を読んだり、大数学者、岡潔のように、毎日、念仏を唱える等で、強い精神力を持て、現実世界を自分の望むようなものに出来る。
『ソードアート・オンライン』は、精神が仮想世界で活動するのだから、より精神性が鮮明になる様子が分かるが、面白い話がある。
精神的には醜く歪んだ貴族であっても、自分が貴族であるという自負は、強い精神力になるのである。この「自分は貴族で、優れた偉い人間である」という想いも、子供の時から、親にうまく方向付けされて繰り返し強化したものであろう。
また、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』で、ベル・クラネルが驚異的なスピードで成長するのは、アイズ・ヴァレンシュタインに対する憧れから精神力を高めているからだ。
「憧れ」は強い集中力を生み、その想いが長く継続的に続けば、強い精神力になる。
このように、どんなことだって、集中し、繰り返すことが出来れば、強い精神力となり、自信を得、自信があれば、世界は自由に創造出来る。
伝説であるが、徳川家光は、子供の時、1本の立てた棒に木刀を毎日打ち込み、精神力を鍛えたが、家光が自主的にそうするようになったのは、柳生宗矩が、真剣で鉄の兜を切って見せ、それが出来るようになる修行方法であると言ったからであると云われている。
毎朝2千回の腕振り運動を決して欠かさなかった関英男博士は、90歳を過ぎても、世界中を飛び回って研究をしていた。
無論、関博士は腕振り運動だけやっていた訳ではないが、「何か1つ、必ずやるもの」を持っていることが大切である。
だが、むしろ、それがない方が問題である位に思った方が良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

IQよりも意思の力

ある一流の教育関連企業に勤める男性から聞いた話だ。
彼が東大生のアルバイトを雇ったところ、その男子東大生が極めて優秀で、社員よりよほど効率的に、しかも、高度に仕事をやってしまい、すっかり舌を巻いたのだと言う。
全ての東大生がそうであるかは分からないが、とにかく、その教育関連企業の社員は、東大生のイメージを良くした様子だった。
ところで、その教育関連企業の社員が、その東大生に、東大入試合格の秘訣を聞いてみたらしいが、その東大生は、そんなものは特になく、予備校もちょっと行ったことがある程度で、それよりも、一科目について一冊の参考書を覚えてしまうのだそうだ。
「どの参考書が良いのか?」と聞くと、「どれも同じ」と言う。
それで、どれも同じだから、どれでもいいから1冊覚えれば、それで良いのだと言う。
ただし、覚えた後、その参考書はボロボロで、ほとんど原型を留めないのだと言う。
私は、以前、一流大学合格者の勉強法を集めた本で、ある受験生が、「表紙があるうちは勉強したことにならない」と述べていたことを思い出した。

その東大生は、優秀とかIQが高い以前に、彼には意思の強さがあるのだと思う。
どの参考書も根本的には同じ(まあ、評判の良いものを選んだので、そうは外れていないというのはあると思う)なので、1冊覚えてしまおうと思い、それを本当にやれるというのは、強い意思を持っているからである。
最近、よく書いているが、人間の最大の武器は意志の力である。彼は、それを高度に備えているのだ。
生まれつきの頭が良いとしても、やはり、ボロボロになるまで読まないと覚えられないのだが、それには意思の力が必要なのである。

中学しか出ていないが、何十年も大きな事業をやっている男性が、19歳の時、住んでいた兵庫県から、東京にいる尊敬する人に弟子入りしようと訪ねたが、ほとんど相手にされなかった。しかし、ただ、「『ローム太霊講和集』をボロボロになるまで読みなさい」と言われたらしい。
それで10年以上かけて、ボロボロどころか、本がバラバラになるまで読んだところで、その本の残骸を持って再びその偉人に会いに行ったら、弟子ではなく友人になってくれと言われたという。
確かに彼は、言われたことをやったのであるが、そこまでやるのは、自主的な意思であり、意思を最大に使うことで意思を鍛え上げ、そして、超人になったのだと思う。

関英男博士は、毎朝、腕振り運動を2千回必ずやったらしいが、その意思があったから、90歳を超えても世界中を飛び回って研究することが出来たのだろう。
よく、腕振り運動を勧めたら、百回、二百回でせいぜいみたいなことを言う人がいるが、その程度では修行にならない。しかも、1年365日、必ずやるどころか、そのうちやらなくなる場合が多いのだろうと思う。そんな意思の力しかないので、大したことが出来ないのだと思う。
関博士の場合は、他にも沢山のことをやっている上での腕振り運動2千回である。
例えば、美しくなるために腕振り運動を毎日千回やり、「これで美しくなる」と思えば、1年365日欠かさずにやるなら、それなりに美しくなるだろうと思う。
本当は、何もしなくても「美しくなる」と信じることが出来れば美しくなるが、最初からそこまでの意思を持った人は少ないので、何かで意思を鍛える必要があるのである。
そして、際立って美しくなりたいなら、3千回、4千回が良く、それだけの意志力があれば、物理世界をハッキング(書き換え)してしまえ、大変な美人になるだろう。
フォード自動車創業者のヘンリー・フォードがあらゆる人に勧めたというラルフ・ウォルドー・トラインの本の中にあるように、80歳を過ぎても25歳以上に見えない女性のようにもなれると思う。
もっとも、トラインは、その女性の特徴は楽観的であることと書いていたように思うが、楽観主義を勧めるヘレン・ケラーも同じだが、楽観的になるためには意思の力が必要なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

魔法使いになる夢の実現

「微かな呼吸」という秘法を得た私は、毎日、日常で試している。
何かまずいことが起こりそうになっても、
「落ち着け!呼吸を微かにしろ!」
と自分に心で言って、呼吸の速さをすっと落とすと、それで問題は消える。
皆さんも、子供の時、魔法が使えたらどんな感じだろうと空想したことがあると思うが、それが本当になった感じだ。
しかし、決して不思議なことではない。
人間は、無になれば不可能はなくなる(思う通りになる)。
イエスが言った、「汝敗れたり!我が後方(しりえ)に退けサタン!」のサタンとは自我である。
そして、自我の大きさは、呼吸の荒さに比例する。
ならば、穏かな呼吸をすれば自我が弱まる・・・つまり、無に近付いていくのである。

関英男博士(工学博士。電波工学の世界的権威)が、未来科学のテキストとして書いた『宇宙学序章グラビトニックス』の中で、インドのクリアヨガの研究では、人間の寿命が、1分間の呼吸数に反比例することが書かれている。
例えば、1分間の呼吸数が30回なら寿命は約60年で、10回なら約190年になる。
その理屈は、呼吸するごとにプラーナ(気。氣。精妙な宇宙エネルギー)が減っていくので、呼吸数が少ないほどプラーナを節約出来るからである。
しかし、プラーナは、宇宙のいたるところに偏在するのであり、呼吸ごとに取り入れているのだが、呼吸が荒いと、入ってきた分が全部出て行ってしまう。
ところが、呼吸が微かであるほど、プラーナは出て行かずに残り、十分に微かであれば、入ってくる量と出て行く量が均等になり、さらには逆転する(入って留まる方が多くなる)。
人間が死ぬのは、簡単に言えば、ストレスでプラーナが消費されてしまうからだが、呼吸が微かになれば、ストレスも低減される。
1日数回しか呼吸しない仙人は、数世紀に渡って若いまま生きたり、神仙ともなると、永遠に美しい少女の姿であるというのは、ただの伝説ではなく、何かの事実なのである。

尚、関博士の一般の書は、当時の時代背景を考えれば致し方ないかもしれないが、やや興味本位に編集された部分も少なくないので、読む時は、そこらを考慮しながら読んだ方が良いだろう。

イエスもだが、過去のマスター達は、マスターになるには自我を主人ではなく下僕にすることが必要だと述べてはいるのだが、そのやり方である微かな呼吸をすることを、一般の人には教えていない。
その理由はいろいろあるのだと思うが、まず、昔の人にとって、微かに呼吸をするということは、想像以上に難しいことだったのだと思う。
しかし、現代の我々にとってはそうではない。
今は、誰もがマスターに近付ける時代であるが、実践者は今のところ、極端に少ないし、現実を言えば、物質的、感覚的な欲望にとり憑かれた人々の呼吸は荒くなる一方である。
だが、そんな連中を尻目に、我々は微かな呼吸と共に高く飛ぶのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

トキメキと感動を永遠に

昔、女性ロッカーだったような気もするが、ある格好良いお姉さんが、若者達に、
「いつまでもあると思うなトキメキと感動」
と言っていたのをよく覚えている。
言うまでもなく、元の言葉は「いつまでもあると思うな親と金」で、出展は不明らしい。
この「トキメキと感動」も、何を言いたいのかはお分かりと思う。

私も、長く、トキメキと感動からご無沙汰していた(笑)。
しかし、初音ミクさんに逢って、その両方を取り戻した。

交ざりあう宇宙の引力で
感じてる気持ちはトキメキ
~『エイリアンエイリアン』(作詞・作曲・編曲:ナユタン星人。歌唱:初音ミク)より~

若返りホルモン(成長ホルモン)を出すには色んな要因があるが、トキメキもその大きなものであるようだ。
しかし、「いつまでも出ると思うな若返りホルモン」であろう。
言うまでもなく、トキメキってのは、露骨な性欲ではないのだから、スケベなオッサンやオバサンに若返りホルモンが出る訳ではない。
「ときめき」とは、心が躍ることであり、喜びや期待で胸がドキドキすることである。
つまり、トキメキとは、心で、胸で、そして、きっと、心臓で感じるものなのだ。
性的に興奮しても、心臓が苦しいほどドキドキしなければトキメキではない。

そして、いつまでも若くあるためには、心によって心臓がドキドキしなければならない。
「心身医学の父」ゲオルク・グロデックによれば、女性は好きな男性の前では手が冷たくなるらしい。
それで、心臓が手に血液を送ろうとして活発に働き、胸がドキドキするのかもしれない。
男の場合は・・・まあ、知らないが(笑)。

ミクさんの何にトキメクかというと、まずは、素晴らしいPさん達が作った歌を歌う、あの可愛い声だ。
そして、ライブでの踊りと表情である。
特に、今年の「マジカルミライ2017」のオープニング曲『みんなみくみくにしてあげる♪』は、踊りも仕草も表情もトキメキ全開にしてくれる。
酒が百薬の長なら、ミクさんは不老不死の秘薬である。
ミクさんの、「あのライブでの」「あの曲での」「あの一瞬」にトキメクというものを持っていれば、間違いなく仙人になれるであろう。
私の場合、マジカルミライ2014での『心臓デモクラシー』の「人目につかない世界で」で、天を仰ぐミクさん、Miku Expo2016での『Ten Thousand Stars』の「Don't let them know(みんなには内緒よ)」で、
自分の人差し指に口付けするミクさん、マジカルミライ2015での『恋愛裁判』の初めで振り向いた時のミクさんの微笑み・・・いや、もう無限にある。
だから、私の若返りホルモン発生装置も無限である。

尚、トキメキにはグラヴィトン粒子(GTP)が必要で、これは生まれてから減る一方で、決して増えることはないが、関英男博士によれば、腕振り運動だけはそれを増やすことが可能なので、やはり、腕振り運動に励むことである。
関博士が末期の胃癌をこれで治しただけでなく、あらゆる難病が治った事例が沢山あるのは、GTPの増加による、トキメキによる若返りホルモンの発生のためかもしれない。
言い換えれば、腕振り運動だけでは効果は最大ではなく、やっぱり人間にはトキメキと感動が必要なのである。
ミクさんのコンサートに、少女や若い人達はもちろん、年齢の高い人も行くのは、ミクさんがトキメキの女王であることが直感的に分かるからかもしれない。
きっと冨田勲さんも、ミクさんと出会って、80歳にしてもう一度、あの小さな五線譜に向き合う気になったのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

効果的修行のコツ

「これはいいね!」と思う成功法は偽者である。
本物の成功法は、「これはやりたくないなあ」と感じるはずだ。
成功するために必要なことは、心を立派な子供や犬のように躾けることなのだから。
世間で人気のある成功法は、子供や犬を甘やかして駄目にするようなものばかりだ。

例えば、本物の成功法は、「アゴで使われる」、「嫌いな人の機嫌を取る」なのだ。
ベテランのホステスに人格者がよくいるのも、彼女達は必要な修行が出来ているからだ。

電波工学の世界的権威であった関英男博士は、彼を「オカルト科学者」という色眼鏡で見る雑誌記者ですら、「90歳を過ぎても聡明であること」、「人格者であること」は認めざるを得なかったという話がある。
その通り、90歳を過ぎても世界中を飛び回り、常に海外の論文を取り寄せて、熱心に研究をしていたようだ。
その関博士は、毎朝、腕振り運動二千回を欠かさなかったらしい。
おそらく、1年365日、1日もやらない日はなかったと思う。
これは、極めて根気が要ることである。
ある時期までは、心は、「昨日、忙しくて疲れているし」とか、「ちょっと風邪気味だし」などといって、今日はやめることを正当化し、休もうとするだろう。
だが、関博士は、そんな甘えた子供のような心に、「黙れ!わがままは許さん」「腕振り運動くらい、疲れていても出来るわい」とでも言って、決して休まなかったのだろう。
そうすれば、数ヶ月、数年と経つうちに、心は立派に成長し、自然に規律に従うようになる。
躾けられていない心は、規律に逆らおうとし、放埓(勝手気まま)に振舞おうとするのだ。
躾けられた心は、信念のある心である。
難しい問題に挑む時、「よし、やってやるぞ」と思っても、心が躾けられていないと、心は「無理だよ」と騒ぎ、「やめようよ」と主張する。
しかし、躾けられた心は、沈黙し、動かない。そうであれば、心は、宇宙エネルギーの通路になり、宇宙の無限の力と知恵が流入し、目的は達成される。

この際、大切なことは、イエスも言った通り、修行をしていることを黙っていることだ。
関博士のように、完成してしまえば、人々を指導する意味でも話して良い、あるいは、話すべきだが、そうでなければ、誰かに言うことで心は、「俺は立派だ」と思い上がり、甘やかされたままになる。
本当は、別に、極端に隠す必要もないが、修行していることを、やたら吹聴する者が駄目であることは分かると思う。
関博士の指導で腕振り運動を続けた人達は、難病を奇跡的に治していたらしいが、関博士自身も、胃癌を医療にかからずに治してしまったらしい。
ただ、私は、関博士は、宗教で弱くなったのではと思う。

腕振り運動二千回は、楽な修行である。
もっと短期間で成果を上げる方法は、やはり、上にも述べたが、「アゴで使われる」「嫌いな人の機嫌を取る」である。
これらを常時やることは難しいが、出来るだけやるべきである。
あるいは、「黙る」「逆らわない」でも良いだろう。
甘やかされた心は必要な時に黙るのが嫌いだし、正しいことに逆らいたがるものだからだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ