ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

関英男

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

イエスの今今メソッドは「待つわ」

誰だって、幸運でありたいし、楽しい気分でいたいし、生命力に満ち健康で元気でいたい。
ところが、そのための本当に良い方法を、親も学校もテレビも教えてくれないので、誰も知らない。
その、誰も教えてくれない唯一の方法は、「今、この瞬間に生きる」ことだけである。
「今、この瞬間に生きる」と、全てが得られる。
なぜなら、元々、全てを持っているのだが、それは「今、この瞬間」にあり、過去や未来にはないからだ。
このあたりの理屈を探ると、不毛な堂々巡りになるが、そんなことは、全てを得れば簡単に分かることだ。
泳ぎもしないうちに、泳ぐことを議論しても仕方がないのと同じだ。
泳ぎ方を知って泳いでみれば良いだけである。

「今、この瞬間に生きる」ことは、スピリチュアル界隈でも「今今メソッド」と呼ばれ、実践者も増えているのだと思うが、今一つ、分かり難いと思う人が多いのだと思う。
それなら、「今、今、・・・」と心の中で連呼すれば良いのだが、それもどこかピンと来ない。
実は、昔から、聖者達は、「今今メソッド」を教えるために苦心したのである。
イエスや釈迦は、うまく教えたのだが、直接教えた人以外にはなかなか伝わらず、後に文章にした人達は教えを誤解して、拙い文章になったのだと思う。

イエスは、「今今メソッド」を「待つ」こととして教えたという話があり、ちょっと面白い。
イエスは、「主人の帰りを待つしもべのようであれ」と言った。
良いしもべは、いつ主人が帰ってきてもいいように、きちんとして注意している。
だが、悪いしもべは、注意を怠り、つまらないことに心を引っ張られ、主人が帰ってきても気付かない。
主人の帰りをちゃんと待っているしもべは、今、この瞬間を意識している。つまり、「今今メソッド」をしているのだ。

待っている状態が、今を意識した今今メソッドであるのだが、もちろん、良いことを待つのである。
上のしもべの例でも、主人は、しもべがちゃんと待っていたことを知ると褒めてくれると言っているように、良い主人なのである。
今今メソッドとしての「待つ」は、悪いしらせを待っているようなことではない。
そこで、イエスは、待つ人を、花婿を待つ花嫁にたとえた。
10人の乙女がいて、夜中に、ランプを持って花婿を待っていたが、5人は十分な油を持っていなくて、途中でランプの灯が消えかけた。
そこで、油を買いにいったが、買いに行っている間に花婿が来て、捨てられてしまう。
花婿をちゃんと待ち続けた5人の乙女は花婿の屋敷に迎えられた。

賢い人には、釣り好きが多い。アインシュタインもそうだった。
魚を得ることが目的ではなく、浮きが引くのを待つことが好きなのだ。
それは、今を意識することであり、それで不思議な安心感が得られ、なぜか分からないが幸福になることを体験的に知っているのだ。

釣りと同じことを、UFOを見つけることでやることを勧めたのが、宇宙人とのコンタクティー(接触者)として有名な、「アダムスキー型UFO」に名を残す、ジョージ・アダムスキーだ。
アダムスキーは、UFOを見つけるコツは、なるべく空を見ることだと言う。
UFOが現れるのを待つことが、今今メソッドになるのである。
実際、UFOを見つけるには、見るしかない。
UFOは究極のステルス機で、レーダーにキャッチ出来ないことが多いし、そもそも、UFOは突然に「出現」することがよくある。
UFOは、人間が注意を向けることで「空間から湧いて出る」のである。
しかし、いつ現れるのかは分からない。
そこで、釣りのように、空を見上げて待ち続けるのである。

関英男博士は、若い頃、通信企業の研究所で、宇宙から来る電波をずっと観測していたらしい。
ただひたすら待ち続けたら、不思議な電波を観測し、それが宇宙人からの通信と思えた。
その時に、関博士の中で何かが起こり、関博士の人生が変わってしまった。
我々にも、何か良いものをひたすら待ち続けるという方法があるはずで、それを見つけてやれば良い。

あみんという女性2人組ユニットの楽曲『待つわ』(1982)をご存じの方は、高校生ですら、そこそこいるらしい。
歌の内容は、ある男性を好きな女性が、その男性がフラれて自分のところに来るのをひたすら待つという、歌の内容も、その歌い方も暗く、ある意味、怖い歌である。
これを、女子大生みたいだが、華やかさに欠け、ある意味「イモっぽい」、歌手としても素人っぽい2人が歌ったのである。
この曲が、あみんのデビュー曲なのだが、なんと、年間オリコンランキング1位で、120万枚を売り上げた、奇跡の楽曲である。
私は、この歌の女性は、待つことが決して苦痛でなく、いくらかは楽しかったのだと思う。
それで、今に生き続けた。
歌の良さと共に、そんなところも伝わったのかなと思う。








能力が高い=呼吸数が少ない

「能力が高い人、低い人」という言葉は、いろんな意味で使われるが、まあ、俗っぽい意味での「能力が高い人、低い人」と、「真に能力が高い人、低い人」というのは、それなりに一致する。
単に、世間で言う「能力が高い人、低い人」の意味が偏っている(狭い範囲を指している)のである。
今回は、能力が高い人間になる方法を示す。

私が高校生の時、印象深い男子生徒がいた。
言うまでもなく、学校の成績で人間の能力が決まるわけではないが、全く無関係というのでもなさそうである。
その男子生徒は、イケメンで身体つきも均整の取れたスポーツマンタイプで、いかにも「出来る」という第一印象を与えるタイプだった。
ところが、実際は、勉強も運動も全くダメダメだということに気付くのに、かなり時間が必要だった。どうしても出来る印象なのである。
成績だけでなく、日常の、あらゆることの問題解決能力も、私が知る範囲では、やはり、かなりアレだった(笑)。
「こいつ馬鹿なんだな」という理解が深まっていた頃、たまたま、彼の近くにしばらく座っていたことがあった。
その時、気付いたのである。
彼の呼吸の音が聴こえることに。
つまり、普通の人より呼吸が荒いのである。
呼吸が荒いということは、呼吸数が多く速いということだ。
私は、その時、直観的に理解し、その後、長く研究したり検証したりした結果、はっきりしたことは、「呼吸数が少ない者が、真に優秀」だということだ。
ある程度俗っぽい意味でも、高次元なレベルでも、人間の能力を示すのは「呼吸数」だけである。
人間の能力を超えたという意味での超能力者であれば、少なくとも、超能力を発現する状態では、呼吸数は、普通の人の数分の一であろう。

政木和三さんは、小学生の時、1分で1回の呼吸が出来るようになったら、習ったことももないピアノを弾けるようになり、知っているはずがないお経の意味が本当に分かったという。
つまり、呼吸数を落とすことで、とんでもなく能力が上がったのだ。
関英男博士も、根拠はなく、彼の直観や推測であろうが、進化した惑星の人類の呼吸数は少ないということを本に書いているが、それが間違いだとは思えない。
釈迦やイエスは、数分で1回(あるいは、それ以下)といった呼吸をしていたと思う。

つまり、能力を高くしたければ、呼吸数を減らす訓練をすれば良い。
もちろん、無理な、過激な訓練をすべきではないが、普段から、静かでゆったりとした呼吸を心掛け、徐々に呼吸数を減らしていけば良いのである。
最も能力が高い人間とは、どんな人間だろう?
それは、潜在意識の力をより多く使える人間だ。
世間ではそうは言わないが、それは間違いない。
そして、潜在意識の力を使えるということは、引き寄せ能力が高いということである。
言い換えれば、引き寄せがうまい人間が優れた人間であると言って、全く問題ない。
呼吸数を減らすコツは、やや多めに息を吸い、細く長く吐くことである。
訓練という意味では、心の中で「ナ」と言って息を吸い、「ダーーーーーム」で細く長く息を吐くと良い。
また、様々な加速学習の研究では、息を吸っていったん止めると、記憶力などの能力が向上することが分かっているという。
それも取り入れると良いかもしれない。

呼吸を少なくするだけで、潜在意識と通じ、引き寄せ能力が高くなると共に、一般的な意味での知力、運動能力も向上する。
こんな良いことを教えない学校に意味などあるのだろうかと思う。








腕振り運動で引き寄せが起こる理由

腕振り運動は、まず健康効果がよく知られている。
関英男博士が、毎朝2千回の腕振り運動を欠かさず、90歳を過ぎても世界中を飛び回って研究をしただけでなく、胃癌を腕振り運動で治したという。
また、関博士は、腕振り運動で癌や心臓病その他の難病を治した人達の記録を収集し、一部を『宇宙学序章グラビトニックス』(絶版)で公開している。
腕振り運動の、このような効果の理由については、気功家(あるいは仙道研究家や合気道家等)は「気」という、普通の人には不可思議なエネルギーを元に話すが、関博士は素粒子物理学で仮説を立てておられた。
あるいは、もっと一般的に、腕振り運動が肩甲骨周辺の筋肉をほぐして血行を良くする効果を取り上げる者もおり、この論は一般的にも分かり易い。
さらには、腕振り運動が、仙骨を調整する面があることも見逃せない。

ところで、腕振り運動が、上にも述べた通り、驚嘆するほどの健康効果をもたらすと共に、大きな引き寄せの力を発揮するのも事実と思う。
そして、注目すべきは、健康や引き寄せで驚くべき効果を現すことも多いと共に、全くということはないが、それほどの効果を現すことがなかったり、病気が治らないという例も現実的にはある。

私にとって明らかと思えるのは、腕振り運動は、正しくやれば、「中今」効果が得られることである。
「中今」とは、辞書的には、「時間の永遠の流れのうちに中心点として存在する今」と難しいのだが、簡単に言えば、「今この瞬間に生きる」ということだ。
特に現代人は、無駄な頭の使い方が習性となり、過去の記憶や未来の空想の中で生きている。
しかし、生命力を高め、潜在意識と一体化するためには、「今、この瞬間」に意識があることが必要なのだ。

中今を生きるために、密教などでは、歩いている時に「歩いている、歩いている」と、食べている時には「食べている、食べている」と心で唱える修行をすることがある。
これは、とても効果的であるが、要は、今やっていることに全力集中することが「中今」に生きることなのである。
だが、「歩く」「食べる」は、いつでも、どこでもやれるわけではない。
だが、腕振り運動なら、時間さえあれば、いつでもどこでもやれ、時間が許す限り続けられる。
そして、数を数えることで、より、腕振り運動に全力で集中出来、まさに「中今」に居られることから、腕振り運動を「動禅」と呼ぶこともある。
実際、私は、座る禅や、立禅を上回る効果があると思っている。
回数は、少なくとも一度に100回で、多ければ多いほど良く、関博士のように2000回が理想的で、さらに多くても良いのである。ただし、多過ぎて続けられなければ何にもならない。1年365日やってこそのものである。

人間は、「中今」に居さえすれば、願わずとも幸運に恵まれ、必要が満たされ、心の願いが叶えられる。
むしろ、「お金を引き寄せよう」などと思わず、ただ中今に居れば、お金も引き寄せられるものであると思う。
これが、腕振り運動で、あらゆる恵みが得られる理由と思う。
腕振り運動をしている時は、腕振り運動に集中することが大切で、よそ事を考えながらやっては、健康効果はあると思うが、引き寄せは起こらない。

腕振り運動のやり方は、足を平行に(内股でも外股でもなく)肩幅くらいに開いて姿勢良く立ち、伸ばした両腕を同時に後ろに振り、力を抜いて惰性で前に振る。
これを繰り返すだけである。
書籍や動画では、やや個性的な腕振り運動のやり方を示す困った人が多いが、私が最近ずっとやっているのは、電子書籍『超訳甩手功(スワイショウ、うで振り) (小林文庫)』の通りである。
「甩手」は「せいしゅ」と読むが、中国語では「スワイショウ」で、これが腕振り運動のことである。
他にも、ベストセラーの『気功革命』が参考になると思う。この本に書かれた、前に振る方法(本の中で「甩手1」と書かれている)も良い方法であると思う。








ぶらさがれば良い

私は、1番かどうかは知らないが、引き寄せの達人と言えば、間違いなく、UFO研究家として一世を風靡した矢追純一さんだと思う。
まあ、本人は引き寄せなんて言葉を使わないし、もしかしたら、引き寄せという概念に興味がないかもしれないが、言ってみれば、引き寄せだけで自由に生きてきた人だと思う。
尊敬というのもおかしいが、私が無条件で崇拝する人物がいるとしたら、この矢追さんである。
矢追さんは、高校に入学した頃、母親が亡くなった(父親は10歳くらいの時に亡くなっている)のだが、2人いた妹を自分で養ったらしい。
それで、高校には全く通わず、1日中働いていたが、別に辛くもなかったらしく、深夜に仕事が終わったら毎日飲みに行っていたと言う(改めて言っておくが高校生だ)。
全く勉強もせず、名門、中央大学法学部に現役で入学したが、受験の際は、合格と決めつけ、受験後は旅行に行き、帰って来た時に合格通知を見たと言う。
大学も4年できちんと卒業し、自分は何もしなかったが、おかしな流れで日本テレビに入社し、UFO特番やユリ・ゲラーの超能力番組等をヒットさせる名ディレクターになり、有名になった。

随分優秀な人だと思うかもしれないが、矢追さんは「僕は頭が悪いので、考えることを放棄した」と言う。
ただし、それ(頭が悪い)は誰に関しても言えることらしい。
だから、自分の頭に頼って頑張ったって駄目なんだと。
矢追さんは何かのインタビューで、「人間はパソコンみたいなものだが、大した性能のパソコンじゃない。だから、自分で計算するのをやめて、大きな流れに乗って、流れにまかせてしまえば上手くいく」といったようなことを語られていた。
矢追さんは、神様という言い方が好きでないようだが、やはり、私が崇敬する関英男博士(この人は、人が良過ぎて騙されやすかったのだと思う。それでかなり怪しいことも言ったのだと思う)は、「神様はスーパーコンピューターみたいなもので、我々は性能の低い端末だから、神様につながってさえいれば良い」、つまり、神様にまかせてしまえば良いといったことを言われていたと思う。
2400年前の中国の賢者、荘子の教えは「万物と共に流れよ」だった。

『燃えよドラゴン』での、ブルース・リーの有名な言葉「考えるな、感じろ」は、実際は、考えなければ自然に感じるのである。
それを言わないから、多くの人が「どうやれば感じることが出来るのだろう?」と「考えて」しまって駄目だったのだ。
いかなる賢者の論も、集約すれば「考えるな」になる。
伝説によれば、玄奘三蔵は、中国からチベット経由でインドに行くという、登山のプロでも難しいルートでインドに行き、帰ってきたが、出発の際、観世音菩薩に、般若心経の呪文を教わり、観世音菩薩の指示通り、それをずっと唱えていたらしい。
そんなもん唱えていたら、考えることなんて出来るはずがない。
それで、三蔵は、山賊も、獣も、雪も嵐も、その他あらゆる困難を乗り越えたのであるかもしれない。
岡田虎二郎が、「念仏をするなら、生活しながら念仏するのでは不十分で、念仏しながら生活するようでないといけない。静坐をするなら、生活しながら静坐するようでは不十分で、静坐しながら(実際は、腹に力を込めながら)生活するようでないといけない」と言った真意も「考えるな」ということと思う。
中村天風が「一瞬も怠らず、肛門を引き締めよ」と言ったのも全く同じだ。しかし、もちっと実現可能なことを教えろよとは言いたい(笑)。
とにかく、考えることをやめる方法を何か持てば良いのである。
矢追さんのように「僕は頭が悪いから」という理由付けをするのも手であると思うし、案外、一番簡単かもしれない(実際は、矢追さんはかなり頭が良い方だろう)。
仮に、自分のIQが200だとしても、宇宙のメインコンピューターの方はIQが(たとえばだが)1兆とか1京とかで、比較にもならないので、ただ、ぶら下がっていれば良いのである。








神がかった状態には意図的になれる

関英男博士は、腕振り運動で難病が治る仕組みを、次のように考えていたのだと思う。
正確に言うと複雑なので、簡単に言う。
両手を振ることで、両手のひらに、GTP(重力子)という粒子が発生し、それが体内に蓄積する。
GTPは生命力の源であり、生まれた時の量が最大で、後は減っていくだけであるが、腕振り運動により、これを増やすことが出来る。
GTPが増えれば、生命力が高まり若返る。
ただし、腕振り運動で発生させることが出来るGTPはわずかなので、必要なだけのGTPを得るには、腕振り運動をかなり多く行う必要がある。

私は、それも1つの考え方であると思うが、必ずしもそう考える必要はないと思う。
つまり、GTPのような、何らかの宇宙エネルギーは、どこにでも無限にあるのであり、方法さえ分かれば、一瞬で多量に取り入れることが出来る。
MITや電子技術総合研究所(後に産業技術総合研究所に統合)で研究をしていた猪俣修二氏が、そんな不可思議なエネルギーを「影のエネルギー」と呼んで研究していたが、その後、どうなったのか分からない。
まあ、そんなものが実用化されたら、利権団体が困るので、表に出て来ることはないと思う。
よって、以下、フィクションとして見ていく。

2003年のコゲどんぼ(現こげどんぼ)さんの漫画『かみちゃまかりん』に印象的な場面がある。
勉強もスポーツも駄目駄目な小学6年生の少女、花鈴(かりん)が、一瞬で神がかった状態になる。
すると、走ると、凄く速くて、しかも疲れない。
黙って立っているだけで、誰もが見とれるほどの魅力を発する。
テストは100点、ピアノも見事に弾け、パワー、自信、知恵がみなぎる。
そして、極めつけは、「大嵐がこないかな」と思ったら、晴れていた空にたちまち黒雲が満ち、雷が落ち、大雨が降り出す。
それを見て、私はピンときた。
私も、小学6年生の時、ある日の6時限目直前に、それまで晴れ渡っていたのに雨を降らせたことがある。
雨が降ったら、嫌なことをせずに帰れたからだ。
世の中には、空の雲を消せる人がいるらしい。まあ、実際にいたとしても、そう見えるよう誤魔化しているだけということにされるのだろうが・・・
安藤一男氏の『「無意識」の魔力』に、やはり、天気を変えたり、透視をすることについて書かれているが、信じない人にはあり得ないことなので、ほとんど、そんなことはないということになる。

天気を変えるほどでなくても、やたらツイているという経験を覚えている人は多いと思う。
コゲどんぼさんは、『ぴたテン』の中でも、天使のパワーを浴びた子供が、突然スーパーパフォーマンスを発揮する場面を描いているが、おそらく、自身に、そんな経験があるのだろう。
たとえば、私の経験で言えば、バスケットボールをしていた時、ボールをどう投げても全部バスケットに入ってしまうということがあった。
ドストエフスキーの『賭博者』では、初めてルーレット賭博をやった老婆が、ゼロに賭け続けて大勝ちした時が、そんな状態だったのだろう。
まあ、ビギナーズラック(初心者が大勝ちしてしまうこと)なんてのは、多くの場合、宇宙エネルギーによる奇跡現象なのである。

もし、意図的に、そんな神がかった状態になれれば不可能はなくなる。
だが、やり方は分かっていて、ヱヴァンゲリヲンのように、力を集めるとか、力を引き出すのではなく、力を抑えているものを外せば良いだけである。
人間においては、だいたいが、左脳が力を抑えているので、右脳に支配権を渡せば良い。
もちろん、程度の低い人間が、そんなことを簡単に出来るということはない。
しかし、それなら、程度が低くなくなれば良いのである。
クリシュナやイエスのように、あるいは、スサノウやオオクニヌシやホオリのようであれば良い。












プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード