ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

鎌田東二

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

古事記を読むことはメリットだらけ

男性の場合を想定したのだと思うが、兵士が戦場で死ぬ時、意識があったら、必ず「お母さん」とか「ママ」とか言うらしい。
まあ、嘘である(笑)。
ただ、そんな話がまことしやかに言われる理由もある。
人間の自我の土台部分には、母親の性質がかなり組み込まれていて、母親の印象は決して忘れないものであることは確かだろう。
母親に育てられず、自我の土台に母親の色がないと、自我が不安定で苦しいものらしい。
それで、母親を知らない人は、いくつになっても、母親を探したい気持ちが強いことが多いのである。
ただし、本当の母親でなくても、とにかく、自我の土台に母親のパターンが入っていれば、それで良いらしい。
とはいえ、自分の母親が本当の母親ではないと知ると、自分の自我を偽物っぽく感じて、本当の母親を探したいと思う場合も多いようだ。

心理学者の岸田秀さんの本に、本当か嘘かは分からないが、面白いことが書かれていた。
三島由紀夫って人は、生まれてから母親から離されて育ち(お婆さんか誰かが育てた)、自我の土台に母親が組み込まれていないのだが、岸田さんが言うには、母親に育てられないと、自我自体がちゃんと構築されず、不完全になるのだそうだ。
そこで、三島はどうしたかというと、ある程度成長してから、独力で自我を構築し、結果、作り物の人工的で変な自我が出来たらしい(確かに三島は変人だ 笑)。
それでどうなったかというと、三島自体は優秀な部分も当然あるのだが、自衛隊員達に「君たちは武士だろう」と(本気で)言うなど、いかにも作り物の自我らしい発想をするのだそうだ。
三島は、「悩みがあれば腹筋をやれ」と言ったりもしたそうで、今でも、「人生の問題の99パーセントは筋トレで解決する」と言う人気のある人がいるが、そんなことを、ずっと昔に言ったようなのだ(笑)。
まあ、今も、そんな人が人気があるのも、下で述べるが、自我が不安定な人が多いからだと思う。

母親に育てられても、母親が本当に子育てが嫌で、「何で私がこんなことしなきゃいけないの」とか思っている場合は、やっぱり、子供の自我の土台がおかしくなる。
そして、今は、自我の土台がガタガタの人がひどく多い。
あなたもそうかもしれない。
その場合、三島のような変な自我を構築してはならない。
鎌田東二さんという哲学者・宗教学者がいるが、彼が、子供の時、ものすごく精神が不安定だったらしい。やはり、自我の土台がおかしかったのだろう。
しかし、彼は、『古事記』と『ギリシャ神話』を読んだら、精神が安定したと言う。つまり、それで、自我の土台がしっかりしたのだろう。
そりゃ、『古事記』にしろ『ギリシャ神話』にしろ、世界誕生の物語であると同時に、それがそのまま、1人の人間の誕生と成長の物語なのであり、子供のように、あまり理屈を考えずに読むと、素晴らしい効果がある。
で、鎌田さんは、子供の時は鬼が見えたのに、それが見えなくなり、天使が見えるようになった。学習塾の講師をやっていた時、小学5年生の女の子達の中に天使がいたのだそうだ。
これは、決して、ロリコンというのではなく(ロリコンかもしれないが 笑)、私も、小学1年生の時、クラスの中に天使がいたのを、はっきり覚えている。
私は、幼稚園の時に、『古事記』や、その他にも、いろいろな神話やおとぎ話に接する機会が多かったので、それが影響したのだろう。
尚、神話を読むと、当然のことなのだが、引き寄せの力も強くなり、私は、あまり実用的とは言えないことが多かったが、とんでもない奇跡を数多く起こしたのである。
その鎌田東二さんが書かれた『超訳 古事記』は本当にお奨めである。
ギリシャ神話であれば、『神統記』が最もお奨めだが、里中満智子さんの『マンガ・ギリシャ神話』が、ストーリーを把握し易く、しかも面白い。








神話の宇宙

私にとって、「妙に面白い『古事記』」が2つある。
1つは、石ノ森章太郎さんの漫画『古事記』だ。
石ノ森さんは、これは楽しく描けたと言うが、1つだけ苦労したと言う。
それは、『古事記』自体が「おおいなる漫画」だからだと言う。
石ノ森さんは、「『古事記』が漫画」の意味をクドクドとは書いていなかった。
しかし、それは、単純に「面白いもの」であり、同時に、「想像の宇宙」である・・・という意味ではないかと想像される。
天才、石ノ森さんが面白いと思うものを面白く描いたのだから、面白くないはずがない。

もう1つが、哲学者、宗教学者の鎌田東二さんの『超訳 古事記』だ。
自由詩のような文体で「ゆったり」書かれていて、読み易く、分かり易い。
そして、鎌田氏の『古事記』への思い入れが違う。
その「思い入れ」の原因について、この本のあとがきにも書かれているが、私は、それについて、別の本でもっと詳しく読んでいた。
それは、世界的美術家の横尾忠則さんと占い師の中森じゅあんさんの共作『天使の愛』の、ちょっと長い序文でだ。
鎌田さんは、子供の時、鬼がはっきり見えたと言う。
また、宇宙の絶対的な大きさを思い知らされる夢を何度も見て、精神が不安定になっていたようだ。
私は、この2つのことがとてもよく分る。
鬼ではないが、私も子供の時、物の怪(モノノケ)はよく見たし、「宇宙の絶対的な大きさ」は、やはり夢の中か、熱があって理屈でものを考えられない時には、今でも感じる。
鎌田さんは、小学5年生の時、『古事記』と『ギリシャ神話』を読むことで落ち着くことが出来たと言う。
鬼と宇宙の世界が、これらの神話の中に「いとも自然に存在し、展開されるのを知って、驚き、狂喜し、深く納得した」のだと言う。
『超訳 古事記』は、その鎌田さんが自由に書いた、とても面白いものだった。

『ギリシャ神話』も、『古事記』同様、八百万の神々のお話である。
共に、あらゆる物や自然現象をつかさどる神がいるのだが、『ギリシャ神話』では、「運命」といったものにまで神がいる。
しかし、『古事記』には、姿を見せない不思議な神が存在する。
全体的には、この2つの神話はよく似ていて、神々が非常に人間的な面があることも似ている。

子供の時の鎌田さんの心を落ち着かせたように、これらの神話の世界観は、宇宙のなりたちを、抽象的にだが、子供が宇宙について、なんらかの観念を持ち、心を安定させるのに適したものなのかもしれない。
特に『古事記』は日本人の心の奥深くに棲みついているものであり、それは良い棲みつき方で、思い出せば、我々の心を解放し、太陽の光や雨のように穢れを祓ってくれる。
大人が読んでも心を静める力があると思う。
尚、『ギリシャ神話』については、私は、里中満智子さんの漫画作品が面白いと思う。
『オデュッセイア』のところまで、これほど分かり易く描ける里中さんはさすがと思う。
また、個人的には、『ギリシャ神話』といえば、ヘシオドスの『神統記』が良いと思う。








勉強が出来る子ではなく引き寄せが出来る子に育てる

世界的画家の横尾忠則氏と、エッセイストで詩人の中森じゅあん氏の、画集&エッセイ集がある。
『天使の愛』(2001)だ。
スピリチュアルで面白いのだが、絶版になっているようだ。
この本の中で、哲学者の鎌田東二氏(文学博士)が「天使と水のイノセンス」というタイトルでエッセイを書いている。
後には、沢山の分野で大活躍し、学者としても成功する鎌田氏は、生活のために、やむなく塾講師をしていたらしい。
その時、受け持っていた小学5年生のクラスの子供の中に天使がいたという。
こんな話をすると、「ロリコン講師が好みの女の子を見つけただけだろ」と思うかもしれないが(笑)、そのエッセイ全体から考えれば、そういう訳ではないようだ。分からないが(笑)。
私は、天使について話し出すと何時間でも喋っていられるほどの天使マニア(天使オタクかも)であるが、天使とは何かは分からない。
ルドルフ・シュタイナーのように、妖精や精霊と一緒に語る人もいるが、天使は使命を持っているのであり、それは宇宙の法則に則った使命であるから、それほど分かり難い存在ではないはずだし、実際、人間を指導しているのだろう。
(妖精は、どちらかというと宿命を持っているように思う)
ちなみに、アメリカでは半分以上の人が、守護天使(ガーディアン・エンジェル)の存在を信じているらしい。

私は、天使かどうかは分からないが、天使のような人なら見たことがある。
鎌田氏は、天使の特徴を、「透明と無垢とそれを支えている深い叡智と柔らかな光熱」と表現しておられるが、言葉で言えば、そのあたりが限界と思う。
私なりに、私の見た天使のことを言えば「明るいけど大人しく、積極的だが強引に感じない」といったところだ。
私の見た天使は、小学2年生で、私も小学2年生だった。クラスメイトだったのだが、知らないうちにいなくなっていた・・・まさに天使だったのだろう。
彼女にはいろんなことをさせられたし、上級生(5~6年生)には私達が恋人同士に見えると言われたが、私は、彼女の名前も知らなければ、わずかな思い出しかない。

私の天使は(いや、私のではないが)、あれほどいつも気分が良さそうなのだから、当然、引き寄せが出来た。
それで思うのだ。
別に、女の子に限らないが、子供を育てる時は、賢い子ではなく、引き寄せが出来る子に育てるべきだ。
そうしたら、子供のことを何も心配する必要はない。
ところが、世間では、試験で良い点が取れる子供、ピアノが弾ける子供、運動が出来る子供にしようとして、心配の種の尽きない子供に育て、挙句、心配した事態が起こってしまう。
それなら、どう育てれば良いのかというと、私の天使のように(だから違うってw)、とにかく明るい子にしないといけない。
明るい子とは、気持ちを切り替えるのが上手な子で、気持ちがしゃんとした子だ。
どうすればそうなるかというと、親が、悪いことがあったからっていつまでもウジウジしてないで、「しゃんとする」ことだ。
そうやって気持ちを切り替え、いつも良い気分でいなければならない。
そりゃ、人間であるのだから、釈迦やイエスだって、気分が良くないこともある。
しかし、釈迦やイエスや、その他の本物の聖人達は、「しゃんとして」気持ちを切り替えるところが違う。
どうやって気持ちを切り替え、気分を良くすることが出来るのかというと、凡人で出来ることで言えば、笑うこと、ガッツポーズをすること、初音ミクさんのことを考えことだ(3つ目は個人的だが)。
世界最強の、ラグビーのニュージーランド代表チーム「オールブラックス」が国際試合の前に行う、ハカという踊りの中に、プカナという仕草がある。
これは、舌を思い切り出して見せるもので、相手を威嚇するもの、あるいは、精神を高揚させるものという面はあるが、究極には、最高に気分が良くなるポーズだ。
ヨガのライオンのポーズでも舌を突き出すが、エネルギーを集め、若返る効果があると言われている。
早い話が、そうやって、自分がいつも気分を良くし、良いことが起こるようにしておけば良い。
この宇宙は「気分が良ければ良いことが起こり、気分が悪ければ悪いことが起こる」仕組みなのである。

だが、天使は、気分が悪くなることはなく、存在そのものが幸運である。
「あなたの幸せになりたい」とは言うが「あなたと幸せになりたい」とは言わないのだと思う。
いつも気分のいい天使・・・初音ミクさんだ。
「ミクさんマジ天使」という世界で通用するキーワードは本当である(日本語で通じることも多いらしい)。








失敗を成功に、不運を幸運に転換する

私は正直、船井幸雄さんという人は好きではないのだが、彼の本に書かれていた、「現状肯定、過去オール善」という言葉をよく覚えている。
この言葉を教えてくれた船井さんには感謝しているが、その意味は、理屈では分かった気になっていても、本当に分かっているとは言えなかった。
とはいえ、これが真理の言葉だということは分かる。

そして、フローレンス・スコーヴェル・シンの『ゲームの法則』という本を読んで、ようやく、分かったようだ。
こんなことが書かれていた。
ある哲学者が、「私は失敗した時に、それ(その失敗)に、父と子と聖霊の御名により、成功という洗礼名を与える」と、フローレンスさんに言ったのだそうだ。
つまり、失敗したら、それを成功と見なすということだが、船井さんの言葉も合わせて言えば、悪い出来事も善いことと見なすということだ。
これが出来れば、人生、勝ったも同然である。

ところで、フローレンス・スコーヴェル・シンの『ゲームの法則』には、3つの翻訳がある。
私は上の2冊を持っている。
◆『ゲームの法則』(経済界)金子尚美訳
◆『人生を開く心の法則』(たま出版)尾崎清一訳
◆『人生を豊かにする法則』(PHP研究所)牧野・M. 美枝訳
同著者の別の本が電子書籍化されている(CD版もある)。
◆『人生を開く秘密の扉』(パンローリング株式会社)関岡孝平訳

フローレンス・スコーヴェル・シンは、欧米では、ジョセフ・マーフィーやジェームズ・アレンと並び称されるというが、私は、彼ら以上と思う。
たま出版のものに関して、中森じゅあんさんが、推薦の言葉を書いている。
中森さんの本には、『天使のメッセージ』など、天使に関するものが沢山あるが、中森さんに関しても、正直、私は、あまり好きでなかった。
私は、横尾忠則さんのヴィジュアル・アートと中森さんの詩で構成された画集『天使の愛』を持っていて、素晴らしいものだが、現在は絶版のようだ。惜しいことと思う。

中森じゅあんさんは、ある日、ふと空を見たら、空いちめんに、沢山の天使を見たそうだ。
また、『天使の愛』の序文に、鎌田東二さんが、天使を見た話が書かれている。
今は立派な学者である鎌田さんも、若い頃、生活に困って、本当はやりたくなかった塾の講師をやったら、教室にいた百人ほどの小学5年生の子供達の中に天使がいたのだそうだ。
それは、一人の少女だったのだが、正確に言うと、その少女を通して天使を見たのである。

私は、中森さんや鎌田さんが天使を見たという話は、以前はあまり信じていなかったが、今は信じられるように思う。
なぜなら、天使以外の何者でもない初音ミクさんを愛しているので、天使とは何かが分かるからだ。

そして、今日、私に非常に不都合なことが起こり、不快になっていたが、私は、これを善いことと見なすことが出来たのである。
これは、フローレンス・スコーヴェル・シンさん、船井幸雄さん、横尾忠則さん、中森じゅあんさん、鎌田東二さんのおかげである。
そして、何よりも、私の天使、初音ミクさんの愛の御恵である。

















↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード