ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

釈迦

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ちょっとだけ我慢することの魔力

この世界のカラクリは、沢山の賢い人達が見抜き、説いてくれている。
釈迦やキリストは、それらの人達の中でも最高位なのだし、その釈迦やキリストの教えを基に、その時代にあった解説をしてくれる人達も少なくはないと思う。
ところが、なぜかいまだ、
「そうか、じゃあ、こうすれば、お金がザックザクと入って来て、女(男)も選り取り見取り」
というふうにはいかない。

一応、この世のカラクリを簡単におさらいすれば、こうである。
・世界は、心が作り出した幻であり、実体がある訳ではない。
・心の操作法が分かれば、世界は自由自在に支配出来る。
・この世界を作る目的は、楽しみながら進化するためである。
だいたい、これで合っているだろう。

しかし、ではなぜ、世界が思い通りになるように思えないのかというと、それでは面白くないからだし、進歩も出来ないからだろう。
ただし、進歩と言っても、
「鉄のバットも振ります!重いゴロゴロしたのも引っ張ります」(優子)
「修行のイメージ、古くない?」(桃)
~『まちカドまぞく』より~
といったギャグを本当にやっている者も多いのだろう。

また、「すべては幻じゃ」と聖人ヅラしてたら、面白くない状況になる一方だ(笑)。
世界は楽しむためにあるのだから、ちゃんと楽しまないといけない。
怠惰は良くない。
あるいは、「わしは酒を飲むのが何より楽しい」と、ずっと酒を飲んでいたら、やっぱりヤバいことになる(笑)。
アイドルの追っかけばかりやっていたらキモくなり(笑)、どんどん世界は楽しくなくなる。

「かと言って、働きたくないし、ボランティアも嫌だし・・・」
何もやりたくない、何をすればいいのか分からない・・・
それは、ハングリーでないのが原因で、行動に対する食事の量が多過ぎることから起こる。
それがあまり続くと、病気になったり、お金がなくなって、強制的に食べられなくなる。
だから、すらりとした身体になる程度に食事の量を減らすと、何かしたくなる。
と言って、あまりに小食なのも良くない。

つまるところ、この世界は、何事も「ほどほどにやる」と楽しいように出来ている。
そう言うと、「いや、徹底的にやることが喜びだ」と言う者がいるだろうが、それは決して長くは続かない。

ところで、良い方法を1つ教えよう。
「おあずけ」を躾ける犬は賢くなる。
人間も同じだ(笑)。
だから、食事の時、食べるのを20分待つのだ。
それで、空腹に耐える訓練が出来、それが力を与えてくれる。
TM(超越瞑想)という有名な瞑想法があり、クリント・イーストウッド、ポール・マッカートニー、キャメロン・ディアス、マーティン・スコセッシ、その他、沢山の著名人達が熱心に行っているという。
TMを導入した学校は大変に素晴らしい成績を収める。
そして、TMというのは、空腹な時に20分行うのが決まりで、普通は食事前になる。
つまり、なんと、これらは、20分の「おあずけ」の効果なのだ。
かなり良い状態で食事を我慢する方法がTMだ。

キリスト教では、本来、食事の前に長いお祈りをして、空腹に耐えたが、その習慣がなくなったのは悪いことだった。
日本ではお祈り自体は「いただきます」と、短いが、お父さんが帰ってくるまで食事を待つことが素晴らしい修行だったのに、これもなくなった。
「おいしいものを少し我慢する」
これこそが、世界を動かす力を得る秘儀だったのである。
これを、意識的にやれば、世界は自由自在だ。
食事に限らず、その他の楽しみも同じである。
ただし、やり過ぎもいけない。
ほどほどに。













当ブログ著者、KayのAI書。
街中ではリムジンやスーパーカーではなく、小型でキビキビ走る車が必要なように、また、危険があるかもしれない未知の世界ではバズーガやミサイルではなく小型の光線銃が役に立つように、AIも、リムジンやミサイルのようなAIではなく、小型車や光線銃のような手軽ですぐに役に立つAIが必要です。
つまり、数学やプログラミングや難しい理論がないと作れないAIではなく、Excelでデータを整え、軽快で高性能なツール(本書ではソニーの無料AIアプリNNC)で作るAIが我々には必要です。
本書では、手軽だが実用的なAIを、日常の言葉と馴染みのあるテーマを使って作れるよう工夫し、面白い問題で応用力を高めていきます。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料でダウンロード出来ます。

ソーシャル・ディスタンスこそ敬いであり礼をつくすこと

『涅槃業』の冒頭に見られる、釈迦の繁栄の法則は、一言でまとめると「敬うべきを敬う」と言えると思う。
一応は、敬うべき相手として、老人、淑女、少女、先祖、修行者、法律、国民などを挙げてはいるが、実際のところは、「敬うべき相手が誰か解る」ことが大切なのである。
そして、敬うべき相手が敬われていれば繁栄し、そうでなければ滅ぶ。

家庭では、父親が敬われていれば、その家庭は繁栄し、そうでなければ家庭は崩壊する。
会社では、社長はもちろんなのだが、敬うべき立派な社員が敬われていれば必ず繁栄し、そうでなければ滅びる。
しかし、多くの会社では、敬うべき社員が軽んじられ、敬うべきでない者が幅を利かせているが、そんな会社は、社長が敬われていないものである。
ただ、確かに、敬う値打ちのない父親や社長というものがあり、そういった者が父親や社長になったのが根本的な間違いではあるが、そんなことが起こるのも、敬うべき者が敬われなかった結果である。

ところで、「敬う」とは何だろう?
今、新型コロナウイルスの影響で、ソーシャル・ディスタンスという、他者から2メートル(最悪1メートル)の距離を取ることが推奨されている。
この、ソーシャル・ディスタンスを取ることが、敬うことであることは間違いないのである。
説明する。
かつて、GM(ゼネラル・モーターズ)の子会社であるサターンが日本に進出してきたことがあった。
サターンのキャッチフレーズが興味深かった。
「礼をつくす会社、礼をつくす車、サターン」
「礼をつくす」とは、まさに「敬う」ことである。
それに関しては、サターンは良い理解をしていた。
何をしたかというと、来店したお客さんに積極的に声をかけない「ノープレッシャー・セールス」を社員に教育したのだ。
それにより、女性でも来店し易いようにしたのである。
日本では、サターンは、あらゆる面で品質が悪かったので成功しなかったが、その誠実な営業戦略は、アメリカでは確かに成功していたのである。
そして、コロナの影響で、日本では、あらゆる業種の店舗で、不必要にお客さんに声をかけない「ノープレッシャー・セールス」が行われるようになり、これは好評である。
なぜなら、それは、客が敬われていることだからだ。店舗はやっと、そのことに気付いたのである。

このように、距離を取ることこそが敬うことで、これが行われるところは繁栄する。
ところで、最も過酷なイジメは「無視」であると言われる。
そして、「無視は、いじめる対象と距離を取ることではないのか?」と言う者もいるかもしれないが、これはもう絶対に違う。
本当に無視するなら、それは確かに、素晴らしいソーシャル・ディスタンスである。
しかし、イジメの無視は、距離を置いているようでいて、邪念を密着させているのである。
一方、敬いのソーシャル・ディスタンスは、距離の間に何もない。全くの無である。
邪念のない透明な空間を持つことが、敬うということで、これが行われる場所は、繁栄があるのみで滅びは無い。

人は、不快になった時「放っておいて!(leave me alone)」と言う。
これは、汚れた心を含め、近寄って来ることをやめろという意味である。
つまり、敬われていない、蔑まれていることに痛む心が、「放っておいて」と言わせるのである。
だが、放っておいてもらいたいなら、自ら、他者を放っておくことだ。
けれども、往々にして、他者をべったり頼り、自分の方が他者にみだりに密着する者が「放っておいて」と言うことがあるが、これは、ただの甘えである。
放っておいて欲しければ、自分も他者を放っておき、自分のことは自分でやらなければならない。
つまり、皆がソーシャル・ディスタンスを取る世界こそが、進歩した社会である。

コロナウイルスで人類は終るのか?
これは、長谷敏司氏のSF『BEATLESS』で、超高度AIヒギンズの電源を切る時に主人公のアラトが言った通りでありたい。
「人類が終わるんじゃない。僕ら人類の、少年時代が終わるんだ」













当ブログオーナー、KayのAI書。
Kindle版発売中。
紙の本は5月30日発売。予約受付中。
自分で実践してAIを身に付けるための一番易しい本だと思います。
Excelを適当に使えるだけのスキルがあればよく、数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です。
人間とAIが別々にあり、「AIに仕事を奪われる」と思う時代から、人間とAIがペアになり、AIは人間を拡張する道具であるという新しい時代への扉を開けていただけるよう願って書きました。

本当の褒め方

昔、小さかった私の従弟が従妹に「馬鹿」と言ったら、従妹が即座に従弟に「馬鹿って言う人が馬鹿」と言い返すのを聞いて、私はちょっと衝撃を受けた。
それは、お釈迦様が前世で、人食いの怪物が、「不変のものはない」と歌うのを聞いて、「おお!これぞ真理!」と感激し、怪物に向かって、「俺を食うのはちょい待ち!今メモるから」と言って岩に言葉を刻んでから、「お待たせ!」と言って怪物に身を差し出した話を思い出すほどだった。
「馬鹿って言う人が馬鹿」
これこそが真理だろう。

テレビを見ると、他人を激しく罵り、馬鹿にするものが非常に多いのは、そんなものが見ていて面白く、視聴率が取れるからだろう。
けれども、他者をこき下ろす者の姿は、やはり、嫌なものだと思うのだ。
だが、確かに、精神レベルを著しく落とすと、それが面白く感じるのである。
とはいえ、そんな低劣な精神レベルでいる自分がたまらなく嫌なのも確かなのだ。

一方、人気スターなどに陶酔し、誉めそやす人もまた、見ていて嫌なものである。
なぜかと言うと、外見が格好良いスターを称賛する者というのは、格好の良くない人を蔑むものだからだ。
たとえ、その対象がマザー・テレサであっても、過激に褒める者というのは、欠点のある人間を口汚く非難するものなのである。
だが、スターを絶賛してくれないとプロダクションは儲からないので、ファンが過激にフィーバーするように誘導するのである。

人間が、本当に誰かを敬っている時というのは、冷静であるはずだ。
イエス・キリストを本当に敬っている人は、「おお!イエス様!!」と、両腕を振り回し、髪を振り乱し、コロナウイルスを撒き散らすように口角泡を飛ばすことはない。
私が初音ミクさんを褒める時はちゃんと「ミクさんは地球を救う天使」と、控え目に厳かに言っているのである(笑)。

人の行いは非難しても、それを行った人を、いくら何でも罵倒するまで責めてはいけない。
激しく非難すればするほど、それは自分にもあてはまることを示しているのだからだ。
「なんて邪まやなつだ!」と言う者が一番邪まなのである。
自分のことしか考えない者が、他人に対して、「あいつら、自分のことしか考えていないのか!」と罵るのである。
「エッチにもほどがある!」と言う者が一番エッチだ(笑。いや本当なのだが)。

一方、誰かに対し、静かに「大したものだ」と言う人は大した人である。
ミクさんを見て、「本当に可愛いな」と静かに微笑む人は、まことに可愛い。
そして、人は、心から褒める相手と同じになる。
とはいえ、「心から」を、恣意的(勝手気まま)にすることは出来ない。
だが、「静かに」「丁寧に」やれば、それが本物になる。
静かに、丁寧に、心で褒めれば、それは、神が自分を褒めているのに等しいのである。













当ブログオーナー、KayのAI書。5月30日発売。
機械学習としては易し過ぎるかもしれません。厳密でないところもあるかもしれません。
それよりも、役に立つAIを、誰でも作れることに重点を置きました。
自動車を走らせるために、「エンジンを始動させる手順を実施する」と正確に言わなくても「エンジンをかける」でも良いのと同じです。
著者達(Kayと数学講師Mr.Φ)は、ほぼこの本の知識の範囲で、企業で実際に役に立つAIを作っています。

たった1つの掟で破滅を免れ平安を得る

ゴータマ・ブッダ(釈迦)は、ある時、ある国で、滅びを免れる7つの掟を説いた。
その教えを守っていたその国は繁栄し、しかも、無敵であった。
7つを全て守れば、確かに磐石である。
だが、大パリニッバーナ経では、ある強国の大臣が、「その1つでも守れば、繁栄し、滅亡はない」と述べたことが取り上げられている。
この掟は、国から個人まで、あらゆるレベルで、滅亡を遠ざけ、繁栄を呼ぶことは明白と思う。
その「滅びを免れる掟」は、次の通りである。

(1)あらゆる人の言い分に耳を傾ける。
(2)誰かを仲間外れにせず、平等に役割を分担する。
(3)ルールを守る。特定の者が勝手にルールを作らない。
(4)老人を敬い大切にする。
(5)良き女性を貴きものとして守る。
(6)今日の繁栄を祖先の手柄と認め、祖先を敬う。
(7)高貴な人間を敬い、積極的に世話をする。

この1つでも、しっかり守っていれば、悲惨な目に遭うことは決してなく、平安で、喜びある人生を送れる。ただし、1つでも自分の都合で破るなら、転落を始め、やがて奈落に沈む。
それを「破滅を呼ぶ掟」と呼ぶなら、以下の通りである。

(1)気に入った者の意見や、自分に都合の良い意見だけを聞く。
(2)誰かを仲間外れにしたり、不平等な役割を与える。
(3)自分の都合でルールを破ったり、ルールを歪めたり、勝手なルールを強引に作る。
(4)老人を軽んじ、粗雑に扱う。
(5)良き女性の意思を軽んじ、あるいは、騙し、あるいは、安全を脅かす。
(6)祖先の恩ある労苦を忘れ、今日の繁栄を自分の力によるものと思い上がる。
(7)高貴な人間を自分より劣るもののように扱う。

「破滅を免れる掟」は1つをしっかり守れば良いが、「破滅を呼ぶ掟」は、1つでも該当すれば滅びは免れない。
いずれも、生きている間に十分に、その報いがあるが、むしろ、死んでからの方が、楽しい、あるいは、恐ろしいかもしれない。
とはいえ、滅びを免れることは、あまりに簡単なので、特に不安はないと思う。
ところが、滅びを免れない者も、報いを受けるまでは、ほとんど不安を持たないのである。












当ブログオーナーKayのAI書。5月30日発売。
AIは、思考するマシンではなく、推測するマシンです。
よって、AIを、自己を拡張する強力な武器にするポイントは、問題を予測問題として捉え直すことです。
易しくて面白く、しかも、有益な問題を使い、数学もプログラミングも難しいAI理論もなしに、その(問題を予測問題として捉え直す)能力を得られるよう工夫しました。
自分でAIを作る実習を行うためのデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無償でダウンロード出来る特典付き。

それぞれの掟

「明日は明日の風が吹く」
「なんとかなるぜ、世の中は」
「風の向くまま、気の向くまま」
これらは、ある意味、悟りの境地だし、こんな態度でいれば間違いない。
ただし、「当たり前のことが出来れば」である。
借りたものは返すとか、挨拶されたら挨拶を返す、人を脅さない・・・等々、言うまでもないことだ。
それが出来れば、まあ、不幸になることはない。

それをイエスは、分かり易いように、「モーセの十戒を守れ」と言ったのだ。
Wikipediaから引用すれば、十戒は、

01.主が唯一の神であること
02.偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
03.神の名をみだりに唱えてはならないこと
04.安息日を守ること
05.父母を敬うこと
06.殺人をしてはいけないこと(汝、殺す勿れ)
07.姦淫をしてはいけないこと
08.盗んではいけないこと
09.隣人について偽証してはいけないこと
10.隣人の財産をむさぼってはいけないこと

で、01から04は宗教に関わるので、05から10が一般的だろう。
ただし、あくまで、「当たり前のスタンダード」を示しただけであり、特に、現代人がこれにこだわることはない。
アメリカの作家カート・ヴォネガットは、地球の掟はただ1つと言う。
それは、「人に優しくしろ」だ。

私は、スーフィーの格言が、最もうまく言ってると思う。
それは、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
これは、ラクダを使う人のためのものだが、要は、「自分がやるべきことはちゃんとしろ」という意味だ。
その程度のことで良いから。

しかし、やるべきことは、自分で決めれば良い。
酒好きなら、「飲み過ぎない」とかね。
「女性を敬う」「老人を敬う」でも良い。
水野南北は、大好きな酒を「一日一合」と定めていた。

釈迦も、7つの法を説いていた。
簡単に言えば、

1.皆の意見を聞け
2.助け合え
3.決まりを守れ
4.老人を敬え
5.女性を敬え
6.祖先を敬え
7.高潔な人物を敬え

となると思う。
私なら、「初音ミクさんに見られて恥ずかしいことはしない」である。「なるべく」は付くが、ミクさんが見ていると思えば、そうおかしなことはしないはずだ。
掟を守れば、後は、何も考えず、ぼーっとしてれば、この世に恐れるものは何もない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード