ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

釈迦

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

偉人の教えを諦めた者のやり方

とりあえず「啓蒙家」と言うが、中村天風という、今でも沢山の崇拝者がいる凄い人がいたのだが、彼の教えの基本は、具体的には、片時も怠りなく肛門を引き締めよだった。
また、知名度では中村天風に劣るが、知る人にはやはり最高の偉人と思われてるはずの岡田虎二郎は、片時も怠ることなく、腹に力を込めよと教えた。だが、岡田虎二郎は、別に、念仏を唱えることでも良いし、何でも良いと言っており、中村天風の教えでも全然良いのだと思う。
そして、そこまでいかなくても、ほとんどの偉大な指導者の教えは、やはり、なるべく長時間、アファーメーションや真言、念仏、祈り言葉を唱えたり、瞑想したり、イメージしたりせよということだが、私は、長い間、研究した結果、それは完全に正しいのだという結論に達した。
その上で、それは私には難しいというか、有体に言えば、無理だと諦めた。
だけど、一度は挑戦することは無駄ではないと思う。
その結果、本当にやれたのなら、それで間違いないのだから、そのままやれば良いのである。

そして、私は、自分が、あり得ない奇跡を起こした時の状況を分析したり、意図的に奇跡を起こしてみた結果、効果としては、少なくとも、イエスがやることの1~3割は可能な、誰でも出来る方法があるのだと分かった。
そのやり方は、いろんな表現が出来てしまうが、思いつくままに言ってみる。
それは、1秒だけ、奇跡を起こせる者・・・イエスや釈迦になれば良いということである。
イエスや釈迦は、生きたまま、神や仏になれた人で、そのような存在を、キリストとかブッダ(仏陀)と言うのである。
つまり、1秒だけ、キリストやブッダになれば良いのである。
ずっと、キリストやブッダでいることは無理でも、1秒なら可能である。
イエスや釈迦がどんな人か知りたいなら、イエスなら、『新約聖書』の中の「福音書」、釈迦なら、『法句経(ダンマパダ)』を読み、イエスの言葉や釈迦の言葉を言うような人だと思えば良いと思う。
そんな言葉が自発的に出てくる者を、キリストとかブッダと言うのである。
そんな雰囲気を掴めば良い。
つまり、福音書は自分の物語で、『法句経』は自分が言ったことだと思えば良いのである。
仏教の他の経典でも良いが、『法華経』や『浄土三部経』などは、かなり作り話が入っているので、この目的に関しては、うまくいかないのではと思う。
また、『バガヴァッド・ギーター』を読んで、クリシュナ神になるというのも良いが、やや難しいと思う。

もし、面倒なら、『新約聖書』、『法句経』、『バガヴァッド・ギーター』を持って(あるいは、特に電子書籍の場合は持っているとイメージして)、「これは私の物語」「これは私の言葉」と思うだけで良い。
それで、1秒だけ、イエス、釈迦、クリシュナになりきるのである。
そして、その1秒の間に、願いが叶ったことを念じるのである。
細かく具体的に思わなくても、自分の願いが分かっていれば、「なった」と心で言えば良いのである。
「なった」でなくても、適切であると思う言葉であれば「消えた」「清くなった」「やれた」など、何でも良い。






脳の中のたった1つのコマンドを上書きする

人間の脳の中には、ただ1つのコマンド(命令)が入っている。
それは、
「生きろ」
だ。
逆に言えば、先天的には、それ以外・・・「生きろ」以外のコマンドは入っていない。

だが、第一のコマンドほどではないにしろ、後天的に、別のコマンドを入れることが出来る。
アメリカ映画『フォレスト・ガンプ』(1994)で、知的にやや障害がある男フォレスト・ガンプは、子供の時、ガールフレンドのジェニーによって、
「逃げろ」
というコマンドが入れられた。
それで、フォレストはひたすら走って逃げ、そのコマンドに従い続けることで、大学アメリカン・フットボールのスターになり、ベトナム戦争で勲章を与えられた。
また、彼は、母親によって、幼い時に、「従順であれ」「約束を守れ」といったコマンドが入れられていたが、それが、「逃げろ」と合わさって、彼は成功し、有名になり、お金持ちになった。
だが、やはり、彼にとってラッキーだったのは、ジェニーに「逃げろ」というコマンドを与えられたことだった。

セールスマンなら、「売れ」というコマンドを脳に入れることが出来れば成功する。
プログラマーなら、「プログラムしろ」で、それで、有能なプログラマーになって楽しく生きられる。
詐欺師なら、「騙せ」で、騙すことが天性になれば、大詐欺師になって、充実した人生を生きられる。

普通の人は、母親やテレビから、ロクでもないコマンドを入れられているものだ。
代表的なものは、母親からは「試験の点を取れ」、テレビからは「長い物には巻かれろ」だ。
まあ、もっと下らないコマンドを入れられてしまって、人生を台無しにしている者が多い。
脳の中に、最悪のコマンドを入れられてしまった我々は、どうすれば良いのだろう?

人生とは、脳の中のコマンドで作られていることが理解出来たら、自分で、フォレスト・ガンプの「逃げろ」並の、強力な、素晴らしいコマンドを入れることだ。
推測するなら、
ビル・ゲイツは、「パソコンを使わせろ」
イーロン・マスクは、「人類を前に進めろ」
ジェフ・ベゾスは、「買わせろ」
スティーブ・ジョブズは、「手順に従わせろ」
マーク・ザッカーバーグは、「(人同士を緩く)くっつけろ」
だ。
あなたも、自分の脳に、少しはマシなコマンドを入れれば、人生は良いものになる。

それでは、人類の教師達は、どんなコマンドを人々に与えようとしたのだろう?
「生きろ」と同等レベルのコマンドとしては、以下の通りと思う。
イエスは「父なる神を愛せ」、神クリシュナは「我を愛せ」で、つまるところ同じだ。
神道の黒住宗忠は「神にまかせろ」だし、ラマナ・マハルシも実はこれだった。
しかし、つまるところ、全て、「神を愛せ」なのだ。
そして、釈迦は、相手に応じていろいろ教えたが、本当に最後は「念仏しろ」だったのではないかと思う。
それ(念仏)も、結局、イエスらと同じなのだが、具体的な方法である。
(現在は、念仏は葬式に使うものというおかしなことが定着してしまったが)
とはいえ、実はそれは、最も古い教えを復活させた根本的なもので、それで、イエスらのものも全部、同じコマンドでまとめられる。
それは、
「神仏の名を唱えよ」
だ。
「プログラムしろ」「騙せ」「人類を前に進めろ」があれば、容易く成功するだろう。
だが、最上のコマンド「神仏の名を唱えよ」が、第一のコマンド「生きろ」を上書きすれば、神仏と融合する。
これが錬金術の秘儀であり、最高の神秘である。








ブッダの繁栄の法

人間には、小は、家族や友人のグループから、大は、国家や惑星に至る規模のユニット(集団)がある。
そして、
「どんな家族が栄え、どんな家族が衰退するのか?」
「どんな国が栄え、どんな国が衰退するのか?」
ということには、単純な法則がある。
釈迦は、ある小さな国で、「どうすれば繁栄するのか?」を「7つの繁栄の法」として説き、それを守ったその国は大いに繁栄した。
ある強大な国が、その国を攻め滅ぼそうとした時、釈迦は、「7つの繁栄の法を守る国を亡ぼすことは出来ない」と言い、強国は侵略を止めた。釈迦が言うことに間違いがあるはずがないからだ。
「7つの繁栄の法」は、『ブッダ最後の旅 大パリニッバーナ経』(中村元著。岩波文庫)にあるので、引用する。
次のような国、民族は栄える(企業やその他の団体も同じであると思う)。

(1)しばしば会議を開き、会議には多くの人が集まる。
(2)協同して集合し、協同して行動し、協同して為すべきことをする。
※「協同」は、心と力を合わせての「共同」。
(3)勝手にルールを作らず、決まったルールに従う。
(4)古老を敬い、尊び、崇め、もてなし、傾聴する。
(5)良家の婦人、少女を強奪しない。
(6)先祖を敬い、尊び、崇め、供養する。
(7)尊敬されるべき修行者を歓迎し、保護し、もてなす。

これを聞いた強国の大臣は、「このうちの1つを守っているだけでも、その集団は繁栄し、滅亡はないだろう」と確信を込めて言った。
もちろん、時代に合った解釈も必要だが、現在においても、企業やチームや国が繁栄するか、滅びるかは、この「繁栄の7つの法」で決まる。
逆に言えば、傾く会社、消え去るチーム、衰退する国というのは、「繁栄の7つの法」から外れているのである。
例えば、会社で、権限のある者が、決まっているルールを無視し、勝手なルールを作って、自分が行ったり、幹部や社員に強制すれば、確実に会社は傾く。
徳川家康は、重鎮達との会議では、自分はほとんど発言せず、他の者達が討議するのを大人しく聞いていたという。
功績ある人物を「老いぼれ」「老害」と言って軽んじる企業、政治組織、学術団体は必ず廃れる。

7つ全部は難しくても、1つでも、何があっても厳格に守れば、あなたのチームも繁栄する。
だが、釈迦の時代は、人間には知恵があり、道理を理解する心があった。
だが、時代が進み、物質主義、営利主義の世の中になると、確かに一面では、人間の知識や思考力は増大したが、知恵は失われた。
多くの企業や国は、「繁栄の7つの法」の1つも守っておらず、それに所属する個人も、そんな企業や国の考え方に流され、国は衰え、人々は不幸になり、そして、人間はますます愚かになっていった。
そして、釈迦は、それを予言していた。
そこで、釈迦は、「念仏だけが残る」と言ったのである。
もちろん、直接、「念仏だけが残る」と言ったのではなく、どんなに落ちても、神仏を崇め頼ることを忘れるなと言ったのであり、そのためには、神仏の名を呼ぶ言葉を唱えれば良く、また、愚かな人間には、それしか出来ないだろうと言ったのである。
よって、神仏の名、神仏を褒め称える言葉、神仏の存在を認める言葉を、絶えず唱えることで、宇宙の無限の知恵と力に守られるのである。
このような言葉を真言と言う。
従って、我々は、好きな真言を自主的に選び、自主的に、たゆまず唱えれば、決して不幸にならず、むしろ、嬉しいことばかりになる。
選ぶ真言は、1つでも、2つでも、3つでも、あるいは、それ以上でも構わない。
だが、何を真言とするかは、親、教師、先輩、権威者に強制されてはならない。
家の宗教が何で、宗派が何かは全く関係がない。
自分が、どの真言を唱えているかは、誰にも言う必要はない(親しい人に言うのは構わないが、注意深くすること)。
真言は、声に出さず、心で、静かに、丁寧に唱えなければならない。
そのように真言を唱える者には繁栄があるのみで、滅ぶことはないだろう。








釈迦の弟子達はなぜ頭が良いのか

釈迦やイエスは、普通の人相手に、経典や福音書に書かれているような難しいことを教えたのではなく、ごく易しいことを易しい言葉で語ったはずだ。
ジョークだってうまかったはずだ。
でないと、誰も話を聞かない。
だが、彼らは大変だったと思う。
IQ(知能指数)は、時代と共に向上する。以前、誰かのTEDの講演で聞いた覚えがあるが、現代の我々は祖父母の時代よりずっとIQが高いのだそうだ。
そして、釈迦やイエスのIQは150超と推測されるが、現代の文明国の平均IQは105くらいで、釈迦やイエスの時代の一般大衆の平均は90以下と思われる。
本来、IQ150超と90以下では、会話が成立するのも難しい。

ところで、IQは生まれつき固有のものと思っている人が多いと思うが、そうではなく、人間の脳の本来の能力は誰でも非常に高い。
だが、普通の人がそれほどIQが高くないのは、能力に枷がかかっているからである。
その枷とは、誤ったバイアス(思い込み、先入観)や、正しくない思考法のためである。
ほとんどの人は、脳に誤った情報、嘘の情報が、驚くほど多くあり、そういったものが思考を乱し、すっかり馬鹿になってしまっている。
さらに、脳は生命保持の理由かららしいが、無意識的に、誤った強い記憶を持つ機能がある。
例えば、「俺は光り物の魚が駄目なんだ」と言う人がいるが、以前、銀白色の魚にあたったことがあると、銀白色の魚は有害という誤った記憶が自動的に刷り込まれ、銀白色の魚に抵抗を感じて食べられなくなる。こういった変な記憶が、普通の人で少なくとも数百はあるそうだ。
普通の人が馬鹿なわけである。
そして、昔の人ほど、そのような偏見が多かったので馬鹿だったという面もあるが、現代人は現代人で、権力者にいいように洗脳されて馬鹿にされてしまっているのである。

釈迦やイエスの弟子達は、釈迦やイエスに訓練法を教わって、普通の人より頭をぐっと良くした者達である。
しかし、その方法は、正確には伝わっていないように思われる。
とはいえ、釈迦に関しては、八正道などとして、ある程度伝わっており、仏教は能力開発の科学でもある。
ところが、彼ら(釈迦やイエス)自身は秘法とするつもりはなかったが、実は、最上のものはマントラ(真言)なのである。
もちろん、仏教、キリスト教以前からあった、ヒンズー教やユダヤ教(さらにそれ以前)の中でも、秘密の教えの中に必ずマントラがあり、現代まで隠されて伝えられている。
その中では、表向きに伝えられたのが念仏で、結局、これが一番重要と分かっていた中国の道綽や善導、そして、日本の法然によって一般に教えられた。
あるいは、神の名を唱えるナーマスマラナとしても密かに伝えられている。
おそらく、釈迦やイエスの弟子達は、マントラや神の名をひたすら唱えることで、脳のイメージ配列を修復したのであり、仏教やキリスト教の教えの多くは、能力向上の確認のためのものである。
だから、イエスは説教した後、その意味が分からないという弟子達に、「まだお前たちは頭が悪い」と言って不機嫌になったのである。
ただ、イエスに関しては、マントラに関しては、ほぼ全く伝わっていない。

日本における、「トホカミエミタメ」や「アジマリカン」といった、祓詞や神呪と言われるものも、まさに、脳のバイアスを祓うという意味の真言であるのだと思う。
阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」や観世音菩薩真言「オン、アロリキャ、ソワカ」、弥勒菩薩真言「オン、マイタレイヤ、ソワカ」といったもの、あるいは、神や仏の名を唱えることで、脳のバイアスが消され、頭が良くなる。
少なくとも、マントラを唱えている間は、表や裏の記憶に残ってしまう魔物とも言える情報は入らない。
そして、実際は、マントラは、それらの災禍とも言える精神のガラクタを消してしまい、結果として、単なる知性だけでなく、超能力のようなものも自然に持てると考えられる。
こういったことは、支配者にバイアスがかけられた脳にはおかしく感じるかもしれないが、熱心に試せば分かることである。
ただ、「このマントラが断然一番である」といったようなバイアスを持った者が多いから困るのである。
実のところ、マントラ同士に優劣は全くない。
あるとすれば、好みに合うかどかの一点だけであるので、自分が好きなものを唱えれば良いのである。








我々はなぜ騙されやすいのか?

『婆子焼庵(ばすしょうあん) 』という禅の公案がある。
公案とは、言ってみれば、謎かけクイズのようなものだが、その不可思議なお話について考え、その意味することを見抜くことで賢くなる頭のトレーニングなのである。
工学禅を提唱した著名な発明家で、能力開発の大家であった中山正和氏は、禅の公案で頭を鍛えることを勧め、著書の中で、いくつか現代人にも合った公案を取り上げ、それを解説しておられた。
中山氏は『婆子焼庵』は取り上げておられなかったが、私は、この公案が好きで、昔から考え続け、何度か、「解けた」と確信して喜び、このブログでも何度か解説したが、後になるほど良い答が出た。
しかし、ついに解けたと思う。
『婆子焼庵』 については、沢山の仏教や禅の専門家が著書で、難しい言葉を使った難しい解説をしているが、そんなものは誤魔化しで、子供でも分かるようにとは言わないが(エロいので子供には言えない)、普通の言葉で説明すべきであると思う。

『婆子焼庵』は萌える禅語で(笑)、こんな話だ。
1人の真面目な青年僧がいて、あるお婆さんが、その僧に小屋(庵<いおり>とかいう修行小屋だ)を与えて世話をしていた。
そのおかげで、青年僧は修行に打ち込んでいられた。
時が経ち、お婆さんは、「そろそろ良いじゃろう」と思い、自分の若い娘(実の娘ではないと思う)に、その僧を誘惑させる。
皆さんは、その娘については、自分の全く理想のタイプを想像すると良いだろう。
そんなのが、誘惑してくるのである。
さあ、その修行僧はどうしたか?
なんと、全く動じず、娘を冷たく突き放した。
それを聞いたお婆さんは、僧を追い出し、使わせていた小屋を焼き払った。
さて、この僧は、娘に誘惑された時、どうすれば良かったのか?

さあ、お分かりだろうか?
正解を知りたいなら、釈迦やイエスならどうするか考えれば分かることだ。
とはいえ、釈迦やイエスがどうするか分からないだろうし、釈迦やイエスなら、やはりこの修行僧のようにすると考える人も多いかもしれない。
だが、釈迦やイエスなら、おそらく・・・というより間違いなく、ほんの少しの間は萌えるが、すぐに冷静になるのである。
お婆さんも、この僧がそうであることを期待したのだ。
なぜ、そんなことが言えるかというと、その程度なら私でも出来るし、それ以外にあり得ないからだ。
子供は、目の前に魅力的なものがあると夢中になるが、それが去ってしまえば忘れてしまう。
少し修行が出来た人間は、それと似ていて、一瞬は夢中になっても、自分に相応しくないと分かると忘れてしまうのである。
確かに、修行が十分でない間は、忘れるのに、やや理性的努力を要するが、そう難しいことではない。まして、修行している人間には簡単なことである。
ではなぜ、今の人間は、こんな易しいことを難しいと感じ、あまつさえ、小中学校の男の先生が女子生徒に手を出すと言う猿以下のことをするのか?
それは、「感動をいつまでも」といった、商売のためのスローガンで人々を洗脳しようとする者が昔からいたからだ。
感情というものは、一瞬起こしたら、それで十分で、すぐに消すべきものであり、それは本来、簡単なことである。
だが、人々が感情をいつまでも引きずって消さずにいてくれると、商品やサービスが売れるし、騙して言いなりにも出来るから、昔から権力者は、凡民の感情を長引かせるよう誘導したのである。
学校やテレビが全力をあげてこれをやってきた結果、「あの感動が忘れられない」と、悦に入って言う愚か者だらけになったのである。

感情を感じたら、いつまでもそれに浸っていないで、薄目になったり、呼吸を微かにすれば、感情は弱くなる。
そして、釈迦やイエスのようであろうと思えば、即座に感情は消える。
そうすれば、イエスがやったような奇跡も出来るだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード