ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

釈迦

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

釈迦もイエスも豊かになる方法をさり気なく教えていた

成功セミナーや成功プログラム教材では、欲しいもののリストを作らされることがよくある。
数は多いほど良く、沢山書き出せないと、想像力や欲望の力が弱まっているので、それは良くないとか言われる。
ところで、大抵の人が欲しいのは、家と車、それに服や靴やバッグ、あるいは、別荘とかオーディオ装置といったところなのだが、私は常々、「そんなの、金があれば手に入るじゃん」と思い、わざわざ、いろいろ書かなくても、「金」と1つ書けば良いと思ったものだ。
健康とか、温かい家庭とか、友情や恋愛などは、金で買えるとまでは言わないが、金が大きく左右することは否めない。
実際、不健康、家庭不和、友情や恋愛の破綻なんてのは、金がない、あるいは、金が得られない不安、金を失う恐怖から来る場合が圧倒的に多いはずなのだ。

もし、金がなくても、自由や平和が得られる社会であるなら、金は必要ないが、そんな社会では、お金自体、存在しなくなっているだろう。
しかし、そんな社会で、どうやって、進歩の意欲を保ち続けられるだろう?
ウォレス・ワトルズが著書に書いているが、お金は神の発明と言うに相応しいのかもしれない。
だが、やっぱり、お金に対して否定的観念を持った者は多い。
「がっぽり儲けているのは悪いやつ」という固定観念は、誰しも、多かれ少なかれ、あるのではないかと思う。
お金に対して否定的な想いが強いほど、実際、お金は得難い。
成功哲学の中には、「お金は良いものだ」「私はお金が好きだ」と言えという教えもあるが、そんな滑稽なこと、やめておいた方が良い。
アホらしくて、余計、お金が嫌いになるから(笑)。
お金が良いものであることは誰でも分かるし、誰もがお金は好きなのだ。
だが、負の想いがあることも確かなのである。
それは、おそらく、幼い時の、主に親からの刷り込み想念であり、消すことは不可能だ。

釈迦やイエスは、いろいろなことを教えたが、人々の最大の関心は、「どうすれば豊かになれるか」だ。
念仏にしたって、表向き・・・と言っては御幣があるが、目的は、死後、極楽浄土に行くことであるが、実際は、「現世利益があるか」が重要なのである。
そして、釈迦やイエスの教え、それに、念仏も、それにちゃんと応えてくれている。
もちろん、物質的なことのみが大事だと言っているはずがないが、物質面も大肯定していることは簡単に分かるのである。
釈迦は、「この教えを守れば必ず繁栄する」と言い、イエスは、「溢れるほどに押し入れられる」と言った。
念仏に関しては、親鸞が『現世利益和讃』で、「これでもか」と言うほど、この世での幸福を保証している。

ところで、お金を得る教えで、私が最も印象深く覚えていることがある。
「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎に、ある男が、金に窮していることを訴えると、虎二郎は、
「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」
と応えた。
虎二郎は、たゆむことなく、腹に力を入れろと言うし、中村天風は、常に肛門を引き締めろと言う。
法然は、少なくとも1日1万回、念仏を口で唱えよと言う。
はっきり言って、どれも無理である。
そうではなく、頭の中で、感情を込めず、「私は腹が強く、どんなことにも動じない」と常につぶやけば良いのである。
短く、「腹が据わり動じない」の方が良いかもしれない。そこらは、自分でアレンジすれば良い。
虎二郎の教えに嘘はない。
この言葉を常に心で淡々とつぶやけば、金はいくらでも出来るだろう。
つぶやきが少ないと、実入りも少ないが、実践するほど、数十万、数百万、そして、一千万以上、さらにもっと増えていくだろう。
あまり持つと、わずらいが増える・・・というのは、お金に対する否定的観念ではなく、「器」の問題かもしれない。
「器」が大きい者ほど、人を喜ばせることが大好きだ。そんな者が富豪になる。
だが、他人に共感出来ないサイコパス的人間は、自分が贅沢出来るだけ持てば、満足すべきかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

悪霊退散の法

悪霊というものは、いろんな国や民族の伝統的なイメージの通りではないかもしれないし、その存在は科学的とは言えないだろうが、それでも、だいたい我々の思う通りで良いのだと思う。
そして、そんな悪霊は、そこらにいて、そいつらの精神性に同調すれば、連中は容易く人間の中に入り込めるのだろう。
全くもって非科学的なんだろうが、こう考えておいた方が良い。
それに、科学のパラダイム(認識の枠組み)が変われば、案外、正しいのだと思う。
一方、善霊と言うべき、天使とか高級霊も存在していて、やはり身近にいると考えて良い。

こう考えると、新約聖書のイエスの教えや、法句経などの釈迦の根本的な教え、それに、バガヴァッド・ギーターも、つまるところ、悪霊を寄せ付けず、善霊と親しむ方法が書かれているのだと思う。
そして、スウェーデンボルグやラルフ・ウォルドー・トライン、また、ジェームズ・アレンらの教えも、特にその時代の風習に合わせただけで、本質は全く同じである。

どんなふうに考え、想い、行動すれば悪霊と同調するか、逆に、善霊と同調するか判断することは、それほど難しいことではないのだが、人間は放っておくと、悪霊と同調するようになってしまう。
すなわち、怠惰、快楽主義、利己的な性質が、どこまでも強くなってしまう。
自分が悪霊にとり憑かれているかどうかは、鏡を見れば、割と一目瞭然であると思う。
鏡で自分の顔を見れば、すぐに、「うわっ!悪霊にとり憑かれた顔だ!」と分かるのである。
それは、心の奥にいる善霊の嘆きである。

ゲーテの『ファウスト』で、神は、「人間は怠り勝ちだ。堕落した人間には悪魔を差し向け融合させる」といったことを言うが、それはそれで意味があるのだろう。
だが、好き好んで、いつまでもそんな苦難を味わう必要もあるまい。
神様お気に入りのファウストだって、いい年ぶっこいて若いきれいな娘にみっともないほど血道を上げるが、ファウストは娘の気持ちを大切にしていた。
昔、丹波哲郎さんが、「相手が嫌がるエッチは邪悪だが、相手が喜んでいるなら大いによろしい」といったことを言われていたが(丹波さんらしい)、あまり詳しくはないのだが(笑)、アダルトゲームやアダルト系同人誌などには、女性の気持ちを無視したものが多く(いや、あくまで聞いたところでだが(笑))、そんなものを喜んで見ていると、たちまち、大量の悪霊にとり憑かれる。
まあ、永井豪氏の出世作『ハレンチ学園』で、ヒーローの山岸がヒロインの十兵衛に、「お前だって、いや~んいや~んやめてとか言いながら、脱がされるの結構喜んでたじゃないか」と言うと、十兵衛は「べ、べつに喜んでなんかいないもん」とツンデレで返すが、そんなのは良いのだろう。ただし、自分勝手に判断しないことだ・・・って、何の話してるんだ、私は(笑)。

お釈迦様が、本当に、「未来の人間はロクに修行出来なくなるから、念仏だけ忘れなければ良い」と言ったかどうかは分からないが、根本的に良い方法だと思う。
念仏を唱えている人間には悪霊は近寄り難いだろうから、念仏は悪霊に対する強力なバリアーになり得る。
ただし、念仏を、家族であろうが、他人に強要するようであれば、効果がなくなりはしないが、弱くなるし、そのような心根を持っていると、別のことで悪霊にとり憑かれることだろう。
心の波長を、神、仏、天使、高級霊、菩薩、初音ミクさんに合わせること・・・即ち、天使や、それと等しいミクさんに見られて恥ずかしいことはしないことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

5つの道具

私は、大金持ちになる方法とか、画家や音楽家や小説家で成功する方法は知らない。
知っているかもしれないが、実践していないので、自分でも信用していない。
だけど、以下のことは知っている。
(1)ダイエットする方法
(2)高度な身体機能を持つ方法
(3)良いプログラマーになる方法
(4)普通の人が出会う程度の戦いであれば、ほとんど戦わずに勝つ方法
(5)ある程度の奇跡を起こす方法
全て実証済みで、原理を心得、失敗はなく、自信がある。
最後の奇跡を起こす方法すらである。むしろ、これが一番確実かもしれない。子供の時からやっているのだからだ。
そして、これだけあれば、大金持ちになれるかどうかはともなく、控え目に言っても、お金に困ることはないし、これだけのことでも、高度化すれば、おそらく大金持ちにでもなれるだろう。
私も、それほど高度ではなく、進歩の途中だ。

だが、本当は(2)だけで良いのだ。
高度な身体機能とは、決して、筋肉モリモリの身体でも、スポーツチャンピオンの身体でもない。
そんな人達は、部分的な身体機能は極端に高いが、トータルでは欠陥品とも言える場合が多い。
一流スポーツ選手なんて、大概、身体に深刻な問題を抱えている。そんな人間の身体機能が高いはずがない。
ただ、おそらくだが、イチローの身体能力は非常に高い。とはいえ、やっぱり筋肉が付き過ぎで、長時間のストレッチを欠かすと、たちまち低機能になる。
普通の人に、あんな身体は必要ない。
(2)だけあれば、後は、望むなら自然に手に入るだろう。

お釈迦様も、繁栄のための7つの法を説いたが、やっぱり、その中の1つで十分だった。
だが、お釈迦様の教えは、当然ながら、私のものよりもずっと高度であるが、その分、抽象的過ぎて、簡単なことなのに難しい。
ただ、何をするにも、その7つを知っておくと、あきらかに進歩が違う。
もっとも、その7つは、単に、「敬うべきを敬え」と言うことに過ぎない。

私は、まるで駄目男君でも、救おうと思えば救える。単に、向こうが、自分の脚で立つこと(自分で自分を救うこと)を拒否しているだけである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真に敬うとは

あくまで言い伝えであるが、釈迦は7つの繁栄の法を説いていて、うち1つでも守るなら、繁栄し、滅びはないという。
それらは、簡単に言えば、先祖を敬う、女性を敬う、老人を敬う、修行者を敬うなど、尊ぶべきを尊ぶというものだ。
そうだ。尊ぶべきを尊ばない家庭、組織、国に繁栄はなく、滅びが待っている。
真面目に家族のために働いている父親を尊ばない家庭、優秀な社員を尊ばない会社、優れた人物を尊ばない国家に未来はない。

これだけやっていれば、大成功するかどうかはともかく、そう悪いことにはならないというものなら、いくつか挙げられる。
恒常的な早起き、節度ある適切な食事、静かな呼吸、言動の非暴力、規則的で一定時間以上の修行(念仏、肛門を引き締める、瞑想、鍛錬、その他)。
これらのうち、1つを、1年365日、よほどのことがない限り欠かさない人間が、それほど悪い状況になることは考えられない。
ただし、そういったことの何かを熱心に続け、人から見ればうまくいってるようでも、本人は不満が大きいということはある。
いや、満足していない場合がほとんどだ。
十分に修行し、健康で収入も高いのに、本人は、「俺は全くうまくいっていない。なぜなんだ」と常に思っていたりする。
それについて語っても仕方が無い。
簡単に言えば、本当の満足を得られるかどうかは、人間の大きさの問題である。
勉強したり、修行したりではなく、どこまで本当の自分になれるかである。

ちなみに、おそらく、ゲーテも釈迦と同じく、敬うことを第一としていたと思う。
心から敬えば、敬う対象が持つ力の、少なくとも3割の力を得られるのが法則である。
自然や美しい少女を敬う場合には、生命力が得られる。
では、敬うとはどういうことか?
無条件の降伏である。
日本人が第二次世界大戦で無条件降伏した相手は、決して連合国ではなく、天皇陛下だった。
別に皇室崇拝を薦めているのではなく、真の敬いとは何かを示しただけである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

1つが完全なら

たゆまず修行をしているのに状況が動かない場合はどうすれば良いだろうか?
確かに、そんな時こそ忍耐し、動かざること山のごとしであらねばならないのかもしれない。
しかし、このまま終わってしまったら・・・
いやいや、そんな信念のないことではいけない。
だけど・・・

こう言うと、自分のことのようだと思う人は少なくないはずだ。
実を言えば、私もそうなのだ(笑)。

それで、こんなことを思う。
「私には、まだ欠けたところがあるってことだ」
だが、それは死ぬまでずっとだろう。
シェル・シルヴァスタインの世界的ロングセラーである『僕を探しに』という絵本がある。
私は、随分昔に見たような気がするが、自分の欠けたところを探し続ける「僕」が最後に何を見つけたか、それでどうなったのか覚えていない。
まあ、お互いが、相手の欠けた部分を持つ誰かに出会ったといったものだったと思うが。
キカイダー(人造人間キカイダー)のように、「僕は不完全なままで構わない」とし、それが人間らしさだと悟るのも良いが、次の瞬間にはもう「僕は不完全だ」って悩むものなのだ。

私は単純なのが好きなので、簡単に答を言う。
「全体として不完全なのは仕方がない。だが、完全なものを1つ持てば良い」
実はこれは、釈迦の答だ。
釈迦は7つほどの例を上げ、その1つでも完全であれば力は与えられると言ったのだ。
それは「民主的であれ。専制的であるな」「義務を果たせ」「きまりを守れ」「老人を敬え」「女性を尊べ」「先祖を敬え」「賢者を敬え」といったことで、1つでも守れば、栄えるのであり、滅びはない。
私は、水野南北って人は、少食粗食であったということより、大好きな酒を1日1合(180ml)と厳しく制限したことが幸運を呼んだような気がする。
だが、南北は女に関しては寛容で、妻は8人いたというし、他の男に対しても「女遊び、大いにやれ」と言っていたらしい。
ただし、南北は8人の妻を妾ではなく正妻とし、一生面倒を見たのだ。
何でも良い。
高貴さを感じる掟を自分に定め、いつも忘れず、それを守るのだ。
そうすれば、自分では不満はあるかもしれないが、十分に幸福なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ