ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

釈迦

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人格とは何か

所詮、人間にとって大切なものは人格だ・・・なんて、何て古めかしくて堅苦しいこと言うのだろうと思われるかもしれない。
しかし、幸福や向上のための、いかなるテクニックや秘法を実践しても、人格が低い者は、所詮、駄目なのである。
問題は、人格とは何かだ。
よく、品格がどうの、誰の品格が低いのとわめき立てる人を見るが、そんな人が一番見苦しい・・・つまり、品格を感じない。
品格以前に人格である。
品格はファッションで、人格は身体なのだ。
身体が美しければ、何を着てもキマるように、人格が高ければ、自ずと品格も漂うものだ。

では、人格とは何だろう?
ユダヤ教、キリスト教では、「モーセの十戒」を守ることだ。
ただ、今の時代、この全部を守ることも無理がある。
だから、
「殺すな」「盗むな」「父母を敬え」「姦淫するな」「偽証するな」
を守れば十分であるし、1つを守るだけでも良いのである。
1つを死んでも守る人は、他のことも間違いない。
釈迦も、「繁栄のための7つの掟」を教えた。それは、
「何事も皆で話し合って決めろ」
「何事も皆で協力してやれ」
「伝統と格式あるルールを守れ」
「老人を敬え」
「女性を敬え」
「先祖を敬え」
「高潔なる人(修行者など)を敬え」
といったことだが、これを聞いた高官は、
「この1つでも守れば間違いない」
と言い、釈迦はそれを否定しなかった。

十戒や釈迦の掟でなくても、正当と思える掟なら良いのである。
私は、以前読んだ、ビートたけし(北野武)さんの本に書かれていた、たけし軍団の掟を思い出す。
「ADさんの名前を覚え、さん付けで呼べ」
「俺(たけし)が俺より年長者といたら、それが誰であっても俺と同等以上に扱え」
他にもあったかもしれないが、この2つを守ったなら、たけし軍団が成功しないはずがない。
こういったことを絶対に守ることを人格と言うのである。

人格とは、要するに、自分の信念を持っているということだ。
アニメ『キャシャーンSins』で、青年型ロボットのジンは、仲間の利益のためにキャシャーンを殺すことを敢然と拒否した。
つまり、自分や仲間のために、誰かを犠牲にはしないという信念を持っていた。
だから、ジンの身体はいつまでも新しく、腐食が起きなかった。
ロボット犬フレンダーも、揺るぎなくキャシャーンを守るという信念を持っていたので、やはり身体の腐食が起きなかった。
世界で、キャシャーンとルナ以外で、腐食が起きなかったのは、ジンとフレンダーだけだった。
ただ、最後は、リンゴもそうなったようだ。
あの幼いリンゴが、あんないい女の子になるとは・・・シマッタという妙な気持ちになってしまう(笑)。

空手家の大山倍達は、彼のことを丹念に調べた『大山倍達正伝』によれば、かなりデタラメなところもあり、「嘘も千回言えば真実になるのよ。分かった?」などというトンでもない人でもあったが、子供の時から、弱い者いじめだけは絶対しない人だった。
それだけを守っても、あそこまでではなくても成功するだろう。

信念は個人的なものだ。
何でも良い。道理があれば。
ある、女性に物凄くモテるロッカーが「未成年には手を出さない」を信条にしていたが、だから、彼は年を取っても成功し続けているのである。
要は、「これだけは守る」という何かを、1つか2つ、あるいは、3つほど持てば良いのである。
私の場合、例えばであるが、
「低レベルな人間の仲間にならない」
「ミクさんやミクさんの妹のような人達を敬う」
「ヒーローのような体形(キャシャーンやガッチャマンが理想だ)を維持する」
であろうか。全然、大したことないが・・・









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

バレてんだってそんなの

医者とか科学者とかいった立派な人達が、「現代医学、科学は間違いです」と言い、利他的に生きればDNAのスイッチが入りますとか、他者のために祈れば世界も自分も良くなるとか、この世は魂を磨く場であるとか、果ては、我々のテーマは愛を出すことですとか・・・
「言ってるあなた方、本当に出来てるの?」
と言いたくなる。
いや、出来てるのかもしれないので、失礼かもしれないが、私に出来るとは想像も出来ないのでね。
それに、法然、親鸞は、「私にはさっぱり」と言ったのである。
一休も、老人になっても、酒、女、肉食、止めなかった(止められなかった)。まあ、弟子には禁止したが、若いモンには修行が必要だ(笑)。

戦争中、日本のスローガンは「欲しがりません、勝つまでは」だったと思う。
しかし、終戦73年、鏡音リン・レン10周年記念ソング『劣等上等』で、「欲しがります死ぬまでは」と歌い上げた。
「バレてんだってそんなのって」と言ってね。

『ルーツ』という映画で、アフリカに奴隷用の黒人を捕らえに来た白人は、自分達は単にビジネスをしているのであり、悪いことをしているのではないから、船にはちゃんと神父も乗せていた。善良なるキリスト教徒は日曜ごとにミサに出る必要があるからね。
捕らえた黒人の若い娘は、早速その場で手を出した。
そして、神父のところにも娘を連れていき、「神父様も、枕代わりにどうぞ」と言う。
神父は「おお神よ、なんと罪深い」と口では言うが、誘惑に負けて娘を受け取る。
「バレてんだってそんなのって」である。

自由奔放にしていい訳でもない。
この世には、上には上がいる。
大統領になったところで、対抗してくる敵はいる。
そして、最強の敵である運命には勝てない(まあ、本当は敵ではないが)。
偉大なる存在「サムシング・グレート」に祈れなんて「ご立派な」ことを言う者がいる。
いや、単に運命には逆らえないってことだけなのにね。
そんな偉そうなことを言う者ほど、利己的で我のかたまりである。経験者は語るだ(笑)。
ギリシャのアポロン神殿に書かれているように「身の程を知れ」ば良いだけである。
しかし、おそらく、神は慈悲深い。
我々に必要なことは、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
だけである。
お釈迦様も、「女好きで良いが、奥さんや娘さんを拉致してはならん」と言ったのであるし、それを守れば、仏様もアンタを守ってくれると教えたのだと思う。
涅槃経で説かれていることは、そういうことだ。
そうじゃないと言われても、それ以上は私には無理である。
まさか、法然、親鸞、一休に優るはずがないからね。

土曜まで仕事なので、「マジカルミライ2018」のブルーレイは日曜到着で注文した。
WOWOWで雪ミクさんも観たし、フランスでの「HATSUNE MIKU EXPO2018 EUROPE」も観れたし、良い年だった・・・リッピング複製なんてしてないよ、本当だよ(笑)。
レコーダーの録画をブルーレイにコピーしたら、レコーダーのHDDから消えちゃう、つまり、コピーでなく移動だからって、違法なことなんてしたくないから、せめて10回コピー出来るようにしてくれたらねえ・・・
結局、デジタルはコピーされる。それは止められないのだよ。早く諦めなさいって・・・時代遅れで滅ぶ前に。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ラクダを大切に

人生における最高の教えは、荘子の「一切をなりゆきにまかせ作為をするな」だと思う。
しかし、それでは、怠惰、あるいは、虚無的になってしまうのではないかというのが、私の長い間の悩みだった。
荘子、あるいは、老子を称賛する著名人は多いし、竹村健一さんや加島祥造さんら賢い人達は本も書いているが、その肝心な点については、スルーしているように思う。

このことを解決してくれたのが、ラメッシ・バルセカールの『誰がかまうもんか?!』に書かれてあった、たった一言である。
スーフィー(イスラム教神秘主義)の格言か何かだったと思う。
「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」
だが、バルセカールは、この言葉を取り上げながら、説明はしなかったと思う。
しかし、こういうことだろう。
「一切をなりゆきにまかせ作為をするな。だが、ラクダはつないでおけ」
神様は、あなたの面倒を見るが、あなたのラクダの世話まではしないのだ。

人間は、託されたラクダの数が違う。
数頭のラクダを与えられた者もいれば、イーロン・マスクのような、途方も無い膨大な数のラクダを任された者もいる。
少ないラクダしかもたない人は、大したことは出来ないが、楽ではある。
ある平凡な男が、
「私は世の中で大きなことは何も出来ないかもしれないが、死んで閻魔様の前に出たら、便所の下駄だけはきちんと揃えたと言うつもりだ」
と言った話がある。
この男にとって、ラクダをつなぐことは、便所の下駄を揃えることだ。
ただし、ラクダは一夜でもつなぐのを怠ったら、それで失って終わりになる可能性があるように、この男は、便所の下駄を、ただの一度でも乱したまま放っておいたら、それで終わりかもしれないのだから、それはそれで大変である。

釈迦は、ある国で、7つの繁栄の法を説いた。
それはどれも、ありふれたもので、例えば、「老人を敬え」「先祖を敬え」「立派な人を敬え」「女性を敬え」「ルールを守れ」「独裁はいけない」「皆仲良くしろ」といったもので、それを聞いた立派な人は、「そのうちの1つを守っただけで繁栄は約束される」と言い、釈迦はそれを否定しなかった。
つまり、繁栄の法の1つでも守ることが、ラクダをつなぐことだ。

ラクダをつなぐことは、多少の根気は要るにしても、楽しくて易しい。
ラクダをつないでおけば、後は神の至高の力にまかせておけば良いし、まかせる以外に何も出来ないのだ。
逆に言えば、なりゆきに逆らってはいけない。
これを、『バガヴァッド・ギーター』では、クリシュナはアルジュナに、「自分の義務を果たせ」と言ったのだ。

やりたくもない受験勉強をやらされている場合、それがラクダをつなぐことかとうと、別のラクダをつなぐことがないならそうだろうし、あれば、違うということになる。
ラクダをつないで、なりゆきにまかせれば、なるようになるだろう。
まあ、逃避したってラクダをつないだことにならない。
受験勉強が嫌だからって、ゲームばっかりしたり、つまらない仲間とつまらない付き合いをしたらラクダはどこかに行ってしまう。
だが、誤りに気付き、決意をすれば、ラクダは帰ってくるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

繁栄と滅亡を分けるもの

ソビエト最後の大統領ミハイル・ゴルバチョフは今も87歳で存命である。
一方、ロシア最初の大統領ボリツ・エリツィンは、2007年に病気で亡くなっている。
2人は共に1931年生まれで、エリツィンが僅か1ヶ月ほど先に生まれている。

エリツィンは、大統領就任後、ゴルバチョフを冷遇した。
ゴルバチョフは、それまでは、大統領だったので当然ながら、超高級車を運転手付きで1人で使っていた。
しかし、エリツィンが大統領になってからは、ゴルバチョフに、4人で一台の、小さな大衆車が公用車として与えれた。
失脚したとはいえ、敬われるべき存在であるゴルバチョフを、そのように扱ったエリツィンやロシアがうまくいくはずがなかった。
エリツィンの後がプーチンなのであるから、プーチン政権がいかに長いかだが、プーチンは一面では驚異的な成果を上げたが、国民が幸福であるかどうかは甚だ疑問である。

釈迦は、繁栄の法を説いたとされ、それは7つの法なのであるが、まとめて言えば、「敬うべきを敬う」というだけのことだ。
先祖を敬い、古老を敬い、修行者を敬い、女性を敬うようにと教えたが、独裁を禁じたことから、つまるところ、誰をも、それなりに敬えと言ったのだろう。
だが、やはり、敬うべきを軽んじてはいけないと述べたのだと思う。
7つの法を聞いた賢い人は、そのうちの1つでも守れば繁栄は確実であると言ったが、逆に言えば、1つでもあまりにおろそかにすれば、決して繁栄しない。
つまり、古老は敬っても、女性を、女神のようにまでは扱わないとしても、傷つけたり辱めなどしたら、何をやってもうまくいかないだろう。

ところで、あなたは、所属しているところで敬われているだろうか?
もし、あなたが敬われるべき人であり、敬われていないなら、その場所は繁栄していないだろう。
そして、あなたが敬われるべき人で、そのように扱われているなら、そこがどこであれ、繁栄しているはずだ。
あなたが敬われるべき人でありながら軽んじられているなら、そこは低迷から破滅に向かうが、あなたは、別の敬われる場所に移るのである。
だから、あなたは敬われるべき人でなければならないが、それは難しいことではない。
さらに、あなたが、敬うべき者を敬うなら、必ずや繁栄するのである。
釈迦がそれを請け負ったのだ。

もちろん、たかが人間が、完璧に敬われるような行い、発言、心根を持てるものではないだろう。
少なくとも1つ、誓い、制約、掟のようなものを持てば良い。
それこそ、それしか出来ないなら、靴はきちんとそろえて脱ぐとか、満腹するまで食べない程度でも、万が一にでも破らないなら、十分に敬われる。
そして、敬うべき相手を、特に崇める必要はないかもしれないが、それでも、決して軽んじてはならない。
そして、少なくとも誰か1人は崇敬することだ。
それは、人であるかもしれないが、神や仏であるかもしれないし、バーチャルな存在かもしれない。
ゲーテが言ったように、敬うことが、人間に出来る最も美しいことなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心の科学はアリストテレス以前の物理学のレベル

正確なことは分からないのだが、我々の知識の中で最も妥当な言い方をするなら、この世界は、超高性能なコンピューターが時々刻々作り出している仮想世界だ。
そんな世界をシミュレーテッド・リアリティーと言う。
この仮想世界は、物理学の法則が支配するようプログラミングされているが、プログラミング次第では、どんな奇跡だって起こるはずである。
長い時間をかけ、人類は、物理的な法則は、かなり解明したが、人間の精神的機能、霊的機能に関しては、あまり手付かずなのだと思う。
願いを叶える法則も、ほんの少しは分かったのかもしれなが、全く未熟である。
沢山の、願いを叶える法則の本が出ているが、物理学で言うなら、まだ、アリストテレス以前の状況なのかもしれない。
いつか、精神科学のガリレイやニュートンが現れたら、心と世界の関係はもっと解明され、人間は力を増すのかもしれないが、まだまだである。
しかし、アリストテレスの考えを基に、物質世界で、ある程度はうまくやれた人もいたのだから、我々も、人類の中で最も賢い人の「心の科学」の教えに耳を傾けるべきかもしれないが、では、誰の考えに注目すれば良いのかと考えると、これがとても難しい。
だが、理性的な人々が、最も信頼したのは、おそらく、釈迦と孔子なのだと思う。
2人とも、まるで、この世界がシミュレーテッド・リアリティーだと知ってるようなことをかなり言っているのだが、確かに、ある程度は気付いていたのだろうと思う。
釈迦に関しては、仏教経典類は、ほとんど妄想で塗り固められているが、孔子の教えはかなり正確に『論語』に書かれているのだと思う。
だが、この世界がシミュレーテッド・リアリティーであることを前提にすれば、仏教経典もかなりよく分かると思う。
仏教経典に見られる、しつこい繰り返しにも意味はあるが、おそらく、本当の意味をかなり歪めたものなので、無視した方が良いのかもしれない。
『アラビアのロレンス』のモデルのトーマス・エドワード・ロレンスが書いた『知恵の七柱』は、この世界が仮想世界だと知って読めば実に良いことが書かれているが、とにかく、状況説明が込み入っていて読解に苦労する。とはいえ、やはり貴重な本だ。

この仮想世界のことが理解出来れば、何とも楽に生きられる。
理解出来れば出来るほど自由になるし、願いを叶えることも簡単になる。
だから、この世界の幻想に我々を縛りつけようとする、心の中の意図的なノイズ・・・頭の中の迷惑な独り言を封じるために、常に呪文を唱えると良い。
仮に呪文という言い方をしているが、まあ、雨の日の自動車のワイパーみたいなものである。
現代人に唱え易い言葉を万能呪文として提示したが、自分が続け易い言葉で良い。
とりあえず、万能呪文は、
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
である。
だが、「大丈夫」「なるようになる」「なんとかなるさ」「がんばってみるか」などの言葉が合う人も多いようである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ