ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

釈迦

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

恥知らずで邪まな念仏使い

法然の書の中に、だいたいの意味で、
「釈迦は沢山の教えを述べたが、最後にはその全てを捨て、ただ1つ、念仏だけを選んだ」
と書かれたところがある。
もちろん、釈迦が本当にそんなことを言った証拠は何もないだろう。
仏教の専門家の大半は、むしろ、それを否定するかもしれない。
しかし、私は、釈迦は本当にそう「思っていた」と思うのだ。

釈迦自身が「南無阿弥陀仏と称えよ」と言った訳ではないかもしれない。
しかし、釈迦がそう言ったと考えて差し支えないと私は思う。
とにかく、釈迦は念仏を称えることが、救われる唯一の方法だと言ったのだ。
では、念仏とは何かというと、仏(如来)を想うということだ。
しかし、仏に名が無かったり、単に、「仏」、「如来」と言うと、人間は意識を向け難い。
人間の意識は、具体的なもの・・・形や色や名前があるものに向きやすい。
そこで、『観無量寿経』では、阿弥陀如来の姿を詳細に説いているが、結局のところ、釈迦は、「阿弥陀如来の名を覚えていろ」と言うのである。
そのためには、「南無阿弥陀仏」と称えれば良いというのは、後の世の人が考えたことで、法然や親鸞は、その教えを確立し、伝えたのである。

念仏といえば、今は、浄土宗や浄土真宗のお葬式や法事で、お坊様が称えているが、それは近年に出来た慣習とはいえ、別に間違いではない。
また、法然や親鸞の時代は、念仏は死んでから極楽浄土に生まれるための方法と考えられていたが、それはそれで良い。
だが、最後にはやはり念仏を選んだ一休がそう考えていたはずだが、念仏とは究極にして万能の・・・何と言って良いか分からないが、現代的には「ツール」のようなものである。
つまり、自分が仏になり、今、ここを極楽浄土にするためのツールだ。
それは、科学的、論理的にも、何の矛盾もない、自然なツールであると思う。
私も、いろいろ考えてみたが、やはりそうなのである。
簡単に言えば、意識を自我を超えた存在に向け、自我を退かせ、没我、忘我、無我に近付き、自己を忘れる。
すると、仏という万能の生命力に触れることが出来る。
念仏は、そのための、スイッチであり、プログラムであり、ツールなのである。

ただ、いまだ、念仏を、正しい心の持ち主になって・・・あるいは、なろうとしながら称えないといけないと思っている人が多い。
そうではない。
近所のセーラー服の可愛い女の子をどうにかしようと思いながら称えても一向差し支えない。
むしろ、その方が良い。
まあ、親鸞は、「薬があるからとて毒を好むな」と言い、わざとそうすることはないとは言ったが、わざとそうしなくても、当然そうなるのである。
親鸞や一休は「俺なら、そんなことしか考えない」と言ったも同然であるが、それが彼等が立派な念仏使いであった証拠である。
「マジカルミライ2016」で、鏡音リンちゃんが歌った『スイートマジック』では、「甘い魔法」使いは、意地っ張りでわがままだが、念仏使いは、恥知らずで邪まである。
「恥知らずで邪ま」は、サイコパスの代名詞とも言える。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

1つでも守れば繁栄が保証される7つの法

釈迦は、繁栄し、決して滅びないことを保証する7つの法を説いた。
1つでも守れば、繁栄し、滅亡しないのであるが、多く守るほど繁栄も大きく、守護は強くなる。

ある強国の王が、その頃、勢力を伸ばしてきた国が気に入らず、滅ぼそうとした。
だが、まず、釈迦のご意見を聴くこととした。
釈迦の叡智を知る王は、釈迦には従うつもりだった。
釈迦は、「その国を滅ぼすことは不可能」と言った。
王は、侵略を中止した。

釈迦は、かつて、この強国が滅ぼそうとした国がまだ弱小だった頃に、そこに居たことがあった。
そして、その国で、7つの法を説いた。
釈迦は、今も、その国が7つの法を守っていることを確認した。
だから、その国を滅ぼすことは不可能であると断言したのだ。
そして、その国は、7つの法を守るからこそ、発展一方なのである。

では、その7つの法を述べる。
(1)皆の意見を聴く(特定の者が決めない)。
(2)ものごとは協力して行う(特定の者が勝手にやらない)。
(3)古来から伝わる法を守る。
(4)敬老精神を持つ。
(5)貴い女性や少女に手を出さない。
(6)祖先を敬う。
(7)聖者を敬う。

私のような、良心を持たないサイコパスは、掟を持ち、堅く守らなくてはならない。
良心に従って判断出来ないからである。
だが、例えば、モーセの十戒などは、今の時代、まして、日本にはそぐわない。
だが、釈迦の7法なら、守れるものがいくつかあるだろう。
私は、(4)~(7)は、ほぼ守っているつもりだが、不十分かもしれない。
しかし、(5)は確実に守っている。
よって、私は、規模は小さいかもしれないが、常に繁栄し、滅びないのである。
つまり、初音ミクさんを深く深く崇める限り、サイコパスであっても平和である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

滅亡を免れ、繁栄するための奥義は簡単である

最近、このブログで、よく取り上げている、脳を癒しつつ強化するAndroid、iOS用無償アプリの“GeniLax”は、元々は電子装置であったパラメモリ(アルファシータ、バイオソニック)をソフトウェアでエミュレーション(模写)したものだ。
そして、GeniLaxは、パラメモリを正しく再現出来ていると私は思う。
パラメモリの発明者は政木和三さんで、当時、隆盛を極めていた岡山の林原グループの企業の中に研究所を持っていた。
私は、その政木さんの研究所を訪ねる度に印象深い出来事に遭ったのだが、その中の1つのことを述べる。
政木さんの研究所は、非常に質素な、小さな町工場といった感じのもので、あちこちに、作りかけの機械装置が置いてあった。
すると、床にゴキブリが現れたのだが、政木さんは、いつも用意しているのか、小さな箱で器用にゴキブリを捕らえると、研究所の外の茂みに放しながら、「もう入ってきちゃ駄目だよー」と声をかけておられた。
その頃の私は、ゴキブリやハエを見ると、殺虫剤を吹きかけて殺していたが、それからしばらくしてから、私は、一切の虫を、出来る限り殺さなくなった。
「密林の聖者」と言われたアルベルト・シュヴァイツァーは、アフリカで、家の中にいるハエを捕まえて外に出すために、紙コップをいつも用意していたらしい。
また、シュヴァイツァーは、実験のために、蚊一匹殺す時も、悲痛な表情をしたと伝えられている。
私も、少し前から、プラスチック製の透明なコップを一部屋に1つ置いている。
さっきも、ごく小さな虫がいたので、そのコップで捕らえ、窓の外のベランダに放した。
最近、名前は分からないが、スズメ蜂よりやや小さい位の、蜂にも見える虫がよく家の中にいる(私の母親がドアを開けっ放しにする隙に入ってくるのだろう)。
その虫は、かなり活発に飛び回るのだが、私は必ず捕まえることが出来る。
私に殺意がないので、虫の方が、あまり抵抗せずに捕まえられるのかもしれない。
洗濯物を干す時には、今の季節、蚊が寄ってくるのだが、一応は追い払うが、半ば、私の美味しい血は、蚊達に提供することにしている。
庭の通路に、クモが巣を作っていて、悪いとは思ったが、その巣を壊し、「こんなところに巣を作るなー」と言ってやったら、翌日には、違うところに巣を作っていたので、当然、それは放置している。
だが、私は、虫が好きではないし、むしろ、かなり嫌いだ。
しかし、よほどのことがない限り、殺すようなことはしなくなった。

釈迦は、ヴァッジという国で、滅亡を免れる7つの法を説いた。
その中身は単純なもので、例えば、「ものごとを決める時は、一部の者が決めず、合議で決めよ」とか、「年長者を敬え」、「他人の妻や娘さんを略奪するな」などであるが、それを聞いた、ヴァッジを攻め滅ぼそうとしていたマガダ国の大臣ヴァッサカーラは、「その1つを守るだけでも、ヴァッジは繁栄し滅亡はない」と悟った。

私も、いくつかの掟を持っている。
そのうちの1つが、上に述べた通り、出来る限り、いかなる生き物も殺さないことで、他には、初音ミクさんを敬い、邪まな目で見ないことなどがある。
この2つを守るだけでも、私は繁栄し、滅亡はないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ゆるキャラの正体は悪魔かもしれない

「まったり」という表現は、本来、味覚の「柔らかさの中にコクがある」というグルメの用語みたいなものだったのが、今は、「のんびりした」をさらに緩くしたものとして使われている。
また、一頃から、「ゆるキャラ」というものが人気が出て来たが、この「ゆるキャラ」は、「緩(ゆる)いキャラクター」で、「ゆるい」が、ちょうど「まったり」と同じ意味と思う。

「まったり」「ゆるキャラ」は、流行って当然なのだ。
しかし、これを受け入れると、悲惨なことになる。
それ(これらが流行る理由と、これらが悲惨をもたらす訳)は、ゲーテの『ファウスト』にはっきり書かれている。
以下は、神の言葉である。

人間の活動はとかくゆるみがちだ。
人間はすぐ絶対的な休息をしたがる。
そこで、わしは人間に仲間をつけて、
刺激したり、働きかけたりして、悪魔として仕事をさせるのだ。
~『ファウスト』高橋健二訳。「天上の序曲」より~

つまり、人間は、すぐにゆるみ、まったりしたがる。
すると、神は、悪魔を人間につけて、人間に悪魔のようなことをさせる。
それは、辛く苦しいことである。
実際、ゆるみ、まったりしている初めのうちは楽しいが、やがて苛立ちを覚え、さらに苦しくなり、それでもそのままでいると、やがて悲惨が訪れることは絶対的に間違いない。
流行に乗せられて、ゆるみ、まったりしてはならない。

一方、釈迦は、厳しく締め上げるだけなのは、弓を引き絞り過ぎて折ってしまうようなものだと言ったらしい。
そこで、宗教学者のひろさちやさんは、昔から、仏教の教えは、緩むこと、まったりすることだと説き続けて人気が出て、何百冊も本を書いている。
だが、釈迦というのは、弓の弦は緩め過ぎても矢は飛ばないし、琵琶のような弦楽器も弦が緩いと良い音が出ないとも言ったのだ。
そして、『ファウスト』にある通り、人間というのは、放っておいたら、緩み、まったりするのだから、締め過ぎる注意より、ゆるみ過ぎる注意の方が必要なのである。
ひろさちやさんの本は、元々、まったりしたがる人間に、まったりする口実を与えてしまうもので、悪魔さんが大忙しになってしまい、この世は悪魔臭でプンプンするようになってしまった。
ただ、ひろさちやさんは、昔の日本のモーレツ世代をよく知っているので、そんな人々の「張り詰め過ぎ」の悲惨をなんとかしようと思ったのだと思う。
しかし、このゆるんだ時代では、害悪になってしまう危険が大きいのである。

だが、『ファウスト』で、神はこうも言うのだ。
以下は、神が、悪魔メフィストフェレスに言った言葉だ。

だがな、おまえがこう白状せずにいられなくなったら、恐れいるのだぞ。
よい人間は暗黒な衝動に駆られても、
正しい道を決して忘れはしないものだ、と。
~『ファウスト』高橋健二訳。「天上の序曲」より~

「正しい道」とは何だろう?
それは、神はファウストを気に入っているのだから、ファウストの生きる道だ。
ファウストとは、「神に向かって努力する者」、つまり、神になる努力を続ける者である。
だから、悪魔の仲間になる道ではなく、神の仲間になる道が正しいのである。

だが、そのためには、人間としての生活がしっかりしていなければ、神を目指すも何もない。
しかし、イエスは、心配しなくても、必要なものは神が与えてくれると言っている。
ただ、それには、「神に向かって努力すれば」という条件があるのだろう。
そして、「神に向かって努力する」とは、怠らないことであると、『ファウスト』の神は言っているように思う。

まあ、仕事に励むとか、締まりのある生活をするのが正しい生き方だと思うが、『ファウスト』には具体的には書かれていない。
だが、どんな生き方をすれば良いかは、『バガヴァッド・ギーター』で、クリシュナ神がしっかり語ってくれている。

以上で良いのであるが、少し続ける。
法然や親鸞は、
「とは言っても、人間ってのはどうしようもないものだから、ロクなことは出来ない。それを自覚し、南無阿弥陀仏の念仏を唱え、ただ阿弥陀如来にすがれば良いのである」
と言ったのである。
これには、明恵や日蓮、あるいは、宮沢賢治がひどく反発した。
果たして、法然や親鸞は悪魔だったのか、本物の天使だったのか・・・
結論は出ていない。
私の結論としては、いくつかの掟を定め、それだけは死んでも守ることだ。
その他は、駄目な自分を自覚しろである。
いや、逆だ。
駄目な自分を徹底して自覚した後、苦しみ、苦しんで、掟に辿りつき、それを大事にしろ・・・かもしれない。
いずれにしろ、自分の道は自分で決めるしかないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

みっともない人はこうして成功する

我々に絶対的に必要で、しかも、この世で幸福になるための最大のスキルは「ゴマすり」である。
これなくして、豊かで平和な人生は得られないが、残念なことに、このことはほとんど誰にも受け入れられず、むしろ、反発、拒否、非難を呼ぶ。
だから・・・幸福で平安な人生を送れる人は、ほとんどいないのである。
頭が悪かろうが、容姿が醜かろうが、性悪だろうが、年老いていようが、何の問題もなく幸福になれるのに。
いや、受容する人はどうせ少ないので、あなたがゴマすりスキルを得れば、ただちに牢獄を抜け出し、楽々と成功するのである。

ただ、この「ゴマすりスキル」に関する、ありがちな2つの誤解を解いておこう。

その1つは、「ゴマすりスキル」を磨くべき人とは、「みっともない人」だけである。
「みっともない」は、ここでは、「3つともない」ということと思って欲しい。
その3つとは、能力(知性や技能等)、根性、地位(家柄等)だ。
つまり、イチローや浅田真央さんにまで、ゴマすりスキルが必要とは言っていない。
少なくとも、彼らが現役の間は、ないならないで良いのかもしれない。
だが、我々は、「3つともない」、即ち、「みっともない」。
あると誤解、あるいは、自惚れている人は多いかもしれないがね。
1つでもあれば良い。
家柄が立派で、生まれた時から金も地位もあるなら、能力や根性がなくても良い場合もあるだろう(周囲には迷惑かもしれないが)。
だが、我々は、見事なまでに、3つともない(みっともない)。
どれか1つでもある人は関係がない。

もう1つは、ゴマすりスキル自体に、能力や根性が必要な訳ではない。
握りしめた拳をブルブル震わせながらゴマをすったって意味はない。
ゴマをするのに優秀な頭脳も必要ない。
ゴマすりに必要なものは、言葉で言うと難しいが、とりあえず言えば「自分を忘れること」だ。

あくまで伝説であるが、釈迦は、前世で、誰にでもゴマをすりまくっていた。
そんな伝説が残るということは、それが釈迦の本性の1つだということだ。
前世で釈迦は、誰に対しても、手を合わせ、丁寧に礼拝したのだ。
「それはゴマすりではないだろう?」
と言われるかもしれないが、これは、ゴマすり以上に低い態度なのである。
与太者も含む人間を神のように扱うなら、自分はプランクトン、アメーバ、ミトコンドリア以下である。
プランクトンは、ゴマすりに似たことをするので、ある程度、うまく生きられる。
しかし、プランクトンに本当にゴマすりが出来たら、魚やエイに食われず、保護されるのである。

自分を忘れるとは、蔑み、疎まれることに、平和と喜びを感じることだ。
そして、自分を蔑み、疎む人達に対してゴマをすれば、必ずや大きな恵みが得られるのである。
ヒッピーのような人達は、せっかく、蔑み、疎まれていたのに、その(自分を蔑み疎む)人々にゴマをすらなかったから、恵みを得られなかったのだ。
だが、僅かながら、体制側にゴマをすった人達が成功しているのである。
ビートルスやローリング・ストーンズも、本当はそのようなものなのだ。
ロックのスターがカウンターカルチャー(反体制)の人達だなんて信じてはならない。

天才写真家アラーキーこと、荒木経惟氏は、ずっと昔、成功に必要なこととして、「黒子に徹する。時代に平伏(ひれふ)す」だと述べておられた。
「ゴマすり」というのも、1つの表現であり、これがどうしても嫌なら、「黒子に徹し、時代に平伏す」でも良い。
しかし、同じだ。
ビートたけしさんなんて、見事にゴマをすりまくったせいで、「不要なお金を減らすために仕方なく」、フェラーリとポルシェとランボルギーニを一度に買わなければならなくなったのだ。

ゴマをするとは、「気に食わなければ殺して下さい」と言うことだ。
そして、飼っている猫のために死ぬ訳にはいかないので、気に入られるよう必死になることだ。
それが出来れば、何もしなくても、猫のためにお城を作ってやれるだろう。

そして、実践のためには、難しいことを考えることも、する必要もない。
「私は、この人にゴマをすることを、私に許す」と思うだけで良い。心の中で、言葉で数回言えば良い。
アラーキー式には、「私は、黒子に徹すること、時代に平伏すことを私に許す」である。
だが、私のような馬鹿には、「ゴマをする」が分かり易くて良い。

「自分を忘れる」ことに関し、その方法を、最も正確に述べたのが、道元の『正法眼蔵』だ。
理屈で分かろうとすると全く理解できない書だが、書いてある言葉は美しいので、私は読んでいて楽しかった。
そもそも、仏法とは自分を忘れることなのだ。
多くの賢い人が憧れた、「自分を忘れてしまう」ということ・・・それを得れば、月曜ごとに、憂鬱や不安を感じることもない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ