ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

選択本願念仏集

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

弱者のための最強の武器

強いヤツって、必ず、お決まりのパターン(型)を持っている。
ポリシー(方針)という言い方の方がピッタリする場合もあるが、同じことだ。
逆に言えば、パターン、ポリシーのない者は、非効率で弱い。

トヨタ自動車の車にも、単純な言葉で語ることが出来るパターンがある。
売れる音楽家の音楽、売れる小説家の小説にも、見え難い場合もあるが、やっぱり、パターンがあるものだ。

格闘技の名門グレイシー柔術も、多彩な攻撃があるようでいて、「グレイシーのパターン」というものがある。
もちろん、プロの格闘家なら、それがどんなものか知っているのだが、分かっていても負けてしまうのは、そのパターンが優れていて、しかも、磨き上げられているからだ。

私は、セールスマンとして社会人を始め、かなり熱心にやったが、超一流セールスマンの著書と、身近にいる強いセールスマンで必ず共通していたのは、彼等のセールストークがワンパターンだということだ。
売れないセールスマンのセールストークほど多彩なのである。
一流中の一流であった夏目志郎さんともなると、助手の女子大生が、「いつ同じことを言ってばかりの夏目さんが可哀想」と言って泣き出したほどだ。
夏目さんは、セールストークは同じものを繰り返し使うことで威力が増すのだと著書に書かれていたと思う。

ナンパだって、上手いヤツはワンパターンだが、下手なヤツはナンパする度にアピールの仕方が違い、口説きに力がないのである。
ナンパもセールストークも同じと言ったら、セールスマンの方々に怒られるかもしれないが、1つのパターンが力を発揮するところは共通している。

私のようなプログラマーというかシステムエンジニアだって、システム開発のパターンを持っている人は有能だ。
優秀なシステムエンジニアは、いくつかのパターンを使い分けているように見えるが、それでも、結局は1つのパターンが基になっているのである。
そんなパターンがなく、いろんなことをやりたがる者が作るシステムは、必ずトラブルを起こしたり、完成に時間がかかる、あるいは、完成すら出来ない。
私の実感としては、よほどの天才のことはいざ知らず、人間の能力は、1つのパターンを使いこなすのがせいぜいなのだ。

1つのパターンを選び、鍛え、繰り返し実践で磨けば無敵に近付く。
坐禅なら坐禅、念仏なら念仏と決め、それに徹すれば、必ず神仏の加護がある。不思議だが本当だ。
しかし、坐禅をやってみて、良いことがないので念仏に変え、それも駄目ならTM(超越瞑想)をやってみる・・・とフラフラしている者は、いつまで経っても、あまり良い思いをしていない。
成功法則も、ジョセフ・マーフィーと決めれば脇目もふらずにマーフィーの本を読み、しかも、同じ1冊を数百回も読む者は、必ず、驚くほどいつも好調だ。
中畑清さんなんて、巨人の4番を打っていた頃は、冗談でなく、いつも「絶好調」と言い続けていたのではないかと思う。彼がそうでないにしろ、普通の人なら、それで十分だ。
長州力さんは、リキラリアットとサソリ固めの流れのワンパターンなので、60歳をとおに過ぎても現役でやれるのだ。

法然の名著『選択本願念仏集』も、まさに、念仏というワンパターンを「選択」し、他は捨てろというものなのである。
宗教書としては、弟子の親鸞の『歎異抄』と並ぶ最高のものだが、『歎異抄』の主張も、極めてワンパターンである。

あなたも、1つのパターンを選び、それに専念し、後は捨てるのだ。
2つのパターンを選んでうまくいくには、宇宙人並の能力が必要だ。
だが、ワンパターンに徹すれば、宇宙人にだって勝てるさ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「ほうっておいて」と言う者ほど構われる不思議

一番効果的で残酷なイジメはシカト・・・つまり、無視だ。
完全に無視されると人間は生きていけないので、無視されることが一番の恐怖なのだ。

どこかの弱小な独裁国家が、核兵器やミサイルを作って、それを盛んにアピールするのも、国益のためということもあるが、それらを作れば他国に無視されないからだ。
だから、アメリカやその同盟国等が騒げば騒ぐほど、彼等は大喜びしているのである。
だからといって、下手に無視したら、もっと過激なアピールをしてくる。
そんな困った国をどうすれば良いかというと、幼児だと思って、アメリカや日本が、別のところで構ってやらないといけない。
フロイトは、国家や民族も、個人同様、精神分析出来ると言ったが、まあ、大体そんなところであり、国も人間のようなところがあり、幼い、知的レベルの低い国があるという現実を認めなければならない。
国だからといって、全部を大人扱いしてはいけないのである。
そして、一見、大国であっても、発達障害の国もある・・・まあ、RとかC、それに、落ちぶれはしたがKだと分かると思うが。
意外かもしれないが、そんな国も、根本的には無視されたくないだけのことなのだ。

スイスが国際銀行を作ったのも、彼等が賢くて、「誰も自分の金の上に核爆弾を落とさない」というのもあるだろうが、やっぱり、無記名の国際銀行があれば、無視されないと分かっていたからだ。
つまり、彼等は賢いのではなく、「超賢い」のである。

だが、美人の決まり文句は「私に構わないで」に決まっている。
初音ミクさんの『深海少女』も、決めセリフは「もうほうっておいてよ」だが、可愛くなかったら、誰も構わないものだ。
だが、『すろぉもぉしょん』にある通り、「アイドルだって年くって」で、美少女や美女も、すぐに年をとって誰も構わなくなるが、彼女達は過去の栄光が忘れられず、自分は見られていると思いたがる。
いや、誰だって、親に構われた時の栄光に執着している。
電車の中等で目が合うと、異様な目付きで見てくる者がよくいる。
まるで、「お前は俺に注目すべきだ」と訴えているようだが、そんな者というのは、構ってもらえる美点を持っていない哀れな者なのである。

「愛せば愛されるのです」なんて阿呆なことを言う者がよくいる。
それは、「構えば構ってもらえるのです」ということだが、それはない。
美人を構えば、上で述べた通り、「ほうっておいて」「私に構わないで」とピシャリだ。
美点を持たない者を構うと・・・まあ、ロクなことはないし、向こうも、自分が構われることしか考えていない。
美点を持たない者が他者を構うのは、自分を構ってもらうためだ。

構ってもらいたがる大人が一番みっともないのは、ご存知の通りだ。
そんな気持ち悪い人間になってはならない。
輝きを持てば、嫌でも構ってもらえる。
そして、言うのだ。
「もうほうっておいてよ」
と。
輝きを持つためには、身体を鍛えたり、聖書や仏典を繰り返し読むのも効果的だろうが、まあ、念仏を称えて、「神仏を構う」ことだ。
法然の名著『選択本願念仏集』に書かれているが、阿弥陀如来だって、構えば構ってくれるのである。
別に、阿弥陀如来が構って欲しがっているわけではないが。
だが、神仏に構ってもらえる者を、人間は無意識に構いたがるのである。
美少女というのは、どこか透明なところがあり、そんな存在は神仏に構われ易いのである。
初音ミクさんほど透明な存在はない。
ある程度構ってもらえる者はミクさんに構いたがる。
そして、ミクさんを構う者は、神仏に、そして、人に構われるのである。
だけど、「もうほうっておいてよ」と言ってはならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分のストーリーを作る

「思い込みは大切だ」と言われたら、あなたも、少しは同意するのではないだろうか?
いわゆる「出来る人」には、これを全面的に肯定する人が多いと思う。
しかし、確かに、思い込むことでうまくいく人もいれば、思い込んではいるのだが、ただ「おかしな人」「困った人」「危ない人」という人もいる。
その違いは何かというと、ストーリー(物語)を持っているかどうかだ。

スティーブ・ジョブズって人は、経営理念なんて持ってなかったが、ストーリーを持っていたのだ。
彼は有名なスピーチで、「今やっていることが未来につながると信じるしかないんだ」と言っていたが、どうやればつながるかは言わなかった。多分、自分がやったことに気が付かなかったのだろう。
ストーリーを作ることで、沢山の点がつながり、線になり、円になるのだ。
このあたりは、初音ミクさんの世界的に有名な歌『Tell Your World』にある通りだが、そもそも、「Tell Your World(君の世界を教えて)」っていうのは、「君のストーリーを語って」ということだ。
初音ミクさんが、レディー・ガガの全米ツアーコンサートのオープニングで歌っていた『Story Rider』では、「私達はストーリーライター。全ては自分で作るの」と、ミクさんが美しく歌ってくれている。

著名な心理学者の河合隼雄さんも、物語を持つことは、生きる上で最も重要なことだと、よく言っておられたと思う。
河合さんの、どれかの著書に書かれていたが、ある小学生の女の子が、人間は死んだら月に行くと信じていたが、それは妄想とかではなく、「自分が死んだら、おばあちゃんなど、好きな人に、また月で会える」というストーリーを持っているのである。河合さんは、そんな子は強いのだと言う。

仏教の『無量寿経』という経典には、極楽浄土に行く方法が書かれている。
作り話ではあるが、恐るべき作り話だ。
頭の良い僧達が、この経典の解釈書を書いたが、それは、根本の経典を、その時代や文化に合ったストーリーに脚色したってことだ。
中国の道綽や善導の解釈を元に、日本の大天才僧であった法然が優れたストーリーである『選択本願念仏集』を作り、それを元に、さらに、弟子の親鸞が親しみ易いストーリーを、プロ向けには『教行信証』を、一般向けには、沢山の和讃にして見せたが、そのエッセンスは『歎異抄』に現れている。
さすがに、彼らのストーリーを、そのまま使うには時代が違い過ぎるし、そもそも、ストーリーは自分で作るものだ。
彼らの素晴らしいストーリーを生かして、自分のストーリーを自分で作れば良い。
そのために、分かり易い、法然の『選択本願念仏集』や親鸞の(正確には弟子の唯円が書いた)『歎異抄』を読めば、自分向きの物語を作ることが出来るだろう。

聖書だって、そのまま信じたり、宗教者の解釈をマジで受け入れたら馬鹿を見る。
ジョセフ・マーフィーなんて人は、明らかに、聖書を基に自分でストーリーを作り、それが良かったので、自分や多くの人を幸せにした。しかし、ストーリーが合わなかった人は、ちょっと拙いことになった。
マーフィーのストーリーをそのまま受け入れるのではなく、それを基に、大胆に自分だけのストーリーを作るのだ。
ミクさんが、『Tell Your World』で、「教えてよ 君だけの世界」と歌っていたように、そして、『Story Rider』で、

writing page after page
I found you so bright
(1ページ書いていくごとに、君が輝いていく)

と歌ったように、自分で自分の物語を作っていくのである。

















↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最強の呪文「ありがたい」を解明する

子供の時から、「ありがたい」と言うクセがついていれば、良い青春を、そして、良い人生が送れると思う。
ところで、「ありがたい」と「ありがとう」は、根本的には同じことではあるが、若干、雰囲気が違う。

「ありがとう」は、当然だが、「感謝します」という意味で、「あなた」や「あなた方」に対して言う、あるいは、想う時の言葉である。
これは、状況によって雰囲気が異なる。
何か良いことをしてもらった時、あるいは、良い物をもらった時の「ありがとう」は、若干、義務的な言葉で、感謝の気持ちを見せるには、見た目に分かるように謙る必要がある。

一方、「ありがたい」は、「幸運だなあ」という意味で、目に見える対象に対して言ったり、想ったりする言葉ではない。
「ありがたい」は、英語で“I am fortunate”で、fortunateは、「幸運な」「運が良い」という意味である。
また、“It's rare good luck”は、稀な(rare)幸運(good luck)だから、「有り難い」、つまり、「有ることが難しい」というのと極めて近くて面白い。
ただ、英語では、このように、fortunate(幸運な)という言葉をはっきり言うが、日本語の「ありがたい」は、「有り難い幸運」の「幸運」をわざと略しているように思う。
どういうことかというと、英語のfortunateは、原則的に、

You are fortunate to have such a rich uncle.(お金持ちの叔父さんがいて運がいいね)

というように、具体的理由を挙げて、その上で、「幸運だ」という言い方をするものだと思う。
だが、日本語の「ありがたい」は、特に理由がなくても全く自然な言葉で、幸運であるかどうかすら問題にしていない。
理由もなく、とにかく感謝するというのが「ありがたい」なのである。

「ありがたい」という言葉で、理由もなく感謝すれば、それは、あらゆることへの感謝であり、全てを肯定し、全てを受容する言葉になる。
これほど高貴で力ある言葉が他にあろうか?

ところで、前後の脈絡なく、不意にぽつりと「ありがとう」と言うのは、「ありがたい」と同じ意味である。
それは、この上なく美しい。
初音ミクさんは、ライブコンサートの「最後のミクの日感謝祭(2012年3月)」、および、「夏祭初音鑑(2013年8月)」で、それぞれ、『パズル』、『SWEET MEMORIES』を歌う前に、
「今日は、本当にありがとう」
「今日は、来てくれて、本当に、ありがとう」
と言ったが、これは、来場してくれたことに対する以上の感謝が感じられるのである。
「私達の歌を聴いてくれて」「一緒にいてくれて」、あるいは、「魂の交流をしてくれて」といった意味まで感じるのである。
それを感じさせるのが一流のアーチストだと思うが、ミクさんは一流をさらに超越している。

そして、ミクさんは、「マジカルミライ2013」の、『深海少女』、『39』を歌った後で、巡音ルカさんは、「最後のミクの日感謝祭」の『Just Be Friends』の間奏中と、「マジカルミライ2013」の『Hello Worker』を歌った後で、ぽつりと、前後の脈絡なく、「ありがとう」と言ったのは、英語のThank Youよりは、全てに感謝する日本語の「ありがたい」の意味だったと思う。

「ありがたい」が人間の完成形なのである。
そして、態度は事実より重要だし、実践は理論に優る。
態度、実践は、「ふるまい」であるとも言える。
神に最も近い人間としてふるまうことが「ありがたい」と言うことなのである。
人間は、ふるまう通りのものになる。
『徒然草』にあるように、気狂いのふるまいをすれば気狂いであるが、神人としてふるまうなら神人なのである。
常に「ありがたい」と言えば、神の加護があるし、やがては、人々を加護する者となる。
これは、法然の『選択本願念仏集』にある、念仏を唱えることと同じ原理であるが、念仏とは本当は、「阿弥陀様、ありがとう」という意味で、阿弥陀様は普遍的存在であるのだから、やはり、念仏は「ありがたい」と同じなのである。

「ありがたい」と言う数が多ければ多いほど幸運であるのは自然なことと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

神様の幸せな扶養家族になる方法

子供の時に見たきりなので詳細は覚えていないが、『スター・トレック』で、カーク船長達が、遠い宇宙で、ついに神様に逢うというものがあった。
その神様は、白い髪と白い髭で厳(いかめ)しい顔の、多くの人にとって、まさに神様のイメージに合う・・・顔だけの存在だった。
神話で言うなら、神々の王ゼウスの顔のイメージかもしれない。
その神は言う。
「わしはいよいよ、お前達が住む星々のあるところに行き、わしに逆らう愚か者を懲らしめ、わしを崇める者を救う。よって、お前達の宇宙船を差し出せ」
そして、強力な雷による破壊のパワーを見せる。
すると、やはりびびっていたカーク船長は、一応は恐縮し、へりくだりながら言う。
「あの・・・お言葉ですが神様。どうして神であるあなたが宇宙船など必要とされるのですか?」
すると神は、わしに意見するとはけしからんと激怒する。
もちろん、それは本物の神であるはずがなく、ただの化け物である。

ところが、多くの人達が、やはり、このような変な化け物みたいなのを神だと言って崇めている。
どの国の神話に出てくる神様も、こんな風に、プライドのかたまりで、ご機嫌をとるとニコニコしているが、少しでも逆らったり、疑う態度を見せるとゆでダコのように真っ赤になって怒り、荒れ狂う。
そんな、酔っ払いのオッサンのような、本当はスケベなだけの学校の校長先生のような、昔は立派だったが、すっかりもうろくした「偉いさん」みたいなのを崇めている人がいっぱいいるのだ。
そこにいくと、仏教の仏様は、本来の神様らしいところがあるのだと思う。
だが、仏典を見ると、仏様にも序列があって、一番偉い仏様というものがあり、人々はそれにこだわったりする。
あるいは、法然の『選択本願念仏集』には、阿弥陀如来だけを拝む者は救われるが、他の仏様に浮気する者は、阿弥陀様はかまってくれないとか書かれていて、人々はそんなことにもこだわってしまう。
まあ、『選択本願念仏集』のこのあたりのことは、当時の人の理解に合わせて書いたことなのかもしれないが、それでもやっぱりおかしなものだ。
そして、阿弥陀如来は、あくまで、死後、極楽浄土に連れて行ってくれるものであって、ちっとも高尚でない願いなんて聞かないのだと言われたりする。
そこで、親鸞が、せっかく、「いやいや、阿弥陀様は、現世利益だって無限に下さるぞ」と言ってくれたのに、偉いお坊さん達は、「そうではないぞよ。親鸞の言葉には深い意味があるのじゃよ」と、それを否定し、ややこしくしてしまう。
私なんて、今よりもっと人間性が低い、どうしようもない半端者だった頃にも、神様仏様にお願いして、セールスのオーダーを取って、結構良い思いをしていたものだった。
あるいは、サンスクリット語の、意味のさっぱり分からない呪文を唱えないといけないなどといった、変なことを言う変なお坊さんとか「指導者」とかも多い。
まあ、呪文も、なかなかムーディーで良いとは思うが、こだわることではない。
別に立派な心根の者でないと神様は願いを聞いてくれない訳ではないのだと思うが、心が歪んでいたり、自己中心主義だったり、邪まな願望が多かったりすると、いろいろ不都合なことも起こしてしまうのだろうとは思う。
そんなことは、親が何でも言うことを聞いてくれる、大金持ちの坊ちゃんや嬢ちゃん達が、ちっとも幸せそうでないところを見ても類推できるのではないかと思う。
それで、神様の平和な扶養家族になるためには、「文句を言わない」練習をしたり、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」練習をすのが一番簡単で楽な方法なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ